危険 物 乙 4 過去 問。 危険物取扱者 乙種4類 【危険物乙4 】過去問 消火・性質編 for Android

危険物取扱者 乙種4類 【危険物乙4 】過去問 消火・性質編 for Android

危険 物 乙 4 過去 問

乙種第4類危険物取扱者試験同様に法令15問、物理・化学10問、性質・火災予防10問、合計35問。 過去3年間に出題された520問からランダムに出題されます。 続けてご利用いただく場合は、の会員にご登録ください。 法令 問題1 法令上、製造所等に消火設備を設置する場合の所要単位を計算する方法として、次のうち誤っているものはどれか。 ただし、製造所等は他の用に供する部分を有しない建築物に設けるものとする。 選択肢 1. 外壁が耐火構造の製造所の建築物は、延べ面積100m2を1所要単位とする。 外壁が耐火構造でない製造所の建築物は、延べ面積50m2を1所要単位とする。 外壁が耐火構造の貯蔵所の建築物は、延べ面積150m2を1所要単位とする。 外壁が耐火構造でない貯蔵所の建築物は、延べ面積75m2を1所要単位とする。 危険物は、指定数量の100倍を1所要単位とする。 回答欄 1 2 3 4 5 問題2 免状の書換えを行わなければならないものは、次のうちどれか。 選択肢 1. 住所が変わったとき。 免状の写真がその撮影した日から10年経過したとき。 危険物の取り扱い作業の保安に関する講習を受けたとき。 勤務先が変わったとき。 危険物保安監督者になったとき。 回答欄 1 2 3 4 5 問題3 法令上、同一の貯蔵所において、次の危険物を同時に貯蔵する場合、貯蔵量は指定数量の何倍か。 9倍 2. 9倍 3. 13倍 4. 5倍 5. 18倍 回答欄 1 2 3 4 5 問題4 法令上、危険物の運搬の技術上の基準において、灯油10Lを収納するポリエチレン製の運搬容器の外部に行う表示として定められていないものは、次のうちどれか。 選択肢 1. 「ポリエチレン製」 2. 「第2石油類」 3. 「10リットル」 5. 「火気厳禁」 回答欄 1 2 3 4 5 問題5 法令上、危険物に関する説明について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 危険物とは、法別表第1の品名欄に掲げる物品で、同表に定める区分に応じ同表の性質欄に掲げる性状を有するものをいう。 危険物は、法別表第1において第1類から第6類まで区分されている。 酸化性の危険物は、酸化力の潜在的な危険性を判断するための試験によって判定される。 法別表第1の性質欄に掲げる性状の2以上を有する物品の属する品名は、総務省令で定める。 回答欄 1 2 3 4 5 問題6 法令上、顧客に自ら自動車等に給油させるための顧客用固定給油設備の構造及び技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 給油ノズルは、燃料タンクが満量となったときにブザー等で自動的に警報を発する構造としなければならない。 給油ホースは、著しい引張力が加わったときに安全に分離するとともに、分離した部分からの危険物の漏えいを防止することができる構造としなければならない。 ガソリン及び軽油相互の誤給油を防止することができる構造としなければならない。 1回の連続した給油量及び給油時間の上限を設定できる構造としなければならない。 地震時にホース機器への危険物の供給を自動的に停止する構造としなければならない。 回答欄 1 2 3 4 5 問題7 製造所等における危険物保安監督者の業務として規則に定められていないものは、次のうちどれか。 選択肢 1. 危険物施設保安員を置く製造所等にあっては、危険物施設保安員に必要な指示を与えること。 火災及び危険物の流出等の事故が発生した場合は、作業者を指示をして応急の措置を講ずるとともに、直ちに消防機関等に連絡すること。 危険物の取扱作業の実施に際し、当該作業が貯蔵又は取扱いの技術上の基準等に適合するように、作業者に対し必要な指示を与えること。 火災等の災害の防止に関し、当該製造所等に隣接する製造所等その他関連する施設の関係者との間に連絡を保つこと。 製造所等の位置、構造又は設備の変更その他法に定める諸手続きに関する業務を行うこと。 回答欄 1 2 3 4 5 問題8 法令上、製造所等の外壁又はこれに相当する工作物の外側から50m以上の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられている建築物等は、次のうちどれか。 選択肢 1. 小学校 2. 使用電圧が35,000Vを超える特別高圧架空電線 3. 重要文化財 4. 病院 5. 高圧ガス施設 回答欄 1 2 3 4 5 問題9 法令上、危険物の運搬に関する技術上の基準について、次のうち正しいものはどれか。 選択肢 1. 貨物自動車で運搬する場合に限り適用を受ける。 指定数量以上を運搬する場合に限り適用を受ける。 夜間に運搬する場合に限り適用を受ける。 密閉容器に入れて運搬すれば適用を受けない。 運搬する数量に関係なく適用を受ける。 回答欄 1 2 3 4 5 問題10 法令上、給油取扱所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 給油取扱所には、給油に支障があると認められる設備は設けてはならない。 給油取扱所は、学校、病院等から30m以上離して設置しなければならない。 給油取扱所の地盤面下に埋没して設ける専用タンクの容量制限はない。 「給油中エンジン停止」の掲示板を設けなければならない。 事務所等の窓又は出入口は、防火設備としなければならない。 回答欄 1 2 3 4 5 問題11 法令上、営業用給油取扱所の予防規程のうち、顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所のみが定めなければならない事項は、次のうちどれか。 選択肢 1. 顧客に対する従業員の接遇教育に関すること。 顧客の車両に対する誘導に関すること。 顧客に対する価格の表示に関すること。 顧客に対する監視その他保安のための措置に関すること。 顧客の車両に対する点検、検査に関すること。 回答欄 1 2 3 4 5 問題12 法令上、危険物取扱作業における、保安の講習(「講習という」)について、次の文の( )内のA及びBに当てはまる語句の組み合わせとして、次のうち正しいものはどれか。 「危険物取扱者の免状を受けている者で、現に製造所等において危険物の取扱作業に従事している場合、当該免状の「交付日」または講習の「受講日」以降における最初の(A)から(B)以内に保安講習を受講しなければならない。 」 選択肢 1. A(1月1日)/B(1年) 2. A(1月1日)/B(3年) 3. A(1月1日)/B(5年) 4. A(4月1日)/B(3年) 5. A(4月1日)/B(5年) 回答欄 1 2 3 4 5 問題13 法令上、次に掲げる製造所等において、その規模、貯蔵し又は取り扱う危険物の最大数量等にかかわらず、第5種の消火設備を2個以上設けなければならないものは、次のうちどれか。 選択肢 1. 屋内貯蔵所 2. 屋内タンク貯蔵所 3. 地下タンク貯蔵所 4. 一般取扱所 5. 第二種販売取扱所 回答欄 1 2 3 4 5 問題14 法令上、移動タンク貯蔵所による危険物の移送、貯蔵及び取扱いについて、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 移動タンク貯蔵所には設置許可書を備え付けておかなければならない。 移動貯蔵タンクからガソリンを容器に詰め替えてはならない。 移送の開始前に、移動貯蔵タンクの底弁その他の弁、マンホール及び注入口のふた、消火器等の点検を十分に行わなければならない。 移送のため乗車している危険物取扱者は、消防吏員又は警察官から免状の提示を求められることがある。 アルキルアルミニウムを移送する場合は、移送の経路その他必要な事項を記載した書面を関係消防機関に送付しなければならない。 回答欄 1 2 3 4 5 問題15 危険物の貯蔵及び取扱いについて、法令上、危険物の類ごとに共通する技術上の基準が定められている。 その基準において、「水との接触を避けること」と定められているのものは、次のA~Eのうちいくつあるか。 A.第1類のアルカリ金属の過酸化物 B.第2類の鉄粉、金属粉及びマグネシウム C.第3類の黄りん D.第4類の危険物 E.第5類の危険物 選択肢 1. 1つ 2. 2つ 3. 3つ 4. 4つ 5. 5つ 回答欄 1 2 3 4 5 物理・科学 問題16 有機化合物の一般的特性について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 無機化合物に比べて種類が多い。 燃焼すると二酸化炭素や水を生じる。 分子式が同じでも、性質の異なる異性体が存在する。 無機化合物と比べて、沸点、融点が高いものが多い。 水に溶けにくく、ジエチルエーテルやベンゼンなどの有機溶媒によく溶ける。 回答欄 1 2 3 4 5 問題17 二酸化炭素について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 空気より重く、低所に滞留しやすい。 どんなときにも安定している。 二酸化炭素の水溶液は弱酸性を示す。 昇華すると体積が数百倍に膨張する。 回答欄 1 2 3 4 5 問題18 地中に埋設された危険物配管を電気化学的な腐食から防ぐのに異種金属を接続する方法がある。 配管が鉄製の場合、接続する異種の金属として、次のうち正しいものはいくつあるか。 ・亜鉛 ・ニッケル ・銅 ・鉛 ・マグネシウム 選択肢 1. 1つ 2. 2つ 3. 3つ 4. 4つ 5. 5つ 回答欄 1 2 3 4 5 問題19 消火剤とその消火効果について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 水消火剤は、比熱と蒸発熱が大きいので冷却効果があり、木材、紙、布等の火災に適するが、油火災には適さない。 強化液消火剤は、冷却効果と燃焼を化学的に抑制する効果があるので、噴霧状で放射すると油火災にも適する。 二酸化炭素消火剤は、不燃性の気体で空気より重く、燃焼物を覆うので窒息効果があり、狭い空間で放射した場合には人体に危険物である。 泡消火剤は、泡によって燃焼物を覆うので窒息効果があり、油火災に使用できるが、木材、紙、布等の火災には使用できない。 粉末消火剤は、無機化合物を粉末状にしたもので、窒息効果や燃焼を化学的に抑制する効果がある。 回答欄 1 2 3 4 5 問題20 次の組合せのうち、一般に可燃物が最も燃えやすい条件はどれか。 選択肢 1. 発熱量(小さい)/酸化(されやすい)/空気との接触面積(大きい)/周囲の温度(高い)/熱伝導率(大きい) 2. 発熱量(大きい)/酸化(されやすい)/空気との接触面積(大きい)/周囲の温度(高い)/熱伝導率(小さい) 3. 発熱量(小さい)/酸化(されやすい)/空気との接触面積(大きい)/周囲の温度(高い)/熱伝導率(小さい) 4. 発熱量(大きい)/酸化(されにくい)/空気との接触面積(小さい)/周囲の温度(低い)/熱伝導率(小さい) 5. ただし、ガソリンの体膨張率を1. 選択肢 1. 35L 2. 75L 3. 5L 4. 0L 5. 選択肢 1. 金属(Ca)/水との反応(水素を発生する)/希硫酸との反応(反応しない) 2. 金属(Cu)/水との反応(反応しない)/希硫酸との反応(水素を発生する) 3. 金属(Mg)/水との反応(酸素を発生する)/希硫酸との反応(反応しない) 4. 金属(Li)/水との反応(反応しない)/希硫酸との反応(水素を発生する) 5. 金属(Pt)/水との反応(反応しない)/希硫酸との反応(反応しない 回答欄 1 2 3 4 5 問題23 燃焼および発火等に関する一般的説明として、次のうち正しいものはどれか。 選択肢 1. 拡散燃焼では、酸素の供給が多いと燃焼は激しくなる。 ハロゲン元素を空気に混合しても炭化水素の燃焼には、影響を与えない。 比熱の大きい物質は、発火または着火しやすい。 静電気の発生しやすい物質ほど、燃焼が激しい。 水溶性の可燃性液体の燃焼点は、非水溶性のそれより低い。 回答欄 1 2 3 4 5 問題24 消火剤として用いられる泡に必要な一般的性質について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 付着性を有すること。 流動性を持つこと。 耐熱性があること。 安定性(持続性)があること。 水と反応性があること。 回答欄 1 2 3 4 5 問題25 燃焼に関する説明として、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 燃焼は、急激な発熱、発光等を伴う酸化反応である。 可燃物は、どんな場合でも空気がなければ燃焼しない。 燃焼の3要素とは、可燃物、酸素供給源および点火源のことである。 点火源は、可燃物と酸素の反応を起こすために必要なエネルギーを与えるものである。 固体の可燃物は、細かく砕くと燃焼しやすくなる。 回答欄 1 2 3 4 5 性質・火災予防 問題26 火災に際し、水溶性液体用泡消火剤の使用が適切である危険物の組合せとして、正しいものは次のうちどれか。 選択肢 1. ベンゼン:ジエチルエーテル 2. ガソリン:アセトアルデヒド 3. ベンゼン:メタノール 4. アセトン:メタノール 5. 軽油:酢酸エチル 回答欄 1 2 3 4 5 問題27 ベンゼンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 発生する蒸気は、空気より重い。 発生する蒸気の毒性が強い。 水と反応して発熱する。 流動により静電気が発生しやすい。 回答欄 1 2 3 4 5 問題28 灯油の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 電気の導体である。 霧状にしたものは、火がつきやすい。 水に溶けない。 水より軽い。 回答欄 1 2 3 4 5 問題29 次の事故事例を教訓とした今後の対策として、不適切なものはどれか。 「移動タンク貯蔵所の運転者が、地下1階にある屋内タンク貯蔵所(容量1,400L )に1,000Lの軽油を注入すべきところ、誤って1,400Lの軽油を注入したため、タンク容量を超え、通気管から漏油させた。 」 選択肢 1. 注入するときは、必ず屋内貯蔵タンクの残油量を確認する。 注入するときは、受渡し双方で立ち会う。 危険物の注入状態を確認する。 過剰注入防止用警報ブザー等は日ごろの適正な維持管理を徹底するとともに、注入前には使用時点検を実施する。 注入するときは、通気管を閉鎖する。 回答欄 1 2 3 4 5 問題30 ジエチルエーテルと二硫化炭素の性状について、次のうち正しいものはどれか。 選択肢 1. どちらも比重は1より大きい。 ジエチルエーテルの蒸気には毒性があり、二硫化炭素の蒸気には麻酔性がある。 どちらも水とアルコールによく溶ける。 どちらも消火剤には二酸化炭素、ハロゲン化物等が有効である。 回答欄 1 2 3 4 5 問題31 エタノール、メタノール及び2-プロパノールに共通する性状として、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 比重は1より小さい。 水によく溶けるが、ジエチルエーテルには溶けない。 蒸気比重は1より大きい。 炭素数3までの飽和1価アルコールである。 回答欄 1 2 3 4 5 問題32 危険物の類ごとに共通する性状について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 第1類…酸化性の固体で、分解して酸素を発生しやすい。 第2類…着火または引火しやすい可燃性の固体である。 第3類…禁水性および自然発火性の物質である。 第5類…分解または爆発しやすい液体である。 第6類…酸化性の液体で燃焼性はない。 回答欄 1 2 3 4 5 問題33 酢酸の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 無色透明の液体である。 水溶液は腐食性を有している。 蒸気は空気より重い。 刺激性の臭気を有している。 有機溶媒に溶けない。 回答欄 1 2 3 4 5 問題34 グリセリンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 比重は水よりも小さい。 蒸気は空気より重い。 火薬の原料になる。 水には溶けるが、エーテルには溶けにくい。 回答欄 1 2 3 4 5 問題35 次の文の( )内のA~Dに入る語句の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。 「第4類の危険物の貯蔵および取扱いにあたっては、炎、火花または(A)との接近を避けるとともに、発生した蒸気を屋外の(B)に排出するか、または(C)を良くして蒸気の拡散を図る。 また、容器に収納する場合は、(D)危険物を詰め、蒸気が漏えいしないように密栓をする。 」 選択肢 1. A(可燃物)/B(低所)/C(通風)/D(若干の空間を残して) 2. A(可燃物)/B(低所)/C(通風)/D(一杯に) 3. A(高温体)/B(高所)/C(通風)/D(若干の空間を残して) 4. A(水分)/B(高所)/C(冷暖房)/D(若干の空間を残して) 5. A(高温体)/B(低所)/C(冷暖房)/D(一杯に) 回答欄 1 2 3 4 5 採点.

次の

危険物取扱者 乙種4類 【危険物乙4 】過去問 消火・性質編 for Android

危険 物 乙 4 過去 問

パッと読むための目次• 危険物取扱者乙4試験にビビる事ない 「ガソリンスタンドで働いてて、時給上がるから興味はあるけどなぁ」とか 「仕事で取れと上司に言われてるけど、難しそう」と思っている人、多いと思います。 だけど、僕は スマホで過去問サイトを、通勤電車の中でやって受かりました。 誰でも、勉強法を間違なければ簡単に受かります。 という事を乙四を受けようとしている人に 声を大にして届けたいです。 化学が苦手でも大丈夫 もともと化学は苦手だったので、長い名前の物質名を覚えたり、化学式を理解する必要があるなら キツイな〜と思っていました。 エタノールとかメタノールとかどっちもアルコールやろ? 何が違うんやろか。 そもそもカタカナばっかりで、覚えにくいんやけど、とビビっていました。 しかし、一発で合格して後から思えば 乙4の難易度は、そんなに高くないです。 物質名を覚えるのが1番キツイと思ってましたが 出てくる物質は決まっているので、過去問を解いているうちに自然と覚えました。 「乙4、大変やろな~」と自分でハードルを勝手に上げていただけです。 とにかく伝えたいのは、 乙4試験はそんなに難しくないぜ! という事です。 やればできると思い込もう 難しいんやろな〜 週末もゴリゴリ勉強しないといけないと遊ぶ時間もなくなるしな〜 勉強しても理解できるかな〜 と思っていると勉強する気が起きません。 もちろんある程度は勉強しないといけないですが、 過去問やっときゃ受かります。 やれば出来る。 と思わないと、勉強する気になりません。 なので、ぜひビビらずに肩の力を抜いて、チャレンジして下さい。 乙4がそんなに難しい試験じゃない理由• 化学分野は基本的な事しか聞かれない。 化学反応式をゴリゴリ解いたりしないです。 鉄がサビるのは、物理変化か化学変化か?化学変化でーす!!ってなもんです。 そもそも、そんなに 多くの化学物質が登場しないし、化学式を覚える必要がない。 あくまでも乙4で取り扱える危険物しか出てきません。 過去問を解いていたら、同じ物質が何回も登場するのでそのうち覚えます。 ガソリンとか軽油、灯油とかが出てくるのでとっつきやすいです。 過去問と同じようなパターンの問題が多く出題されるので、ひたすら過去問で勉強すればOK 過去問で出てくる所だけを最低限覚えれば、合格できます。 教科書を買ってきてさっと読んでから過去問をひたすら解くのがいいでしょう。 間違っても、教科書を100%覚えてから、過去問を解こうとしないでください。 真面目な人程、ちゃんと教科書を覚えてから過去問を解きたいと思うかもしれません。 しかし、そうするとテストであまり出題されない範囲も勉強することになるので、効率が悪いです。 試験に受かるための勉強と、乙4博士になる勉強は違います。 乙4博士になりたい人は、教科書を隅々まで覚えましょう。 君の目的は、乙4に合格することか? それとも乙4博士なりたいのか? 自分に聞いてみましょう。 この記事を読んでくれいてる人は、最小の勉強量で乙4に合格したいと考えていますよね? それなら、過去問を解きまくりましょう。 それだけでOKです。 合格できます。 試験は、毎月のように実施されています。 もし一回目で落ちてもすぐに受け直すことができます。 ギリギリ6割とれるかなという勉強をしておいて、受かればラッキー程度の軽い気持ちで受験するのもいいかもしれません。 ちなみに危険物の試験は、1日に同じ会場で午前と午後の2回あるので、1日で2回受験することも可能です。 仕事の関係で絶対、合格しないといけないという人は、2回受けるのもいいかもしれまん。 僕の乙4の勉強法 イラスト豊富なテキストをサラッと読む テキストをさらっと読んで、後は過顧問を解きました。 僕はこの本を使って勉強しました。 イラストが多くていいです。 だっていきなり、移動タンク貯蔵所とか言われてもわからないですよね。 ちなみに、移動タンク貯蔵所とはタンクローリーの事です。 こんな事は、イラストがあれば一発でわかります。 文字だけじゃなくて、具体的なイメージで覚えると記憶に定着しやすいので、効率よく暗記出来ます。 という事で、イラストが豊富なテキストがおすすめです。 これをさらっと一通り読んだら、過去問での学習に移行します。 この段階では、テキストの内容を覚えていなくて大丈夫です。 過去問の学習を進めると自然と覚えます。 過去問を読む テキストをサラッと読んだ後には、過去問の問題と解説を読みます。 過去問題集は買わずにネットの問題と解説のあるサイトを利用して勉強しました。 「乙四 過去問」なんて検索すると無数にでてきます。 ネットだと会社の昼休みや、電車の通勤時間などスマホでスキマ時間に勉強できるのがいいです。 会社で本を開いてると、「おぉ、やっとるね~」とおっさんに高確率で絡まれます。 それを回避できます。 はじめのうちは問題を解くというよりは、問題と開設を読みましょう。 「ふーん、そんなものか」という感じでサクサク進めます。 はじめのうちは回答できなくても全然OKです。 何度も言いますが、過去 問を解かずに読んでいきます。 だっていきなり解いても知らないものは解けないですしね。 そうやって過顧問を読んでいると、 「この問題は前に見たことあるぞ」と自然に覚えてきたり、 「指定数量っていうのは覚えないと解けないんやな」ていうような感じで、簡単な事は過去問で覚えればいいし、勉強して覚えないといけないポイントが見えてきます。 過去問を解いて勉強すると、このポイントが掴めるので、効率良く勉強できるんです。 覚えないといけないポイントをテキストで復習 過去問を読みまくると、何回も出題されていてこれは覚えてないと回答できないぞ! というポイントがわかってきます。 例えば、指定数量のリッター数です。 ここをテキストを読み返して、集中して覚えます。 逆に全然出てこない所は覚えなくてOKです。 いよいよ過去問を解く ここまで来ると、だいたいどのような事が聞かれるのか?、何を覚えておかないといけないのか? 簡単な問題なら解けるようになってきた。 という段階になっていると思います。 ここまで来て、過去問を回答を見ないで解いてみます。 クイズみたいな感覚で、サクサク過去問を解き進めましょう。 わからない所は解説を読みましょう。 わかならい場合は、悩まずにすぐに解答を読んで次に進みます。 とにかく量をこなしましょう。 過去問を読んで、全然わからないところや、覚えていない所は教科書でチェックし直します。 過去問を解くことで、自分がどこがわかっていて、どこがわかっていないか判定できます。 乙四合格への勉強ルーチン• 過去問を解く• わからない所は復習• 過去問を解く• わからない所は復習 解いてわからない所は、復習します。 乙四合格への勉強ルーチンを繰り返していたら、自然と覚えて解けるようになります。 過去問を本番のテスト形式で解いてみる 乙四合格への勉強ルーチンを繰り返して、そこそこ解けるようになってきたぞ。 という段階で過去問を実際のテストだと思って、時間を測って解いてみます。 ここでは、わからない問題が出てきてもすぐに解答は見ません。 全ての問題を解き終えたら、自己採点します。 ここで合格点が取れたら、合格の可能性は高いでしょう。 ここで点数が取れないようなら、間違えた所を復習しましょう。 とにかくこれをやれば合格できます。 「それをやるのが大変なんよな。 」と思うかもしれませんが 基本的に同じような問題ばっかり出てくるので過去問解きまくるだけで合格できます。 僕の個人的な感想ですが、乙四は本当に同じ問題がよく出てくるので難易度は低いと感じました。 しかも、スマホで出来る過去問サイト充実しているのでスキマ時間に勉強しやすいのも良いです。 毎日、1時間寝る前に勉強するぞ!(デーンッ)と大げさに時間を割かなくでも受かります。 まとめ• 乙四はイラスト豊富なテキストだけ買えばいい。 過去問と同じ問題がよく出る。 スマホの過去問サイトでスキマ時間に勉強しよう。 おすすめの参考書 これは僕が実際の勉強に使った参考書です。 まず、これを買って、さらりと読んでから、過去問サイトでの勉強をすれば効率よく合格できます。 この参考書の良いところは、イラストが豊富でイメージが湧きやすい点です。 ガソリンスタンドで働いている人は、参考書なんて無くても、イラストでわざわざ説明してくれなくてもわかるぜ! と思うかもしれませんが、覚えないといけないポイントが表にわかりやすくまとめてあります。 試験に合格するために覚えないといけないポイントが凝縮して書かれてあると、勉強しやすいので 勉強がはかどります。 一方、普段から危険物に触れることはないし、そもそも危険物ってどんなものなん? という危険物初心者の人は、買いましょう。 イメージが全くわかない状態で過去問をやっていても全く覚えられません。 覚えたとしても言葉だけで暗記している状態になるのですぐに忘れてしまいます。 まず初めにイラストが豊富な参考書を読んで、イメージが出来るようになってから勉強すると 効率が全然ちがいます。 効率的に勉強したいなら、イラストが豊富な参考書を買う事をおすすめします。

次の

危険物取扱者は過去問が大切?乙4や丙種の頻出問題まで徹底解説!

危険 物 乙 4 過去 問

「危険物取扱者乙4の過去問を解いてみたい!」 「過去問と解説をチェックできるサイトはないの?」 このようなことでお困りの方は多いのではないでしょうか。 危険物取扱者乙4の試験を受ける前には、ぜひ過去問を解いておきたいものです。 しかしどのサイトを見れば過去問がチェックできるのか、意外とわからないですよね。 そこでこの記事では「危険物取扱者乙4」の過去問と解説の閲覧方法はもちろんのこと、 危険物取扱者乙4の難易度や試験内容、対策のしかたなど、 気になる点を詳しく解説します! 読み終わった時には、すぐ危険物取扱者乙4の試験対策ができるようになっています。 ぜひ最後まで読んで参考にしてください! 危険物取扱者の乙4とは? 「危険物取扱者」は、消防法で定められた資格です。 危険物取扱者の分類 危険物取扱者の資格は、危険物を取り扱う時に必要な国家資格です。 危険物の一例は以下のようなものです。 ガソリン• 重油 危険物取扱者の資格は「甲種」「乙種」「丙種」に分かれており、さらに「乙種」については第1類から第6類までに分類されています。 今回の記事でメインにご紹介している危険物取扱者乙4は、 危険物取扱者・乙種・第4類の資格試験を表します。 危険物取扱者乙4に人気がある理由 危険物取扱者の資格試験の中では「乙4」が一番人気が高いと言われています。 その大きな理由は、需要の高さです。 ガソリンスタンドで必ず必要になる資格 危険物取扱者乙4の資格は、 ガソリンや石油といった、可燃性の液体を扱うための資格です。 ガソリンスタンドでは危険物取扱者乙4の資格保有者を責任者として置くことが必須となっているため、非常に需要が高い資格なのです。 ちなみに乙4以外の危険物取扱者資格は、硫黄やカリウム、過酸化水素水などを扱う資格となっています。 どれも重要な資格ですが、生活に密着した「ガソリン」を扱う危険物取扱者乙4の資格は、危険物取扱者の資格の中でも突出して人気があるのです。 危険物取扱者の試験形式・出題科目・合格基準 この段落では危険物取扱者の資格試験について、「 甲種」「 乙種」「 丙種」それぞれの試験形式や科目、合格基準などを解説します。 危険物取扱者 甲種 危険物取扱者「 甲種」の試験は、 マークシート式で行われます。 5つの選択肢から答えを1つ選ぶ「 五肢択一」の形式です。 問題数は全45問で、制限時間は150分(2時間30分)です。 試験科目は3科目で、それぞれの内容と問題数は以下の通りです。 危険物に関する法令:15問• 物理学および化学:10問• 危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法:20問 危険物取扱者 乙種 危険物取扱者「 乙種」の試験も甲種と同じくマークシート式で、5つの選択肢から答えを1つ選ぶ「 五肢択一」形式です。 試験時間は甲種より短く120分(2時間)で、問題数も若干少なく全35問です。 試験科目(3科目)の内容と各問題数は以下の通りです。 危険物に関する法令:15問• 基礎的な物理学および基礎的な化学:10問• 危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法:10問 危険物取扱者 丙種 危険物取扱者「 丙種」もマークシート式の選択問題ですが、 選択肢が4つに減ります。 試験時間は75分(1時間15分)と最も短く、問題数は25問です。 試験科目(3科目)の内容、各問題数は以下のようになります。 危険物に関する法令:10問• 燃焼および消火に関する基礎知識:5問• 危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法:10問 乙種4類試験の出題傾向 ここで、今回の記事の中心である「危険物取扱者乙4」の試験の出題傾向を見ておきましょう。 危険物取扱者乙4(乙種4類)の試験でよく出題される問題は以下のような内容です。 危険物に関する法令 基礎的な物理学および基礎的な化学 危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法 指定数量の計算 物質三態 物質三態 保安講習 静電気 静電気 予防規程 物理変化および化学変化 物理変化および化学変化 定期点検 有機化合物 有機化合物 保安距離 燃焼原理 燃焼三要素 燃焼原理 燃焼三要素 給油取扱所基準 消火三要素 消火三要素 消火設備 消火設備 消火設備 運搬基準 移送基準 義務違反への措置 これらの内容は危険物取扱者乙4(乙種4類)の試験では 非常によく出るテーマで、資格試験に向けて勉強する時には必ずおさえておくべきと言われています。 ぜひしっかりチェックし、勉強に役立ててください。 危険物取扱者の合格基準 危険物取扱者試験は、「甲種」「乙種」「丙種」全ての種別において、 全体の得点率が60%以上で合格となります。 ただし先ほどご紹介した各種別の「科目」(「危険物に関する法令」など)のうち、 1科目でも60%未満だった場合は不合格となります。 それぞれの科目ごとに、不得意分野を作らずに勉強することが最も重要となります。 対策をする際は心に留めておきましょう。 合格発表 危険物取扱者試験は、 試験日から約2週間~1ヵ月後に合否が決定します。 合格、不合格どちらでも、ご自宅にハガキで通知が来ますので楽しみに待ちましょう。 なお合格の場合は、 免状を申請することができます。 申請に必要な費用は1種につき2,900円で、危険物取扱者試験を受けた各道府県のセンター支部宛てに申請します。 申請に必要な書類は以下の通りです。 [イ] 既得免状 (現に交付を受けている危険物取扱者免状又は消防設備士免状をお持ちの方) [ウ] 新たに交付される免状を郵送で希望される方は、免状を受け取るための送付用封筒 ア 封筒の形状 定形封筒(長さ14cm~23. 5cm、幅9cm~12cm)としてください。 イ 封筒の表面には郵便番号・住所・氏名を記入し404円分(簡易書留郵便料金)の切手を貼付し、裏面の下部に受験番号を記入してください。 詳しい申請方法などは上記「消防試験研究センター」のサイトでご確認ください。 危険物取扱者乙種の合格率 危険物取扱者乙種の合格率はどれくらいなのでしょうか。 乙種のなかでも難易度が異なる 危険物取扱者試験「乙種」の合格率は、第1類~第6類までを平均すると、 約60%程度とされています。 全体の6割が合格できることを考えますと、 資格試験の中では標準程度の合格率と言えますね。 第4類(危険物取扱者乙4)は合格率が低い 危険物取扱者乙類全体では上記の合格率ですが、「第4類(危険物取扱者乙4)」の試験に限定しますと、 合格率は約30%と急激に低くなります。 第4類だけ合格率が低いのには、主に2つの理由が考えられます。 受験者が多い• 科目免除の影響 それぞれについて解説します。 受験者の内訳と合格率が下がる理由 危険物取扱者乙4の試験は需要が高い資格ですので、 会社や工業高校などで集団受験を実施することがあります。 受験者が多くなるのはこのためです。 会社員は試験対策を万全にする方が多いのですが、 高校生の中には十分な対策をしていない学生も多いとされます。 これが 全体の合格率を下げる要因の一つだと言われているのです。 科目免除とは? 実は危険物取扱者試験の「乙種第1・2・3・5・6」においては、 「第4類」の資格を持っていると「法令」と「物理学・化学」の科目が免除となります。 危険物取扱者試験を受ける時は「乙4」から受け始める受験者が多いです。 そのため他の「類」を受ける時に科目が免除され、 負担が軽くなるケースが多いと言われています。 こうした理由から危険物取扱者乙4(第4類)のみ合格率が低く、他の第1・2・3・5・6類の合格率が上がっていることが考えられるのです。 過去問を使った学習法 危険物取扱者乙4に向けての勉強方法としては、まずはテキストを使って必要事項を覚えることから始めましょう。 ある程度知識が身に付いて来たら、過去問を使って対策をすることをおすすめします。 この段落では危険物取扱者乙4の試験対策として、どのように過去問を使うべきかを解説していきます。 過去問はひたすら解く 危険物取扱者乙4の試験対策で過去問を解く時は、 とにかくどんどん解いていくことが大切です。 一通り解いたら答え合わせをして、間違えた問題は「どうして間違えたのか」をテキストや解説を見ながら考え、復習してください。 次に同じ問題が出た時に間違えないようにすることが重要です。 勘で答えたところはチェックしておこう 選択問題ならではの落とし穴とも言えるのですが、「まぐれ」で正解していることもあるでしょう。 試験本番であれば、わからない問題を勘で答えるのは悪いことではありません。 しかし 対策の段階で勘による正解をしても、それが本番でも発揮されるとは限りませんよね。 過去問を解く段階で「勘」で答えたところは横に印をつけておき、答え合わせの時に正しい解答とその理由をインプットし直すことをおすすめいたします。 過去問は最低でも3年分は解くこと どのような資格試験にでも言えるのですが、 過去問はできる限りの年数分解いておきましょう。 少なくとも3年分は解くように心がけてください。 3年分以上を解いておけば、 実際の試験でも見たことがある問題が複数出題されることでしょう。 正答率も上がることは間違いありません。 より多くの問題に慣れるには、複数年の過去問を解くのが一番です。 ひたすら解いて、問題のパターンを体に覚えさせていってください。 正解率はあまり意識しない 危険物取扱者乙4の過去問は、 あくまでも「過去問」です。 ご自身の実力を試すには参考になるものの、 それが本番の点数とイコールであるとは限りません。 ぜひ過去問を解く時には、点数に一喜一憂せず、冷静に向き合いましょう。 過去問は苦手分野の発見のために使う テキストや問題集についている演習問題は、 ある程度過去問に似せて作成されています。 そのため、事前にテキストなどで問題演習をした後に過去問を解くと、 合格ラインの点数に簡単に達することが予想されるのです。 自宅の落ち着いた環境で過去問を解いた場合、本番よりも高い正答率になる可能性が高いのです。 逆に言えば、 落ち着いて解ける環境で間違えた問題があるなら、それをカバーするほうに気持ちを向けるべきでしょう。 過去問は本番の予行練習というよりも、 ご自身の苦手分野を発見するために使うものです。 これを念頭に置いて過去問を利用してください。 過去問とテキストを組み合わせて学習しよう 危険物取扱者乙4の過去問を解く時は、ぜひ復習用としてテキストを用意しておきましょう。 答え合わせをして間違えた問題があったなら、テキストでその単元に戻り 周辺知識も含めて徹底的に復習してください。 反復学習が合格のカギ 誰にでも苦手分野はありますよね。 一度勉強しただけではなかなか身に付かないかもしれません。 しかし何度も間違えて復習していくうちに必ず理解できるようになります。 間違えやすいところは過去問に印をつけながら進めると、もう一度復習する時にチェックしやすいですよ。 一度間違えたからと言って諦めず、 何度も挑戦して知識を吸収していきましょう。 危険物取扱者試験の過去問・解説の閲覧方法 実は 危険物取扱者試験の過去問は、webで閲覧可能となっています。 危険物取扱者試験の過去問の閲覧方法を詳しくご紹介いたします。 一般財団法人 消防試験研究センターサイトからPDFを入手可能 危険物取扱者試験の過去問閲覧サイトとして第一におすすめなのが、「 一般財団法人 消防試験研究センター」のサイトです。 こちらのサイトでは、危険物取扱者試験を主催している団体が公式に発表している過去問を、 PDF形式で閲覧することができます。 答えもしっかりついており、「甲種」「乙種」「丙種」全ての過去問が閲覧可能です。 学習や実力チェックに役立つことは間違いありません。 ただ解説がやや少ない構成になっていますので、 充実した解説が必要な方は他のサイトの過去問も活用してください。 消防設備士・危険物取扱者の過去問、想定問題サイト 危険物取扱者試験の過去問閲覧サイトとして次におすすめなのが、「 消防設備士・危険物取扱者の過去問、想定問題サイト」です。 こちらのサイトでも「甲種」「乙種」「丙種」全ての過去問が閲覧可能です。 PDF形式ではなく普通のwebサイトとして見ることができますので、 PDF形式に抵抗がある方はこちらのサイトを利用すると良いでしょう。 タイマー機能がある 「消防設備士・危険物取扱者の過去問、想定問題サイト」の危険物取扱者試験の過去問コーナーでは、 問題を解く時にタイマー機能があります。 時間配分を考えながら解き進めることができるので、より実戦的な過去問演習を行い方には便利でしょう。 またこちらのサイトでは、 1問ごとに正答と解説を確認することができます。 細かく復習していきたい方はぜひ活用してください。 ぜんせきWeb 乙4模擬試験お試し版 危険物取扱者乙4の過去問を閲覧するには、「 ぜんせきWeb 乙4模擬試験お試し版」もおすすめです。 こちらもPDF形式ではなく、通常のwebサイトとなっています。 過去3年分の問題がランダムに出題される 「ぜんせきWeb 乙4模擬試験お試し版」では危険物取扱者乙4試験の3年分の過去問がストックされており、 全520問からランダムに出題される形式になっています。 自分で問題を選ぶことができませんので、 実際の試験と同じような感覚で取り組むことができるでしょう。 採点機能と解説もついていますから、ご自身の点数をすぐに確認でき、間違った問題の復習も簡単にできます。 無料サイトは解答に注意 ここまでご紹介したサイトは、全て無料で利用することができます。 しっかり活用して危険物取扱者試験の合格を目指してください。 (ぜんせきWebについては、お試し版5回以上の演習をしたい場合は有料の会員登録が必要です) ただし無料サイトである分、時々解答が間違っていることがあるようです。 もし答え合わせをしながら「これはおかしいな」と思う問題があった場合は、テキストと照らし合わせて確認しましょう。 人気講座ランキング (上位3社) 過去問を解くときに注意すべきこと 危険物取扱者試験の過去問を解く時は、ぜひ以下のことに注意しながら解き進めていってください。 頻出問題を重点的に学習 危険物取扱者試験の過去問を何回も解いていくと、同じような問題、似ている問題が出てくると思います。 もしそういった問題に気付いたら、それは「頻出分野」です。 過去に何度も出るということは、今年度の試験にも出題される可能性も高いです。 ぜひ重点的に学習するようにしてください。 珍しい問題に時間をかけるよりも、頻出問題を確実に正解できるようにすることが大切です。 よく間違える範囲を見つけよう ご自身が苦手な科目、分野を発見できるのも、過去問の利点です。 危険物取扱者試験の過去問で「 よく間違える範囲」があった場合は、とにかくその分野をしっかり復習してください。 危険物取扱者試験では、1科目でも60%未満の正答率があると不合格になります。 苦手分野をなくして、まんべんなく得点できるように対策をしていきましょう。 誰にでも苦手分野はあるものですが、いかにそれをカバーできるかがポイントです。 やる気の維持 過去問を何度も解いてもなかなか合格点に達しない場合、モチベーションが下がることもあるかもしれません。 しかし、 「危険物取扱者試験」はそこまで難関試験というわけではありません。 地道に勉強すれば誰でも合格可能です。 ぜひ、めげずに復習を繰り返してください。 何度も復習するうちに点数は自然と上がっていくことでしょう。 どうしてもやる気が維持できない時は、苦手分野の復習を一度休んでみてください。 好きな範囲や得意分野を解いてストレス解消し、 リフレッシュした後でもう一度苦手分野に挑んでいきましょう。 過去問に取り組む際のありがちなミス 危険物取扱者試験の過去問を解き進める際、多くの方が陥りがちなミスがあります。 やりっぱなし 危険物取扱者試験に限らず、過去問を解いて点数が良いと、そこで満足してしまう人がいます。 しかし過去問の時点では 試験に合格したわけでも、資格取得できたわけでもありませんよね。 過去問は自分の弱点を見つけるためのものです。 間違えた問題は必ず復習して、次に同じ間違いをしないように対策をしてください。 満点を取らない限り、過去問の点数に満足してはいけません。 同じ過去問を1回しかやらない 過去問はぜひ、何回も解きましょう。 最低でも3回は取り組むことをおすすめします。 1回解いて全問正解できたならそれで良いかもしれませんが、多くの方は多少なりともわからない問題があるはずです。 間違えたところは復習して覚えなおし、その上でさらにもう一度全ての問題を解き、正解できるかどうか確かめてください。 この繰り返しで、知識を脳に定着させることができます。 過去問は最も優れた問題集であることを心に留めて、最大限に活用してくださいね。 過去問の次やるべきこと 危険物取扱者試験の過去問を一通り解き終わった後にはどうすればよいのでしょうか。 過去問の次にやるべきことをご紹介します。 市販の問題集を解く 「 市販の問題集」は、 過去問の次に優れた問題集と言えます。 特に資格関係の予備校が出版している問題集は良質なものが多いです。 危険物取扱者試験の過去問を解き終わったら、市販の問題集も解いてみましょう。 また「 予想問題集」と銘打ったものもおすすめです。 昨年の問題を分析した上で今年度の問題を予想してくれていますので、参考になることでしょう。 たくさんの問題を解いて、試験形式に慣れておいてください。 模試を活用しよう 危険物取扱者試験の雰囲気に慣れるためには、模擬試験もおすすめです。 本番に最も近い形での演習ができますので、ご自身の実力をしっかり試すことができるでしょう。 危険物取扱者の模擬試験は、資格会社が行っています。 事前の申し込みが必要ですが、過去問や市販の問題集などを一通り解いた後は、ぜひ模擬試験で最終確認を行ってみてください。 通信講座で学習する 危険物取扱者試験の対策は、通信講座でも行うことができます。 通信講座では、危険物取扱者試験に合格するための効果的なカリキュラムが組まれています。 短期間で資格を取りたい方や、独学に自身がない方におすすめです。 定番はユーキャンの危険物取扱者講座 危険物取扱者の通信講座をお探しの場合、まずチェックすべきなのが ずば抜けた知名度を誇るユーキャンの通信講座でしょう。 ユーキャンは初学者でも抵抗なく取り組める分かりやすいテキストと、添削を含む手厚いサポートが人気を集めており、カリキュラムに沿って学習するだけで 乙4試験合格に十分な実力を身に付けることができるでしょう。 受講者からの評判も高い大人気講座なので、ぜひこの機会に受講を検討されてみてはいかがでしょうか。

次の