渡島管内。 教職員人事異動 : 北海道 小中学校(渡島・檜山管内) 2020/03/25

北海道を釣り尽くす…つもり(笑):渡島管内

渡島管内

各校のPR及びホームページアドレスについては、掲載を希望された学校のみ掲載しています。 より詳しくお知りになりたい方は、各校(園)まで直接お問い合わせください。 各14振興局ごとの幼稚園及び幼保連携型認定こども園について掲載しています。 なお、 幼保連携型認定こども園については、学校法人立のみを掲載しています。 「幼稚園」又は「幼保連携型認定こども園」を選択すると一覧表が表示されます。 (エクセル形式) 石狩管内 空知管内 後志管内 胆振管内 日高管内 渡島管内 檜山管内 幼保連携型認定こども園 上川管内 留萌管内 宗谷管内 幼保連携型認定こども園 オホーツク管内 十勝管内 釧路管内 根室管内 幼保連携型認定こども園 各14振興局ごとの私立小学校について掲載しています。 管内名を選択すると一覧表が表示されます。 (エクセル形式) 管内に私立小学校がない地域については、表示されません。 管内名を選択すると一覧表が表示されます。 (エクセル形式) 管内に私立中学校がない地域については、表示されません。 管内名を選択すると一覧表が表示されます。 (エクセル形式) 管内に私立高等学校がない地域については、表示されません。 管内名を選択すると一覧表が表示されます。 (エクセル形式) 管内に私立特別支援学校がない地域については、表示されません。 管内名を選択すると一覧表が表示されます。 (エクセル形式) 管内に私立専門学校がない地域については、表示されません。 管内名を選択すると一覧表が表示されます。 (エクセル形式) 管内に私立各種学校がない地域については、表示されません。

次の

函館市・渡島管内

渡島管内

政時代や制施行よりも前の歴史については、「」、「」をそれぞれ参照• (30年)11月2日 - 函館支庁、亀田支庁、松前支庁が設置される。 (明治32年)10月1日 - 函館支庁が廃止される。 また、亀田支庁が函館に移され、函館支庁と改称する。 (明治36年)12月22日 - 松前支庁が函館支庁に合併される。 (11年)8月17日 - 函館支庁から渡島支庁へと改称する。 (58年) - 鹿部村が施行してとなった。 (16年)12月1日 - が ・・・の4町を編入合併した。 (平成17年)4月1日 - (旧)とが合併して(新)となった。 2005年(平成17年)10月1日 - とが新設合併し、となった。 これにより、旧熊石町域は、を離脱して渡島支庁管轄となった。 (平成18年)2月1日 - とが合併してとなった。 (平成20年)6月28日 - において、を渡島支庁に編入する等、14支庁を9地域に再編し、名称を支庁から地域振興局に改める旨の条例案が可決された。この条例では、はの下に置かれることになっていた。 (平成21年)3月31日 - 他の総合振興局への編入対象となった支庁の反発を受け、北海道議会で条例の改正案が可決。 これに伴い、振興局は総合振興局と同等の扱い(上の支庁)へ改められるとともに、広域で所管することが望ましい業務に関しては隣接する総合振興局の所掌事務とすることが出来るとされた。 (平成22年)4月1日 - 渡島支庁が廃止され、が発足。 一般的な都市圏の定義についてはを参照のこと。 なお、この表でよりも下の地域は胆振国。 '80 '80 1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体 (現在) 総合振興局 (現在) 渡島 - - - - - - 松前町 渡島 - - - - - - 福島町 - - - - - - 知内町 函館 都市圏 39 万5403人 - - - - - 木古内町 函館 都市圏 37 万5536人 函館 都市圏 37 万3296人 函館 都市圏 36 万6677人 函館 都市圏 37 万0744人 函館 都市圏 35 万5622人 七飯町 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 森町 - - - - - - - - - - 八雲町 渡島 - - - - - - - - - - 長万部町 備考 [ ] 美原4丁目に庁舎を移転するまでは、近隣の函館市五稜郭町26番1号(現在は函館市中央図書館が建っている)に庁舎を構えていた。 関連項目 [ ]•

次の

渡島管内(2020/02/19 18:00)

渡島管内

政時代や制施行よりも前の歴史については、「」、「」をそれぞれ参照• (30年)11月2日 - 函館支庁、亀田支庁、松前支庁が設置される。 (明治32年)10月1日 - 函館支庁が廃止される。 また、亀田支庁が函館に移され、函館支庁と改称する。 (明治36年)12月22日 - 松前支庁が函館支庁に合併される。 (11年)8月17日 - 函館支庁から渡島支庁へと改称する。 (58年) - 鹿部村が施行してとなった。 (16年)12月1日 - が ・・・の4町を編入合併した。 (平成17年)4月1日 - (旧)とが合併して(新)となった。 2005年(平成17年)10月1日 - とが新設合併し、となった。 これにより、旧熊石町域は、を離脱して渡島支庁管轄となった。 (平成18年)2月1日 - とが合併してとなった。 (平成20年)6月28日 - において、を渡島支庁に編入する等、14支庁を9地域に再編し、名称を支庁から地域振興局に改める旨の条例案が可決された。この条例では、はの下に置かれることになっていた。 (平成21年)3月31日 - 他の総合振興局への編入対象となった支庁の反発を受け、北海道議会で条例の改正案が可決。 これに伴い、振興局は総合振興局と同等の扱い(上の支庁)へ改められるとともに、広域で所管することが望ましい業務に関しては隣接する総合振興局の所掌事務とすることが出来るとされた。 (平成22年)4月1日 - 渡島支庁が廃止され、が発足。 一般的な都市圏の定義についてはを参照のこと。 なお、この表でよりも下の地域は胆振国。 '80 '80 1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体 (現在) 総合振興局 (現在) 渡島 - - - - - - 松前町 渡島 - - - - - - 福島町 - - - - - - 知内町 函館 都市圏 39 万5403人 - - - - - 木古内町 函館 都市圏 37 万5536人 函館 都市圏 37 万3296人 函館 都市圏 36 万6677人 函館 都市圏 37 万0744人 函館 都市圏 35 万5622人 七飯町 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 森町 - - - - - - - - - - 八雲町 渡島 - - - - - - - - - - 長万部町 備考 [ ] 美原4丁目に庁舎を移転するまでは、近隣の函館市五稜郭町26番1号(現在は函館市中央図書館が建っている)に庁舎を構えていた。 関連項目 [ ]•

次の