株式 会社 ドリーム ワークス。 ドリームワークス・アニメーション

会社概要 -株式会社東京ドリームワークス

株式 会社 ドリーム ワークス

入り口 企業形態 公開 : (2004年—2016年) 業種 製作 映画製作 前身 設立 1994年10月12日 (ドリームワークスの一部として) 2004年10月27日(別会社として) 創業者 本社 、 拠点数 主要人物 マーギー・コーン クリス・メレダンドリ上級顧問 製品 アニメーション映画 所有者 従業員数 2700人(2014年) 子会社 DreamWorks Animation Television DreamWorks Press DreamWorks Live Theatrical Productions DreamWorks New Media ウェブサイト ドリームワークス・アニメーションSKG(DreamWorks Animation SKG, Inc. )は、の映画会社、アニメーション製作会社である。 この新たなスタジオにはスピルバーグのアニメーションスタジオである ()から多くの作家を招集している。 彼らは同社の最後の作品が完了した1995年に入社を始め 、残りは閉鎖した1997年に来た。 1995年、ドリームワークスは ()と共同製作契約を結んだ。 この新たなユニットは、1998年の『』を皮切りにの長編映画を手掛けるようになった。 また同年、ドリームワークスSKGはCG技術と伝統的な手描きアニメーション技法を用いた『』を製作した。 1997年、ドリームワークスはイギリスのスタジオであると提携し、『』を共同製作・配給することとなった。 2年後、さらに4本の映画のために契約を延長した。 アードマン製作の2本目は『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! 』である。 2000年、ドリームワークスSKGは定期的に長編アニメ映画を製作するために新部門の ドリームワークス・アニメーション( DreamWorks Animation, DWA)を設立した。 翌年、『』が公開され、史上初の受賞作となった。 CGアニメーション映画の成功により、DWAは手描きアニメーション事業の終了を決定した。 『』以降、アードマン作品以外はすべてCG製作となっている。 2004年、『シュレック2』と『』を公開したことにより、史上初めて同じ年に2本のCGアニメーション映画を公開したスタジオとなった。 )という名の株式会社として2004年10月27日に分社、上場された。 彼らはまた、2010年12月12日まで12本の新作映画を提供・配給する契約を元の親会社と契約している。 2004年 - 現在 [ ] 2006年1月31日、DWAは、元親会社で配給パートナーであるドリームワークスSKGを買収したとの流通契約を締結した。 この契約は、新作アニメーション映画が13本公開するか2012年12月31日になるまではパラマウントが世界配給権を得るというものである。 アードマンとの提携は、当初5本契約していたうちの3本目である『』が2006年11月に公開された後に終了した。 同作の公開前の10月3日、「創造性の違い」という理由と共に契約解除が発表された。 2007年3月13日、DWAは『』(2009年)以降の全ての作品をとして公開すると発表した。 DWAはと共同で新たな3D映画製作技術であるを開発した。 2011年、長らく配給の契約を結んできたパラマウントが自身のアニメーション制作部門であるを設立するため、ドリームワークス作品の配給を終了すると発表した。 翌年ドリームワークスは新たにと契約を結び、2013年『』から20世紀フォックスの配給が始まった。 2012年8月6日、中国の企業と共同でアニメスタジオ「 オリエンタル・ドリームワークス(Oriental DreamWorks)」をに設立。 のちにこのスタジオは中国企業へと所有権が移り、 (Pearl Studio)と社名を変えている。 2012年11月に全米公開した『 』の全米興行収入が期待外れに終わったことで株価が急落。 ラザードキャピタル・マーケッツのアナリストであるバートン・クロケットは、ドリームワークス・アニメーションが9600万ドルの損害を被ると予測し、最終的に8700万ドルの赤字を被ることになったという。 それにより、2013年にはアニメーション製作スタッフを2200人中、最大で500人を解雇するリストラを予定していると報じられた。 2013年末までに350人を解雇し、次世代ツールの導入で生産効率をアップさせる予定だという。 日本では2012年に『マダガスカル3』が劇場公開されたのを最後に、『ガーディアンズ 伝説の勇者たち』から6作連続で劇場未公開が続いた。 2010年代以降、20世紀フォックスの日本支社は、アニメ映画の上映に消極的な傾向があり、各作品の人気や評価に関係なく全世界の中で日本のみがビデオスルーとなる事が多く、ドリームワークス作品も例外ではなかった。 中でも『ヒックとドラゴン2』は多くの映画賞を受賞し、日本でもファンによる署名活動など公開を求める声が多く寄せられたが、最終的には全国各地での無料イベント上映に留まった。 しかし、2015年にマダガスカルシリーズの最新作である『』が限定的に劇場公開された。 その後、2016年の『』も当初は一般劇場公開が予定され、日本向けの劇場予告も制作されていたが、後にでの配信に変更され、ソフト化も未定となっていたが、2017年8月26日にビデオスルーで発売された。 4月28日、米ケーブル大手は、ドリームワークス・アニメーションを約38億ドルで買収すると発表し、グループの傘下に加わることになる。 『』だけは世界的には20世紀フォックスの配給だが、日本では作品の配給を担当するが行っていたが、『』から全世界の配給がユニバーサル・スタジオに切り替わった。 同年5月10日、カッツェンバーグCEOに支払われる退職金が2200万ドル、筆頭株主であるため持ち株に対する支払いが3億9600万ドルに到達する見込みだと報じられた。 作品 [ ] ジェフリー・カッツェンバーグは「ディズニーは子供と、大人の中にある子供心に向けて映画を作るが、ドリームワークスはの様な大人と、子供の中にある大人心に向けて映画を作る」と語っており、中には残虐な描写や皮肉的な内容を含んだ作品も多く存在する。 ビデオスルー 2. テレビ放送 3. ネット公開(VOD) 4. 限定劇場公開 公開前の作品 [ ] 日本語題 原題 公開日 日本公開日 出典 くるうとさんちのはしめてのほうけん2 クルードさんちのはじめての冒険2 2020年12月23日 2021年 ほすへいひい2 ボス・ベイビー2 2021年03月26日 2021年 Untitled Spirit Riding Free film 2021年05月14日 2021年 The Bad Guys 2021年09月17日 2022年 企画中の作品 [ ] 日本語題 原題 出典 シュレック5 Shadows B. 2015年01月16日 2018年01月26日 14 ダイノトラックス 2015年08月14日 2018年08月03日 15 天才犬ピーボ博士のタイムトラベル 仮 2015年10月09日 2017年04月21日 16 クルードさんちのはじめての冒険 仮 2015年12月24日 2017年07月07日 17 Noddy, Toyland Detective 2016年04月02日 継続中 18 2016年06月10日 2018年12月14日 Netflix 19 ホーム 宇宙人ブーヴのゆかいな大冒険 仮 2016年07月29日 2018年07月20日 20 トロールハンターズ 2016年12月23日 2018年05月25日 21 2017年05月05日 継続中 22 2018年1月13日 2019年11月22日 23 ボス・ベイビー: ビジネスは赤ちゃんにおまかせ! 2018年4月6日 継続中 26 ロッキーとブルウィンクルの大冒険 The Adventures of Rocky and Bullwinkle 2018年5月11日 2019年01月11日 27 ハービーストリートキッズ Harvey Street Kids 2018年6月29日 2020年01月10日 28 ぼくらのスーパーヒーロー・パンツマン The Epic Tales of Captain Underpants 2018年1月13日 継続中 29 She-Ra and the Princesses of Power 2018年11月16日 継続中 30 ミッシング・スリー: アルカディア物語 3 Below 2018年12月21日 2019年07月12日 31 カンフー・パンダ ~運命の拳~ Kung Fu Panda: The Paws of Destiny 2018年11月16日 継続中 32 ウォーリーを探せ! Where's Waldo? 2020年 TBA 42 ジュラシック・ワールド: キャンプ・クレタセウス Jurassic World: Camp Cretaceous 2020年 TBA 43 The Mighty Ones TBA TBA Peacock 44 Trollstopia TBA TBA 45 Madagascar: A Little Wild TBA TBA 46 フィリックス・ザ・キャット Felix the Cat TBA TBA TBA 47 ベアブリック Bearbrick TBA TBA 脚注 [ ]• 2019年12月31日閲覧。 Verrier, Richard 2014年5月10日. media. corporate-ir. net. DreamWorks Animation. 2019年12月31日閲覧。 Shareholder. com. DreamWorks Animation SKG. 148 2011年2月25日. 2019年12月31日閲覧。 FMX. 2011年2月1日時点のよりアーカイブ。 2011年7月4日閲覧。 Telepathy Ltd. 1997年12月3日. 2011年8月30日閲覧。 Moerk, Christian 2011年10月27日. Variety. 2011年9月3日閲覧。 Carlson, Wayne. 2011年7月4日閲覧。 DreamWorks Animation SKG 2008年3月17日. 2011年7月3日閲覧。 DreamWorks Animation SKG 2005年3月25日. 2011年7月4日閲覧。 DreamwWorks Animation SKG 2011年2月24日. 2011年7月3日閲覧。 Holson, Laura 2006年10月3日. The New York Times. 2010年11月17日閲覧。 プレスリリース , DreamWorks Animation SKG, Inc. , 2007年3月13日 , の2011年8月18日時点におけるアーカイブ。 , 2010年11月6日閲覧。 プレスリリース , DreamWorks Animation SKG, Inc. , 2008年7月8日 , の2011年8月18日時点におけるアーカイブ。 , 2010年11月6日閲覧。 プレスリリース , シネマトゥデイ. , 2012年8月22日 , 2014年2月27日閲覧。 PR Newswire 2012年8月6日. 2019年9月14日閲覧。 Cartoon Brew 2018年2月2日. 2019年9月14日閲覧。 Paramount Japan. 2013年9月14日閲覧。 プレスリリース , 映画. com速報, 2013年2月28日 , 2010年2月28日閲覧。 プレスリリース , 映画. com速報, 2013年2月12日 , 2010年2月15日閲覧。 TechCrunch Japan 2016年4月29日. 2016年5月11日閲覧。 com 2016年5月10日. 2016年5月11日閲覧。 2010年8月14日・21日合併号• McClintock, Pamela 2017年5月25日. 2017年5月26日閲覧。 Cinemablend 2016年9月17日. 2016年12月2日閲覧。 The Hollywood News 2016年10月17日. 2016年12月2日閲覧。 プレスリリース , DreamWorks Animation SKG, Inc, 2011年3月8日 , の2011年3月13日時点におけるアーカイブ。 , 2011年3月8日閲覧。 McClintock, Pamela 2012年6月11日. The Hollywood Reporter. 2012年6月12日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2013年2月5日. 2013年2月6日閲覧。 プレスリリース , DreamWorks Animation SKG, Inc, 2010年12月10日 , の2011年8月18日時点におけるアーカイブ。 , 2010年12月10日閲覧。 Kit, Borys 2012年1月31日. The Hollywood Reporter. 2012年2月1日閲覧。 Ford, Rebecca 2015年11月19日. The Hollywood Reporter. 2015年11月20日閲覧。 Lisanti, Tony 2010年7月1日. licensemag. com. 2010年10月18日閲覧。 20th Century Fox 2012年11月7日. ComingSoon. net. 2012年11月8日閲覧。 Chitwood, Adam 2013年5月16日. Collider. com. 2013年5月16日閲覧。 Fleming, Mike 2013年6月13日. Deadline. 2013年6月13日閲覧。 DreamWorks Animation 2013年9月20日 , プレスリリース , PR Newswire , 2013年9月21日閲覧。 Hollywood Reporter 2014年4月17日. 2014年4月17日閲覧。 Michael Fleming 2009年12月16日. Variety. 2010年9月28日閲覧。 Dominic Patten. Deadline. 2016年2月1日閲覧。 Steven Zeitchik 2010年10月20日. Los Angeles Times. 2010年10月21日閲覧。 Itzkoff, Dave 2011年1月31日. The New York Times. 2011年2月1日閲覧。 プレスリリース , DreamWorks Animation SKG, Inc, 2011年2月14日 , の2011年2月21日時点におけるアーカイブ。 , 2011年2月14日閲覧。 プレスリリース , DreamWorks Animation SKG, Inc, 2011年3月3日 , の2011年3月7日時点におけるアーカイブ。 , 2011年3月3日閲覧。 Deahl, Rachel 2011年6月13日. Publishers Weekly. 2011年8月22日閲覧。 Abrams, Rachel 2011年1月11日. Variety. 2011年1月12日閲覧。 プレスリリース , DreamWorks Animation SKG, Inc, 2011年7月20日 , の2012年3月20日時点におけるアーカイブ。 , 2011年7月20日閲覧。 Eisenberg, Eric 2013年4月9日. CinemBlend. com. 2013年4月10日閲覧。 Chitwood, Adam 2012年11月12日. Collider. com. 2012年11月12日閲覧。 Cruz, Eileen 2012年3月14日. ToonZone News. の2012年9月12日時点におけるアーカイブ。 2012年3月15日閲覧。 Penguin Random House. 2017年7月3日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• - (英語) 要購読契約• - チャンネル(英語)• - チャンネル• DWAnimation -• 1998• 1998• 2000• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2004• 2005• 2005• 2006• 2006• 2007• 2007• 2008• 2008• 2009• 2010• 2010• 2010• 2011• 2011• 2012• 2012• 2013• 2013• 2014• 2014• 2014• 2015• 2016• 2016• 2017• 2017• 2019• 2019 予定作品.

次の

会社概要 -株式会社東京ドリームワークス

株式 会社 ドリーム ワークス

1951年に外資系のジュ ーク ボッ クス の納入・メンテナンス 会社 として創業(ただし、現法人は1960年に分社化された際の片方、日本 2004年3月18日 - 角川ホールディングスが 株式会社 メディア リー ヴスの 株式 公開買い付けを行い、 株式会社 メディア リー ヴスとその子 会社 の 株式会社 エンターブレイン及び 株式会社 アスキーを子 会社 化。 2004年3月 - 日本ヘラルド映画 株式会社 の 株式 を取得。 4月、米国「 ドリームワークス 」と業務提携。 2004年9月 - エンタテインメント株式会社が発足。 2004年、3月アスミック・エースと子 会社 株式会社 タイクーンが保有するゲ ーム タイトル「ドカポン」シ リー ズの著作権・商標権を 株式会社 スティングに譲渡。 4月角川エンタテインメントがアメリカの映画制作 会社ドリームワークス の日本国内での期限付きの独占的な映画配給等の権利を得る事を条件 ドリームワークス SKG(DreamWorks SKG)は、アメリカの映画 会社 、製作 会社 である。 , Ltd. )は、アップフロントグループ傘下(機能子 会社 )のレコード 会社 である。 法人格上は旧 株式会社 ゼティマ。 アップフロントグループ及び提携 会社 所属歌手の音楽・映像ソフトの企画・制作・販売を行う。 NTTデータとNTTドコモから 株式 を取得し、 ドリーム ネット 株式会社 を子 会社 化。 2005年07月01日 - ドリーム ネット( ドリーム ネット 株式会社 が運営)をOCNへ統合。 2006年09月01日 - 「ぷらら」を運営するぷららネット ワークス と、「goo」を運営するNTTレゾナントを子 会社 化。 2007年02月21日 2013年10月1日 - 株式会社 KADOKAWAに吸収合併され「アスキー・メディア ワークス 」はブランドカンパニーの一つとなる。 日本のアニメーション映画市場は世界の興行実態とは様相が異なり、日本の制作 会社 1953年にサムスングループ初の製造業として제일제당(チェイルジェダン、漢字表記:第一製糖)工業 株式会社 を設立。 表記の通り製糖業をはじめとする食品工業では韓国でもトップクラスに入るが、1993年にサムスングループと分離。 アメリカの映画 会社ドリームワークス SKGへの出資を手がかりにエンターテインメント事業へも進出し、映画製作 企業データ.

次の

ドリームワークス・アニメーション

株式 会社 ドリーム ワークス

概要 [ ] 、の製作部門のトップであったが、会長であったに対して事故死した社長の後任へ自薦したのを断られたのをきっかけに退社し、の、レコード会社経営者のを誘って設立した。 SKGは3人の設立者、 Spielberg、 Katzenberg、 Geffenの頭文字をとったものである。 ちなみに『』以降すべてのスピルバーグ監督作品を制作していた(一部は他社との合作にあたる)が、2008年の『』以降のスピルバーグは、やで制作を行うこともある。 来歴 [ ] ヒット作は出るものの、現代のの経営が過去の作品の映像ソフト化やテレビ放映権収入に多くを依存しているのに対し、同社は過去のストックが少ないために経営状態は苦しく、財務体質の改善を目的として、には音楽部門であるドリームワークス・レコードをに売却。 翌にはアニメ部門をとして分社化し、に株式上場した(これにより、共同創設者だったジェフリー・カッツェンバーグも退社し、ドリームワークス・アニメーションSKGのCEOに就任した)。 さらに、2005年12月には、傘下のが16億ドルでドリームワークス自体の買収を発表(2006年2月に正式合意)。 ところが、2007年にはバイアコムのフィリップ・ドーマンCEOが「スピルバーグ監督は不要」と発言し、両者の関係は険悪化。 2008年9月、スピルバーグはのであると、証券がメインとした複数の銀行からの出資を受け、元・パラマウント映画社長と共にパラマウント映画から独立し、スナイダーがCEOに就任した。 しかし、この分離・独立の時期がと重なったため、当初はリライアンス・ADA・グループから5億5000万ドル、銀行から7億5000万ドルの計13億ドルを調達するはずだった計画が、リライアンスからの出資3億2500万ドル、銀行からも同額の3億2500万ドルの計6億5000万ドルの出資となってしまった。 2009年2月にはディズニーとの配給契約を締結し、2011年公開の『』から実写作品の配給が開始された。 ただし、アニメーション作品はこの契約には含まれず、2012年までパラマウントとの契約を継続するほか、実写作品についてもパラマウントとの共同製作および配給されるものもある。 先述のリーマン・ショックによる影響のため、2012年の年明けには資金が底をついて新作の企画開発が遅れていたが、2012年4月11日にインドのリライアンス・エンタテインメントから新たな出資契約を取りつけたと報じた。 詳細な契約内容は明らかにされていないが、ドリームワークスは今後も年間3 - 5本を製作する予定。 2015年9月にはとの配給契約を締結し、2017年公開の『』から配給が開始された(アニメ作品を含まない)。 これに伴い、2016年8月にディズニーとの配給契約を終了する発表があった。 日本での配給会社の変遷 [ ] 設立当初、日本における配給はを通して上映され、ビデオ・DVDは株式会社、2001年からは株式会社によって発売されていた。 2004年にが同社との提携を発表した結果、ドリームワークス関連事業を角川グループが独占できるようになった。 映画配給はが、DVD販売はがそれぞれ担当している(角川エンタテインメントが販売する作品はなどが発売する方式をとっているが、ドリームワークス作品のみ一社発売、販売体制をとっている。 ドリームワークス設立当初に製作された作品に関しても、徐々にユニバーサルから角川に発売・販売権が移行された。 その後は実写映画をが、アニメをアスミックがそれぞれ配給する役割分担が行われ、角川エンタテインメントとの共同配給での公開となった。 バイアコムの買収により、日本でも2008年11月以降の作品はパラマウント ピクチャーズ ジャパン(パラマウント ジャパンの配給部門)配給で公開されており、DVDの発売・販売権も2009年4月10日発売分からパラマウント ジャパンへと移行した。 しかし、実写作品はディズニーとの提携により、2010年以降配給に変更された。 但し、ディズニー配給前の作品のソフト化はパラマウントが引き続き担当し、同社の日本法人解散後はに引き継がれている。 その一方、アニメ作品は『』を最後に日本での劇場公開が途絶えており、全世界の中でも日本のみ劇場公開を見送られて、『』、『』、『』、『』、『』、『』ではビデオスルーとなる事態が続いていた。 アニメ作品の配給を担当していたの日本法人は、2010年代に入るとアニメ映画の日本公開に消極的な傾向となり、日本で公開実績のある作品の続編であっても未公開または限定上映となっていた。 2015年3月19日には『』が東京アニメアワードフェスティバル2015で初公開後、全国各地で無料イベントとして上映された。 2015年11月14日には『』がシネプレックスで限定上映された。 『』も当初は2016年夏に劇場公開予定にあったが、によるネット独占配信を経て、2017年8月26日にBlu-ray・DVDが発売された。 最終的に20世紀フォックス映画配給によるドリームワークス作品の劇場公開は実現しなかった。 アニメ映画のソフト発売・販売権も、2013年11月21日発売分以降は20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンと移行し、その後、『』からはが配給する。 (アメリカでは『』まで20世紀フォックスが配給。 ) その後、東宝東和とが共同配給契約を結び、2019年以降のDWA制作の全作品が日本でも劇場配給される事を発表した。 映画作品 [ ] 「」も参照 公開年 邦題 原題 種類 備考 1997 The Peacemaker 実写 Amistad 実写 Mousehunt 実写 1998 実写 Deep Impact 実写 (共同製作:) Small Soldiers 実写 () Saving Private Ryan 実写 (パラマウント映画) Antz アニメーション The Prince of Egypt アニメーション 1999 In Dreams 実写 Forces of Nature 実写 The Love Letter 実写 The Haunting 実写 American Beauty 実写 Galaxy Quest 実写 2000 The Road to El Dorado アニメーション Gladiator 実写 (ユニバーサル・スタジオ) Road Trip 実写 Small Time Crooks 実写 Chicken Run アニメーション () What Lies Beneath 実写 (20世紀フォックス) Almost Famous 実写 () Meet the Parents 実写 (共同製作:ユニバーサル・スタジオ) The Contender 実写 The Legend of Bagger Vance 実写 () Joseph: King of Dreams アニメーション (Direct to Video) Cast Away 実写 (共同製作:20世紀フォックス) An Everlasting Piece 実写 (コロンビア映画) Walk the Talk 実写 (Direct to Video) 2001 The Mexican 実写 (共同製作:) Shrek アニメーション Evolution 実写 (コロンビア映画) A. : Artificial Intelligence 実写 (共同製作:) ' The Curse of the Jade Scorpion アニメーション The Last Castle 実写 A Beautiful Mind 実写 (共同製作:ユニバーサル・スタジオ) 2002 The Time Machine 実写 (ワーナー・ブラザース) Hollywood Ending 実写 Spirit: Stallion of the Cimarron アニメーション Minority Report 実写 (共同製作:20世紀フォックス) Road to Perdition 実写 (20世紀フォックス) The Tuxedo 実写 The Ring 実写 Catch Me If You Can 実写 2003 Biker Boyz 実写 Old School 実写 Head of State 実写 Millennium Actress アニメーション (日本アニメ製作:、米国配給:) Sinbad: Legend of the Seven Seas アニメーション Seabiscuit 実写 (共同製作:ユニバーサル・スタジオ、) Anything Else 実写 The Cat in the Hat 実写 (共同製作:ユニバーサル・スタジオ) The House of Sand and Fog 実写 Paycheck 実写 (共同製作:パラマウント映画) 2004 Win a Date with Tad Hamilton! Aliens アニメーション (パラマウント映画を通しての配給のみ、共同製作:ドリームワークス・アニメーション) The Soloist 実写 (パラマウント映画、ユニバーサル・スタジオ) Transformers: Revenge of the Fallen 実写 (パラマウント映画) Up in the Air 実写 (パラマウント映画) The Lovely Bones 実写 (パラマウント映画) 2010 She's Out of My League 実写 (パラマウント映画) How to Train Your Dragon アニメーション (パラマウント映画を通しての配給のみ、共同製作:ドリームワークス・アニメーション) Shrek Forever After アニメーション (パラマウント映画を通しての配給のみ、共同製作:ドリームワークス・アニメーション) Megamind アニメーション (パラマウント映画を通しての配給のみ、共同製作:ドリームワークス・アニメーション) Little Fockers 実写 (ユニバーサル・スタジオ、パラマウント映画) 2011 No Strings Attached 実写 (パラマウント映画) Kung Fu Panda 2 アニメーション (パラマウント映画を通しての配給のみ、共同製作:ドリームワークス・アニメーション) Puss in Boots アニメーション (パラマウント映画を通しての配給のみ、共同製作:ドリームワークス・アニメーション) 2012 A Thousand Words 実写 (パラマウント映画) Madagascar 3: Europe's Most Wanted アニメーション (パラマウント映画を通しての配給のみ、共同製作:ドリームワークス・アニメーション) Lincoln 実写 (20世紀フォックス) Rise of the Guardians アニメーション (パラマウント映画を通しての配給のみ、共同製作:ドリームワークス・アニメーション) 2013 The Croods アニメーション (20世紀フォックス) Turbo アニメーション (20世紀フォックス) 2014 Mr. When Worlds Collide(パラマウント映画)• The Hands of Shang-Chi• Fatal Frame• 「シュレック5」 Shrek 5(ユニバーサル・スタジオ)• Shadows(ユニバーサル・スタジオ)• Mumbai Musical(ユニバーサル・スタジオ)• 「」 Madagascar 4(ユニバーサル・スタジオ)• Splinter Cell: The Movie(2010年、パラマウント映画) 出典 [ ]• Fritz, Ben 2012年4月10日. Los Angeles Times. 2019年12月31日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年9月30日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語) 要購読契約.

次の