切手 a5 封筒。 A4封筒に貼る切手代は何円?最安で送れる重さの目安を詳しく解説!

A4サイズの封筒の切手の値段をご紹介!

切手 a5 封筒

取引先へ送る大切な書類や請求書など、ビジネスで使う機会の多いA4用紙。 このA4用紙を折らずに送る場合は、角2封筒を使います。 早速、角2封筒に書類を準備したら、後は切手を貼って送るだけ。 …ところで、 この角2封筒の切手代はいくらになるのでしょう? 手紙用の小さな封筒なら82円切手と分かりますが、角2封筒サイズとなると、一体いくらの切手が必要なのか悩んでしまいますよね。 必要以上の切手を貼ってしまったらもったいないし、かと言って、切手代不足は避けたいところ。 そこで、角2封筒の切手代について徹底解説します。 角2封筒を使うなら、ぜひ知っておきたい送り方もご紹介しますよ。 角2封筒について、丸ごとマスターしてしまいましょう!• 封筒の重さ:0. 1g~は140円切手となるので注意! 万が一、重さを量り間違えて切手代が不足したまま送ってしまうと、次の通り、受取人に迷惑をかけてしまう可能性がありますので注意しましょう。 料金不足の手紙はどうなるの? A. 料金不足の郵便物の場合下記の方法がとられます。 受取人に届く前に差出人に返送される 受取人に届いて不足額を支払う 受取人が不在だったり、支払いを拒否したりすると差出人に返送される 返送されると肝心の用件が伝わらないことになりますし、受取人に不足料金を払わせるのは少額とはいえ失礼にあたることでしょう。 特に慣れない速達や定型外の手紙を出す場合は、事業所の郵便窓口へお持ちいただくのが確実です。 出典: 「 自分で重さを量るのが不安…。 」 「 量りがなくて、重さが分からない…。 」 そんな場合は、切手を貼る前の角2封筒を持って郵便局へ行きましょう! 郵便窓口へ差し出せば、正確な重さを量ってもらえ、必要な切手を貼ってもらえますよ。 角2封筒の切手を貼る位置 角2封筒の重さをしっかり量ったら、後は必要な額面の切手を貼って送るだけです。 ところで、切手は角2封筒のどのあたりに貼ればよいのでしょう。 大きいサイズの封筒なので、宛て名を書いてもだいぶ余白が余ってしまい、どこに切手を貼るべきかちょっと戸惑ってしまいますよね。 はがきや封筒のどの位置に切手をはるとよいですか? A. 郵便切手は郵便物の表面の左上部 横に長いものは、右上部 に貼っていただくようお願いいたします。 出典: つまり、切手を貼る位置を決めているのは封筒の形なんです。 封筒の大きさは関係ありません。 原則、縦長の封筒を使うなら切手は左上に。 そして、横長の封筒を使うなら切手は右上に貼ります。 急いで送り届けたい書類がある場合には、ぜひ速達を利用しましょう! 書留 書留は、 引き受けから配達までの郵便物の送達過程が記録され、万が一郵便物が壊れたり届かなかった場合には、差し出し時に申し出た損害要償額の範囲内で実損額が賠償されるサービスのことです。 速達同様、書留も曜日に関係なく配達されているので、日・祝日でもしっかり送り届けてもらえますよ。 書留の種類には、次の通り、一般書留・現金書留・簡易書留があります。 角2封筒 A4 が重要書類なら簡易書留で送ろう! すでにお話した通り、重要な書類を送る際には、書留のオプションを付けておくと安心です。 重要な郵便物を送りたいのですがよい方法はありますか? A. 書留をお勧めいたします。 引受けから配達までの郵便物等の送達過程を記録し、万一、郵便物等 ゆうパックを除きます。 が壊れたり、届かなかったりした場合に、原則として差出しの際お申し出のあった損害要償額の範囲内で、実損額を賠償します。 また、受け取っていただく場合、手渡しで受領印かサインをいただいております。 出典: 一般書留・簡易書留・現金書留と3種類ある書留の中でも、重要書類を送る場合に相性抜群なのが簡易書留です。 簡易書留なら、書類に安心の補償や追跡サービスを付加しつつ、よりリーズナブルな価格で利用できるんですよ。 簡易書留についてはすでに前項で簡単にご説明していますが、サービス内容や料金についてここでもう一度しっかり確認しておきましょう。 簡易書留のサービス内容と料金 簡易書留とは、 郵便物の送達過程が記録され、万が一、郵便物等が壊れたり、届かなかった場合には、原則として5万円までの実損額を賠償してもらえるサービスのことです。 簡易書留の利用料金は、基本の郵便料金に簡易書留料310円をプラスして算出します。 まとめ ビジネスでは、かなり利用頻度の高い角2封筒。 A4用紙を折らずに、しかもクリアファイルなどに入れたままでも送れるサイズなので、とても便利な封筒ですよね。 この角2封筒は定形外郵便物 規格内 に分類され、切手代は、120円~重さによって変わります。 封筒に書類を入れたら、重さを量って必要な切手代を算出しましょう。 ただし、 封筒の重さは、0. 1g単位でしっかり量ることが必要となりますので注意してください。 1gでも量り間違えると料金不足となる可能性があり、受取人に迷惑をかけてしまうことも。 不安な場合は、角2封筒を郵便窓口へ持っていき、正確に量ってもらうことをオススメします。 また、角2封筒には、速達や書留、配達日指定など、いくつかのオプションが付帯できますよ。 急ぎの書類には速達、重要な書類には簡易書留といったように、必要に応じて上手に活用していきましょう。

次の

封筒の郵便料金(定形外の切手など)

切手 a5 封筒

B5封筒の切手代を料金表で解説! さっそく本題に入っていきましょう、B5封筒の切手代の料金表はいくらになるのでしょうか? 先程もお話したとおり、日本郵政グループでは切手代(郵便物の送料)を 「大きさ」と「重さ」に分けて決めています。 B5封筒は、「B5用紙を折らずに入れることができるサイズ」であり、大体 「角4封筒」のサイズに当たります。 B5封筒の切手代料金表 重さ 料金 50g以内 120円 100g以内 140円 150g以内 205円 250g以内 250円 500g以内 380円 B5封筒の切手代の料金は以上のとおりです。 重さごとに金額が変わってくる点に注意しておきましょう。 今回は、500gまでの金額を載せておきましたが、書類などを入れる場合では、ほとんど 100g以内で済んでしまいます。 B5封筒に書類を入れ、その後重さを量ってみましょう。 もし、計量ができない場合は、 郵便局に直接持っていくことをおすすめします。 続いて確認していくのは、 速達や簡易書留などのオプション料金に関してです。 速達や簡易書留などは、基本料金とは別料金となっており、 基本料金+オプション料金で切手代を決めていきますよ。 以下、速達などの料金表になります。 B5封筒に、50g以内の郵便物を入れた場合の料金(送料は120円)も同時に載せておきます。 B5封筒の速達料金や簡易書留の料金表 種類 オプション料金 料金 50g以下) 速達 +280円 400円 一般書留 +430円 550円 簡易書留 +310円 430円 現金書留 +430円 550円 日時指定 (平日指定) +31円 151円 日時指定 (休日指定) +210円 330円 速達や簡易書留の他にも、様々なオプションサービスを載せておきました。 これらを利用するメリットはたくさんありますが、普通郵便と違う点に 「休日配送が可能である」という部分があります。 普通郵便だと、休日は配達されませんので、その分配達が遅れてしまうことがあります。 しかし、以上のような配達サービスを利用することによって、郵便物が 遅れずに届くというメリットがありますよ。 また、速達は早ければ 当日中、遅くとも翌日には届くということで、期日が迫った書類は速達を利用すると良いでしょう。 他にも、重要な書類は書留がおすすめ。 紛失補償が付いているため、重要な書類は書留を利用してください。 B5用紙:3g B5封筒、B5用紙は材質によって重さが左右されますが、B5封筒なら最大でも14gとなっています。 基本的に 8g〜10gのB5封筒が多いようです。 B5用紙に関しては、一般的なものであれば3gとなっています。 例えば、B5封筒に用紙を5枚入れる程度であれば、 余裕で50g以内に収まります。 こういった目安を参考に、おおよその切手代を決めていきましょう。 重要な書類であれば、少し値段が高めの切手を選ぶのもアリですね。 切手代が足りないまま郵送されると、 相手に支払い義務がいきます。 そうなってしまうと、信頼関係が崩れかねませんので、注意して切手代を選びたいところですね。 ちなみにですが、コンビニなどでも郵便物を計量してくれます。 「この封筒を送りたいのですが... 」と店員さんに頼むと、切手を貼ってくれますよ! B5封筒に関する疑問をQ&A形式で解説 最後に、B5封筒に関するいくつかの疑問をQ&A形式で解説していこうと思います。 B5封筒の選び方や宛名書きについてまとめていきますよ。

次の

封筒の郵便料金(定形外の切手など)

切手 a5 封筒

「はがきの場合の切手代はわかるけど、A4サイズが入る角形2号の場合はいくらだっけ・・・」という方もたくさんいらっしゃいます。 これは実際に切手の料金一覧表を見ないと細かくわからないかもしれません。 例えば角形2号のような定形外郵便物の場合、重量別に値上げをした部分と値上げをしていない部分がありやや複雑です。 本記事では、A4サイズが入る3種類の封筒の切手代と速達料金、重さと切手代の関係、切手の貼り方、確定申告書を入れる封筒と切手代について解説していきます。 重量 定形郵便物の切手代 (~2019年9月30日) 定形郵便物の切手代 (2019年10月1日~) 25g以内 82円 84円 50g以内 92円 94円 ところが、A4用紙を折らずに入れることができる角形2号(定形外)の封筒の切手代はあまり知られていません。 下記では角形2号の切手代の旧料金と新料金の比較表を掲載しておりますので参考にご覧ください。 A3の履歴書は2つ折りにでき、A4の履歴書は折らずにそのまま入るからです。 下記では角形2号の切手代、速達の料金を合わせてご紹介します 角形2号の切手代はいくら? 封筒の種類 封筒とA4用紙10枚の重さ 料金 角形2号 約55g 140円 A4用紙1枚とクリアファイル1枚 A4用紙1枚とクリアファイル1枚を角形2号の定形外で送付する場合の重さをはかるには、A4用紙、クリアファイル、角形2号の重さをそれぞれ算出しなければなりません。 また、A4サイズのクリアファイルは0. 2mm厚と0. 3mm厚の2種類があって重さも違うので注意が必要です。 したがって、50g以内なので切手は120円になります。 したがって、51g以上100g以内なので切手は140円になります。 タグで探す• 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の