ファモチジン 市販 薬。 ファモチジン錠20mg(ガスター錠ジェネリック)通販、購入、個人輸入

ファモチジンの胃痛や吐き気等への効果と副作用!下痢や便秘は?

ファモチジン 市販 薬

ファモチジンOD錠20mg「JG」に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 胃食道逆流症(逆流性食道炎) 胃潰瘍、十二指腸潰瘍 ファモチジンOD錠20mg「JG」の主な効果と作用• や、胃炎、などを治療するお薬です。 胃酸や胃液に含まれる消化 酵素の分泌をおさえる働きがあります。 胃酸や胃液に含まれる消化酵素の分泌をおさえる働きや、出血をおさえる働きがあります。 潰瘍や胃炎などによる 消化管の出血を治療するお薬です。 ファモチジンOD錠20mg「JG」の用途• Zollinger-Ellison症候群• の胃粘膜 病変の改善• の胃粘膜出血の改善• の胃粘膜 発赤の改善• の胃粘膜 浮腫の改善• の胃粘膜 糜爛の改善• 急性ストレス 潰瘍の上部 消化管出血• 出血性胃炎の上部消化管出血• 消化性潰瘍の上部消化管出血• 吻合部潰瘍• の 急性増悪期の胃粘膜病変の改善• の急性増悪期の胃粘膜出血の改善• の急性増悪期の胃粘膜発赤の改善• の急性増悪期の胃粘膜浮腫の改善• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 痙攣、過敏症、発疹、紅斑、白血球減少、好酸球増多、便秘、下痢、軟便、口渇、悪心 起こる可能性のある重大な副作用 ショック、アナフィラキシー、呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、顔面浮腫、咽頭浮腫、蕁麻疹、再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血、血小板減少、全身倦怠感、脱力、皮下出血、粘膜下出血、発熱、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、中毒性表皮壊死症、Lyell症候群、肝機能障害、黄疸、AST上昇、ALT上昇、横紋筋融解症、高カリウム血症、ミオグロビン尿、著明な血清逸脱酵素上昇、筋肉痛、QT延長、意識障害、全身痙攣、痙直性痙攣、間代性痙攣、ミオクローヌス性痙攣、間質性腎炎、急性腎不全、皮疹、腎機能検査値異常、BUN上昇、クレアチニン上昇、間質性肺炎、咳嗽、胸部X線異常、不全収縮 上記以外の副作用 嘔吐、腹部膨満感、食欲不振、口内炎、徐脈、頻脈、房室ブロック、血圧上昇、顔面潮紅、耳鳴、肝機能異常、Al-P上昇、総ビリルビン上昇、LDH上昇、可逆性の錯乱状態、うつ状態、眩暈、無気力感、頭痛、眠気、不眠、乳汁漏出症、月経不順、女性化乳房、CK上昇、CPK上昇、味覚異常、背部痛 ファモチジンOD錠20mg「JG」の用法・用量• 1.胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群:ファモチジンとして1回20mgを1日2回(朝食後、夕食後又は就寝前)経口投与する• また、1回40mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる• なお、年齢・症状により適宜増減する• 但し、上部消化管出血の場合には注射剤で治療を開始し、内服可能になった後は経口投与に切り替える• 2.急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(糜爛、出血、発赤、浮腫)の改善:ファモチジンとして1回10mgを1日2回(朝食後、夕食後又は就寝前)経口投与する• また、1回20mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる• なお、年齢・症状により適宜増減する.

次の

ファモチジンOD錠20mg「JG」

ファモチジン 市販 薬

作用機序 ガスターがなぜ逆流性食道炎や胃炎に効果があるのか? 作用機序について解説したいと思います。 逆流性食道炎や胃・十二指腸潰瘍は「 胃酸」が原因となっておこります。 胃酸は胃の 壁細胞にある ヒスタミンH2受容体にヒスタミンがくっつくことで分泌されるのですが、ガスターはヒスタミンH2受容体にヒスタミンがくっつくことを妨害することで胃酸の分泌を抑えます。 胃酸の分泌を抑えることで結果的に胃の防御因子の割合が高くなり、胃・十二指腸潰瘍や上部消化管出血などに効果を示します。 ガスターD錠(ファモチジンOD錠)との違い D錠とは 口腔崩壊錠といって「口で溶ける剤形」のことをいいます。 ガスターD錠のジェネリック医薬品ではファモチジンOD錠として発売されています。 D錠も普通錠も吸収や効果には全く変わりありません。 市販のガスター10との違い 市販薬に ガスター10(テン)があり、有効成分の ファモチジンが10mg含まれています。 医療用のガスター錠10mgと全く同じ有効成分になります。 一方、医療用のガスターにはファモチジンが 10mgと20mg含まれたものが存在します。 ファモチジンが20mg入ったガスター錠20mgの市販薬は販売されておりません。 妊娠・授乳中の服用 「妊娠中だけどガスター服用してもいい?」 と聞かれることがありますが「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与」となっています。 催奇形性が報告されていないことから実際の現場では、妊婦さんに処方されることはよくあります。 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 [妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。 ] 引用元 ガスターインタビューフォーム 「授乳中だけどガスター服用できる?」 と聞かれることがありますが、製薬メーカーの説明書では「 授乳させないよう注意すること」となっています。 授乳婦:授乳婦に投与するときは授乳させないよう注意すること。 [母乳中に移行することが報告されている。 ] 引用元 ガスターインタビューフォーム しかし海外の基準では、授乳中のガスターの服用は「 最も安全」のL1に位置づけられています。 L1 適合(安全):compatible 多くの授乳婦が使用するが、児への有害報告なし。 対照試験でも児に対するリスクは示されず、乳児に害を与える可能性はほとんどない。 又は、経口摂取しても吸収されない。 引用元: 日本では少しでも母乳に移行すると「授乳を中止すること」となっていますが、 実際に母乳に移行する薬の量はごくわずかで、赤ちゃんに影響がでないことが多くあります。 ガスターについても、海外で安全性が認められていることから、授乳を中止しなくてOKと指導されるケースも多くあります。 スポンサーリンク• カテゴリー• 4 こんにちは。 現役薬剤師Yu(ユー)です。 2006年に京都薬科大学薬学部を卒業し、薬剤師免許を取得後、調剤併設ドラッグストアと調剤薬局にて勤務する現役薬剤師です。 健康食品や市販薬、内科、整形外科、皮膚科、小児科、在宅医療まで幅広く患者さんと関わってきました。 「一人の患者さんが抱える薬の疑問は、みんなが抱える疑問かもしれない」 私が薬剤師として活動する中で、患者さんに聞かれたことや、患者さんが知っておく必要があると思った情報をまとめるためにサイトを立ち上げました。 最近は患者さんだけでなく、ヘルパーさんや看護師さんなど医療従事者の方も薬の勉強のために閲覧をいただいております。 「薬に関わる疑問を少しでも解消したい。 」 そのような思いで日々サイトを磨いてまいります。 まだまだ成長過程の薬剤師ですが、一人でも多くの方がこのサイトがあってよかったと思っていただるように自分の抱える知識を発信してまいります。 スポンサーリンク.

次の

ファモチジンの種類や薬価|市販での販売や胃痛などへの効果、作用機序も|薬インフォ

ファモチジン 市販 薬

ファモチジンの効果や副作用は? ファモチジンは胃酸の分泌を抑える医薬品で、ガスターのジェネリック医薬品として発売されているH2ブロッカーで、同種類のH2ブロッカーにはザンタック(成分名:ラニチジン)などが販売されています。 そして、胃壁に存在する胃壁細胞はヒスタミン2受容体があり、これにヒスタミンという物質がくっつくと胃酸を分泌するシグナル(cAMP)が発信されるのですが、ファモチジンはヒスタミン2(H2)受容体をブロックするため、これにより胃酸分泌のシグナルを弱める働きがあるとされています。 そのため、胃酸が胃に対して悪い影響を与えている時に効果を発揮する薬ということになり、例えば急性胃炎や慢性胃炎の急性憎悪、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、胃粘膜病変などに効能があり、こうした病気による胃痛や吐き気、アルコールの摂りすぎによる二日酔いといった症状に効果を示します。 副作用は? ファモチジンはペプシンという酵素の働きをブロックする作用もあるのですが、ペプシンは胃に存在する酵素の一つで、胃に入ってきたタンパク質を小さく分解する作用があるものなので、これがブロックされることで食物のタンパク質が分解されにくくなります。 これによって、時折便秘や腹部膨満感、吐き気、下痢などの副作用が現れることがあるようです。 スポンサーリンク ファモチジンとムコスタの違いは? ファモチジンと同様、胃酸が胃に対して悪影響を与えている時に有効な医薬品としてムコスタがありますが、ムコスタは胃粘膜保護作用のある薬で、H2受容体を抑えることで発揮する胃酸分泌抑制作用のある薬です。 そして、ムコスタは胃粘膜を増やして刺激を減らす一方で、ファモチジンの方は胃酸分泌を抑制することで刺激を減らすという違いがあります。 なので、ファモチジンとムコスタは併用することでよりよい効果が得られるため、医師から両方とも処方されることが多いようですね。 ファモチジンの用法は?アルコールとの併用などについても ファモチジンの用法や用量としては、基本的にファモチジン錠20mgを1日2回投与するとされています。 そして、ファモチジンを服用中にアルコールを併用すると、H2ブロッカーが胃壁内にあるアルコールを分解する酵素の働きを阻害し、血液中のアルコール濃度を上げてしまうので、酔いが強くなり、悪酔いすることがあるため併用は避けた方が良いでしょう。 それから、妊娠中の服用に関しては治療上の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ医師が処方することになっているので、個人の判断で使用しないようにしましょう。 また、授乳中に関しては製薬メーカーの説明書にも「授乳させないように注意すること」となっているので、注意しましょう。 ファモチジンを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ! ファモチジン錠は医師の処方が必要な医薬品で、薬価は10mgが1錠あたり24. 6円で販売されており、ジェネリックはファモチジン錠10mg「テバ」などが1錠9. 6円で販売されています。 そして、市販品としてはファモチジンを10mg含むものとして、第一三共から「ガスター10」が12錠入って1瓶あたり1,326円程度で販売されていますね。 ただ、毎回病院を受診するのは面倒だし、市販薬より安く買いたいという方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でファモチジン10mgを購入する方法です。 そしてこちらなら、10mgが100錠入って1箱あたり2,355円で、2箱だと4,064円で販売されているそうなので、買いやすいお値段ですよね。 でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。 そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。 というわけで、ファモチジンならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。 スポンサーリンク.

次の