今年 の 運勢 2020。 【2020年下半期】水晶玉子の運勢占い|【12星座別】運勢ランキングも

【2020年前半の全体運】2020年の幕開けは激動。物事が根底から崩れ、再構築される

今年 の 運勢 2020

2019年ももうすぐ終わり。 平成と令和をまたいだ今年は、みなさんにとってどんな1年でしたか?来年2020年はオリンピックイヤー。 最高の1年を迎えるべく、雑誌「anan」の占い特集でもおなじみのG・ダビデ研究所、オフェリア・麗先生に「2020年前半の運勢」についてうかがいました。 前編では「2020年の全体運」についてお話いただきます。 なんと、2020年は激動の1年になるのだとか。 G・ダビデ研究所のオフェリア・麗です。 クリスマスも終わり、今年も残すところあとわずかとなりました。 そこでみなさんにお伝えしたいのが2020年の運勢です。 2020年の前半は、はっきり言って 日本にとって試練のときとなりそうです。 前半の早い時期に大きな出来事があり、激動の時代が始まります。 この12月に木星が山羊座に入りました。 1年にひとつずつ星座を移動する木星は幸運を司る星ですが、1月には土星と冥王星も天頂に位置する山羊座に集まります。 この 3大惑星が接近する、「トリプル・コンジャクション」といわれる非常にまれな年が2020年なのです。 土星を表現する言葉は「制裁」、そして「歴史をつくる」星。 冥王星は「眠っているものを呼び覚ます力」を示す星です。 木星は「物事が本来の姿を取り戻す」ことを表しています。 これら3つの惑星が山羊座で織りなす稀有な配置が何を意味するか。 まさに 「大いなる審判が下されるとき」と言っても過言ではありません。 日本社会の悪い面が噴出し、価値観が変わる そこで、2019年を少し振り返りましょう。 たとえば「桜を見る会」の問題や、かんぽ生命の不正事件、また関西電力の幹部が賄賂を受け取っていた不祥事など、長年にわたって見過ごされてきた日本社会特有の悪習や弊害が2019年後半に明るみに出てきました。 いけないことだと誰もが知りつつ、「伝統だから」「慣習だから」「みんながやっていることだから」と、なんとなく許されてきてしまった。 それに対する追及も中途半端で、政権を揺るがすほどの大ごとにはならずに問題が流れていってしまった感があります。 木星が射手座にあった2019年は、 木星の力を抑えるような大きな惑星が他にないので、良くも悪くもさまざまな物事がスピーディーに動いたわけです。 しかし、 木星が山羊座に入った今後は違います。 そういった問題ももっと出てくるでしょう。 日本社会の悪い面が一気に噴出するといった様相です。 見て見ぬふりをして放置されてきた古くからの悪習はなくなることを余儀なくされ、これまで隠されてきたもの、 闇に葬られてきたことが、内部告発や秘匿情報の発覚などによって明らかとなり、厳しく追及されます。 これら一連の動きのきっかけとなる出来事が、 2020年早々に起こると予想されます。 それにより、 社会の仕組みが見直され、価値観が大きく変化していきます。 さまざまな場面で、物事本来の価値に目が向けられるようになるでしょう。 しかし2020年は、すべてが新しいものに塗り替わっていく1年ではありません。 価値観が変化していく最初の年です。 とくに前半は、本来持っている力が掘り起こされ、そこに価値が見いだされていくという流れになるでしょう。 ひとつの例として挙げるとするならば「株」。 ある企業の株価が一時下がったとしても、真に価値のある銘柄なら、またゆっくりと上昇します。 ジリジリと上がって、以前よりよくなるでしょう。 倒産しかけている会社も、基本に戻って立て直せば再び復活します。 自分の力を出し切れていなかった人が、実力を発揮することもあり得ます。 本当の実力が試されるとき、とも言えるのです。 希望の兆しが見え始めるのは春分の日以降に 古い枠組みが崩れて、社会の再構築がはかられるという意味では、日本にとって必要な試練といえますが、やはり 払うべき代償は小さくありません。 社会も一時的に混乱をきたすでしょう。 しかし 3月後半あたりから、早くも希望の兆しが見え、世の中は徐々によい方向に向かっていきます。 火星と木星が重なり、 3月20日の春分の日以降は、よい気運に満ちてきます。 志のある人材が頭角を現し、再生へと導くでしょう。 先に厳しい試練が訪れるけれど、その 混乱の中で立ち上がり、戦う人が登場する。 そういうタフな人物が出てきそうな気配が感じられます。 この年に限ったことではありませんが、 災害への備えは日頃から心がけておくとよいですね。 新しくて便利といわれているものより、 昔から使われている道具のほうが役に立つシーンは多々あると思います。 「地図」を見ることができる能力も大事ですし、「ろうそく」「らんたん」「ヘルメット」などのアナログな道具も有効です。 災害グッズなどを用意しておくのはいいことだと思います。 最後に付け加えると、土星と冥王星のコンジャンクションからもうひとつ予想されるのは、 巨大な2つの国同士の対決。 それがどの国なのかはわかりませんが、日本に対してはもちろん、全世界に与える影響は大きい。 このことも頭の片隅にとどめておいてください。 少子高齢化でシステムも硬直し、国力が衰えていくばかりの日本社会をいよいよ変えなければいけないときがきたようです。 年末には、グレート・コンジャンクションと呼ばれる土星と木星の重なりが起き、時代が本当に変わるという動きがあります。 そこからが、新生ニッポンの本格的なスタートです。 再生への希望を胸に、前半の激動を力強く乗り越えましょう。

次の

2020年占い|生年月日でわかる上半期の運勢/恋愛運【完全無料】

今年 の 運勢 2020

0地点 全ての動きが止まり、運気は閉鎖します。 気分も消極的になり何かと悲観的になりがち。 初心に返り自分自身に力をつける時です。 精算 冬の時期も終わりを迎え、新しいスタートに向けての準備を始めるべき一年です。 情報を集め、計画を立てることに専念すると良い時です。 開拓 ようやく春を迎え、目覚めの時です。 失敗も経験のひとつと割り切って、何事にも恐れずチャレンジすることが必要となります。 生長 開拓期に見つけたチャンスを伸ばしていく時期です。 自分の能力を存分に発揮できる場を見つけ、物事を拡大させる年です。 決定 ものごとの筋道が定まり、進むべき道が明確になってきます。 別れや転職などを考えている場合は決断の時となります。 健康 好調に進んでいた運勢に疲れが出て、物事が少し停滞します。 季節に例えれば梅雨。 、運気が上昇中であっても注意が必要です。 人気 最高の運気を迎え、すべての物事が望むとおりになる願望成就の年です。 障害は消え、順調に計画を進められる時です。 浮気 前地点までの好調が油断を招き、浮き足立って失敗しやすい年です。 注意力が散漫になりつけ込む隙を与えてしまう時。 再開 浮気期の落ち着かない気分も収まり、第二の出発点となる年です。 過去を振り返り、経験を生かすことで運が大きく開けます。 経済 積み上げてきた経験や実績が実りとなって手に入ります。 特に金銭に関わる運勢に好機が訪れます。 充実 これまでの全ての努力が報われ、成果となって手に入ります。 仕事でもプライベートでも満たされ、最高に充足できる時期です。 背信 運気は冬の時期に入り、全ての面において停滞します。 気を引き締めておかないと大きなトラブルに見舞われます。

次の

【無料占い】四柱推命で占う「2020年の運勢」

今年 の 運勢 2020

2020年も、 気が付けばもう半分が過ぎてしまいました。 2020年は素敵な人と出逢いたい…! 今年こそ結婚しよう…! そう決めて新年を迎えたのに、世の中で様々な出来事が起こって、 まだまだ出来ていないことがたくさんあるはず。 このままあと半年経ってしまったら、後悔が残ってしまうかも… 2020年は節目の年です。 そんな節目の年に後悔を残さないためにも、あと半年間の下半期、あなたがどのような運勢を辿るか、占ってみてください。 記事の中では、 水晶玉子さんの無料占いや、 2020年星座別ランキングを載せています。 気になる方は、ぜひチェックしてみてください。 2020年下半期を占うなら【水晶玉子】 2020年、下半期の運勢を占いたいのであれば、 水晶玉子さんがおすすめです。 ・ゲッターズ飯田も唯一尊敬する占い師 ・TVでは「日本一当たる」と紹介される実力 などなど、水晶玉子さんの実力は折り紙付き。 なにより特徴的なのは、その的中力です。 水晶玉子さんは、以前、2020年がどんな年になるかについて、以下のように占っています。 2020年は、 約200年に一度の大きな運気の切り替わりがあります。 「水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦 2020」より引用 加えて、具体的に、鏡リュウジさんとの対談の中で以下のように言っています。 セオリー的に言うと物質の時代から 情報とか知性とか知恵の時代に変わっていく 進歩した道具や物をいかに人間が使っていくか、そのルール作りや考え方を生み出していく、整えていく時代になるんじゃないか より引用 ちょうど2020年は、テレワークが広がり、オンラインのミーティングなど、「情報」にフォーカスされた時代になりました。 「大きな運気の切り替わり」「情報とか知性とか知恵の時代」、 今の状況をまるで見てきたかのような占い結果ですよね…! このように、的中力に裏付けされた、確かな実力があるからこそ、水晶玉子さんは、2020年下半期の運勢を占うのにぴったりな占い師と言えるでしょう。 実は、水晶玉子さんの占いは、 公式サイトから無料で体験することができます。 まずはその実力を、ご自身で確かめてみるのも良いかもしれません。 【何が占える?】水晶玉子が占う、2020年下半期の運勢 そんな折り紙付きの実力をお持ちの水晶玉子さんですが、2020年下半期の運勢に関して、どのようなことを占えるのでしょうか。 公式サイトでは大きく分けて2つの、2020年下半期占いを占うことができます。 出逢いや結婚などの、恋愛運に加え、仕事運、金運など、様々なことを占うことができます。 「出逢いが欲しい」「今年中に結婚したい」「仕事運が気になる」と思っている人はこちらの占いがおすすめです。 水晶玉子が占う、あなたの2020年下半期の運勢• 2020年下半期、あなたの「新しい出逢い」の見つけ方• 電撃婚も!?あなたが「年内に結婚する可能性」• 2020年後半、あなたの「対人運」「仕事運」「財運」• この下半期にあなたが「手に入れるもの」「手放すもの」• 知っておけば大丈夫です。 今年後半に注意すべきこと• 2020年後半、あなたにピッタリの開運方法• 恋愛運に特化していて、気になるあの人の恋愛運と、あなたの下半期の恋愛運を重ね合わせて占うことができます。 また、「押すべきか、引くべきか」など、恋愛に対するアドバイスも豊富。 「今年中に彼と進展したい」「彼とは今後、どうなるの?」など、恋愛運が気になる人はこちらを占ってください。 気になるあの人の2020年下半期の恋愛運• 対して、あなたの2020年下半期の恋愛運• 恋のライバルは現れる?下半期のあの人の異性関係• 2020年下半期、あなたのこんな魅力が高まります• 年内に成就させたいなら「押す」が有効?「引く」が有効?• 要注意。 あの人の心があなたから離れてしまうポイント• 今年の下半期、ふたりの恋を後押しするチャンス• 2020年末までに、ふたりの恋が叶う確率は〇% 2020年12星座別運勢ランキング 星座別の2020年の運勢が気になる人は、こちらからランキングを確かめてみてください。 星座別の運勢を知った後、もっと詳しく具体的な運勢が気になる方は、公式サイトから占ってみるのも良いかもしれません。

次の