東京 2020 公式 チケット 販売 サイト。 【五輪観戦チケット】2/20から先行窓口販売のはがき申込開始、春期発売はウェブや窓口で先着順

東京2020大会オリンピック公式、ついにチケットを発表!料金・発売日・チケットの違いを調べました

東京 2020 公式 チケット 販売 サイト

販売対象は開閉会式のほか、ボクシングを除く32競技。 tokyo2020. org のみで28日まで受け付け、抽選の結果は6月20日に発表される。 チケットは〈1〉一般〈2〉車いす利用者〈3〉12歳以下や60歳以上の人、障害者を含むグループが購入できる「2020円チケット」の三つに分かれ、一般チケットは観戦しやすい場所の順にA~Eまでの最大5種類が用意された。 最高価格は開会式の30万円。 全チケットの半数以上が8000円以下に抑えられた。 20年春以降、窓口で直接購入できる公式販売所も都内に設けられる。 東京都内では9日昼、PRイベントが開かれ、20年大会で新種目となる自転車競技「BMXフリースタイル・パーク」の中村 輪夢 ( りむ )選手(17)は「声援を受けると気合が入る。 日本人選手の活躍に注目してほしい」と観戦を呼びかけた。 販売に関する電話での問い合わせは0570・00・2020で、土日祝日を除く午前9時~午後6時に受け付ける。

次の

東京2020大会チケットの価格発表、春から抽選申込開始

東京 2020 公式 チケット 販売 サイト

オリンピック観戦チケット 春期販売スケジュール 1. 公式チケット販売サイトによるウェブ発売(先着順) 販売箇所:公式チケット販売サイト 対象者:全員(海外在住者含む・要ID登録) スケジュール:5月中旬以降開始 3. 窓口発売(先着順) 販売箇所:東京2020チケットセンター(有楽町+都内1か所) 対象者:全員 スケジュール:5月中旬以降開始 4. 手続きの詳細は以下。 手順1 はがきで整理券の抽選に申し込む 2月20日(木)~3月12日(木)必着 はがきに必要事項を記入し、整理券の抽選に申し込む。 申込上限は、オリンピック・パラリンピックそれぞれ1人1枚まで。 手順3 東京2020チケットセンター有楽町でチケットの購入 スケジュール:4月28日(火)~5月7日(木) 当選通知を持参のうえ、先着順でチケットを購入。 当選者本人が窓口で購入する必要があり、身分証確認を実施する。 指定の集合時間に来店できない場合には、可能な範囲で別時間を案内するとしているが、購入できない場合もあり得る。 今回の販売枚数は未定。 1人1セッション4枚までと購入上限が設定されているが、希望のセッションを購入できない場合もある。 期間中にチケット在庫がなくなった場合は、アナウンスする予定だという。 これまでの販売状況は、オリンピックのが322万枚、第一次の追加抽選が35万枚、が90万枚。 パラリンピックの第一次抽選が60万枚、第二次抽選は未発表。 5月以降にもウェブや窓口での先着発売が予定されているが、各競技の販売枚数などは未定。 サーフィンフェスティバルの出演アーティストも未確定だが、少しでも希望のチケットを手に入れるために申し込んでみては。 (THE SURF NEWS編集部).

次の

東京2020大会オリンピック公式、ついにチケットを発表!料金・発売日・チケットの違いを調べました

東京 2020 公式 チケット 販売 サイト

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2018年7月20日、 東京2020大会オリンピックの公式チケットについて発売時期・料金・チケットの種類を発表しました。 (パラリンピックのチケットは2019年8月22日より発売) また、2019年1月30日にはさらなる詳細料金を発表。 今まで不明だった種目のチケット料金も判明したほか、いくつかの種目については最低価格の値下げも行われ、昨年7月発表時の料金と比べてより購入しやすくなりました。 さらに、 2019年4月18日にはついに東京オリンピック・パラリンピックのチケットの発売日(抽選販売)が決定・公表となり、チケットの販売サイトがプレオープンしました! なお、チケットの販売はオンラインや特定の販売所で行われます。 東京2020大会はVISAがスポンサーのため、チケットの支払いにはクレジットカードも使用可能です。 競技の観戦チケットは2,500円〜130,000円とけっこう幅があります。 歴史的な大会ですし、現地でリアルに観たいな〜と思っている人は今からチケット料金を調べておきましょう。 () 例えば、サッカーは2,500円~67,500円。 卓球は3,500円~36,000円。 という具合に、チケット料金は種目や席のグレードによってずいぶん違いがあります。 ちなみ、 一番高額なチケットは3,000円~130,000円の陸上競技(トラック&フィールド) のチケットです。 130,000円って一体どんな席なんでしょうね! 各競技ごとのチケット料金は本文の最後に表にしてまとめましたので、ぜひこちらも御覧ください。 さらに、飲食サービスなど不可価値のあるチケットも用意するそうですよ! そのほか、お子さんやご年配の方、障がい者、グループなど、開閉会式とすべての競技において2,020円からのグループ向け特別価格チケットを販売予定になっています。 チケットの発売日・申し込み開始日 気になる東京オリンピック・パラリンピックのチケットの一般発売日(日本国内在住者向け)は以下のとおりです。 オリンピック 公式チケット販売サイト: パラリンピック 公式チケット販売サイト:2019年8月22日(木) チケット販売所:2020年 再抽選での販売も 東京オリンピック・パラリンピックを観戦するチケットは国内販売分を東京2020組織委員会が直接販売します。 東京2020大会公式チケット販売サイトで2019年5月9日より抽選販売の申し込みを開始。 販売サイトも同時オープンです。 オリンピックはすでに一次販売を終了。 しかし、残ったチケットについては二次販売を実施します。 また、チケット販売所を通じた販売は2020年に開始します。 東京2020組織委員会が指定するチケット販売事業者による販売も予定。 チケットの種類は?スマホ用QRチケットもあり! 東京オリンピックのチケットはよくある紙のチケットのほか、自宅で自分でプリントアウトして使用する「プリント@ホーム」もあります。 また、スマホや携帯電話の画面に表示するQRコードの「モバイルチケット」も選べます。 「 紙のチケット」・・・配送やチケット販売所で受け取る紙のチケット 「 プリント@ホーム」・・・自宅のプリンターで印刷して発行するチケット 「 モバイルチケット」・・・スマホ・携帯電話用のQRチケット 東京2020大会公式チケット販売サイトでチケットを購入するためには、 TOKYO 2020 IDの登録が必要になります。 競技、種別等 価格 開会式 12,000円~300,000円 閉会式 12,000円~220,000円 水泳(競泳) 5,800円~108,000円 水泳(飛込) 3,500円~30,500円 水泳(アーティスティックスイミング) 4,000円~45,000円 水泳(水球) 3,000円~18,000円 水泳(マラソンスイミング) 3,500円~5,500円 アーチェリー 3,000円~7,000円 陸上競技(トラック&フィールド) 3,000円~130,000円 陸上競技(マラソン) 2,500円~6,000円 陸上競技(競歩) チケット販売なし バドミントン 4,000円~45,000円 野球 4,000円~67,500円 ソフトボール 2,500円~25,500円 バスケットボール(3X3) 3,000円~18,000円 バスケットボール(バスケットボール) 3,000円~108,000円 ボクシング 3,500円~45,000円 (調整中) カヌー(スラローム) 3,000円~10,000円 カヌー(スプリント) 3,000円~9,500円 自転車競技(BMXフリースタイル) 2,500円~10,000円 自転車競技(BMXレーシング) 3,000円~12,500円 自転車競技(マウンテンバイク) 5,000円 自転車競技(ロード(ロードレース・ゴール、個人タイムトライアル)) 3,500円~5,500円 自転車競技(トラック) 4,000円~14,500円 馬術(馬場馬術、総合馬術、障害馬術) 3,000円~16,000円 フェンシング 3,000円~11,500円 サッカー 2,500円~67,500円 ゴルフ 7,000円~10,000円 体操(体操競技) 4,000円~72,000円 体操(新体操) 4,000円~36,000円 体操(トランポリン) 5,500円~16,000円 ハンドボール 3,500円~20,000円 ホッケー 2,500円~10,000円 柔道 4,000円~54,000円 空手(形、組手) 3,500円~12,800円 近代五種 2,500円~4,000円 ボート 3,000円~9,500円 ラグビー 2,500円~25,500円 セーリング 3,000円~5,500円 射撃(ライフル、クレー) 2,500円~5,500円 スケートボード(パーク、ストリート) 4,000円~11,500円 スポーツクライミング 3,000円~12,500円 サーフィン 3,000円 卓球 3,500円~36,000円 テコンドー 3,000円~9,500円 テニス 3,000円~54,000円 トライアスロン 4,000円~8,000円 バレーボール(ビーチバレーボール) 3,500円~45,000円 バレーボール(バレーボール) 4,000円~54,000円 ウエイトリフティング 2,500円~12,800円 レスリング(フリースタイル、グレコローマン) 4,000円~45,000円 注意!五輪で使えるクレカはVISAだけ! チケットのオンライン購入にはクレジットカードが使えますが、 使えるのはVISAだけ。 これはVISAが公式スポンサーになっているためです。 VISAカードで東京五輪のチケットを買うと 手数料0円で購入可能。 一方、コンビニでの現金払いでチケットを買うと432円がかかりますから、 絶対にVISAでの支払いがお得です。 これはチケットだけにとどまらず、東京オリンピック・パラリンピックのすべての会場やグッズショップ、飲食ブースも同様。 かならず VISAカードを携帯するようにしてください。

次の