犬鳴 村。 犬鳴

犬鳴村の伝説と真実!日本国憲法が通用しない村の現在や事件まとめ【犬鳴峠】

犬鳴 村

旧犬鳴トンネル カテゴリ: 地域: 九州最大の心霊スポット 犬鳴トンネル。 そのトンネルのそばには 犬鳴村 という 外界から隔離された江戸時代から続く被差別集落があり、 余所からきた者は殺害されてしまうという噂がある。 また、集落の入り口には 「この先日本国憲法通用しません」 という看板があるという。 犬鳴村の噂はガセネタらしいが、犬鳴トンネルは確かに存在する。 ということで、行ってみることにした。 現在 旧犬鳴トンネル へ続く道はフェンスで閉鎖されており、 下のほうに 新犬鳴トンネル が走っている。 旧トンネルへは新トンネルの脇にある細道を通って行くことができる。 旧道は車1台がようやく通れるくらいのスペース。 しばらく進むと 道路が陥没 している。 現役時代に車で走っているときにこんなことになったらと思うとぞっとする。 こんな道を10分くらい歩く。 道路は綺麗に落ち葉が掃かれていた。 人が通らない旧道なのになぜ? と思うかもしれないが、いろいろ意味があるんだろう。 旧道を歩いてしばらく進むと犬鳴トンネルが姿を表した。 実はここ、 暴走族が男性をリンチして 殺害したという事件 も起きたいわくつきの場所。 この事件はガセネタじゃなく 事実 である。 トンネルは ブロック が積まれてふさがれていた。 穴をコンクリで塞ぐよりも確かにこの方が楽かもしれない。 ブロックはスプレーなどで落書きされていた。 DQNはどこにでもいるなぁ。 トンネルの詳細は落書きと錆びで読めない状態になっていた。 施工年月日やトンネルの長さなどが書いてあるはず。 トンネルの中。 ブロックの隙間から覗くことが出来た。 こちらもゴミだらけ。 こういうとこに来て不法投棄するなよ~ トンネルの中。 水とゴミは分かるが、石もいっぱい落ちていた。 これは現役時代からこんな状態だったのか? だとしたら車が通るのは大変だよなぁ。 隙間から内部に入ることも出来たのだが、 汚れるのが嫌だったので中には入らず。 おれがもしザーボンさんだったらフリーザ様にこっぴどく怒られていたことだろう。 い・・・犬鳴村の住民!? かと思いきや、あれは 同行者のスミス。 残念ながら犬鳴村の住人を発見することは出来なかった。 というわけで、 犬鳴トンネル。 昼間に来たときは同行者もいたので、あまり怖くはなかったが、 街灯もないことだし、夜中に来たら恐怖感が増すことだろう。 DQNも来ていることだし、一人で行くことはオススメしない。 関連記事 このページを見た人にはこんなページもオススメ.

次の

【ネタバレ】映画『犬鳴村』の謎を解説 知れば恐怖倍増の都市伝説やトリビアも紹介

犬鳴 村

最恐心霊スポットとして名高い、福岡県の旧犬鳴トンネルを舞台にした現在公開中の映画『犬鳴村』。 興行収入12億円を突破し、動員数は97万を超えるヒットを記録中の本作が、このたび「恐怖回避ばーじょん」として全編製作されることが決定した。 本作は2月7日の公開に先駆け、1月31日より2月6日まで、冒頭8分間がノーカットで1週間限定公開された。 映像には、主人公・奏の兄・悠真と、その恋人の明菜が犬鳴トンネルに入っていく様子から、楽しそうに映像を撮っていた明菜が一転、何かに怯え、泣きじゃくりながら逃げるように走る姿が映っている。 怖いと感じたときに「恐怖回避」モードに切り替えることができ、驚かす演出をカウントダウンで事前に教えたり、顔がアップになるシーンではアプリで顔を盛って怖さを半減させたりして、怖さが苦手な人でも最後まで見ることができるように工夫されたものだ。 この怖くない加工を施した映像はSNSで話題となり、「今年1番笑った」「これはすごい発明!」といった反響や、ホラーが苦手なユーザーからは「これなら見れた」と喜びの声も到着。 そこで今回、ユーザーからも多くあった「全編怖くないバージョンが観たい」という声に応える形で、全編怖さを控えめにした「恐怖回避ばーじょん」の製作が決定した。 東映の高橋大典プロデューサーは「ホラー嫌いの皆さんにも『犬鳴村』を楽しんでもらいたいと、宣伝用にこっそり作った『恐怖回避バージョン』でしたが、大いにバズり、SNS上で好評いだたきました。 そんなわけで、公式アカウントにたくさん寄せられた『全編バージョンを見てみたい』のコメントに、調子に乗って本当に作っちゃいましたー!! 村の恐怖イメージをぶち壊し、やりたい放題しすぎて、犬鳴村の村民からクレームがこないか心配です…。 ぜひご期待下さい!! 」とコメントを寄せている。 現在上映に向けて鋭意制作中とのこと。 今回の発表と併せて解禁された「恐怖回避ばーじょん」のポスターは、通常版のポスターにかわいらしい犬のイラストなどを多数配置したもので、怖さがかなり抑えられた作りとなっている。 また、本編キャプチャーも一部公開されたので、ぜひ恐怖が回避できているか確認してほしい。 映画『犬鳴村』は公開中。 この記事の写真を見る•

次の

犬鳴村の伝説と真実!日本国憲法が通用しない村の現在や事件まとめ【犬鳴峠】

犬鳴 村

日本国内には実に多彩な奇妙な伝説がある。 今回はその中から一つ、「犬鳴村伝説」について紹介します。 福岡県某所にあると言われる犬鳴村。 伝説によるとその村は「外の世界から遮断され、なおかつ日本国憲法の通じない村」とされている。 その村に伝わる伝説にはこんなものがある。 「入った者は出られない」 「罠が仕掛けられている」 「罠に掛かると村人達が斧を持ち追いかけてくる」 「あるカップルの行方不明事件」 「携帯の電波は届かない」 「地図には載っていない」 「日本国憲法は通じないと書かれた看板」 実に様々な伝説、そしてそのほとんどが奇妙なものばかり。 現在は国内屈指の心霊スポットとされているがその真偽は分からない。 ただこのように実際に行ってきたとする人によってセダンや看板など噂や伝説として語り継がれている。 今回はそんな犬鳴村の伝説、その真実に迫ろうと思う。 福岡県の山奥、犬鳴村に続く道に「犬鳴峠」という場所が存在する。 その峠からさらにトンネルを進んだ所にこの犬鳴村が存在する。 そもそもの「犬鳴」とは一体どういった意味なのか。 それには諸説あるようですが、一説にはこう言われています。 「犬でも超えることが難しいほどの深い山。 その深さに思わず鳴いてしまうほどだった」。 この犬鳴村に続くトンネル、通称「犬鳴トンネル」は今では不法投棄などの問題で閉鎖されています。 そしてその入り口もコンクリートが積み上げられるなど通行不可になっており、そのせいかその場所が日本屈指の「心霊スポット」として取り上げられてきました。 噂によると、一台のセダンが乗り捨てられているとの声も。 このセダンはこの付近で行方不明になったカップルが乗っていたと考えられています。 犬鳴トンネルの入り口がコンクリートブロックで封鎖されている画像は一度は見た事があるかもしれません。 さらにこの犬鳴村は、福岡県にあるとされながら地図からもその存在を消されているといいます。 ここから実際に行ってきたとする方達の犬鳴村にまつわる伝説を細紹介していきます。 感染症患者を匿ったことで孤立化が進んだ犬鳴村。 現在では日本国憲法など国家権力が力を加えることができない「特別保護区」とされている。 それはこの村が「避け地」となったことにも由来する。 「避け地」とは現在ではあまり馴染みのない言葉です。 かつて日本全国に存在したこの「避け地」とは伝染病隔離地域とされ、日本政府から保護されてきた地です。 食料などの必要な物は定期的に運ばれ提供されていました。 しかし戦争に伴ってその地域は見捨てられたと言います。 避け地として感染症患者を匿うために、他の人間を入れないよう看板が置かれたと言われています。 現在ではこの真実は隠ぺいされてしまっています。 極秘事項として扱われ一部の人間しかしらないようです。 犬鳴村に語り継がれる伝説には必ずと言っていいほど「セダン」が登場する。 それは犬鳴トンネルに放置された一台のセダンのことを指しています。 このセダンはかつてこの地に訪れた若いカップルが乗っていたと言われているものです。 カップルはこの地でセダンを置いたまま姿を消してしまいました。 噂では近くで死体となって発見されたとも行方不明のままとも言われています。 どちらにせよ奇妙な事件です。 犬鳴村にはこのような事件の噂が後を絶ちません。 「村の中のプレハブ小屋に殺した人間の死体が積み上げられている」「面白半分で村に入り惨殺」など。 事件として取り上げられたのかは定かではないが、そんな恐ろしい噂は数知れず。 犬鳴トンネルの入り口にはそうして面白半分で入れないようにコンクリートが積み上げられています。 上で紹介した有名な画像です。 そして犬鳴村の入り口には「この先日本国憲法通用せず」と書かれた看板が。 こうして無暗に入ってくる人間を防いでいるのでしょうか。 既に上でも紹介している犬鳴村の名前の由来。 これにはもう一つの説があるのです。 その猟の最中、あまりにも犬が鳴きわめくので頭にきた男はその犬を撃ち殺した。 しかしその後ろには巨大な蛇が渦巻いていた。 犬は危険を知らせていたのだ。 男は銃を捨て犬のために僧侶となる。 それからその山は「犬鳴山」と呼ばれるようになる。 他の噂もまた江戸時代に遡ることが多いことから、犬鳴村伝説の歴史の深さを感じることができます。 それが現在まで語り継がれるのは、やはり事件か事故かそれ以上か、日本国憲法が通じない、外界と遮断するとされる何かしらの理由があるのでしょうか。 伝説自体は江戸時代から存在する。 ではその後看板しかり有名な画像のようなコンクリートはいつから存在するのか。 これまでにたくさんの挑戦者が犬鳴村へと「行ってきた」、とその体験談を報告しています。 たしかに犬鳴村は地図になく、入り口に「日本国憲法は通じない」と書かれているようです。 セダンや看板の目撃談も多くあがっており、トンネルを中心に心霊現象を体験した報告も挙がっています。 福岡県にある日本屈指の心霊スポット。 行ってきたとし報告を挙げる数が多ければ、その真偽を問う数が多くなるのも当然。 その場に行ってきた人間にしか分からないこともあるかと思います。 ここまでの行ってきたという体験談や心霊現象、伝説を読みそれでも行きたいという挑戦者がいるのもまた事実。 好奇心は知れば知るほど高くなるものです。 しかしこの犬鳴村、現在地図に書かれていない理由が存在します。 それは「ダム」の存在です。 日本屈指の心霊スポット、とはいえ犬鳴村伝説と言われてもピンとこない人もいるかもしれません。 実は福岡県では言わずと知れた心霊スポットで、誰もが知るいわくつきの場所です。 地図になり、日本国憲法が通じないと書かれた看板そしてセダンなど、犬鳴村と言うとすぐにいくつかのワードが飛び出します。 過去にテレビなどメディアで度々取り上げられているほど有名なスポットなのです。 しかし、実際にメディアで取り上げられるのは犬鳴村ではなく犬鳴峠、または犬鳴トンネル。 何故犬鳴村まで行かないのかと、心霊ファンはいつもやきもきしているようです。 その理由の一つとして挙がったのが「圧力」。 それが政府からなのかどこからなのか分からないが、何かしら圧力がかかりそれ以上の詮索をしないというのです。 確かにこれだけの「セダン」や「日本国憲法~」の看板など、現在に至るまで多くの目撃情報が後を絶たないのに疑問が残ります。 実際に犬鳴村は存在し、地図から消した上で何かしらの圧力をかける。 それは今もなお江戸時代からの風習が続く犬鳴村の存在を現しているような気になってしまいます。 数々の事件の噂、セダンや日本国憲法~の看板、地図に載らない村「犬鳴村」。 たくさんの噂や伝説は本当に実在するのでしょうか。 福岡県の鞍手郡という場所にその「犬鳴村」が実在していたことは事実のようです。 しかしながら現在はその村自体が合併することで名前を変えています。 しかし2006年の村の合併で「宮若市犬鳴」が誕生。 現在もなお犬鳴の名前が入った地名としてその名残を残しています。 ではセダンや日本国憲法~の看板などはどうなっているのでしょう。 これはおそらく、なんらかの事件もしくは事故が発生した時に犬鳴村の過去の話しと合体させ、奇妙な話にしてしまったのでしょう。 そうして噂が噂を呼び現在の心霊スポットとなったのではないでしょうか。 実際にかつて犬鳴村はあった場所はダムの底に沈んでいると言います。 実際にあったとする看板も沈んでしまっているかもしれません。 実際に存在する犬鳴村の詳細を語った文献には、酷い差別や外部との遮断による自給自足などの記述は載っていません。 江戸時代から存在することは確かながら伝説の数々は存在しないことが分かります。 福岡県のこの地域で起きた事件と犬鳴村を合わせることで、誰かが奇妙なものを作り上げたのです。 心霊スポットというものは最近人気に火が付いた、というものではありません。 この犬鳴村が長い間福岡県をはじめとしたマニアの中でも有名なのは、やはり昔からそういう伝説があったからでしょう。 そして実際にこの村と関わっているかでは定かではない事件とを結び付け、恐怖と好奇心で伝説を作り上げていってしまったのではないでしょうか。 福岡県の山奥地図には無い村、日本国憲法の通じない地域、どこかで起きた事件。 人間なら好奇心を掻き立てられるのも無理はありません。 しかし火のない所に煙は立たぬ、というように絶対に無いとは言い切れないのが都市伝説の恐ろしくも面白い所。 実際に行くのは自身の勝手ですが、くれぐれもお気を付けくださいとだけ言っておきます。

次の