岡江久美子 たばこ。 岡江久美子さん乳がんステージは?岡田晴恵『アビガン投与できてたら』

岡江久美子はがんだったの?タバコも吸っていた?入院いつから?突然の逝去

岡江久美子 たばこ

スポンサーリンク 岡江久美子 は実はタバコの喫煙者だった!? こちらは2007年に知恵袋で投稿された内容。 『え?!この人タバコ吸うの?と意外だった女性芸能人を教えて下さい』という投稿で、投稿者は『岡江久美子』と答えています。 他にも2005年に知恵袋で投稿された内容。 『女性芸能人でタバコを吸っている意外だな〜と思う人を教えて下さい』という投稿で同じく『岡江久美子』の名が挙がっています。 「火のない所に煙は立たぬ」と言われるように、同じような書き込みが複数見つかる様子からも、何かしらの噂はあったのでしょう。 ただし、ソースはあくまでも知恵袋ですので、話半分に聞いて頂けたらと思います。 岡江久美子さん、ヘビースモーカーだったから… やはり喫煙者にコロナウイルスは危険 ご冥福をお祈りします — なつっこ🐭 yukinkoashiashi その他にもSNS上を見ていると 『ヘビースモーカー』だった。 などという声も見られ、実はかなりコロナの重傷化の可能性が高かったなんてこともありえますね。 放射線治療の免疫低下よりも、肺炎には喫煙が大敵。 マスコミは、志村けんのヘビースモーカーには触れても、彼女については全く触れないんですね。 喫煙されるようなイメージが全くなかったのでその発言に驚いたので今でもよく覚えています。 スポンサーリンク 岡江久美子のタバコの喫煙者に関するまとめ 岡江久美子さんの件、放射線治療を2月までしてたことが重症化した原因て伝えたけど、喫煙歴とかチェーンスモーカーだったこととかそっちをちゃんと伝えないと、誤解をうむことになる。 放射線治療で免疫力が落ちたんじゃなく、喫煙者であったことが急激な悪化に繋がったと、是非啓発してほしい。 — なつっこ🐭 yukinkoashiashi 確かに、よく考えてみるといくら乳がんの放射線治療により免疫力が下がったとはいえ、死因は肺炎でありあまりその因果関係は比較的薄いように感じられます。 』とはっきりと主張。 そう考えると、今回のコロナにより『肺炎』が重傷化したことからも、日頃から肺が弱っていた。 つまり、 タバコ喫煙者だったという可能性が非常に高いように思います。 ただ、もちろんソースがなくこれは噂の域を過ぎないので、あくまでも頭の片隅に入れておく程度に思って頂ければと思います。

次の

岡江久美子さん乳がんステージは?岡田晴恵『アビガン投与できてたら』

岡江久美子 たばこ

すぐに読める目次• 岡江久美子はチェーンスモーカーだった!? 4月23日新型コロナウイルス感染で死去した岡江久美子さん。 岡江久美子さんは、 2019年に乳がんを患い、手術と抗がん剤治療を受けていました。 その影響で免疫力が低下し、コロナが重篤化したのではないかと報道されていました。 しかし、 岡江久美子さんはたばこを吸っていたという噂で話題になっています。 岡江久美子さん、煙草吸う人だったんだ…。 しかもヘビースモーカーより酷いチェーンスモーカー。 イメージと違うなぁ… — 牛乳紅茶 dapumpgyuunyuu 岡江久美子さんがたばこを吸っていたなんて想像できませんよね。 でもチェーンスモーカーってなんでしょう? 調べてみると、 チェーンスモーカーとは 次々と立て続けにタバコを吸う人を指す語。 連続してタバコに火をつける人のこと。 吸いさしのタバコの火を次のタバコにつけることから、絶え間なくタバコを吸う人というふうに言うらしいのです。 志村けんさんはヘビースモーカーで有名でしたが、それより酷い状態がチェーンスモーカーということになります。 昭和時代、 岡江久美子さんが10代〜20代の頃は、「たばこはかっこいい」とされていた時代。 電車のホームはもちろん、 電車内でもたばこが吸えた時代でした。 教室でもたばこを吸う教師がいたほどです。 このような時代背景を生きてきた岡江久美子さんにとって、たばこを手にすることは簡単だったのではないでしょうか? 岡江久美子さんは乳がんだったことも、コロナに感染していたことも、報道されていませんでした。 ましてやたばこを吸っていたなんて全く報道されていません。 岡江久美子さんの女優としてのイメージを守る為なのでしょうか? そんな清純派の岡江久美子さんです。 大和田獏さんと結婚直後にヘアヌードになっています。 伝説のヌード画像はこちら! イメージというところでいえば、岡江久美子さんのヘアヌードもイメージ違っちゃいますよね。 当時ヘア解禁前だったので、岡江久美子さんのヘアヌードが画期的でした。 相当話題になったでしょうね。 共演していた薬丸さんとの不仲説も噂されましたが、母親の介護で忙しくなったという理由からでした。 これは2019年にインタビューをうける岡江久美子さん。 お変わりなく綺麗ですよね。 90歳近いお母様の介護は大変な苦労だったと思います。 また2013年にひとり娘の 大和田美帆さんが「多嚢胞性卵巣症候群」という診断を受け、担当医に『妊娠しづらい体』だと宣告されていました。 2014年には一般男性と結婚し、女の子を出産、里帰りしていました。 出産後の長女大和田美帆さんと孫のお世話、それに母親の介護で当時は大変だったでしょうね。 いつからたばこを吸っていたのか2020年4月25日現在公表されていません。 『岡江久美子さんがコロナ肺炎により亡くなったのは、乳がんの放射線治療による免疫低下が原因とは考えにくい』 こんな意見が多く聞かれるけど、コロナって女性の致死率低い上に63歳ってそれほど高齢でもない。 じゃあ一体なぜ? 免疫力低下以外に考えられないんだけどね、素人だから。 — つきーな sunifshikasan 岡江久美子さんがコロナで亡くなったのは、 乳がんの放射線治療による免疫低下が原因とは考えにくいとの意見も多いですね。 岡江久美子さんがたばこを吸っていたことが事実であれば、チェーンスモーカーだったということに納得してしまいますね。 岡江久美子さんがチェーンスモーカーだったいう噂が話題になっていますが、事実かどうかはわかりませんでした。 岡江久美子のご冥福をお祈り申し上げます。

次の

コロナ死・岡江久美子さん アビガンすぐに投与なら…

岡江久美子 たばこ

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• たばこを吸う人は、新型コロナウイルスによる肺炎が重症化したり、死亡につながったりしやすい。 そんな報告が相次ぎ、注目を集めている。 喫煙していると、なぜ症状が重くなりやすいと考えられるのか。 火を使わない加熱式たばこではどうなのか。 周囲の吸わない人への影響は。 そして、禁煙すれば、どんなメリットが望めるのか。 新型コロナウイルスがひきおこす肺炎の重症化と喫煙習慣との関係を示す報告としてよく知られるのは、中国の専門家チームが2月、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンで発表した感染者1099人の分析結果()だ。 ただ、このデータは年齢など重症化にかかわるほかの要素は考慮していないため、たばこのみによる影響がどれほどなのか、もう少し検討が必要だ。 中国の専門家チームは、欧州の医学誌ヨーロピアン・レスピラトリー・ジャーナルに1590人の分析結果()も発表。 慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)という病気があって感染した人では、ICUでの治療を必要としたり死亡したりするリスクが、年齢などを調整したうえで2・7倍高いとした。 COPDは、たばこ病という通称もある病気。 たばこなどによって気管支に炎症が起きたり、肺の奥にある肺胞が壊れたりして起こる。 少し体を動かしただけで息切れがしたり、せきやたんが続いたりしやすい。 さらに、中国・武漢市の病院に新型コロナウイルスによる肺炎で2週間以上入院した患者を調べた研究を、中国の医学誌チャイニーズ・メディカル・ジャーナルが載せている()。 対象は78人と少ないが、喫煙歴がある人はない人に比べ、死亡を含む病状悪化の確率が14倍高かったという。 この研究では、糖尿病や高血圧は悪化要因としては検出されなかった。 産業医科大呼吸器内科の矢寺(やてら)和博教授は「喫煙は、糖尿病や高血圧を上回る重大な悪化要因である可能性がある」とみる。 米国の研究者らは4月、12本の論文内容をあわせて解析した結果を、正式な論文にする前に掲載するサイトで発表()。 喫煙者は重症化の確率が2・25倍高いとした。 一般的な肺炎で、喫煙者が重症になりやすいことは以前から知られている。 日本人約11万人を対象にした調査で、喫煙者は非喫煙者の1・6倍、肺炎による死亡率が高いといった報告がある。 長崎大の迎(むかえ)寛教授(呼吸器内科)によると、喫煙している人では、異物を取り除く気道の機能が落ちて感染を起こしやすくなる。 空気中の酸素を取り入れて体内の二酸化炭素を出す肺の能力がもともと低くなっているのに加え、免疫力も落ち、症状が重くなりがちだという。 「薬を使っても、肺炎のある場所に届きにくくなるので、治療の効果が十分に得られないことが少なくない」 喫煙者は感染しやすい? 喫煙者は、肺の状態が新型コロナウイルスの感染を招きやすくなっているのかもしれない。 最近の研究でそんな説も浮かんできた。 米国の研究者は2月、「以前吸っていた人を含む喫煙者の肺では、特定のたんぱく質の働きが活発になっている」という研究結果を発表()した。 新型コロナウイルスは、肺の細胞にある、この特定のたんぱく質にまず取りつき、そこから侵入することがわかっている。 「侵入のための取っ手」がたくさんあるため、感染しやすい可能性がある。 また、喫煙はがんや心臓病、糖尿病にかかるリスクも高める。 新型コロナウイルス感染で重症化しやすいとされるのは、これまでの報告によると高齢者のほか、心臓病や糖尿病などを抱える人たちだ。 こうした病気を介して、間接的に重い症状を招いているかもしれない。 新型コロナへの感染を防ぐため、「三つの密」(密閉、密集、密接)を避けるべきだとされているが、密閉された喫煙所には多数の人が集まり、間近な距離での会話を生みやすいといったリスクもはらむ。 大阪国際がんセンターの田淵貴大(たかひろ)・がん対策センター疫学統計部副部長は、たばこに含まれるニコチンによって肺を中心とした全身の免疫能が落ちると指摘する。 火を使わない加熱式たばこにもニコチンは含まれるため、新型コロナウイルスへのリスクはやはり高まると考えられるという。 禁煙をしても、それまでに壊れた肺の組織は元に戻るわけではなく、悪影響が減るまでには一定の時間がかかる。 その時間は、病気の種類によって違い、たとえば肺がんのリスクが吸わない人と同等になるには15年ほどかかるといわれる。 糖尿病でも10年以上、という報告がある。

次の