オセロニア モルアナ 攻略。 【オセロニア】モルアナ(超級)の攻略とおすすめキャラ駒を解説

【オセロニア】死霊魔術師・モルアナ|評価・ステータス・スキル

オセロニア モルアナ 攻略

スキル 「鉄壁の舞」は通常攻撃ダメージを減少できる 防御。 発動条件はあるものの、そこまで厳しくはない。 コンボスキル 「癒しの舞」は神デッキに編成することが発動条件となっており、 回復耐久デッキに編成すれば、相手からは厄介な存在となりそうだ。 【[歓楽の舞姫]モルジアナ(闘化)】 進化時とは違い、スキル・コンボスキルともに 攻撃的な能力。 スキル 「剣の舞」は自傷ダメージを受けるものの、安定したダメージを与えることができる 特殊ダメージ。 コンボスキルには自身のHP依存のバフを持っており、スキルを 上手く使えば試合展開を早めることができそうだ。 【[風呼ぶ船乗り]シンドバッド(進化)】 スキル 「風蛇の牙」は5ターンの間、大きな 毒ダメージを継続して与えられる。 その為、 毒ダメージを底上げする駒との相性が良い。 コンボスキル 「まだ見ぬ航海」は、共有の ダメージBマスを生成する能力となっている。 駒の周囲に発生させることができるので、 毒を囮に使い、あえて相手にダメージマスを踏ませやすい状況に持っていくのも有り。 【[七海の風]シンドバッド(闘化)】 スキル・コンボスキルともに、強力な 特殊ダメージを相手に与える能力を所持。 フィニッシャーとしてもコンボ要員としても非常に優秀だが、どちらも中盤以降でないと効果を発動できない為、 序盤に手駒に来てしまうと邪魔になってしまうので注意。 デッキ編成時のバランスは気を付けたいところ。 【[千夜を巡る逃走劇]アリババ(進化)】 スキル 「コソ泥の大魔法」は、非常に大きな自傷ダメージを受けてしまうものの、火力は ゲーム内トップクラスの バフを持つ。 コンボスキル 「盗人の魔人従者」は、自分用封印マスを適用ダメージBマスに上書きできる能力を所持。 しかしながら、現環境では封印マスがあまり多様されない為、 対人戦での使い道は少なそうだ。 【[開けごま!]アリババ(闘化)】 スキル・コンボスキルともに竜デッキでの活躍が期待できる バフ。 変わった特徴はないものの、非常に 安定感のある能力となっており、決まった時の爆発力も魅力。 古き良き竜属性らしい攻撃的なキャラクターといった感じ。 Aキャラ 【[歌と踊りの美]シーラーザード(進化)】 神染めデッキで使いたい 回復力が優れている神駒。 スキル 「舞い歌う輝き」は、盤面の自分の駒数に応じて、回復量が変化する使いやすい能力。 コンボスキル 「美しき音色」は、逆転コインから獲得できる 「[砂漠の姫君]シーラーザード」と相性の良い、 自身の 最大HP値を上昇させる能力を持つ。 【[安寧の舞姫]シーラーザード(闘化)】 スキル 「千夜一夜の物語」は、1ターンの間効果を発揮する デバフ。 デバフは非常に強力なものの、相手依存の能力なので、 使いたい時にタイミング良く使えない場合もあるのは注意しておきたいところ。 コンボスキル 「魅惑の舞踊」は、HP依存の特殊ダメージになっており、発動できれば安定したダメージソースになる。 【[魔窟の略奪者]ゾライク(進化)】 スキル・コンボスキルともに 適用ダメージBマスのマス変換を所持。 しかしながら、スキル 「リバイブスペル」は、自分用封印マスがないと発動しない能力になっており、 対人戦での需要はあまりない。 コンボスキルも盤面に自分用ダメージBマスがないと発動しない為、これらのマスが盤面に出てくると分かっている イベントステージ攻略向きのキャラクター。 【[斬奪する鬼賊]ゾライク(闘化)】 通常使いなら進化よりもこちらの 闘化がおすすめ。 どちらも使いやすい特殊ダメージ能力になっており、スキル 「キラースラッシュ」は、最大で1350の 特殊ダメージを相手に与える。 これは ジルドレの罠が発動しない数値なので、盤面の 罠駒への牽制としても優秀。 コンボスキル 「デッドリースラッシュ」は、安定感のある 魔デッキで生かしやすいHP依存の能力。 【[驚愕の出会]アラジンとランプ(進化)】 スキル・コンボスキルともに味方のATKを上昇させる バフを所持。 スキル 「願いを叶えるランプ」は、竜デッキで生かしやすい時限バフになっており、2ターン後に効果を発揮する。 他のコンボルートと合わせることで さらなる相乗効果を狙うのがおすすめ。 コンボスキル 「ランプオブサニア」は、HP依存の バフで、中盤以降のコンボ要員として使いたい。 【[タッグ結成]アラジンとランプ(闘化)】 竜染めデッキで使いたい竜駒。 スキル 「奇跡を呼ぶランプ」は、 「[ランプの竜精]サニア」を召喚できる スキルLv. Max時。 味方の竜駒のATKを底上げできる他、新たなコンボルートも加わることになる。 コンボスキルも竜染めデッキ時、2枚以上ひっくり返せるなら簡単に発動できる。 竜染めデッキを作るなら、ぜひ組み込みたいキャラクターの1つ。 【ルゥルゥ】 神属性では貴重なスキル・コンボスキルともに バフを所持。 また、 どちらも発動条件がないうえに属性依存もないので、どんなタイプのデッキにも組み込みやすく、B駒としては非常に優秀な能力。 【バハシュ】 毎ターン相手に 毒ダメージを与えるオーラを持つ。 コンボスキルも所持している為、 盤面に出しても使い道があるのが魅力。 毒デッキと相性が良いが、属性依存がないので、比較的どんなタイプのデッキにも組み込みやすい。 【タンナーズ】 スキル 「威嚇する眼光」は、自分用封印マスをランダムで自分用竜強化マスに上書きする。 対人戦では使いにくく、自分用封印マスが多く登場する イベントステージの攻略に役立てていこう。

次の

【オセロニア】マルガレータのドロップ率と攻略方法: スマホゲーム評論館

オセロニア モルアナ 攻略

この記事のもくじ• 最凶!モルアナの難易度 最凶イベントの中では 難易度はかなり高い方です。 リトライ不可で、手駒運もかなり関係してくるため、安定攻略は正直厳しいところ。 攻略は竜デッキがベストです。 イベント攻略のキーポイントになるおすすめ駒 No キャラ 1265 【竜A】アンデッドスキルを持ったキャラ。 コンボスキルも優秀。 757 【竜A】アンデッドスキルを持ったキャラ。 アンデッドスキルキャラは出来れば複数体デッキに入れておきたいところ。 569 【竜A】アンデッドスキルを持ったキャラ。 アンデッドスキルキャラの中ではコンボスキルがやや使いにくいのが難点。 最凶モルアナがスタートしてかなり期間がたっているため、最新キャラをお持ちの方はどんどん強いキャラを入れることをオススメします。 ジェンイーや[竜闘化]オルロ・ソルシエなどコンボスキルが優秀なキャラは積極的にデッキに編成しましょう。 おすすめデッキテンプレ 最凶!モルアナ[激級]攻略の際に使用したデッキを紹介します。 コスト200のデッキを紹介します。 コスト200 レアリティ キャラ S駒 アリババ 闘化 /アルマグエラ 闘化 /レグス/アムルガル/デネヴ 進化 A駒 【リーダー】孫尚香/アラジンとランプ 闘化 /ガルロス/ヤンドーラ/ラーニ/クロリス/イモードラ/ベノムバジリスク/サマーアルン B駒 金色・ドラゴニュート・ルゥ/サラマンダー 闘化デネヴやレジェリーダーでもクリア可能ですが、ステージ4でアンデッドスキル搭載キャラが必須なため、できればアンデッドスキル搭載キャラをリーダーにした方がいいと思います。 助っ人選択もアンデッドスキル搭載キャラがベターです。 アンデッドスキルキャラは必須。 サポートキャラが多いとステージ6で苦戦しますし、火力だけでのデッキだとステージ4の突破が厳しくなります。 バランスを考えてデッキ編成をしましょう。 また、今回の最凶モルアナ決戦では 特殊ダメージを出すと凄まじいカウンターを受けてしまうので注意です。 各ステージの解説 ステージ1の攻略 敵のHP18000 初期配置 初期配置のギミックは以下の通り。 1 右下の駒 邪悪な悪魔像 スキル罠:特殊ダメージで攻撃された時に発動する。 コンボスキルコンボスキルはありません。 敵駒の順番 1. 駒は好きなものを出せないことが多いので立ち回り勝負です。 罠のATKに注目して立ち回りましょう。 ATK1400の罠はS駒アダラブルハ、ATK1250の罠はA駒バドフレンです。 どちらともひっくり返せるのであればひっくり返すのがベスト。 立ち回り方法ですが、手駒ロックに邪魔されてでなかなかフィニッシュさせてくれません。 なので、相手にコンボスキルを使わせないような立ち回りを心がけましょう。 ステージ2の攻略 敵のHP8000 初期配置 初期配置のギミックはありません。 敵駒の順番 1. 冥美 4個のダメマス変換 攻略法 ステージ2は休憩ステージです。 コンボスキルをつないで早めに突破しましょう。 ステージ3の攻略 敵のHP3000 初期配置 1 左上の駒 邪悪な悪魔像 スキル相手が1枚ちょうどひっくり返した攻撃時に発動する。 コンボスキルコンボスキルはありません。 2 左下の駒 邪悪な悪魔像 スキル相手が3枚ちょうどひっくり返した攻撃時に発動する。 コンボスキルコンボスキルはありません。 3 右上の駒 邪悪な悪魔像 スキル相手が2枚ちょうどひっくり返した攻撃時に発動する。 コンボスキルコンボスキルはありません。 4 右下の駒 邪悪な悪魔像 スキル相手が4枚ちょうどひっくり返した攻撃時に発動する。 コンボスキルコンボスキルはありません。 敵駒の順番 1. 猫又 オーラスキル 攻略法 ステージ3は非常に初手の手駒運に左右されます。 相手HPが3000と非常に低いのですが、どこにおいても罠が発動します。 貫通スキルがあれば、どこでも構いません。 ステージ4の攻略 敵のHP18000 初期配置 初期配置のギミックの詳細は以下の通り。 コンボスキルコンボスキルはありません。 2 下段真ん中の駒 邪悪な悪魔像 スキル盤面で表になっている間、毎ターン300の毒ダメージを相手に与える与えるダメージは毎ターン300上昇する。 コンボスキルコンボスキルはありません。 3 下段右の駒 邪悪な悪魔像 スキル罠:特殊ダメージで攻撃された時に発動する。 コンボスキルコンボスキルはありません。 敵駒の順番 1. ヘイラン 毎ターン400の毒、毒は毎ターン100ずつ上昇 攻略法 ステージ4はかなりの難関ステージです。 盤面も実に厄介な盤面で、相手AIの打ち方次第では盤面の辺をとるまでに時間がかかってしまいます。 毒ダメージが強力すぎるので、3ターン目ぐらいにはアンデッドスキルを盤面に配置したいところ。 辺をどうしても取れない際には1ターンでもアンデッドスキルを使ってでも延命しましょう。 盤面の優位をとりつつコンボスキルをつないで乗り切りましょう。 盤面の辺におけるポイントを2か所ほど確保 アンデッドスキル用で しつつ立ち回ると、アンデッド効果を3ターン継続できます。 じっくりと考えて進行していきましょう。 ステージ5の攻略 敵のHP5000 初期配置 初期配置のギミックはありません。 敵駒の順番 1. 堕天使・グザフォン 角マスに置くと魔駒に1. 早めにステージ突破してHPを回復したいですね。 もし、時間がかかってしまった場合は4ターン目の罠駒には要注意です。 ステージ6の攻略 敵のHP24000 初期配置 初期配置のギミックの詳細は以下の通り。 1 右下の駒 邪悪な悪魔像 スキル罠:特殊ダメージで攻撃された時に発動する。 コンボスキルコンボスキルはありません。 2 左上の駒 邪悪な悪魔像 スキル罠:相手が3枚以上ひっくり返してきたときに発動する。 コンボスキルコンボスキルはありません。 3 盤面中央右側の駒 邪悪な悪魔像 スキルスキルはありません。 コンボスキルマス変換:盤面の共用のダメージマスをランダムで6個敵用ダメージBマスに変換する。 4 盤面中央左側の駒 邪悪な悪魔像 スキルスキルはありません。 コンボスキルマス変換:盤面の共用のダメージマスをランダムで6個敵用ダメージBマスに変換する。 敵駒の順番 1. ドュルジ 毎ターン1000の毒 攻略法 ステージ6が最終ステージとなります。 最終ステージらしく、難易度は高いです。 盤面には初期状態から大量のダメージマスが配置。 さらにモルアナのスキル効果でダメージマスがどんどん増えていきます。 立ち回りは、アンデッドスキルキャラを盤面の辺に配置する事が最優先です。 配置できたら、ダメージマスを恐れずにコンボルートをつないで大きくダメージを出すこと。 この立ち回りがモルアナ決戦攻略に置けるベストな戦略だと思います。 手駒次第ではかなり厳しい戦いになりますが、S駒の引きが良ければかなり早いターンでクリアすることも可能です。 [writerInfo].

次の

【オセロニア】モルアナの評価 / 魔属性 / スキル / 評価

オセロニア モルアナ 攻略

毒のダメージが非常に大きいので、「」などのアンデッドスキルを持つ駒がいると安定攻略が可能です。 また、通常攻撃でも発動する罠があるので、貫通スキル持ちのキャラも複数編成しておきましょう。 貫通スキル持ちを多めに編成しておくことで罠にも対応できます。 鬼門になるのは50%デバフでATKが下がるステージ4です。 早めに竜鱗や逆鱗スキル持ちを辺に置いて毒を軽減しつつ、コンボを繋いで火力を出しましょう。 どれも 即死級のダメージを与えてくるので、特殊ダメージスキルを持つキャラの編成は控えましょう。 そのため、特殊ダメージを使用しない竜単デッキでの攻略がおすすめです。 「」リーダーだといきなりつられてしまう可能性が高いため、リーダーには「レジェ」がおすすめです。 そのため、 「アルイーナル」よりもATKが高い駒を5〜6体編成するようにしましょう。 モルアナ(激級)のステージ攻略 ステージ1(HP:18,000) ギミック 1 特殊罠 受けた特殊ダメージの 300%のダメージを与える。 ここは、ステージ1に比べて相手のHPが低いです。 相手が出してくる駒も強力なものはほとんどいないので、コンボスキルを繋げば楽に突破できるはずです。 竜デッキであればX打ちをして、コンボを確定させましょう。 しかし、相手が初手に出してくる「」はコンボスキルの割合ダメージが強力です。 早めにひっくり返すかコンボスキルを発動させないように立ち回りましょう。 また、特殊ダメージスキルを持つキャラをデッキに入れている方は、「」に注意が必要です。 このステージでは、どこに駒を置いても罠が発動してしまいます。 右上と右下のマスに駒を置くと即死級のダメージを受けてしまうので、 一撃で倒せない場合は必ず左上のマス(激級のみ)に駒を置きましょう。 上級のみ初手は右下のマスに置きましょう。 コメント欄での情報提供ありがとうございます。 貫通スキル持ちのキャラで1ターンで突破するのがベストですが、倒せない場合は攻撃力の低いキャラを左上のマスに置いて被ダメージを抑えると良いです。 ステージ専用駒の影響でこちらの駒の攻撃力が下げられてしまう上に、毎ターン強力な毒スキルを持つ駒を使用してくるので、HPを削りきれずにやられてしまうことが多いです。 アンデッドスキルを持つ「」などで毒に対処していきましょう。 アンデッドスキルを持つ駒を外側のマスに置ければ、勝率はぐっと上がります。 暗黒デッキで挑む場合は、竜鱗スキル持ちを早めに辺に配置しましょう。 また、ステージ4では強力な特殊罠が置かれているので 特殊ダメージはNGです。 使う場合はとどめを刺す時だけにしましょう。 ステージにたくさんダメージBマスがある上に、強力な罠と毒でこちらを苦しめてきます。 特に「」と「」の毒が強力なので、序盤から積極的にアンデッドスキルを持つキャラを置いて対処しましょう。 相手の毒を防いだら、ダメージBマスを踏まないように気をつけながらコンボスキルを発動させてHPを削っていきましょう。 しかし、相手の罠が発動してしまうので 特殊ダメージと3枚以上ひっくり返すのはNGです。 HP管理が非常にシビアになるので、もしアンデッドスキルを持つキャラをひっくり返されない位置に置けた場合は、回復のためにあえて「アズリエル」等をひっくり返さない手も有効です。

次の