逆seoの方法。 逆SEO対策のやり方|順位を落とす方法と料金体系

逆SEO対策とは何か?ネガティブサイトの検索順位降下の手法解説

逆seoの方法

SEO(SEO対策)とは、 Search Engine Optimization の略であり、「検索エンジン最適化」のことを意味します。 つまり、インターネット検索結果でWebサイトを上位表示させたり、より多く露出するための一連の取り組み(対策)のことを「SEO(SEO対策)」と呼びます。 このSEOは、基本的にGoogleの検索エンジンに対して行います。 SEOに取り組むことで、Webサイトへの検索流入やコンバージョンの増大につながるので、売上の向上が期待でき、結果的に企業成長まで見込めるようになります。 こうした良い成果にたどり着くには、 Googleの検索エンジンについて理解を深めて、質の高いコンテンツを提供するようにSEOに取り組むことがポイントとなります。 この点踏まえて、今回は、SEOの基礎知識から、SEO対策で上位表示するための方法についてまで中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。 つまり、インターネット検索結果でWebサイトを上位表示させたり、多く露出するための一連の取り組み(対策)のことを「SEO(SEO対策)」と呼びます。 ちなみに、SEOの読み方は「エスイーオー」です。 このSEOを行うことで、 検索エンジンからWebサイトを通じて売上が見込めるようになるので、企業成長が期待できます。 もう少し言うと、SEOによってインターネット検索における自然検索からの流入が拡大して、コンバージョンの増加を促進し、最終的に売上向上から企業成長まで見込めるようになります。 また、SEOの変遷は著しいです。 なので、今現在どのようなSEOが重要視されてるか?を踏まえた基礎知識を常日頃、明確にしておくことが重要です。 企業や個人がSEOを実施する目的 企業や個人がSEOを実施する目的は、 自らのWebサイト通じて問合せや申し込みといったコンバージョンを増やし、最終的に売上拡大から事業成長につなげるためです。 こうした成果につなげるためには、オウンドメディアが欠かせません。 例えば、昨今主流のブログメディアのSEOを強化して、検索での露出を増やします。 そうすれば、自身のWebサイトへの検索流入が拡大するので、その分コンバージョンの増加も見込めて、売り上げが期待できます。 一方、SEOに取り組まなければ、検索結果上での自身のWebメディアの露出は拡大しません。 そうなれば、インターネット上に存在する見込み客へのアプローチが絶たれるので、結果的に売上の拡大が見込めないでしょう。 こうした状況を回避して事業成長させるために、 企業や個人が所有するWebメディアに対してSEOを実施することが重要となります。 関連記事• 検索エンジンにとってのSEOとは? 検索エンジンは、 ときにユーザーに不要な情報(検索結果)を返すことがあります。 これは、検索エンジンが不完全であることを意味するのと同時に、これを補うために、定期的に検索アルゴリズムを調整して検索結果(Webサイト)を入れ替えています。 裏を返せば、我々が公開するWebサイトの不完全さ(品質の低さ)が検索エンジンの不完全さを招いてるとも言えます。 これは、検索エンジンを運営するGoogleなどの企業にとっては不都合です。 なぜかというと、検索エンジンが不完全であれば、その分利用する検索ユーザーの減少につながって、利益が担保できなくなるからです。 こうした状況を回避して利益を確保するために、検索エンジンにとって「SEO」が必要不可欠と言えます。 関連記事• SEOの歴史 2012年3月以前のSEOは、 被リンク重視のものでした。 もう少し言うと、、競合上位サイトの被リンク数を調査して、その被リンク数を上回るように外部対策を実施することで上位表示に至ることができました。 つまり、当初の検索アルゴリズムは被リンクの数が重視されていたため、コンテンツの質への配慮が欠けている状況でした。 こうした状況から、被リンクを増やすことだけを目的としたSEO(ブラックハットSEO)が主流となっていたのが当初のSEOの歴史となります。 こうした流れの中、2012年4月に、Google検索で導入されたペンギンアップデートによって被リンクの質が重視されるようになりました。 さらに、同年の7月に導入されたパンダアップデートによって、コンテンツが本格的に重要視されるようになりました。 その後、これらのアップデートが幾度と繰り返されたり、検索アルゴリズムにリアルタイムで組み込まれたことにより、 良質なコンテンツが上位化するようになりました。 こうした経緯によって、当初の被リンク重視の検索結果からユーザーファーストを考慮したコンテンツ重視の検索結果へと大きな変貌を遂げてる現状です。 関連記事• リスティングとの違い SEOとリスティングの違いは、 検索結果から把握できます。 例えば、SEOは赤枠の自然検索枠にWebサイトを表示されるのに対して、リスティングは有料検索枠に広告ラベルが付加されてWebサイトが表示されます。 このように、SEOとリスティングは検索結果での表示位置に違いがあります。 表示位置が違うので、それによってクリック率(CTR)も異なります。 また、リスティングは有料検索なので、基本的に検索結果にWebサイトを表示するために費用がかかる一方、SEOは費用がかからない点が違いとなります。 これに関して、Googleでも公式に言及してます。 Google では、検索結果でのサイトの表示や掲載順位に関して金銭を受け取ることは一切なく、オーガニック検索結果に表示するのに費用はかかりません。 関連記事• SEO実施のメリット SEO実施のメリットは、 検索流入が増えることです。 例えば、ユーザーファーストを考慮したコンテンツを増やして、良質なWebサイトを運用すれば、そのサイトに付随するキーワードの順位が軒並み上昇します。 そうなれば、各キーワードに該当するWebページからの検索流入が増大します。 このように検索での露出が拡大すれば、同時にサイト名や個人名・企業名が知れ渡るのでブランディングにも繋がります。 さらに、検索流入の増加やブランディングするために活用するWebサイトが自ずと資産になる点もSEOを実施することによるメリットです。 検索流入が増える 良質なコンテンツを公開するようにSEOに取り組めば、結果的に Webサイトへの検索流入が増えます。 例えば、選定した1キーワードにおけるユーザーの検索意図を盛り込んでコンテンツを作成します。 その際に、「網羅性」「簡便性」「信憑性」「独自性」も考慮して、より良質なコンテンツに仕上げます。 そうすれば、ユーザーがより満足するコンテンツとなり、Googleに評価されやすくなるので、そのコンテンツに該当するキーワード順位が上位化します。 結果的に、検索結果でのクリック率(CTR)が高まってクリック数が増えるので、その分検索流入の増大が見込めるというわけです。 こうして、 上位化によって検索トラフィック(アクセス数)の拡大が期待できる点が、SEOを実施することのメリットの1つとなります。 また、検索流入の増大は、上位化によるものだけではありません。 例えば、質の高いコンテンツを増やして、より信頼できるサイトに仕上げることが出来れば、新たなキーワード(ロングテールキーワード)でページが認識さたり、複数のページがインデックスされるようになります。 そうしたSEO効果による検索流入も見込めるようになります。 ちなみに、検索結果の1ページ目にランクインしたり、1位や強調スニペットを獲得することができれば、より検索流入の増大が見込めます。 そうなれば、サイト自体のアクセス数が増えて、申し込みや問合せ(CV)の向上につながるので、最終的に事業の売上拡大まで期待できるでしょう。 関連記事• ブランディングできる SEOによって、検索での露出を拡大させれば、その分Webサイトの宣伝や認知にもつながるので、 ブランディングできます。 例えば、当ブログ「SEOラボ」に対して、SEOをかけて検索での露出を増やします。 そうすれば、サイト名が付随したタイトル名を目にする検索ユーザーの数も増えるので、サイト自体の認知度が向上します。 こうして、 検索ユーザーの目に触れる機会を増やしてブランディングできる点が、SEOを実施することのメリットの1つと言えます。 ちなみに、ブランディングによって自身のWebサイトの認知度が高まれば、指名検索(直接サイト名で検索)される回数も増えます。 これによって、サイトの権威性の向上につながるので、さらにSEO効果が期待できるでしょう。 権威性は、のE-A-Tで定義されてる、サイトの評価項目の1つとなります。 関連記事• 資産になる SEOに取り組めばWebサイトの最適化につながるので、その分 Webサイト自体の資産価値が高まります。 例えば、良質なコンテンツを地道に増やして、品質の高いWebサイトを運営したとします。 そうすれば、増やした良質なコンテンツは手元に残るので、しっかりそのコンテンツを管理し続ける限り、自ら積んだ実績として一生の財産となります。 こうして、 手間をかけたコンテンツを保守管理してちゃんと資産化できる点が、SEOを実施することのメリットの1つです。 ちなみに、WordPressなどのCMS上で直接WebサイトのSEOを実施する場合は、そのWebサイト自体のバックアップを取るようにしましょう。 そうしておけば、万が一データが消失しても、SEOをに取り組んだコンテンツが手元に残るので、資産として確保できます。 SEO実施のデメリット SEO実施のデメリットは、 効果が出るまで時間がかかることです。 例えば、当ブログ「SEOラボ」が管理してるあるキーワードの順位が、当初圏外でした。 あるキーワードに該当するWebページに対してSEOを実施後、そのWebページが徐々に検索エンジンに評価されたことで、該当のキーワード順位が右肩上がりに推移し、数か月後に、あるキーワードの順位が3位まで上昇しました。 このように、効果が表れるまで一定の期間を要することがある点が、SEOを実施することのデメリットとなります。 また、キーワード順位が思うように上がらなかったり、順位が下落するなどのSEOに失敗して効果が見込めない可能性がある点もSEOを実施することのデメリットです。 効果が出るまで時間がかかる SEOを実施しても検索順位が思うように上昇したり、検索流入が見込めるようになるまで数か月を要する場合が多いです。 なので、 基本的に効果が出るまで時間を要します。 例えば、ドメインを取得して間もない新しいサイトでWebページを公開します。 ちなみに、新規サイトはドメインパワーが備わってないので、基本的にSEO効果が出るまで時間を要します。 このことから、公開したWebページに該当するキーワード順位が、即座に上位化に至る可能性は低いので、別途高品質なWebページを増やして、サイトの質を高めるように時間をかけてSEOを実施します。 そうすることで、より信頼できるサイトに仕上がって、サイト自体がGoogleに評価されやすくなるので、最終的に数か月後、数年後に各Webページに付随するキーワード順位が上昇して、検索流入が見込めるようになります。 これに関して、Googleでも公式に言及してます。 成果が出るまで時間がかかることを忘れないでください。 変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は 4 か月から 1 年かかります。 一方、リスティングは、SEOよりも即効性があります。 基本的に費用が発生しますが、リスティング広告を出稿すれば即座に検索流入が見込めるので効果が出るまで時間がかかりません。 関連記事• 失敗する可能性がある SEOの知識が乏しい状態でWebサイトを運用しても、思うように順位が上がらなかったリ、検索流入が増えないケースが多いです。 なので、 結果的に、SEOに失敗する可能性が高いです。 例えば、ページのテーマと異なるコンテンツ内容を記載したWebページや、文字数が少なくボリュームの極端に薄いWebページといった低品質なページが多いWebサイトを運用します。 そうしたWebサイトは、Googleから信頼できないサイトと判断されて、結果的に検索順位が上がらないので、検索流入が増加しません。 このように、 ノウハウの無さから効果が見込めずに失敗する可能性がある点が、SEOを実施することのデメリットの1つと言えます。 一方、Googleがどんなサイトを評価するのか?を理解すれば、SEOに取り組んだときの失敗を減らすことができます。 検索エンジン Google Yahoo Bing その他 シェア率 92. ちなみに、Yahooの検索エンジンでもGoogle検索の仕様を採用してます。 この仕様については、Googleの方針やGoogleの検索順位が決まる仕組みを理解することで把握できます。 Googleの方針 Googleは、検索に対する方針として ユーザーファーストを掲げています。 ユーザーを最優先する Google はいつでも、有益で関連性の高い情報をユーザーに提供することを目指しています。 そのためには、 Googleが公式に提供してる「」や「」「」といったマニュアルを主に読み解いてSEOに活用することが重要です。 関連記事• Googleの検索順位が決まる仕組み Googleの検索順位が決まる仕組みは、 「クロールとインデックス」「検索アルゴリズム」が深く関わっています。 もう少し言うと、公開したWebページの内容をクローラーが読み取り、その読み取った内容をGoogle検索インデックスに登録(巨大なデータベースに格納)します。 そして、そのデータベースに格納されてる膨大な情報内容と検索アルゴリズムを照合して評価し、最も関連性の高い有用な回答(Webページ)を検索結果に表示(ランク付け)するというのが、Googleの検索順位が決まる仕組みです。 この際に、基本的には、モバイル向けページに書かれてるコンテンツの情報内容がベースとなって、インデックス(ランク付け)されます。 また、検索アルゴリズムは200以上の要素で構成されており、これらの要素の中でも 「コンテンツ」「リンク」「ランクブレイン」の3つが、ランク付けに大きく関与してます。 主な検索アルゴリズム• ユーザーの検索意図を考慮してるか?• 関連するコンテンツがあるか?• クエリと同じ言語であるか?(ユーザーが使用する言語のページを優先)• ウェブページは有用か?(コンテンツの新しさ・検索キーワードが出現する回数・ユーザーエクスペリエンスの質・信頼性・権威性など)• このE-A-Tは、とくにYMYLサイト(お金や生活に関連するジャンルのサイト)で重要視されます。 さらに、検索品質評価ガイドラインでは、サイトの運営者情報や口コミなどもWebサイトを評価するための要素として定義してます。 ちなみに、ウェブマスター向けガイドラインに違反したWebサイトは、Googleペナルティによって、検索順位の下落やインデックス削除といった制裁が科せられます。 もう少し言うと、ウェブマスター向けガイドラインに記載されてるブラックハットSEO(SEOでやってはいけない手法)を実施してるサイトに対して、Googleはペナルティを与えて制裁するということです。 反対に言えば、ウェブマスター向けガイドラインに準拠してホワイトハットSEOを実施してるサイトは、Googleに評価されやすいので、検索順位の上昇が期待できます。 こういった検索順位の変化(変更)は、Google検索のアップデート(順位変動)による定期的なサイトの入れ替えによるものです。 関連記事• SEOの成果を高めるには質の高いコンテンツが不可欠 質の高いコンテンツを提供すれば、自然な被リンクが集まりやすくなるので、 良質なコンテンツと良質な被リンクの両方が担保できることになります。 そうなれば、検索結果での上位表示や露出の拡大につながって、自身のサイトへの検索流入やコンバージョンの増加が期待できるので、最終的にSEOによる成果が高まりやすくなります。 つまり、SEOの成果を高めるためには、 まず質の高いコンテンツが不可欠となります。 質の高いコンテンツにするには、、、などの有用なガイドを考慮して、Googleと相性の良いサイトを作成することが重要です。 具体的に言うと、「1ページ1キーワード」「ユーザーの検索意図」「網羅性」「簡便性」「信憑性」「独自性」「専門性」「権威性」「ユーザビリティ」「クローラビリティ」を盛り込んだより信頼できるコンテンツを提供するようにSEOに取り組む必要があります。 関連記事• SEOの必要性について 自身のWebサイトが Google検索結果での表示において、どのような状況かをチェックすれば、SEOの必要性が判断できます。 所有するウェブサイトが Google に表示されているか?• ユーザーに質の高いコンテンツを提供しているか?• 所有するローカル ビジネスが Google に表示されているか?• ウェブサイトのコンテンツにどの端末からでも速く簡単にアクセスできるか?• 所有するウェブサイトは安全か?• そうした場合に、自分で行うか?業者に依頼するか?の2つの選択肢があります。 もし自分で知識を蓄えて、適切なSEOを行うことが出来れば、その分費用が抑えれます。 一方、自分で出来ない場合は、SEO業者に依頼することになるので、SEOサービスによる一定の費用が発生します。 関連記事• SEOを勉強する方法について SEOを勉強するには、先述したような「」や「」「」といった Googleが提供してるいくつかのガイドラインを参考にします。 ですが、こうしたガイドラインでは、専門的な用語や解説が続出するので、SEO初心者(SEO入門段階の人)には少しとっつきにくいでしょう。 SEOの情報サイトを見る(SEOの基礎知識や対策、最新ニュースやトレンドなどを提供するサイトを見る)• SEOの本(書籍)を読む• SEOのセミナーに参加する• SEOに関する検定を受けて資格を獲得する これらを併用して、SEOを学びましょう。 (スキルを身につけましょう) とくに、SEOの著名人(鈴木さんや辻さん)やGoogleの人や公式サイトで言及する内容を抑えておくことが大切です。 そうすれば、 Googleガイドラインの内容がより理解しやすくなるので、SEOの勉強がより捗るようになります。 関連記事• SEOの種類について SEOは、本ページでも解説してるGoogle検索エンジンの自然検索結果に表示するための「通常のSEO」が一般的です。 このSEOを含めて、 主に3つの種類があります。 通常のSEO• 海外SEO(多言語SEO)• ローカルSEO 例えば、既存の国内のサイトに対して、海外SEO(多言語SEO)を行います。 そうすれば、海外の検索エンジンの自然検索結果にサイトをインデックスさせることができます。 また、Google検索には、Googleマップが表示されるローカルパックの検索結果(ローカル検索結果)があります。 この検索結果にサイトを表示させるためには、ローカルSEOに取り組む必要があります。 ちなみに、オーガニック検索でもローカライズされます。 (ベニスアップデート) とくに、 海外SEOやローカルSEOは、事業の方向性を考慮して適宜行うとよいでしょう。 関連記事• ペルソナを設定する ペルソナ(ターゲットとする顧客像)を設定するには、 キーワードをマインドマップ化します。 例えば、サイトのテーマに関連するキーワードを選定して、それらのキーワードをマインドマップ化します。 この際に、同じ検索意図を持つキーワードをグルーピングしましょう。 そうすれば、出来上がったマインドマップからターゲットとするユーザー像が明確になるので、ペルソナが設定できるというわけです。 こうして、 マインドマップを活用して、ターゲットとする顧客像の洗い出しと設定をしながら戦略を練ることが、SEO対策を始める前にやるべきポイントとなります。 また、ペルソナは「サイト単位」と「ページ単位」で分けて考え、キーワードを考慮して設定することをお勧めします。 一方、ペルソナを設定しなければ、テーマが網羅できず専門性が欠けたり、同じターゲットユーザーに向けたページ(検索意図が重複したページ)を作成する可能性が高まります。 結果的に、Googleに最大限評価されないでしょう。 関連記事• オウンドメディアのタイプを決める オウンドメディアのタイプを決めるには、 商品売買の有無を考慮します。 例えば、売りたい商品があれば、その商品の特徴や価格などのスペックを紹介するページや、商品を購入するためのフォームなどが必要となります。 そうしたタイプのオウンドメディアであれば、ECサイトを選ぶというわけです。 コーポレートサイト(会社紹介サイト)• ランディングページ(キャンペーンサイト)• ブログサイト(ニュースなど日記形式で発信する情報サイト) とくに、ブログサイトは、どのタイプとも併用できかつ、SEO効果を上げやすいオウンドメディアです。 例えば、ECサイトで商品の紹介をしつつ、WordPressを活用したブログサイトで商品に関連する良質な記事を書いて情報を発信します。 そうすれば、良質なページが増えてサイトの質が高まるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。 こうして、 SEO効果を考慮して、運営するオウンドメディアのタイプを決めながら戦略を練ることが、SEO対策を始める前にやるべきポイントとなります。 ちなみにランディングページは、申し込みや問合せを促進するページです。 もう少し言うと、ランディングページは、テキストを画像に置き換えたり、内部リンクを排除するので、基本的にSEO効果が期待できないページに仕上がります。 なので、こうしたオウンドメディアのみにSEOを行うことは、効果的ではないので、サイト型のランディングページ(LP)にするなど、別途検討の余地があります。 関連記事• ドメイン名(URL構造)を決める ドメイン名を決めるには、 サイトのテーマに関連するキーワードを考慮します。 例えば、サイトのテーマがSEOについてであれば、当ブログのように「seolaboratory. jp」というドメイン名にして、「seo」というキーワードを文字列に含めます。 これについては、Google公式に言及してます。 URL で単語を使用する サイトのコンテンツや構造に関連する単語を含む URL は、サイトを閲覧するユーザーにとってより親切になります。 これは、主に特化サイトに言えることです。 特化サイトのみならず、サイト全般においては、ページごとにページのテーマに関連するキーワードをURLの文字列に含めましょう。 こうして、 ユーザーの利便性を考慮して、URL構造を決めながら戦略を練ることが、SEO対策を始める前にやるべきポイントとなります。 一方、無料ブログサービスが提供してるドメイン名は、サイトのテーマに関するキーワードが文字列に含まれてません。 そうなれば、ユーザーの利便性が低下するので、その分、Googleに最大限評価されない可能性が高まるでしょう。 また、無料ブログサービスのドメインは、Google検索結果の多様性においても、不利になりやすいです。 こうした状況を回避するには、ドメイン変更や独自ドメインを取得することを検討します。 ちなみに、サブドメインでサイト運用する方法もあります。 ですが、複数のドメインにまたがってコンテンツが重複すれば、どのドメインもGoogleから評価されすらくなります。 なので、 どのようにドメインを活用してサービスを展開するか?を慎重に検討することが、SEOにおいて重要となります。 関連記事• 目標設定する 目標設定するには、 KPI(支援目標)を考慮します。 例えば、月間の売り上げ100万円を達成するために、サイトの月間アクセス数が100万PV必要だとします。 この場合、月間の売り上げ100万円がKGIとなるので、サイトの月間アクセス数をKPIとして設定するというわけです。 アクセス数• 問い合せ回数、資料請求回数(無料レポートダウンロード数)• 広告のクリック数• 直帰率や滞在時間• キーワードの検索順位 また、アクセス数を達成するためには、キーワードの検索順位や直帰率、滞在時間の改善も必要となります。 こうしたKPIを具体的に設定することもKGI達成において重要となります。 こうして、 売り上げの目標(KGI)を明確にして、その達成に必要なKPIを設定しながら戦略を練ることが、SEO対策を始める前にやるべきポイントとなります。 一方、KPIを設定しなければ、売り上げとの相関がわかりません。 結果的に、注力すべきSEO対策がわからない状態となるでしょう。 SEOツールを導入する SEOツールを導入するには、 に登録します。 例えば、サーチコンソールに分析したいサイトのドメインを登録して、必要な設定をします。 そうすれば、登録したサイトのキーワード順位や検索での表示回数、検索でのクリック数、CTR(検索でのクリック率)などの検索パフォーマンスが分析できます。 この分析結果をもとに、サイトを改善することができれば、Googleに評価されやすくなるというわけです。 キーワードツール• 検索順位チェックツール• 文字数チェックツール• ヒートマップツール これらのツールをうまく併用して、サイトやキーワードの状況分析と調査の効率を上げましょう。 こうして、 検索パフォーマンスを分析して、サイトの改善に生かすようにSEOツールを導入することが、SEO対策を始める前にやるべきポイントとなります。 一方、SEOツールを導入しなければ、サイトやキーワードの状況分析や調査ができません。 そうなれば、改善点や発案が見出せず、効果的なSEO対策ができないので、その分Googleから評価されづらくなるでしょう。 1ページに対して1キーワードを選定するには、 ページのテーマを1つのキーワードで示すことを考慮します。 もう少し言うと、ページのテーマを文章として起こすことが出来ますが、SEO対策ではそれを1つのキーワードで示すことが必要となります。 また、合わせて、競合性(上位表示しやすいか?[SEO難易度])も加味しながら、キーワード選定を行うことも適宜必要です。 こうして、 1ページに対して1キーワードを選定して、そのキーワードに特化したコンテンツを作りながらSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。 ちなみに、同じ検索意図(検索結果)のキーワードが複数あれば、検索数の多いキーワードをメインキーワード(1キーワード)として選定するとよいでしょう。 関連記事• そのうえで、タイトル名やコンテンツ内容(リード文や見出し、文末など)にユーザーが検索時に入力したキーワードや共起語を含めながら、検索クエリと関連性が高いWebページを作成するようにします。 また、こういったページを作成する際に、ディスクリプションを適切に記述して、ユーザーの関心を引くわかりやすいページ概要を記述しておきましょう。 こうして、 ユーザーの求める情報を盛り込んで、検索クエリと関連性の高いコンテンツを作成することが、SEO対策で上位表示を目指すためのポイントとなります。 一方、競合上位サイトのコンテンツ内容を丸々コピーした重複ページや、検索意図の似たキーワードで内容の類似したページを増やせば、重複コンテンツによって、Googleから低評価を受けやすくなります。 最悪は、検索順位の大幅下落、インデックス削除といったペナルティが課せられます。 こうしたリスクに配慮するためには、体験や経験など自分の考えや言い回しなどを盛り込んで独自性を考慮したり、同じ検索意図(検索結果)のキーワードをまとめて、類似ページの作成を抑制しましょう。 (サイト内にユニークなオリジナルコンテンツの割合を増やす) 関連記事• ユーザーが必要としてる情報量にする ユーザーが必要としてる情報量にするには、 網羅性を考慮します。 例えば、まず、ユーザーの検索意図(ユーザーが求めてる情報)を考慮したページのテーマ(タイトル)に沿って、MECEを加味した目次を作成します。 もう少し言うと、ユーザーの検索意図を考慮したページのテーマを深堀して、重複や抜けができるだけ無いように項目をリストアップし、そのリストを目次化します。 そして、その目次をもとにコンテンツを作って、関連するユニーク単語が豊富に含まれる包括的なページに仕上げます。 こうして、 検索クエリと関連性を考慮した網羅性の高いページにしながら、ユーザーが必要とする情報量を担保してSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。 一方、競合上位サイトのコンテンツの情報量(文字数)を目安にして、どの程度網羅性を高めたらよいか目途を立てるとよいでしょう。 ちなみに、文字数が多ければ上位表示されやすいという憶測がありますが、そうではありません。 関連ツール• ユーザーが欲しい情報を簡単に入手できるようにする ユーザーが欲しい情報を簡単に入手できるようにするには、 コンテンツの上部にユーザーが求めてる情報を記載するようにしましょう。 例えば、ユーザーは、アンカーテキスト(タイトル名など)やアンカーテキストの前後の文言を見てリンクをクリックし、コンテンツにランディングします。 こうしてコンテンツにランディングしたユーザーは、ランディングする前に見たアンカーテキストやアンカーテキストの前後の文言に関連する情報を求めてることが推測できます。 なので、 そうして推測できる情報を、コンテンツの上部に記載して目的の情報に簡単かつ迅速に辿りつけるようにSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。 また、目次を作ってページ内リンクで各見出しに遷移できるようにすることも、ユーザーが欲しい情報を簡単に入手できる方法の1つとなるので、積極的に取り入れたいSEO対策と言えます。 信頼性の高いコンテンツにする 信頼性の高いコンテンツにするには、Googleの検索品質評価ガイドラインでも定義されてるように 「E-A-T」を考慮するようにします。 また、 YMYL関連のコンテンツは、この「信頼性」がとくに問われるので該当のコンテンツを所有してる場合は、注視して対策しましょう。 関連記事• 信憑性の高い情報ソースを引用する 信憑性の高い情報ソースを引用するには、 企業の公式サイトや公共機関サイト、誰もが知ってるような有名なサイトなどで言及されてる情報を参考にしましょう。 そして、そうした情報を引用する際には、専用のHTMLタグである「blockquote」でマークアップし、また引用元のリンクURLを添えてコンテンツに記載するようにします。 こうして、 より信頼できる情報をユーザーに提供し、かつ、引用した情報を検索エンジンにわかりやすく伝えながらSEO対策を進めることが上位表示を目指すためのポイントとなります。 実態を明記する 実態を明記するには、 会社概要や著者情報、サイトの特徴などの運営情報がわかるコンテンツをWebサイト内のヘッダーやフッター、サイドカラムなどの共通メニュー部分にわかりやすく記載します。 運営情報についての情報が多ければ、別途Webページを作成して、そのページへリンクで飛ばしてもいいでしょう。 こうして、 どのページからランディングしても、ユーザーが安心して閲覧できるようにして、信頼できるサイトを提供することがSEO対策を進めるうえで重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。 オリジナルコンテンツを提供する オリジナルコンテンツを提供するには、 自分の体験や経験談、自分の言葉を使った言い回しなどの独自性をコンテンツに盛り込むようにします。 一方、他のサイトのコンテンツをコピーして転載しただけの独自性を欠いたWebページを提供することは、ユーザーの利便性を損ねます。 そうしたページ、そうしたページがあるサイトは信頼性に欠けるため、Googleは該当のサイトに対して重複コンテンツのペナルティを課します。 こうしたリスクを回避するためにも、 独自性を考慮したオリジナルコンテンツを提供して信頼性を担保していくことがSEO対策を進めるうえで重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。 SEO キーワード、SEO ライティング、SEO 文字数 など… このように関連するキーワードでコンテンツを増やして、1つのトピックを網羅しましょう。 1つのトピックを網羅するために、 あらかじめサイト設計しておくことをおすすめします。 そうして、 専門性を高めて、信頼できるコンテンツを築き上げていくことがSEO対策を進めるうえで重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。 また、こうして関連するコンテンツを増やすことは、「コンテンツSEO」「ロングテールSEO」と呼ばれるSEO対策の方法であり、ドメインパワーの向上にもつながります。 ちなみに関連するキーワードは、サジェストやなどの専用ツールを使うことで簡単に取得できます。 関連記事• 低品質なコンテンツを無くす 低品質なコンテンツは、月間アクセス数が30以下のような、ユーザーの需要が極端に少ないコンテンツのことです。 こうしたコンテンツが検索エンジンに認識されることで、ユーザーが誤って訪問して機会損失を被るなどのユーザーの利便性の低下につながるため、信頼性の欠けるコンテンツとなります。 こうした低品質なコンテンツを無くすには、 「リライト」「noindexを設定する」「削除する」のいずれかの方法で行います。 そして、これらの方法を以下の状況に合わせて使い分けましょう。 月間アクセス数が30以下だが、リライトできそうなキーワードで認識されてる場合は「リライトする」• 月間アクセス数が30以下で、リライトできそうなキーワードで認識されておらず、コンバージョンにも寄与してない場合は「noindexを設定する」もしくは「削除する」• 月間アクセス数が30以下で、リライトできそうなキーワードで認識されておらず、コンバージョンには寄与してる場合は「noindexを設定する」もしくは「削除する」ことを検討する• 月間アクセス数が30以上でも、検索順位が低い場合は「リライトする」 こうして、 低品質なコンテンツを改善して、信頼できるコンテンツを増やすようにSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。 ちなみに、アクセス数やコンバージョンは、のページビューで確認し、リライトできそうなキーワードはの検索アナリティクスで確認します。 また、検索順位を確認する場合は、順位推移がグラフでわかる「GRC」や「BULL」のような検索順位チェックツールを活用しましょう。 関連記事• 長い期間サイト運用する 長い期間サイト運用するには、 コンテンツの質を考慮します。 例えば、ドメインを取得してから、ユーザーファーストを考慮したコンテンツを持つWebページを定期的に公開し続けます。 そうすれば、良質なページが増えるのでサイト自体の質が向上し、かつサイトの運用実績も付きます。 こうして、 高品質なサイトを長く運用して、競合よりも信頼性の高いサイトにしながら、SEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。 一方、ドメイン年齢だけが高くても、質の伴ったコンテンツを継続的に運用してなければ、基本的にSEO効果は見込めません。 もう少し言うと、低品質なページの割合が多いサイトを長く運用しても、SEO効果が最大限引き出せないということです。 関連記事• 良質な被リンクを増やす 良質な被リンクを増やすには、 SNSで質の高いコンテンツを宣伝します。 例えば、Facebook上のSEO関連のユーザーに向けて、SEOをテーマにした内容で投稿します。 このときに、投稿内容に関連する良質なコンテンツへのURLを付加して宣伝しましょう。 そうして、ユーザーと投稿内容の関連性を高めてURLのクリックを促して、リンク先のコンテンツの質の高めて共有を引き出します。 そうなれば、シェアによってブログなどでURLを参照してくれる機会が拡大するので、自然な被リンク獲得の促進に繋がります。 こうして、 ユーザーの利便性を考慮したコンテンツを活用して、良質な被リンクを増やすようにSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。 結果的に良質な被リンクが増えれば、人気度や評判が高まってサイトの権威性が向上するので、最終的により信頼できるサイトとして大きなSEO効果が見込めます。 また、SNS以外にも有料広告やメルマガなどのサービスを使って、コンテンツを宣伝することも自然な被リンク獲得が促進できるSEO対策となります。 ちなみに、サイト運用してれば、薄っぺらいコンテンツからのリンクやスパムサイトからのリンクなどの低品質な被リンクも自然と増えます。 こういった不自然な被リンクが多ければ、最悪ペナルティを受けてSEO効果が見込めなくなります。 こうした状況を回避するために、 低品質な被リンクを否認して、良質な被リンクの割合を高めることも適宜必要なSEO対策となります。 現状、低品質な被リンクは、Googleの検索アルゴリズムである程度弾いてくれますが、全ての低品質な被リンクが対象となるわけではありません。 関連記事• サイテーションを増やす サイテーションを増やすには、 SNS上でユーザーのためになる情報を発信します。 例えば、TwitterのフォロワーにSEO関連の属性が多ければ、その属性に合わせて、定期的にSEOに関する質の高いつぶやきをします。 また、「 SEO」といったハッシュタグを付けてつぶやいて、関連するターゲットユーザーの目により多く触れるようにします。 そうすれば、いいねやリツイートが付きやすくなって、つぶやきがより多く拡散されるので、自分のサイトに関連する言及(メンション)や引用がWeb上に増えやすくなります。 こうして、 自サイトに関連する好意的なサイテーションが増えるように、質の高い情報をWeb上で発信しながらSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。 また、 ポジティブな良いサイテーションが増えれば、指名検索や被リンク獲得など促進されてブランド力が向上するのでサイトの権威性が高まります。 そうなれば、最終的により信頼できるサイトとして大きなSEO効果が見込めるでしょう。 ちなみに、新たなキーワードで質の高いコンテンツを増やして、検索結果で自サイトの露出を拡大することでもサイテーションによるSEO効果が期待できます。 関連記事• ユーザビリティを考慮したコンテンツにする ユーザビリティを考慮したコンテンツにするには、 使いやさ、読みやさを考慮します。 これらを考慮すれば、ユーザーがストレスなくコンテンツを利用することができるので、ユーザー自身の目的達成につながります。 こうして、 「検索意図」と「信頼性」を考慮して作成したコンテンツが、ちゃんとユーザーに読まれて、使われるようにすることがSEO対策において重要となります• 関連記事• ページの表示速度を早める ページの表示速度を早めるには、 AMP対応するのが最善の策です。 ですが、このAMP対応は難易度が高いので、対応しかねる場合は以下のような方法でページ表示速度を早めるとよいでしょう。 画像やjavascript、CSSのファイルサイズを圧縮する• ブラウザのキャッシュを活用して、リクエスト数を減らす• ファーストビューでレンダリングを妨げるJavaScriptやCSSよりもコンテンツを先に表示する• PHPバージョンのバージョンを改善して、サーバーの応答時間を短縮する こうして、 不要なリソースを減らして、ユーザーがストレスなく快適にサイトを利用できるようにSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。 ちなみに、ページの表示速度が確認できるツールには、「」や「」などがあります。 関連記事• 読みやすいコンテンツにする 読みやすいコンテンツにするには、 コンテンツの見た目(デザイン)や文脈に配慮する必要があります。 ファーストビューや文中に画像を挿入する• 行間を適度に空ける• 文字サイズを適度に大きくする• 太字や赤字にしたり、下線など引いて文字を強調、装飾する• 誤字、脱字を無くす• 一文を短くするなどして、意味のわかりやすい文章にする こうして、 テキスト文章や画像など際立たせて、メリハリを効かせた読みやすいコンテンツに仕上げながら、SEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。 関連するナビゲーションリンクを設置する 関連するナビゲーションリンクを設置するには、 まず関連するコンテンツが必要となります。 関連するコンテンツは自分で作成したサイト内のコンテンツか、もしくは、誰かが作成したサイト外のコンテンツの2パターンがあります。 これらの関連コンテンツへ向けて補助リンクを設置して、ユーザーにより役立つコンテンツを提供しながら、SEO対策を進めることが上位表示を目指すためのポイントとなります。 ちなみに、こうした関連するナビゲーションリンクを設置するのは主に以下のような箇所です。 グローバルメニュー• フッターメニュー• サイドカラムメニュー• コンテンツの文中・文末• パンくずリスト こうした箇所に設置するナビゲーションリンクは、 関連性だけでなく信頼のおけるコンテンツに向けてリンクすることがSEO対策において重要となります。 画像のalt属性を記述する 画像のalt属性を記述するには、 画像の前後の文脈を考慮しましょう。 例えば、SEO対策のペナルティについて説明した文脈であれば、その文脈に関連する写真やイラストなどの画像を挿入します。 そして、挿入した画像のalt属性には、「Googleのガイドライン違反によってペナルティを受ける可能性がある」というような文言を記述します。 このように、具体的かつ簡潔な文章で画像のalt属性を記述しましょう。 そうして、 画像の情報をテキストで抽出できるように対応して、ユーザビリティを高めながらSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。 関連記事• 広告を減らす 広告を減らすには、 メインコンテンツとの割合を考慮します。 もう少し言うと、ページのテーマとなるタイトル名に沿ったテキスト文章や画像で構成されてるメインコンテンツの量よりも、アドセンスなどの収益化のための広告の量を減らすようにします。 こうして、 根本的に重要となるメインコンテンツを際立たせて、ユーザーがストレスなくWebページを読み進めることが出来るようにしながらSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。 ちなみに、メインコンテンツを邪魔するほどの多くの広告を過剰に掲載したり、広告標準規格「Better Ads Standards」に違反する広告を掲載すれば、低品質コンテンツとしてGoogleから低評価を受ける可能性があります。 例えば、ファーストビューやスクロールせずに見える範囲(Above the fold)に過剰な広告を設置して、メインコンテンツの閲覧が妨害されてるケースがあります。 この場合は、ページレイアウトアルゴリズムによってGoogleから低評価を下されます。 関連記事• テキスト中心のコンテンツを作成する テキスト中心のコンテンツを作成するには、 わかりやすい文章を書くことに配慮します。 もちろん画像よりもテキストの割合を多くして、テキスト文章だけでテーマの内容が理解できるように簡潔な文脈を記述することを心がけましょう。 そうして、 クロールされやすくして、検索エンジンに認識されやすいコンテンツを提供することがSEO対策を進めるうえで重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。 ちなみにテキストの重要性については、Googleで以下のように公式に言及してます。 重要な名前、コンテンツ、リンクの表示には画像を使用しないでください。 Google のクローラでは、画像に含まれるテキストを認識できません。 こうして、 クローラーが認識しやすいHTML構造にして、インデックスされやすいコンテンツを提供することがSEO対策を進めるうえで重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。 ちなみに、W3Cの仕様に沿ってマークアップするには、W3Cが運営するHTML文書の文法チェックツール「」を活用するといいでしょう。 関連記事• 内部リンクを最適化する 内部リンクを最適化するには、 サイト内の関連するWebページへリンクすることを考慮します。 なので、関連するコンテンツがまず必要となります。 そして、その関連するコンテンツの質にも配慮しましょう。 こうしたコンテンツを増やして、専門性を高めれば、内部リンクが構築しやすい上、サイトの質も上がり、クロールされやすいサイトになります。 特化ブログだとこうしたサイトが構築しやすいですが、雑記ブログでもカテゴリを細分化することで十分実現可能です。 こうして、 クローラビリティが高まるように内部リンクを最適化しながらSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。 ちなみに、内部リンクにはグローバルメニューやフッターメニュー、サイドカラムメニュー、パンくずリスト、コンテンツの文中や文末などがあります。 HTMLサイトマップや運営情報などの内部リンクはちょっと性質が異なりますが、 このような全ての内部リンク先のコンテンツの質や関連性に配慮するようにしましょう。 一方、とくにコンテンツ内の文中に挿入する内部リンクを最適化することで直接的なSEO効果を促します。 例えば、内部リンクの挿入位置や前後の文章を変更して、その内部リンクのクリック率が上がれば、ターゲットページへのユーザー流入が増えて、そのページの上位化が期待できるようになります。 関連記事• XMLサイトマップを設置する XMLサイトマップを設置するには、 作成したsitemap. xmlファイルをFTPでアップロードしたり、WordPressであれば専用のプラグインを活用します。 もう少し言うと、「sitemap. xml Editor」などの専用ツールで自動作成したXMLサイトマップを自分でサーバーにアップロードしたり、WordPressなら「Google XML Sitemaps」のプラグインを導入して、XMLサイトマップを設置し、サーチコンソールでそのXMLサイトマップのURLを送信します。 こうして、 サイト内のコンテンツがクローラーに見つかりやすいようにクローラビリティを高めて、インデックスを促進しながら、SEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。 関連記事• robots. txtで不要なリソースを拒否する robots. txtで不要なリソースを拒否するには、 サイト内で使われてないファイルの有無を考慮します。 そうしたファイルのURLへのクロールを拒否するように指定して記述したrobots. txtをFTPでアップロードします。 こうして、 不要なリソースを省いて、限られたクロールのリソースを重要なページに配分するようにクローラビリティを最適化しながらSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。 関連記事• 構造化データをマークアップする 構造化データをマークアップするには、 基本的にGoogleが推奨するJSON-LDの形式を使います。 例えば、まず、編集ソフトでhtmlファイルを開いたあと、headタグ内にscriptタグを使って、JSON-LDの構造化データマークアップを宣言します。 org の属性値(バリュー)を指定して、schema. orgを使った構造化データを記述することを宣言します。 ここまでの記述は、基本的に定型となります。 このあとに、 typeのプロパティで、表現するものを属性値で指定しますが、ここでは「BlogPosting」というWebページのタイプがブログ記事であることを示す属性値を指定します。 そして、以降に「BlogPosting」にまつわる「mainEntityOfPage」などのボキャブラリー(キーとバリュー)を使ってマークアップし、ブログ記事ページ用の構造化データを完成させます。 ブログ記事用のJSON-LDの構造化データマークアップ例: そうすれば、クローラーがよりWebページの情報を認識しやすくなってインデックスが促進されるので、その分Googleに評価されやすくなります。 こうして、 Webページのタイプやコンテンツ内容のタイプに合わせた適切な構造化データをマークアップして、クローラビリティを向上させるようにSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。 また、AMP用やリッチリザルト用の構造化データをマークアップして検索機能を拡張すれば、新たな検索流入経路が増えたり、検索でのクリック促進に繋がります。 そうなれば、検索から流入するユーザーが増えて、共有や参照によるサイテーションや被リンク獲得が促進されるので、その分SEO効果が期待できるでしょう。

次の

逮捕歴・犯罪歴の逆SEO

逆seoの方法

逆SEO(ぎゃくエスイーオー)とは、誹謗中傷や個人情報などが書かれた迷惑サイトの検索順位を下げる対策のことです。 個人のプライバシーや名誉を守るための自衛策になります。 また、企業のレピュテーション対策として最も重要な施策の一つとされています。 「リバースSEO」とも呼ばれます。 誹謗中傷サイトが削除できないときは、 逆SEOで風評被害の拡大防止を図るというのが、ネット時代の一般的な流れになっています。 検索順位を「下げる」 通常のSEO(検索エンジン対策)は、ネットユーザーや顧客に見てもらいたいサイトの検索順位を「上げる」ことを目的とします。 しかし、逆SEOはその反対で、見られたくないサイトの順位を「下げる」のが目的となります。 誹謗中傷対策 インターネット上で悪質な誹謗中傷の被害を受けたとき、 その対処方法としては、ページを削除してもらうのがベストです。 名誉毀損、業務妨害、プライバシー侵害など法律に違反するようなサイトは、本来であれば、すみやかに削除されてしかるべきでしょう。 言論の自由 しかし、実際には、削除依頼に応じないサイト運営者が少なくありません。 とくに、企業に対する誹謗中傷は「言論の自由」などの理由で拒否されがちです。 芸能人や著名人などへの中傷も、削除されないことがよくあります。 海外にあるサイトも、削除が難航する傾向が強いです。 削除依頼で被害拡大も 一部のサイトや掲示板では、削除までの手続きのハードルが極めて高いうえ、削除依頼の内容が公開されてしまい、かえって誹謗中傷が拡散してしまうこともあります。 削除が難しいとき 誹謗中傷が削除できなかった時、次善策としてサイトをなるべく目立たないようにするのが、逆SEO対策です。 逆SEOでネガティブなサイトの検索順位を大きく下げることができれば、風評被害のダメージを食い止めることが可能になります。 2ch、ブログなど 逆SEOの対象になるのは、誹謗中傷や名誉毀損などが書かれたあらゆるサイトです。 ツイッター(twitter)などのSNS、2ch(2ちゃんねる)などの掲示板、ブログ、口コミサイトなども対象になります。 無断で掲載された個人情報も対象になります。 WEB広報の逆SEO どうやってやる? 逆SEOの手法は、ポジティブなWEBページを複数用意したうえで、それらに対して特殊なSEOを施し、検索上位に表示させるのが基本です。 ポジティブサイトを次々と上位に送り込むことで、誹謗中傷サイトの順位を押し下げていきます。 ポジティブなページの制作なしでは、 GoogleやYahooといった主要な検索エンジンで大幅に順位を変えるのは困難です。 技術、ノウハウ、インフラが不可欠 逆SEO対策は、単に一般的なホームページやブログを多数作るだけでは成功しません。 逆SEOならではの技術やシステムの導入が必要になります。 また、サーバー網、ドメイン資産などのインフラや基盤も必要になります。 このため、逆SEOを効果的に進める場合は、当社(WEB広報)のように専門技術やノウハウを持った会社にお任せいただくのがベストです。 公式サイトで1ページ目独占も 企業、法人、医療機関、店舗などの逆SEO対策の場合、自社のサイトだけで検索結果の1ページ目を埋める方法も可能です。 多くの企業様が、この方法で対策を成功させています。 ただ、公式サイトで検索上位を独占するためには、専門性の高い特殊な技術とノウハウを駆使しなければなりません。 高度なコンテンツ構築力も欠かせません。 この点においても、当社のような専門会社によるサポートが不可欠といえます。 専門家によるSNS活用 Facebook(フェイスブック)、twitterなどのSNSの活用も有効です。 しかし、会社の名前や概要を記載するだけでは、逆SEOとしての効果を発揮することは難しいです。 優れたパワーを持つコンテンツや外部リンク網の整備が必須になります。 とりわけGoogle等から高い評価を得られるような文章が欠かせません。 やはり、この点でも逆SEOの専門家によるSNS対策が効果的です。 被リンク(バックリンク) 関連性のある良質なコンテンツ 逆SEO対策を行う際には、順位を上昇させたいサイトに対して、他サイトからのリンク(被リンク、外部リンク)を設置する必要があります。 とはいえ無関係なサイトからリンクを貼っても、順位を上げる効果は不十分です。 お互いに内容に関連性があり、かつ良質なコンテンツを備えたサイトからリンクを貼るのが最低条件となります。 IPアドレスの分散 また、逆SEO対策用に作られた各サイトは、サーバーのIPアドレスが明確に分散されていなければなりません。 さらに、リンク元のサイトも、同様にIPアドレスのダイナミックな分散が必要です。 良質なリンク 当社(WEB広報)では、高品質の被リンク(バックリンク)を数万件保有しており、さらに、高度なレベルで分散されたIPアドレス網を備えています。 逆SEOや通常のSEOに効果の高い被リンク網を設置することができます。 効果が持続する対策 中傷サイトの順位が下がった後は? 逆SEO対策によって誹謗中傷サイトの検索順位がいったん下がっても、順位が再び浮上してしまっては元も子もありません。 順位の再浮上を防ぐためには、対策を実施している間に、耐久性・持続性の高いサイトを作っておく必要があります。 耐久性が優れたサイト群を整備しておけば、対策終了後も長期にわたって順位を安定させることが可能となります。 検索順位を安定させる 対策の成果をより長く持続させるためには、制作するサイトのクオリティーの高さがカギを握ります。 SEOのために用意したサイトのコンテンツが貧弱だったり、検索エンジンの最新のアルゴリズムに適合していなかったりすると、時間の経過とともに効果が薄れていってしまいます。 やはり当社のような技術力のある専門会社に、制作やプロデュースをご依頼いただくほうが、効果がはるかに長続きします。 逆SEOをしながら削除 削除まで日数がかかる場合 逆SEO対策は、中傷サイトの削除に時間がかかりそうなときの応急的な措置としても有効です。 「法的解決まで待てない」 SNSや掲示板、ブログの記事の削除は、警察、法務局、弁護士などの力を借りた場合でも日数が相当かかることがあります。 正式な裁判で争うことになった場合には、より長い年月がかかります。 このため、削除に至るまでに、風評被害が拡大し続けてしまうことになりかねません。 まず検索1ページ目から消す 削除要請の準備や手続きをしている間は、とりあえず、逆SEO(リバースSEO)によって誹謗中傷サイトの順位を押し下げていくことが望ましいといえます。 誹謗中傷サイトを3、4ページ目以降に後退させ、その間に削除の手続きを進めれば、中傷によるダメージを減らすことができます。 レピュテーション対策として 逆SEOを行った後に、法的手続きなどによって誹謗中傷サイトが削除に至ったとしても、逆SEOが無意味になるわけではありません。 逆SEOを通じて自社にとってメリットの大きいサイトを検索上位に多数表示させることができれば、将来にわたってレピュテーション対策や広報(PR)活動としての効果が得られます。 さらに、もし後から新たに中傷サイトが出現した場合でも、上位に表示されるのを防ぎやすくなります。 会社名(法人名)の逆SEO 会社名を守る ネット社会において、企業はあらゆる人たちにネットで社名を検索されています。 社名検索でネガティブなサイトが1ページ目にあるのは、営業上、極めて大きな損害となります。 風評被害を防ぐためにも、逆SEO対策は企業にとって必須の広報活動の一つだと言えます。 検索の1ページ目で印象が決まる ネット社会では、社名検索の1ページ目にどのようなサイトがあるかによって、企業のイメージが決まるといっても過言ではありません。 逆にいえば、検索結果の1ページ目でしっかりと会社をPRすることができれば、ブランドイメージの向上や取引拡大のチャンスが広がります。 評判、口コミ 会社名単独での検索に加えて、「評判」「口コミ」などのキーワードを組み合わせて検索したときの検索結果もたいへん重要です。 例えば「社名+評判」で検索したとき、上位に口コミサイトや2ちゃんねるなどの誹謗中傷が表示されてしまうようだと、イメージダウンにつながりやすくなります。 複合キーワード対策 このような複合キーワードでの逆SEOは、難易度がより高くなります。 当社のように実績のある誹謗中傷対策会社にご依頼いただくことが効果的です。 個人名の逆SEO 自分の名前の検索結果 初対面の人と面談や商談するとき、その人の氏名を事前にネット検索するのは、今や当たり前の行為になっています。 名前を検索することで、その人のプロフィールやリスク情報を事前に把握し、世間での悪評や炎上歴がないか等をチェックすることができるからです。 就活・転職 こうした「名前検索」は、例えば企業の採用担当者も必ず行っていることであり、就活中の学生や転職活動中の社会人の方にとっても極めて重要な問題です。 個人レベルでの対策 ネットに書かれていることは事実とは限りませんが、事実でなくてもネットで悪いことが書かれていると、大きなマイナスになります。 就活・転職活動や営業上の取引をスムーズに進めるためにも、個人レベルで逆SEOに取り組むことが不可欠な時代になっています。 婚活にも 婚活中の人にとっても、逆SEOはたいへん重要です。 名前で検索したときに、ネガティブな情報や画像がネット上に残っていると、婚活やお見合い等には大きなマイナスになります。 個人情報の範囲 過去の「破産」や「逮捕」も? 個人の方が削除や逆SEOを進める際に、 焦点の一つになるのが個人のプライバシー情報の範囲です。 プライバシーは、氏名や住所、画像(顔写真など)だけとは限りません。 人に知られたくない個人情報は、プライバシーに含まれる場合が多いです。 例えば、自己破産したという事実や、遠い過去の逮捕歴・前科などのネガティブな経歴も、 原則として個人情報に含まれ得るというのが一般的な考え方です。 個人名だと割安 3万円台で済むことも WEB広報の逆SEO対策サービスをご利用いただけば、誹謗中傷サイト(ネガティブサイト)の検索順位を落とすことができます。 一般の個人の方で難易度が低いケースなら、月額3万~4万円程度の対策を1か月行っただけで完了することもあります。 「タイトル」に名前が載っている場合 ただ、アメブロのような有力ブログや2ちゃんねる(2ch. sc)、5ちゃんねる(5ch)などの匿名掲示板(スレッド)において、記事や投稿の文章内にとどまらず、ページの「 タイトル」に氏名等が記載されてしまっている場合、逆SEOの難易度が高くなる傾向があります。 そのようなケースでは、見積額が月額5万円を超えることがあります。 いずれにせよ見積りは無料ですので、お気軽にご相談下さい。 ツイッターや海外サイト スパム的なやり方はNG スパム行為的なやり方で逆SEO対策を進めると、Googleなどの検索エンジンから、ペナルティを課される恐れがあります。 とくに、価値の低いブログを大量につくったり、無意味なリンクを一斉に貼ったりするような行為は、制裁(ペナルティ)の対象になりやすいです。 もみ消しではない 企業などが逆SEOを行うにあたっては、誹謗中傷を「もみ消す」という発想ではなく、事実をより正確に伝えるという姿勢が大切になります。 広報活動の一環として、事実に基づく情報をネット上で積極的に提示し、消費者の皆様などに理解を求めるというスタンスです。 通常のPR活動を逸脱しない範囲でSEO(逆SEO)を展開すれば、検索エンジンからペナルティを科されることもありません。 ネガティブSEOとの違い マルチドメイン 現在のネット社会にいては、業種を問わず、多くの企業が複数のドメインを運用する必要に迫られています。 Googleなどの主要な検索エンジンでは、一つのドメインだけで検索上位を占めることが事実上、不可能だからです。 検索アルゴリズム Googleの現在の検索アルゴリズムでは、単一ドメインから検索結果の上位にランクインするのは2~3個が限度になっています。 このため、ドメインを1個しか持っていないと、会社名で検索したときに、最大で上位3位までしか表示されることができません。 検索結果の1ページ目において、公式サイトのすぐ下にネガティブサイトや掲示板が表示される事態を避けるには、複数のドメインを活用する必要があります。 2位以降も自社のサイトで占める 一つの企業が複数のドメインを持ち、しっかりと運用していれば、社名検索において、2位や3位以降も自社のサイトで埋めることができます。 このような取り組みは「マルチドメインSEO」と呼ばれ、最も重要な広報活動のテーマになっています。 トップレベルの技術 WEB広報は、マルチドメインSEOの分野においてトップレベルの技術を有しております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

次の

SEOとは?基礎知識とSEO対策で上位表示する方法|SEOラボ

逆seoの方法

逆SEOとは、読んで字のごとくSEOの逆パターン。 検索順位を「下げる」為の対策に使うSEOの手法です。 他人のサイトの検索順位を落とすと聞くと「何かブラックな方法を使うのでは?」「Googleのポリシーに違反する対策では?」と思われがちですが、本来の逆SEOはそのような方法では行われません。 (これらはネガティブSEOと呼ばれる方法で、もちろんアウトなやり方です。 ) では逆SEOとは実際にどのような目的で行われるものなのか、どんな方法で期間や費用はどのくらいかかるのかを具体的に解説します。 ネガティブSEOについても触れますのでその違いもご理解いただければ幸いです。 2ちゃんねる(5ちゃんねる)などの掲示板、Yahoo!知恵袋や個人ブログなどでネガティブな内容が出てくる場合、サイトを検索結果の2ページ目以降に押し下げることで人目につかないようにし、 誹謗中傷が広がる事による被害を軽減するのが逆SEO対策です。 なぜ逆SEO対策が効果的なのか なぜ2ページ目以降に順位を押し下げることで効果がでるかというと、インターネット検索の特性として1位や2位に表示されているサイトはクリックされやすく、2、3ページ目以降まで目を通すユーザーは少ないというデータがある為です。 65%と続き10位で1. しかし、上記データから逆SEO対策で該当のサイトや記事を2ページ目以降に押し下げることができれば、検索ユーザーの目に誹謗中傷が触れる確率を大幅に下げられることがわかります。 よってリスクマネジメントや被害の収束の一手として逆SEO対策が取り入れられています。 誹謗中傷対策としての逆SEO インターネット上で誹謗中傷を受けたなら削除してもらえば良いのでは?と思われがちですが、よほど酷い内容や法に触れている場合でない限り、 投稿された口コミや個人のサイトを削除させるのは簡単な事ではありません。 削除を申し出たとしても大抵の場合はすぐに応じてもらえるものではなく、表現の自由、言論の自由として拒否されるのが大半です。 もしそうなった場合、弁護士を雇ってサイトの運営者やサーバー管理者に対して法的な手続きを進めていく必要が出てきます。 逆SEO対策では自社や味方となるサイトを検索で上位化させ、それによって誹謗中傷が書かれているサイトを押し下げることで、削除する事無くネガティブ記事の無効化を行うことができるのです。 逆SEOの手法 それでは実際にどのように逆SEOでネガティブサイトの検索順位を落としていくのかを見ていきましょう。 自サイト(味方サイト)を上位化させる為に 前述の通り、逆SEO対策は基本的に自身の味方となるサイト(自社HP、採用HP、ブログ等)を検索上位に表示させることで、相対的に誹謗中傷が書かれているサイトの順位を落としていく方法です。 ですので、 「風評や誹謗中傷が散見されるページが表示される検索クエリ」に対して新たに自社に好意的なサイトを作成したり、上位化を狙えそうなコンテンツを追加していく事で逆SEO対策を進めていきます。 医療機関や店舗など活発なポータルサイトが多い場合は、自社サイトと合わせて活用していく事で検索上位を占めるように対策していく事も可能です。 しかし、企業の場合はサテライトサイトを新たに立ち上げて該当の検索クエリに特化して運用したり、社内でブログを作成して日々更新を行い順位を上げていく事で誹謗中傷が書かれたサイトを押し下げていきます。 とはいえただ好き勝手に記事を追加したりサイトを作成していけば良いというわけではなく、効果的に逆SEO対策を行う為にもそれらを前提とした技術やノウハウが必要となってきますので専門業者のサポートが必要になってくるのです。 併せてFacebookやTwitterといったSNSを活用していく事で効果の底上げも可能ですが、いずれにせよ様々な手法でサイトを検索で上位化させるという「SEO」の深い知識があって初めてできる事です。 上位化をキープする為に せっかく検索で表示させられたとしても上位化が長く続かなければ逆SEO対策の意味がありません。 事態が収束するまでは検索順位をキープできるようにしなければならない為、サイトを作る際も設計からしっかりとSEOの対策ができていることが望まれます。 Googleのアルゴリズム変動のあおりを受け「誹謗中傷記事がまた上位化してしまった!」ということにならない為にも、 内部構造の設計や作成するコンテンツの精査をしっかりと行いながら長く上位化できるサイトを作っていく必要があります。 自社内での対応が難しい場合は、逆SEO対策業者である事はもちろんですが、上位化が継続できるサイトを作成できる制作力を持っているかを確認して依頼することをお勧めします。 前述の通り、逆SEOには専門知識やノウハウが必要になるという事と、1社完結の状況にしておくことで逆SEO対策に大切なスピード感が損なわれずにすむという理由からです。 このように逆SEOの為にしっかりと作られたサイトは事態が収まったとしても無駄にはなりません。 上位化ができているサイトをたくさん持っておくことで、万が一また誹謗中傷が書かれた場合もそれらのサイトが上位化しづらくなるだけでなく、 自社のブランディングやレピュテーション管理に有効活用できるというメリットがある為です。 ネガティブSEOとの違い 次に逆SEOとネガティブSEOの違いについても触れておきます。 どちらも「他者のサイトを押し下げて上位化させる」方法なので混同されがちな逆SEOとネガティブSEOですが、厳密にはその プロセスが違います。 逆SEOでは前述の通りホワイトハットな手法で自社サイトを検索で上位化させるのですが、ネガティブSEOではGoogleのガイドライン違反にあたる方法で他者のサイトにペナルティを受けさせて検索で順位を落とす方法を取ります。 質の低い被リンク アダルト系、サービスと関係のない質の低いサイト等から大量の被リンクを送る事で対象のサイトがGoogleから低評価を受けるように仕向ける方法です。 不正にリンクを集めることでそのサイトがペナルティ対象となる事を利用したあくどいやり方ですが、 現在のGoogleのアルゴリズムではこういった被リンクは無視される傾向にあるので効果はかなり薄くなっています。 また、サーチコンソールから被リンクを否認してしまえば被害を抑える事ができますので、決して効率の良い方法とは言えません。 かける労力やコストに対してサイトの押し下げに使えるほどの効果は生まない、という点でこの手の方法は衰退傾向にありますが、淘汰され切ったわけではないので注意は必要です。 コピーサイト コピーサイトを作成する事でGoogleにスパムだと認識させ、サイトを検索結果から非表示にさせる方法もあります。 一時的に消すことはできるかもしれませんが、 恒常的にどうにかなる方法ではありません。 本来のサイトの持ち主がGoogleに対して異議申し立てを行い、自社サイトがオリジナルだとする証拠があれば元に戻りますし、わざわざ作成した大量のコピーサイトは無駄になります。 とはいえ、対象のサイトのコピーを大量に作ることで非表示にさせようとする業者も0ではありませんので依頼する際は注意してください。 いずれにせよ被リンクやコピーサイトを使ったネガティブSEOは Googleの進化とともに通用しない方法になってきています。 またこれらの行為が明らかになった場合、法的な措置がとられる事も十分考えられる内容ですので、悪質な業者にとっても割に合わないのが現状です。 急に順位が下がった場合、ネガティブSEOの影響を受けていると言うよりはGoogleのアルゴリズム変更によって順位変動が起こったと見たほうが自然です。 もしサイトがネガティブSEOの被害を受けているのでは?と不安になった場合、弊社で実際にサイトを診断して何が原因か探る事も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。 施策を行う上で意識しておくべき事 逆SEO対策を行う際に気を付けておきたい点や、考慮しておくべき内容をまとめておきますので参考にしてください。 逆SEOにかかる期間 逆SEOによってサイトの押し下げを行う場合、どうしても効果が出るまでには時間がかかってしまいます。 流入の調査やキーワードの選定、そこからサイトを作って上位化させる流れになりますので、数カ月程度は見ておくべきでしょう。 キーワードボリュームや業界の規模、SEOの状況によっても変動はありますが、対策を初めてすぐに結果が出るというわけではない事を理解しておく必要があります。 技術力や知識量の多い専門業者でも状況によっては時間がかかる対策ですので、 慣れていない人が自前で行うのは労力ばかりが増えて解決に至らない場合が多いですので注意してください。 逆SEOの費用 こちらも被害状況や対策内容によって大きく変動します。 対策にかかる時間を費用とする場合が多いので、押し下げたいサイトの強さや新しく作成しなければならないサイトの数などにより変動します。 一概にこの場合はいくらと言うことはできませんが、およそ 15万~40万くらいが相場になると考えられます。 数万円~というサービスもありますが、サイトの作成や運用を任せるとなると結果的に前述の費用内まで上がってしまう事が考えられますので注意が必要です。 費用形態は月額固定型と成功報酬型の2種類あります。 月額固定型は成果の有無にかかわらず毎月決まった費用が発生し、成功報酬型は成果が出たときのみに金額が発生するため、成功報酬型のほうが無駄がないような気がしますが、その分若干高めに設定している業者が多いようです。 業者の質 逆SEOを依頼する場合はその業者が どの程度のSEOの知識を持っているかを十分に確認しておく必要があります。 どういった方法で上位化を行っていくのか、被リンクやコピーサイトで何とかしようとしていないかといった面からその業者が正しい逆SEOを行えるのかを判断する必要があります。 また、もちろんですが 逆SEOの実績を十分に確認する必要もあります。 炎上時や誹謗中傷の被害に遭っているという少し特殊な状況下で行われる施策なだけに、SEOだけでなく逆SEOでしっかりと知識と実績がある事を確認しておきましょう。 守秘義務の関係で逆SEOを行った会社名を教えてもらう事はできないでしょうが、どういった業種で、どれぐらいの被害が出ていて、どのように順位を下げていったのかぐらいは教えてもらえるかと思いますので施策に怪しい点がないか、信頼できる業者なのかを見極める為にも積極的に質問してみる姿勢が大切です。 削除したい場合は弁護士に相談する 逆SEOは検索結果から特定のサイトの順位を落とすことで見えにくくするという対策だという事はお分かりいただけたかと思いますが、あくまで押し下げによって検索に引っかかりづらくするだけで削除するわけではないという事は認識しておかなければなりません。 その為、 検索結果から削除したいという場合は弁護士に依頼する必要があります。 弁護士資格を持っていない業者が削除申請を代行する事は非弁行為に当たりますので通常の業者では対応できません。 書き込まれた内容が名誉棄損に当たる場合や事実と異なる内容であれば弁護士に依頼する事で削除する事も可能ですし、運営者の情報開示請求が通れば損害賠償を請求する事もできるようになります。 とはいえ、法的に問題のない場合は削除の為に動き出すことも難しくなりますので、その際は逆SEOで検索結果から押し下げる動きを選択する事になります。 問題視しているサイトが名用毀損に当たるのかどうかを判断してから依頼や対策方法を考えていくべきでしょう。 非弁行為についてはこちらの記事で詳しく解説しています。 ネット記事の削除に関しては避けて通れない内容ですので読まれていない方はご一読いただければと思います。

次の