存じ ます。 「いただきたく存じます」は二重敬語?正しく意味と使い方、類語を紹介

「存じます」の使い方は?「思います」との正しい使い分け

存じ ます

「幸いに存じます」という言葉を使っている人がいたとしたら、どのような印象を受けますか。 間違いなく良い印象を受けるのではないでしょうか。 精錬された言葉のイメージもありますし、深い敬意が示されているフレーズのような気もします。 しかし、イメージだけで言葉について理解しているだけでは、その言葉を自分の会話の中に取り入れることは難しいということができるでしょう。 なぜ、そのように言うことができるのでしょうか。 なぜなら、正確な意味に精通していなければ、ある特定の言葉を使おうと感じたとしても、不安や恐れからその言葉を使わなくなってしまうからです。 では「幸いに存じます」という言葉を普段の会話の中で使うために、まずは正確に意味について理解するようにしましょう。 意味について理解することができたのであれば、その後、例文についても調べることができます。 「幸いに存じます」の意味 国語辞書などで「幸いに存じます」というフレーズの意味について調べてみると「そうしてもらうと助かる、嬉しく思う」という意味があることを確認することができます。 かなり理解のしやすい意味が「幸いに存じます」というフレーズに含まれていると言えるのではないでしょうか。 そのため「幸いに存じます」は多くの人に愛用されているフレーズですし、この言葉を聞くことに慣れている人がいるのも事実です。 では、特定の分野において「幸いに存じます」という言葉はどのように使われているのでしょうか。 分野ごとに意味が異なってくる場合があるので、それぞれの分野ごとに「幸いに存じます」について調べるのは非常に重要なことです。 ビジネス ビジネスの場面では取引先の人と会話をしなければならない場面が訪れることでしょう。 そのような状況に遭遇したとしても「幸いに存じます」という言葉を上手に使うことができます。 取引先の人が親切な人であるがゆえに、自分に対して敬意を示してくれたり、特別な取り計らいをしてくれたとします。 そのような取り計らいは自分の会社にとっても利益になるので、相手に対して深い感謝の思いを伝えなければなりません。 どのようなフレーズを使うことができますか。 こんな時に活躍してくれるのが「幸いに存じます」です。 このフレーズを言うだけで、自分が嬉しく感じていることを相手に伝えることが可能になります。 相手としても理解しやすいフレーズになりますので、迷うことなく安心して使うことのできる便利な表現ということができるでしょう。 メール 「幸いに存じます」という言葉には、相手に対する深い敬意が含まれていますので、正しい敬語として使うことが可能です。 もちろん、目上の人や取引先の人と会話をしているのであれば「幸いに存じます」ということによって、自分が嬉しく感じていることを敬意を込めながら伝えることができます。 しかし、会社の部下と話しているのであれば他の言葉を選択する必要があるでしょう。 なぜなら「幸いに存じます」という言葉を部下に対して使うのであれば、部下を見上げていることになってしまうからです。 もちろん、部下を大切にするのは大事なことです。 それでも、部下に対して、あまりにも敬意を示しすぎた言葉を使うのであれば、一緒に働いている同僚たちは違和感を覚えることでしょう。 あくまで「幸いに存じます」は目上の人に対して使う言葉である、という点を忘れないようにしましょう。 「幸いに存じます」の例文とは? 「幸いに存じます」という言葉を自分の会話の中に取り入れるために必要なのは、この証言が使われている例文を覚えることです。 そのようにすることによって、今まで「幸いに存じます」というフレーズを使うことができていなかったとしても、すぐに覚えた例文を自分の会話の中に取り入れることができるようになります。 では、具体的に「幸いに存じます」というフレーズを使ったどのような例文があるのでしょうか。 詳しく紹介します。 してくださり幸いに存じます 「してくださり幸いに存じます」というフレーズも非常に実用的ということができます。 このフレーズは、どのような場面で使うことができるのでしょうか。 例えば、職場の上司が社長があなたに対して好意を示してくださったとします。 しかも、何かのプレゼントを送ってくれました。 当然そのことに対して感謝を示したいと感じるのではないでしょうか。 そんな時に「ご好意を示してくださり幸いに存じます」という文章を作成することができます。 そして、この文章をプレゼントを送ってくれた上司に対して直接言うことによって、深い感謝の気持ちを示すことができます。 他の言葉でも感謝を示すことは可能ですが「してくださり幸いに存じます」という表現を使うのであれば、あらたまった形で相手に感謝を示すことができるので、相手側からしても「プレゼント送ってよかった」という気持ちになることでしょう。 してくださると幸いに存じます かなり似ている表現になりますが「してくださると幸いに存じます」というフレーズも非常に実用的です。 このフレーズは、相手に何かを依頼したい時に使うことのできる表現になります。 例えば、取引先の人に対して資料を読むように依頼したいと考えているとしましょう。 直接的な仕方で「資料を読んでください」というフレーズを使ってしまうと、相手を苛立たせてしまう可能性があります。 取引をスムーズに運ぶためにもそのような事態を避けることが大切です。 そのため「この資料に目を通してくださると幸いに存じます」という表現を使うこともできます。 印象が異なる かなり、相手に与える印象が異なると言えるのではないでしょうか。 命令をしているのではなくて、資料を読んでくれたら自分は嬉しく感じます、と自分の感情を伝えているに過ぎないからです。 優しい依頼を目上の人に対してしたいのであれば「してくださると幸いに存じます」というフレーズを使うことができるでしょう。 そのようにして、不必要なトラブルを回避することができます。 「幸いに存じます」の類語や言い換え方とは? 「幸いに存じます」という言葉は非常に魅力的なフレーズですが、何度も自分の会話の中で使いすぎると、違和感を覚える人がいるのも事実です。 そのため「幸いに存じます」とほとんど同じ意味ででもあったとしても、他のフレーズで言い換えることができれば、自分の言葉の表現の幅を広げることができるでしょう。 では「幸いに存じます」をどのような類語で言い換えることができるのでしょうか。 嬉しく思います 「幸いに存じます」を簡単にわかり易く言い換えたいのであれば「嬉しく思います」というフレーズを使うことができるでしょう。 意味については誰もが理解することのできるフレーズと言えるのではないでしょうか。 そのため、自分が嬉しく感じるような事があるのであれば「嬉しく思います」というフレーズを「幸いに存じます」の代用として使うことができるでしょう。 「幸いに存じます」と似ている言葉の違いと使い分け方 「幸いに存じます」という言葉と似ている表現はたくさんあります。 それぞれの意味を正確に理解すれば、的確な仕方で自分の考えを相手に伝えることができるようになりまし、相手の理解も得やすくなることでしょう。 では「幸いに存じます」と似ている言葉には、どのようなフレーズがあるのでしょうか。 また、それらのフレーズにはどのような意味があるのでしょうか。 幸いと存じます 「幸いに存じます」と「幸いと存じます」というフレーズはほとんど同じです。 唯一の違い「に」が使われている場所に「と」が使われていることです。 一般的には、どちらのフレーズであったとしても同じような意味を伝えることができます。 しかし「幸いに存じます」というフレーズの方が違和感なく多くの人に愛をされていることになります。 「幸いに存じます」というフレーズを聴くことによって、違和感があると感じる人はほとんどいませんが「幸いと存じます」の「と」が使われているフレーズを聞くことによって、違和感を感じてしまう人がいるのも事実です。 どちらでも不正解ではありませんが、スムーズなコミュニケーションを図りたいのであれば「幸いに存じます」というフレーズを選択した方が賢明ということができるでしょう。 幸いです 「幸いに存じます」と「幸いです」というフレーズでは、表現されている考えが違うことになります。 「幸いです」という表現によって「嬉しいです」という意味を伝えることができるのに対し「幸いに存じます」というフレーズでは「嬉しいと思います」という意味が伝えられることになります。 ほとんど同じ意味を伝えていることになりますが、少しだけ響きが違うことに気づかされるのではないでしょうか。 幸いでございます 「ございます」には「ある」 という意味が含まれています。 そのため「幸いでございます」という表現を使うことによって「自分に幸いがあります」「幸いです」という意味を伝えることができています。 「幸いに存じます」とほとんど同じ耳になりますが「幸いでございます」の方が、自分の感情を直接表現している響きがあるのではないでしょうか。 「幸いに存じます」嬉しさを表現する 「幸いに存じます」という言葉を使うことができなかったとしても、生活に苦労することがないでしょう。 しかし、何かのことが起きて非常に嬉しく感じているのであれば、その事を誰かに伝えたいのではないでしょうか。 そのような時に助けてくれるのが「幸いに存じます」というフレーズになります。 このフレーズを使うことによって、自分がどれほど嬉しく感じているのかを、周りの人に伝えることが可能になります。 しかも「幸いに存じます」というフレーズでは、深い敬意が込められているので、会話をしている相手が目上の人であったとしても、自分の嬉しさを敬意を込めながら表現することが可能になります。 この便利な表現でやる「幸いに存じます」であらゆる人に嬉しさを表現することができるようになりましょう。

次の

「存じます」の意味と使い方、言い換え、謙譲語、「思います」との違い

存じ ます

「ご存知」(あるいは「御存知」)と書かれることがありますが、「存知」の「知」は当て字です。 『岩波国語辞典第7版新版』(2011、以下『岩波』)では「存知」の表記について、「「存知」とも当てて書く」と説明しています。 また、辞書によっては「存知」をあやまりと判断するものもあります。 たとえば『新選国語辞典第9版』(小学館・2011)には、「「ご存知」と書くのはあやまり」との説明があります。 NHKのほか、新聞社・通信社でも、この語については当て字を用いず「ご存じ」を使っています。 なお、NHKでは当て字はすべて漢字で書かないようにしているというわけではありません。 この語については前述のような国語辞典の掲載があり、語源どおりに当て字を用いないようにしています。 ここからは類推になりますが、「ご存知」と書かれる理由としては、「ご承知」ということばとの混同があるのかもしれません。 「承知」は「旨を承って知ること」(『岩波』)という意味の漢語で、「知」の漢字を使って書くことがふつうです。 「ご存じ」と「ご承知」とは、語源的に無関係ですが、どちらも「知る」という意味があることで共通しています。 「ご承知」と同じく漢語であるかのように、あやまって解釈された結果、「ご存知」と書かれるようになったのではないでしょうか。 余談ですが・・・。 2017年12月の東京・国立劇場で上演されていた歌舞伎の外題に「御存梅の由兵衛」とありました。 「ごぞんじうめのよしべえ」と読みます。 これは、「存じ」の送りがなを省いた形です。 メディア研究部・放送用語 山下洋子.

次の

間違いの多い敬語「存じます」の意味と使い方・例文

存じ ます

栃木はもちろん全国のグルメ、そしてステーキ愛好家で、〈ステーキ&ワイン 存じやす〉の名を知らない人はいないだろう。 今や栃木を代表する郷土の味・ステーキのたれの生みの親・小林 藤一郎氏が、1932年に興したフレンチレストランの名前である。 同店の顧客には、食通で知られる池波 正太郎氏も名を連ね、同氏のエッセイにも取り上げられているほどだ。 栃木の洋食文化のオリジンともいえる小林シェフの料理への想い、味へのこだわりを今に受け継ぐこの「存じやす」は、友人同士やご家族揃ってのお食事に、ビジネスユースをはじめ、様々なパーティの場として愛され続けるまさに名店。 木のぬくもりあふれる空間で、指定生産農家が一頭一頭、丹精こめて大切に育てあげた、とちぎ和牛とワインのマリアージュをご堪能いただきたい。 そして、同店がさらなる美食の高みを目指す旗艦店として2007年に創業したのが、全席カウンターのみの〈極(きわみ)存じやす〉である。 「極」では、基本おまかせ料理のみ。 お値段も1万3千円からと少々値が張るが、お値段以上の価値がある。 地産地消の旬のもの、そして全国各地の逸品素材をシェフが厳しい目で選び抜き、対面式のオープンキッチンで、ゲストのお好みやシェフおすすめの手法で自在に組み立ててくれる。 カウンター席のみで入れ替えがないため、時間を忘れゆっくりと酒食のひとときをお過ごしいただけるのもうれしい限りだ。 宇都宮でおいしいものを食べたくなったら〈ステーキ&ワイン 存じやす〉〈極 存じやす〉のいずれかへ。 さあ、どちらにしよう。 愉しい悩みに思わず顔がほころびる。

次の