かぐや様は告らせたい 2期 12話 感想。 かぐや様は告らせたい?2期12話最終回の感想とあらすじまとめ

かぐや様は告らせたい12話感想。最終回、御行イケメンすぎだろ!

かぐや様は告らせたい 2期 12話 感想

かぐや様のアニメの 2期、全12話視聴完了しました。 だいたい 前半は伊井野、後半は石上の物語って感じでしたね。 良かったです。 私としては大好きな伊井野をアニメでやっと堪能できたことが最大の満足点。 1期では原作単行本で言えば5巻くらいまで、そして2期では9巻か10巻くらいまでがアニメ化されました。 今日現在では18巻まで出ててもうすぐ19巻発売なわけだから、そのあたりだってアニメ化してほしい、 3期4期5期とやってほしいとか思ってしまいます。 もういっそ、何巻で完結するにしろ、完結まで全部アニメ化してくれよ~。 それが現実的に可能なのかとかいうのは無視してそんな気分に浸りたいってもんです。 まず、 全12話無事に完走できたことが何より幸いでした。 今期は多くのアニメがコロナ関係で放送中止になったり途中でぶつ切りになったりしました。 かぐや様はもう放送開始前には完パケで12話分完成してたんでしょうかね。 私は前半くらいまでは「いつ放送中止になってもおかしくない」「その覚悟はしておこう」と毎回戦々恐々としてたのですが、取り越し苦労でした。 言ってくれれば安心して視聴できたのにー。 公式が。 「かぐや様は全話放送できますよ」って。 今期の他の完走した作品はだいたいそういう公式コメントを出してくれてたのに、かぐや様は無かったと思います。 これはひょっとしたら、出さなかったのではなく出せなかったからとか? 全話放送できるかどうか公式すらも分からない瀬戸際の状態が続いてたからとか? まー、視聴者側には製作側の内情は分かるはずもないし、そもそも完走できたんだからもうどうでもいいことですかね。 前半の伊井野の 選挙編まであたりの感想は以前にブログ書いたので、今度は後半の主に石上の 体育祭編について思ったこと書きます。 後半もいい感じだと思いました。 体育祭編って、原作リアルタイム連載を読んだとき、もう3年も前になりますが、私はいい印象を持ちませんでした。 でも今回改めてアニメで鑑賞したら、悪くなかった、むしろいいじゃんってちょっと思ってしまいました。 3年経って私の心境が変化したのか、アニメの料理の仕方が良かったのか。 その両方か。 原作では暗い話に何週間もかけてたのが、アニメでは数分に凝縮されてたので、鬱屈した時間が短くて済んだのも良かったのかも。 あとは、原作ではその後あの事件の背景がいくつか判明してきたので、 その背景を知った上で見ると、印象が結構変わるってのもあると思います。 (ちなみに大友の印象もこれからの連載で変わりそうな予感もします) で、そんな感じで改めて体育祭編を見てふと思ったことですが、 風野団長が負傷して石上に リレーのアンカー代走を頼むって、結構な無茶ぶりでしたね。 風野や 子安たちは石上が校内の嫌われ者であることを知った上でアンカーという大役を任せたわけで、それは石上に ブーイングを浴びる役を 敢えてやらせたってことになります。 さらにあの時の石上は 大友に(予期せず)会って最悪の精神状態になってたから、もう拷問です。 もちろん彼らのアンカー任命は「石上に活躍の場を与えたい」という善意からのものです。 でも 陰キャにはそれがきついことが 陽キャには分からないんだろうなあーってこともちょっと感じました。 もし石上が 白銀の激励で立ち直れてなかったら、ひどい結果になっていたでしょう。 再び不登校になるくらいの。 でも結果石上は全力疾走できて、それさえできたらあとは勝っても負けても爽やかな感動をみんなで分かち合えてただろうから、マジで結果オーライでした。 あれは、本当に白銀のおかげです。 白銀は花火編で かぐやを救い、選挙編で伊井野を救い、体育祭編で石上を救い、大活躍です。 あと後半で特筆したいことをいくつか。 このアニメの欠点「二人以上の声優が同時に喋るシーンが多くて聞き取りにくい」という点が後半はやや改善したような気がします。 でも逆に「アニオリ演出」のほうは加速されてて、ちょっとくどいと思うようになりました。 伊井野の ペパーミントパティは面白かったですが。 最終回ラストシーンでは校舎が 爆破されてましたし。 でもあそこは1期のOPと繋がってるので意味はありますね。 原作をかなり端折ってカットしてる部分が多かったですね。 特に10話の ソーラン節や 大仏とか「原作のこのシーンもアニメで見たかった」とよく思いました。 まーこれは仕方ないでしょうかねえ~? それに監督たちは当然原作者 赤坂アカと打ち合わせしてない筈は無く、 カットしていい部分としてはいけない部分をしっかり判断してのことだと思いますし。 少女漫画脳の回は超笑いました。 一番笑ったかも。 圭ちゃんの回ではすごく感心することがありました。 ほんのワンカット出てきただけの彼女のコスメコレクションの絵。 これが、すごく凝ってたらしいです。 圭ちゃんと近い年代の女性視聴者を楽しませようという仕掛け。 そして「苦学生の女子中学生がなけなしのお小遣いで集めたんだろうなあ~」って想像させる仕掛け。 伊井野の魅力についてはまた別にブログ書ければと思います。 やっぱ伊井野だよなあ~。 ぶっちゃけアニメ2期感想の結論は「やっぱ伊井野だよなあ~」です! さて。 マジで3期はどうなんでしょうね。 商業的には「いける」ラインは余裕で達成できてると思いますが。 (今の時代のアニメの商業は円盤の売り上げより配信の再生回数が重要だとか) でも世の中はアニメ制作すること自体がますます困難になっていくでしょう。 鈴木雅之に主題歌の続投をさらに頼むのも準備とか大変でしょうし。 ヤングジャンプ編集部はさ~、もうかぐや様と ゴールデンカムイのアニメ2本に総力を全て注ぎなよ! それで毎年交互に放送して、両方とも原作の完結までアニメ化するの。 今の世の中の、次から次へとあらゆる作品の冒頭だけをアニメ化しては使い捨てるっていう風潮に風穴開けてほしいです。 無理?.

次の

『かぐや様は告らせたい?(2期)』12話(最終回)感想 感動からのギャグ展開!3期はよおおおおお!!

かぐや様は告らせたい 2期 12話 感想

かぐや様のアニメの 2期、全12話視聴完了しました。 だいたい 前半は伊井野、後半は石上の物語って感じでしたね。 良かったです。 私としては大好きな伊井野をアニメでやっと堪能できたことが最大の満足点。 1期では原作単行本で言えば5巻くらいまで、そして2期では9巻か10巻くらいまでがアニメ化されました。 今日現在では18巻まで出ててもうすぐ19巻発売なわけだから、そのあたりだってアニメ化してほしい、 3期4期5期とやってほしいとか思ってしまいます。 もういっそ、何巻で完結するにしろ、完結まで全部アニメ化してくれよ~。 それが現実的に可能なのかとかいうのは無視してそんな気分に浸りたいってもんです。 まず、 全12話無事に完走できたことが何より幸いでした。 今期は多くのアニメがコロナ関係で放送中止になったり途中でぶつ切りになったりしました。 かぐや様はもう放送開始前には完パケで12話分完成してたんでしょうかね。 私は前半くらいまでは「いつ放送中止になってもおかしくない」「その覚悟はしておこう」と毎回戦々恐々としてたのですが、取り越し苦労でした。 言ってくれれば安心して視聴できたのにー。 公式が。 「かぐや様は全話放送できますよ」って。 今期の他の完走した作品はだいたいそういう公式コメントを出してくれてたのに、かぐや様は無かったと思います。 これはひょっとしたら、出さなかったのではなく出せなかったからとか? 全話放送できるかどうか公式すらも分からない瀬戸際の状態が続いてたからとか? まー、視聴者側には製作側の内情は分かるはずもないし、そもそも完走できたんだからもうどうでもいいことですかね。 前半の伊井野の 選挙編まであたりの感想は以前にブログ書いたので、今度は後半の主に石上の 体育祭編について思ったこと書きます。 後半もいい感じだと思いました。 体育祭編って、原作リアルタイム連載を読んだとき、もう3年も前になりますが、私はいい印象を持ちませんでした。 でも今回改めてアニメで鑑賞したら、悪くなかった、むしろいいじゃんってちょっと思ってしまいました。 3年経って私の心境が変化したのか、アニメの料理の仕方が良かったのか。 その両方か。 原作では暗い話に何週間もかけてたのが、アニメでは数分に凝縮されてたので、鬱屈した時間が短くて済んだのも良かったのかも。 あとは、原作ではその後あの事件の背景がいくつか判明してきたので、 その背景を知った上で見ると、印象が結構変わるってのもあると思います。 (ちなみに大友の印象もこれからの連載で変わりそうな予感もします) で、そんな感じで改めて体育祭編を見てふと思ったことですが、 風野団長が負傷して石上に リレーのアンカー代走を頼むって、結構な無茶ぶりでしたね。 風野や 子安たちは石上が校内の嫌われ者であることを知った上でアンカーという大役を任せたわけで、それは石上に ブーイングを浴びる役を 敢えてやらせたってことになります。 さらにあの時の石上は 大友に(予期せず)会って最悪の精神状態になってたから、もう拷問です。 もちろん彼らのアンカー任命は「石上に活躍の場を与えたい」という善意からのものです。 でも 陰キャにはそれがきついことが 陽キャには分からないんだろうなあーってこともちょっと感じました。 もし石上が 白銀の激励で立ち直れてなかったら、ひどい結果になっていたでしょう。 再び不登校になるくらいの。 でも結果石上は全力疾走できて、それさえできたらあとは勝っても負けても爽やかな感動をみんなで分かち合えてただろうから、マジで結果オーライでした。 あれは、本当に白銀のおかげです。 白銀は花火編で かぐやを救い、選挙編で伊井野を救い、体育祭編で石上を救い、大活躍です。 あと後半で特筆したいことをいくつか。 このアニメの欠点「二人以上の声優が同時に喋るシーンが多くて聞き取りにくい」という点が後半はやや改善したような気がします。 でも逆に「アニオリ演出」のほうは加速されてて、ちょっとくどいと思うようになりました。 伊井野の ペパーミントパティは面白かったですが。 最終回ラストシーンでは校舎が 爆破されてましたし。 でもあそこは1期のOPと繋がってるので意味はありますね。 原作をかなり端折ってカットしてる部分が多かったですね。 特に10話の ソーラン節や 大仏とか「原作のこのシーンもアニメで見たかった」とよく思いました。 まーこれは仕方ないでしょうかねえ~? それに監督たちは当然原作者 赤坂アカと打ち合わせしてない筈は無く、 カットしていい部分としてはいけない部分をしっかり判断してのことだと思いますし。 少女漫画脳の回は超笑いました。 一番笑ったかも。 圭ちゃんの回ではすごく感心することがありました。 ほんのワンカット出てきただけの彼女のコスメコレクションの絵。 これが、すごく凝ってたらしいです。 圭ちゃんと近い年代の女性視聴者を楽しませようという仕掛け。 そして「苦学生の女子中学生がなけなしのお小遣いで集めたんだろうなあ~」って想像させる仕掛け。 伊井野の魅力についてはまた別にブログ書ければと思います。 やっぱ伊井野だよなあ~。 ぶっちゃけアニメ2期感想の結論は「やっぱ伊井野だよなあ~」です! さて。 マジで3期はどうなんでしょうね。 商業的には「いける」ラインは余裕で達成できてると思いますが。 (今の時代のアニメの商業は円盤の売り上げより配信の再生回数が重要だとか) でも世の中はアニメ制作すること自体がますます困難になっていくでしょう。 鈴木雅之に主題歌の続投をさらに頼むのも準備とか大変でしょうし。 ヤングジャンプ編集部はさ~、もうかぐや様と ゴールデンカムイのアニメ2本に総力を全て注ぎなよ! それで毎年交互に放送して、両方とも原作の完結までアニメ化するの。 今の世の中の、次から次へとあらゆる作品の冒頭だけをアニメ化しては使い捨てるっていう風潮に風穴開けてほしいです。 無理?.

次の

[感想]かぐや様は告らせたい アニメ2期 第12話 感動と笑顔の最終回!

かぐや様は告らせたい 2期 12話 感想

Sponsored Link 【かぐや様は告らせたい2期 】12話:生徒会は撮られたいあらすじネタバレ! かぐや様は告らせたい2期 最終12話 最後はみんなで撮りましょう 最終回は笑いを忘れて、かぐや様メインのホロリとくる話 …と見せかけて、何回もシコシコしてよくて、でも最低1回はシコらないといけない…って、下ネタじゃねえかー!? そんな笑いに貪欲なところもらしい 3期待ってます! — アニメマンガ名探偵すやまたくじ suyamatakuji かぐやは生徒会で白銀や藤原たちと関わりを持つまでは、携帯で写真を撮ったり携帯を使うという事がほとんどありませんでした。 取りたい物も残したい物もなかったのに、生徒会でいる時にはちょっとした日常でも写真におさめるようになり宝物とすら思うようになっていたのです。 そんなある日、校長先生がやってきて学園のパンフレットの写真が撮りたいといって生徒会メンバーに撮影を依頼します。 生き生きとした生徒の姿がみたい! と言って生徒会メンバのー写真を撮ります。 かぐやは家の方針で顔出しNGなので仕方なく他のメンバーだけで写真を撮ります。 この校長先生はいつもいつも何を考えているのか・・・(汗) ミコの写真を撮り続ける校長先生。 最初は固い表情だったミコに、可愛い!と褒めればどんどんその気になり写真を撮らせるミコを心配した石上は 『街で変なスカウトにあっても絶対ついて行くなよ。 』 とミコの事を心配します。 校長先生にも 『石上とミコはいつも陰ながら助け合っているのに気づいていない。 』 と言われますが、やっぱりお互い気付いていない様子。 その様子を見てかぐやが冷静にいられるわけないですよね(汗) 校長先生に殺意まで抱く次第になっていたところ 『白金の恋人役は本当はかぐやがよかった。 』 と言い、二人はお似合いで理想の関係だと付け加えるのです。 さっきまで怒っていたかぐやですが、その発言にすっかり機嫌をよくしていまうのでした。 校長先生も先にそういえば殺意を抱かれる事もなかったのに・・・・ そして最後は屋上で集合写真を撮ろう!と屋上に集まります。 そういえば今まで集合写真なんて撮ったことなかった。 と寂しく思っているかぐやに、 最後はみんなで撮ろうと提案するのです。 それは仲間みんなが望んでいる事だと言いかぐやの携帯で撮ろうと携帯を渡そうとしたその時・・・ 突然に強い風が吹き、携帯を屋上から落としてしまうのです。 その携帯の中には、生徒会メンバーと映した大切な写真、白銀とやりとりしたメールなどかぐやにとって大切な思い出が沢山詰まってしました。 修理不可能と言われ、呆然となるかぐや。 かぐやは生徒会の仲間たちと関りあうことを通じてようやく誰かと分かち合う、ごく普通の日常を手に入れた、その日常を記録したのが携帯に保存された写真。 そんな大切な写真を失った事で喪失感から、心にぽっかり穴が開いてしまったのです。 生徒会メンバーもかぐやを心配するものの、携帯電話を壊したことがかけがえの無い思い出の記録の喪失とは結びつかないのです。 ですが白銀が何気なく思いついたラインのグループ登録。 この事がかぐやを幸せに導きます。 そこから藤原の発案で共有アルバムづくりが! みんながこれまで取りためた生徒会の「いつも通りの日常」がアップロードされていくんです。 かぐやが失った「いつも通りの日常」が、仲間たちの目を通じて撮られた写真がかぐやが大切にしてきた記録以上に思い出が! 自分が大切にしてきたものが、相手もまた大切にしてくれていたという事実が何よりも嬉しかったかぐや。 白銀とかぐやの攻防もまだまだ観たい! という気持ちでいっぱいです。 二人は両想いなのに、なんでここまでじれったいのかと思ってしまいます。 普通にデートをしたり、携帯でたわいもない話をしたり、ラインのやり取りでドキドキしたり・・・・。 そんなかぐやと白銀を見てみたいなと切望します。 でもかぐやを救ったのはやっぱり白銀でした。 生徒会のグループラインってナイスです! アルバムにはどんどん写真が増え、かぐやが大事にしていた思い出をみんなと共有できていたという事は本当に嬉しい事でしたね。

次の