戦国乙女2 天下統一。 戦国乙女2

戦国乙女2設定狙い。天下統一モード2勝1敗から運よく真鬼神討伐!後編

戦国乙女2 天下統一

天下ポイントと天下統一モードの概要 天下ポイント ・液晶左下に表示されているポイント。 ・ポイントは毎ゲーム獲得抽選が行われる。 ・レア小役成立で大量ポイント獲得のチャンス。 ・100の倍数ゲームでポイント獲得抽選あり。 ・ポイントはCZ突入時にリセット。 2pt。 リセット時の天下ポイント振り分け 3500pt:15. 2% 4000pt:14. 8% 6000pt:50. 0% 8000pt:19. 9% 天下統一モード ・天下ポイントMAX(10,000pt)で突入する自力CZ。 ・天下統一モードは「合戦パート」(約10G継続)と「連続演出パート」の2部構成。 初回バトルに勝利できれば再びバトルに突入し、2回目のバトル勝利時には 「真乙女ボーナス(白7)」をストック。 バトルは最大3回まで継続し、3回目のバトルに勝利できれば 「真鬼神討伐」突入が確定となります。 ただし、その分突入率は重めに設定されていそうですけど・・・ なんにせよ、1Gあたりの平均獲得ポイント数が分からないことには、具体的な狙い目は立てようがないですね(><) やめどきに関しても、所持ポイントがどれくらい溜まっていたらCZ当選までフォローするかが悩み所ですが、とりあえずは8,500pt付近まで貯まっていた場合はCZまでフォローしてみます。 また、暫定での情報では リセット時には内部ポイント抽選が優遇されているといった情報もあるので、リセット台は早めの段階から天井狙いできるかもしれません。 新たな解析情報が判明すれば、改めて更新します。 リセット時には最低でも3,500ptを所持した状態でスタートとなり、6,000pt以上の振り分けも約7割となっています。 このことから、リセット確定台であれば 5,000pt以上から天下統一モードまで打ち切り。 それに加えて、 1,800pt付近から2,000ptをピンポイント狙い 、もしくは 3,500pt付近から4,000ptをピンポイント狙い・・ということで立ち回ってみます。 <天井狙い目・やめどき詳細> <解析まとめ・記事一覧>.

次の

戦国乙女2深淵 天下ポイント狙い天下統一モード(チャンスゾーン)・ゾーン狙い振り分け

戦国乙女2 天下統一

CR戦国乙女 - プロジェクト ポータル 『 戦国乙女〜桃色パラドックス〜』(せんごくおとめ ももいろパラドックス)は、放送のである。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2014年9月)() 現代の女子中学生、日出佳乃(通称「ヒデヨシ」)は試験前の神頼みに神社へ向かうが、そこで見かけた不思議な光によって女性しかいない戦国時代に似た時代の世界へと飛ばされてしまう。 天下統一を目指す女武将、織田ノブナガと出会ったヒデヨシは全部集めると天下統一の夢が叶うという「 伝説の深紅の甲冑」集めの手伝いをすることに。 その中でヒデヨシは様々な戦国武将と出会っていく。 登場人物 [ ] 現実世界の住人 [ ] パチンコ版と設定が大きく異なり、戦闘能力は皆無。 /の後ろの名前は、現実世界での呼び名である。 戦国乙女〜ラジオパラドックス〜や次回予告も、この2人によって行われている。 やんちゃで子供っぽく、天真爛漫かつ好奇心旺盛な女子中学生。 戦国乙女の世界に飛ばされてしまい、ノブナガに拾われ行動を共にすることになる。 歴史が苦手で、女子中学生らしくを命より大切にしている。 オシャレにこだわる面もあり、与えられた部屋の内装を着物でコーディネートするほど。 また、お菓子には目が無い。 最終回で現実世界へ戻った。 手段を選ばない一面も持ちあわせる。 ちなみに、眼帯は変装のためらしく右目は潰れていない。 実は佳乃(ヒデヨシ)同様に戦国乙女の世界の世界へやってきたヒデヨシの担任(伊達先生)であり、ヒデヨシが戦国乙女の世界へやってきた原因を作った人物でもある。 伊達政宗の子孫であり、親からも伊達家の為に生きるよう強く諭されている。 未来よりやってきた彼女の子孫から「伝説の真紅の甲冑」の事を知り、伊達家の再興(正確には過去の伊達家をより隆盛させる)を目論み、過去へ飛ぼうとしていた。 しかし、ヒデヨシが偶然入ったことで過去ではなくに飛ばされてしまう。 後にこの世界にも「伝説の真紅の甲冑」があることを知り、密かに奪い取ろうと暗躍。 ノブナガを唆し、ミツヒデにを起こさせ甲冑を奪ったものの、すぐさまイエヤスに奪われた。 その後、ノブナガ達とイエヤスの戦いを見届けた後でガレキの中を捜索し、再び甲冑を手に入れる。 無気力な現代社会を根底から変えるとして甲冑の力を使おうとするが、ノブナガにその覚悟の程を問われ動揺。 ヒデヨシ達からも諭され、野望を捨てた。 最終回でヒデヨシと共に現実世界へ戻った。 織田勢 [ ] 声 - 本編のもう一人の主人公。 尾張の武将。 すべて揃えれば天下統一できるといわれる「伝説の真紅の甲冑」を集め、天下統一を狙う。 既成概念にとらわれない大胆不敵な性格。 たばこは吸わないが、幼少のころに祖母・から与えられたを常に持ち歩いている。 新しいもの好きで、異国人の(と思いこんでいる)ヒデヨシを城に住まわせている。 普段は冷静で判断力に長けるが、怪談を笑い話にしてしまうなど、どこかぬけている面もある。 また、他人の言葉の代弁や、演技をするシーンではやたらとになる。 幼い頃にノブサダから覇道について諭されていたが、その意味を解せず力による天下統一を目論んでいた。 後にヒデヨシと出会い、彼女と話した事でノブサダの言葉の真意を理解し、考え方を改めた。 領民を大切にする、天下統一へ人一倍の執着をみせるなど、性格や行動は史実の信長に近い。 声 - ノブナガの家臣であり、ノブナガに心酔するが故に彼女に可愛がられているヒデヨシが気に入らず常に嫉妬心を抱いている。 ヒデヨシからは、現実世界の彼女似の友人と同じ「あけりん」と呼ばれている。 怖いものが大の苦手。 西国への旅の途中、ノブナガがヒデヨシに口移しで薬を飲ませる所を目撃。 恋愛関係だと勘違いし、更にモトナリ達の揺さぶりによりノブナガへの信頼に疑問を抱く。 そしてマサムネの誘いに乗って、ノブナガとを図ろうとするも、ヒデヨシの説得とノブナガの本心を聞いて和解、それ以降はヒデヨシを恨むこともなくなったが、今度はイエヤスがノブナガに惚れてしまい気が休まることはないようである。 シロ 声 - 安土城に住み着く雄犬。 三日月の兜を着けている。 二足歩行で歩き、人の言葉を話せるが、ヒデヨシ以外の前では普通の犬のように振る舞う。 ノブナガらの住む世界とヒデヨシの住む世界の両方の事柄をよく知っている。 また、時折スケベな面を見せることも。 最終回では現代の世界にやってきていた。 なお、彼が「実はな…」とヒデヨシに耳打ちするシーンで物語が終わっているため、作中で素性が明かされることはなかった。 今川勢 [ ] 声 - 真紅の甲冑を持つ武将の一人。 いわゆるお嬢様気質で、のほほんとしている一方でプライドは高い。 また、勝負では正々堂々を好む。 イエヤスを妹の様に可愛がっており、イエヤスが反逆してからも彼女の身を案じていたが、決して優遇はせず、イエヤスが卑怯な手段で有利に立とうとしたときは、先述の潔さを良しとする性分から、彼女の知らないところで、その卑怯な手段を排除していた。 特に天下統一には興味が無い様子だったが、ノブナガの挑発に乗ってをする事になる。 文学好きの面も強調されており、「」という自作を書いたことも。 声 - ヨシモトの元におり、「イエヤスちゃん」と呼ばれている。 また、ヒデヨシからはミツヒデと同様の理由から「とくにゃん」と呼ばれている。 服部ハンゾウを側近に持つ。 使いであり、度々のような格好をしている。 自身の本来の目的のための行動を本格化し始めた頃から何も言わずにヨシモトの元を去った。 表向きはヨシモトに忠実に仕えている素振りを見せるが、内面は非常に腹黒く、陰ではヨシモトを「年増」呼ばわりしている。 甲冑を賭けたノブナガ勢との勝負でも不正を働いたり、ノブナガに甲冑を集めさせ、すべて集まったら横取りしようと企むなど、手段も選ばない。 自身が天下人として頂点に立つべく、マサムネが苦心して盗んだ甲冑をあっさり横取りした。 その後、に攻め込み、そこに保管されていた「真紅の甲冑」を全て手に入れる。 妖術によって甲冑の力を発動させ、自ら「真紅の甲冑」を装備し絶大な力を手に入れるなど、本作の黒幕の顔を見せ、ノブナガ達の打倒と天下統一を目指す。 また、甲冑の影響で腹黒い裏の顔が前面に押し出されている。 甲冑により増幅した魔力で安土近郊を焦土にするほどの力を振るうが、ミツヒデ達の連携で次第に苦戦を強いられ、ノブナガの一撃で撃破される。 だが、ノブナガの意思で命は取られなかった。 その後は、皆に迷惑をかけたことを謝り、敵対していたノブナガに対して「お姉様」と呼び、彼女に惚れるようになる。 声 - パチンコ版には登場しない、アニメのオリジナルキャラクター。 イエヤスに仕えている紺の装束姿の。 イエヤスの指示で裏工作を企てるが、いつも失敗しているためイエヤスからの扱いはかなりぞんざい。 顔は頭巾とビン底眼鏡で覆われており、普段は眼鏡の下の顔は描かれない。 後に同じ姿の「ハンゾウ」が何十人も存在する事が判明した。 しかし、こちらも全員である。 イエヤスの目的を達成させるために、様々な工作をしている。 東国の勢力 [ ] 声 - 真紅の甲冑を持つ武将の一人。 情熱的な性格で食欲旺盛。 ケンシンをライバル視している。 また劇中の台詞から年長である様子。 がほとんど日課となっている。 ノブナガに「真紅の甲冑」を渡すよう要請されたが、これを拒否。 後にケンシンとの戦いに乱入してきたノブナガを迎え撃つが敗れる。 しかし、ケンシンの助命により命は救われ、負けた代償として甲冑をノブナガに渡した。 その後はノブナガとも良好な関係を結んでいるようで、度々狩りや祭りに招かれており、イエヤスとの最終決戦にも参戦した。 声 - 真紅の甲冑を持つ武将の一人。 シンゲンとライバル関係で戦闘をはじめ何かと対抗意識を燃やす。 また、完璧主義者でもある。 CR版ではもっとも身長の高い設定であったが劇中ではやや小柄に描かれている。 シンゲン同様、がほとんど日課となっている。 シンゲンと同じく、ノブナガからの「真紅の甲冑」引き渡しを拒否。 後にシンゲンとの戦いに乱入してきたノブナガに対し、自分以外にシンゲンを倒されたくないとして代わりに自らの命を差し出す。 ノブナガに許されてからはたびたびシンゲンと共にノブナガに招かれ、最終決戦でもノブナガと共に戦った。 なお、原作や漫画版ではミニスカートをはいているが、今作では袴をはいたデザインに変更されている。 西国の勢力 [ ] 3人とも元ネタとなった武将と同じ出身地の声優が演じており、それぞれがネイティブなで喋るという演出になっている。 声 - 真紅の甲冑を持つ武将の一人。 左手に「三魂爪(みこんそう)」というカギ爪を備えている。 物静かで物憂げな性格。 広島弁で喋る。 西国三人衆のボス的存在で策士。 三魂爪により相手の心を読み取ることが出来る。 西国にやってきたノブナガ達を狙うが、小舟の上で自己紹介しているうちに一撃で沈められてしまう。 後に逃亡し、三魂爪でミツヒデのノブナガに対する不信を見抜き、そこを突く作戦を企てる。 しびれ薬でノブナガの自由を奪ってから攻勢に出るも、気力で持ち直したノブナガに倒された。 後に、イエヤスとの最終決戦にも参戦した。 声 - 真紅の甲冑を持つ武将の一人。 お祭り好き、活発で体育会系な性格。 しっかりしてそうに見えるがおっちょこちょいな一面も。 武器は大斧。 土佐弁で喋る。 モトナリ同様ノブナガに一度倒され、囚われる。 脱走後の再戦ではモトナリの作戦に従い、ミツヒデへの精神攻撃で優位に立つが、自分たちの仕掛けたトラップを利用され、ミツヒデの心理戦の前に敗れた。 モトナリと同じくイエヤスとの最終決戦にも登場した。 声 - 真紅の甲冑を持つ武将の一人。 新しいもの好きなシスター風の格好をした。 清楚でおしとやかな性格だが、西洋かぶれなロマンチスト。 自身の身の丈ほどあるの「弩・佛狼機砲(ドン・フランキー砲)」を手に持つと性格と口調が変わり、辺り構わず撃ちまくる。 九州弁で喋る。 モトナリらと共にノブナガに敗れ、ヒデヨシからくすぐりの刑を受ける。 再戦ではモトチカと共にミツヒデを追い詰めるが、トラップに引っかかった挙句、自身の「弩・佛狼機砲」でトドメをさされた。 その後、イエヤスとの最終決戦に参戦し、砲撃でイエヤスを追い詰める活躍をみせた。 スタッフ [ ]• 原作 - (株)平和(CR戦国乙女より)• 監督 -• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン原案 -• アニメキャラクターデザイン・総作画監督 - 山川宏治• エフェクト作画監督 - 加藤洋人• プロップデザイン - 嶋田俊彦、小松香苗• 美術監督 - 坂本信人• 美術設定 - 坂本竜• 色彩設計 - 池田ひとみ• 編集 - 廣瀬清志• 撮影監督 - 関谷能弘• 音響監督 - 今泉雄一• 音楽 -• 音楽制作 -• 音楽プロデューサー - 関澤新二• プロデューサー - 二階堂勝、浄園祐、、大野亮介• アニメーション制作 -• インターネットラジオ [ ] 概要 [ ]• タイトル:戦国乙女〜ラジオパラドックス〜• 配信期間:2011年4月5日 - 2011年9月20日(隔週火曜日配信)(全13回)• 配信サイト: パーソナリティ [ ]• (豊臣ヒデヨシ 役)• (伊達マサムネ 役) ゲスト [ ]• 第3回:• 第4回: 天下取り隊• 第7回:• 第8回:• 第10回:• 第11回:• 第12回: 特別ゲスト• ラジオCD [ ]• ラジオCD「戦国乙女〜ラジオパラドックス〜」(2011年10月28日、発売元・販売元:)• 収録内容• DISC1(オーディオCD):新規録りおろしラジオを収録。 DISC2(データCD):ラジオ全13回までをMP3にて収録。 脚注・出典 [ ].

次の

戦国乙女2~深淵に輝く気高き将星~【リセット(設定変更)時は天下ポイント優遇!天下ポイント振り分け解析】

戦国乙女2 天下統一

【その1】特殊リプレイからの直撃に注目 通常時はチャンス役成立時にボーナス抽選が行われるが、中でも注目したいのは特殊リプレイからの当選率。 偶数および高設定が優遇されており、設定差も大きいのでチェックしておきたい。 中押し手順で消化すれば特殊リプレイを確実に見抜けるのでオススメは中押し。 内部状態による影響を受けないのでサンプルも集めやすい。 特殊リプレイ以外のボーナス当選率には設定差がなく、当選率に影響を及ぼす内部状態の移行率に設定差が設けられている。 小役成立時の状態移行率は判明していないので設定推測に活用しづらいが、ボーナス後の移行率は設定差が大きめなので傾向を覚えておこう。 初打ちゲーム性指南 【その1】新生強カワ乙女いざ見参!! 大人気シリーズ『パチスロ戦国乙女』の最新作が遂に登場。 システムも一新され、ボーナス 疑似 の連打で出玉を獲得する仕様となっている。 これまでの乙女ファンはもちろんのこと、新たなファン層も開拓するシンプルでアツいゲーム性が特徴だ。 ユウサイバトルといったストック特化ゾーンも搭載されているため一度ボーナスに当選すればチャンスは無限大だ。 チャンス役成立なら必ずポイント獲得となるほか、通常ゲームを100G消化するごとでもポイントを獲得できる。 天下統一モードは最大3回のバトルが発生。 勝利で次戦継続となり、1戦目勝利で赤7、2戦目勝利で白7以上、3戦目勝利で真鬼神討伐をそれぞれストックできる。 基本的に開始時に勝敗はあらかじめ決まっているが、敗北選択時は消化中の成立役にて勝利への書き換え抽選が行われる。 なお、設定変更時は天下ポイントはクリアされ再セットされるが、最低でも3500ポイント以上獲得した状態でスタートとなる。 通常時・小役確率 小役確率は上表の通りで設定差なし。 チャンス目はA 左リールBAR下段からのチャンス目 とB 左リール枠下BAR停止からのチャンス目 の2種類があるが、各種抽選における役割は同じだ。 特殊リプレイは順押しだと通常のリプレイとの区別がつかないが、中押し手順なら判別可能。 ・中リール中段にベルが停止 …ハズレ・ベル 8枚or3枚 残りのリールはテキトー押し。 ・中リール中段にリプレイが停止 …リプレイ・特殊リプレイ・チャンス目 残りのリールはテキトー押し。 中段リプレイ・リプレイ・ベル停止でチャンス目。 リプレイが右上がりに揃えば特殊リプレイ。 ・中リール中段にチェリーが停止 …チェリー 左リールにチェリーを狙い、右リールはテキトー押し。 右リール中段にスイカ停止で強チェリー、非停止なら弱チェリー。 ・中リール中段にスイカが停止 …スイカorチャンス目 残りのリールはテキトー押し。 スイカハズレでチャンス目。 またレバーON時にリールロックが発生した場合はチャンス役以上確定。 ロック2段階は強チェリー・チャンス目なら各種抽選が大幅に優遇される。 ロングフリーズは大量出玉必至だ。 通常時・内部状態移行率 2ページ目 通常時はチャンス役成立時にボーナス抽選が発生。 特殊リプレイ以外からの当選率には設定差がなく、滞在している内部状態が極めて重要となる。 通常A・B滞在時は弱チェリー・スイカではボーナス抽選が行われないため、高確滞在時にチャンス役を引けるかどうかが重要だ。 ただしリールロック2段階からの強チェリー・チャンス目はいかなる状況でもボーナス当選の大チャンスとなる。 特殊リプレイからのボーナス当選率は偶数および高設定が優遇。 中押しで消化すれば特殊リプレイは見抜ける 右上がりに揃う が、基本的に特殊リプレイからのボーナス当選時は「謎の紋章」煽りを経由するので、そこで判別してもいい。 設定差が大きく、内部状態による影響を受けないのでサンプルは集めやすいぞ。

次の