笠井 信輔 余命。 【笠井アナ】がん(悪性リンパ腫)のステージや治療方法は?余命や生存率に希望はある?

【笠井アナ】がん(悪性リンパ腫)のステージや治療方法は?余命や生存率に希望はある?

笠井 信輔 余命

悪性リンパ腫であることを公表した元フジテレビの笠井信輔(56)が19日、フジテレビ系「とくダネ!」に生出演。 病名は「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」と公表し、医師からは生存率7割といわれたことも明かした。 番組では、病気が公になった17日に地方で公演する笠井の姿をVTRで紹介。 その後、スタジオにカメラは切り替わり、笠井が自身の病状について語った。 「自分の状況、お話すると、悪性リンパ腫という血液のがん、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫という型」と詳細な病名を公表。 そして「その先も調べないといけないが、90種類ぐらいある。 治療法も違って、カテゴリー的にはこの部類ならこれと」と、型によって治療法が違うと説明。 更に病気の進行についても、週ごとに進む速いタイプ、月ごとに進む中程度のタイプ、年ごとに進む遅いタイプの3タイプに分かれるといい、笠井は「中程度のスピードでアグレッシブなタイプと診断された。 ちょっと強い抗がん剤治療が必要だねと」と医師から言われているとも明かした。 生存率についても触れ、医師からは「生存率6割、4割の方が亡くなる、でも笠井さんは若いので7割ぐらいの方の生存率に入りますよ、頑張っていきましょうと言われた」と、生存率は7割と言われているという。 がんは全身に散らばっていると言い、「体の痛みは日々、いろんなところが痛くなる」という。 「今日はおしりの下あたりで、足を引きずる状況」と語り、日によって肩や腰なども痛くなることから「痛みが出た瞬間、がんが来てるのかな」と考えてしまうと言う。 仕事は鎮痛剤を飲んでいたといい、「本番に痛みがなくなるようにタイミングを考えて」飲んでいたことも明かしていた。 デイリースポーツ.

次の

笠井信輔 余命 ステージ4?生存率は?

笠井 信輔 余命

1.笠井信輔アナはなぜこの年齢でフリーになるのか?9月でフジテレビ退社でとくダネも卒業! フジテレビの笠井信輔アナウンサーが9月いっぱいでフジテレビを退社して、フリーとして活動を開始することが29日に明らかになりました。 現在56歳の笠井信輔アナウンサーはなぜこの年齢でフリー転身を決めたのでしょうか?このままフジテレビの社員で居続ければ、お仕事や金銭面での安定は確実だったでしょう。 しかし、笠井信輔さんは、現場の人でプレーヤー気質が高いということでした。 きっと管理職などには向いていない、というか笠井信輔さん自身が現場でのお仕事が大好きで仕方がないのでしょうね。 サッカーで言ったら、三浦知良選手のような感じなのでしょうね。 笠井信輔さんがフリー転身に向けて実際に動き出したのが2018年の5月頃だということです。 長いこと番組で共演をされていた小倉智昭さんと相談しながら動いていたといいます。 そして、9月いっぱいで小倉智昭さんと共に出演していた「とくダネ!」も卒業されるということです。 フジテレビでは情報・報道番組を主に担当していましたが、今後はバラエティー番組にも出演を希望しているようです。 また、「映画・演劇という自分の専門分野を生かせる仕事をもっともっと自由に行いたいと思い、打って出ようと決めました」とも語っているということです。 特に映画関係への思い入れが強いといいます。 作品への推薦文やパンフレットなどの執筆などをやりたいようですね。 スポンサードリンク 2.笠井信輔アナのプロフィールは? 笠井信輔アナのプロフィールについてまとめてみました。 名前:笠井信輔(かさいしんすけ) 出身:東京都 生年月日:1963年4月12日 干支:卯(うさぎ) 星座:おひつじ座 血液型:A型 早稲田大学を卒業後1987年にフジテレビに入社されました。 「めざましテレビ」 「ナイスデイ」 「とくダネ!」 「バイキング」に出演されていました。 1990年にテレビ東京社員でアナウンサーであった茅原ますみさんと結婚をされて、3人の息子さんがいるということです。 映画や舞台を観ることが大好きで、スキーの腕前もすごいらしいです。 【そのほかのニュースは から】 スポンサードリンク まとめ 今回は、フジテレビの笠井信輔アナウンサーがフリーになる件について追いかけてきました。 実際に、今の状況から自分を変えることについてはすごく不安もあるかと思います。 笠井信輔さんの年齢を考えると、相当覚悟のある決断かと思いました。 今後も、いろいろなところで笠井信輔さんを見れるのを楽しみにしています。 今日も最後までご覧いただきましてありがとうございます。 【そのほかのニュースは から】.

次の

笠井信輔アナが悪性リンパ腫を公表…「立ち向かっていかなければ」

笠井 信輔 余命

元フジテレビのアナウンサーでフリーの笠井信輔アナが悪性のリンパ種を告白 元フジテレビのアナウンサーでフリーアナウンサーの笠井信輔アナ(56)が「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」という悪性のリンパ腫を患っていることを所属事務所を通じて公表されましたね。 19日に「とくダネ!」に出演して病状を語りました。 笠井信輔アナは2019年9月30日付けでフジテレビを退社しフリーになったばかり。 これからフリーになって局アナ時代ではできなかった仕事などへの意欲もあったでしょうし。 テレビ関係者の情報では、現在のところ半年ほど休養するということらしい。 しかしながら、悪性リンパ種とのことで、現在はかなりヤバい状況みたいです。 フリーになってこれからというところで、大病を患った笠井信輔アナ。 大病を乗り越えまた元気な姿をテレビで見せていただきたい。 笠井信輔の悪性リンパ種はステージ4? 笠井信輔アナは現在の容体はかなり思わしくないようで、医師から 「全身に癌が散らばっている状況」と告げられたそうです。 笠井信輔アナが患ってる 「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」という悪性のリンパ種にはステージが4段階あります。 笠井信輔アナは「全身にがんが散らばっている状況」と医師から告げらたらそうだから ステージ4ということになります。 笠井信輔の生存率は? ステージ4というと末期癌?って思ってしまいますが、笠井信輔アナは医師から 生存率は7割と宣告されたそうです。 笠井信輔アナは3割の可能性をかけて今後治療に励む事になります。 今後の治療には強い抗癌剤治療を半年間受けるとのこと。 強い抗癌剤治療なので、それに伴い強い副作用があるので、なんとか治療を乗り越えて復帰していただきたいですね。 現在、癌が全身に転移してる状態で身体のあちこちに痛みがある中、「とくダネ!」に出演していたことを思うと、病気の治療にかける思いが伝わってきますよね。 病気から回復すれば、同じ病に苦しむ人達に大きなメッセージになると思いますし、力強い存在になるでしょう。 笠井信輔の余命は? 「余命」と書くと不謹慎かもしれませんが、悪性リンパ種でステージ4の余命を調べてみました。 「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」と診断された患者が診断後の2年の間に癌の転移が見られなかった場合、余命は診断前と変わらないという研究結果があるそうです。 2年間、癌が転移せずに無病でいることができたなら、リンパ腫の死亡率よりも他の病気が要因での死亡率のほうが高くなるとのこと。 悪性のリンパ種でステージ4と聞くとどうしても、余命数ヶ月か?とイメージしてしまうのですが、今は癌治療も発達しているので「即余命何ヶ月」とはならないようですね。 しかしながら笠井信輔アナが医師から生存率が7割と宣告されていることから、今後の治療の成り行きを見守るしかないようです。 3割の生存率にかけて、治療後お2年間をなんとか無病で乗り越えてもらって、回復して同じ病に苦しむ方々に勇気を与えてあげてほしいですね。 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫とは? びまん性大細胞型B細胞リンパ腫についてわかりやすく説明されてるサイトがありましたので、リンクを張っておきます。 「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」はもっとも多くに見られる悪性のリンパ腫とのこと。 日本人の死亡率No. 1が癌であることから他人事ではないように思います。 自分がならないとは言い切れないので、日頃の生活習慣や食生活から予防に務めておきたいものですね。

次の