し せい きゅう 読み方。 2019年の読み方 「くねん」?「きゅうねん」? : ブライダル司会者 恋塚です!

生業の読み方と意味、「なりわい」と「せいぎょう」正しいのは?

し せい きゅう 読み方

逝去の使い方 先述したように、「逝去」は身内の死を伝える際には使うことはできず、「他人の死に対する尊敬語」です。 身内の死を伝える際に「逝去」を使うと、身内に対して尊敬語を使うことになるので注意しましょう。 例えば、• ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。 ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 のように使われます。 ちなみに、身内の死を伝える際には「死去」「亡くなる」「急逝」「永眠」「他界」を使うことができます。 読み間違えやすい漢字ランキング 読み間違えやすい漢字をピックアップしています。 社会人の常識として、正しい読み方を覚えておきましょう。

次の

「逝去」の読み方はせいきょ?いきょ?【使い方と意味を解説】

し せい きゅう 読み方

逝去の使い方 先述したように、「逝去」は身内の死を伝える際には使うことはできず、「他人の死に対する尊敬語」です。 身内の死を伝える際に「逝去」を使うと、身内に対して尊敬語を使うことになるので注意しましょう。 例えば、• ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。 ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 のように使われます。 ちなみに、身内の死を伝える際には「死去」「亡くなる」「急逝」「永眠」「他界」を使うことができます。 読み間違えやすい漢字ランキング 読み間違えやすい漢字をピックアップしています。 社会人の常識として、正しい読み方を覚えておきましょう。

次の

急逝の読み方と意味、「きゅうせい」と「きゅうきょ」正しいのは?

し せい きゅう 読み方

早急(そうきゅう)と早急(さっきゅう)の意味の違いと読み方 「早急」という表記は、日常でもよく目にします。 しかし、その正しい読み方となると、意外に知られていないのが実情です。 「そうきゅう」と読む人もいれば、「さっきゅう」と読む人もいますが、一体どちらが正しいのでしょうか。 今回は、「早急(そうきゅう)」と「早急(さっきゅう)」の意味や違いなどについて解説していきます。 早急(そうきゅう)とは 「早急(そうきゅう)」とは、「非常に急ぐこと、また、そのさま」という意味の言葉です。 事態がきわめて差し迫っており、急を要する様子を指します。 「至急」と言い換えることもできます。 「早急」の「早」は「すぐに」「さっさと」を表し、「急」は「差し迫っていて猶予がない」ことを表します。 「この仕事は早急に片づけて欲しい」「早急に対策を打つ必要がある」「早急な対応をお願いします」などのように使われます。 「早急」を「そうきゅう」と読むのは、比較的新しい読み方です。 「そうきゅう」はいわゆる慣用読みで、後述するように、本来は「さっきゅう」と読むのが正しいとされています。 しかし、現在は「そうきゅう」の読みが一般化していることから、どちらを使っても特に問題はありません。 「そうきゅう」も間違いとはされなくなっています。 早急(さっきゅう)とは 「早急(さっきゅう)」の意味は、上で説明した通りです。 「非常に急いでいるさま」を表します。 使い方も、上記のようなものと違いはありません。 前述のように、「さっきゅう」は「早急」の元々の読み方になります。 ただし、「早」を「さっ」と読むのは、「慣用音」にあたります。 慣用音とは、本来の漢字の音とは違うものの、昔から一般に使われてきた音のことです。 つまり、「さっきゅう」は本来の漢字の読みからは外れるものの、発音のしやすさなどで昔から使われてきた読みということになります。 現在では「そうきゅう」も一般的に使われますが、NHKでは「さっきゅう」が正しい読みとして使用しています。

次の