念書 とは。 念書の書き方と例文|書式のダウンロードと書き方は書式の王様

念書と覚書の違いは何ですか?

念書 とは

念書とは 念書は約束事を証明する書類のことで、 覚書と類似した性質を持っています。 協議した内容の覚書として、念書を書かせた相手に約束事を守らせるために作成しておくものです。 念書を書く人は、書かれた内容に責任を負い約束を果たす義務が生じます。 念書の効力について 念書には法的な強制力や拘束力はありません。 裁判の証拠書類として念書が使われることもありますが、無効とされるケースも少なくありません。 それでも、契約を交わしたという証拠にはなりますし、書き手への牽制にもなりますから作成しておいて損は無いでしょう。 誓約書・覚書・契約書との違い 念書とは、双方の合意のもとで作成されるものではなく、 当事者の一方が他方に対して差し出す書類です。 そのため、内容は念書の差出人が一方的に義務を負ったり、事実を認めたりするものになります。 ですから、印鑑は 念書を書く人だけが捺印することになります。 誓約書についても同じ意味で使われています。 一方、覚書や契約書には法的効力が生じます。 念書や誓約書は書き手のみが署名捺印するのに対し、覚書や誓約書は双方合意のうえで署名捺印して取り交わします。 法的効力なし。 法的効力あり。 念書を書く時の注意点 念書に法的効力は無いとはいえ、約束事を取り交わしたという証拠にはなります。 のちの資料として、その事象がいつ発生したのかという情報が必要になることもあります。 そのため、記入日は必ず書くようにしましょう。 一番多いのは退職時かもしれません。 在籍中に知りえた個人情報や機密情報を一切漏らさないということです。 労働契約時の念書は一般的ではありませんが、例えば労働契約を締結したにも関わらず出社をしなかった場合などは、採用にかかった費用などを賠償する旨の念書を求められるケースがあります。 また、会社の特別な教育プログラムとして海外研修や外部研修などに莫大な費用をかけて参加する場合、研修参加後1年間は退職しない旨の念書を求められることがあります。 いずれにしても念書の作成は強制できるものではなく、また拒否しているにも関わらず無理やり書かせることで逆に問題となってしまう可能性もあることを覚えておきましょう。 念書に記載しておくべきこと 念書の書き方として、定型のフォーマットが決められているわけではありません。 そのため、念書は比較的自由に作成することが可能です。 念書を作成する際、相手方の署名捺印は必要ありませんが、 念書を書く人は署名捺印をします。 また、念書の内容によっては印紙が必要になるケースもありますので注意が必要です。 例えば 借金・連帯保証・債務引受など借用書の意味を持つ念書の場合、 印紙を貼る必要があります。 印紙を貼ったからと言って法的効力に変化はありませんが、印紙税法違反とみなされます。 そのため、お金が絡む念書の場合は注意が必要です。 交通事故を詫びる念書の書き方と例 自分の不注意で交通事故を起こしてしまった場合、特に業務中であれば被害者だけでなく被害者の勤務先、また自社にも迷惑をかけることになります。 事故の内容によっては厳罰に処される可能性もあるでしょう。 二度とそのような過失を起こさないための牽制の意味も込めて、念書を書かされる場合があります。 書き方はビジネス文書の文体を取りますが、冒頭の挨拶は不要です。 日付、タイトル、宛先、差出人、差出人の印鑑、交通事故を詫びる旨の文章を書きましょう。 <文例> 私の不注意により発生しました交通事故の件につきまして、皆様に多大なご迷惑をおかけし誠に申し訳ありませんでした。 今後はこのような事態を二度と起こさないよう十分反省し、注意を払っていく所存でございます。 ここに念書をもってお詫び申し上げます。 在職中はもちろんのこと、退職後も業務上知りえたそれらの情報を漏らすことは禁じられます。 会社とはもう関係無いからと言って、小さな情報でも部外者に漏らすことは許されないのです。 そのため、退職時に念書を書かされるケースはよくあります。 記される内容は主に3点です。 顧客・従業員の個人情報• 業務上の資料・情報• 秘密情報を漏洩した場合の賠償内容 <文例> 私は、貴社を退職するにあたり、下記の事項を遵守することを制約致いたします。 業務上知りえた貴社の機密情報及び個人情報(顧客・従業員)• 業務上知りえた資料ならびに情報• 上記違反により貴社の機密情報を開示もしくは漏洩した場合、貴社が被る一切の損害を賠償することを約束致します。 念書には法的効力は無いとされていますが、書かれた念書を公証人役場へ持っていけば正式な証拠として残すことが可能です。 いざという時の証拠として使うことができますから、準備しておいて損は無いでしょう。 離婚に関する念書の書き方 婚姻の継続が難しく離婚に至る場合、一方が離婚に合意しなかったり、慰謝料や養育費などで揉めたりする場合があります。 そんな時、相手方に予め念書を書いてもらっておけば、離婚調停や裁判になった場合でも、スムーズに処理が進められる可能性があります。 配偶者の不貞や不注意で、婚姻を継続しがたい事象が起きた際に、念書を取得しておきます。 例えば、配偶者の不貞が発覚した場合に、次に同じ過ちを犯した場合には離婚することを合意し、慰謝料支払いの義務を負う旨などの念書を書いてもらいましょう。 離婚に関する念書は、 『離婚協議書』としてまとめられることが多いです。 財産分与に関する念書の書き方 離婚にあたり協議しなければならないことの1つに 財産分与があります。 財産分与とは、 婚姻中に取得した夫婦共有の財産を、精算することを言います。 共有財産には、不動産や家財道具、生命保険や預貯金などが含まれます。 例えば、持ち家のローン支払いなど、当初相手側が共同で支払うと言っていたとしても、後から覆されたら困りますね。 出て行くのだから支払わないと言われてしまうこともあるでしょう。 その場合でも予め念書を取得し公証役場で認証してもらっておけば裁判になっても証拠として提示することができます。 離婚後もローンを分割して何割の負担をする等の念書を書いてもらいましょう。 また、そこまでの準備ができなくとも念書を書いてもらっておけば契約を交わした証拠となります。 社内の念書としては、社員に強制することはできませんので注意してください。 念書には決まったフォーマットはありませんので、例文を参考に書きやすい念書を作成してみてください。

次の

念書の正しい意味と協定書・覚書との違い【例文あり】

念書 とは

念書とは 念書 ねんしょ とは、約束事を文書にした書類です。 念書は、契約書に似ていますが、契約書は約束をする当事者同士が1通づつ作成し双方が署名、押印して書面を保有するのに対し、念書は1通だけ作成し、約束を守る方だけが署名、押印します。 作成された念書は、約束を守らせる側が保有します。 保有する側には、署名や押印は必要ありませんが、文書内に氏名を記載しておかなくてはなりません。 念書がよく使われるシーンとしては、労働契約時、退職する社員に機密を守らせる時、ミスやトラブルに対する再発を防止の確認、事故や事件を起こしたとき、などがあります。 念書のフォーマット 念書には、決まったフォーマットはなく自由な形式で作成することができますが、ある程度必要な項目は抑えておかなくてはなりません。 会社によっては、状況別に念書のフォーマットが用意されていることもあります。 念書自体には、強制力や法的な拘束力はありませんが、約束をしたという客観的な事実にはなるので万が一、トラブルで裁判などになった場合には証拠としての効力を発揮します。 念書のまとめ 約束事を記載した文書 約束を守る人だけが署名、押印する 法的拘束力はない 裁判などのトラブル時に証拠になる 念書の効力 念書は約束の証拠にはなりますが、 法的に強い強制力はありません。 例えば「約束を破ったら100万円を払う」という念書を作成したとしても、約束を破ったとしても相手の口座や預貯金を差し押さえたりすることはできません。 念書が効力を持つのは裁判としての証拠です。 念書があれば確実に裁判に勝てるということではありませんが、裁判結果に大きな影響を与えることは間違いありません。 より法的な効果をもたせるには公正証書 公正証書とは、法律の専門家である公証人が、公証人法、民法などの法律に従って作成する公文書なので、念書よりも強い強制力があります。 仮に裁判になったときにも強力な証拠として使われる他、公正証書があれば相手の給与や預貯金を差し押さえることも可能です。 さらに、公正証書は仮に失くしてしまっても公証役場に原本が20年間保存されます。 念書の正しい書き方 念書には法的に決まったフォーマットというものはありませんが最低限記載しなければ内容は決まっています。 文書のタイトルは、念書の内容によって変わりますが文書がどのような内容なのかがわかればいいのであって、特に約束事の内容に影響を及ぼすものではありません。 ・約束をする人の氏名 ・約束をされる人の氏名 ・約束を行う(履行する)日付 ・対象となる場所 ・対象となる内容 ・念書を作成した日付 ・署名、捺印 契約書・覚書・同意書との違い 念書と意味が似ている言葉として、契約書、覚書、同意書などがあります。 これらの言葉はどのように違うのかを解説します。 契約書との違い 契約書と念書の大きな違いは、お互いに文書を所持し合うところです。 契約書は、お互いが決めた約束事をお互いが承認した同じ内容の書類を2通作成し、署名、捺印しお互いに所持し合います。 一方、念書は約束をする側が署名、捺印をする一方的な約束の文書にです。 文書は1通だけ作成し約束をさせる側だけが所持します。 覚書との違い 覚書は、契約を交わす前に当事者双方が合意した内容や既にある契約を補足、変更したいときに作成される書類です。 契約書などの補助的な役割をする場合が多いです。 覚書は契約書と同様に、お互いに決めた約束事をお互いで承認し、署名、捺印するので同じ権利義務が発生します。 同意書との違い 同意書は、約束かわす前に相手側が条件を出して約束事を取り決める書類です。 相手側が条件を出して約束するなんて、ずいぶん高圧的に感じますが、実際に同意書は「病院での手術前の事前同意書」クレジットカードを作成する際の「個人情報の取り扱いに関する同意書」などに使われます。

次の

念書って何?契約書や覚書とは違う?よく使う4パターンを例文つきで解説

念書 とは

契約書との違いは?覚書や念書のポイントを弁護士が解説 ビジネスの現場で取り交わされる文書としてすぐに思い浮かぶのは契約書ですが、そのほかに、 「覚書(おぼえがき)」や 「念書」といった文書が利用されることがあります。 覚書や念書は契約書とどこが異なり、どのような法的効果があるものなのでしょうか。 この記事では、 覚書、念書と契約書との違いと、覚書や念書を作成するときの注意点について説明します。 覚書とは 「覚書」は契約書の補助的な書類で、 契約書を作成する前段階で当事者の合意事項を書面として残すときや、すでに締結した契約書の内容を補足したり、変更したいときに作成されます。 「覚書」というと「〇〇契約書」というよりも柔らかい響きがあるので、「覚書は契約書よりも法的な効力が弱いものだ」あるいは「確認のためにやりとりするもので、法的な拘束力はない」と思っている方がいるかもしれません。 しかし、文書の表題が「〇〇契約書」となっているか「覚書」となっているかは法的効力とは関係がありません。 覚書に当事者間の合意事項が書面化され、当事者の署名捺印がされていれば、当事者に権利義務を生じさせるため、契約書と同様の機能を持ちます。 したがって、 当事者間でトラブルが生じたときには、当事者が合意した事項を証明する文書として契約書と同様の効力を有することになります。 契約書と覚書の違い 覚書の例 では、覚書という表題の文書はどのような場合に利用されるのでしょうか。 覚書という表題の文書が利用される一例として、 契約内容を事後的に変更するケースがあります。 この場合、次のような文書が作成されます。 覚書 株式会社Aと株式会社Bとは、平成28年4月1日付で締結した建物賃貸借契約書(以下「原契約」という。 )の一部について次のとおり覚書を交換する。 改訂事項 第1条 原契約第2条の賃料を、平成30年4月1日より、1か月あたり400,000円とする。 第2条 前条以外の事項については、原契約のとおりとする。 覚書が利用される理由 では、このような場合に契約書を一から作り直すのではなく、覚書が利用されるのはなぜでしょうか。 もし元の契約を破棄して改めて契約書を作りなおしたら、当事者は、契約書全体の内容を改めて確認しなければいけないことになります。 なぜなら、相手方から「この条項だけ変更しましたよ」と言われて契約書を提示されたとしても、 署名捺印すれば契約書全体の内容について法的拘束力が生じるからです。 後になってほかの条項が変更されていたことに気が付いたとしても、双方の当事者が署名押印した文書がある以上、「話が違う」という言い訳は通用しません。 そこで、元の契約は維持しつつ、変更事項が一目でわかる覚書が利用されるのです。 また、 「契約書」という形式をとると堅苦しく感じられるような場合には、あえて、語感が柔らかい「覚書」という表題が用いられる場合があります。 覚書を作成するときの注意点 繰り返しになりますが、「覚書」という形式をとっていようと、当事者の合意事項を記載した文書であれば契約書と同様であり、法的な効力を持ちます。 したがって、覚書を作成するときも、契約書を作成するときと同様に、 自社にとって不利な内容になっていないか、法律の規定に違反していないか、解釈に疑義が生じるような文言を使用していないか、などを慎重に吟味する必要があります。 また、契約内容の変更に覚書を利用する場合には、なぜ契約内容を変更する必要があるのか、従前の契約のどの部分が変更され、どの部分が維持されるのかなど、よく注意して検討する必要があります。 念書とは 「念書」とは、 当事者の一方が他方に対して、約束の内容を記載して差し入れる文書をいいます。 たとえば、未払いの売掛金があるときに、時効を中断させるために債務を承認する内容の念書を債務者に書いてもらうことがあります。 あるいは、無断欠勤や遅刻を繰り返す従業員に「特段の理由もなく上司への連絡を怠り、欠勤、遅刻、早退などしないことをここに誓約いたします」といった内容の念書を書いてもらうことで、従業員に心理的なプレッシャーをかけることができます。 契約書と念書の違い 念書は覚書のように双方の当事者の合意事項を明らかにした文書ではなく、 一方的に差し入れられるものですので、双方の当事者に権利義務関係を生じさせるものではありません。 もっとも、当事者間でトラブルが生じて裁判になったときには、 念書が証拠として採用され、それに基づいて事実認定がなされる場合があります。 また、「念書」という表題であっても、当事者間の合意事項が記載されており、双方の署名押印がされていれば、契約書として機能します。 念書を作成するときの注意点 念書は、 相手方に何らかの約束をさせたい場合にしばしば利用されます。 その際、念書への署名押印を相手方に強要せず、あくまで自由な意思に基づいて署名押印してもらうように注意しましょう。 相手を脅して書かせた念書を書かせたような場合には、念書が無効となるばかりか、刑法の脅迫罪や強要罪などに該当する可能性もあります。 債務承認の念書に署名押印してもらう場合には、どの契約に基づいて生じた契約なのか、債務の額がいくらなのかを明記し、署名押印した日付を忘れずに記入してもらうようにしましょう。 覚書や念書に印紙は必要? 契約書を作成したとき、以下の3つの条件を満たすときには、印紙税がかかり、印紙を貼り付けなければいけません。 印紙税法に定められた20種類の文書により証明されるべき事項(課税事項)が記載されていること• 当事者間で課税事項を証明する目的で作成された文書であること• 印紙税法に定められた非課税文書でないこと では、 覚書や念書に印紙は必要なのでしょうか。 「覚書」や「念書」という表題を用いて 元の契約書の重要な事項を変更する場合、その文書は課税文書となり、印紙が必要となります。 たとえば、請負契約において、請負契約書の代金の支払い方法を変更するような場合です。 「重要な事項」は、印紙税法基本通達別表第2の「重要な事項の一覧表」において、文書の種類ごとに例示されています。 弁護士にご相談ください このように、覚書や念書という表題の文書であっても、契約書と同様に双方の当事者に権利義務を発生させたり、トラブルが生じたときの証拠として用いられることがあります。 いざというときに思わぬ不利益を受けないためには、 契約書と同様に法律的な観点からのチェックが必要です。 たくみ法律事務所では、契約書のみならず、覚書や念書を含めた文書の作成代行やチェックを行っております。 企業からのご相談の相談料は無料ですので、どうぞお気軽にご相談ください。 たくみ法律事務所の契約書の相談・解決実績(一部) Case. 01 Case. 02 Case. 03 Case.

次の