ロストワード 絵札 お別れ。 【東方ロストワード】東方LostWord Part23

【東方ロストワールド攻略】お別れで入手できる護符・霊Pまとめ|スマホゲーム攻略隊

ロストワード 絵札 お別れ

・霊力を1 1. 5 上昇 1T• 【使い所】• ・ザコ戦の無い高難易度探索で霊力UP可能• ・霊力を1 1. 5 上昇 1T• 【使い所】• ・ザコ戦の無い高難易度探索で霊力UP可能• ・結界を1枚増加 1T• 【使い所】• ・結界を増やせて耐久の確保が可能• ・命中を1段階 2段階 UP 2T• 【使い所】• ・命中UPでトータルダメージ増加• ・命中を2段階 3段階 UP 2T• 【使い所】• ・命中UPでトータルダメージ増加 星4の「深夜の紅茶」「春ですよ~!」「幸運の兎」「ケロケロハット」と星3の「大切な商売道具」は、星5絵札でも持たない優秀な特性を持ち、ボス戦など高難易度の探索で有用なため、おわかれすべきではありません。 「深夜の紅茶」と「春ですよ~!」は、ザコ戦の無い高難易度の探索で霊力を上げるのに役立ち、「幸運の兎」は強力な攻撃に備えるための結界を増やせて耐久の確保が可能です。 「ケロケロハット」と「大切な商売道具」は、スペカ使用時に命中を1段階上げるため、回避されにくくなり、よりスペカによるダメージを与えやすくします。 ・CRI攻撃を1段階 2段階 UP 2T• 【使い所】• ・ブースト使用までの時間短縮可能• 【使い所】• ・汎用性が高く多くのキャラに装備可能• 【使い所】• ・汎用性が高く多くのキャラに装備可能• ・CRI攻撃を2段階 3段階 UP 2T• 【使い所】• ・アタック連携を発動後に大ダメージを狙える 「あたいったら最強ね」「いつもの放課後」「閑古鳥」は汎用性が高い絵札なので、おわかれはおすすめしません。 特に、無課金でプレイしたい初心者の方は、引けるガチャの回数に限りがあるので、汎用性の高い絵札を残しておきましょう。 「打ち出の小槌」はアタック連携を発動後に使用すると大ダメージを狙えます。 また、CRI攻撃を3段階UPという性能は今後登場するスキルなどとの組み合わせで化ける可能性があるので残しておきましょう。 星5絵札も「おわかれ」非推奨 星5絵札は、現時点で最高レア度であり、補正ステータスや特性効果が高いため、効果を最大限発揮できない絵札であってもおわかれ非推奨です。 基本的に星4以下絵札は「おわかれ」OK 星4以下の絵札は、基本的におわかれしても問題ありません。 強力な特性を持つ絵札や、汎用性の高い絵札のみ、おわかれせずに残しておきましょう。 絵札以外での霊力の上げ方 特定キャラのチェンジ効果で上げる チェンジで霊力を上昇できるキャラ 「パチュリー」「茨木華扇」「アリス」などは、チェンジ効果で味方の霊力を上昇可能です。 1度目のチェンジはいつでもできるため、1ターン目に使用すれば最初から火力を出せる状況を作れます。 「パチュリー」「茨木華扇」「アリス」はサポートキャラとしての運用も可能なため、所持している場合は育成しておきましょう。 攻撃によって上げる 霊力は、ショットやスペカによる攻撃でPアイテムを集めると上がります。 攻撃の中で最も霊力を上げられるのは「拡散ショット」ですが、1ターンで霊力を1以上得るのは難しいです。

次の

迷ったらこれを装備しよう!おすすめ絵札9枚紹介【東方ロストワード】

ロストワード 絵札 お別れ

extend:checked:vvvvvv:1000:512! extend:checked:vvvvvv:1000:512 東方LostWord(東方ロストワード) スレッドを立てる際に本文1行目に 『! extend:checked:vvvvvv:1000:512』 を3行になるように入れてください 先頭の! 紫が倒せない。 弱点属性(月・木)で攻撃して、フルブレイクしてからブーストスペカぶっぱ。 賽銭があまってる。 ショップの社務所で賽銭を使って、買い物ができるのでそこで使え。 オススメは封結晶と昇格素材。 施設で、霊Pや賽銭を受け取っても赤マークが消えない。 寺子屋を開放しているなら、キャラの横にあるハートをタップする。 周回しても昇格素材がおちない。 ハードの、上のステージいくほど落ちやすい?との噂。 無理してでも先に進んでから周回した方が良さげ。 星5以下の絵札はおわかれしていいの? A. 星4でも有能な絵札はあるので、自己責任で。 (例:霊力回収効率up等) Q. キャラ重ねるの課金しないとダメ…? A. 人形代という凸素材が週間課題を達成することで1つ貰える。 また、毎日課題でガチャを1回ひくことが出来るので、低確率だがキャラを引くことも可能。 リセマラは、「紫対策に月属性の攻撃ができるキャラ(パチュリー・うどんげ)」が特に推奨です。 スペカはラストワードのみ全体。 パワー連携持ち。 星を除く全属性対応。 火力も高い。 妨害式だが火力もそこそこ高い。 月属性で紫・華扇の弱点を付ける。 能力・スキル・特性で帯電付与。 スペカをブーストすることで「ブレイク弾」が追加される。 「近眼花火」は燃焼・帯電・氷結、「喪心創痍」は毒・暗闇に対応。 スペカが単体・全体攻撃。 スキル・特性が自身火力UPのため火力はトップクラス。 スペカが単体・全体攻撃。 破壊式なので純粋に火力が高い。 スキル・特性で氷結付与。 火力も高いのでステージ攻略に便利。 序盤は紫までは魔理沙のスペカだけでサクサク進む。 配布キャラなので狙う必要はないが、現状では終盤も活躍出来るため、凸も視野に入れて狙うのもあり。 紫のブレイク要員。 回復式のため火力が低い。 スペカが全体攻撃の木属性のため、紫のブレイク要員。 能力・スキル・特性で毒付与。 単体・全体スペカ持ち。 ブースト3で高い火力もでる。 スキル・特性が霊力上昇のため将来性が期待されている。 ラストワードのみ全体攻撃。 パワー連携持ち。 パワー連携持ち。 スペカ発動時に攻撃・CRIが上昇するので高い火力が出る。 拡散・集中ともに全体攻撃。 能力・スキル・特性で帯電付与可能。 火力は低い。 回復式。 火力・回復量共に低いので現状はイマイチ使い道がないとの声あり。 防御式はグレイズシステムがあるため現状では恩恵が少ない。 金属性が弱点のボスならブレイク要員。 火力は低い。

次の

【東方ロストワード】売却する絵札のおすすめ / どの絵札とお別れするべき?

ロストワード 絵札 お別れ

キャラを効率よく育成する方法 キャラを強化する方法は、• 限界突破• 覚醒 の4種類あります。 ですが全てを同時に強化するのは大変で、素材も足りなくなってきます。 そこでキャラを効率よく強くするためのポイントを消化します。 強化よりも昇格を優先するべし 素材で出来るキャラの育成は、強化と昇格二つの要素があります。 まず最初は強化よりも昇格を優先的にするようにしましょう。 昇格を優先する理由は、 スキルを覚えることが出来るから。 東ロワでクエストを攻略するのには、スキルが非常に重要になってきます。 スキルは味方の火力をアップや防御力をアップしたり、敵の動きを妨害したり出来ます。 強化と昇格するための素材は一部被っているものがあるので、 強化ばかりしていると昇格が出来なくなります。 強化するキャラは全体攻撃を覚えているのを優先 東ロワは単体攻撃が強力なキャラよりも、全体攻撃が強力なキャラを育てる方がいいです。 全体攻撃を覚えていると、ボス戦にいくまでの雑魚敵を一層しやすくなります。 全体攻撃を連打することにより、雑魚敵の攻撃を受けずにステージを進みやすくなります。 通常攻撃で強力な全体攻撃が出来る チルノや、スペルカードで強力な全体攻撃が出来る魔理沙を強化するのがオススメ。 イベントの周回がとても楽になります。 覚醒してキャラを一気に強化しよう 覚醒と限界突破をするとキャラの全ステータスを一気に上げることが出来ます。 さらに スペルカードも強化されるので、敵に与えるダメージも大きくすることが出来ます。 覚醒は限界突破と違って、素材を入手することが簡単です。 覚醒するのには割符が必要ですが、割符を入手するには絵札を売却することで入手出来ます。 限界突破は慎重に 限界突破は覚醒と同じくステータスを大幅にアップすることが出来て、• レベルの上限があがる• スペルカードが増える 限界突破はキャラを育成するのに非常に重要ですが、覚醒と違って被りのキャラを消費する必要があるため敷居が高いです。 毎週ミッションで人形代を入手しよう キャラを限界突破する方法は• 被りのキャラを重ねる• 人形代を使用する この二つの方法があります。 キャラかぶりに関してはおいのり デイリーミッションを毎日クリアすることで、1週間に1個人形代を入手することが出来ます。 そのため1か月に1体は、キャラを完凸することが可能です。 最初は満遍なくキャラを限界突破するのではなく、まずは1体だけでも完凸するのがオススメ。 そして完凸するキャラは、全体攻撃が出来るロストワードもちのキャラがいいでしょう。 毎日ログインで入手 人形代は毎日ログインをすることで、月に1回入手可能です。 封結晶と違って半月ログインすれば入手出来るので、多少ログインをし忘れても入手可能です。 信頼度を上げてステータスを強化しよう 信頼度は覚醒や限界突破並みにキャラクターのステータスを上げることが出来ます。 信頼度を上げる方法は、以下の3つの方法があります。 キャラをお気に入りに登録する• 寺子屋でハートをタップする• 探索につれていき、ステージをクリアする ただしキャラのやる気が下がっているときに、探索に連れていくと信頼度は下がるので注意。

次の