メルペイスマート払い 注意点。 メルペイスマート払い(あと払い)は便利?支払い法や手数料を解説

メルペイスマート払い(あと払い)徹底解説!【翌月までに支払えばOK】

メルペイスマート払い 注意点

はじめてのスマート払いキャンペーン キャンペーン概要• 対象:要本人確認&18歳以上• 還元:P1,000/期間(1回限り)• 1つの品で2,000円以上のものを購入が条件です。 危うく、引っかかるところでした。 キャンペーンは、ややこしくすることで統計的にひっかかる人も増えるので、よくよく細かい部分まで条件をチェック必須ですね。 ただ、梱包資材でもキャンペーン条件に合致する「資材キット」なるものが2,400円で売っています👇 「メルペイスマート払い」とは? ここから以降は、はじめてメルカリ・メルペイを導入される方向けの内容になります。 理解されている方は読み飛ばしてOKです。 メルペイスマート払いは借金払い 「メルペイスマート払い」は、かつて「メルペイあと払い」と呼ばれていたサービスで、一言で言えば、 その月毎に 借金払いができるメルペイのサービスです。 「マイクロファイナンス」(小規模金融)と言われるやつですね。 最近では、LINE PayやPayPayも同じようなサービスを実装してきてます。 手数料が儲かるのでしょう。 メルペスマート払いでは、ユーザーのメルカリ・メルペイの利用実態にあわせて 利用可能限度額が決定されます。 コンビニ精算では通常、 合計決済金額+手数料300円かかります。 しかし、 メルペイ残高(メルカリ売上・銀行チャージ・ポイント充当)でアプリ上で精算すれば手数料が無料です。 残高では ポイントも充当して払えます。 キャンペーンや招待コードで獲得したポイントのみ使えます。 ポイントで決済金額の全額が収まれば、すべてポイントで精算も可能です。 なお、2020. 1から規約変更で、メルカリ判断でメルペイスマート払いの精算に問題が生じた場合?、債権を他社に譲渡できるようになるようです。 おそらく専門の取り立て屋でしょう。 気をつけましょう。 本人確認は銀行口座登録がかんたん「対応主要銀行リスト」 本人確認で一番かんたんなのは、メルペイ残高チャージ用の銀行口座登録です。 対応している主要銀行は以下の通りです。 なお口座登録といっても、メルカリが暗証番号を保存するわけではありません。 銀行の公式サイトへ移動して、銀行のオンライン認証を経てからメルカリへのチャージの許可手続きをする形になります。 弊サイトメルカリ招待コード FTMWCX 👉 👉 初なら2,000円ぴったり購入で実質負担は500円 今回のキャンペーンで、初メルカリ&メルペイ導入する方は、 1品2,000円ぴったりのものを購入すると、実質負担は500円のみになります。 メルカリアカウント作成時に弊サイト招待コード(FTMWCX)入力で P500獲得• メルペイから 本人確認を銀行口座登録で完了する• メルペイからスマート払いを使えるようにする• メルカリで 1品で2,000円のものを メルペイスマート払いで購入• 利用の翌月10日頃にキャンペーン P1,000獲得• この機会にメルカリ・メルペイ導入する方は、ご活用ください。

次の

メルペイのコード払いをローソンで使う方法と注意点

メルペイスマート払い 注意点

メルペイスマート払い(あと払い)とは?・ 現金がなくても上限金額を限度に買うことができる ・本人確認orお支払い用の銀行口座登録が必要 ・支払いは翌月末まで ・支払いはコンビニ・銀行ATM・口座振替・メルペイ残高の4つ ・手数料は月に何回使っても300円(メルペイ残高支払いは無料) ・18歳未満は利用不可 ・18歳と19歳は上限金額が1万円(保護者の同意が必要) ・上限金額は人によって違う 上限金額ってあるの? メルペイスマート払いには「上限金額」がありますが、「メルペイ」の中にある「メルペイスマート払い」を押すと確認できます。 私の場合は2万円でした。 この場合、2万円を上限として、上限金額を選ぶことができます。 設定するためには「お店でのあと払いを設定する」ところから設定ができます。 上限金額については、100円の人もいますし、5万円の人もいます。 関連記事・ スポンサーリンク 支払い方法・手数料 メルペイスマート払いの支払い方法は4つです。 ()内は手数料です。 コンビニ(300円) 2. 銀行のATM(300円) 3. 口座振替(300円) 4. メルペイ残高(無料) 1. コンビニに払いにいく方法です。 ただ、すべてのコンビニでできるわけではなくて「セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・デイリーヤマザキ・セイコーマート」の計6つということは注意しておきましょう。 銀行のATMでも支払うことができます。 コンビニやATMは家の外にでる必要がありますが、「口座振替」の場合はスマート払い用の銀行口座を登録していれば毎月27日に自動的に引き落とされるので家を出る必要がありません。 4「メルペイ残高」が残っている場合は、アプリから支払うことができます。 1,2,3は300円の手数料がかかるのにたいし、メルペイ残高で払うと無料という点はかなり魅力的です。 (ただし、売上金や売上金から変更したポイントは使うことができないため注意が必要です) 手数料の300円は月に1回でも5回でも一律300円です。 使い方 メルカリアプリの中の「メルペイ」の右上に「支払い方法の変更」がありますので、そこを「メルペイスマート払い」に変更するだけです。 とても簡単ですね。 メルペイスマート払いの注意点 上限金額は購入のたびに変動している 「上限金額が2万円だったから、買えると思ったのに買えなかった!」なんてことがありますが、これは上限金額が変動している可能性があります。 実は、 上限金額は購入のたびに変動しているため、この前は2万円だったけど今は1万円ということがありえます。 私も1ヶ月前は5万円でしたけど、今日見たら2万円になっていました・・・。 解除できるの? さて、このメルペイスマート払いですが 一旦登録すると「解除」はできません。 登録したけど「メルペイスマート払い」は使いたくないという人は、「支払い方法の変更」で「メルペイ残高」にしておきましょう。 ちなみに手数料300円と書いてありますが、メルペイスマート払いを利用しなければ手数料は取られません。 ただ、前借りしているようなものなので、使う際は先のことをしっかり考えてから使うようにしてください。

次の

「メルペイスマート払い(旧メルペイあと払い)」後払い利用分の支払い方法・支払期限・手数料・メルカリ売上金清算・ポイント充当・定額払い

メルペイスマート払い 注意点

もくじ• メルペイの「スマート払い」とは? メルペイで新しく始まった「スマート払い」とはなにか?を解説いたします! 「スマート払い」はかつての「メルペイあと払い」を名称変更したもの 新しいサービス名称に見える「スマート払い」ですが、かつてメルペイに存在していた「メルペイあと払い」の名称がそのまま変更されただけ、と考えると分かりやすいですね。 では、そもそもの「スマート払い」とはどのようなものなのか?というと、支払いのタイミングなどはクレジットカード払いと似ていて、• その月に購入したものの金額を翌月に支払う• その支払い方法を自分で選択することができる というのが特徴となります。 メルペイ残高払い• コンビニ/ATM払い• 口座振替 の3種類から選択することができます。 ただし、2、3の支払い方法の場合、1回の支払いに手数料として300円がかかる点がネックになります。 (翌月払いせずに最初から残高払いでいいのでは?という意見も…。 ) メルペイスマート払いの設定方法 では、今現在の状態から支払い方法を確認し「メルペイスマート払い」になっているかどうか、支払い方法を変更する方法はどのようにするかを解説いたします。 メルカリのバージョンを確認する まずはメルカリのバージョンを確認することが必要です。 「スマート払い」が設定されていない場合は、こちらから本人確認などの手続きを行うことができます。 メルペイの「スマート払い」キャンペーンも同時に開催 今回、名称変更を行った「メルペイスマート支払い」ですが、 利用促進のためのキャンペーンもいくつか開催されています。 終了1ヶ月前にキャンペーン終了の告知がされる、とのこと。 ちなみにこのキャンペーン、キャンペーン開始以後に「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定をすること、が重要で、それ 以前に設定が完了されているとキャンペーンの対象とならない点に注意が必要です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は「あと払い」から「スマート払い」への名称変更を行った『メルペイスマート払い』の内容を再び詳細なご紹介をさせていただきました。 スマート払いのメリットとしては 「これがほしい!けど、今この瞬間にはお金が無い!けど、数日後にメルカリでの売上が入ってくる!」 という時に使用する価値があるものですね。

次の