ぺ ニス 増大 食事。 ペニス増大サプリおすすめランキング【最新】増大サプリの全てがわかる

ぺニス増大食事あんしん通販ed勃起小林製薬リアップ発毛テバ制約

ぺ ニス 増大 食事

この記事に書かれていること• 食べ物でペニス増大は不可能!ペニス増大の補助なら出来る! 男の人にとってはペニスの大きさって気になりますよね。 小さいよりは大きいほうがいいのはわかります。 そこで、食べ物でペニスの増大ができるかといえば、結論から言うとできません。 でも、ペニス増大の補助ができる栄養素を含む食材というものがあるんです。 ペニス増大のメカニズムと栄養素がどう作用するかを知ることによって、貴方のペニスを増大することができるかもしれません。 このページでは、ペニス増大に作用する栄養素と、それを含む食べ物をご紹介します。 ペニス増大のメカニズムと食べ物がどう作用するのか• 勃起力向上に有効な成分を食べ物で摂取• フル勃起できる状態を作り出す• その状態でチントレを行うことでペニス増大!• つまり食べ物で間接的にペニス増大の補助が出来る ペニス増大に関連する栄養素を積極的に取り入れて、血行促進、精子生成、成長ホルモンの分泌、疲労回復などをサポートします。 勃起力を高めてチントレをすることで、間接的にペニス増大をサポートすることができます。 ペニス増大を補助する6つの栄養素とは? ペニス増大を補助する栄養素は6つあります。 それぞれの栄養素がどう作用するのか詳しく説明しますね。 L-シトルリン 勃起力改善といえばシトルリン。 アミノ酸の一種であるシトルリンは、血流を良くする働きがあるので、海綿体への血流を増やすことでペニス増大につながります。 ペニス増大サプリの主成分であるL-シトルリンは、ペニス増大に関する必須成分の一つです。 L-アルギニン 精力剤によく使われているアルギニンは、下半身の巡りをよくする栄養素で、こちらもペニス増大必須成分のひとつ。 勃起力アップだけでなく血行改善や、疲労回復、免疫力アップなどの効果が期待できます。 シトルリンとセットで摂取することで、二つのアミノ酸は相乗効果により成長ホルモンの分泌を助けます。 亜鉛 細胞分裂や代謝に関与している亜鉛は、精液の生成、ED(勃起不全)にも関係があります。 亜鉛が不足することで、男性ホルモンの分泌量が低下する結果、精力低下につなってしまいます。 アリシン 強い抗菌抗カビ作用をもつ化合物のアリシンは、医学的な用途にも用いられる栄養素です。 動脈硬化に対抗するサポート、がん予防、血行改善や食欲増進、疲労回復にも効果を発揮すると言われています。 ペニスを増大させるテストステロニンの生成もするので、積極的に摂るといいですよ。 ビタミンB群 ビタミンB群は糖質・脂質・炭水化物の代謝に大きく関わっている栄養素。 ペニス増大に直接関係はありませんが、ビタミンBが不足すると、栄養素をエネルギーに変換できません。 糖質の分解をすることによって、 脳がエネルギーを得ることができ、ホルモンの生成を促します。 成長ホルモンや男性ホルモンを生成することにより男性機能の質を高めるので、精力増強に深く関係してきます。 タンパク質 タンパク質はペニスだけでなく、体中の組織を作る栄養素です。 タンパク質不足になると、ペニスの細胞を生成することもできません。 いろんな食材に含まれているので、1日に必要な量は食事だけでも割と簡単に摂取することも可能です。 ペニス増大を補助する栄養素が含まれた食べ物・食材とは 上記で紹介した栄養素がより含まれている食べ物と食材をご紹介します。 牡蠣 海のミルクと呼ばれる牡蠣は、必須アミノ酸を全て含み、タンパク質・カルシウム・亜鉛など様々な栄養素が多量に含まれています。 亜鉛も多く含まれているため、ホルモンの分泌を促し、精力増強、スタミナ向上、精子生成することより、ペニス増大に作用します。 牛肉 牛肉には亜鉛、鉄、動物性タンパク質、ビタミンB群、コレステロールなどの栄養素があります。 アルギニンも豊富に含むため、血流を良くしぺニス増大に作用。 亜鉛は精子の生成に必要、 タンパク質は細胞成長に、ビタミンB群は体の代謝を助けます。 特に赤身肉には、脂肪の多い箇所が少ないためおすすめですよ。 赤み以外だと脂肪を多く摂ってしまうので、血流が悪くなりペニス増大には逆効果になります。 レバー レバーは亜鉛が豊富で、精子の生成を助けます。 その他にもタンパク質や鉄分、ビタミン、葉酸など優れた栄養素をたくさん含みます。 また他の部位に比べて、カロリーがとても低く低脂質なので、精力増大だけでなく健康にもとても良い食材です。 ビタミンB2を摂るなら豚レバーと牛レバーがおすすめ。 亜鉛を取るなら豚レバーをたくさん食べましょう。 ニラ スタミナが付く食材として栄養価が高いニラは、ミネラルを豊富に含むので、代謝機能・疲労回復・免疫機能を高めます。 ニオイ成分の源であるアリシンが豊富なので、ビタミンB1と結合して吸収をよくし、男性機能アップに欠かせないテストステロニンの生成も助けてくれます。 ニンニク ニラだけでなくニンニクなどのネギ類も、アリシンを多く含むのでおすすめです。 ニンニクはアリシンは豊富に含むので、 精がつく食べ物の代表格。 抗酸化作用、がん予防、血栓の予防、滋養強壮効果があると言われています。 スイカ スイカには増大サプリの主成分であるシトルリンが多く含まれています。 メロンやキュウリなどのウリ科にも含まれていますが、圧倒的にスイカが多いです。 シトルリンは果肉よりも皮の部分に多く含まれているので、 食べ方を工夫する必要がありそうですね。 スイカには他にもビタミンB6も多く含まれているので、ドーパミンやセロトニンの分泌効果も期待できます。 大豆 大豆には他の豆と比べ、タンパク質が多く含まれていて、栄養があることが知られていますね。 ペニス増大に深く関係のあるアルギニンも含まれています。 しかし女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを多く含むため、男性が大豆を摂りすぎると男性ホルモンの分泌を低下させることがあります。 精力の妨げとなる疲労の回復には効果的な大豆ですが、たくさん食べるのではなくバランスのとれた食事を心がけることが必要です。 ゴーヤ スイカほどではないですが、ゴーヤにもシトルリンが含まれています。 血行改善や勃起力改善に効果が期待できるシトルリンは、積極的に取り入れたい栄養素の一つです。 ペニス増大に効く食事とおすすめレシピ3選 ペニス増大に関連する栄養素を含む食材をご紹介しました。 ここからはそれらを含むおすすめのレシピをご紹介します。 ゴーヤチャンプルー シトルリンが含まれるゴーヤをメインに使ったゴーヤチャンプルー。 ゴーヤだけでなく豆腐も入っているので、アルギニンの摂取も同時にできます。 また、卵も使うためタンパク質の摂取もできますよ。 卵黄にはビタミンやリン鉄亜鉛などのミネラルも豊富です。 まさに、ペニス増大にはもってこいのメニューですね。 レバニラ炒め 精子の生成を助ける亜鉛を多く含むレバー、代謝機能を促進するニラを炒めたもの。 レバニラなら亜鉛とアリシンが同時に摂れて、 ペニス増大にはいい食材ばかりですね。 精子の生成と、ペニス増大を同時にサポートするお料理です。 牡蠣は生でもフライでもレモンがよく合いますよね。 実はこのレモン汁に含まれるクエン酸には、亜鉛の吸収率がアップするという働きがあるので、一緒に食べることをおすすめします。 食事だけじゃない!ペニス増大を加速させる生活習慣について• 飲酒を控えてアルコールによる栄養素の浪費を防ぐ• 喫煙を控えて血流改善して勃起力向上• 筋トレやスクワットをして男性ホルモンの増やす• 睡眠時間を確保して自律神経を整える• チントレを実践してペニス増大をさせる お酒を飲むとアルコールを分解するために肝臓が働きます。 この肝臓を動かすのに、シトルリンやアルギニンなどの栄養素が使われているんです。 飲酒による栄養素の浪費を防ぐことが大切ですね。 喫煙はニコチンの影響で血液の循環を悪くするだけでなく、 様々な栄養素が取られてしまいます。 EDの危険因子にも関わっている可能性が高いともいわれています。 タバコを吸っている人はまず、禁煙してみてはいかがでしょうか。 それからスクワットなどの筋トレをすることで括約筋が鍛えられ、勃起力や持続力の向上が期待できます。 体を動かすことは代謝を良くしたり健康にもいいので、筋トレはおすすめです。 睡眠不足による精力減退もよくあることですね。 しっかり寝ることによって精力もアップしますよ。 また日常的にチントレをして、ペニスを増大させましょう!すぐに効果はでなくても、持続することが重要です。 ペニス増大の栄養素摂取にはサプリがおすすめ ペニス増大に良いとされる栄養素をご紹介しましたが、毎日スイカや牡蠣を食べるのは難しいですよね。 そんなあなたには、ペニス増大の栄養素の摂取にはサプリがおすすめです。 普段からバランスの良い食事が取れないという方や、ペニス増大に関する栄養素を積極的に取り入れたい方は是非、増大サプリランキングを見てみてください。

次の

【完全版】ペニス(ちんこ)を大きくするペニス増大方法まとめ

ぺ ニス 増大 食事

「ペニスが増大する食べ物を食べたい」「チンコが大きくなる食事ってどんなもの?」と、ペニスが大きくなる食べ物をお探しでしょうか? ペニス増大につながるという食べ物は、いろいろなサイトで紹介されていますが、実は食べるだけでペニス増大が期待できる食材というものは存在しません。 この記事は、セックスカウンセラーとして100人以上の相談に乗ってきた私が、ベニス増大に役だたせることができる食べ物と食事法についてご紹介したものです。 この記事を読めば、ペニス増大につながる食べ物と食事法が分かりますので、ぜひご覧ください。 ペニスを増大させる食べ物は見つかっていない ペニスが増大する食べ物を紹介するサイトはいくつもありますが、残念ながらペニスが増大する食べ物は見つかっていません。 下に挙げる成分で、ペニス増大につながると証明されたものはありません。 ペニス増大につながると言われる成分• L-アルギニン• L-シトルリン• ビタミンE これらは勃起力アップや精力改善に役立つとは言われているものの、ペニス増大につながるとは証明されていないのです。 これらの情報をまとめたのが下の図です。 ペニス増大につながる成分が不明であるということは、つまり、ペニス増大につながる食べ物は見つかっていないということです。 しかし、食事にこだわることでペニス増大に役立たせることはできますんので次の章をご覧ください。 ペニス増大に役立つ食べ物とは精力のつく食べ物 ペニス増大する食べ物は分かっていないものの、精力のつく食べ物や勃起力をアップできる食べ物はいくらでもあり、ペニス増大に役立たせることができます。 現在、アンドロペニスなどペニス増大器具で外部から力を加えることで実現できることは医学的にも証明されていますし、また、マッサージやオナニー・セックスで勃起させることは、ペニス増大に役立つと考えられます。 食べ物とペニス増大の関係についてまとめたのが下の図です。 勃起力改善、精力アップが期待できる食べ物は、増大マッサージやオナニー、セックスをすることで、ペニス増大に補助的に役立たせることができるというわけです。 「サプリを飲んで5cm増大しました」という嘘くさい広告が多いですが、「セックスしているうちに大きくなった」という報告は利害性も無く、信用できると思います。 「セックスとペニス増大の関係」というような医学的な証明はされていないものの、広告ではない体験談が無数にあるというのは信頼に足ると思いますが、いかがでしょうか? ペニス増大のマッサージ法に付いて詳しく知りたい方は、こちらの記事「」をご覧ください。 以上の話しをまとめたのが下の図です。 もし、本気でペニス増大に取り組みたい時は、医学的に有効なペニス増大器具を使いましょう。 コストパフォーマンスが最高で、リスクも少ないペニス増大器具こそ、私が一番おすすめする増大法です。 ペニス増大グッズについて詳しいことが知りたい方は、こちらの記事「」をご覧ください。 一目で分かるペニス増大に役立つ食べ物 ペニス増大に役立たせることができる食べ物をまとめたのが下の図です。 有効成分 効果 代表的食材 有効成分を多く含む食材 亜鉛 ・アンチエイジング ・精子形成の促進 ・ED 勃起不全 解消 ・薄毛の改善 カキ 魚介( 煮干し・ するめ・カニ) 肉(ビーフジャーキー、豚レバー) アーモンド、パルメザンチーズ、 抹茶、卵黄、 ごま アルギニン ・血行改善 ・勃起力アップ ・疲労回復 ・免疫力アップ アーモンド 大豆(落花生、 ごま、湯葉、高野豆腐) 魚介( しらす、 えび、まぐろ、かつお) 肉類( 豚ゼラチン、牛・豚・鳥の挽肉) ビタミンE ・生殖機能改善 ・更年期障害改善 ・血行促進 アボガド あゆ、いわし、 うなぎ、 モロヘイヤ、アーモンド 、 油脂(ひまわり油、菜種油など) シトルリン ・血行改善 ・冷え性改善 ・勃起力改善 スイカ メロン、冬瓜、 きゅうり、ゴーヤ等 アリシン ・血行改善 ・疲労回復 ・食欲増進 ・ガンの予防 にんにく ながねぎ、 ニラ、玉葱、 らっきょう等 ムチン ・疲労回復 ・ドライアイ予防 ・胃腸の保護 ・免疫力を高める 山芋 納豆、里芋、オクラ、モロヘイヤ、 なめこ、レンコン、明日葉、 ツバメの巣等 魚介類や肉、ネバネバ食材が勃起力アップに結びつきます。 これらの食べ物を以下の図のように、バランスの良い食事の中に取り入れてください。 成分よりもまずはバランスにこだわることが大切です。 3-1. 亜鉛をとる食事法 亜鉛を摂る上で一番おすすめなのが「セックス・ミネラル」と呼ばれるカキです。 レモンや ほうれん草一緒に食べると、ビタミンCがキレート効果で亜鉛の吸収力をアップしてくれます。 逆に、ヒジキや昆布などの 海藻類は亜鉛を排出してしまうので避けるべきです。 カキが苦手なら、 スルメや 煮干し、 アーモンドなどを食べて亜鉛を摂ると良いでしょう。 3-2. アルギニンをとる食事法 アルギニンは大豆類、肉類、魚介類に豊富に含まれています。 アルギニンを一番含んでいるのは 豚のゼラチンで、 豚の角煮がおすすめです。 豚の角煮なんてあまり食べられないという場合に食べたいのがアーモンドです。 アーモンドにはダイエット効果や便秘解消などの効果もあり、 1日 20~ 25粒程度がおすすめです。 3-3. ビタミンEをとる食事法 ビタミンEは脂溶性(水にとけにくく、油にとけやすい)のビタミンで、油を利用した料理がおすすめです。 特におすすめなのが、「食べる美容液」と女性にも人気なアボガドです。 「」にはオリーブオイルの約2. 5倍のビタミンEが含まれています。 カップル、夫婦で一緒に料理で使ってみてはいかがでしょうか? それに、食材として紹介しておきたいのがうなぎです。 うなぎは、アルギニン、ビタミンEだけでなく、ビタミンA、ビタミンB群、DHA、EPAなど、栄養価が高く精力をつける食材として有名です。 ビタミンEをピックアップしましたが、その他のビタミンもなければ意味はありません。 3-4. シトルリンをとる食事法 シトルリンは、疲労回復や健康増進、筋肉増強などに効果があり、夏ならスイカを食べたいところです。 スイカはお腹を冷やしますので、食べ過ぎには気をつけましょう。 シトルリンは、ゴーヤやきゅうりなど、ウリ科の植物に豊富に含まれていますので、ゴーヤチャンプルーのように卵と一緒に食べるのが良いですね。 卵も、精力をつける最高にコスパの良い食べ物の1つで、アミノ酸、亜鉛、セレンなど、様々な栄養をとることができます。 3-5. アリシンをとる食事法 アリシンはニンニクを刻んだり、潰したりすることでアリインが変化してできます。 食べ過ぎは禁物で、生は 1日1片、加熱したものは 2~3片が程度が適量です。 アリシンは油に強いので、チャーハンに入れたり、野菜炒めの風味付けに入れることがおすすめです。 勃起力アップにつけたいのがレバニラです。 レバーのタンパク質と亜鉛、さらに、ニラのアリシンで勃起力アップ間違いありません。 3-6. ムチンをとる食事法 ムチンは納豆や山芋など、ネバネバ食材に含まれているので、ご飯のお供にして食べてください。 朝ごはんに納豆を食べ、夜ご飯に山芋を食べるというのが私の日課でした。 ムチンは熱に弱いので、生のままで食べてください。 山芋をすりおろしてご飯に食べるのは美味しいですよね。 ウサイン・ボルト選手が山芋の仲間であるヤムイモをパワーの源と言っていますので、私達もぜひ摂りたいところです。 食べ物にこだわれない場合に飲むべきサプリ3選 ペニス増大に役立つ食材を紹介しましたが、単身者の方や、仕事に忙しい方は、なかなか食事にこだわれないと思いますので、利用したいサプリをご紹介しておきます。 ここで紹介するのは、成分量が分からず、品質も不明で、返金保証もない怪しげなペニス増大サプリではありません。 成分量が分かり、品質が保障されたサプリで、500円〜1,000円で利用できるサプリなので、ぜひチェックしてください。 プロキオン 『』は、ニンニクの精力の源とも言われるオキソアミヂンを効率的に摂取ができる精力サプリです。 アリシンも精力に有効と言われていますが。 京都大学の農学博士である小湊 潔氏が「オキソアミヂンこそ精力アップの源」であると話されています。 オキソアミヂンの有効摂取量をとるにはニンニク1つを食べなければなりませんが、このサプリなら2粒だけ飲むだけでOKなので、もちろん匂いがつくこともありません。 プロキオン公式ページ 公式サイトでは5日間のお試しパックが、980円で購入できます。 さらに、効果に納得出来ない場合は35日間の返金保証がありますので、安心して使うことができます。 このサプリは超人気サプリでありながら、5日間500円というお買い得価格で試すことができます。 クラチャイダム公式ページ 公式サイト以外だと転売品で保存状態が悪い場合があるので、販売元で購入しましょう。 「もう少し長く試したい」という方は1ヶ月5,000円でも試すことができます。 バイタルアンサー 『』は、ペニス増大に役立つと言われるアルギニン1600mg、シトルリン500mg、亜鉛20mgが含まれており、増大サプリとしてナンバーワにふさわしい存在です。 成分量が明らかなことに加え、「GMP」「有機JAS」などの品質保証規格を取得しており、安心して服用することができます。 商品到着後、20〜30日の間で全額返金を受けることができるのもポイントで、まさに「ペニス増大」サプリの頂点と言える存在です。 バイタルアンサー公式ページ バイタルアンサーは楽天やamazonでは取り扱いがないので、公式ページで購入するしかありません。 ボリュームディスカウントがありますので、ペニス増大を本気で考えている方は、3個の購入をおすすめします。 値段は他のサプリと比べて高いですが、私がチェックした中で最高のサプリです。 さいごに ペニス増大につながる食べ物について見てきましたが、いかがでしたでしょうか? ペニス増大に直接つながる栄養や成分というのは分かっていませんが、バランス良く食べること、それに、精力のつく食べ物を食べることは勃起力を改善し、ペニス増大エクササイズに役立てることができます。 当然、健康にも良いことなので、食事にこだわることは一石二鳥になりますから、ぜひ食生活を変えてみましょう。 この記事が、読者の皆さまのペニス増大にお役に立てましたら幸いです。

次の

ちんこを大きくする方法!簡単にでかくなるペニス増大サプリやトレーニングを公開!

ぺ ニス 増大 食事

[ もくじ ]• ペニス増大を促進する食べ物とは? 体の状態を変えようと思ったら、普段の食生活を見直すというのは当然だと思いますが、同様にペニス増大をさせたいなら、を大きくするために食べ物・食材はあるのでしょうか? ところが、いざスーパーへ行ってみても「ペニス増大に効く食べ物!! 」なんて売り文句はどこにも書いてありませんし、人に聞こうにも聞きづらいですよね。 そこで今回は高級食材から身近な食べ物の中でペニス増大の有効成分を多く含んでいるものをご紹介します! 【高級食材編】ペニス増大に貢献する食べ物 さて、精力増強やペニスサイズを増大させてくれるサポートとして有名な食べ物といえば、、、ぱっと思いつくものはなんでしょうか。 高麗人参、スッポン、牡蠣など有名なものは大体高級食材として扱われていますね。 では、これらの食べ物はなぜ精のつくものとされているのでしょうか? それはペニス増大に欠かせない栄養素をたくさん含んでいるからです。 牡蠣 牡蠣に含まれている亜鉛は、ペニス増大の有効成分とされています。 後ほど詳しく解説しますが、牡蠣に含まれている亜鉛は男性ホルモンであるテストステロンの分泌を活性化してくれます。 テストステロンは、 男性の精力・性欲の増強に大きく関わってきます。 高麗人参 恐らくほとんどの方が直接手に取ったことのない高麗人参ですが、名前の通り、元々は朝鮮半島に自生してきた野生種のニンジンです。 高麗人参に含まれているサポニンという成分は、 血中にある中性脂肪を抑えて血行を促進する効果があります。 血行の促進は海綿体の膨張率に必要な働きです。 生活習慣病の予防にも効果的と言われている高麗人参ですが、収穫量が少ないため古くから貴重な万能薬として知られています。 しかしながら、スッポンの具体的な効果・効能までは知らないと思いますので簡単に説明します。 スッポンを食べることで ペニス増大に重要な必須アミノ酸 イソロイシン、バリン、トリプトファン、リジン、ロイシン等 を摂取することができます。 また、アルギニンも多く含まれており、この成分は亜鉛と同様に精子の原料として重宝されています。 【身近な食材編】ペニス増大のサポート的な食べ物 これまで高級食材の中でペニス増大に役立つものを紹介してきましたが、高級食材は金銭的に手を出すことは難しいですよね....... それでは高級食材の代わりに身近な食べ物でペニス増大の有効成分を摂取することはできないのでしょうか? 例えば有効成分とされている亜鉛ですが、これは牡蠣に限らず貝類に多く含まれています。 「ちょっと牡蠣は高いので買えないけれどアサリなら買える! 」という方にオススメの食材です。 瓜類 先程紹介したスイカやメロン、ゴーヤなどの瓜類にはペニス増大の有効成分とされているシトルリンが多く含まれています。 シトルリンは血行促進には欠かせない成分ですのでペニス増大には効果的です。 シトルリンはほとんどのペニス増大サプリに含まれている成分です。 山芋 「山芋」は古くから精力増強に効くと言われていますが、一体どのような効果・効能があるのでしょうか? 山芋には血流の改善・成長ホルモンの分泌の働きをしてくれるアルギニンという成分が含まれています。 更に、抗酸化作用や疲労回復効果も期待できるビタミンも含まれているため精力増強のサポートもしてくれます。 それは、 ペニス増大の有効成分とされているアルギニンが含まれているからです。 そのため豆腐やきな粉などの大豆食品は積極的に取っていきたいですね。 大豆食品などになるとあまりお金をかけなくても、ペニス増大に必要な食べ物を手に入れられそうな気がしてきませんか? なお大豆系の食べ物と一口に言っても、加工のされ方によってアルギニンの含有量は異なります。 できるだけ含有量の多いものを探して試してみるのもいいかもしれません。 また大豆は脂肪分が少ないため、ペニス増大のために大豆を多く摂取しても、太りにくいのがいいですよね。 他にも日本の食材にはペニス増大に必要な栄養素が豊富に含まれています。 是非、一度身の回りのものを調べてみましょう。 増大の有効成分を多く含む食べ物・食材一覧 ペニス増大の有効成分を多く含む高級食材と身近で手に入れることができる食べ物をいくつか紹介しましたが、ここからはペニス増大に効果的とされている成分毎に食材を紹介したいと思います。 ペニス増大の有効成分は数十種類以上になりますが、それらの成分の中からペニス増大に多く含まれている成分を多く含まれている食材をまとめました。 シトルリン・アルギニン・亜鉛・ビタミンE等の効果・効能とそれらを多く含んでいる食材を分かりやすく記載していますので参考にしてみてください。 アルギニン 〜魚介類・大豆食品・肉類〜 アルギニンとはアミノ酸の一種です。 その中でも、体内で生成することが出来るので「非必須アミノ酸」に分類されます。 小さな子どもではアルギニンを体内で生成することができないので、年齢が小さいうちは、アルギニンは必須アミノ酸として数えられることになります。 アルギニンは一酸化窒素の生成を強力にサポートします。 一酸化窒素は環状グアノシン一リン酸(cGMP)を活性化させる効果があります。 cGMPは勃起に必要不可欠な成分なので、勃起力向上の直接働きかけます。 勃起力向上のほかにもアルギニンは様々なメリットがあります。 アルギニンは細胞増殖の促進の働きを持っています。 精子ができるためには細胞分裂が必要です。 精子の一番最初の形である精原細胞がどれだけ細胞分裂するかによって、精子の量が変わってくるのです。 精液は主にアルギニンからできており、精子の生成にもアルギニンがかかわるとなれば、男性の性の仕組みとアルギニンには大きな関連があるということが言えますね。 健康面でいうと、マクロファージと呼ばれる白血球の働きを活性化させます。 マクロファージは体内の細菌やウイルスを消化し、病気に対する免疫力を高めてくれます。 また、肌の保湿効果もあり、コラーゲンの生成も促進する効果があります。 アルギニンは、脳下垂体に作用し成長ホルモンの分泌を促進してくれます。 成長ホルモンは、体内のタンパク質合成を促し、筋肉や骨の増強、疲労回復、怪我などの回復に役立ちます。 成長ホルモンは大人になると年齢と共に分泌量が減っていきます。 ところが、アルギニンを摂取すると若い時の状態に体が近づくことから、非常に効果的とされています。 巷で噂のアンチエイジングといわれてるものです。 ホルモンを補うためには、外部から直接注入するという考えもあります。 しかし、ホルモン剤の投与は体内でホルモンを作り出す器官が衰退してしまうという問題点があります。 一方で、アルギニンを摂取して成長ホルモンの分泌を促すことは、安全であり、かつ素晴らしい結果も出ると多数の研究者が発表しています。 過剰摂取を避ければ副作用はありません。 どんな食材に入っているのか見てみましょう。 【魚介類】アルギニンを多く含む食材 アルギニンの1日の目安摂取量は2000mg~4000mgです。 まずは魚介類です。 それぞれ100gあたりの含有量も記載していきます。 かつお節 4,000mg しらす干し 2,500mg 伊勢海老 2,000mg くるま海老 2,000mg すじこ 2,000mg しまエビ 1,700mg 毛蟹 1,500mg シャコ 1,400mg クロマグロ 1,400mg はも 1,400mg きはだマグロ 1,300mg カツオ 1,300mg くろかじき 1,300mg さわら 1,300mg しろさけ 1,300mg 鰹節に多く入っていますが、100g食べるとなるとかなり大変そうですね。 時期や取れ高によって値段が変動する魚介類なので高騰しているときは目標量の摂取は難しいかもしれません。 続いて大豆類です。 【大豆類】アルギニンを多く含む食材 湯葉 4,400mg 高野豆腐 4,200mg きなこ 3,000mg 全粒大豆 3,000mg ラッカセイ 3,000mg 大豆 2,800mg ごま 2,700mg そらまめ 2,400mg アーモンド 2,100mg 大豆製品も非常にたくさんアルギニンが入っています。 特に湯葉は成分が凝縮されていて、普段の食卓にそう多く登場するものではありませんが、温泉旅行などに行って旅館の夕食時に出てきたときなどは残さず食べましょう。 日常生活の中では、毎朝豆腐の入ったお味噌汁を飲むようにするなど心がけてみるといいかもしれません。 最後に肉類を紹介します。 【肉類】アルギニンを多く含む食材 豚ゼラチン 7,900mg 鶏むね肉 1,500mg くじら 1,500mg 鶏ひき肉 1,500mg 七面鳥 1,500mg 鶏肉 1,300mg 牛ひき肉 1,300mg 鶏もも 1,300mg 豚ロース 1,300mg 鶏ひき肉 1,200mg 目を引くのはなんといっても豚ゼラチンのアルギニン量です。 食品の中で最も多く入っていて、2番目に多く入っている湯葉に圧倒的大差をつけて1位の座に君臨しています。 肉類からアルギニンを摂取するときの注意点としては高カロリーのため食べ過ぎると肥満になる恐れがあるので気を付けてください。 シトルリン 〜瓜類〜 シトルリンは厳密にはたんぱく質と結合していないため遊離アミノ酸に分類されます。 元々は医薬品成分でしたが、2007年より非医薬品になったことにより健康食品として手軽に摂取できるようになりました。 主な効用としては体内でシトルリンはアルギニンに変換されます。 その際、 一酸化窒素を生成し血流改善を行ってくれます。 一酸化窒素と聞くと、一酸化酸素中毒などマイナスなイメージをもってしまいがちな方もいると思いますが、 それは二酸化窒素です。 一酸化窒素は意外にも私達の体内に欠かせない重要なものです。 一酸化窒素はは血管の弛緩作用や発がんの機構、神経伝達・学習・記憶などにも関与していると言われています。 また、最近では集中治療の分野において NO ガス吸入療法への期待が高まっています。 シトルリンを摂取した際にアルギニンと共に生成される一酸化窒素。 ですが、体内に増えすぎてしまうと、体を酸化させ老化を進めてしまうなど不利益なこともあるため、増えすぎた一酸化窒素は体内から排出しようとします。 増えすぎてしまった一酸化窒素を優先的に運び出すために、のんびりだった血液循環を少しせかします。 これにより、血行がよくなるのです。 血液が血管を流れることはストレッチと同義と言えます。 どういうことかというと、ストレッチを習慣的にしないと体は固くなります。 それと同様に血液循環が活発になると血管は鍛えられ、しなやかになり動脈硬化などに有効です。 これによって海綿体に流れる血液量が増えて精力が増強します。 また、 血管が強くなり、筋肉繊維が太くなることで筋力増強にも有効です。 さらに、筋肉の疲労によって発生したアンモニアを尿素に変換したり、乳酸を減らすので疲労回復が見込めます。 シトルリンが体内から不足すると様々な障害をもたらします。 シトルリンは、食事などから摂取し体内で作り出せるアミノ酸の一種ですので バランスのとれた食事を心がけていれば不足することはありません。 しかし注意が必要なのは、ストレスや加齢によってシトルリンを生産する能力が低下してしまうということとコンビニや飲食店など便利なものに囲まれている現代人にとってはバランスの良い食事というのはなかなか難しいものです。 簡単にバランスの取れた食事といいますが、なかなか難しく、実際にはきちんとバランスの取れた食事をできている人は少ないものです。 つまり、シトルリン不足である人は少なくないということです。 シトルリンが不足すると、血管が硬くなり血流が悪くなります。 血管が硬くなってしまうと間を血液がうまく通過できないため、動脈硬化や心筋梗塞、EDなど血管に関する病気を引き起こす原因ともなります。 【瓜類】シトルリンを多く含む食材 1日の目安摂取量は600mgとされています。 こちらも100gあたり何g入っているか記述していきます。 スイカ 180mg ヘチマ 57mg メロン 50mg クコの実 34mg 冬瓜 38mg にがうり 16mg きゅうり 9. 6mg にんにく 3. 9mg ご覧の通りスイカが群を抜いてシトルリンが多く含まれています。 そもそもシトルリンはスイカから発見されたアミノ酸で、Citrullus(ラテン語でスイカ)から由来しているのでスイカに多く含まれているのは当然と言えば当然です。 しかし、スイカというと夏にデザートとしてたまに食卓に並ぶ程度で1年中食べ続けるには無理がありそうです。 しかしシトルリンが多く含まれる食品が全体的に少ないのがネックです。 次に多く含まれている食品はヘチマですが、ヘチマを食べる機会もかなり少ないと思います。 そこで簡単にできるヘチマ料理を紹介します。 スパムも食べやすい厚さで切る。 フライパンに油を少し入れてヘチマをに軽く火が通るまで炒める。 スパムを入れ、 だし汁をヒタヒタになるまでいれ味噌を入れる。 ネギと溶き卵を加えて軽く混ぜる 引用元: 3. 亜鉛 〜魚介類・肉類・乳製品〜 亜鉛は 生殖機能の発育・維持などに効果があるミネラル成分です。 セックスミネラルと呼ばれ精力剤に多く配合されています。 必須ミネラルの1つで、血液や髪の毛、細胞など体内の至るところに必要ですが、不足しがちなミネラルです。 亜鉛は免疫機能を高めたり、味覚を正常化したり、 精子を作ったり、育毛効果が見込めます。 体内で亜鉛を最も必要とする場所は前立腺で、 亜鉛を適量を長期摂取することで勃起不全を改善することが可能です。 亜鉛が不足すると精子の数が減少し、精巣が委縮するので生殖機能が低下します。 また、お酒が好きな方にも亜鉛は強い味方です。 アルコールを飲んでも分解されるのは、肝臓の働きがあるからです。 摂取したアルコールは1~2時間ほどで体に吸収され、肝臓で素早く分解されます。 このとき酵素の働きによりアルコールは分解され、体内に有害となる物質が水と二酸化炭素になり排泄されていきます。 アルコールの分解は酵素が正しく働く必要があります。 もしちゃんと働かなければ、アルコールより有害となるアセトアルデヒドが体内に残り、これが二日酔いの原因となります。 この酵素の働きを助けるのが亜鉛となります。 亜鉛が無ければいくらアルコールを分解する酵素が多くても、正しく働くことはできません。 二日酔いしやすい方、お酒をよく飲み肝臓機能の低下を予防したい方などは亜鉛を積極的に摂るようにしましょう。 しかし、 過剰摂取してしまうと嘔吐、下痢、頭痛、発熱、神経障害などを引き起こす恐れがあります。 【魚介類】亜鉛を多く含む食品 1日の摂取目安は12~15mgとなっています。 今回も100g当たり何g含まれているか記載します。 まずは魚介類です。 牡蠣 13. 2g たにし 6. 2mg ほや 5. 3mg 毛ガニ 3. 3mg しゃこ 3. 3mg タラバガニ 3. 2mg フカヒレ 3. 1mg イイダコ 3. 1mg 群を抜いて牡蠣に多く含まれています。 亜鉛=牡蠣というイメージが定着しているぐらいですからこれは納得だと思います。 ビタミンCは亜鉛吸収率を高めるため、牡蠣にレモンをかけるなどして一緒に摂取するといいかもしれません。 ただ、決して安くない食材ですし、好き嫌いが別れる印象があります。 他の食品で補えるのか、見てみましょう。 次は肉類です。 【肉類】亜鉛を多く含む食材 ビーフジャーキー 8. 8mg スモークレバー 8. 7mg 豚肝臓 6. 9mg 牛ひき肉 5. 2mg 牛肩肉 4. 9mg 牛肩ロース 4. 6mg 牛ヒレ肉 4. 2mg ローストビーフ 4. 1mg コンビーフ缶 4. 1mg 牛もも肉 4. 0mg 牛肝臓 3. 8mg 牛ランプ肉 3. 8mg リブロース 3. 6mg 鶏肝臓 3. 3mg いなご(佃煮) 3. 2mg 牡蠣には敵わないものの、意外にもビーフジャーキーには多く亜鉛が含まれています。 しかしここで注意していただきたいのが、ビーフジャーキーの塩分の多さです。 100g当たり1,900gと破格の塩分量となっていますので食べ過ぎには気を付けてください。 最後に乳製品です。 【乳製品】亜鉛を多く含む食材 パルメザンチーズ 7. 3mg エダムチーズ 4. 6mg チェダーチーズ 4. 0mg 脱脂粉乳 3. 9mg プロセスチーズ 3. 2mg 基本的にチーズですね。 チーズの種類によってここまで差が出るのには驚きですが、今まで紹介してきた湯葉やスイカよりは食卓に並ぶ機会も多く、コンスタントに摂取することもできそうです。 ビタミンE 〜油脂類・種実類〜 次はビタミンEです。 ビタミンEは、強力な抗酸化作用により、細胞の酸化を防ぎ、老化を遅らせる効果が期待されます。 さらに、ビタミンEは、ビタミンCと同時に摂取することで、さらに抗酸化作用が高まるらしいのです。 また、肌のターンオーバーを促進させる働きがあります。 肌の代謝を促すので、色素沈着してしまった細胞を排泄しやすくするのでシミのない肌にも近づけるようです。 ペニス増大に関係する効果としては 末梢血管を広げ、血行を良くする働きがあることから、からだの隅々まで血液を行きわたらせ、ペニス増大を促します。 ペニスが勃起する際に海綿体に血液を十分に巡らせることが必要です。 食事をする上で 血液循環をよくすることはペニス増大、勃起強化に非常に重要なことです。 ですので普段の食事から血液循環を促す食事をとるようにしましょう。 では、どんな食品に多く入っているか見てみましょう。 【油脂類】ビタミンEを多く含む食品 1日の目安摂取量は6. 5mgです。 今までと同様に100gあたりの含有量で紹介します。 まずは油脂類です。 ひまわり油 38. 7mg 綿実油 28. 3mg サフラワー(べにばな)油 27. 1mg 米ぬか油 25. 5mg とうもろこし油 17. 1mg マーガリン 15. 3mg 菜種油 15. 2mg 調合油 12. 8mg 大豆油 10. 4mg パーム油 8. 6mg オリーブ油 7. 4mg 食用油をメインに日頃の食事で知らず知らず摂取していることがありそうなビタミンEですが、油だけを飲んだりマーガリンをそのまま食べることはないので他の食品も見てましょう。 種実類で多くビタミンEを含むのは以下の食品です。 【種実類】ビタミンEを多く含む食材 アーモンド(フライ) 29. 4mg ヘーゼルナッツ(フライ) 17. 8mg ひまわりの種(フライ) 12. 0mg 落花生(いり) 10. 6mg ピーナッツバター 4. 8mg ビタミンEの代表格と言えばアーモンドです。 たった10粒で4. 1mgのビタミンEを摂取できる優れものです。 晩酌のおつまみはアーモンドで決まりですね。 最後に紹介するムチンは1日の目安摂取量が特にないので、含有量は記載せずに栄養素の特長と多く含まれる食品を紹介していきます。 ムチン 〜ネバネバ食品〜 あまり聞き覚えがない栄養素だと思いますが、ペニス増大に強い味方です。 名前の由来はmucus(粘液)を語源としているようです。 ムチンには、胃の粘膜をうるおし、保護する働きがあります。 肝臓や腎臓の機能を高める作用もあり 、細胞を活性化し、老化の防止に役立ち、消化を促す作用もあるので便秘を改善します。 また、タンパク質を無駄なく活用させる働きは、スタミナの増強に効果があります。 タンパク質を効率よく吸収することで、血や肉を多く作ることができるためペニス増大に役立ちます。 おススメの食品は ツバメの巣、エチゼンクラゲ、納豆、山芋、オクラ、なめこ、モロヘイヤ、ウナギ、ドジョウなど 名前の由来の通り粘り気の多い食品が名を連ねています。 なおムチンは熱に弱いため、熱を通した料理で摂取するのはおすすめできません。 山芋などは焼いたりせず、すりおろしたものを食べるようにしましょう。 ペニス増大サプリメントも合わせて摂取! 記事の冒頭で、ペニス増大のサポートとなる食材・食べ物があることは紹介しましたが、あくまでサポート的な立ち位置であり、 上記で紹介した食べ物をたくさん食べたからと言って、すぐにペニス増大することは難しいです。 上記の食材を日常的に食べることができたら確かに効果的だと思いますが、これまで紹介した 有効成分を多く含まれているペニス増大サプリメントを摂取することが1番の近道です。 ペニス増大サプリには、 シトルリン・アルギニン・亜鉛・ビタミンE以外には数十種類以上の有効成分が含まれているためペニス増大の効果を実感しやすくなっています。 なので、ペニス増大サプリを飲みつつ、シトルリン・アルギニン・亜鉛等が多く含まれている食材を上手く食べる方法が1番効果的かと思います。 有効成分が多く含まれているペニス増大サプリメントの体験レビューを下記の記事で紹介していますので参考にしてみてください。

次の