サブスクリプ ション の 意味。 サブスクリプションというビジネスモデルとは?ビジネスマンの「#わたしのサブスク」ご紹介

国内で使えるサブスクリプション51選 おすすめの定額制サービスまとめ

サブスクリプ ション の 意味

サブスクリプションとリースとレンタルの違い サブスクリプションとリースとレンタルの違いを分かりやすく言うと、 サブスクリプションは定額制のサービスのこと、リースは長期間の貸し出しサービスのこと、レンタルは短期間の貸し出しサービスのことです。 サブスクリプションは、一定の金額を支払うことで、契約に定められている期間中、何度でもサービスが受けられるものです。 雑誌の定期購読、インターネットの通信サービスや携帯電話のブランなどでよく見受けられる契約方法です。 最近では、飲食店や美容施設などでもサブスクリプションサービスを実施しているところが多くなってきています。 サービスを利用すればするほど金額的には得をすることが出来るような仕組みになっていることが多いです。 次に、リースという言葉を考えます。 リースというのは、長期間に渡って何かを貸し出すサービスを提供することを言います。 リース商品は、高額である場合が多く、企業対リース会社の取り引きが一般的です。 リースという言葉は歴史が古く、古代ローマ時代にまで遡ります。 本来は、船主が船を商人に貸し出していたサービスのことをリースと呼んでいました。 現代でも、その形態はあまり変わっていません。 リースの場合は、借りる側が借りたい商品を選ぶことが出来ます。 借りたいと思っている商品を指定し、それをリース会社が代わりに購入します。 借りる側は、毎月定額をリース会社に支払うことで、その商品を借り受けることが出来ます。 リースの場合は、レンタル期間が長期に渡ります。 長い契約になりますが、途中で契約を破棄することは出来ません。 借りている物品の所有権は、あくまで購入をしたリース会社にありますが、借りている側は、商品代金の全額を支払いきる必要があります。 最後にレンタルという言葉を考えます。 レンタルというのは、短い期間、何かを貸し出すサービスを提供することを言います。 レンタル商品は、高額なものから低額なものまで様々で、物ではなくスペースなどである場合もあります。 レンタルとは、レンタル会社が用意した品物を不特定多数の人が借りるサービスです。 新品を借りたい場合には、レンタルではない方が良いでしょう。 貸し出し期間は短期間であり、短いものであれば30分や1時間のレンタルなどもあります。 レンタルはリースとは違い、高額な違約金が発生することはあまりありません。 返却期間を遅延してしまった場合などに追加で料金を支払うことはありますが、あくまで不特定多数の人の間で貸し借りしあう物なので、個人の違約金ということにはなりません。 サブスクリプションの意味 サブスクリプションとは、 英語で「Subscription」と記し、日本語で言うところの「定額制」を意味しています。 サブスクリプションは雑誌などの定期購読やインターネットの通信サービスなどのことを指す言葉です。 サブスクリプションとは、日本語で言うところの「定額制」というものです。 一定の料金を支払うことで、支払った料金分のサービスを期間中に何度でも受けられるという形の契約をサブスクリプションと言います。 特に、インターネットの通信サービスや、携帯電話の料金プランに見られる契約方法です。 これらは、利用時間や通信料に関わらず、決められている一定の料金を支払うというやり方です。 決められた料金以上を支払う必要はありません。 その他にも、雑誌の定期購読などは、1年分の雑誌料金を支払っておくことで、自動的に毎月自宅に雑誌が届いたりします。 最近では、美容院の定額サービスや、レストランのディナーの定額サービス、洋服の定額サービスをはじめているところもあります。 例えば美容院の定額サービスでは、美容院の会員になり、毎月一定の金額を支払うことで、何度でも美容院のサービスを受けられます。 レストランの場合も同じように、定額を支払うことで、そのレストランでの食事を月に何度でも食べられたりします。 サブスクリプションは、その月に何回店に足を運べるのかによって、1回あたりのサービスにかかる金額が変わってきます。 月額10000円でレストランのサブスクリプションサービスを受けるとします。 前月、一か月に5回食事に行ったとすると、1度にかかっている金額は2000円です。 どんなに高い料理を食べても、定額制なので追加で料金を支払うことはありません。 しかし、当月はそのレストランに1回しか行けなかったとします。 すると、一度の食事にかかっている金額は10000円ということになります。 これも、どんなに安い料理を食べても、定額制なので10000円がかかります。 このように、サブスクリプションは、サービスを利用すればするほど、金銭的には得をするような仕組みになっていることが多いです。 サブスクリプションのサービスを受けるのにあたっては、契約を結ぶ会社の会員になったり、会員登録が必要であることがほとんどです。 また、サブスクリプションは、企業と個人が結ぶ契約であることが多いものです。 リースの意味 リースとは、 英語で「Lease」と記し、機械や設備など、比較的高額なものを長期的に貸し出すことを意味しています。 リースは自分で借りたいと希望する商品を選ぶことが出来るという利点があります。 リースとは、機械や設備などの比較的高額なものを長期的にリース会社から貸してもらうことを意味しています。 例えば、コピー機やパソコン、大型のサーバなどの電子機器、場合によっては机やロッカーなどの事務用品なども含まれます。 リースというのは、物を借りたい相手とリース会社との間の取り引きになります。 リースの場合は企業対企業という関係性で契約が交わされることの多いものです。 例えば、会社が自費で買うのには高額すぎるものなどを、リース会社から長期的に借りるという方法で導入する場合などが挙げられます。 会社の側は、リース会社に月額の形でリース料金を支払います。 長期的な契約である場合がほとんどであり、途中で契約を解除することは出来ません。 解除をする場合には、解除した時点から契約満了までの間にかかる料金を全額支払わなくてはいけない場合がほとんどです。 リースの場合、商品を借りる側はリース会社にどのような商品が借りたいのか、具体的に指定できることが多いです。 指定された商品をリース会社が代わりに購入し、それを月額制で貸し出すのがリースです。 しかし、商品を買っているのはあくまでもリース会社なので、商品の所有権はリース会社にあるということになります。 月額を支払っている会社は、あくまでも借りているという立場です。 レンタルと違って、希望する商品を具体的に指定できること、そして長期に渡って貸し出して貰えるということ、商品が新品である場合が多いことがリースの特徴です。 レンタルの意味 レンタルとは、 英語で「Rental」と記し、不特定多数の人に対して短期間に何かを貸し出すことを意味しています。 レンタルは、サブスクリプションやリースと違い、レンタル会社と不特定多数の人の間の貸し借りを指します。 レンタルとは、不特定多数の人に対して短い期間、何かの商品やサービスなどを貸し出すことを言います。 レンタルは、レンタル会社と不特定多数のサービスを受けたい人との間の貸し借りを指すものです。 例えば、DVDやCDのレンタル、自動車のレンタルなどがあります。 これは、レンタル会社が用意した商品の中から、レンタルしたい人が好きな商品を選び、短期間借りるという仕組みのサービスです。 最近では、レンタルルームや、レンタルスペース、レンタル家電などのサービスもあります。 レンタルルームやレンタルスペースというのは、例えば、1時間2000円などで借りることのできる個室や個人スペースのことを指します。 試験勉強に集中したい時や、楽器やダンスなどのお稽古事の練習、一部の企業では、会議室としてレンタルルームを利用している場合もあります。 他にも、レンタル家電などは、短期的な出張などで一時的にマンスリーマンションで暮らさなくてはならない場合などに利用されることが多いものです。 レンタルはリースと違って、商品を自分で指定することは出来ません。 レンタル会社が用意している商品の中からしか、選ぶことが出来ないものです。 また、借りたいと思っている商品を、他の人が既に借りているという場合もあります。 不特定多数の人で貸し借りをしている関係上、あまりきれいではない商品がある場合もあります。 新品を借りたい場合にはレンタルはオススメ出来ません。 サブスクリプションの例文と使い方 9.リース会社からバイクを借りて、出前サービスを始めることにした。 この言葉がよく使われる場面としては、会社で買うには高額すぎるものを月額制でリース会社から借りる時などが挙げられます。 会社側はリース会社に自分の希望する商品を具体的に指定することが出来ます。 リースはレンタルとは違い、長期間に渡る貸出がほとんどで、契約期間満了後に契約をさらに延長する場合も多くあります。 また、途中で解約することが出来ない場合が多く、解約出来る場合でも、違約金として契約満了時までに支払う予定だった残りの金額を全額支払わなくてはならない場合が多いものです。 リース契約を結ぶのは、企業対企業である場合がほとんどです。 レンタルの例文と使い方 8.最近は動画配信サービスが当たり前になり、近所のレンタルビデオ店が軒並み閉店の憂き目にあっています。 この言葉がよく使われる場面としては、短期的に必要なものを借りたいと思っている時などが挙げられます。 ただし、借りたいと思っているものが、レンタル会社にあるとは限らず、また、あったとしても他の人がすでに借りている状態であることもあります。 レンタルはリースと違って、短期間の貸し出しであり、商品も自分で指定することの出来ないものです。 レンタル会社が用意している商品の中から自分の借りたいものを選ぶという形式です。 その代わり、リース商品のように、途中解約による違約金などが発生することはありません。 返却期間を過ぎてしまった場合に、追加で料金を支払うことなどはありますが、リースのように商品購入にかかった残りの金額の全てを支払わなくてはいけないような高額なペナルティーはないことがほとんどです。

次の

【サブスクリプション】と【リース】と【レンタル】の意味の違いと使い方の例文

サブスクリプ ション の 意味

大企業も中小企業も、リカーリングを取り入れることで「継続的に収益が生み出せる」仕組みを構築できます。 従来であれば、商品を売って一度きりの収益を得るのが一般的なビジネスモデルでしたが、これからはシェアリングエコノミーや継続課金といった方法の収益モデルがオーソドックスになっていくでしょう。 勝ち組になれるビジネスを構築するためのリカーリング、その仕組みやメリットを解説します。 リカーリングとは、1つの商品を販売することで継続的な利益を生み出せるビジネスや、商品を販売せず、サービスだけを継続して利用してもらうことで利益を生み出すビジネスのことです。 最も有名なのが、プリンターで有名な「キャノン」の例です。 キャノンでは、原価に満たないほどの安価でインクジェットプリンターを販売し、専用のインクを高額で販売、 本体ではなく付属品によって継続的に安定して利益を生み出すモデルを確立しました。 インターネットビジネスでは、コンテンツへの課金もリカーリングの一つのモデルです。 新聞社や出版社では、認証システムを利用して デジタルコンテンツを月額料金で提供し、現在では多くの人が利用しています。 こういったコンテンツの課金は、継続課金だけではなく都度課金も含まれており、一つの契約で大きな利益を生み出す可能性を秘めています。 最近活発になっているのはシェアリングエコノミーによるビジネスです。 例えば カーシェアや サイクルシェアといったものが有名ですよね。 数名で1台の車をシェアするカーシェアは、都心部を中心に人気を集めています。 リカーリングはこのように、幅広いビジネス形態に対応します。 古いものでは、有料衛星テレビやケーブルテレビの設置料金からの継続課金、生命保険、映画やドラマのシリーズ物も、広い意味でのリカーリングに当たります。 媒体はソフト・ハードを問わず、ビジネス展開する業種も問わないのがリカーリングの特徴です。 ハードおよびソフトの開発や新しいIoTシステムを生み出すことができれば、中小企業でもリカーリングによって成功を収めることができるでしょう。 時代は「所有から利用へ」。 豊かな時代に生まれた子供たちが大人になった現在、物欲や所有欲は日本全体で薄れつつあります。 このようなことから、これからはリカーリングビジネスの時代だと言われています。 関連ページ: 目次• リカーリングビジネスのメリット リカーリングビジネスの 最大のメリットは「利用者がいる限り収益が続く」ことでしょう。 これまでは物やサービスが売れなければ収益が出ませんでしたが、リカーリングでは一度の契約で長期間収益を得ることができます。 顧客を取り込める コンタクトレンズを例に考えてみましょう。 以前は、長期間同じものを利用するために高いコンタクトレンズを購入していました。 現在では、毎日、毎週、毎月取り換えるタイプの新しいコンタクトレンズが主流ですよね。 4万円で購入したコンタクトレンズを10か月使用したときと、毎月5千円でコンタクトレンズを購入したとき、どのような違いが生まれるでしょうか。 10か月間の収益を見ると、高価なコンタクトレンズの場合には、売れたその時しか売り上げはカウントされません。 しかし 毎月定期購入してもらうことで、毎月一定額の収入を得ることができます。 ここにはもう一つの利点が隠れています。 それはリカーリングによって 「定期顧客になる確率が上がる」というメリットです。 高価なコンタクトを1度きりしか買わなかったとき、あなたは次も確実にそのお店でコンタクトレンズを購入すると言い切れますか?次に買う時には、もう少し安いお店を探して購入するでしょう。 もしくは、知り合いのお店を紹介されてしまったり、新しいサービスや商品に心奪われてしまうことも考えられます。 もし、コンタクトを定期購入していたら、しかもそれが「定期便」で毎月自宅に届くのであれば、わざわざ新しいお店を苦労して探す気もなくなりますよね。 リカーリングビジネスは、「より顧客ファーストなサービス」を展開し、顧客をつかんで離さないことでどんどん利益を上げていきます。 IoTであらゆるものがインターネットとつながるようになった現代では、「わざわざ手間をかけて高額の商品やサービスを購入しない」のが当たり前になってきました。 「高付加で高額」よりも、 「手間なく安価でしかも継続できる」ものが売れる時代です。 販売戦略が定めやすい リカーリングビジネスを行う上での利点はもう一つあります。 リカーリングビジネスは、顧客を一定数獲得することで顧客の購買や視聴データを活用できるようになります。 そのことでマーケティングが容易になり、データをもとに今後の販売戦略がしやすくなります。 現在の顧客はどのような層が厚いのか。 30代女性がメインであれば、さらにファッショナブルな要素をプラスするサービスを加えたり、50代男性がメインであれば体力向上に貢献できるサービスを加えたりと、具体的な販売戦略をサービス開始の早期から立てていくことができます。 リカーリングビジネスのデメリット リカーリングビジネスは、顧客数と継続率が重要となります。 ビジネスを開始した当初は、当然顧客数は0ですので、一定数の顧客を達するまでの資金力は必要です。 事前にしっかりとした資金計画を立て、余裕を持ってビジネスを展開しましょう。 そして、獲得した顧客がすぐに離脱するような状況では、顧客獲得コストを考えると収益をあげられません。 顧客の多くが利用し続けることがビジネス成立の前提となるため、提供する商品・サービスの質はごまかせません。 常に質のアップデートが必要となります。 また、リカーリングビジネスでは従来の売り切り型と比べて、顧客一人当たりの管理業務が増え煩雑化します。 顧客数増加に成功したとしても、それに比例してバックオフィスの人数も増やさなければいずれ対応できなくなり、顧客満足度の低下・解約率増加につながります。 もし人を増やせないのであれば、業務の一部をシステム化・自動化する必要が出てきます。 まとめ リカーリングビジネスは、従来の売り切り型に比べて多くのメリットがあり、顧客数増加・収益向上を見込めます。 そのためには、新規顧客獲得よりも 既存顧客維持に力を入れるべきです。 ただ、顧客維持に成功すると煩雑な管理業務が増えることにもなります。 ビジネス拡大に合わせたバックオフィス効率化をおこないましょう。 ROBOT PAYMENTが提供する 「請求管理ロボ」は、請求書発行・集金・入金消込・催促といった 請求業務の自動化・一元管理を可能にします。 リカーリング・サブスクリプションに対応しており、幅広い業種のリカーリングビジネス・サブスクリプション事業への導入実績があります。 以下のサブスクリプション事業への導入事例を参考にしてみてください。 請求管理ロボでリカーリングビジネス特有の煩雑な業務を自動化し、顧客維持に向けたアクションにリソースを割いてみてはいかがでしょうか。

次の

サブスクと経費

サブスクリプ ション の 意味

この記事の内容• サブスクリプションビジネスとは? サブスクリプションビジネスとは、売り切りではなく、サービスや製品を利用した期間や利用量に対して対価を支払う課金提供型のビジネスです。 今まではサービスや製品を一回ごとに売り切るビジネスモデルが中心でした。 売り切りのビジネスでは単発の売上は発生するものの、継続的な売上に繋げるには営業努力が必要です。 そこで近年注目され、シェアを広げているのがサブスクリプションのビジネスモデルです。 例えば、今まではExcelやWordなどのofficeシリーズを売り切りにしていたMicrosoftが、サブスクリプション型で提供を始めました。 また、Adobeも売り切り型からサブスクリプション型ビジネスへとシフトしました。 最近では、スマートフォンやパソコンからの動画見放題・音楽聴き放題・マンガ読み放題などのデジタルサービスだけでなく、カーシェアなどの非デジタルサービスの領域でもサブスクリプションビジネスが広がってきています。 サブスクリプションビジネスが拡大している背景には、消費者が「所有すること」「購入すること」よりも「使いやすいこと」「共有すること」にメリットを感じるようになってきたことが挙げられます。 従来、初期費用で膨大な費用がかかるサービスでもサブスクリプションビジネスなら手軽に始めることができるよことも拡大している理由の一つです。 このような消費者の購買行動の変化、スマートフォンやインターネットの普及・進歩、そして企業にとって顧客との継続的な関係構築が必要であることなどが背景となり、サブスクリプションビジネスが一気に加速しているのです。 SaaS市場の伸び SaaS(Software as a Service/サース)は、クラウド上で利用できるソフトウェアサービスで、サブスクリプション方式により提供されているものです。 例えば、今までは企業では業務用のソフトウェアを購入して利用していましたが、SaaSを利用することで、自社に合った内容のサービスを自社に合ったプランで利用することができるようになりました。 2018年は日経新聞でも「SaaS元年」と言われるほど、加速度的に成長している分野です。 富士キメラ総研によると、国内SaaS市場は2022年には6,412億円になると言われており、これは2017年の約7割増にもなります。 これほどまでに伸びると予想されているSaaS市場は、SaaSへの対応が遅れがちな大手IT企業に対してスタートアップ企業がけん引しています。 米国の大手IT企業が提供しているソフトウェアの開発基盤を使うことで、スタートアップでもリソースをかけずにソフトを開発できるようになったためです。 また、一旦使い始めると継続して利用されやすいSaaSは将来的な時価総額が予想できるので、投資家からの資金調達もしやすいことが、スタートアップの成長を支えています。 サブスクリプションビジネスの種類 スマートフォンやタブレットなどのデジタルデバイスの普及により働き方が多様になっていることと、働き方改革により業務効率化が提唱されていることで、ビジネスでもSaaSツールを活用する傾向が強くなってきています。 今や、サブスクリプション管理のSaaSは、ビジネスでもプライベートでも、私たちの生活には欠かせないツールとなっているのです。 BtoC SaaS スマートフォンの普及により、通勤中や休憩中などの時間つぶしにアプリを利用する人口が増え、それに伴ってサブスクリプション方式のサービスも増加してきました。 動画配信サービス、音楽配信サービス、マンガ配信サービスなど、さまざまな分野に渡っています。 2018年にYouTubeがサブスクリプション型をスタートさせましたし、マネーフォワードの有料会員数は16万人を超えるなど、BtoC向けSaaSは広がりを見せています。 BtoB SaaS 労働生産性の向上のために業務の効率化がすすめられている現代では、業界や職種に特化したSaaSを導入する企業が増えてきています。 なんと、スマートキャンプによると、平均して一社あたり23ものSaaSを利用しているのだとか! そんな、企業の業務を支えるBtoB向けのSaaSには、2種類のものがあります。 SaaSビジネスで使われる用語 BtoB向けのSaaSビジネス・サブスクリプションビジネスでよく使われているビジネス用語や指標があるので、ご紹介します。 SFAツールSensesの詳細についてはをどうぞ サブスクリプションビジネス成功のポイント 毎月安定した収益が望めるなどの理由から自社の製品・サービスでサブスクリプションモデルを採用しようと検討している企業も少なくないでしょう。 しかしながら、サブスクリプションモデルは顧客が満足するサービスでなければすぐに解約できるというリスクがあります。 そのため、解約されないように顧客満足度を高めていくことが必要なのです。 LTVは顧客生涯価値と和訳されており、ただ契約をとるだけではなく、その後の関係構築などにもフォーカスした指標です。 BtoB商材を扱う会社ではLTVを向上させるために、顧客を成功に導くことを目的とする「カスタマーサクセス」を設置する企業が多いです。 どこの企業も何かしらの課題があってそのサービスを導入しますが、導入しても課題解決に繋がらなければ解約してしまいますよね。 それを防ぐのがカスタマーサクセスです。 契約・導入をして終了ではなく、顧客に寄り添って成功体験をプランニングすることによって利用継続に繋げるのです。 また、カスタマーサクセスでヒアリングした内容や気づいたポイントなどを開発チームにフィードバックすることで、製品・サービスもブラッシュアップされ、顧客満足度の更なる向上にも繋がります。 営業支援ツールの案件ボード 以下の記事はカスタマーサクセスについて書かれた記事なので参考にしてみてください。 KPI設計 サブスクリプションビジネスを運用していく上でのKPIは、二つの指標で設定しましょう。 ・継続率 サブスクリプションビジネスでは、新規顧客の獲得だけでなく、既存の顧客の解約を防ぐ=継続してもらうことが売上アップのカギ。 そして、その継続率を上げていくことも大事です。 具体的な例を見てみましょう。 ・アップセル、クロスセル 継続率だけでなく、アップセル・クロスセルもサブスクリプションビジネスの売上アップには欠かせないものです。 満足度の高い顧客は上位プランへのアップセルやクロスセルをする傾向が強いため、アップセル・クロスセルの成約数は顧客満足度の表れとも言えるでしょう。 ・NPS 比較的新しい概念であるNPS。 NPS ネットプロモータースコア とは、「顧客ロイヤルティ、顧客の継続利用意向を知るための指標 引用:Wikipedia 」とされています。 定期的にこのスコアを計測することで顧客の満足度を測れるだけでなく、 解約リスクのある顧客を見つけることができます。 以下の記事も是非参考に。 終わりに BtoC、BtoBともにサブスクリプションビジネスが台頭している現代。 企業の成長のためには、サブスクリプションビジネスを採用することも一つの戦略ではないでしょうか。 継続してもらうことは一見難しいようにも感じますが、自身がサービス利用者の立場となって考えることで答えが導けるはずです。 カスタマーサクセスを実現するためのツールも展開されているので、うまく活用しながら体制構築をして成功に繋げてくださいね!.

次の