ヤフー 買収。 ヤフーによる買収の歴史を振り返る-過去に100億円以上を投じた企業は?

ヤフー、TOBでZOZOを子会社化へ :日本経済新聞

ヤフー 買収

ついに確定した。 ずっと話題になっていたベライゾンによる米ヤフーの50億ドル(約5100億円)での買収だ。 ヤフーも買収したことで、ベライゾンはアクセスプロバイダーという垣根を越えようとしている。 ほかのメディアにもプロダクトを売り、GoogleとFacebookによる広告独占状態に立ち向かう姿勢だ。 この買収によってメリットを受ける側とデメリットを受ける側、勝者と敗者をまとめたい。 2015年にベライゾンがAOLを44億ドル(約4500億円)で買収し、そして今回ヤフーを買収したのも、2社が擁するデータと広告ビジネスを手に入れるためだ。 これによってベライゾンはオンライン広告市場でGoogleとFacebookに(はるかに離れてはいるものの)3位の座についたことになる。 Advertisement ピボタルリサーチ(Pivotal Research)のブライアン・ウィーザー氏によるとベライゾンは、これによって推定80億から90億ドル(約8200億〜9200億円)のオンライン広告をプロダクトとして保有することになるという。 米ヤフーを買収したことで、減少傾向にあるものの、まだまだ重要な検索広告の分野でも、ベライゾンは収穫を得ることになる。 米ヤフーにおけるこの分野での収益は、14億ドル(約1400億円)ほどだ。 広告主:ベライゾンは、AOLの買収を通してすでに、エンドツーエンドのアドテックスタックを所有している。 しかし、今回の買収は広告主にとっても、いくつかの点でさらなる改善を意味している。 「クロスデバイスのユーザーに取り組んできた経験、しかも彼らほどの幅広さを持って取り組んできたことは、非常に大きなポイントだ」と、グッドウェイグループ(Goodway Group)のCOOであるジェイ・フリードマンは言った。 「これによって彼らのユーザーリーチをさらに拡大できるようになる」。 また、今回の買収によって、AOLが提供するファーストパーティデータも改善されるだろう。 というのも、米ヤフーは買収したアドテック企業ブライトロール(BrightRoll)内でデータがすぐに使える状態に進歩してきたからだ。 「(私自身も)検索分野出身だから、ブライトロールにおける検索データに関して、ここ最近起きてきたことはすごく励ましになっている。 ヤフーの検索シェアは小さいが、それでもほかのDSPがファーストパーティデータとしては保有していない強力な(ユーザーの)意図を探るシグナルであることに変わりない」と、メディアキッチン(The Media Kitchen)のプログラマティックメディアのディレクターであるアンドリュー・サンドヴァル氏は語る。 ティム・アームストロング氏:AOLと米ヤフーがあわさったあとは、AOLのトップであるアームストロング氏が率いることが予想されている。 米ヤフーのリーダーたちはここまで、会社を立て直すことに失敗してきており、FacebookとGoolgeに負け続けている。 しかし、ここで状況を好転させることができれば、アームストロング氏はまるでヒーローのように称賛されるだろう。 損失を切り落とし、前進する彼の能力は、すでに経歴が証明している。 彼はAOLのローカルニュースネットワークであるパッチ(Patch)を苦境から立て直した。 また、米ヤフーを巡る環境も大きく変わる。 ひとつの独立した会社として、投資家たちの厳しい注目のもとにさらされていた以前とは違い、さらに巨大な企業の一部として運営することになる。 またアームストロング氏は広告バイヤーのあいだでも人気がある。 それはAOLのビデオとプログラマティックのビジネスで彼が築いてきたものだ。 「費用をしっかり削ること、かつウォールストリートにペコペコしないこと、こういった、これまでのCEOが擁していなかった能力をアームストロングは擁している。 以前であれば、投資家が質問を浴びせていただろう」と語るのは、グッドウェイグループのジェイ・フリードマン氏だ。 ほかのインターネット企業:ベライゾンがこの取引をどれくらい上手くこなすかによって、Google、Facebook、Twitterといった、ほかの会社にもメリットが生まれることになる。 今回の買収取引は、2017年の第一四半期までは完了しないと見られている。 これはかなり長い時間だ。 この期間中に彼らのセールス担当者たちが集中力を失い、他社に職を求めはじめるということがありえる。 その場合は、ほかのインターネット企業にとって、この機会に乗じてセールスの人材を確保し、自分たちのセールス力を増強する良いチャンスとなるだろう。 「ベライゾンがこれらの問題を適切にマネージメントしなければ、ほかの競合、全員にチャンスが訪れることになる」と、ウィーザー氏は言った。 賛否両論はあったかもしれないが、米ヤフーには個性があったし、またそれ自身がディスプレイ広告ビジネスの主なクリエーターであった。 しかし、米ヤフーは、古い遺跡のような存在になってしまった。 検索とソーシャルプラットフォームによってポータルサイトが取って代わられた時代のポータルサイトであったし、ネイティブとビデオがデジタル広告産業を席巻する時代のバナー広告であった。 まだ面白いコンテンツ資源は持ってはいるものの、大部分が薄れ消え去ってしまったブランドとなってしまったことは否めない。 それが、さらにベライゾンという大きな企業の一部分である、AOLの一部分となるのだ。 かつて世界中で知られていた形の米ヤフーというのは、あらゆる意味で死んでしまったと言える。 米ヤフーの従業員:かつてインターネット業界の雄であった米ヤフーは、いまやデジタル広告のエコシステムのなかでGoogleとFacebookに負けてしまっている。 ベライゾンの傘下で、AOLと合併することが予期されており、すでに確立した広告セールスの基盤があることから、おそらくベライゾンはコスト削減による効率化を探るだろう。 あるアナリストの推測によると米ヤフーが抱える9000人の従業員の40%が削減されるという。 「米ヤフーの中核ビジネスを成長する状態に戻すことと、そのビジネスからコスト削減することが、ベライゾンが直面する主な課題となるだろう」と、ウィーザー氏はリサーチ報告のなかで指摘した。 不確定要素として大きいのは米ヤフーの元で価値が急落しているブログプラットフォームのTumblrだ。 しかしマリッサ・メイヤー氏のもとでは十分ではなかったセールスの専門知識をこの買収によって得ることができるだろう。 ビジネスインサイダーの米ヤフー観測・分析担当であるニコラス・カールソン氏が、米DIGIDAYのポッドキャストで述べたのは、米ヤフーはもはや成長期ではないが、コスト削減によって収穫できる収益が、まだ存在するステージであるということだ。 彼はアームストロング氏を指して「最適化をする人だ」と形容する。 「彼は米ヤフーの強みに集中して、収益を吸いあげるということをすると思う」。 米ヤフーの広告プロダクト:米ヤフーのポートフォリオにはネイティブ広告のプロダクトであるジェミナイ(Gemini)と、ビデオ広告プラットフォームであるブライトロールがある。 これらは低品質な在庫しか提供できていないと批判されてきた。 eマーケターアナリストであるポール・ヴァーナ氏は「アドテック分野に重複しているものがある」と指摘する。 「当時は(AOLが買収された時は)AOLはベライゾンと良い組み合わせだと思った。 というのも華やかではないけれども良いアドテック技術とコンテンツ専門知識をベライゾンが手に入れることになったからだ。 今回は同じような物をまた買収している形だ。 なので彼らが払っている金額に見合った、素晴らしい価値が存在しているかどうかは明らかではない」。

次の

Yahoo!

ヤフー 買収

見解が非常に参考になります。 ホリエモンの主張を簡単にまとめてみました。 LINEは親会社が韓国のNAVER社であり買収されやすい状況だった• LINEは日本国内においてはシェアトップだが、グローバルでは負けている• ヤフーはスマホ革命時に乗り遅れた• ヤフーはメルカリに中古品売買のシェアに負けた• グローバル競争に勝ちたいLINEと資本力のあるヤフー(ソフトバンク)の思惑が一致した 管理人的にも今回の買収は高いシナジー効果が見込まれる良い買収になると思います。 LINEのメリットは• ソフトバンクグループの資本力を武器にグローバルにうってでることができる ヤフー(ソフトバンクグループ)のメリットは• ソフトバンクグループが攻勢を強めていることがわかります。 ホリエモンは次なる買収先はメルカリと予想!メルカリを買収する可能性は? ホリエモンは次なる買収先は メルカリの可能性があるということを動画で述べていました。 これについてホリエモンは次のとおり述べています。 ZOZOと同じように創業者が株を多く保有しているので、買収しやすい• ECサイトで高いシェアを誇るメルカリを買収することで、国内のECサイトの覇権を握れる また管理人の意見について述べさせていただきますと ヤフーがメルカリを買収する可能性は大いにあるとみています。 メルカリについては以前の記事で分析しましたので、こちらの記事も参考にしてみてください。 メルカリがヤフーに買収される可能性が高い理由はホリエモンの主張に加えて下記の3つ• メルカリはアメリカ事業で苦戦しており、シェア拡大のための資本力が不足している• ソフトバンクグループはメルペイとメルカリ事業がほしい• メルカリの状況がLINEやZOZOと似ている 順番に見ていきましょう。 メルカリはアメリカ事業で苦戦中 メルカリはアメリカ事業で苦戦中です。 正確には• ユーザー数は伸びているものの、収益化ができていない状況• アメリカの人口や国力と比較するとまだまだ伸びが弱い という状況です。 以前の記事でも述べていますが、はっきり言って有力IT企業がひしめくアメリカでメルカリがシェアを握ろうと思ったら相当大変です。 メルカリはアメリカ事業に力を入れていますが、ユーザー数の伸びはアメリカの規模からいくとまだまだです。 収益化も見通しがたっておらず、厳しい状況となっています。 そのためメルカリのアメリカ事業における課題は2つ• アメリカのシェアを拡大できるだけの資金力が必要• IT人材の確保が必要 強大な資金力があり、アメリカでのIT企業や人材を確保しているソフトバンクグループはまさにメルカリのアメリカ事業の弱点を担う存在です。 成長性という観点でみるとメルカリにとって大きなメリットがあるということがわかります。 ソフトバンクグループはメルペイとメルカリがほしい ソフトバンクグループはメルペイとメルカリがほしいと思われます。 理由は• ZOZOの買収で分かる通りECサイトで覇権を握りたい• まさしく両方の事業を持っているメルカリというのはソフトバンクグループがほしいものと一致します。 メルカリの時価総額も3,300億円程度(2019. 14現在)なので、買いやすい金額ですね。 メルカリの状況がLINEとZOZOと似ている メルカリの状況がLINEとZOZOと似ているのも買収されやすい理由の一つです。 具体的に見ていきましょう。 ECサイトで中古品の売買においてはトップシェアを誇る(ZOZOと似ている)• 創業者が多くの株式を保有している ZOZOと似ている• メルペイというQRコード決済に力を入れている LINEに似ている)• 本体が赤字で収益化が苦しい状況 LINEに似ている)• 海外(アメリカ)でのシェアを拡大したい LINEに似ている) メルカリが置かれている状況はZOZOやLINEと非常に似ているのがわかりますね。 つまりもしヤフーがメルカリを買収した場合、メルカリにとっては• アメリカでのシェアをソフトバンクの資本力やグループ力を活用して伸ばすことができる• ソフトバンクグループの投資先のアメリカの優秀のIT人材を活用できる というメリットがあり、ソフトバンクグループにとっては• 国内のECサイトにおいては敵なしのダントツのシェアとなる• というわけで管理人はメルカリの株を200万円ほど買い込みました。 吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、こういう楽しみ方が株式投資の醍醐味といえますね。 楽天は焦らなければいけない! またこの状況で焦らなければいけないのは楽天でしょう。 ZOZOとLINEがソフトバンクグループに買収され、さらにメルカリまでソフトバンクグループに買収されたとなると楽天はとても太刀打ちできません。 実際に楽天の株価はLINEの買収が発表され、大きく下落しました。 下記は2019年11月14日の終値です。 前日比-57円 -5. 楽天は黙っているとシェアが下がる一方なので、何か対策を練る必要がありそうです。 対策できなければ、株価は下がる可能性が高いです。 逆に楽天がメルカリを買収して、ソフトバンクグループに対抗してみても面白そうですが、メルカリ側のメリットが薄いので、実現はしなさそうですかね。 ソフトバンクグループ頑張れ!GAFAに負けるな!今後の株価予想 今回のソフトバンクグループの買収報道で完全に ソフトバンクグループは面白い!という感想をいだきました。 ハッキリ言って日本のIT企業はアメリカに大きく差が離れています。 GAFA google,amazon,facebook,apple によって有力のIT企業が次々と買収されており、もはやGAFAが本気になれば、日本企業を蹂躙するのは簡単でしょう。 事実上ソフトバンクグループはいまだGAFAの眼中にすら入ってはいないレベルかと思いますが、日本がいつかGAFAに対抗できるような企業がでることを切に願っています。 なので、ソフトバンクグループの株価は上昇を予想します。 論理的にシナジー効果が生まれる可能性が高い買収を仕掛けているので、今後の利益水準も上がってくることを予想します。 LINEも株価の上昇を予想します。 期待が先行しているので、短期的には下がる可能性が高いですが、長期的にみると上昇していく可能性は十分あるかと思います。 ただ、今後は値動きが激しくなる可能性があるので、投資初心者にはあまり向かない銘柄です。

次の

ヤフー、ZOZOを買収へ-前沢氏退任「ワンマン経営変わる」

ヤフー 買収

資金調達に走るソフトバンク ここにきてソフトバンクが資金調達に走っています。 ここ最近、ソフトバンクの資金調達関係で出たニュースは以下の通り。 ・アリババ株を約8,700億円売却 ・ ・個人向け社債を数千億円規模で発行検討 個人向け社債の発行は、ある意味では年中行事の感がありますが、アリババ株の売却で約8,700億円の資金を手にしたソフトバンク、手にしたお金を何に使うのか?、と思ってしまうのが当然。 借金10兆円オーバーで借金大王のソフトバンクですが、その資金を銀行返済に充てたらソフトバンクじゃありません。 その集めた資金何に使うのか? ヤフージャパンの株が売却に出ている 業績が低迷中のアメリカヤフー(米ヤフー)。 一方、一時の急成長が衰えたとはいえ高収益会社のヤフージャパン(日本ヤフー)。 昨年、米ヤフーは会社立て直しのために日本ヤフーの株を売却する、と報じられていますが、いよいよその手続きが進み始めています。 4月に1次入札が行われて、2次入札が6月6日の見込み。 米ヤフーの日本ヤフーの持ち分の時価総額は約1兆円で、ソフトバンクの資金調達金額規模に近いので、ソフトバンクが日本ヤフーの買収を行うのでは?、と言われています。 尚、日本ヤフーの売却先で名前が出ているのは米大手通信会社のベライゾン・コミュニケーション。 また楽天も1次入札に参加しているようです。 (ロイター) この入札にはソフトバンクは参加していない模様。 では、真打ちは登場しないまま粛々と入札は進んでいくのか?それじゃ面白くありません。 攻めの意味ではソフトバンクがヤフージャパンを完全買収するメリットは少ない ヤフージャパンの現在の株主構成は、ソフトバンク約43%・米ヤフー約35%、という状態。 実質的にヤフージャパンはソフトバンクの子会社となっています。 ソフトバンクが既に実質的に子会社としているヤフージャパンを、これ以上のお金を使って完全買収する意味があるかと言えば、実は攻めの意味ではあまりありません。 確かに米ヤフーの持っている約35%の株が他社のモノになると厄介ではありますが、それがなければ現状維持で十分。 まぁ、米ヤフーの持ってるヤフージャパンの株を他社に取られないようにする、というのはヤフージャパンのビジネスを考えれば至極当然の方向ですが、少なくとも前向きな投資ではありません。 ヤフージャパンはヤフーブランドを利用できるのが日本国内に限られており、現在のソフトバンクグループの戦略=海外進出重視から考えると、完全に手足を縛られています。 ヤフージャパンにとって海外進出は悲願ですが、正直現状のままでは厳しい状態。 (過去から色々と交渉しているようですが、いい話は聞こえてきません) 仮にソフトバンクがヤフージャパンを完全買収したとして、それで海外進出OK、というお墨付きがなければホント単なる防御目的の後ろ向きの投資です。 (海外進出のお墨付きがもらえるなら、完全買収もあり、とは思いますが) そんな投資を、投資上手のソフトバンクの孫社長がするとは思えないんですよ、正直。 米ヤフーを買ってしまえば問題解決 ヤフージャパンの株の約35%を米ヤフーが持っていて、米ヤフーが全く別の会社だから話がややこしくなってる訳ですが、一番簡単な解決方法があります。 簡単に言うよなぁ、という感じではありますが、ソフトバンクが米ヤフーというかヤフーのご本尊を買収してしまえば、全ての問題は解決。 ヤフージャパンの株式売却に煩わされることもなくなりますし、ヤフージャパンの海外展開だって思いのまま。 米ヤフーの時価総額は34,814百万ドル(約3. 8兆円)、2兆円あれば子会社化が可能 試みに米ヤフーの時価総額を見てみます。 米ヤフーの時価総額は34,814百万ドル(約3. 8兆円)。 衰えたりとは言え、まだ時価総額3兆円オーバーの企業。 ヤフージャパンの株の約35%を取得するのに約1兆円、米ヤフーの経営権を握るのに約2兆円。 果たしてどちらがよりお得な買い物になるのか??? こう考えると、後ろ向きの投資に1兆円使ってヤフージャパンの株を買い取るより、2兆円使って親会社(米ヤフー)を買ってしまえ、と思うのは、多少なりとも山っ気があれば至極当然の流れと思いますが、さてどんなものでしょうか。 実際2兆円では米ヤフーの子会社化は困難だが・・・ いざソフトバンクが米ヤフーを買収しようとしても、多分2兆円では足りません。 仮にTOB(株式公開買い付け)をかけるとしても、今の米ヤフーの株価にプレミアを付けて・・・、となってくるので3兆円、下手すると4兆円くらいかかってきます。 そこは資本市場の本場アメリカ、TOB合戦ということになって思わぬ展開になることだってありえます。 ただし投資ファンドと違って、実ビジネスを展開しているソフトバンク、特に既にヤフージャパンを展開しているソフトバンクとすれば、価格はさておき米ヤフーの買収を果たすことができれば、ヤフーのブランドを利用して自由にビジネスを展開することができます。 よって仮に買収価格が上がっても、商売で十分ペイすると考えるのであれば、ソフトバンクとしては米ヤフーを買収するメリットは充分あります。 ボーダフォン(日本法人)を買収した時も、スプリントを買収した時も、ソフトバンクはこんな高値でよく買うなぁ、と言われたものですが、全部が全部成功とは言わずとも、チャンと実績を出してきたのがソフトバンクの孫社長でもあります。 ソフトバンクは投資会社の顔をした事業会社か、事業会社の顔をした投資会社か、ここは議論が分かれますが、ちゃんとビジネスを展開して実績を出している、という部分が単なる投資会社とは一線を画している部分。 勝手な想像ですが、ソフトバンクが米ヤフーにTOBをかけるという事態になると、非常に面白いことになりますが、さてどうなりますか。 まとめ 資金調達を開始したということは、ソフトバンクが何かしら動きを始めてもおかしくはありません。 米ヤフーからヤフージャパンを買うのか?、と各方面で言われていますが、正直面白くない、というのが管理人の第一印象。 そんな買収、ソフトバンクの孫さんはやらんでしょー。 で、想像力を膨らますと、米ヤフーを買ってしまえば話が一番早いし何より面白い、と思い上記を書いてみました。 ま、勝手な想像です。 けどねソフトバンク孫社長のこれまでの投資行動見ていると、えーこんな投資するの?、と驚かせて結果を出してきた歴史なので、今回調達した資金を使うのであれば、凡人が思いもよらない発表があるかもしれません。 果たして調達した資金、ソフトバンクはどんな投資に使うのか?今後のソフトバンクの発表に注目です。 PS 米ヤフーは主要事業を米通信大手のベライゾン・コミュニケーションズに売却と発表しました.

次の