線画 イラスト。 GIMP

【クリスタ】ペン入れのコツとおすすめの筆設定【線画】

線画 イラスト

イラストの見栄えを良くしたい。 すぐに上達するのは難しいけど、手っ取り早いクオリティを上げたい。 というあなたにお伝えします。 イラスト歴1年、まだまだ練習中の私です。 ですが、 絵をうまく見せる小ネタはたくさん覚えました、笑 その一つがこちら。 線画の色を変える。 「線画の色を変えるだけでそんなに変わらんやろww」 と思うかもしれませんが、 これが結構かわるんです。 こちらのイラストを見てください。 線画の色変えなし 線画の色を変えていない、黒のままのイラストです。 線画の色変えアリ こちらは線画の色を少し変えています。 どうでしょうか!?!? 色変え無しは、線画が浮いている印象がありますが、 色変え後は線画が塗りとなじんで、やわらかくなっていると思います。 こういった効果がありますので、 今回は、線画の色の変え方を2つ紹介します。 使用ソフトはクリップスタジオペイントです。 Contents• 線画の描かれたレイヤーは、フォルダの中に入れてひとまとめにしています。 画像のオレンジで示した部分は線画のレイヤーです。 フォルダの作成 フォルダの作成するには、画像に示すアイコンをクリックしてください。 作成後は線画レイヤーをフォルダ内へ移動させてください。 レイヤーの移動は「レイヤーを選択してドラック&ドロップ」でできます。 ラスターレイヤーを作成 線画フォルダの上に新規ラスターレイヤーを作成します。 レイヤーをクリッピング 画像上部の黒丸アイコンをクリックして「下のレイヤーでクリッピングします」。 これで線画フォルダをクリッピングできました。 クリッピングできたら、レイヤー横にピンク色の線が入るのでわかりやすいと思います。 補足 クリッピングとは クリッピングした下のレイヤーの、 描画部分にしか描けなくなる機能です。 今回の場合、線画の上にしか描けなくなるので、線画からのはみ出しを防ぐことができます。 新規作成したレイヤーに描いていきます。 例として肌の線画の色を変えていきます。 カラーパレットの右下へ移動させるイメージです。 この色で線画を上から塗っていきます。 クリッピングされているので大雑把に塗っても大丈夫です。 では、肌を塗る前と後で比較してみましょう。 色変え前 色変え後 どうでしょうか!?!?(二度目) 線画が肌の色になじんで、優しい印象になったかと思います。 近くの色に合わせて線画の色を変える、この技法は 「色トレス」と呼ばれています。 色トレスは基本的には、近くの色を取って塗るだけでOKです。 ・髪なら髪の色 ・肌なら肌の色 ・目なら、瞳の色か肌の色 を塗ります。 パーツ毎に塗り分けるとキレイですが、 線画を1色で塗っても見栄えは良くなります。 濃い赤1色で塗った場合 私のオススメは、濃い赤系統の色で塗ることです。 あまり手間をかけなくても見栄えがグッとよくなります。 ざっくり説明すると、線画レイヤーをレイヤー1枚にまとめてから色を変える方法です。 まず、線画レイヤーの入ったフォルダを選択し、右クリック後、「レイヤーの変換」を選びます。 レイヤーの変換ウィンドウ すると、レイヤーの変換ウィンドウが出るので、種類は「ラスターレイヤー」、「元のレイヤーを残す」にチェックを入れてOKをクリックします。 ラスターレイヤー1枚の線画レイヤー これで、ラスターレイヤー1枚の線画ができました。 (わかりやすさを考慮して、他のレイヤーは非表示にしています) レイヤー表示の上の方にある、「透明ピクセルをロック」をクリックします。 (鍵型のアイコンです) レイヤーに鍵マークが表示されればOKです。 こうすると、 何も描かれていない部分(透明ピクセル)には描き込めなくなります。 あとはこのレイヤーにお好みの色で塗ればOKです。 まとめ ・近くの色を使って線画の色を変えることを「色トレス」という。 ・色トレスをすると、線画が絵になじんで、見栄えがグッと良くなる。 個人的には最初に紹介した、 「クリッピングを使う方法」がオススメです。 理由は、線画レイヤーには手を加えないので、後から修正がしやすいからです。 また、パーツごとで線画を分けている場合は、個別にクリッピングして、それぞれの線画レイヤーの色を変えることもできます。 なにかと便利です! 以上です、参考になりましたら幸いです。 ゆうりでした。

次の

線画スキャン・線画抽出の方法|基本手順と必要なソフト・アプリまとめ

線画 イラスト

デジタル線画を綺麗にする描き方1:線の太さ 線画作業を綺麗にするには線の太さがもっとも重要だと思います。 線の太さによって綺麗に見えるか見えないかが変わるので、線の太さ調整は重要です。 そして、 特に重要なのは線の太さは用紙のサイズに合わせるということです。 線画の太さを8とか10にしても、用紙の大きさによって変わってしまうので用紙に合わせて線画の太さを調整しなければいけません。 でも一体用紙ってなんのサイズを使えばいいのでしょうか?みんながどんな用紙のサイズで描いているのかも気になりますよね? いろんな人の動画を見てると、クリスタの場合8あたりで描いている人が多い気がします。 用紙のサイズもB5かA4が多いです。 B5からA4までのサイズで描くなら8から12くらい、A4あたりだと8前後がいい感じです。 A6まで行くと6前後がいい感じな気がします。 人によっても違いますが、この辺りのを探りながら、理想的なイラストがどれくらいの太さの線画を使っているのか観察してみるのがおすすめです。 ペンの種類によっても違いますが、 個人的にはB4・B5とかでGペン・鉛筆で8前後で、上限は12あたりの太さで描いています。 線画のタッチや描き方でも変わりますが、なんとなく参考になりますでしょうかね? デジタル線画を綺麗にする描き方2:ペンの種類 線画を綺麗にするにはペンの種類もとっても重要です。 作家さんによってペンはいろんなものが使われていますが、個人的におすすめなのは鉛筆と丸ペンです。 しかし部分によっては目だけカブラペンで描いたり、Gペンをカスタムして使っている作家さんもいるのでおすすめしても結局その人の作品に関係するのでなんとも言えません。 しかし初心者の人で何を使っていいのかわからず、とりあえず使いやすいものはないかな?と言うならGペン以外なら鉛筆、丸ペンがおすすめです! 鉛筆はアナログっぽい自然な線画が描ける上に、デジタルらしいしっかりとした線も表現できます。 丸ペンはGペンよりも柔らかいので、細かい部分を整えるのに最適です。 鉛筆で線画作業を進めていき、丸ペンで細かいところを整えていくという感じです。 この二つのペンを使うとこんな感じの線画になります。 鉛筆の方が色が薄くて、Gペンの方が色が濃いのがわかるでしょうか?この色の濃さも考えて選ぶのがおすすめです。 塗りの色と馴染みやすくしたいなら鉛筆を使い、塗りの色との境界を作ったりパキパキした感じにしたいならGペンがおすすめです。 またGペンはまつ毛などの「シュッ」とした描写が得意なので、インクの筆らしい跳ねを表現したい時に使うのもいいですね! デジタル線画を綺麗にする描き方3:アセッツのカスタムペンを使う クリスタなどのオリジナルのペンでも十分使えますが、アセッツからブラシ素材を持ってくるのもおすすめです。 アセッツはクリスタの公式素材サイトです。 自分で作れないことはないですが、最初はどんなものが線画に使いやすいか知ることができるので、ダウンロードしてみるのをおすすめします。 無料ですからね! ダウンロードの仕方は簡単。 アセットはクリスタの左上の画面のメニューから「CLIP STUDIO PAINT」をクリック。 タブメニューに「CLIP STUDIO」とあるのでそちらをクリックするとサイトが出てきます。 ちなみに検索でも出てきますね! クリップスタジオアセッツを開いたら、ログインしてさっそく検索窓からブラシを検索していきます。 クリスタのメニュー「CLIP STUDIO」から表示した場合は「素材をさがす」をクリック! 左のメニューをクリックすると右にこのように表示されます。 検索窓の下に無料素材などが出てきます。 この検索窓から「線画」と検索します。 人気順を表示するのがおすすめです。 検索するとたくさんの線画ペンが出てきます。 どれもクオリティが高いのでおすすめです。 クリスタを使用している有志達が作ったペンを、無料かCLLIPY クリスタのポイント を使ってダウンロードすることができます。 こうしたカスタムペンを使うと線画が自然に仕上がるし、線も引きやすくなるので便利です。 線画の仕上がりが一気に変わるので、最初に発見した時は驚きました笑 線画用ペンなどは有名です。 ギザギザした感じで描けるので、遠目に見ても自然な仕上がりになります。 線画の描き方がわからなかったら試してみたいのがアセットのペンですね! デジタル線画を綺麗にする描き方4:手ぶれ補正 線画を綺麗に描くなら手ぶれ補正機能を使うのがおすすめです。 手ぶれ補正なら長いストロークを綺麗に引くことができます。 使い方を実際に見ていきましょう。 長いストロークならこのように 5以上の設定にすると安定してストロークが綺麗にできます。 画面を拡大した時、手ぶれ補正を入れたままにしているとかなり線を引きづらいので、髪の毛や縦に伸びる長いストロークの線画をする時は画面を話して引くといいです。 追記ですが、手振れ補正の数値は用紙のサイズとペンの太さにもよります。 用紙が大きい時は手振れ補正を大きく、用紙が小さい時は手振れ補正も小さく。 また、ペンの太さが大きい時は手振れ補正は大きく、ペンの太さが小さい時は小さくと行った感じになると思います。 そのまんまですねw このように設定するのとしないのとでは線画の綺麗さがかなり違いますね!試してみてください! デジタル線画を綺麗にする描き方5:下書き 線画を綺麗にするなら、やっぱり初期段階の下書きを綺麗に描くのがおすすめです。 下書きを全てデジタルで行うのもいいですが、髪と鉛筆を使ってアナログで下書きを描き、そこからデジタルで線画作業をするのがおすすめです。 初心者はデジタルの下書きは描き方が難しいのですし。 デジタルで一貫するのも時短でいいですが、アニメーションの現場などを見るとやはり下書きは紙と鉛筆を使っていることが多い気がします。 紙と鉛筆を使って入念に下書きを描けば、より柔らかく仕上がりのいい完成度の高い下書きが描けます。 下書きが綺麗に描けることが線画の綺麗さにつながるので、やはり下書きはとっても重要です。 もちろんデジタルに慣れている人はデジタルでもいいと思います。 しかしこれから線画を練習していこうとする人はアナログのデッサンも一緒に練習していくのがおすすめです!アナログありきですしね!デジタルはやはり! アナログで下書きして線画に起こす ちなみにアナログで下書きしても、デジタル線画にするのは実はとっても簡単です。 下書きをスキャンしたら画像を「レイヤー」から「ラスタライズ」し、「編集」の「サイドを透明度に変換」します。 これで下書きの背景が透明にするんですね!詳しくはの記事で以前紹介したので、参考にしてみて欲しいです。 こうすれば下書きの線画のまま背景が透明になるので、そのまま下書きの線画を使って色の試し塗りを行ってもいいですね。 それで、ここからデジタルで線画にするなら下書きの線画の色をブルーにしておくと黒の線画が書きやすいです。 下書きがブルーだと黒のペンで描いた時に見えやすいので便利です。 ちょっとしたことだけど線画が見えやすくなるので線画を描いていて楽しくなります。 ブルーにできたらレイヤーの透明度を下げて線画をしていけばオッケーです。 これでさらに線画がしやすくなりましたね! デジタル線画を綺麗に引く方法6:下書きの線を選ぶ デジタル線画を綺麗に描く描き方はまだまだあります。 さらに下書きで描いた線を選ぶのも重要です。 鉛筆などで下書きした線は、たくさんの線で重なっていますよね。 それを線画作業する時には一本に選ばなくてはいけません。 その時、下書きの線をそのままなぞるのではなく、下書きの線は下書きの線として考え、新たに新しいイラストを描くつもりで線画をしていきましょう! そしてその際は下書きの画像を少し縮小してから透明度を下げるのがおすすめです。 ウェブデザインなどでよく使われる手法ですが、基本的に画像やイラストをPhotoshopなどで作る時はあらかじめ少し大きめのサイズで作り、完成した時に縮小したりします。 小さくすると綺麗に見えるんですね。 こんな感じ。 線画しやすそうじゃないですか? 縮小した方が下書きの塗り重ねたまばらな線が安定し、デジタルで線画をする時に線を選びやすくなりますね。 これもすぐに試せる技術です! 下書きはいつも綺麗に見える さて、下書きで描いた時はうまくいったのに、デジタル線画に直したら下手に見える。 と言うことはよくありませんか?実はこれはプロでも同じで、線画作業のあるあるです。 なぜこういうことが起こるのかというと、鉛筆の下書きの勢いがデジタルの線画にするとなくなってしまうからです。 ジブリなどはアニメーションを作る時鉛筆で描いた線画を使っているのはこうした理由かららしいです。 鉛筆で描いたものの方が綺麗に柔らかく見えるので、仕上がりが安定し、初めて描いた時の勢いが残るんです。 難しくいうと、下書きは鉛筆のデッサンでなんども塗り重ねているので、抽象度が高くなり、うまく描けているように見えるのです。 下書きをそのままスキャンしたものですが、拡大すると結構線が太いですよね。 基本的に下書きは太い鉛筆で描いた方が綺麗にバランスよく見えるので、濃い太い鉛筆を使っている作家さんは多いようです。 シャーペンで描く人もいますが、濃い目の鉛筆を使って描くと線が安定し、全体のバランスを取りやすいのでおすすめです。 しかしそれをそのままスキャンしてデジタルにすると、その勢いが失われて貧弱なイラストになってしまいます。 一本の線にすることによって具体的になり、下書きの情報が少なくなってしまうので勢いがなくなった感じになってしまうのです。 なのでデジタル線画をするときは下書きの線は無視して、新たに新しい線を新しい勢いで描かなければいけないのです。 下書きは下書きで、下書きを再現するのではなく、下書きを参考に新しいイラストを描くつもりで描くといいですね! 下書きからデジタル線画を描く時の描き方のポイント その時の描き方のポイントなのですが、デジタルの線を描く時は透明度をぐっと下げておいた方がいいです。 下書きの線画濃く見えているとそれに頼ってしまいます。 きつい作業ですが、慣れると後で全体のバランスを整える必要もなくなるので時短にもつながるおすすめの方法です! デジタル線画を綺麗に引く方法7:黒ベタを入れる デジタルの線画をするなら黒ベタは欠かせません。 黒ベタをうまく使うと線画か立体的に綺麗に見えます。 逆に何もなしだと線画はあまり綺麗に見えません。 うまく形が取れていても、黒ベタを使わないと貧弱な線画になってしまい、「うまく描けなかったなー」と諦めてしまうこともしばしば。 しかし「ちょっとまった」です。 黒ベタすることで完成度は格段に上がります。 丸で囲ったところが黒ベタポイントです。 まだまだ黒ベタにすべきところはたくさんあるのですが、後で塗りの時にも付け加えたりするので、線画作業の時にさっと入れておくのがおすすめです。 黒ベタは多少的外れのところに入れても線画の強弱を表現することができるので、思い切って試し試しいろんなところに入れてみましょう。 作家によってどこに入れているのか研究するのもおすすめです。 デジタル線画を綺麗に引く方法8:色を選ぶ 意外と知らない方も多いのではないでしょうか。 線画の色は別に黒でなくてもいいのです。 漫画の原稿などをデジタルで仕上げるなら印刷の関係で黒を使わなければいけませんが、イラストなどを制作するなら黒でなくてもいいのです。 例えば黒でなく肌に近い茶色などを使って線画をすると、リアリティのある表現ができます。 いろんな作家さんの作品を見てみるとわかるのですが、意外と黒で線画をしている人ばかりではありません。 線画が際立ってしまうと黒のリアリティがなくなってしまう場合があるので、線画の色は肌に近い茶色や赤系の色などを選ぶといいでしょう。 個人的にはいつも上記のような色を選んでいます。 本にそう書いてあったし、Pixivでいろんな人の線の色をスポイトで取ると赤系が多かったのでそうしてます。 でもイラストが完成した時に全体で線画が浮いていたら薄くしたり、アニメやポップなイラストにしたかったら黒にしたりもします。 作品の雰囲気によってオリジナルでいいと思います! こうしたテクニックも線画を綺麗に見せる描き方のポイントの一つです。 まとめ すぐに試せる技もあったので、線画の描き方や完成度に迷っていたらこうしたテクニックを一つ一つ研究して身につけてみて欲しいです。 線画がうまくならないと塗りに行くのも嫌になってしまうので、乗り越えたい一つの壁でもあります。

次の

【クリスタ】ペン入れのコツとおすすめの筆設定【線画】

線画 イラスト

デジタル線画を綺麗にする描き方1:線の太さ 線画作業を綺麗にするには線の太さがもっとも重要だと思います。 線の太さによって綺麗に見えるか見えないかが変わるので、線の太さ調整は重要です。 そして、 特に重要なのは線の太さは用紙のサイズに合わせるということです。 線画の太さを8とか10にしても、用紙の大きさによって変わってしまうので用紙に合わせて線画の太さを調整しなければいけません。 でも一体用紙ってなんのサイズを使えばいいのでしょうか?みんながどんな用紙のサイズで描いているのかも気になりますよね? いろんな人の動画を見てると、クリスタの場合8あたりで描いている人が多い気がします。 用紙のサイズもB5かA4が多いです。 B5からA4までのサイズで描くなら8から12くらい、A4あたりだと8前後がいい感じです。 A6まで行くと6前後がいい感じな気がします。 人によっても違いますが、この辺りのを探りながら、理想的なイラストがどれくらいの太さの線画を使っているのか観察してみるのがおすすめです。 ペンの種類によっても違いますが、 個人的にはB4・B5とかでGペン・鉛筆で8前後で、上限は12あたりの太さで描いています。 線画のタッチや描き方でも変わりますが、なんとなく参考になりますでしょうかね? デジタル線画を綺麗にする描き方2:ペンの種類 線画を綺麗にするにはペンの種類もとっても重要です。 作家さんによってペンはいろんなものが使われていますが、個人的におすすめなのは鉛筆と丸ペンです。 しかし部分によっては目だけカブラペンで描いたり、Gペンをカスタムして使っている作家さんもいるのでおすすめしても結局その人の作品に関係するのでなんとも言えません。 しかし初心者の人で何を使っていいのかわからず、とりあえず使いやすいものはないかな?と言うならGペン以外なら鉛筆、丸ペンがおすすめです! 鉛筆はアナログっぽい自然な線画が描ける上に、デジタルらしいしっかりとした線も表現できます。 丸ペンはGペンよりも柔らかいので、細かい部分を整えるのに最適です。 鉛筆で線画作業を進めていき、丸ペンで細かいところを整えていくという感じです。 この二つのペンを使うとこんな感じの線画になります。 鉛筆の方が色が薄くて、Gペンの方が色が濃いのがわかるでしょうか?この色の濃さも考えて選ぶのがおすすめです。 塗りの色と馴染みやすくしたいなら鉛筆を使い、塗りの色との境界を作ったりパキパキした感じにしたいならGペンがおすすめです。 またGペンはまつ毛などの「シュッ」とした描写が得意なので、インクの筆らしい跳ねを表現したい時に使うのもいいですね! デジタル線画を綺麗にする描き方3:アセッツのカスタムペンを使う クリスタなどのオリジナルのペンでも十分使えますが、アセッツからブラシ素材を持ってくるのもおすすめです。 アセッツはクリスタの公式素材サイトです。 自分で作れないことはないですが、最初はどんなものが線画に使いやすいか知ることができるので、ダウンロードしてみるのをおすすめします。 無料ですからね! ダウンロードの仕方は簡単。 アセットはクリスタの左上の画面のメニューから「CLIP STUDIO PAINT」をクリック。 タブメニューに「CLIP STUDIO」とあるのでそちらをクリックするとサイトが出てきます。 ちなみに検索でも出てきますね! クリップスタジオアセッツを開いたら、ログインしてさっそく検索窓からブラシを検索していきます。 クリスタのメニュー「CLIP STUDIO」から表示した場合は「素材をさがす」をクリック! 左のメニューをクリックすると右にこのように表示されます。 検索窓の下に無料素材などが出てきます。 この検索窓から「線画」と検索します。 人気順を表示するのがおすすめです。 検索するとたくさんの線画ペンが出てきます。 どれもクオリティが高いのでおすすめです。 クリスタを使用している有志達が作ったペンを、無料かCLLIPY クリスタのポイント を使ってダウンロードすることができます。 こうしたカスタムペンを使うと線画が自然に仕上がるし、線も引きやすくなるので便利です。 線画の仕上がりが一気に変わるので、最初に発見した時は驚きました笑 線画用ペンなどは有名です。 ギザギザした感じで描けるので、遠目に見ても自然な仕上がりになります。 線画の描き方がわからなかったら試してみたいのがアセットのペンですね! デジタル線画を綺麗にする描き方4:手ぶれ補正 線画を綺麗に描くなら手ぶれ補正機能を使うのがおすすめです。 手ぶれ補正なら長いストロークを綺麗に引くことができます。 使い方を実際に見ていきましょう。 長いストロークならこのように 5以上の設定にすると安定してストロークが綺麗にできます。 画面を拡大した時、手ぶれ補正を入れたままにしているとかなり線を引きづらいので、髪の毛や縦に伸びる長いストロークの線画をする時は画面を話して引くといいです。 追記ですが、手振れ補正の数値は用紙のサイズとペンの太さにもよります。 用紙が大きい時は手振れ補正を大きく、用紙が小さい時は手振れ補正も小さく。 また、ペンの太さが大きい時は手振れ補正は大きく、ペンの太さが小さい時は小さくと行った感じになると思います。 そのまんまですねw このように設定するのとしないのとでは線画の綺麗さがかなり違いますね!試してみてください! デジタル線画を綺麗にする描き方5:下書き 線画を綺麗にするなら、やっぱり初期段階の下書きを綺麗に描くのがおすすめです。 下書きを全てデジタルで行うのもいいですが、髪と鉛筆を使ってアナログで下書きを描き、そこからデジタルで線画作業をするのがおすすめです。 初心者はデジタルの下書きは描き方が難しいのですし。 デジタルで一貫するのも時短でいいですが、アニメーションの現場などを見るとやはり下書きは紙と鉛筆を使っていることが多い気がします。 紙と鉛筆を使って入念に下書きを描けば、より柔らかく仕上がりのいい完成度の高い下書きが描けます。 下書きが綺麗に描けることが線画の綺麗さにつながるので、やはり下書きはとっても重要です。 もちろんデジタルに慣れている人はデジタルでもいいと思います。 しかしこれから線画を練習していこうとする人はアナログのデッサンも一緒に練習していくのがおすすめです!アナログありきですしね!デジタルはやはり! アナログで下書きして線画に起こす ちなみにアナログで下書きしても、デジタル線画にするのは実はとっても簡単です。 下書きをスキャンしたら画像を「レイヤー」から「ラスタライズ」し、「編集」の「サイドを透明度に変換」します。 これで下書きの背景が透明にするんですね!詳しくはの記事で以前紹介したので、参考にしてみて欲しいです。 こうすれば下書きの線画のまま背景が透明になるので、そのまま下書きの線画を使って色の試し塗りを行ってもいいですね。 それで、ここからデジタルで線画にするなら下書きの線画の色をブルーにしておくと黒の線画が書きやすいです。 下書きがブルーだと黒のペンで描いた時に見えやすいので便利です。 ちょっとしたことだけど線画が見えやすくなるので線画を描いていて楽しくなります。 ブルーにできたらレイヤーの透明度を下げて線画をしていけばオッケーです。 これでさらに線画がしやすくなりましたね! デジタル線画を綺麗に引く方法6:下書きの線を選ぶ デジタル線画を綺麗に描く描き方はまだまだあります。 さらに下書きで描いた線を選ぶのも重要です。 鉛筆などで下書きした線は、たくさんの線で重なっていますよね。 それを線画作業する時には一本に選ばなくてはいけません。 その時、下書きの線をそのままなぞるのではなく、下書きの線は下書きの線として考え、新たに新しいイラストを描くつもりで線画をしていきましょう! そしてその際は下書きの画像を少し縮小してから透明度を下げるのがおすすめです。 ウェブデザインなどでよく使われる手法ですが、基本的に画像やイラストをPhotoshopなどで作る時はあらかじめ少し大きめのサイズで作り、完成した時に縮小したりします。 小さくすると綺麗に見えるんですね。 こんな感じ。 線画しやすそうじゃないですか? 縮小した方が下書きの塗り重ねたまばらな線が安定し、デジタルで線画をする時に線を選びやすくなりますね。 これもすぐに試せる技術です! 下書きはいつも綺麗に見える さて、下書きで描いた時はうまくいったのに、デジタル線画に直したら下手に見える。 と言うことはよくありませんか?実はこれはプロでも同じで、線画作業のあるあるです。 なぜこういうことが起こるのかというと、鉛筆の下書きの勢いがデジタルの線画にするとなくなってしまうからです。 ジブリなどはアニメーションを作る時鉛筆で描いた線画を使っているのはこうした理由かららしいです。 鉛筆で描いたものの方が綺麗に柔らかく見えるので、仕上がりが安定し、初めて描いた時の勢いが残るんです。 難しくいうと、下書きは鉛筆のデッサンでなんども塗り重ねているので、抽象度が高くなり、うまく描けているように見えるのです。 下書きをそのままスキャンしたものですが、拡大すると結構線が太いですよね。 基本的に下書きは太い鉛筆で描いた方が綺麗にバランスよく見えるので、濃い太い鉛筆を使っている作家さんは多いようです。 シャーペンで描く人もいますが、濃い目の鉛筆を使って描くと線が安定し、全体のバランスを取りやすいのでおすすめです。 しかしそれをそのままスキャンしてデジタルにすると、その勢いが失われて貧弱なイラストになってしまいます。 一本の線にすることによって具体的になり、下書きの情報が少なくなってしまうので勢いがなくなった感じになってしまうのです。 なのでデジタル線画をするときは下書きの線は無視して、新たに新しい線を新しい勢いで描かなければいけないのです。 下書きは下書きで、下書きを再現するのではなく、下書きを参考に新しいイラストを描くつもりで描くといいですね! 下書きからデジタル線画を描く時の描き方のポイント その時の描き方のポイントなのですが、デジタルの線を描く時は透明度をぐっと下げておいた方がいいです。 下書きの線画濃く見えているとそれに頼ってしまいます。 きつい作業ですが、慣れると後で全体のバランスを整える必要もなくなるので時短にもつながるおすすめの方法です! デジタル線画を綺麗に引く方法7:黒ベタを入れる デジタルの線画をするなら黒ベタは欠かせません。 黒ベタをうまく使うと線画か立体的に綺麗に見えます。 逆に何もなしだと線画はあまり綺麗に見えません。 うまく形が取れていても、黒ベタを使わないと貧弱な線画になってしまい、「うまく描けなかったなー」と諦めてしまうこともしばしば。 しかし「ちょっとまった」です。 黒ベタすることで完成度は格段に上がります。 丸で囲ったところが黒ベタポイントです。 まだまだ黒ベタにすべきところはたくさんあるのですが、後で塗りの時にも付け加えたりするので、線画作業の時にさっと入れておくのがおすすめです。 黒ベタは多少的外れのところに入れても線画の強弱を表現することができるので、思い切って試し試しいろんなところに入れてみましょう。 作家によってどこに入れているのか研究するのもおすすめです。 デジタル線画を綺麗に引く方法8:色を選ぶ 意外と知らない方も多いのではないでしょうか。 線画の色は別に黒でなくてもいいのです。 漫画の原稿などをデジタルで仕上げるなら印刷の関係で黒を使わなければいけませんが、イラストなどを制作するなら黒でなくてもいいのです。 例えば黒でなく肌に近い茶色などを使って線画をすると、リアリティのある表現ができます。 いろんな作家さんの作品を見てみるとわかるのですが、意外と黒で線画をしている人ばかりではありません。 線画が際立ってしまうと黒のリアリティがなくなってしまう場合があるので、線画の色は肌に近い茶色や赤系の色などを選ぶといいでしょう。 個人的にはいつも上記のような色を選んでいます。 本にそう書いてあったし、Pixivでいろんな人の線の色をスポイトで取ると赤系が多かったのでそうしてます。 でもイラストが完成した時に全体で線画が浮いていたら薄くしたり、アニメやポップなイラストにしたかったら黒にしたりもします。 作品の雰囲気によってオリジナルでいいと思います! こうしたテクニックも線画を綺麗に見せる描き方のポイントの一つです。 まとめ すぐに試せる技もあったので、線画の描き方や完成度に迷っていたらこうしたテクニックを一つ一つ研究して身につけてみて欲しいです。 線画がうまくならないと塗りに行くのも嫌になってしまうので、乗り越えたい一つの壁でもあります。

次の