ちる っ てる。 大島てる

大島てる

ちる っ てる

略歴 [ ] アニメーションの撮影助手 、のなどを経て、に『』でデビュー。 1980年代は『』『』など、のマニア向け少年漫画誌で活動していた。 初期はロリコン漫画ブームの流れを汲むドタバタラブコメ作品を得意としていたが、青年向けコメディ作品の『』がの編集者の目にとまり、1989年、連載の『』で本格的に青年誌へ転じる。 1990年連載開始の『』で人気を博す。 以降は『』系青年誌を中心に活動し、1970年代の脚本作品を思わせるホームドラマコメディと内向的でリアルなドラマを往復、または入り混じった作風が特徴となる。 代表作は『』『』『』『』など。 「」のリスナーで、『いきばた主夫ランブル』などの初期作品内でコサキンネタを匂わせるようなシーンがある。 また、『』の頃からアイドル女優と好きを公言しており、デビュー当時はやのファンだったが、2005年と2006年に『』が実写映画化され、2019年には『』もテレビドラマ化された。 作品リスト [ ] 漫画作品 [ ]• (1986年 - 1989年、、全4巻 /より2001年再版、全3巻)• (1986-1987年、『』連載、徳間書店、全1巻 /復刊ドットコムより2014年に再版、全1巻)• (1989年、徳間書店、全1巻 /エンターブレインより2003年再版、全1巻)• (1991年、徳間書店、全1巻 /エンターブレインより2003年再版、全1巻)• (1989年、、全2巻 /1999年に小学館より全1巻で再版)• (1990年 - 1993年、小学館、全10巻)• テールライト(1992年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• (1992年 - 1993年、小学館、『オムライス』第5巻に併録)• 朝まで待てない(1993年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• (1994年 - 1995年、小学館、全6巻)• カントリーロード(1995年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• (1996年 - 1997年、小学館、全5巻)• (1998年 - 2000年、小学館、全5巻)• (2000年 - 2003年、小学館、全6巻)• (2002年、小学館、全2巻)• 最も危険な人物(2003年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• (2003年 - 2004年、小学館、全4巻)• あっちもこっちも(2003年 - 2004年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• (2004年 - 2005年、小学館、全2巻)• パパと呼ばれたい(2007年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• 道草探検隊(2007年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• スイーツメモリーズ(2008年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• (2008年 - 2014年、『』不定期連載、小学館、全3巻)• 星里もちる短編集 あっちもこっちも(2013年、小学館、短編集)• (2009年 - 2010年、、全1巻)• 晴れた日に遠くが見える(2009年、『大阪芸術大学大学漫画 Vol. 12』掲載、『夜のスニーカー』に併録)• ハルコの晴れの日(2010年 - 2012年、『』、、全2巻)• (2010年 - 2013年、『』(一時期、同誌公式ウェブサイト上での連載)、徳間書店、全4巻)• 第46号『』(2010年、)• やさしく! ぐーるぐる真紀(2014年 - 2018年、『月刊COMICリュウ』、徳間書店、全3巻)• コミックエッセイ [ ]• モチはモチ屋(2000年、、全1巻) 挿絵 [ ]• (1987年、、全1巻) 師匠 [ ]• アシスタント [ ]• (岸山直)• 脚注 [ ] [].

次の

ちるま / chilmaのプロフィール

ちる っ てる

略歴 [ ] アニメーションの撮影助手 、のなどを経て、に『』でデビュー。 1980年代は『』『』など、のマニア向け少年漫画誌で活動していた。 初期はロリコン漫画ブームの流れを汲むドタバタラブコメ作品を得意としていたが、青年向けコメディ作品の『』がの編集者の目にとまり、1989年、連載の『』で本格的に青年誌へ転じる。 1990年連載開始の『』で人気を博す。 以降は『』系青年誌を中心に活動し、1970年代の脚本作品を思わせるホームドラマコメディと内向的でリアルなドラマを往復、または入り混じった作風が特徴となる。 代表作は『』『』『』『』など。 「」のリスナーで、『いきばた主夫ランブル』などの初期作品内でコサキンネタを匂わせるようなシーンがある。 また、『』の頃からアイドル女優と好きを公言しており、デビュー当時はやのファンだったが、2005年と2006年に『』が実写映画化され、2019年には『』もテレビドラマ化された。 作品リスト [ ] 漫画作品 [ ]• (1986年 - 1989年、、全4巻 /より2001年再版、全3巻)• (1986-1987年、『』連載、徳間書店、全1巻 /復刊ドットコムより2014年に再版、全1巻)• (1989年、徳間書店、全1巻 /エンターブレインより2003年再版、全1巻)• (1991年、徳間書店、全1巻 /エンターブレインより2003年再版、全1巻)• (1989年、、全2巻 /1999年に小学館より全1巻で再版)• (1990年 - 1993年、小学館、全10巻)• テールライト(1992年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• (1992年 - 1993年、小学館、『オムライス』第5巻に併録)• 朝まで待てない(1993年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• (1994年 - 1995年、小学館、全6巻)• カントリーロード(1995年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• (1996年 - 1997年、小学館、全5巻)• (1998年 - 2000年、小学館、全5巻)• (2000年 - 2003年、小学館、全6巻)• (2002年、小学館、全2巻)• 最も危険な人物(2003年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• (2003年 - 2004年、小学館、全4巻)• あっちもこっちも(2003年 - 2004年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• (2004年 - 2005年、小学館、全2巻)• パパと呼ばれたい(2007年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• 道草探検隊(2007年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• スイーツメモリーズ(2008年、小学館、短編集『あっちもこっちも』に収録)• (2008年 - 2014年、『』不定期連載、小学館、全3巻)• 星里もちる短編集 あっちもこっちも(2013年、小学館、短編集)• (2009年 - 2010年、、全1巻)• 晴れた日に遠くが見える(2009年、『大阪芸術大学大学漫画 Vol. 12』掲載、『夜のスニーカー』に併録)• ハルコの晴れの日(2010年 - 2012年、『』、、全2巻)• (2010年 - 2013年、『』(一時期、同誌公式ウェブサイト上での連載)、徳間書店、全4巻)• 第46号『』(2010年、)• やさしく! ぐーるぐる真紀(2014年 - 2018年、『月刊COMICリュウ』、徳間書店、全3巻)• コミックエッセイ [ ]• モチはモチ屋(2000年、、全1巻) 挿絵 [ ]• (1987年、、全1巻) 師匠 [ ]• アシスタント [ ]• (岸山直)• 脚注 [ ] [].

次の

星里もちる

ちる っ てる

人と会っていたり、その人のことを思い出したりしていると ふっと、その人の前世らしきものが浮かんできたりするようになりました。 ・・・見えても言いませんけどね。 見てくれと言われても、たいていは断ります。 るちるは、前世はある、と思っているけれど でもやっぱり、「 生きている今」こそが大切なんだと思うし、 「生きている今」にたいして、 過去世がそれほど重要だとは思わないからです。 前世からのカルマとか宿業とか? 無いでしょ、と思いますし 「魂レベル」とかをあげるために? 自分で自分に課したいろいろな課題を克服するべく、 何度も生まれ変わって修行している、なんてちょっと 笑い話だと思います。 魂に「レベル」なんてホントにあるんでしょうか? この世で「レベル」の高い会社に入る、またその中で出世をめざす、みたいな「努力」を わたしたちはあの世に行ってまでしてるんでしょうか? るちるなんて、この世でもあんまりしたくないですが・・・笑。 魂は魂、わたしたちは生きている、ただそれだけ、でいいような気がします。 ・・・でも、どうしても見てくれ〜!とせまられて断り切れないときもあって・・・ ちょっとした知り合いの、50代の女性事業家の方にも あんまり言われるので仕方なく見てみました。 ・・・えーと、日本髪で、手ぬぐいでそれを下から覆ってます。 足は裸足。 背中に赤ちゃんを背負って、上からねんねこみたいのを着てます。 砂浜に松の木。 松の木のあいだに縄みたいのが渡してあって・・・ なんか干してます・・・あ、魚だあ〜。。 干物つくってますね。 江戸時代の漁師のおかみさんですね。。 るちるが見えると言ったって、なんの根拠もない、と胸をはって言えます。 それはどんな有名な霊能者だって同じと思います。 なんの根拠もないんです。 催眠術だってそうですよ。 暗示、誘導されてるって言われれば、そうかもしれない。 だから信じるも信じないも自由ですし、もっと言ってしまえば 自分の好きなように考えてればいいんじゃん?て思いますね。 でも、ふつうに考えたら、そうそうお姫様だったり指導者だったりはしないでしょ? 確率的に。。。 でも、そう言って欲しいんですねえ・・・ そう言ってほしいと思っている自分に気がつくことのほうが 前世を知るより重要なような気がします。

次の