山口 放送。 八木美佐子アナ(山口放送)の身長やカップ画像と美脚をwikiに!元モデルでミス東海の彼氏は?

今日の番組表[山口 / 24

山口 放送

山口朝日放送 本社(2007年3月) 本社所在地 〒753-8570 中央3-5-25 設立 事業内容 によるテレビジョン放送 代表者 代表取締役社長 天野尚彦 資本金 30億円 売上高 42億2800万円(2020年03月31日時点) 営業利益 2億3400万円(2020年03月31日時点) 経常利益 2億8000万円(2020年03月31日時点) 純利益 1億8000万円(2020年03月31日時点) 純資産 58億7500万円(2020年03月31日時点) 総資産 68億3400万円(2020年03月31日時点) 従業員数 79人 主要株主 (19. , Ltd. )は、をとした事業を行っている、である。 略称は yab。 概要 [ ] 1993年10月1日に 、・に次ぐ山口県第3波の局として開局した。 その他、地元資本の大株主としては大手化学品メーカーの 11. また、や・と水産業界紙・を発行するも出資している(下記参照)。 地理的要因もあってANNの九州ブロックネット番組と中四国ブロックネット番組の両方に参画している。 九州のANNブロックネット番組は開局当初から「」「」「」をネットしており、その後「るり色の砂時計」は番組終了、「ドォーモ」は途中ネット打ち切りになるものの、「うるとらマンボウ」の後番組である「」は同時ネットを継続しているほか、「」 もネットしている。 一方、中四国のANNブロックネットでは、年1回放送の中四国4局共同制作番組で持ち回りで制作幹事局を務めることがある他、ニュース番組の企画コーナー「」にも参加している。 歴代の社長は基本的にテレビ朝日出身者となっている。 例えば2011年から2017年まで社長に就任していた は元テレビ朝日報道記者で、俳優・の従兄にあたる。 現在の社長は執行役員営業局長からに転じていた。 山口県をとしているが、取材対象地域はも含まれている。 山口県には、はないが本局ではフジテレビ系列局製作の番組は権利切れの作品を除いて放送されておらずテレビ東京系列局の番組も後述の通りごく僅かしか放送されていない。 送信所・中継局 [ ] テレビ朝日系列のリモコンキーID地図 yab公式サイトの記述に基づく。 : JOYX-DTV• 山口本局()26ch 出力1kW• 下関()26ch 出力100W• 萩() 47ch 出力100W• (野登呂山)42ch 出力100W• 長門() 47ch 出力30W• 柳井() 17ch 出力10W• 美祢() 26ch 出力10W• 周東() 17ch 出力10W ほか、出力10w未満の中継局が34局ある。 アナログ放送 [ ] 2011年7月24日停波時点• : JOYX-TV• 中継局:山口県内32箇所。 以下主なところ• ()28ch 映像出力10kW• ()21ch 映像出力1kW• ()28ch 映像出力100W• ()31ch 映像出力300W• ()52ch 映像出力10W• ()33ch 映像出力100W 53ch 映像出力33W(補間波)• ()24ch 映像出力100W• ()24ch 映像出力100W• ()33ch 映像出力100W 資本構成 [ ] 企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。 出典: 2015年3月31日 [ ] 資本金 発行済株式総数 株主数 30億円 60,000株 45 株主 株式数 比率 11,900株 19. 開局 (と同日の開局)。 同時にANN All-nippon News Network に加盟。 開局当時の中継局は下関、宇部、豊田、豊北、阿東、嘉年、萩、山口鴻ノ巣、美祢、長門、柳井、岩国、周東、東和の14局。 デジタルマスター()に更新完了、運用開始(東芝製)。 地上デジタル試験放送開始。 には開始。 導入によりロゴマークを「 YAB」から「 yab」に変更。 デジタルサブ()仮運用開始。 にデジタルサブ(副調整室)更新完了、本格運用開始。 10月1日 地上デジタル放送開始。 (:JOYX-DTV、:5)• 全国初のSNS()とデジタルテレビの情報連携システム運用開始。 これに併せ、午後1時からデータ放送の新サービス「デジステyab」がスタート。 詳細はとを参照。 山口本局()のアナログ放送設備の電源トラブルの為、アナログ放送が7時3分から約1時間19分間、11時44分から約8分間、18時49分から37秒間の3回停波(地上デジタル放送は通常通り放送)。 地上アナログ放送終了。 ケーブルテレビ再送信局 [ ] 現在、以下ので再送信されている。 ( 地上デジタル放送を開始)• 現在放送中の番組 [ ] 自社制作番組 [ ] 2019年10月時点のもの。 yabウェザー・リポート• ひるくる! (月曜-金曜11:30 - 11:40)• (月曜-金曜18:15 - 18:55)• イキイキ! 山口(月曜23:15 - 23:20 山口県広報番組)• やまぐちしま専科(水曜9:55 - 10:00 山口市広報番組)• 下関市政だより(木曜9:55 - 10:00 下関市広報番組)• アナカフェ(木曜13:55 - 14:00)• 秘密のアナ園(土曜1:05 - 1:10)• (土曜6:30 - 8:00)• みんなのレノファ• 波田陽区のひるくる! サタデー(土曜9:30 - 9:50)• (土曜11:20 - 11:45)• やまぐち百景(日曜11:55 - 12:00)• (毎年7月-8月)• 山口大会(第14回-15回)(毎年12月)• (毎年12月)(アナログは4:3LB) ブロックネット番組 [ ]• (月曜-木曜9:55 - 10:25・制作)• (日曜12:00 - 12:55・九州朝日放送制作)• (木曜 23:10-23:15・制作)• (金曜18時台・広島ホームテレビ・・との共同制作・Jチャンやまぐちに内包) その他のANN系列局制作番組 全国ネットを除く [ ]• (火曜24:15 - 24:45)• (火曜24:45 - 25:10)• (火曜25:10 - 25:35)• 水曜24:45 -25:15、ABC制作• (水曜25:15 - 25:45)• 水曜25:45 - 26:15• 木曜24:45 - 25:15• (金曜24:20 - 25:15、ABC制作)• 金曜25:20 - 25:50• 金曜25:50 - 26:20• (土曜5:05 - 5:20)• 土曜10:20 - 10:50• (土曜10:50 - 11:20)• (土曜15:25-16:25、ABC制作)• (土曜24:35 - 25:05、制作)• (土曜25:05 - 26:05、ABC制作)• 土曜26:05 - 26:35• (日曜12:00 - 12:55・KBC制作、同時ネット)• (日曜15:25 - 16:25 「前川清の笑顔まんてんタビ好キ」放送のためテレビ朝日より3時間30分遅れて放送される)• (日曜24:59 - 25:29、制作)• (水曜24:15-24:45)• (木曜25:13-25:43、制作)• (日曜0:20 - 0:50、KBC製作) ドラマ再放送枠 [ ] 平日15:55 - 16:50にドラマの再放送枠が設定してある。 ただし、報道特番などが入ると休止または枠移動となる場合がある。 その他の再放送枠 [ ] 詳細はウェブサイトの番組表を参照。 その他、系列外局制作番組 [ ]• (土曜5:20 - 5:50・制作)• (平日14:05 - 15:55の「シアター2」枠で不定期に放送・テレビ東京制作)• (日曜5:20 - 6:20・テレビ東京制作)• (日曜25:59 - 26:29) その他の番組はウェブサイトの番組表を参照。 過去に放送した番組 [ ] 自社制作番組 [ ]• (山口県広報番組)• (音楽番組)• (番組案内)• (山口県広報番組)• (土曜7:25 - 8:00)• 教えて! リカちゃん(月曜23:10 - 23:15 山口県広報番組) ANN系ブロックネット [ ]• (月曜 - 木曜 24:10 - 25:10・制作、ANN九州ブロックネット)• (九州朝日放送制作、ANN九州ブロックネット)• (制作、ANN環瀬戸内海地域(を除く)と〔TBS系〕のブロックネット)• (制作、(ABC含む)ANN環瀬戸内海地域ブロックネット、金曜夕方のローカルニュース番組に内包) ANN系定期ネット [ ]• (開局 - 1994年3月まで放送)• (番組開始当初から放送していたが2013年3月いっぱいで打ち切り)• (ABC制作)• (北海道テレビ製作)• (九州朝日放送制作)(アナログは4:3LB) ANN系不定期ネット [ ]• (4回放送)• (2回だけ放送)• (1度だけ放送)• (数回放送、ただし2006年10月12日 - 2007年9月までは定期番組として放送)• (「」30分延長版放送の際数回放送、2008年4月から9月までゴールデンタイム枠にて放送)• (ABC製作;数回放送)• (メ〜テレ制作;数回放送)• (メ〜テレ制作;1度だけ放送) その他 [ ]• (製作)• (製作)• (テレビ東京製作)• (テレビ東京製作)• (テレビ東京製作)• (テレビ東京製作)• (テレビ東京製作)• (テレビ大阪製作)• (制作)• (制作)• (制作)• (制作;「小宮悦子のスーパーJチャンネル」30分延長版放送の際数回放送)• (制作、2003年10月から1年間のみ『土曜パラダイス』というタイトルで放送。 後にテレビ山口へ移行)• (テレビ大阪製作) 開局時に先発民放から移行した番組 [ ] KRYからの移行番組 [ ]• (ABC制作)• (ABC制作)• (ABC制作) tysからの移行番組 [ ]• アナウンサー [ ] 2020年4月現在 男性 [ ]• (2014年入社)• (2016年入社)• (2019年入社)• (2020年入社)• (同上) 元アナウンサー [ ]• (2001年入社、2015年3月末で他部署に移動)• (2006年入社、2015年4月末、に移籍)• (2011年 - 2013年3月末、に移籍)• 佐野正法(1997年 - 、現在は経済部記者に移籍)• 田上宏(1997年 - )• 永岡俊哉(1993年 - 、開局時のアナ、大阪支社長を経て現在は現代社会学部准教授)• 阿曽孝子(開局時のアナ)• (2001年 - 2005年、現在は所属)• 須河内雅子(1997年 - )• (に移籍した後フリーに転向)• 福山博子• (1997年 - 2000年頃、現在はジョイスタッフ所属)• 松尾美和(開局時のアナ)• 松田梨香(2004年 - 2008年、現在は『』リポーター)• 宮田晶子(1993年 - )• 三好康代(1996年 - 2001年、現在は編成局)• (2008年 - 2010年)• (2005年 - 2011年、現在はジョイスタッフ所属)• (2008年 - 2013年、現在は所属)• (2011年 - 2013年、現在はジョイスタッフ所属)• 小嶋彩乃(2012年 - 2013年末)• (2010年-2014年12月、現在は「」名義で所属)• (2014年-2015年。 2015年4月よりに移籍、2019年結婚を契機に退社)• (2014年入社、2015年3月末でyabを退社後、でを経て現在はのアナウンサー)• (2016年-2018年。 2018年4月よりに移籍)• (2014年-2018年。 2018年4月よりに移籍)• コーポレートカラーをそれまでの緑と青からオレンジに変更、社名ロゴは一般的なとした上で、3レター表記を大文字から小文字に変更し、「a」と「b」の中心を目玉に見立てたデザインとなった。 また、同時にマスコットキャラクター「」が登場。 なお、山口のテレビ局でCIを導入している局には tys もあるが、yabより後で導入したものである。 脚注 [ ] [] 注記 [ ]• 山口朝日放送公式サイト. 2019年6月10日閲覧。 中四国の系列局ではも遅れネットで放送している。 山口新聞. 2011年5月25日. 2015年10月10日閲覧。 山口新聞. 2017年5月25日. 2018年1月7日閲覧。 山口朝日放送公式サイト. 2019年6月10日閲覧。 『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、405頁。 『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、418-419頁。 山口朝日放送 代表取締役社長• 朝日新聞山口県版1993年9月29日朝刊別刷り特集1面• asahi. com MY TOWN 山口. 2010年9月27日. の2011年11月22日時点におけるアーカイブ。 2015年10月10日閲覧。 山口朝日放送公式サイト. 2019年6月10日閲覧。 山口朝日放送公式サイト. 2019年6月10日閲覧。 外部リンク [ ]• - チャンネル• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

次の

Jチャンやまぐち|山口朝日放送

山口 放送

(親局は周南局のみ) 山口放送株式会社(やまぐちほうそう、 Yamaguchi Broadcasting Co. , Ltd. )は、をとした(AM放送)事業と事業を行っているである。 概要 [ ] 県内初の局にして唯一の局である。 略称の KRYは、にラジオ専業局として開局した当初、「 株式会社ラジオ山口」( KK. RADIO YAMAGUCHI)という社名であったことに由来する。 テレビ放送開始後のに現在の社名となった。 本社()は開局当初から県東部の(旧・)にあり、のならびに県内最大の都市であるには支社は設けているものの、放送機能としては報道スタジオがあるのみで演奏所の機能を有しない。 ただし、かつての関門テレビジョン放送局(下関市)は、番組編成上の経緯(詳細後述)からを持った独立しただった(放送内容は一貫して本社で制作)。 開局当初 ABC から支援を受けていた関係で、(系列)との関連もあり、1978年10月に tys がテレビ朝日系列(ニュースネットワークのANNには非加盟)から離脱してからに yab が開局するまでは、日本テレビ系列とテレビ朝日系列のであった。 ANNへは入中や素材送りがメインで、年末のANN特番である「」にも参加していた。 開局以来基本的にを行っていない。 ラジオ山口開局当初は徳山局の"JOPF"をモチーフにしたもの。 "J"の頂点から6つの輪を放射線状に描き電波をイメージ、"J"の横に"OPF"を表記したロゴがあった。 略称ロゴは当時小文字の "kry" を平行四辺形で囲んだものであった。 現在は大文字 KRY ベースの斜体で表記しており、"Y" の字が小文字の "y" をモチーフとしたものとなっている。 局データ [ ] 山口放送 山口支社• 会社名 : 山口放送株式会社• 本社 : 〒745-8686 徳山5853-2• 正式な住所表記は上記の通りだが、隣接する・一帯を含めた地区名である『周南市公園区』で案内されることが多い。 支社 : 、、、、、• 支局 : 、、 資本構成 [ ] 企業・団体は当時の名称。 出典: 概要 [ ] テレビ放送のキー局であるが筆頭株主。 関連自治体であるや、、さらには周南市に主力拠点を置く・・などが大株主として参加している。 の2社(、ワイエムリース)で9. 山口放送会長の赤尾嘉文が5. なお、宇部興産はテレビ山口、トクヤマは山口朝日放送の大株主でもある。 また、が山口放送の上位株主だった一方、が一時期フジテレビ系列でもあったテレビ山口の大株主という新聞資本と加盟系列のねじれが発生していた時期もある。 2015年3月31日 [ ] 資本金 発行済株式総数 株主数 2億3000万円 460,000株 467 株主 株式数 比率 48,000株 10. しかし先例となったはずだった「」()が、予備免許が交付されながらも開局出来なかったことから(を参照)、下松・光両市は「実現は困難」として離脱、残された徳山市は単独で計画を進め、免許申請に至ろうとした矢先、ラジオ九州(現在の)がに中継局設置を計画。 ここで調整が長引いた結果、全国的にも後発となる1956年の開局となった。 - 徳山市(当時)に「株式会社ラジオ山口」設立。 当時の略称はJOPFだった。 - 全国38番目の民放ラジオ局として放送開始。 当初は、徳山市久米(くめ)に本社・送信所・ラジオアンテナがあり、当時現地に残っていた旧の建物を改修した社屋だった。 当時の久米を象徴する建物と言われていた。 当初の周波数は 560(のちに940kc)• - 略称をJOPFからKRYと改める。 1961年頃の本社屋(当時:徳山市公園区)• - 「ラジオ山口テレビ」としてテレビ放送開始、テレビ演奏所を現在の公園区に設置。 - 「山口放送株式会社」に社名を変更。 - 下関市に関門テレビ局を開局。 以後、複雑なネットワーク変遷をたどる(参照)。 - ラジオ、 NRN に加盟。 - テレビ、 NNN に加盟。 10月1日 - テレビ、開始。 この頃、山口放送の久米本社付近にの線路が建設されることになり、本社を現在の公園区へ移転。 旧本社ならびに旧送信所は解体された。 - テレビ、 NNS に加盟。 - ラジオ、周波数変更。 これは ITU の取り決めにより、AM放送の(間隔)が10kHz間隔から9kHz間隔に変更(通称:9キロヘルツセパレーション)されることに伴うもの。 徳山本局では940kHzから現在の765kHzに変更され、同時に本局は指向性解除。 周波数も低くなったことでエリアが拡大された。 - テレビ音声多重放送開始。 (山口県内の民放テレビ局及び、当時のANN系列局及び局では初めて)(広島テレビと福岡放送と同日)• - ラジオ、 JRN に加盟。 同時期に、との回線として、「RFライン」開設。 いくつかのRF制作番組の放送開始。 - ラジオ、24時間放送を開始。 10月1日 - 山口朝日放送が開局し、の番組が完全移行される。 これにより日本テレビ系列になり、は解消された。 - テレビ、24時間放送を開始。 - 地上デジタル放送開始。 正午 - 終了。 デジタル一本化。 これに伴い、関門テレビ局(KRY関門テレビジョン放送支局)のコールサイン「JOPM-TV」は、の取り決めにより中継局扱いとなったため返上された。 なお、ラジオの下関放送局(下関ラジオ放送支局)のコールサイン「JOPM」は、従来通り維持。 - ラジオ、公園区本社屋上に、周南本局の予備送信所 1 kW を設置。 - 県内で初めて、気象庁からの認可を受ける。 - の本放送開始。 - 「」および「radiko. jpプレミアム(エリアフリー聴取)」にて、インターネットでのラジオ配信を開始。 ラジオ [ ] 周波数 [ ] AM放送 親局 周波数 出力 備考 JOPF 765 kHz 5 kW 予備送信所 - 1 kW 中継局 呼出符号 周波数 出力 備考 765 kHz 300W - 765 kHz 300W JOPL 1485 kHz 1 kW JOPM 918 kHz JOPN FM補完放送(エフエムKRY ) エリア 中継局呼出名称 周波数 出力 備考 瀬戸内側 92. 3 MHz 1 kW TV併設 100W 100W 100W 100W 2017年9月23日開局。 100W 2018年4月11日開局。 100W 2018年11月12日開局。 20W 2018年12月5日開局。 中継局は東和TV局と同一。 日本海側 86. 4 MHz 100W 独立新設 20W 100W 20W 2017年10月30日開局。 50W 2018年8月29日開局。 かつてはJOPOが割り当てられていた。 2009年4月27日に1458kHzから変更。 2009年4月27日より100Wから増力。 - 中国総合通信局 2017年5月15日• - 中国総合通信局 2017年9月20日• 試験電波の段階では「東和FM」としていた。 - 中国総合通信局 2017年10月20日• AM局の予備送信所のアンテナは山口放送の本社屋上にある。 4月12日に免許を受けた。 山口FM局は、2015年6月16日予備免許を受け 、同月22日 9:00に試験放送を、7月21日より本放送を開始した。 のうち、美祢局 を含む日本海側の各局 には総務省の「民放ラジオ難聴解消支援事業」(外国波混信及び地理・地形的難聴対策)の認定を受け、国庫補助事業対象となっている。 2018年12月5日の周防大島FM放送開始をもって、FM補完中継局は13局運用開始している。 FM補完放送の実施にあたっては、瀬戸内側(92. 3MHz)と日本海側(86. 4MHx)で、それぞれ複数の送信所が同一の周波数を用い、複数の送信局からの電波が受信できるエリアで波長を同期させる「 FM同期放送」を実施している。 これの実現にはとの共同開発による、電波の到達時刻を高精度に調整する「高精度デジタル方式FM同期放送送信機」を用いており 、同様の実証実験を行ったNHKアイテック(現・)と3社共同でFM同期放送システムに関する(特許第6196277号)を取得している。 ラジオネットワークの変遷 [ ] NRN と JRN の両方に加盟しているが、NRNにはの結成とともに加盟。 これは、山口放送がラジオ山口として開局した頃に、や、()からの協力を多く受けていたことに起因する。 この中でも、隣の県にある九州朝日放送との結びつきが強く、当初はKBCラジオ発のニュースをサイマルネット(後述)していた。 一方、JRNへの加盟は開局時に軋轢のあったRKB毎日放送も幹事社となっていることもあり長らく実現しなかったが、ラジオ関東(現・)が独占していたの主催ゲーム(参照)のラジオの放送権が、4月以降、JRNにも与えられたことでクロスネットへの動きを強める。 山口放送三十年史によると、1982年のJRN加盟に向けては周囲の系列局の判断が必要であったが、山口放送のテレビのメインネットがNNNであるのに対し、まわりのラテ兼営局である、、RKB毎日放送の各局は、テレビ部門がいずれもJNN系列であるため、難航が予想された、とある [ ]。 加盟が実現したのは(JRNラインネットがスタートするのは)のことである。 ラジオニュース [ ] 元は、、、の3社が提供していた。 一時期、平日11時、12時、16時、22時、0時などの「」は、()とので、KBCラジオのニュースをそのまま放送していた。 これは、放送開始当初に山口放送に全国ニュースを集めるまでの力がなく、当時、開局や制作に協力のあったニッポン放送や九州朝日放送の力を借りたもののうちのひとつである。 しかしその後、1976年に毎日新聞の提供が終了、1993年には朝日新聞も規模を大幅に縮小し(事実上撤退)、その穴を埋めるようにも提供するようになり、現在は読売新聞をメインとしている。 現在放送中のラジオ番組 [ ]• 放送時間は日曜 25:00 - 28:00を除く24時間(月曜のみ4:00開始、他は5:00基点)。 選挙特番や年末年始は臨時の終夜放送を行うことがまれにある。 放送時間は2019年4月現在時点のもの(参考:) ラジオ自社制作番組 [ ] 平日• おはよう体操! 630(6:30 - 6:35)• (7:00 - 11:00)• (12:00 - 16:00)• (17:15 - 18:20)• (ナイター期の火 - 土 18:20 - 21:00) 土曜日• 今日もいきいき はつらつ人生(最終週 6:00 - 6:30)• (9:00 - 12:00)• (15:00 - 15:30、全国15局ネット)• (16:00 - 16:55)• (17:40 - 18:00)• (22:00 - 23:00) 日曜日• (最終週 5:15 - 5:30)• おはようショット! ゴルフざんまい(8:00 - 8:15)• モーニングコール やさしく歌って(8:15 - 8:30)• おはようメモ(8:55 - 9:00)• 日曜日のクラシック(9:00 - 9:30)• (10:00 - 11:00)• (11:30 - 12:00)• (12:00 - 13:00)• ちひろDEブレイク(14:00 - 14:30)• (17:00 - 17:30) 不定期・特別番組• (毎年秋)• (中四国の民間AMラジオ8局9県ブロックネットで放送。 年数回ホスト局となる。 (1月の最終土曜。 (ナイターオフ期間のみ)• 純次と直樹• (ナイターオフ期間のみ)• (ナイターオフ期間のみ)• 林家たい平 たいあん吉日! (ナイターオフ期間のみ)• (・開催時にはKRYからもパーソナリティーを派遣)• (ナイターオフ期間のみ)• 週刊なるほど! ニッポン• (ナイターオフ期間のみ)• (ナイターオフ期間のみ)• 魔法のラジオ• の危機耳ラジオ〜その時のために〜• (ナイターオフ期間のみ)• (火曜会)制作• その他各局制作番組• (JRN系九州沖縄山口8局ブロックネット)• NEXCO西日本Drive. Escort()• 今日のこころ 私のこころ(RCCラジオ)• (RCCラジオ)• 聞いて安心! 過払い金法律相談()• (静岡放送)• の花咲キラジオ()• 小金沢くんの波乗り歌謡曲• あの頃ミュージック• (制作)• (マール制作)• 過去に放送したラジオ番組 [ ] 自社制作番組 [ ] 1年以上継続した、または放送時間が1時間以上の番組を掲載する。 朝ワイド• 採れたて生出荷! 勝津正男の情報畑(月曜 - 木曜、1993年10月 - 1995年3月)• 池内博子の風に吹かれて(金曜、1993年10月 - 1995年3月)• 朝は採れ生パパラジオ(1995年4月 - 1999年4月)• 勝津正男・徳本恵子の情報畑〜勇気栽培〜(1999年4月 - 2002年3月) 昼ワイド• 歌謡曲リクエストタイム(1969年2月 - 1973年9月)• KRYジョイジョイ・アフタヌーン(1973年10月 - 1988年3月)• あんたのんたの昼からワイド(1988年4月 - 1993年10月)• 治美のそれっちゃそれそれ!! Sole! (1993年10月 - 1999年4月)• きららWave(2001年7月 - 2002年3月)• 昼休みほっとサイト(2002年4月 - 2003年3月)• ホットバザール〜ランチのあとで〜(2002年4月 - 2003年3月)• (1993年11月 - 2001年3月、放送開始時は平日のみの帯番組。 のちに週末の放送も開始。 下記参照。 吉田治美の今日もハッピー(2001年4月 - 2003年9月) その他平日の番組• KOIKAN(第1期:1999年4月 - 2000年3月、第2期:2007年4月 - 2009年3月)• KRYミュージックセンター(1962年5月 - 1965年12月)• マツダハイウエイミュージック(1965年8月 - 1993年10月)• きのうかな! きょうかな? (1978年4月 - 1981年3月)• ミッドナイトブレイク(1982年4月 - 1999年9月) 週末の番組• 土曜の午後はあなたごのみの演歌大行進(1979年4月 - 1993年9月)• 演歌パラダイス(1993年10月 - 2005年3月)• (2005年4月 - 2011年3月)• サタデーミュージックコミック(1993年10月 - 1997年3月)• 土曜スペシャル 週刊サタデーストリーム(1998年4月 - 2002年3月)• 家ィ(2002年4月 - 2005年3月)• KRYナビ(2005年4月 - 2007年3月)• さたてん(2002年4月 - 2009年3月)• 土曜電話リクエスト「キッスオンザフォン」(1979年10月 - 1984年3月)• サタデー音楽でNIGHT(1986年10月 - 1988年3月)• 大きなくすの木学校で(1990年10月 - 1992年4月)• 電リクZACBARAN! (1992年10月 - 1995年3月)• 電リクjamjamjam(1995年4月 - 2000年3月)• Neo Colla! 〜ネオコラ〜(2001年10月 - 2002年3月)• のネットDEドタキャン(1998年4月 - 2000年4月1日)• ヤスベェの沸騰王-フッキン-(2000年4月 - 2002年3月)• VOICE(2002年4月 - 2003年3月)• (1991年4月 - 1994年3月) - TBSラジオ発の企画ネット番組• (1994年4月 - 1995年3月) - 上記の引継ぎとなるTBSラジオ発の企画ネット番組。 クラクラは現在記者の、ひろこは。 (1995年4月 - 1998年) - 上記のスポンサードを引き継いだニッポン放送発の企画ネット番組• Gon(1994年4月 - 1995年3月)• ラジQ(1995年4月 - 1997年3月)• 日曜スペシャル KRYウィークリーチャート SUNDAY KISS(1998年4月 - 2002年3月)• からくりじゃもん(2000年10月 - 2003年3月)• やまぐち(西暦)(ラジオドキュメント)• (1975年10月 - 2006年9月23日)• Boon! Boon! (2003年 - 2006年10月)• 治美姫じゃ(1977年6月 - 1981年7月)• わっしょい! にちようび(1981年12月 - 1993年10月3日)• 日曜治美ランド(1995年4月 - 2002年3月)• こりゃーえーが(2000年1月 - 2011年)• (2013年 - 2014年)• 京太郎・噂のラジオ(2000年4月 - 2016年3月)• のGOKU旅! ネット番組 [ ]• (ただし文化放送では放送されなかった「裏送り」番組)• (1988年 - )• 土曜6時台発全国ネット番組• (中途打ち切り。 ( - 2012年12月)• (一時期ネットを実施。 その後しばらく未ネットであったが「小沢昭一的こころ」終了に伴い2013年1月に放送を再開。 その後同年3月に再び打ち切った)• 未来の地図• ナオ ON SALE! (RCC発)• アニソン女子部• (RFラジオ日本)• (火曜会)• (CBCラジオ) - この番組を長きにわたって8時スタートで設置したが故に「日本全国8時です」は長らく放送されなかった• (RKBラジオ)• の (RCCラジオ) - かつては「」に内包していた。 提供、中国4局5県ブロックネット番組• (2010年4月から CBCラジオ) - CBCでは「」レーベル内で放送。 パーソナリティのが出身であることから唯一のネット。 そのため事実上の後番組『』以降はネットしていない。 気象予報士・伊藤香の晴れたり曇ったり• (RCC)• 陰山英男の放課後ラジオ(RCC)• (火曜会)• 千花の散歩道(、)• (レギュラーネットとは別に、2018年4月1日に60分単発で放送 )• コレ知ってます? (KNB)• 浄土真宗親鸞会の時間(SBS)• のやっぱり走って損はない• (RKB) 他 テレビ [ ] 県内での視聴率は、、、、の4部門すべてにおいて第1位で、年度視聴率で1996年度から16年連続で首位を達成している ジャーナリストの坂本衛によれば、1960年3月から極一時期、子供たちの夜更かしをしての視聴を極力控えることを目的に、20時の時報の前に「子供の皆さんの時間はおわりました」との字幕フリップを表示したことがあったという。 山口県内のテレビ局の中では自社制作番組の比率が比較的高く、平日朝は『』『』を差し替えて、『』を放送しているほか、夕方は10年以上自社制作枠としている。 また、かつてはNNN全国ネット番組の制作も手がけており、1999年10月からは「」枠で全国ネットの深夜番組『』を制作。 2000年4月からは同枠で『』( - 2006年3月)を放送していた。 1991年には、開局35周年記念事業の一環として、2時間ドラマ『』(主演)を制作、枠で全国放送された。 ドキュメンタリー制作にも力を入れており、の自社担当分については幾度か賞を受賞している。 テレビアニメの放送に関しては、「」のタイトルでフジテレビ系のテレビアニメを時差放送していた以外は原則日本テレビ系同時ネット番組のみとなっていた。 2010年春の改編で、『』のネット再開とあわせて、初の『』の放送を開始、既存の『』(NNS同時ネット番組、番組そのものは2009年10月から放送されていた)とあわせて「日曜朝はKRYのアニメをどうぞ」とPRしていた。 については、『』、『』、『花田少年史』、『』、『』、『』と計6作放送している。 送信所 [ ] 「」も参照 山口放送は地理的状況から、複雑なネットワーク変遷をたどった。 開局当初 [ ] 開局当初は、日本テレビ系列をメインとしたオープンネットであった。 そのため、ニュースも各系列から供給された。 NTV - 『』、『』• - 『朝日新聞ニュース』・『』【隔日】• - ローカルのレギュラー枠は無く、フジテレビの『』を受けて一部をローカル取材で差し替えた『ラジオ山口テレニュース』および『ラジオ山口テレビウィークリー』。 ラジオ山口テレビの開局当時、山口を通るのは2本しかなく、広島では RCC が、福岡では RKB がそれぞれ本線を使用し、かつ両局ともメインネットがラジオ東京系列(当時。 ただ、仮にラジオ東京系列に入ると、県東部では中国放送、県西部ではRKB毎日放送がよく入るため、山口放送と番組がかぶることとなり、営業上こうした点が危惧された。 そのため、「四国周りで九州を経由する」という複雑な回路ではあったものの、日本テレビ系列に入ることを決めた。 山口放送が利用する回線が四国周りとなったのは、四国の先発局がすべて日本テレビ系列だったため。 なお、九州地方の先発局はを除きすべてTBS系列となっている。 関門テレビ局開局 [ ] 下関をエリアとする関門テレビ局は、、で4chの予備免許を受けたが、その際に電波と番組に規制が入った。 主な規制は、以下のとおり。 少ない電波事情から、RKB、RCCなど他局4チャンネルの視聴者を保護するため、 西と南方向の電波を規制する。 エリアを共通とする他地域の民放局( RKB、TBS系 、 TNC、 当時は日テレ系 、 KBC、 当時はフジ系・NET系クロス )と内容を同じくする番組は、 1日の放送時間に対して3分の1以下とする。 こうして、関門局は徳山本局と異なる番組を放送する独立した親局となり、 民放一社が2つの独立する親局を受け持つ(1局2波体制)という、全国初の出来事となった。 そのため、当時の県内向けの新聞のは、『山口テレビ(徳山・萩・岩国)』と『山口放送関門』のように並列で掲載され、全国でも前例のない事態になった。 この事態はにTNCが日テレ系を離脱し、徳山本局と同じ番組が流せるようになるまで続いた。 この当時のニュースも、徳山本局と関門局とで別のものが放送された。 徳山本局・関門局共通 - 『朝日新聞ニュース』、『』、「」(自社制作、第I世代。 スタート。 関門局 - 『』(フジ系『共同テレニュース』受け・ただし『』差し替え分は徳山局でも放送)。 周南・関門局編成一本化 [ ] にテレビ西日本がフジテレビ系列にネットチェンジし、九州朝日放送がNETのフルネット局になったことでから日本テレビ系列局が消滅。 これにより関門テレビの番組規制が無くなったため、山口放送テレビの番組は、徳山本局・関門テレビ同時ネットになった。 に FBS が開局するまでは、事実上福岡県での日テレ系列を補完する役割を持っていた。 これに伴い、北部九州地区へカバーする目的で日本テレビは山口放送と業務協定を結んだ。 なお、九州におけるNNNのニュース取材については福岡放送が開局するまで日本テレビが福岡に九州分室を設置していた。 当時の名残はその後も残り、山口放送からのは、『JOPF-TV山口放送テレビジョン』『JOPM-TV山口放送関門テレビジョン』と並列してアナウンスされる状態が1990年代後半まで続き、関門テレビでも、ごく一部ではあるが、番組差し替えが行われていた。 24時間放送開始後も、「オープニング」「クロージング」画面上は、『JOPF-TV』『JOPM-TV』と、周南・関門両局のコールサインが並列表示されていた。 しかし、では周南本局のみが親局となったため、のアナログテレビ終了をもって、関門テレビ『JOPM-TV』の歴史に幕が下ろされた。 4月、が開局した。 同局はTBS系列メインのフジテレビ系列およびNET(現テレビ朝日)系列のとして開局したため、以降山口放送では日本テレビを中心に、テレビ山口の編成から漏れたフジテレビ・NET・TBSの番組も放送する形態となった。 1月、NNNニュース大改編に伴い、18時台の『テレビ夕刊』(第II世代、12分)を軸に昼前、午後にそれぞれ、「KRYニュース」をおいた。 6月、山口県出身の首相が死去した際、山口放送はNNNキー局の日本テレビにの制作を打診したが、当初はNNNでの報道特番制作の予定はなかった。 この間に早々とFNN(フジテレビ系)で2時間の報道特番が放送されることが決定し、山口放送は「 FNN特番のネットを了解してほしい。 その際にニュースのネットを求められれば応ぜざるを得ない」旨を申し合わせのうえ伝えた。 これを受けた日本テレビは急遽報道特番を制作。 当然のことながらKRYはNNNの報道特番を同時ネットした。 、KRYテレビ夕刊(第III世代)が、30分に拡大。 『毎日新聞ニュース』終了。 この頃、日本テレビで放映されていた『』『』『』『』などの内容が低俗化が進んでいることを訴えたが改善されなかった。 なお、朝番組のネット再開は1979年4月スタートの『』から、深夜11時台の日テレバラエティのネット再開はテレビ朝日系脱退(クロスネット解消)に伴う『』放送開始からである。 その後山口放送では『11PM』の後番組として、当時テレビ山口がクロスネットを組んでいたフジ系の『』をネットした。 山口放送でこうした措置を取ることができたのは、当時テレビ山口はTBS系メインのクロスネット(ただしフジ系は番組ネットののみの加盟)で、この時間帯にJNN協定適用番組の『』を編成していた時期がある他、『』が編成によっては繰り下がるケースがあり、『プロ野球ニュース』の編成が物理的に難しかったことや、当時山口放送がフジテレビとも資本関係があったためとも考えられる。 ただし、山口放送は系列外であることから周辺系列局から難色を示された他、『きょうの出来事』との間に別番組を挟まず、5分間のディレイネットを行うために 遅れ放送の時間を調節するための機械 をこの為に開発したという必要に迫られるなど、ネットは予想以上に難航した。 、テレビ山口のネット系列からが外れる。 そのため、昼間のなどの新規ネット開始とともに、テレビ山口で放送されていたANB系列番組の一部が翌年4月までに山口放送へ移行してくる。 逆に山口放送で放送されていたTBS系列の番組が全てテレビ山口へ移行する。 、ANNであるが開局したことにより、民教協関係以外の制作の番組が全て山口朝日放送へ移行。 これを以って、山口放送は日本テレビのとなった。 と親交のある赤尾嘉文(後の会長、2019年死去)が社長に就任して以降、日本テレビとの関係は急速に改善された。 赤尾は日本テレビの社外取締役も務めたことがある。 フジテレビの社長・会長を務めたが、系列外でありながら一時山口放送で社外取締役を務めたことがあった。 また、フジテレビがテレビ山口にFNN加盟を打診したことで端を発したテレビ山口のFNS脱退の際、それと前後する形でフジテレビは山口放送にFNS-FNN加盟を打診したことがあったという。 現在放送中のテレビ番組 [ ] 山口放送が現在放送している基本編成に関しては「」を参照。 (12月第3日曜 11:50 - 14:25、西日本14局ネット )• (不定期放送、NNN系列中四国7局持ち回り制作) ローカル番組• (月 - 金 5:20 - 6:30)• レノファTV(木 6:15 - 6:20頃、「KRYニュースライブ」でも金曜日に放送)• (月 - 金 16:53 - 17:53)• (月 - 金 18:15 - 19:00)• ナビすた! (土 10:20 - 10:30)• (土 17:20 - 17:30)• はつらつ山口っ子(日 10:55 - 11:10、山口県広報番組)• 元気創出! やまぐち(日 11:10 - 11:25、山口県広報番組)• しものせき21(日 11:50 - 12:00、下関市広報番組)• (毎月最終週・日 6:00 - 6:15)• ジョイ企画 制作番組• イベント・ダイアリー• KRYシアター(年末年始深夜)• レノファTVスペシャル レノファ山口FC実況中継(年1試合) ネット番組 [ ] 日本テレビ系列局制作番組・時差ネット [ ]• (月 11:25 - 11:30、制作)• (火 00:54 - 01:24、制作)• (火 01:24 - 01:54、制作)• (火 11:25 - 11:30、日本テレビ制作)• (水 00:54 - 01:24、制作)• (水 01:24 - 01:54、制作)• (金 00:54 - 01:24、日本テレビ制作)• 土 00:30 - 00:59、広島テレビ制作)• (土 013:00 - 014:30)• (日 06:00 - 06:15、中京テレビ制作)• (日 06:30 - 07:00)• (日 09:55 - 10:50、読売テレビ・中京テレビ制作) - 土曜16時枠より移動。 (日 13:00 - 13:30、読売テレビ制作)• (日 13:30 - 15:00、読売テレビ制作)• (2010年4月より不定期放送、読売テレビ制作) - 一時期は日曜6時にレギュラー放送していた。 現在はスポーツ番組等の「つなぎ」で放送するか、旅人が山口県を訪れた放送回のみの放送にとどまっている。 蛇足ながら読売テレビで本番組が放送されている時間帯には『』を日テレと同時ネットしているが、この番組も2010年10月 - 2013年3月は枠移動を繰り返していた。 故に最大22日の遅れネットとなっていた。 2013年4月より同時ネットに復帰。 (日本テレビ制作) - 山口代表が出場する日の試合と準々決勝以降の試合の生中継を受ける。 「サッカー魂」は一部局向けのハイライト番組。 イオンモールカップ高等学校書道パフォーマンスグランプリ中四国大会<決勝大会>(2月第1土曜 10:30 - 11:25、制作) フジテレビ系列局制作番組 [ ]• (火 01:54 - 02:24、4年3ヶ月遅れ)• もともと、地場スーパー『』の一社提供枠で日曜11時から放送していた「」として放送していたもの。 なお、前番組の「」と同じくの3時間アニメスペシャル放送の際、テレビ山口で「」と「」がネットされていたので両局間の調整の関係で「マルキュウサンデー劇場」で放送された番組のみ(最後に放送されたのは『ONE PIECE』)を放送するという特殊な形をとっていた。 (「 スイドラ」に改題。 木 00:54 - 01:49、9日遅れ)• なお、上記以外のフジテレビ系の番組は、テレビ西日本・テレビ新広島・山陰中央テレビ・テレビ愛媛 一部地域のみ 及び衛星放送のBSフジ・フジテレビワンツーネクスト(それぞれ一部番組のみ)でも視聴可能である。 テレビ東京系列局制作番組 [ ]• (木 25:24 - 25:49)• (土 9:25 - 10:20)• (土 12:00 - 13:00) - 再放送を日曜12:00 - 13:00に実施• (土 16:00 - 17:00、制作)• (土 24:50 - 25:45)• (日 17:00 - 17:30、テレビ大阪制作) 民間放送教育協会(民教協)制作番組 [ ]• (金 10:25 - 10:55) その他 [ ]• (土 05:30 - 05:59、テレビ埼玉プランニング製作) 過去に放送したテレビ番組 [ ] 自社制作番組 [ ] 全国ネット番組(レギュラー、いずれも東京支社制作) [ ]• ローカル番組 [ ]• ・主催ホームゲーム• 山陽線物語(1964年11月3日、9:30 - 11:20放送、広島テレビの開局後ながら、TBS系列局のとの共同制作)• ( - 1993年度)• ジョイ企画制作番組のうち、「 テレビタウン情報暮らしのBOOM」(日曜夕方)、「続々情報館」(土曜午前中)、「街角タイムリー」(月曜昼前、以上は5分番組)、「 山口・九州週末スポット情報」(金曜昼前、1分間スポット)• ZIP! 〇印は「マルキュウサンデー劇場」枠での放送 NNS系列局制作番組(時差ネットのみ) [ ]• (途中からに切り替え)• (時差ネット)• (読売テレビ制作、第一期のみ)• (読売テレビ・中京テレビ共同製作)• (中京テレビ制作)• フジテレビ系列局制作番組 [ ]• (17:00 - 17:45)• (テレビ山口へ移行)• (月曜18:00 - 18:30)• (1996年10月、テレビ山口から移行)• 金曜名画劇場(の1週遅れ)• (1979年9月まで、同年10月にテレビ山口へ移行)• 日曜19時台前半アニメ枠(当時)• (約5ヶ月遅れの土曜18:00 - 18:30枠)• (水曜17:15 - 17:45枠)• 番組販売扱い)• (土曜23:00 - 23:30枠)• (ゴールデン進出後はテレビ山口で放送)• (制作、テレビ山口が「」の同時ネットを開始したため移行)• (同時ネット)• (東海テレビ制作)• ほか テレビ東京系列局制作番組 [ ]• (土曜日16:00 - 16:55)• 〇(本放送時はテレビ山口にて放送されていた為再放送扱い)• は山口朝日放送で放送)• (BSジャパン制作)• (1979年4月、テレビ山口から移行。 (土曜22:00 - 22:54に遅れネット)• (朝日放送製作。 1978年4月、テレビ山口から移行。 『』以降。 (1978年10月、テレビ山口から移行。 同時に司会者がに交代。 (1979年4月、テレビ山口から移行。 1週遅れネット)• シリーズ〇• (日曜22:30 - 23:25に遅れネット)• (モノクロ時代のみ)• 火曜21時(1978年10月、テレビ山口から移行)• (主演)• 日曜19時後半枠• (朝日放送製作)• (朝日放送製作。 1979年4月、テレビ山口から移行)• (毎日放送製作。 大阪地区の腸捻転解消前の1963年10月 - 1964年9月、関門局のみで放送。 解消後の1975年4月からテレビ山口で再開)• (テレビ山口に移行。 山口放送からテレビ山口に移行した珍しいケース)• (製作。 民教協以外で山口放送の編成に残ったANN系列番組)• (木曜18:00 - 18:30)• (火曜18:00 - 18:30)• (水曜18:00 - 18:30)• (毎日放送製作、腸捻転解消前)• (毎日放送製作、腸捻転解消前)• ほか TBS系列局制作番組(テレビ山口開局前) [ ]• (モノクロ版)• (ABC制作・腸捻転時代)• (ABC制作・腸捻転時代) TBS系列局制作番組(テレビ山口開局後) [ ]• (後の。 1975年3月時点では、本放送=月曜22:00 - 22:55、再放送=月 - 金曜14:35 - 15:30)• (テレビ山口開局後も引き続き放送)• (テレビ山口開局後も引き続き放送。 1973年6月時点では土曜10:30 - 10:45)• (朝日放送制作。 1973年6月時点ではTBS系全国ネット扱いで土曜14:30 - 15:00。 腸捻転解消後の系番組としての放送状況は不明)• (テレビ山口開局後も、系列ネット交換まで一部作品を放送していた)• (テレビ山口開局後もスポンサーの意向でしばらく継続・1975年頃までには移行を済ませる)• (朝日放送制作。 大阪地区での腸捻転解消後も、NETテレビ系番組として放送)• (ABC制作。 本放送終了および腸捻転解消後、NETテレビ系番組として月曜日-金曜日16:45-17:15枠で集中放送。 また、2015年の日本テレビ制作テレビドラマも放送)• (制作。 2003年まで放送) 民間放送教育協会(民教協)制作番組 [ ]• その他 [ ]• ケーブルテレビ再送信局 [ ] 以前は以下ので区域外再送信が行われていたが、いずれもアナログ放送のみだったため2011年7月24日の終了と同時に廃止された。 (津和野町のうち、旧日原町の区域のみ)• (1994年)• (2004年)• (2014年)• 藤澤達弥(2019年) 女性• 深澤朝香(2018年)• (2020年) 気象予報士• パーソナリティ(アナウンス室に掲載されている人物)• 鈴木久美• 山本恭子• 清家律子• (1993年・元アナウンサー)• (1993年・元アナウンサー)• 福井恭子• (1995年・元アナウンサー)• 中村恵理• 水津香織• 北川かす美• 山根由紀夫 - 周南市出身。 ラジオ「」などを担当。 男性 [ ]• (開局時により応援出向)• (1999年 - 2006年、に移籍)• (1970年 - 2006年、在職のまま急逝)• (1992年 - 、現在は記者)• (1997年 - 2011年 現在フリーキャスター)• 藤井達也(1988年 - 、現在は編成業務局)• (に移籍)• (1992年 - 1998年、に移籍)• (1997年 - 2011年 でフリーアナウンサーとして活動後、帰郷し現在はアナウンサー)• (2010年4月 - 2015年3月 、その後アナウンサー、2019年8月31日付で退社)• (2015年 - 2017年)• (2017年 - 、他部署所属) 女性 [ ]• (1994年 - 1998年)• (1973年-2010年、定年後の2010年から2015年は専属パーソナリティとして出演していた。 磯野恭子(1959年 - 2006年、後にディレクターに転向、常務取締役を歴任。 2004年 - 2010年岩国市教育長。 2017年逝去)• 内田美香(後にのと結婚)• (2009年 - 2013年 現在はフリーアナウンサー)• (1994年 - 2003年)• (2008年 - 2015年7月31日)• (2004年 - 2007年、アロー号リポーターとして活躍。 (1992年 - 1997年)• (1993年 - 1997年。 現在は中継に出演することが多い)• (1993年 - 1997年)• (1997年 - 2005年)• (1998年 - 2002年)• (1974年 - 1994年、退職後も2002年頃までKRYラジオに出演していたが、2003年逝去)• (1988年 - 2011年)• 若井典子(1993年 - 2011年)• (2002年 - 2011年)• (2005年 - 2009年、2019年4月-9月• (1985年 - 2015年)• (2010年 - 2017年・2代目やまぐちローズクイーン)• (2012年 - 2019年)• 今井香里(2019年 - 2020年)• 「」 「マウ」は放送開始40周年の時に制定(1995年8月25日)。 「ミウ」は2001年に放送開始45周年を記念してマウのガールフレンドとして登場。 名前は視聴者からの一般公募で命名された。 キャッチフレーズ [ ]• 「夢中・熱中・放送中」 「ミウ」の登場時に変更。 (2001年には「夢中・熱中・感謝中」とアレンジ)• 「TRY KRY」 2009年春の改編時に変更。 「ギュッ! っとやまぐちKRY」 2015年春の改編時に開局60周年記念として変更。 現在使用中。 情報カメラ設置ポイント [ ]• 本社屋上(周南市・2001年に発生したでカメラが落下してしまい、発生から数ヶ月間設置していなかった。 からHD)• (下関市) - の開業と同時に設置(2007年からHD)• (萩市)• 山口支社屋上(山口市) - 設置• 和木ゴルフ倶楽部(場所はだが、主に岩国市内を映す)• (宇部市)• (柳井市) - の開業と同時に設置• (防府市) - 設置• 岩国医療センター(岩国市) - 岩国周辺を映す。 2013年に設置• 仙崎(長門市) - 仙崎周辺を映す。 2013年に設置。 徳山医師会病院(周南市) - 2014年6月設置• 東京スタジオ - 2014年6月設置 かつての設置場所• (下関市) - 2008年廃止 映画 [ ] 近年、山口放送は制作にも積極的に参加している(実写映画はいずれも監督作品)。 (2003年)• (2004年)• (2006年)• (2007年)• (2009年、アニメーション映画)• 「チルソクの夏」と「カーテンコール」には、アナが端役ながら出演している。 「出口のない海」にも同様の出演が予定されていた(佐々部監督の公式サイトでの日記による)が、井上アナの急逝のため叶わなかった。 「マイマイ新子と千年の魔法」にはアナが声の出演を果たしている。 このほか、2016年には開局60周年記念事業として、過去に放送したドキュメンタリーを再構成した映画「」を制作している。 脚注 [ ] [] 注記 [ ]• 「山口放送三十年史」によれば、山口放送はあくまでも「日本テレビ系列局」として、1978年当初はニュースネットワークとしてのANNには加盟していない、としている一方、1983年9月30日付「毎日中学生新聞」の新番組案内別刷りでは、「ANN加盟20社」の中に山口放送も掲載されていた。 1964年9月時点の関門局の番組編成は、徳山本局と比べて日本テレビ系からのマイクロネットは少なく、他系列については徳山局とほぼ同じで、それに代わり自主的なフィルム番組が半数に至る(徳山本局は平均並み)編成であった。 (東京放送のあゆみ・1965年)• 放送中の番組を録画しつつ数十分遅れで放送させる装置で最大二時間前後まで可能だった。 現在の家庭用レコーダー等でも使用されている追っかけ機能の放送機器版。 「山口放送三十年史」によれば、2つのリールテープ(片方はカラのもの)を装置にはめ込み、片方のリールでFNSのネットワーク上に流れてくる『プロ野球ニュース』を録画し、山口放送側の放送時間になったら、右側のリールを回転させながらオンエアに乗せる、というもの。 など一部は時差ネット• 放送枠の関係上、準々決勝以降の中継にとどまった。 開局に伴い、1994年度より移管。 山口放送ラジオでは引き続き中継。 山口放送では、第5シリーズの前半まで放送• 但し、提供クレジットとエンドカードはブルーバックで、自社で送出していた。 1970年4月のテレビ山口開局後も、「」までは、本放送・再放送共に、引き続き山口放送で放送していた。 出典 [ ]• Lafla. 2016年1月1日閲覧。 『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、401頁。 日本民間放送連盟『日本放送年鑑'78』洋文社、1978年12月、283頁。 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、391頁。 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、414頁。 写真アルバム 周南・下松・光の昭和 樹林社 210頁• KRY山口放送• エフエムKRY• - 山口放送番組審議会• - 中国総合通信局 2015年6月16日• - 中国総合通信局 2014年12月1日• - 中国総合通信局 2015年2月13日• - 2015年7月21日• プレスリリース , 総務省中国総合通信局, 2015年6月8日 , 2016年12月29日閲覧。 - 知財ポータルサイトIP Force• 2012年4月5日 木 第57巻 第13785号 日刊合同通信。 日本テレビ放送網 『大衆とともに25年 -沿革史-』、1978年、186頁。 日本テレビ放送網 『大衆とともに25年 -沿革史-』、1978年、137頁。 出典:山口放送三十年史• 中国新聞、1964年11月3日・4日、テレビ・ラジオ欄。 4日には「アンテナ」に番組の寸評を掲載。 2017年8月3日. 2017年9月23日閲覧。 山口東版. 2017年8月3日. 2017年9月23日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• kryradio -• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 1NNS非マストバイ(非フルネット)局。 5加盟局が運営・出資する(CSチャンネル)。 2020年現在では日本テレビのみが運営・出資している。 6開局、閉局。 7太字はNNN・NNS双方に加盟。 細字はNNNのみに加盟。 8旧NTVは2012年に現NTVに放送免許を譲渡。 9加盟当時はSKT静岡県民放送。 10CTV開局後はNNSのみダブルクロス。 11母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。

次の

今日の番組表[山口 / 24

山口 放送

八木美佐子アナ 山口放送 のwiki風プロフィール• 八木美佐子アナの身長は?カップ画像と美脚!!• 八木美佐子アナが元モデルでミス東海!?かわいい!!• 八木美佐子アナが熱愛の彼氏?? Table of Contents• 八木美佐子アナ 山口放送 のwiki風プロフィール 出典: 八木美佐子アナのプロフィール 名前 八木 美佐子 やぎ みさこ 生年月日 1992年10月23日 年齢 24歳 出身地 山口県下関市 身長 — 体重 — 血液型 B型 入社年 2016年 担当番組 熱血テレビ 最終学歴 東海大学文学部 所属 山口放送 趣味、特技 漫画、アイドル、ダンス、映画鑑賞 資格 — 八木美佐子アナは1992年生まれの24歳。 現在の勤務地でもある 山口県の下関市出身です! 地元の中高一貫校である 県立下関中等教育学校で学び、 2011年に卒業。 私は下関中等教育 学校の二期生です。 学校へ続く長い坂を友達たちと登っていたことが、つい 昨日の事のように感じられます。 下関中等教育学校の魅力の1つは、国際交流の機会がたくさんあることで す。 3回生の時に行ったオーストラリアへの語学研修は、自分の拙い英語が通 じないなど、ただ楽しいことばかりではありませんでしたが、自分を大きく 成長させてくれる経験でした。 交換留学生として韓国に行き、釜山の高校の 生徒と平家踊りを踊ったこともあります。 因みに、選択授業で中国の生徒との手紙交換でもらった成龍(ジャッキーチェン)のブロマイドは宝物です! 下関中等教育学校は、新しいことや知らないことへの挑戦が出来る場所です。 6年間で培ったチャレンジ精神が、今の仕事を選ぶきっかけにもなりました。 引用: 趣味の映画鑑賞もジャッキー・チェンのものを 好んで見るということで、 最近の若い女性にしては珍しい? かもしれませんね! 大学は東海大学文学部に進学! ヨーロッパ文明学科で勉強していました。 絵画、言語、宗教……様々な分野の研究をしている学生がいます。 まだ何がしたいか決まってない人も、ヨーロッパ文明学科の様々な講義を受ければ、興味のある分野を探せると思います。 気になった方はぜひ学科のホームページも見てくれると嬉しいです。 あなたに会えることを楽しみにしています。 引用: 可愛いからついつい使いたくなっちゃう(笑 女子アナになるべく テレビ朝日アスクに通っていた形跡も! アスクのホームページの合格実績(2016年)に しっかりお名前が出ております! 入社は2016年。 高校卒業から5年経過しているので、 浪人?留年??留学???のいずれかですかね。 現在は熱血テレビのほか、 KRYさわやかモーニング、 KRYニュースライブなどにも出演し、 リポート、リポート、リポート!!の毎日。 県内を飛び回っています!! スポンサードリンク 八木美佐子アナの身長は?カップ画像と美脚!! 八木美佐子アナの身長は どのくらいなのでしょうか?? こちらの画像をご覧ください。 出典: 一緒に映っているのは アイドル「チームしゃちほこ」。 八木美佐子アナの隣にいる赤の衣装の子が、 秋本帆華さんという方らしいのですが、 この子の身長が157cmとのこと!! それよりもわずかに高い八木美佐子アナ。 ちょっと、伊東美咲さんや 波留さんのような、 そういうクラスの可愛さがあります!! 素人ですよ、素人。

次の