グラタン 作り方 簡単。 【手抜きが手抜きじゃない!?】自宅で簡単手軽!美味しいグラタンの作り方

【手抜きが手抜きじゃない!?】自宅で簡単手軽!美味しいグラタンの作り方

グラタン 作り方 簡単

マカロニグラタンの下ごしらえ 用意するメインの材料は、 マカロニ、牛乳、鶏もも肉、玉ねぎ、椎茸で、バター、小麦粉、塩、こしょうも使用します。 鶏肉等の代用については下記補足に。 椎茸は軸を切り落として2~3㎜幅に、玉ねぎも同じく2~3㎜幅に切ります。 マカロニは鍋にお湯を沸かしてティースプーン1杯ほどの塩(分量外)を加え、袋の表示時間通りにゆでてざる上げしておきます。 自分で切る場合も1㎝角を目安にしてください。 玉ねぎを入れる前に塩ひとつまみ、こしょう少々(各分量外)で下味をつけます。 鶏肉だけで1分ほど炒め、続けて玉ねぎを加え、さらに1分半ほど炒めます。 玉ねぎにも透明感が出てくるまで炒めましょう。 椎茸を加えて、さらに1分ほど、椎茸がくたっとするまで炒めたら火を止めます。 小麦粉大さじ2をフライパン全体にふりかけるように入れ、バター5gほども加え、炒めた具材とともに、フライパンの中でそのままホワイトソースを作っていきます。 小麦粉とバターを加えたら弱火にかけ、 箸で混ぜながら、具材に小麦粉をなじませます。 30~45秒ほど弱火にかけるのですが、フライパンについた粉も具材にからませつつ、白っぽい色合いがなくなるまで火にかけます。 そうすることで、ダマになりにくく、きれいなホワイトソースに仕上がると思います。 火を少し強め、箸で全体を常にやさしく混ぜながら、具材と牛乳をなじませます。 具材に絡んでいた小麦粉と牛乳が次第に混ざりあって、全体的にとろみがついてきます。 湯気が立って沸く直前くらいまで火にかけてOKです。 同じように混ぜながら火にかけ、湯気が立って沸く直前くらいになれば、残りの牛乳を加え、同じことを繰り返します。 最後の牛乳を加えて混ぜながら火にかけ、とろみも出て、ホワイトソースが沸いてくれば 弱火にして7~8分ほど火にかけます。 弱火で煮る間はゴムヘラやスプーンなどを使い、 フライパンの底や淵を混ぜながら、7~8分後に下の写真のように"フライパンにさっと線を引いたときに、底面が一瞬きれいに見えるタイミング"までとろみを強くします。 ゆでておいたマカロニを入れ、ほぐし混ぜればグラタンのホワイトソースの出来上がりです。

次の

エビグラタン 作り方・レシピ

グラタン 作り方 簡単

作り方• にんじんは皮を剥いておきます。 鍋に湯を沸かし、塩をいれたらマカロニをいれ、パッケージの表記に従ってゆでます。 ゆであがったらザルにあけ湯切りをします。 玉ねぎは繊維に沿って薄切りにし、にんじんは5mm幅のいちょう切りにします。 ホワイトマッシュルームは薄切りにします。 ブロッコリーは小房に切り分けます。 エビは殻を取り、背わたを取り除いたら塩でもみます。 5分程度おいたら流水で洗いながし、キッチンペーパーで水気をふきとります。 中火に熱したフライパンにオリーブオイルをいれ、4をいれます。 エビの色が変わり火が通ったら皿に取り出します。 同じフライパンに2、3をいれ、中火で玉ねぎがしんなりするまで炒め、皿に取り出します。 キッチンペーパーでよごれを拭き取ったフライパンに有塩バターをいれ、弱火にかけます。 バターが溶けたら薄力粉をふるいながらいれ、ひとかたまりになるまで木べらでよく混ぜます。 弱火のまま牛乳を少しずつ加え、その都度よくまぜます。 グラタン皿に1をいれ8をかけます。 ピザ用チーズをのせオーブントースターでチーズにこんがりと焼き色がつくまで10分程度焼いて完成です。

次の

お鍋一つで♪ 簡単マカロニグラタン by mielle 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

グラタン 作り方 簡単

グラタンについて グラタン(Gratin)とは、フランス語で「おこげ」や「こげ目を付ける」を意味する言葉で、フランス南東部のドーフィネ地方の郷土料理が発祥です。 料理で焦げてしまった部分が美味しかったことから発展してきた料理ともいわれています。 日本でグラタンといえばマカロニや野菜、シーフードなどの具材をベシャメルソースやホワイトソースとからめて焼くのが一般的ですが、フランスではオーブンなどで表面を少し焦がした料理のすべてをグラタンといいます。 本場フランスでは、パンやフルーツなどを使ったデザートグラタンのレシピも数多くあります。 具材の組み合わせを変えるだけで簡単にアレンジが広がる料理なので、日本でもこどもから大人まで幅広く親しまれている人気の洋食メニューです。 グラタンの調理法について 基本のグラタンレシピは、まず、具材の下処理からスタートします。 ゆでたマカロニにオリーブオイルをからめておきます。 食べやすく切った鶏肉、玉ねぎ、ハム、マッシュルームなどを塩、こしょうで炒めて白ワインで風味付けをします。 ホワイトソースは手軽に市販のものを利用してもよいですが、コツさえ覚えれば家にある素材で簡単に作れます。 鍋にバターを溶かして小麦粉を入れ、焦がさないように弱火でていねいに炒めるのがポイントです。 別の鍋でチキンブイヨンを牛乳で少しずつのばして煮込み、塩、こしょう、ナツメグで味付けします。 焦げ具合は好みで加減してください。 早ゆでマカロニを使ったお鍋ひとつで作る簡単レシピです。 鶏肉と玉ねぎをバターで炒め、小麦粉を加えてなじませます。 牛乳とスープの素でとろみを出しますが、マカロニをゆでずにそのまま入れるので少し水分を多めにしておくのがポイントです。 あとはグラタン皿に入れてピザ用チーズや粉チーズをのせて焼き上げれば完成です。 お好みで野菜を加えればよりヘルシーに仕上がります。 冷蔵庫にある食材でグラタンが簡単に作れないかと考案されたレシピです。 鶏肉や玉ねぎなどの具材をバターで炒め、火を止めてから小麦粉を混ぜ合わせます。 次に牛乳、鶏がらスープの素、マカロニを入れてとろみがつくまで中火で煮ます。 煮込み終わったらグラタン皿に入れてとろけるチーズをのせ、粉チーズをかけて焼き上げれば完成です。 チーズをダブルでたっぷりのせるので、塩、こしょうは少なめがおすすめです。 パスタメニューの定番でもあるミートソースは、こどもから大人まで年齢を問わず大人気のメニューです。 イタリア南部では簡単な調理法しかなかったパスタに、北部のボローニャの裕福層が肉や野菜、ワインなどを贅沢に使用して作ったフランスの「ラグー」を合わせたことが始まりと言われています。 日本では明治から大正にかけていくつかの洋食屋がメニューに出し始めたといわれていますが、1959年・キユーピーが独立した缶入り商品としてミートソースを発売したことにより一般家庭に普及しました。 いろいろな食材と相性が良く、レシピも無限大であることから手作りでミートソースを作る家庭も多く、また気軽に利用できる缶詰やレトルトをアレンジする家庭も多くあります。 今回はミートソースの作り方からミートソースを使ったパスタレシピ、そしてパスタ以外にもご飯やトッピング素材を入れたもの、そしてデザートなどひと味変わったミートソースを使ったレシピと作り方をご紹介します。 日本生まれのパスタ料理「ナポリタン」は、戦後の横浜で発祥したと言われています。 ウインナーや玉ねぎ、ピーマンなどの具材を炒め、ケチャップで味付けし、パスタをあわせて炒めると、トマトの甘い香りが食欲をそそりますよね。 ケチャップで味付けするので、簡単に作れるのも魅力の一つ。 作り方がシンプルなので、アレンジは自由自在。 家庭によって味や具材が変わる料理です。 この記事では、ナポリタンの基礎知識に加え、基本のナポリタン、和風ナポリタン、ナポリタンのアレンジ、パスタ以外の麺で作るナポリタン、変わり種ナポリタンにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ペペロンチーノのといえば、ニンニクと鷹の爪を使った日本で人気のあるパスタです。 発祥はイタリアの中南部、アブルッツォ州付近です。 この地域は一帯に唐辛子の名産地があり、オリーブの栽培も盛んです。 日本には1970年代後半に入ってきました。 その後1990年頃におきた「イタ飯ブーム」により本場の形が知られるようになりました。 アレンジパスタはもちろんのこと、ぜひシンプルなペペロンチーノもマスターしてくださいね。 この記事では、ペペロンチーノの基礎知識に加え、基本のペペロンチーノ、キャベツを使ったペペロンチーノ、しらすを使ったペペロンチーノ、ブロッコリーを使ったペペロンチーノ、きのこを使ったペペロンチーノにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の