私のおじさん ドラマ レビュー。 韓国ドラマ「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん」レビュー

私の家政夫ナギサさん:大森南朋の“癒やし系おじさん”が可愛いと話題に ドラマP明かす起用の理由

私のおじさん ドラマ レビュー

《ネタバレ含む》私が見た韓国ドラマの中で、一番と言いたい!そのくらい内容が良かったです。 3兄弟 お兄さん最終話で男気見せてくれました! ・部下の3人・フゲの仲間たち他、みんな優しい人ばかりでした。 あんなパク部長に面倒見てもらったら、誰でも心を持ってかれちゃいます!ソンギュン氏はコヒプリの時も素敵でしたが、今回も、すっごく良かったです。 前回消してしまったので、今回は消さずに残してまた見直します。 本当に良いドラマです。 ドンフンさんのこころからの笑顔が見られてよかった。 プゲのおじさん達の同級生になりたいです。 心が温まるいいドラマです。 最後も良かった。 余韻が残ります。 号泣必至です。 温かくて、優しくて、辛い人生も描いてくれてるから、とても救われました。 ありがとうございます。 本当に本当に涙が出るほど、幸せなドラマでした。 明るく可愛い印象でした。 一転このドラマでは、暗くて薄幸な役柄。 ですが、いつもの明るさや可愛さを押し殺し、役になり切ってて、ビックリしました。 またIUちゃんの少し幼い顔立ちや、細くて華奢な体形も相まって、役柄の、危なっかしさや健気さ、切なさなどが倍増してる気がしました。 予想外に、彼女にピッタリな役だと思いました。 演技も上手! イ・ソンギュンさんはもう、あの声に尽きます!・・・私も盗聴したい!(笑) いえホントにホントに、素敵な声で、二人とも役にぴったり。 最初のお話の暗さで、見なくなる人もいるかと思うと、それは本当にもったいない。 皆さん書いてる通り、何度も心を揺さぶられ、涙するほど、あたたかい、切ない、お話です。 セリフの中に、人生があり、心がある、そんなドラマ、めったにないです。 おすすめです。 ラブストーリーのドラマと並行してみていましたが、気づいたらこれを見ることだけが楽しみでした。 見終わって、これ以上心が癒された作品に出会ったことないなと思いました。 また、凄く久々に号泣しました。 姉が見ていた未生-ミセン-はまだ見ていないので、同じ監督だからそれも見たいです。 ラブコメで現実を忘れるのも大好きですが、こういう、現実に寄り添ってくれるような作品が私には刺さりまくりました。 周りの為に嘘をつく優しさがとても切なくて、でもなぜか凄く分かるし、みんな悪いところも良いところもあって、その人間らしさを大切にしてるかんじがとてもとても好きです。 私はまだ高校生で、恋愛ではない韓ドラを周りと語れないので書きました。 ちゃんと観た方には、しっかり伝わり、心に響く(揺さぶられる)作品ですよね。 コメント欄の一番下でコメントしたのが一年近く前になりますが、当時はコメントも無くて評価があまりにも低かったので、書かせていただきました。 年に50本以上観ていますが・・・、楽しい、面白い、胸キュンする素敵なドラマは沢山ありますが、自分を見つめなおしたり自分の生き方を考えてみたり、自分にかかわる周りの人たちとの事を考えてみたり・・・と、人に対する思いやりや温もりを再度考えるきっかけになるドラマでもあると思います。 もっともっと多くの人に観ていただければと。 じわじわきます。 何度見ても泣けます。 暗い真っ暗いシーンが続きますが、根底に人の温かさが広がっている、奥深いドラマです。 質問があります。 ドラマostで、100万本のバラを歌っている男性は、イ ソンギュンさんですか?声が似ていますが。 でもこのドラマは何度でも見たくなる私の中では韓ドラNo. 1です! これを超える作品には、未だ出会ってません。 切なくて、それでいて心温まる 人が生きていく上で必要なものが詰まってる私の心の琴線に触れた秀逸作品でした。 OSTが更に涙を誘います。 人としての在り方を考えさせられるドラマでした。 出演者、特にジアンのセリフには、私自身色々気付かされました。 お婆ちゃんとのシーンでは、IUさんの生い立ちと重なってしまい、泣かずにいられませんでした。 本当にキャスティングが秀逸。 清掃兄弟のシーンは、気持ちをほっこりさせてくれ、とても癒されます。 次はどんな作品を出して下さるか楽しみです。 脚本家の一覧ももっと詳しく書いて頂けると嬉しいです。 IUちゃんの演技には脱帽です。 泣き崩れるシーンで、もらい泣きしました。 主演のイ・ソンギュンさん、コーヒープリンスの時はコン・ユさんがカッコよすぎて、良さがわかりませんでしたが、この役はまり役でしたね。 深く響く声が寡黙で誠実で優しい役柄にピッタリでした。 展開が気になり、あっという間に観てしまいました。 この作品のように、人の痛みを現実的にちゃんとくみ取ってくれるドラマはそうそうありません。 今の日本のドラマは韓ドラにはかないませんね。 私の数ある見たドラマの中でもトップにくる作品です。 皆さん言っているように、初めは暗くて見続けられるか心配だったのですが、中盤から目が離せなくなり、後半はほとんど泣きながら見ていました。 少しでも多くの方に見ていただきたい作品です!見終わると、幸せな気分になります。 最初は暗い雰囲気のドラマでしたが、次第に毎日ビデオで2度みるほどに引き込まれてしまいました。 映像、音楽、セリフの奥深さが素晴らしく、なにより登場人物たちの優しさに泣けてくる名作ドラマでした。 ひとりでも多くの人に見てほしいものです。 何だか寂しい…まだまだ観たい良いドラマでした。 心を持っていかれました。 何話を観ても何度目でも飽きない。 そんな作品は珍しい。 寂しくて悲しいけど心を埋めてくれる。 またOSTも完璧です。 泣ける。 ドラマなのに現実を感じます。 16681さんの感想で興味を持ち1話から見始めたのですが、本当に素敵な作品。 誰もがストレスを抱えているなか、さりげなく相手を思い遣る言葉や行動に触れると、見ている私まで心が柔らかくなっていくようで。 静かに淡々と描いている演出もよい。 より強く心に響きます。 BS11 での放送、11月4日~です。 仲間・家族などとの信頼や絆の深さ、人への思いやり等がぎっしり詰まっています。 IUの名演技にビックリです、今まではアイドルっぽい扱いの作品が多かったですが、180度違う役柄を見事に演じきっていて感動しました。 別にファンでも無いのですが・・・ タイトルで敬遠している方に、是非ご覧になってください、号泣必至ですw もちろん笑いどころも散りばめられていますし、中盤からはグイグイと引き込まれ一気観してしまいました。 観終わって清々しい気持ちに。 私の中では2018年のベスト3に。

次の

ドラマ『私のおじさん』のあらすじとキャスト一覧!出演者と登場人物の相関図

私のおじさん ドラマ レビュー

もくじ• 債権者から時に暴力をうけ、周りには敵か無視するものしかいない環境の中で誰も信用することができなくなっていた。 建築会社に勤務するドンフンは、仕事の行き詰まりと共に妻との関係にぎくしゃくしたものを感じていたが、妻が大学の後輩ジュニョンと不倫関係にあることには気づいていなかった。 ジュニョンは会社では社長職に就く上司で、ジュニョンとは折り合いの悪いドンフンは出世争いとは無縁だった。 ある日、ドンフンのもとに匿名の多額の商品券が届く。 ドンフンの会社で契約社員として働くジアンは、それが表に出ることができない代物だと気づき密かに奪い借金の返済に充てるのだが、債権者であるグァンイルは盗品であると察知しジアンを追い詰めようとした。 ジアンは商品券を回収し、会社でごみとして捨てられていたことにする。 しかし、このことがきっかけで、ドンフンは贈収賄とは無縁のクリーンで信頼できる部長として社内での評価が上がることとなった。 ジアンはドンフンから感謝されるが、一方でジュニョンから依頼されたドンフンを会社から追い出す裏工作を借金返済のために引き受けるのだった…。 DVD発売元ティーザー ここで、DVD発売元からの予告編を共有させていただきます。 そんな中、新たなあるいは久しぶりの出会いによって変化が始まります。 辛く哀しい現実を抱えた人たちがもう一度生きようと思える人生悲喜劇をほんのりとした柔らかい温かさで包んで見せてもらえました。 この作品は「未生」のキム・ウォンソク監督による演出。 この監督だったからこそ描き出される哀しみと癒しがありました。 キャストが高めたクオリティー キム・ウォンソク監督の演出のセンスと手腕は周知の事実。 さらに、本作から染み入る 哀しさとやるせなさ、そしてほのかな温かさが感じられたのは主演陣だけでなく、いい年をした大人のサブキャラクターたちでした。 子どもから見たら理想像とははるかに遠いダメダメに見える大人たち。 けれど彼ら彼女らは必死に生きている。 そんな うだつは上がらないけど悪い人達じゃないリアルな姿を演じた 助演の方々の個性と力量がクオリティーをさらに高めていたと感じました。 本作出演以降、主演や準主演、重要な役などで皆さんよくお見掛けするようになりました。 マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~とは ここから後半はネタバレがあります ご注意ください ネタバレ感想 救い救われ、癒されていく この物語は「救い救われる」ことを描いていたとも言えます。 特に幼少期から守ってくれる人のいない環境の中で育ち、誰も信頼することができなくなった、まるで手負いの獣のようなジアンにとって、 最も守りたいものを守る手助けをしてくれたドンフンという一人の大人の存在がいかに大きかったかがわかります。 現実を受け入れるがゆえにどん底から這い上がれなくなっていたドンフンとジアン。 一方で、 どん底の元となった現実から目を背け続けることで抜け出せなくなっていたドンフンの兄弟たちや友人たち。 過去の自分と向き合うしかなくなる、そんな出来事によって心に変化が生じていきました。 彼らの出会ったタイミングにも大きな意味があったと言える部分もありましたが。 製作陣と出演陣のすばらしさ 監督・脚本が素晴らしかったと同時に、演じた彼らの味わいが素晴らしかった。 ジアンは難しい役だったにも関わらず演じきりこのドラマを話題作にしたのはIUの力。 ジアンが救われていく 信頼できるおじさんを演じたのは、温かさと優しい声の持ち主イ・ソンギュンだから。 そして 本作をクオリティーの高いものにしたのは名バイプレーヤーであるドンフンの兄弟役パク・ホサンとソン・セビョクのお二人だったように思います。 不祥事で降板したオ・ダルスの代役で上がった兄役のホサンさん、本当にしっくりしていたわ~ 今回大発見だったのは私お初だったギフン役のソン・セビョクさん! 巧い俳優さんまだまだいるんだな!と愕然としました。 舞台や映画畑で活躍されていたバイプレーヤーさんのようです。 ドラマは初?いくつか映画見てみようと思っています。 2019. 4追記:ソン・セビョクさん早くもドラマ主演されました。 リアリティーがあるようで、実はちょっとファンタジックでもあるこの設定が実に効いていました。 ドンフンが兄弟や妻と語り、上司部下と語るその言葉にジアンは癒され、ドンフンの守りたいものを守ってあげようとしました。 ラスト間際、この盗聴録音を聞きグァンイルも心を改めます。 それほどまでに、 子ども心を大人によって深く傷つけられ今も苦しみ続けた彼らにとって信頼していい大人ドンフンの存在が大きかったんだと思います。 ドラマの雰囲気を完璧に表すOST曲「大人」 Sondiaの「大人」 今聞き返し、MVを見返してもじ~んと来ちゃいます.

次の

私の家政夫ナギサさん ドラマの感想(多部未華子) 51~100

私のおじさん ドラマ レビュー

IU、そして「パラサイト」で話題になったイ・ソンギュン主演の話題作「私のおじさん」。 2019年、百想芸術大賞の作品賞にも輝いた感動のヒーリングストーリーの感想・レビューです。 医師、弁護士、起業家のような憧れの職業に就いていたり、記憶力、推理力のような優れた知的能力を持っていたり、最初から現実世界ではなくある外の世界から来た人だったり、どうみてもみんな能力者だ。 ところが! 私の周りに実際のそんな能力者がいるだろうか。 いたとしてもそんな能力者のおかげで感動したことがあっただろうか。 人に感動したい。 大げさではないけれど、人間の根源に深く触れている人々。 あるおじさんがいる。 飛び抜けたキャリアも憧れるくらいの能力もない。 ただ道理に沿っていきているだけだ。 しかし彼の中には9歳の少年のような純粋さがあり、惰性に染まらない鋭さもある。 人間の本能的な温かさと正直さがある。 彼を見て、澄んだ水で目と耳を洗ったような感じに感じられる。 路上にありふれるどこにでもいるようなおじさん達。 みっともなく情けなくみえていた彼らは、愛らしくて死んでしまうようだ。 涙が出るほどくすくす笑いながら見ながら、最後にはわんわん泣くだろう。 あらすじ 建設会社で働くドンフン(イ・ソンギュン)に、ある日、差出人不明の5000万ウォンの商品券が届く。 直前に母から、無職の長男のために、家を売って食堂をやらせたいと相談されたドンフンは、それを受け取ってしまう。 翌日、ドンフンは匿名の告発を受けた監査部から調査を受けることに。 しかし、商品券は彼の机からこつ然と消えており、ドンフンは答えに窮する。 すると、突如商品券がビルのゴミ置き場から見つかる。 ドンフンは「5000万の商品券を捨てた男」として社内で英雄扱いされることに。 すると、ジアンから交換条件として1ヶ月間食事をおごってほしいと言われてしまう。 実は、ジアンは、ドンフンの妻ユニ(イ・ジア)と不倫関係にある社長ト・ジュニョン(キム・ヨンミン)からお金をもらうため、ドンフンを陥れようとしていた。 そうとは知らないドンフンは、ジアンに関わるうちに彼女が多額の借金を抱えていることや、孤独な人生を歩んできたことを知り、少しずつジアンを助けるようになる。 そんなドンフンの優しさに触れるたびに、ジアンの心は少しずつ揺らぎはじめ・・・。 主な登場人物• パク・ドンフン(イ・ソンギュン):建設会社で働く建築構造技術士。 道理通りの人生を生きる安全主義者。 イ・ジアン(IU):ドンフンの働く会社の派遣社員。 辛い過去を持ち、冷たい境遇に耐えながら生きている。 イ・グァンイル(チャン・ギヨン):ジアンを苦しめる貸し金融。 なぜか知らないがジアンに深い憎しみを抱いている。 カン・ユニ(イ・ジア):ドンフンの妻で弁護士。 夫の務める会社の社長で大学時代の同期であるジュニョンと不倫をしている。 ト・ジュニョン(キム・ヨンミン):ドンフンが勤める建築会社の社長であり大学時代の後輩。 再信任を前に票集めに必死。 ドンフンの妻と不倫中。 観た感想 人生の中で 記憶に残る素敵なドラマでした。 このドラマに出てくる人たちは映画やドラマでよく見るような、憧れの職業に就いているわけでも秀でた才能があるわけでもない、ただただ、私たちの周りにいるような人たち。 そのため一人一人のキャラクターに親近感があって、ドラマの世界に入りやすく、リアルに感じられました。 IU演じる生まれてから何も罪がないのに、辛い境遇を生きながら耐えて生きているイ・ジアンという22歳の女性と、大企業に勤め、所帯も持ち、優しく信頼も厚く、順調な人生を歩んでいるようにみえて、なぜか満たされず、影で苦しんでいる孤独なおじさんパク・ドンフンの似通った2人の出会いによって小さいけど偉大な奇跡が起こっていきます。 2人の人生に奇跡を起こしていくのは 全ては優しさからくるもの。 2人の周りには人情に溢れた人たちがたくさんいて、そんな人間本来の優しさによって、些細な幸せを感じならそれぞれの道に進んでいきます。 2人の境遇や人生は総じてとても重いというか、辛くて苦しくなるような事ばかりで、全体的に物語は暗いものです。 殺人、借金取り、不倫、後継者争いなどなど、どれも韓国ドラマらしくドロドロとして暗いものばかり。 しかしそんな2人の人生をみていくと、暗い中にもふとあったかくなるような、周りの優しさだったり、人間本来の温かさが垣間みえて、生きるってこういうことなんだなと思わせてくれるような、結局は人間の優しさだったり、温かさが人生を救うんだろうなと思わせてくれるドラマでした。 最後には心があったかくなって、人間としていきている自分が素敵だなと思えたり、周りの人を大切にしようと思える、 人生について考えさせる素敵なドラマだったと思います。 このドラマの見所 身近でありふれたキャラクターたち 企画意図にも書かれている通り、このドラマには一人として特別な人間や能力者は登場しません。 皆、普通の人々。 ただの会社員。 借金に終われる若い女性。 挫折を味わって細々と生きる人。 夢を諦めた人。 トラウマを抱えた女優。 未練があり前に進めない女性。 そこらへんにいる人々。 一人として何も悩みがなく成功するような人たちはいません。 いや、普通に考えてこれが現実ですよね? ドラマや映画の世界のような成功者なんてこの世界に一握りしかいません。 しかしこのドラマではそんな 身近にいるような人々たちの人生の絶望、葛藤、うまくいかない現実をリアルに描き、その中でもそれぞれが周りの優しさに支えられながら、些細な幸せを探していくストーリーになっています。 そのため、観ている視聴者は親近感をもってこのドラマの世界に浸る事ができるし、日常的、リアルにこのドラマの世界を感じる事ができます。 このドラマはありふれた人々の人情に触れることができる作品です。 そんな大それた、称賛されるようなことをしているわけではありません。 ちょっとした気遣いであったり、優しさがある人にとってはとてもありがたいことであったりします。 このドラマではそんな些細な優しさが人々の人生を豊かにしていくようです。 このドラマに登場するドンフンを含めたおじさんたちは特に人情に厚く、温かい人々ばかりです。 誰もが特別ではなく、どちらかというとみっともないようなお酒ばかり飲んでいるようなそこらへんの居酒屋に普通にいるおじさんばかりですが、そんな人たちこそ、人々の辛さを理解して気にかけてくれるそんな優しさが溢れています。 人生を導くメッセージ性 このドラマはまさに人生を導いてくれるような素敵なドラマでした。 ありふれた人々の些細な優しさこそが人生を救ってくれるということを教えてくれます。 このドラマに登場するかわいそうな女の子イ・ジアンは、まさに、人々のちょっとした些細な優しさに触れながら、救われて、どんどん変わっていき、成長していきます。 人を変えてくれるのは、救ってくれるのはやはり人しかいません。 人は人によって支えられているとよく言いますがまさにその通りです。 人間本来の人情というものが、人々に幸せを与え、生きる頼りになります。 このドラマに登場するおじさん達などの登場人物を通して、生きるということは何も大成功してこそというものではなく、些細な幸せに浸りながら、毎日を一生懸命生きてこそ素敵なんだと教えられました。 このドラマは人間の救いになるようなメッセージと言葉が詰め込まれており、人々に一度は見て欲しいドラマであると思います。 まとめ 今回は「私のおじさん」について感想・レビューをまとめてみました。 私はIUが出てるということで、見始めたのですが、これは私の人生の教本となるような人生ドラマになり、何がきっかけでも観てよかったなと思える作品でした。 人生に疲れている人に特に観て欲しい作品です。 何がきっかけでもいいので多くの人々に観て欲しい作品でした。 riykorea.

次の