ハウスメーカー人気ランキング。 人気ハウスメーカー比較ランキング2019【価格・口コミ評判おすすめ一覧】

ハウスメーカーのランキング一覧|売上・従業員数・年収・価格

ハウスメーカー人気ランキング

8万円~60万円 4 木造軸組 30. 3万円~56万円 5 木造軸組 30万円~80万円 5 木造軸組 30万円~50万円 6 木造軸組 31. 5万円~51. 2万円~75. 5万円〜105. 木造住宅を作れるハウスメーカー比較ランキング【断熱性能】 木造住宅を作れるハウスメーカーの 「断熱性能ランキング」は、下記のとおりです。 断熱性能の指標の1つである 「UA値」をもとに作成しました。 15 2 木造軸組 0. 24 4 木造軸組 0. 24 5 木造軸組 0. 25 6 木造軸組 0. 27 6 木造軸組 0. 27 7 木造軸組 0. 3? 9 木造軸組 0. 33 10 木造軸組 0. 34 10 木造軸組 0. 34〜0. 46? 11 木造軸組 0. 39 15 木造軸組 0. 4? 15 木造軸組 0. 4 15 木造軸組 0. 4? 15 木造軸組 0. 4? 15 木造軸組、鉄骨系プレハブ、重量鉄骨 0. 4? 15 木造軸組、鉄骨系プレハブ、重量鉄骨 0. 4 15 木造軸組 0. 4? 15 木造軸組、鉄骨系プレハブ、木質パネル、重量鉄骨、RC 0. 4? 15 木造軸組 0. 4? 15 木造軸組 0. 4? 15 木造軸組 0. 4? 16 木造軸組 0. 41 16 木造軸組 0. 42 18 木造軸組 0. 43 18 木質パネル 0. 43 19 木造軸組 0. 46 19 木造軸組 0. 46 19 木造軸組 0. 46 20 木造軸組 0. 49 21 木造軸組 0. 5 21 木造軸組 0. 5? 21 木造軸組 0. 56 25 木造軸組 0. 57 26 木造軸組 0. 6? 27 木造軸組 0. 6? 27 木造軸組 0. 6? 27 木造軸組 0. 6? 27 木造軸組 0. 6? 28 木造軸組 0. 75? 28 木造軸組 0. 75? 29 木造軸組 0. 87? 29 木造軸組 0. 87? - なお、 「断熱性能」や 「UA値」については、下記の記事でくわしく解説しています。 木造住宅を作れるハウスメーカー比較ランキング【気密性能】 木造住宅を作れるハウスメーカーの 「気密性能ランキング」は、下記のとおりです。 気密性能の指標である 「C値」をもとに作成しました。 順位 業者名 構造・工法 C値 備考 参考URL 1 木造軸組 0. 3 木造軸組 0. 2~0. 実測値。 5 木造軸組、RC 0. 6 木造軸組 0. 実測平均値。 実測値。 8 木造軸組 0. 実測値。 9 木造軸組 0. 実測平均値。 10 木造軸組 0. 全国平均値。 11 木造軸組 0. 全棟平均値。 実測値。 14 木造軸組 0. 5〜2. おそらく平均値。 平均実測値。 16 木造軸組 0. 全棟平均値。 17 木造軸組 0. 全棟平均値。 19 木造軸組 0. 実測値。 平均実測値。 8〜1. おそらく実測平均値。 21 木造軸組 0. 実測値。 ZEH仕様で保証。 実測値。 22 木造軸組 1. おそらく実測平均値。 23 木造軸組 1. 実測平均値。 25 木造軸組 1. 実測平均値。 0〜5. 平成11の次世代省エネ基準。 おそらく実測平均値。 28 木造軸組、鉄骨系プレハブ、木質パネル、重量鉄骨、RC 2. 0〜5. おそらく実測平均値。 実測値平均値。 なお、 「気密性能」や 「C値」については、下記の記事でくわしく解説しています。 木造住宅を作れるハウスメーカー比較ランキング【評判・口コミ】 木造住宅を作れるハウスメーカーの 「評判・口コミランキング」は、下記のとおりです。 「オリコン顧客満足度ランキング」の 「」をもとに作成しました。 点数が高いほど、クレームや欠陥住宅が少なく 「建てて良かったという人が多い」と考えられます。 順位 業者名 構造・工法 点数 1 木質パネル 79. 95 2 木造軸組、鉄骨系プレハブ、重量鉄骨 77. 99 3 木造軸組 77. 56 7 木造軸組、鉄骨系プレハブ、重量鉄骨 76. 34 8 木造軸組、鉄骨系プレハブ、木質パネル、重量鉄骨、RC 75. 08 11 木造軸組 73. 90 12 木造軸組 73. 89 13 木造軸組 73. 65 14 木造軸組 73. 21 17 木造軸組 73. 11 18 木造軸組 72. 45 19 木造軸組 72. 35 20 木造軸組 72. 00 21 木造軸組 68. 53 22〜 木造軸組 60. 00〜 22〜 木造軸組 60. 00〜 22〜 木造軸組 60. 00〜 【まとめ】ハウスメーカー 工務店 選びで失敗しないために 本記事では、 「木造住宅を作れるハウスメーカーのリスト」や 「比較ランキング」をご紹介してきました。 ハウスメーカーを選ぶときの 「1つの目安」として、お役立てください。 また、構造・工法以外にも 「業者選びで大切なポイント」がいくつかあります。 詳しくは、 下記の記事を参考にしてください。

次の

ハウスメーカーに就職したい!仕事内容やおすすめの人気5企業と評判

ハウスメーカー人気ランキング

「注文住宅を検討しているんだけど、どこのハウスメーカーが評判でおすすめなのか詳しく知りたい…」 「複数の施工業者を見る際、どういったポイントを比較すれば間違いが起きないのだろうか?」 あなたは今、そのように考えていませんか? 住宅の購入は、その後の人生の幸福度を決めるといっても過言ではないほどの重大事です。 特に家族の希望を盛り込んで作り上げる注文住宅は、完成までの間に膨大な時間と手間をかけて行うだけに、絶対に失敗はできません。 今回の記事では、注文住宅を建てる前に知っておきたい家づくりのポイントと人気の施工業者ランキングを紹介していきます。 この記事を読み込むことで、あなたが施工業者を選択する際の参考となる評判の声を知ることができ、 選択を失敗することのないように意識すべき知識を身につけることできます。 ぜひ参考にしてみてください。 1984年の設立当初は、トーモク、三菱地所、北海道製鐵の3社の合資会社であり、北海道からスタートしました。 極寒の地であったにもかかわらず、北欧生まれの高気密・高断熱性能が高い評価を受け、現在に至ります。 2004年に「環境大臣表彰受賞」、2008年には「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2007大賞受賞」を受賞し、社会的にもその性能が認められています。 スウェーデンハウスの利用者の声をご紹介します。 スタッフの紳士で明瞭で気持ちよかった。 スウェーデンハウスは高気密・高断熱住宅は夏冬通して外気の温度変化に対して、屋内の温度変化が中古でも影響されにくいのです。 評判ですよね。 【2位】へーベルハウス 旭化成ホームズ株式会社が提供するヘーベルハウスは特徴的なCMなどを通し、広く知名度を得ています。 高い耐震性・耐久性をうたう独自開発の、「ALCコンクリート・ヘーベル」を用い、「比類なき壁」としての空間づくりを提供しています。 ランキングの顧客満足では、「住居の性能」について特に高い評価が見られます。 ヘーベルハウス利用者の声をご紹介します。 リビング階段がイメージ通りだった。 アフターサービスも充実。 積水ハウスの家でもっとも特徴的といえるのが、最高級外装材ダインコンクリート。 4重もの特殊塗装を施し、風雨や汚れに強く、将来的なメンテナンス費用を従来製品の約半分とすることができます。 これまでのコンクリート外壁には見られなかった、多彩なテクスチャーにより重厚感と耐久性を同時に得ることができます。 利用者の声を紹介します。 デザインと耐震強度が安心でした。 デザインがオシャレで、インテリアコーディネーターの提案力の高さに感動した。 【4位】住友林業 住友林業は、国内でも有数の木造住宅のエキスパートです。 数多くの実績を誇り、独自のネットワークやノウハウを生かした木造住宅を多数手がけています。 最先端の技術を常に取り入れており、木が本来持つ強さを最大限に活かす特殊な技術を用いて、温かみがあるだけでなく、自然災害にも強い家づくりを行っています。 アフターサービスにも高い評価を得ており、幅広い範囲で相談に乗ってくれる頼もしさがあります。 住友林業利用者の声を紹介していきます。 【5位】三井ホーム 三井ホームは、デザインセンスの良さと機能性に定評がある住宅メーカーです。 現在では一般的になったツーバイフォー工法を、海外からいち早く取り入れたことでも知られています。 また木造住宅ではあまり例のない、「木造耐火建築認定」を取得。 安心安全な注文住宅づくりを、目指す企業です。 三井ホーム利用者の声を紹介していきましょう。 また、デザイン性も高く、担当者の方から素晴らしい提案をしていただいた。 【6位】一条工務店 静岡県浜松を発祥の地とする一条工務店は、木造ハウスを得意とする住宅メーカーです。 現在は、国産のムクの柱を使う在来工法のほか「i-cube」という枠組壁工法のシリーズを展開しています。 木造住宅の美しさを知り尽くした技術力の高さに加え、「免震」「高気密高断熱」「加圧注入による防蟻処理」など、住む人の暮らしを守る機能性能を提供しています。 一条工務店利用者の声を紹介していきます。 売りの太陽光と床暖房は非常に気に入っています。 工事見学で地震の震度7の揺れを体験した。 【7位】パナソニックホームズ(旧・パナホーム) パナソニックホームズは、2018年4月1日に「パナホーム株式会社」から改称した住宅メーカーで、パナソニックの完全子会社です。 暮らしやすさと強さを追及し、長く安全に暮らせる家づくりを目指しています。 パナソニックホームズの特徴としては、「制震鉄骨軸組構造」「重量鉄骨ラーメン構造」「大型パネル構造」の3つのタイプの構造により業界トップクラスの強度を実現していることです。 また室内の空気環境や動線を徹底的に意識した設計により、暮らしやすさにこだわった住宅を提供しています。 パナソニックホームズの利用者の声を紹介します。 キッチン設備が素晴らしかった。 耐久性に富むラーメン構造をいちはやく一般住宅に取り入れたことでも知られ、鉄骨柱を強固に接合するボックスラーメン構造により、安全安心な住まいづくりを推し進めています。 セキスイハイム利用者の声を紹介していきます。 こちらのイメージをきちんと聞き取り、複数の提案が提供された。 ところで、実際にハウスメーカーの資料を取り寄せてみるとより具体的に注文住宅をイメージできます。 なら、住んでいる地域で自分のわがままな夢をかなえてくれるハウスメーカーを検索でき、一括で資料請求まで行うことができます。 一生に一度となる大きな買い物、妥協せずにたくさんの会社を検討するようにしましょう。 【9位】ダイワハウス(大和ハウス) ダイワハウスは、2018年の時点ではハウスメーカー売上第1位となっている住宅メーカーです。 鉄骨造、木造のいずれも手がけていますが、現在では特にXEVO(ジーヴォ)など、鉄骨造の住宅に力を入れています。 戸建注文住宅では、平屋から5階建てまで多様なプランを提供しています。 天井が高く、広々とした空間づくりを得意とし、開放感のある暮らしが実現できます。 ダイワハウス利用者の声を紹介していきます。 そのデザイン性の高さには定評があり、1996年にハウスメーカーとしては初めてグッドデザイン賞を受賞しました。 以来、29年連続での受賞という快挙を成し遂げています。 利用者の感想としては、希望への対応力に絶賛の声が上がっています。 ミサワホーム利用者の声を紹介していきます。 打ち合わせ通りでとても満足しています。 【11位】住友不動産 住友不動産は「新築そっくりさん」など、建て替え・リフォームでも知られる住宅メーカーです。 住友財閥の解体とともに誕生しましたが、現在は完全な別会社となっています。 また独自に開発したパワーキューブと呼ばれる、強力な耐震技術も提供しています。 住友不動産利用者の声を紹介していきましょう。 構造材の防錆技術には自動車製造で培われた高い技術が活用され、内部からの腐食リスクを回避しています。 また鉄骨組みを行うハウスメーカーの中でも、トップクラスの太い柱を採用し、住まいの安全性の強化を図っています。 「いい家は長く住める家」というキャッチフレーズの実現に向け、信頼性の高い住宅提供を目指ししています。 トヨタホーム利用者の声を紹介していきます。 施工後のアフターの繋がりが素晴らしい。 【13位】サンヨーホームズ サンヨーホームズは、大阪に本社を置く住宅メーカーです。 太陽光発電を標準装備するなど、エコに対する意識の高さがうかがえます。 またガラスコーティングの屋根材やフッ素コートの外壁材を使用するなど、経年による傷みや汚れへの優れた耐候性を実現しています。 サンヨーホームズのユーザーの声を紹介していきます。 丈夫な建物。 営業、設計担当者が話をいろいろ聞いてくれる。 人柄でお任せしようという気持ちになった。 【14位】富士住建 富士住建は、高品質な標準装備と適正価格を実現した「完全フル装備の家」等を手掛ける大手ハウスメーカーです。 設備のメーカーと長期の契約をすることで仕入れ価格を抑えたり、徹底したコストカットによる高いコストパフォーマンスを実現し、利用者からもその価格品質に高い評価を得ています。 富士住建利用者の声を紹介していきます。 ユニバーサルホームの注文住宅でもっとも人気の高い技術が、自然の力を活かした「地熱床システム」です。 自然エネルギーを活用することで、冷暖房費の節約になる上、地下からの圧力や周囲の振動、騒音などを吸収、分散するため防災にも役立ちます。 ユニバーサルホーム利用者の声を紹介していきます。 【16位】アキュラホーム アキュラホームでは全国500社以上の工務店やビルダーを結び、日本最大の工務店ネットワークJAHBnet(ジャーブネット)を作ることで、住宅の低価格化を実現しました。 低コストながら、完全自由設計の木造注文住宅を主体として提供している住宅メーカーです。 「職人品質」へのこだわりを見せ、高品質適正価格の住まいづくりを目指しています。 アキュラホームユーザーの声を紹介していきましょう。 設計担当と現場責任者の連携が良かった。 クレバリーホームには、直営店と地方の工務店を主体とするフランチャイズ加盟店の2形態があります。 タイル貼りの外壁、木造構造といった特徴を持ち、独自の耐震・耐火技術を提供しています。 特に1階と2階を一体化させるSPG構造に激しい揺れに強いモノコック構造を掛け合わせた「プレミアム・ハイブリッド構法」には、地震エネルギーを緩和させる働きがあります。 クレバリーホームの利用者の声を紹介していきます。 またギリギリに変更した時も快く対応してくれた。 【18位】日本ハウスホールディングス(旧東日本ハウス株式会社) 日本ハウスホールディングスは、2015年に東日本ハウス株式会社から改名した住宅メーカーで創業50周年を迎えます。 注文住宅では「棟梁システム」を採用しており、大工を準社員として抱えています。 伝統的なヒノキ造りの家に加え、「ゼロエネルギーハウス」といった新しい取り組みを行っています。 日本ハウスホールディングスの利用者の声を紹介していきます。 注文住宅なので自由度が高い。 サービスもかなりあり、満足している。 当時の担当者も熱心に関わってくれた。 良い家を低価格で提供するために、建材の一括仕入れや商社との直接取引を行うなどの工夫を凝らしています。 「日本のマイホームづくりを高品質でありながら、もっとリーズナブルに」を掲げ、顧客の理想を形にすることを目指しています。 レオハウス利用者の声を紹介していきましょう。 色々組合せの無理を聞いてくれた。 【20位】ヤマダホームズ(旧ヤマダ・ウッドハウス+旧ヤマダ・エスバイエルホーム) ヤマダホームズはヤマダ電機の100%子会社です。 2018年10月にヤマダ・ウッドハウスとヤマダ・エスバイエルホームが合併し、ヤマダホームズとして再スタートを切りました。 木造・木造軸組みを主体としており、スマートハウス住宅に力を入れるなどして、未来型の注文住宅を提供しています。 ヤマダホームズユーザーの声を紹介していきましょう。 ランキングから見える顧客満足度のポイント 注文住宅の顧客満足度ランキングからは、どのようなポイントが見えてくるのでしょうか。 自由度 注文住宅を選択するもっとも大きな理由は、自由設計ができるということにあります。 ランキング上位の利用者のコメントを見ても、「イメージ通りだった」「漠然としたイメージしかなかったのに、要望が実現されていた」「好みのデザインで満足」という声が多数確認できました。 注文住宅は住宅購入の中でも価格が高くなりがちですが、かけた費用の分だけの満足が得られたとことで、やはり注文住宅を選択して良かったと感じる人が多いようです。 メーカーの信頼性 ネームバリューについてもある程度の影響はありますが、それよりも現場担当者の対応がユーザーの信頼性を勝ち得るカギとなっていることがわかります。 注文住宅を検討している人は、いくつもの住宅メーカーを回っています。 その中から取捨選択する際、決め手となっているのが、担当者の対応力です。 素人にもわかりやすく説明してくれたり、家族の要望を目の前で図面に起こしてくれたりといった優れた対応能力によって依頼主を獲得しています。 また相談の際に担当者から受けた説明通りの仕上がりとなっていることに、深い満足を覚えたという意見も見られました。 技術力 どの住宅メーカーでも競い合って独自の技術を開発していますが、利用者のニーズに合った技術力がある会社には強みがあります。 同じように耐震性へのアプローチをしていても、鉄骨造と木造の違いや揺れを吸収するタイプ、梁や土台に工夫があるなど技術の種類もさまざまです。 ただ「大丈夫です」だけではなく、いかに顧客を納得させられるのかという、自社技術に対する説明力もまた住宅メーカー側には求められています。 汚れない外壁、錆びない金属部品など、自社の得意とする特殊技術を前面に打ち出し、顧客獲得に成果を出している会社もあります。 ハウスメーカーに相談する前に知っておきたい家づくりのポイント 注文住宅は建売のように、実際に目に見える形ではありません。 それだけに、実際に着手する前の準備がとても大切になってきます。 注文住宅を建てる前には、どのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。 まずは注文住宅の基本知識を学ぶ 家を建てたい、という思いだけでは先に進むことができません。 施工業者に相談する前に、基本知識を学んでおきましょう。 注文住宅の種類 注文住宅については、土台から屋根まで一から作り上げるというイメージを持つ人が多いようですが、注文住宅にもいくつかの種類があります。 一般的にはフルオーダー、セミオーダーなどと呼ばれているものですが、どこまでの自由度があるかで分類されます。 セミオーダー住宅とは、家の間取りは施主の希望に沿って自由に決められますが、設備や内装など使える仕様がある程度決められています。 フルオーダー住宅とは、文字通り間取りからドアノブ1個のデザインまで、すべて自由に決められる住宅を指します。 厳密には、注文住宅と呼べるのはフルオーダーだけと言えますが、施工業者によってはセミオーダーも注文住宅のカテゴリに含めている場合があります。 そのため、「注文住宅」のつもりで契約をしたところ、使える仕様に制限があって思うような家づくりができないというケースもあるようです。 セミオーダーはフルオーダーよりも、施工にかかる費用がかなり安くなるため、提示金額だけ見るとお得に感じます。 希望通りの家づくりをするためには、費用だけに注目せず、契約内容を良く確かめる必要があります。 家づくりのための勉強は必須 「プロに任せるのだから」と家づくりの知識をまったく持たずに注文住宅づくりに着手するのは、まさに無謀といえます。 依頼主に知識があるのとないのとでは、施工業者の対応も異なってきます。 何も知らないということは、相手の言いなりになってしまう可能性が高いということです。 住み良い家づくりのためには、勉強の労力を惜しんではいられません。 「いきなり建築の専門書は…」という場合には、家づくりに関する雑誌から読み始めるのが良いでしょう。 図書館でも注文住宅関連の書籍を置いていることが多いので、まずは数冊手に取ってみるのがおすすめです。 カタログでイメージをつかむ ある程度の基礎知識を学んだところで、施工業者からカタログを取り寄せて見ましょう。 まったく何も知らない状態で眺めるよりも、ずっと読み応えが出てくるはずです。 カタログを見ることで、その会社が得意としている工法やデザインなどの特徴を理解できるようになるかもしれません。 もっとも重視するのはどこかを考える 家づくりは家族全員の夢でもあります。 どんな家にするのか、家族の意見や要望をまとめながらイメージや方向性を決めておきます。 家づくりでもっとも重視するのはどのような点にするのか、優先順位をつけていくように進めていきましょう。 見学会・モデルハウスに足を運ぼう 本やカタログなど、紙ベースだけではわからないことはたくさんあります。 見学会やモデルハウスなどに積極的に足を運び、実際のサイズ感を養ってください。 実際の家やレイアウトを見ると間取りのイメージがつかめ、また素材や工法についても具体的に知ることができます。 見て触るという体験は、家づくりを現実のものとしてとらえるのに役立ちます。 視点は多いほど気づきもあります。 ご家族で楽しみながら、見学会やモデルハウスを回ってみると良いでしょう。 なら、あなたの住んでいる地域の見学会・モデルハウスの来場申し込みができます。 一生に一度となる大きな買い物、妥協せずにたくさんの会社を検討するようにしましょう。 理想を叶える業者選び 注文住宅の成功は、依頼する施工業者選びにかかっています。 モデルハウスを回っていくうちに、技術や実績面で信頼のできる業者に巡り合えるかもしれません。 気になる会社が見つかったら、注文住宅への疑問を質問するようにし、誠実に対応をしてくれる業者であることを見極めます。 注文住宅づくりで重視するポイントをまとめて、強みを持っている業者かどうかで、取捨選択していく方法もあります。 絶対に失敗しないためにも、同じ境遇の人の意見からヒントを見つけていきましょう。 注文住宅で重視されているのは? 注文住宅を建てる際には、どこが重視されているのでしょうか。 住宅購入検討者の意識調査を元に、見ていきましょう。 ハウスメーカーのランキングのユーザーレビューでも、構造についての安心感に言及している人が多く見られました。 昨今多発する震災に対する備えとして、生命と財産を守ってくれる家づくりへの意識が高まっています。 一方で日本の住宅の耐久性については、57%の人が「日本は湿度が高く家が腐りやすいから」、「日本は地震が多いから」52%と回答しており、その多くが懸念を示しています。 注文住宅を検討する上では、防汚や防腐、耐震など各ハウスメーカーが開発した耐久性に関する技術も注目されていると考えられます。 注文住宅を建てた人の半数以上が不満? 実際に住宅を購入した人への調査では、「不満がある」と答えた人の割合が「満足している」を大きく上回っています。 失敗に関して探ってみると、そこには検討不足や相談不足といった原因があるようです。 どのような家にしたいのかという方向性をもとに、家族で十分に話し合いを重ね、プロから現実的な意見を取り入れて調整していけば失敗の割合を減らすことができます。 具体的なイメージをもたずに、施工業者に丸投げしてしまうと、ライフスタイルや家族の現状に一致せず、住みにくい家となってしまう可能性があります。 ハウスメーカーランキングでも、担当者が非常に良く相談に乗ってくれたという声が多く見られました。 「親身になって対応してくれる」「経験豊富な住宅メーカーに巡り合える」ことが、注文住宅への満足度に大きな影響を与えます。 実際に住んでみて不満の多い箇所は? 住宅を外から見たのと、実際に住んでみるのとでは大きな違いがあります。 不満の多い箇所を知り、理想の家づくりの参考にしていきましょう。 間取り 間取りは注文住宅を建てる際のプランでも基本となる部分でもあり、十二分に検討が重ねられると思われますが、実際に住んでみて「想像よりも狭い」「空気の流れが悪い」「使いづらい部屋がある」などの不満も意外に多いようです。 特に調整時に圧迫されやすい玄関などは、現在住んでいる家のサイズ感と比較して具体的なイメージを持っていないと、寸法が合わずに器具や設備が収まらないことにもなりかねません。 図面からはなかなか想像できないため、同程度の広さのモデルハウスなどを活用しながら検討していく必要があります。 収納 注文住宅を建てるときには誰しも収納には配慮するはずですが、それでも不満をもつ原因としては、部屋ごとに何を収納するのかを考慮していないことがあります。 家全体での収納割合は十分に思えても、実際の生活の中で入れたい場所に物が入らないというケースが出てきます。 収納部分を設計する段階で、「何を」「どのくらい」「どの部屋に」入れたいのかを考える必要があります。 お雛様や五月人形、クリスマスツリーなど、大きめで圧縮できない荷物の置き場所については、出し入れの利便性も考慮しながら決めておくようにしたいものです。 動線 見た目の良さに気を取られてしまうと、実際に住んでみて動きにくいという不満が起こる場合もあります。 例えば時間によって家族が集中してしまい「お互いの行動の邪魔になる」「家事をするのに何度も同じ場所を行き来しなければならない」のは動線の確保がうまくいっていないからです。 図面ができ上った時点で「家族の誰がどう動くのか」「いくつかの家事を並行して効率的にこなす場合に何をどう配置すのか」を想像しながら調整していくことが大切です。 お風呂 新築のお風呂は気持ちが良いものですが、リラックススペースであるはずのお風呂場に対しても不満を持つ人は少なくありません。 不満の原因としてよく挙げられるのが、浴槽のサイズ、洗い場のサイズ、窓の位置、換気の状況、収納などです。 浴槽のサイズに不満があるケースでは、ゆったりと入れるかと考え大きくしたら、水道代や光熱費がかかり過ぎるという例も見られます。 世帯の生活状況に合う、という観点からもよく検討しなければなりません。 外から見える 自宅が完成し、実際に入居してみないと道路と窓の高さなどの関係はわかりづらいものです。 せっかく採光を考えて大きく取った窓が、カーテンを閉め切った状態でしか使えず、想像していた明るい生活にならないという悲しいことも起こり得ます。 特に浴室の向きや女の子のいる住宅の窓などには、細心の注意をもってレイアウトを決めていくようにしなければなりません。 騒音 特に通行量のある道路に面している場合や隣家と接近している場合には、思った以上にうるさくて夜眠れない、朝早くから生活音が気になるなどの騒音に関する不満も出てきます。 寝室やリビングなど、くつろぐスペースの配置を決める際には、周辺の環境音についても考えておきたいものです。 配線 見逃しがちですが、配線も生活の利便性を考える上で重要なポイントになります。 後から簡単に変更できるものではないだけに、部屋のコンセントが足りない、位置が使いづらいといったことで悩む家庭は多いようです。 現代生活においては、電気なしの生活は考えられません。 特に若い家族がいる家庭では、充電の必要な電子機器は多くなっています。 各部屋でどのような電化製品をどのくらい使うのか、予め想定しながら配線を考える必要があります。 子ども部屋として考えていたスペースがすぐに狭くなったり、学習机の配置がうまくいかなかったりすることもあり得ます。 間仕切りで2つに区切れるように考えていたところ、子どもたちの荷物が増えてしまい、結局親のスペースまで使わざるを得なくなったという例も聞かれます。 逆に子どもが巣立って行ったあとで、余分なスペースをうまく活用しきれないという話も多いようです。 注文住宅を作る際には将来の家庭の変化まで完璧に予測することは難しいものですが、子どもの成長や家族の減少など、想定しやすい変化を考慮した住宅にすることは、一生住みやすい家を手に入れる近道です。 まとめ 注文住宅を失敗しないためには、自分自身がある程度の知識を持つことと、どんなことにでも相談に乗り、対応してくれる施工業者を選択することの2つがとても重要です。 ハウスメーカーランキングを見ると、ユーザーから高い満足度を得ているメーカーでは、施工の技術力の他にも、設計・営業担当者の対応の良さや信頼性がポイントとなっていることがわかります。 家づくりは人生における、個人的な大事業です。 事業のパートナーとなるハウスメーカーは、とことん話し合いができる相手でなければなりません。 以上、「【2020年版】注文住宅おすすめハウスメーカーランキング20社!絶対失敗しない口コミ評判の良い会社は?」でした。 本記事のお役立ちサイト一覧 住宅関連のニュース あなた向けの住宅関連情報 住宅関連の統計データ 住宅ローン関連情報 住宅関連の補助金・助成金 住宅事業者の関連情報 Twitterアカウント YouTubeチャンネル.

次の

人気ハウスメーカー比較ランキング2019【価格・口コミ評判おすすめ一覧】

ハウスメーカー人気ランキング

後悔しない注文住宅を建てるならハウスメーカーや工務店などの情報収集は必須。 家づくりを経験した人の7割が平均10社以上のカタログ資料を取り寄せ比較検討しています。 下のボタンから条件に合う住宅メーカーのカタログ資料をもらうことができます。 平屋のメリットは? 平屋住宅には様々なメリットがあります。 どんなことがメリットとして考えられるのかをみていきましょう。 階段を必要としない 当たり前のことですが、平屋住宅なら階段が必要ありません。 これは平屋住宅の特徴であり、大きなメリットとなっています。 生活の中で、1階と2階の上り下りがないので楽ですし、生活動線がシンプル。 日々の掃除も、重たい掃除機を持って階段を上る必要がないので楽になります。 また、階段を作るには大体4~5畳のスペースが必要で、デッドスペースが生まれます。 階段を作らなければ、その分のスペースに納戸を設けたり、書斎を作ったりすることも可能です。 バリアフリーで過ごしやすくなる 階段がないこととも関係してきますが、平屋住宅はバリアフリーにしやすいです。 2階建て住宅では、老後2階の部屋を使わなくなるということも珍しくありません。 使わない部屋があるのはもったいないですよね。 平屋ならその心配がありません。 扉の段差などに気を付けるだけで、バリアフリーの住宅となります、 老後のことを考えると、平屋住宅は魅力的ですよね。 構造が平屋のほうが安定する 地震に対しての耐震性能が求められる日本の住宅。 平屋住宅は 地震に対して強いと考えることが出来ます。 地震のときは上層階のほうが揺れやすく、揺れが大きいほど建物に負荷がかかって倒壊に繋がることがあります。 また、2階の重さが1階にかかっていますので、1階が押し潰されるように倒壊することもあります。 地震による建物の倒壊の際、2階にいたから助かったというケースが多いですが、平屋住宅ならそもそも1階が押し潰されるということはないですよね。 2階からかかる重さもありませんし、地震のことを考えると平屋にメリットがあります。 平屋の場合でも、設計によっては地震に弱くなることもあります。 きちんと耐震を考えて設計してくれるハウスメーカーに依頼すると安心です。 耐震設計が特徴的なハウスメーカーは「」の記事をご覧ください。 メンテナンス費用を抑えることが出来る 住宅は建てたあとにメンテナンスが必要です。 外壁の塗装を直したり、屋根の修理をしたり。 建物外側の点検や修理となれば、足場を組んで行うこともあります。 その際、平屋なら2階建て住宅よりも足場の費用が抑えられたり足場自体が必要なかったりします。 長く住んでいくことを考えると、定期的なメンテナンスが安く抑えられるメリットは大きいです。 家族が顔を合わせる機会が増える 生活をすべて1階ワンフロアで行うことになるので、2階建てよりも家族が顔を合わせる機会が増えます。 家族間でのコミュニケーションをしっかり取りたいと考えると、ワンフロアに生活が収まることがメリットとなります。 平屋のデメリットは? メリットがたくさんある平屋住宅ですが、デメリットもいくつか考えられます。 坪単価が高くなりやすい 1坪あたりにかかる建築費を坪単価といいますが、これが平屋のほうが高くなりやすいと考えられています。 なぜかというと、 同じ床面積で平屋と2階建てを建てる場合、平屋のほうが基礎部分を広く作る必要があるからです。 また、 平屋の屋根は2階建てよりも大きくなり、屋根にかかる費用も高いです。 ハウスメーカーによっては、2階建ての資材は大量発注でコストを抑えていても、平屋はそこまで資材をまとめては用意せずにコストが抑えられていないことも考えられます。 一見すると平屋は2階建てより安いように見えるかもしれませんが、実は安くないのが平屋です。 しかし平屋にすることで、費用が抑えられる部分もあります。 例えば2階建ての場合、トイレなどの水回りを1階と2階の両方に作ることも多いですが、平屋なら1ヶ所だけで済ませられます。 階段設置にかかる費用も必要ありません。 実際のところ平屋と2階建てとでは、同じ条件・同じ間取りで費用を比較することは難しいので、平屋だから必ず建築費用が高くなるとは言い切れません。 間取りをしっかりと考えることで、費用を削ることも出来るでしょう。 メンテナンス費用なども合わせて長い目で考えると、費用面が抑えられるとも考えられるので、きちんとしたプロの方に相談することが重要です。 安く建てるハウスメーカーは「」の記事をご覧ください。 ローコストメーカーの注意点とあわせて紹介しています。 プライベートの確保を考える必要がある 家族がワンフロアで生活をする平屋。 コミュニケーションを取りやすいメリットがある反面、プライベート空間をきちんと確保する工夫が必要となってきます。 設計段階できちんと相談して、家族間のプライバシー問題を考える必要があります。 二世帯住宅も同じですね。 二世帯住宅については「」の記事をご参考ください。 外からのプライバシー 家族間のプライベートの確保だけでなく、外からのプライバシーも考える必要があります。 外から見たとき1階は2階よりも見えやすいからです。 平屋住宅は何も対策しないと、ほかの家や道路から丸見えになりやすいです。 部屋の間取りを工夫し、間取りを考えなければカーテンが開けられない家になっていまうかもしれません。 防犯面が弱い 外からの不審者の侵入を考えると、1階はもっとも侵入しやすいといえます。 そのため防犯面に弱くなると考えられるのです。 しかしその反面で、平屋は庭に不審者が居れば気が付きやすいです。 2階建ての場合、下の階で起こっていることに気が付くのが遅れてしまうこともあります。 何か異変が起きた場合に察知しやすい平屋は、防犯面に優れている一面もあるのです。 部屋数を増やしにくい 2階建てと同じ部屋数を確保するには、縦に伸ばせない平屋では床面積を広げるしかありません。 そのためには、広い土地が必要です。 土地代の安い地域なら広い平屋も比較的作りやすいですが、都心などの土地代が高い地域では大変です。 日当たりの問題 広い平屋では、真ん中のほうの日当たりが悪くなりやすいです。 窓から取る光が届きにくいスペースが増えやすいからです。 日当たりの良い間取りを考えるのは、2階建てよりも難しくなります。 また周囲に2階建て以上の建物があれば、日光が遮られて届かない可能性も出てきます。 日当たりのことを考えて窓を配置する高い設計力がなければ、日当たりの良くない家になってしまうかもしれません。 平屋はどんな世帯におすすめ? 子育て世帯 平屋は子育て世帯に優しいです。 まず、階段がないので妊婦さんの生活を楽にしてくれます。 階段の上り下りがないので、大きなお腹でも過ごしやすく家事もしやすいですよね。 小さな子供がいる場合、階段があると転落が心配です。 階段に転落防止のガードを設置するなどして対策する必要があります。 平屋ならその必要がありません。 老後の夫婦 老後の暮らしにも、平屋は過ごしやすいです。 老後の住まいの住み替えに平屋を選んだり、減築して平屋にしたりする人も少なくありません。 階段の上り下りによる足腰への負担は、思っている以上に大きいもの。 平屋ならその心配がなく、楽に過ごすことが出来ます。 平屋は部屋数の確保が大変ですが、老夫婦二人ならそれほど部屋数も必要ありませんね。 まとめ 子育て世帯から老夫婦までおすすめの平屋。 それは裏を返せばどんな世帯にもおすすめということが出来ます。 平屋を得意とするハウスメーカーは多数ありますが、大切なのは自分の条件・好みに合った住宅を手掛けているかどうかです。 平屋を建てるのを考えているなら、たくさんあるハウスメーカーを比較して、じっくりと検討してみてくださいね!.

次の