さかり が つく。 猫のさかり(発情)と避妊去勢手術について|アポロどうぶつ病院|埼玉県志木市

雌猫が発情期になった時の仕草と対処法

さかり が つく

お悩み 46歳既婚女性です。 結婚して20年の主人と海外に住んでいます。 子供はおりませんが夫婦2人で仲よく暮らしています。 1、2年に1度の割合で里帰りをするのですが、楽しみのひとつに、内緒の彼と楽しむことがあります。 3週間ほどの滞在期間の、ほんのひと晩のことです。 彼とは知り合って7年ほどですが、お互いに家庭もあり(年下の彼ですが最近結婚しました)、それぞれの家庭のことなど詮索することもなく、会えたときは楽しく過ごしています。 普段は年に1、2回の季節の挨拶メールを送るだけです。 ただ近頃、ほかにも楽しい時間を過ごせる方がいるのではないか?と考えるようになりました。 その彼と今以上の関係を願っているわけではありません。 ただ、そのひと晩では物足りないと感じる自分がいるのです。 もちろん、主人との生活をなくすつもりはありません。 バレないように努力はしています。 次の里帰りの際にはTinderを試してみたいと思っています。 藤島さまからすると、ただの50歳近くの見苦しい女でしょうか。 このまま人生が過ぎていくのがたまらないのです。 (ひだりきき 女性 40代) しかし、独身だろうが、結婚してようが、子供がいようが、30代、40代女性の「このまま終わりたくない。 女盛りを楽しみたい」欲求は同じですね。 また、女性ホルモンのバランスが変わってくるその年代で男いるいない、してるしてないの差が見た目のツヤにも歴然と表れるという……。 やりましょう、やりたきゃ。 人生一度っきりですし、やりたいと思っているうちにやりましょう。 やるしかないです! わたくし、個人的には反対派。 でも、同時にさびしい気持ちを放置しておくことにも反対です。 不倫を勧める気もする気もありませんが、さびしい思いがあって誰かを求めたいなら、それもいいんじゃないかと思うのです。 さびしいって、いやですからね。 わたくしもさびしがり屋ですから、このお悩み相談をやってるんだと思いますし。 このコーナーを通じて、読者のみなさまと気持ちを共有しているというか。 夜の銀座もそういうひとの集まりですからね。 お客さま、ホステス、黒服。 さびしがり屋が集って飲んで、騒いで、笑って泣いてが楽しくて、また来ちゃう、みたいな。 で、さびしいって、いやだけれども悪くはない。 そこから生まれる何かが必ずありますから。 なので、ご相談者さまも女盛りを過ぎた後の人生のために、何かを産むつもりで男漁りをするといいのかも。 ただのアバンチュールじゃなく、いえ、アバンチュールであったとしても、ばばあになったとき、さみしくならないための保険というか貯金というかの目的で浮気に励むことが、いいのかなって。 なんかそういう気がしますよね。 お悩み 人妻です。 ヤってしまいました……。 ついに一線を……。 自分で望んだはずなのに、好きで抱かれたはずなのに……。 毎晩、後悔です。 先のない恋愛と分かっているのに、踏みとどまれなかった自分に自己嫌悪の毎日です。 恥ずかしいです。 どうすればこの気持ちをポジティブにもっていけるでしょうか??(camellia 女性 40代) で、漁った男は「おいしくいただく」のが基本 うん、うん、うん、うん、うん。 あるね!そういうこと。 ちょっと詳細がわかりかねる案件ですが、結婚してようとなかろうと、男とやって後悔しちゃうって、1回した後、2回めのオファーをいただけなかったとかそういう系?そうだとしたならアンサー1。 もうさぁ40過ぎてるんでしょ?先がない恋愛とかどうとかじゃなくて、むしろ、遊びの、純粋にセックスだけを楽しめるケースで実力を発揮できなかった自分を反省しましょうよ。 もっと磨かなきゃ!膣体操とかそういう問題だけじゃありません。 心技体!なんですよ。 ましてや自分で望んだんでしょ?好きだったんでしょ?そんな男に抱いてもらえるなんて、40過ぎてなかなかない!いや、奇跡ですよ。 これを読んだごぶさたガールズ全員、お前何言ってんだよ状態で憤慨してることと存じます。 好きな男が抱いてくれたなら、ここはどんなことがあっても「おいしくいただきました」と、きちんとごちそうさまのご挨拶ができる女でいないと。 躾がまるでなっちゃいません。 彼に対して感謝しました?感謝の思いを伝えましたか?いただいたら、ありがとう。 当たり前のことですよね。 そういう当たり前の礼儀もできてないくせに「もっと愛して、先はなくないよね?」みたいな欲しがるばかりの態度をしてはいませんでした?反省点は山ほどありますよね。 アンサー2。 倫理観の問題として。 良心が咎めてしまったパターン。 言葉と理性があるから人間なんだっていう前に、やっぱり人間って魅力ある異性には抗えないケダモノなんだなあってことがわかるできごとでしたよね。 でも、本能って必要。 山で迷ったとき、本能で水のありかを見つけちゃう、みたいにその本能を大切にすることでサバイブできることもあるし、賞味期限が切れた納豆だけど勘を信じて食べたら、大丈夫だったとか、そういうことがあるからいいんですよ。 本能は生きるか死ぬか、生死の境目のとき、きっと役に立ってくれます。 今回はメスとしての本能が機能しているということを、確認できたってことでいいんじゃないでしょうか。 テストは合格。 おめでとうございます。

次の

犬の発情期、時期・行動・対処法は?オスとメス犬で違う?食欲は?

さかり が つく

隔週くらいで発情します。 鳴き声がうるさいときには、抱っこしたり撫で回したり、とにかくスキンシップをとって気を紛らわせています。 それでも一番つらいのはこの子、と思い、「しんどぃねぇ~早く終わるといいねぇ~」などと言いながら、抱っこしています。 発情の回数があまりに多いので、数人の獣医師に相談すると、ステロイド治療しているせいだろう、という見解が出てきました。 副腎皮質ホルモンの異常が、発情に似た症状を引き起こすらしいです。 まぁ原因は何であれ、今はこの方法しかないので、これからもこうやって乗り切っていくと思います。 発情を止める薬もあるらしいですが、副作用がきついそうです。 続けて繁殖させたくないブリーダーなどが使用することもあるそうです。 主治医に相談されてみてはいかがでしょうか。 私は怖くて使えませんが また、マーキングですが、うちの子も発情中に一度粗相をしたのですが、「絶対この子はこんなことしない。 おかしい」と思い、尿検査すると膀胱炎でした。 もう1匹も1歳過ぎに壁にオシッコをかけたので、「マーキング?!」と思い、急いで避妊手術しに行ったところ、「膀胱炎ですよ」と言われたことがあります。 一度尿検査されてみてはいかがでしょうか。

次の

野良猫の鳴き声がうるさいときの対策方法

さかり が つく

現在は「六本木ヒルズ森タワー」、昔は六本の松の木がランドマークだったとの説もある六本木 由来が分かりやすい東京の数字地名 数字を含む地名は全国に数多い。 古代より地理上の区分をするのに数字が使われ、その地を特徴づける自然物や事物の数、大きさなどが地名として定着したからだと考えられる。 例えば東京には「一」から「十」まで数字のつく地名があり、その地名由来は次のように言われている。 一 一ツ橋=日本橋川と小石川の二つの川が一つに合流する地点に橋があった 二 二子玉川=二つの古墳があって二子塚と呼ばれていた。 玉川は多摩川 三 三鷹=徳川御三家の鷹場があった 四 四谷=四軒の茶屋、四家 よつや があった。 後に「家」が「谷」となった 五 五反田=この地の水田が一区画五反の大きさだった 六 六本木=六本の松の木があった 異説あり 七 七曲坂=つづら折れの坂があった。 七はつづら折れを象徴する数字 八 八丁堀=この地の堀の長さが八丁あった 九 九段=江戸時代、この地に九層の石段があった 十 十条=古代の条里制に基づく 異説あり ついでに、百、千という大きな数字のついた地名の由来も紹介しておこう。 百 百人町=江戸時代に伊賀組百人鉄砲隊の屋敷があった 千 千駄ヶ谷=この地では千駄の茅が刈り取れた 駄とは馬一頭に負わせる荷の量 いずれもその由来は分かりやすく納得できるものである。 二子玉川を流れる多摩川。 二つの古墳があったのは写真左岸の川崎市側である 青森の「戸」は「地区」や「地方」の意味 東京から離れても、例えば岩手県の北部から青森県の南部にかけて、一戸 いちのへ 町、二戸 にのへ 市……八戸 はちのへ 市、九戸 くのへ 村と「一」から「九」まで数字の順番を表した地名があるが 四戸だけはない 、これも昔の行政的な区分であっただろうことは容易に推測できる。 青森県庁の公式ホームページ中ではこれら「戸」のつく数字地名について、「平安時代後期に、現在の青森県東部から岩手県北部にかけて糠部郡 ぬかのぶぐん が置かれた際、郡が9つの地区に分けられ、一戸から九戸まで、地名がつけられたことが始まり。 地名辞典などによれば、この地域は馬の産地であり、「戸」とは貢馬 くめ と呼ばれる年貢として馬を収めるための行政単位だったともされる。 「娘十八 番茶も出花」だから「十八女」も…… だが、こうした分かりやすい数字地名がある一方で、まるで謎掛けのような難読・難解な数字地名も少なくない。 その横綱格が、徳島県阿南市の「十八女町」と島根県出雲市の「十六島」である。 「十八女」は普通なら「じゅうはちおんな」と読んで別に難読でもなんでもないが、まさかそんな読みの地名があるとは思えない。 では、何と読むかと言えば、これがなんと「さかり」と読むのである。 古いことわざに「娘十八 番茶も出花」というものがあるが、どうやら18歳は女の盛りだから「さかり」と読ませたらしい。 しかし、なぜに「十八女」などという不思議な地名が誕生したのだろうか。 徳島県では平成13年度から15年度にかけて「自分たちの近くに眠っているとくしまのたからものを探すために」という趣旨で、県民から郷土の誇りと思えるものを募り、それをという名のホームページで紹介している。 その「たからもの」のひとつに「十八女町」があり、町名の由来のひとつを紹介している。 その由来によると、昔この地に18歳の姫様を守護した、平家の落武者である侍大将が落ち延びたと紹介している。 平家の落武者に美しい18歳のお姫様、なんともロマンチックな地名の由来だが、残念ながらホームページには、なぜ「さかり」と読むのかの解説は記されていない。 十六善神ゆえに? それとも海苔ゆえに? 次は島根県出雲市の「十六島」。 この地で採れる岩海苔はかつて皇室にも献上されていたとされる逸品で、現在も「十六島海苔」として名高いので、グルメの方ならご存知かもしれないが、まずほとんどの人が正しく読むことはできないだろう。 こちら、「うっぷるい」と読むのである。 「十六島」をなぜ「うっぷるい」と読むのか、地名辞典の類をひも解くと「うっぷるい」という読みはアイヌ語や古代朝鮮語に由来するなど諸説ありとなっているが、『平田市大辞典』 平田市は合併して現在は出雲市 に、そのひとつが掲載されている。 それによると、昔、十六善神が海中から大般若経を背負い、十六島湾の端にある経島に上陸した際、土地の名を尋ねたところ「うっぷるいです」との答えだったため、十六善神は「それならば私の名を語りなさい。 文字は"十六島"と書いて、"うっぷるい"と読みなさい」と制定されたのだとか。 また、別な伝承もある。 それによると、昔、少彦名命が北浦海岸をめぐりながら杵築 今の大社 を訪問した途中、この地で香り高い海苔が一面にあるのを喜んだという。 それを少彦名命が岩からはぎ取って海水に浸し、何回もうち振って土産に持参したのだが、その打ち振りがなまって「ウップルイ」となったという 『ひらたしのむかし話』より。 さすが神話の国の地名である。 格調が高い。 十六島は高品質の岩海苔が採れることで有名だ 提供:出雲市 千葉の大網白里市と富里市にも数字!? さて、ここでクイズ。 千葉県の大網白里市と富里市は、いずれも元は数字地名なのだが、この2つの市名にはどんな数字が隠されているか、お分かりだろうか? 大網白里市のヒントは、九十九歳を白寿というがごとし。 同様に、白里の白は九十九を意味するのである。 どういうことかというと、白里地区は九十九里浜のほぼ中ほどに位置し、かつてはいわし漁で栄えた地域で、白里の地名も「百」の文字の上の一をとると「白」の文字になり、百里から一里をとり「九十九里」であるということからつけあわせて名付けられたと伝えられているというのだ。 命名者のセンスはなかなかのものである。 一方の富里市は、明治時代に13の村が合併して生まれた市 当時は村。 その「十三」を「とみ」と読んで「富」の文字を当てたのがその由来だそうである。 同市の秘書広報課によれば、「新しく住民になった方は市名の由来を知らない方も多いと思われるので、市の広報誌などで由来を紹介するようにしています」とのことだった。

次の