競馬 馬券 買い方。 競馬で一番勝てる買い方は?一番儲かる馬券の買い方。三連複・三連単・単勝は勝ちやすい

競馬プロやプロ馬券師ってどんな人?予想法や買う馬券まで徹底解説!

競馬 馬券 買い方

まいど!馬券生活者ゆうぞうです! 今回は競馬で勝っている人の買い方について話そうと思う。 競馬で勝ち続けている人と言うのは「競馬で負け続けている人とは違った買い方」をしているからこそ競馬で勝っているわけやから、そのへんの違いを勉強して欲しい。 もくじ• 本命が来るレースでは本命を買え 競馬予想してる人に対して時々 「そんな人気馬やったら誰でも言える」みたいな事言う奴おるやん?けど、誰が予想するにしたって人気馬は可能性の点から見ても、過去の統計的な点から見ても来る確率が高いねんから人気馬の評価が高くなるのは仕方が無いねん。 もちろん一般人が抱きがちな 「予想家を名乗るなら人気薄の馬をバンバン本命にして馬券当てんかい!」という 理想もわからんでは無い。 ただ来る確率が色んな面から見て低いから人気無いのが人気薄の馬やからな、人気薄を本命にするタイプの予想家はバンバン当てる事は無理やろ。 同じように人気馬を本命にするにしても、何も考えずに人気馬を盲信しているのと、他の可能性を考慮した上で、やっぱり人気馬を買うべきと判断するのは別やと思うで! でも書いてるけど、結局へんに捻りすぎてもかえって当たらんようになるのが競馬やからな。 わからんレースは見送って、荒れそうなレースは高配当を狙ってみて、本命で決まると読んだレースは本命で勝負する。 レースの見極めにはも参考になるで! もっとも適した馬券式別を選ぶ わしは、もっともそのレースに適した馬券式別で勝負するようにしとる。 殆どの競馬ファンは最初から三連単以外買う気が無い状態で予想をスタートする。 もちろん三連単を買ってはいけないとは言わない。 自分が勝つためにベストな馬券式別が三連単であると判断した場合はOKや。 ご存知のように三連単と言うのは主催者がもっともテラ銭(手数料のようなもの)を多く抜いている馬券なので、意外と初心者には儲けづらい馬券なんや。 それぞれの馬券式別についてはで詳しく解説してるから、良かったら読んでみて欲しい。 「お金のために自分が働くのではなく、自分のためにお金を働かせる」それが馬券生活者。 わしと同じ方法で馬券生活者を目指したいなら、詳細は.

次の

競馬を制すワイド馬券の買い方&最も儲かる3つの理由を紹介!

競馬 馬券 買い方

100円馬券 競馬は借金まみれのオッサン達が一攫千金を夢見て大金を掛けるギャンブルと思われがちですが、 馬券は100円から購入できます。 「5万で勝負する!」「ボーナスが入ったから全部突っ込んだ」と万単位、百万単位で掛けている話を聞くことがあると思いますが、そんな大金を掛けなくても馬券は気軽に買えるものなんです。 例えば、1レースにつき1点100円の馬券だけを購入した場合、全12レース分購入してもたった1,200円しか掛かりません。 5レースに絞って各5点100円ずつ購入しても2,500円です。 しかも券種によってはこの 100円が最高6億円になって返ってくることがあります。 たかが100円、されど100円、競馬には誰でも一攫千金をつかむチャンスがあるんです。 馬券は負けても困らない範囲で楽しむのが一番です。 1日当たりの予算を決め、上手く立ち回って収支アップに繋げていきましょう。 回収率を上げよう 的中馬券に対して払い戻される金額を投資金額で割った数値のことを 回収率といいます。 計算式で表すと以下のようになります。 よって競馬で勝つということは、 回収率が100%を超えることをいいます。 「競馬で勝つ=馬券の的中」と思われがちですが、的中しているにもかかわらずお金が全く増えていないなんてことあります。 「1万円分の馬券を買ったのに7千円しか戻ってこない、三千円損してる!」なんて場合ですね。 回収率を上げるには、 オッズが非常に重要になってきます。 オッズとは払戻金の倍率を表す数字のことで、その馬券の投票数(売れた金額)によって決まります。 2016年有馬記念のオッズ 2016年の有馬記念のオッズを参考にすると、ほとんど複勝より単勝の数字のほうが大きくなっているのが分かると思います。 これは、単勝が1着馬を当てるのに対し、複勝は1~3着にくる馬を当てる馬券と、的中率が全く異なるからです。 このレースで1着になった「6枠11番 サトノダイヤモンド」の単勝・複勝の払戻金は以下のようになります。 投資金額500円の場合 単勝 2. このオッズの数字が大きければ大きいほど、また投資金額が増えるほど、戻ってくる金額は大きくなります。 どの券種をいくら買うのか、様々な選択によって回収率が大きく変わってきますので、馬券はしっかりと吟味して購入しましょう。 馬券購入は20歳から 競馬は公営ギャンブルなので、馬券を購入するには購入者自身の年齢が 20歳以上でなければいけません。 近々、成人年齢が18歳に引き下げられる可能性がありますが、それでもギャンブルに関しては、ギャンブル依存症を懸念し 20歳未満はギャンブル禁止の方向性で行くようです。 20歳以上であれば学生でも購入は可能です。 購入は20歳以上ですが、競馬予想したり競馬場への入場、レース観戦等に年齢制限はありません。 イベントが開催されていたり家族で楽しめる施設やキッズコーナーも充実しているので、ご家族で来場すればお子さんの遊び場としても利用できます。 馬券購入の流れ 馬券購入の流れは、だいたい以下のようになります。 ただし、日曜日に行われるG1・G2・G3レースおよびJRAが指定したレースによって、前日または前々日に発売されるものもあります。 前日発売 日曜日行われるレースの勝馬投票券を前日の土曜日から発売することです。 対象となるのは重賞レースおよびJRAが指定したレースとなります。 金曜日発売(前々日発売) 皐月賞・ 東京優駿(日本ダービー)・ 菊花賞・ 天皇賞(春・秋)・ 有馬記念・ ジャパンカップの7レースは、、、、の4ウインズのみでレースの前々日である金曜日の14時~19時に発売が行われます。 このとき、同じ週に行われる重賞レースがある場合は併せて発売されるようになっています。

次の

競馬初心者の方に馬券の購入方法を紹介

競馬 馬券 買い方

また、2頭を選ぶ券種の中で最も的中率が高いので、 手軽に的中を味わいたい初心者にもおすすめです。 ワイドはとにかく点数を絞ることが重要 ワイドは的中率が馬連の3倍です。 その分配当も低いので、 馬連のように何点も点数を買ってしまうと話になりません。 まったく人気のない大穴馬を軸にして手広く流すのも悪くはありませんが、基本的には1点買いや2点買いなど、極限まで点数を絞ることが重要です。 「人気・穴・穴」のワイド2点買いがおすすめ!! ワイドの2点買いはいくつかパターンがありますが、個人的におすすめなのが 「人気・穴・穴」のパターンです。 この買い方だと 的中時の配当を高められるので、あとはある程度的中率を高めるだけでOKになります。 ちなみに、似たような形で 「穴・人気・人気」というパターンもありますが、この買い方はあまりおすすめできません。 ダブル的中が現実的に狙える買い方ですが、3連複で買うべきか考えないといけないので、少し難しくなってしまうからです。 ワイドの 「3頭ボックス」は、選んだ3頭がすべて馬券内にくればトリプル的中になるので、狙いたくなる気持ちはわかりますし、実際好んで買う人も多い印象です。 しかし、 ワイドの3頭ボックスは的中率と配当のバランスが悪い買い目を含んでしまう買い方なので、おすすめできません。 先ほどの2点買いとは違い、3頭ボックスだと 「人気 — 人気」や 「穴 — 穴」というパターンを買い目に含んでしまいます。 前者は的中率が高いものの配当に期待できず、後者は的中率が低すぎてバランスが悪いので、どちらも効率の悪い買い方になってしまうからですね。 ワイド1点買いは3連複軸2頭の総ながしと同じ意味合いの買い方なので、馬券の買い方に詳しくなってくると、どちらにするべきか迷うかもしれません。 ケースバイケースではありますが、 3連複の場合は相手をそれなりに絞ったうえで的中させなければいけないので、迷った場合にはワイドがおすすめです。 3連複を的中させようとすると、点数を絞るのもなかなか難しいですからね。 また、払戻率的にもワイドの方が2. たとえば、同じ金額を買う前提で馬連と比べた時に・・・• 競馬は運の要素が大きいので、たとえ勝てる買い方を続けていても、運が悪いと大きくマイナスになってしまう可能性があります。 回収率を高めることが最重要なのはもちろんですが、なるべく的中率の高い買い方をすることで、運の要素に左右されにくくすることも、安定して勝つためには重要になってきます。 安定して勝ち続ける方法を考えると、実はワイドという馬券の買い方は最適なのではないでしょうか。

次の