天神 ジアレイ。 ジアレイ福岡天神店の行列の待ち時間や混雑状況!空いてる時間は?

ジアレイのおすすめタピオカBEST10!【ブランドの特徴と注文方法もご紹介】|君たちはどうタピるか

天神 ジアレイ

Contents• ジアレイ(THE ALLEY)福岡・天神店のドリンクメニューと値段 ジアレイ(THE ALLEY)福岡・天神店のドリンクメニューと値段は以下。 タピオカ(ディリオカ)シリーズ• THE ALLEY 三食感ミルクティー 600円〜• THE ALLEY アッサムタピオカミルクティー 500円〜• ロイヤル No. 9 タピオカミルクティー500円〜• 小山緑茶タピオカミルクティー 500円〜• 鉄観音タピオカミルクティー 500円〜• 盆栽タピオカミルクティー 600円〜 黒糖タピオカシリーズ• 黒糖タピオカラテ 650円〜• 黒糖抹茶ラテ 650円〜 香るミルクティー シリーズ• THE ALLEY アッサムミルクティー 450円〜• ロイヤル No. 9 ミルクティー 450円〜• 小山緑茶ミルクティー 450円〜• 鉄観音ミルクティー 450円〜• 盆栽ミルクティー 550円〜 THE ALLEY スペシャル• オーロラドリンクシリーズ 650円〜• レモンミルクと恋に落ちる 500円〜• 翡翠レモングリーンティー 500円〜 ミルクフォームティーシリーズ• チーズクリーム黒糖ラテ 550円• チーズクリーム白桃烏龍 550円 フレッシュストレートティー• THE ALLEY アッサム 350円〜• ロイヤル No. 9 350円〜• 小山緑茶 350円〜•

次の

ジアレイ福岡天神店の行列の待ち時間や混雑状況!空いてる時間は?

天神 ジアレイ

当分続きそうですね。 イソップさん困ってるだろうなあ。 スポンサードリンク 「THE ALLEY(ジ アレイ)」とは? 「THE ALLEY」は、2017年7月に、サナギ新宿にて日本初上陸。 翌月8月、表参道での旗艦店オープンを皮切りに、渋谷店、ルミネ新宿店、恵比寿店、自由が丘店をオープン。 初上陸から1年を経た2018年には、中目黒店と東京スカイツリータウン・ソラマチ店、三軒茶屋店、有楽町店、渋谷246店、神戸三宮店をオープン、2019年は祐天寺店、秋葉原、代官山、マリンピア神戸にオープンし人気を博しています。 プレスリリースより 「ロイヤルNO. 9 タピオカミルクティー」 Mサイズ ¥500 税抜)/Lサイズ ¥600 税抜 写真的には、断然「盆栽」がカワイイと思うの。 「盆栽タピオカミルクティー」 Mサイズ ¥600 税抜 / Lサイズ ¥700 税抜 【やっぱり「こなな」も】 予想どおり、和ぱすたのカフェ「こなな」が同日&同じ場所にオープンします。 この3月23日(土)、24日(日)の2日間は、お店のオープンより先に「THE ALLEY」が飲めるチャンスです。 (追記:このブースのレジでもらえるメニューパンフレットには、オープン後に使える割引券もついています。 ぜひもらってくださいね!) 【余談】 結果的に、このイベントが、一番簡単にジアレイが買えるチャンスでした。 既に作ってあるものを渡すだけなので、列がサクサク進みました。 割引券ももらえましたしね。 「知らなかった~」と残念に思った方は、ぜひ当サイトを普段からチェックすることをオススメします。 (勧誘) (がチェックしやすいかも) まだまだ飲みたいタピオカティー 福岡には、既にあちこちにタピオカミルクティーのお店があります。 特に、ゴンチャや春水堂あたりは、まだまだ人気ですよね。 (春休みに入って、福岡パルコのゴンチャがまた並んでいる気がします。 ) ゴンチャは、間もなく2号店がオープンしますし。 もう、困ったなあ。 どれもいっぱい飲むしかないなあ。 (にっこり) 【追記】行列~~!! SNSを見ると、オープン早々から大変な行列みたいで~~。 夜7時くらいの写真でビッグカメラまで列が伸びていたり、1時間半待ったとか2時間半待ったとか、2時間くらい待った人多そう~~。 もともとの人気と、あとは勢いとかオープン日ワッショイとか、テレビとかかな~。 ひぇぇ~。 タピ活関連記事 春水堂(チュンスイタン)、貢茶(ゴンチャ)、モッチャム、そして今回のTHE ALLEY(ジアレイ)、全部飲んだ方も多いんでしょうね。 ご注意ください。 the-alley. (個人ブロガーの方も所定の手続きを経ると写真を利用できます。 000024488. html スポンサードリンク.

次の

「 THE ALLEY ( ジアレイ ) 福岡 天神 」 タピオカ スタンド

天神 ジアレイ

結局どこのお店が1番美味しいの?? これに対する回答は非常に困難で、専門店であれば一定以上のレベルに達している事が多く、極論は「 人による」という事になりますし、「 ぜひ実際に飲み比べてみて下さい!」という他ありません。 基本的に実飲以外に検証する術はないと思われますが、飲む前に分かる事があります。 それが「 ヴィジュアル」。 つまり「 映える」か否か。 これは実際に飲まずとも写真を見れば大方の予測が付きます。 昨今タピオカの差別化の1つの方向性としてビジュアル化、つまり外観的なインパクトが大きい商品の開発があります。 実は現在、その方法で SNSタピ界を席捲している専門店があります。 その名が「 THE ALLEY(ジアレイ)」さん。 台湾で約20店舗、更に、日本・アメリカ・カナダ・フランス・中国・ベトナム・タイ・マレーシア・オーストラリア・ニュージーランドに展開するタピオカミルクティー専門店です。 赤と青の「オーロラ」で話題になっていたジアレイの「日の出」。 こんな写真をSNSにアップしたらもれなくバズるに決まってるよ・・ このタピオカドリンクを盆栽仕立てにしてしまう発想、SNS映え最重視の戦略が功を奏し、人気爆発中のタピオカドリンク専門店、それが「 THE ALLEY(ジアレイ)」さんです。 残念ながら静岡には店舗はありませんが、今回福岡県へタピ遠征したご報告を致します。 「THE ALLEY(ジアレイ)」の アクセス(行列・待ち時間情報) 場所は天神駅から徒歩10分弱ほど、警固公園のすぐ裏手にあります。 「DAYTON BUILDING」という外観が草に覆われた(表現)ビルの1階です。 待ち時間ですが、先日ご紹介した生タピオカ専門店「 モッチャム」さんほど待ち時間は長くないかなと言った印象。 ですがオープン前でも上記写真の通りですので、必要以上に構える必要はありませんが、特に週末は暫く混雑が続きそうです。 オープン30分前に行った場合、4~5番目に着く事ができましたので確実に席を確保したい場合はこのくらいの時間が目安かと思われます。 また店外にもメニュー表がありますので予め考えておくと良いかもしれません。 お店へお邪魔します 店内入ってすぐには大きな鹿さんがお出迎え。 こういうインパクトは大切ですね。 「ジアレイ」の名前が出なくても「 あの鹿の店」で伝わりますから。 こちらのお店は先ずカウンターで注文し、番号札を渡されて待つ形式です。 カウンター前には大きなディスプレイ。 オーロラドリンクシリーズもしっかりPRされていました。 カウンター上にはサイズサンプルもあります。 こちらではタピオカやドリンク以外にもマフィンやサンド系の食事メニューも用意されています。 スタバっぽいですね。 店内はカウンター席はなく2~4人掛けのテーブル席が10席ほど用意されています。 テイクアウトのみのスタンド形式のお店が多い中で中でもゆっくり頂けるのは有難いですね。 インテリアも鹿さんで統一されています。 「THE ALLEY(ジアレイ)」のメニューは? 注文カウンター前にメニュー表があります。 冒頭でご紹介した人気の盆栽やオーロラドリンクはもちろん、ロイヤルNo. 9タピオカミルクティーも人気の様です。 サラダまで用意されていて、イートインを想定したメニューラインナップですね。 ミルクティーの味が若干薄いかなといった印象を受けましたが、敢えて薄目で作る事でチョコクランチの味を引き立てているとも感じました。 少しビターな大人な味で、 クランチのサックリ食感とタピオカのモッチリ食感の組み合わせが新しい感覚です。 タピオカに関しては黒糖と比較して甘さは控えめですが、歯ごたえは十分です。 黒糖タピオカに関しても他のお店より甘みが強い印象。 この辺は本部が台湾という事もあるでしょうが、台湾と比べたらまだまだ甘さ控えめだと思うので各国で調整がされていると推測されます。 お茶の渋みや旨味と黒糖タピオカのコントラストが映える味わいです。 まとめ SNS全盛のご時世、商品にビジュアルインパクトを持たせることは非常に大切な戦略の1つです。 また特に盆栽タピオカを飲んでいて感じた事ですが、今後タピオカの戦国乱世時代へ突入するにあたり、タピオカ単体での生き残りは非常に厳しい時代になってくると予想されます。 盆栽風に仕立てた外観ももちろんそうですが、タピオカとチョコクランチの食感や味のコンビが上手に融合されていて、外観だけでなく味の方でもクオリティは高いと感じました。 こういった商品企画も今後広がっていくのではないでしょうか。 今回はストイックにタピオカのみでしたが、次回はフードメニューやオーロラドリンクの方も頂いてみたいと感じました。

次の