妊婦 頭痛 対処。 妊娠中期頭痛 ゼクシィBaby|妊娠中期の頭痛についての説明や妊婦さんの体験談

頭が割れそう!!つわり中の頭痛を和らげる12の対策ワザ

妊婦 頭痛 対処

また、出産後はホルモンのバランスの乱れ以外にも、睡眠不足などのストレスを受けやすいために頭痛が再発しやすいです。 では、妊娠中の偏頭痛についてホルモンの種類別に見ていきましょう。 プロゲステロン性偏頭痛 妊娠すると体内のホルモンバランスが変化し、黄体ホルモンのプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増えます。 急にホルモンの一種が増えることでバランスが乱れ、脳の血管が広がりやすくなって偏頭痛が起こっている状態です。 エストロゲン性偏頭痛 女性ホルモンであるエストロゲンは生理のリズムに合わせて分泌量が変化し、生理前後や生理中の頭痛の原因にもなっています。 エストロゲンの分泌量が変わることにより脳の血管が拡張し、頭痛が起こると考えられています。 【緊張型頭痛】肉体的な過労と貧血が原因…お腹が大きくなって来たら注意 緊張型頭痛は、脳への血流量が減少して酸素不足になってしまい、脳の周辺の筋肉がこわばることで発生する頭痛です。 妊娠中、特に妊娠20週以降に高血圧を起こしてしまう「妊娠高血圧症候群」を発症すると、症状のひとつとして頭痛が現れやすいですが、これは血圧が上昇することで脳の血管が広がり、偏頭痛を引き起こすからです。 妊娠高血圧症候群の症状は、頭痛以外にめまいや倦怠感なども現れますが、自覚症状としてはむくみが分かりやすいですので、頭痛と一緒にむくみがないかを確認しましょう。 妊娠高血圧症候群による頭痛は、痛む部分を冷やすことである程度痛みが和らぎますものの、根本的に高血圧を改善する必要があります。 しかし、妊婦健診に定期的に通っていると、血圧のチェックや尿蛋白の検査を定期的に受けることが出来るので、頭痛が起きるまで高血圧に気づかないケースは皆無でしょう。 急に浮腫みがひどくなってきたり、頭痛が長期間続いたりする場合は、すぐに病院を受診して医師の診察を受ける必要があります。 妊娠中の頭痛は一過性の事も…様子を見ながら専門家に相談を 妊娠中の頭痛が頻繁に起きたりずっと続くようであれば、どんなタイミングで痛みが現れるのかを把握しておくと、その後の対処法を考えやすくなります。 「頭痛が起きる前に何をしていたか」「どんな場所にいたか」「どういった状況なのか」を、簡単にで構わないので記録しておくと便利です。

次の

妊娠時の痛み: 腹痛や頭痛など妊娠時の不快症状の原因と対処法

妊婦 頭痛 対処

もくじ• 妊娠中よくある頭痛の原因 妊娠中、なぜ「頭が痛い・・・」という女性が増えるのでしょうか?代表的な原因を2つ紹介します。 女性ホルモンのバランス 妊娠により、体の機能は変化しストレスを感じやすくなっています。 また、女性ホルモンのバランスが妊娠とともに増加します。 この女性ホルモンが自律神経のバランスを崩し、頭痛は発症する場合もあります。 鉄欠乏性貧血 また、妊娠すると胎児や胎盤を作るために鉄が多く使われてしまいます。 そのため貧血になる妊婦の方がいますが、鉄欠乏性貧血による貧血症状は、頭痛を引き起こすことがあります。 鉄欠乏性貧血とわかっているのであれば、鉄分の補給で快方します。 食品の鉄は吸収率が低いため、鉄のサプリメントや鉄剤を取るようにするのが一般的です。 妊娠中であれば、独断で摂取するのではなく、通院している産婦人科で指示を受けましょう。 他にも、つわりの症状として、頭痛を感じる人もいます。 妊娠高血圧症候群 感じたことのないような痛みがある場合は、すぐに病院を受診してください。 <こんな頭痛に注意> ・ガンッと衝撃のある頭痛 ・どんどんひどくなる頭痛 この場合、脳出血や脳梗塞の可能性が潜んでいる場合があります。 妊娠中の頭痛の対処法 頭痛になってしまったときの緩和方法や、頭痛対策としてできることを聞いてみました! 頭のツボ「百会」 自律神経を整え、頭痛や肩こりを解消する百会というツボを押してみましょう。 頭の上の両耳と鼻が交差する部分です。 リラックス 妊娠中頭痛がするときは、安静にして休みましょう。 ストレスを溜めないようにして、リフレッシュしましょう。 妊娠するといろいろなことが気になって、不安や心配が原因でストレスを溜めやすくなります。 また、ストレスが原因で緊張していると肩こりや体全体の血流も悪くなり、頭痛を引き起こし易くなります。 血流を促す運動 適度な運動は、肩こり改善、血流改善で、頭痛予防にもなります。 腕を回す運動や、ストレッチを取り入れましょう。 汗がダラダラでたり、息が切れるような運動ではなく、ウオーキングや水中歩行など、ちょっと汗ばむ程度の運動がおすすめです。 脈拍が100〜120拍/分前後くらいになる運動がよいです。 カロナール(アセトアミノフェン)は比較的副作用が少なく、作用も穏やかな薬なので妊娠中でも飲める頭痛薬です。 ただし、薬の添付文書(お薬の説明書)には、「妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上まわると判断される場合にのみ投与すること。 」とされています。 また、妊娠後期に服薬した場合、胎児に動脈管収縮を起こすことがあります。 必ず医師の判断により、服用をしましょう。 「コーヒーで頭痛緩和」妊娠中はNG? 「頭痛のときはコーヒーで治す」という習慣をお持ちのママは少なくありません。 でも、「妊娠中はコーヒーを控えるべきだし…どう判断したらいいんだろう」とお悩みの方もいるようです。 コーヒーが頭痛改善につながるとは言い切れません。 飲む場合は1日マグカップ2杯程度にとどめましょう。 コーヒーに含まれるカフェインは、血管収縮作用があるので、頭痛に良さそうですが、一概にそうとは言えません。 頭痛を感じている時は、頭痛でのストレスの影響もあり拡張と収縮を繰り返している場合があるので、コーヒーを飲んだからといって、頭痛が軽減されるとは言い切れないのです。 また、妊娠中にカフェインを摂りすぎると胎児が低体重になり、将来の健康リスクがあると危険性が指摘されています。 妊娠中は、コーヒーは、マグカップ2杯程度にとどめるよう厚生労働省からも発信されています。

次の

我慢しないで!妊娠中期の頭痛の原因と対処法について

妊婦 頭痛 対処

妊娠中に頭痛が起こると、市販の頭痛薬が飲めず困った経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。 妊娠中は頭痛が起こりやすく、赤ちゃんへの影響を考えて薬も我慢してしまうので長引いてしまう人が多いです。 さらに病気のサインである頭痛もあるので、妊婦さんに起こりやすい頭痛の原因と対処法を知っておくようにしましょう。 つわりや仕事へのストレスなどから自律神経が乱れ、頭痛を引き起こしてしまうのです。 そうすると肩や首周りの筋肉が硬くなり血流が悪くなると頭痛を起こすことがあります。 特徴は締め付けられるような痛みで、家事や仕事が終わる夕方頃になると疲れが溜まって頭痛が起こることが多いです。 血液内の酸素が欠乏すると頭痛やめまい、耳鳴り、動悸などの症状が出ることがあります。 妊娠後期に入ると貧血が強くなる傾向がありますが、元々貧血気味の方は妊娠中期頃から貧血症状が出る方もいます。 高血圧が続き血管が拡張するとズキズキと感じる頭痛や、目の前がチカチカすることがあります。 また、胃痛や吐き気、体のだるさなどを感じる方もいます。 急に浮腫みがひどくなってきたり、頭痛が続いたりする場合はすぐに病院を受診する必要があります。 ゆっくり肩や首を回す運動をしてみましょう。 またご主人に肩や首周りのマッサージをしてもらうのもよいでしょう。 を塗りながらマッサージを行うと保湿と保温効果でポカポカ体が温まり、血行がよくなってさらに効果的です。 首のマッサージはうなじから鎖骨に向かってさするように、肩のマッサージは手のひらで円を描くようにします。 うまくストレスを発散させて自律神経のバランスを整えるようにしましょう。 ゆっくり湯船につかったり、フットバスをしたりするのもよいでしょう。 このとき好きな音楽を聴いたり、アロマの心地よい匂いをかいだりして五感からリラックスすると効果的です。 はレモンなど柑橘系の匂いをかぐとリフレッシュできます。 症状が強い場合や長引く場合は自分で判断せず病院を受診しましょう。 妊娠中でも飲める薬を処方してもらいましょう。 貧血の治療は食生活の改善だけでなく鉄剤の内服をおこない、時間をかけて改善する必要があります。 また妊娠高血圧症候群の場合は、降圧剤の内服や入院の必要があることもあります。 赤ちゃんや母体のためにも早期発見、早期治療が重要です。 頭痛を感じたらまずはゆっくり体を休めて回復を促しましょう。 妊娠中だからと頭痛を我慢する必要はないので、辛いときは病院を受診して対処してもらいましょう。 その他の妊娠中のマイナートラブルについてはこちらの記事もご参考にされてみてくださいね。

次の