贈与 契約 書 雛形。 動産贈与契約書

相続・生前贈与で「贈与契約書」が必要な理由と作成方法【書式付】

贈与 契約 書 雛形

贈与を証明する書面として「贈与契約書」を残すと安心 相続税の増税の影響から、生前贈与による相続税対策が盛んに行われるようになりました。 贈与は口頭でもできる契約ですが、後で言った言わないのトラブルになることもあるため、「 贈与契約書」として書面にしておくことが望ましいです。 この贈与契約書は、贈与があったことを第三者にしっかりと証明するものです。 その作成目的は、「当事者間で後にトラブルにならないように」「法務局に対して、不動産を贈与したことを証するため」「税務署に対する贈与税の計算根拠」といったものがほとんどです。 贈与を認められないと相続税に影響が 例えば、祖父が孫3人に過去10年間、110万円ずつ現金を贈与していたところ、祖父に相続が発生したとします(贈与税の申告・納税なし)。 贈与した計3300万円には相続税はかからないはずです。 しかし税務署はこの贈与自体が契約されたものではなく、単に「 名義財産」ではないかと疑います。 名義財産であれば相続税がかかるからです。 贈与の事実を第三者に説明するため、「贈与契約書」は贈与の証拠の一つとして有効です。 贈与契約書の書き方のポイント ポイントは次のとおりです。 簡単なようで難しい点もありますので、しっかりと確認しましょう。 以下のテキストをWordなどにコピー&ペーストして使うと良いでしょう。 レイアウトは画像を参考にしてください。 第1条 甲は、乙に対して、現金120万円を贈与することを約し、乙はこれを承諾した。 第2条 甲は、当該財産を平成27年4月1日までに乙の指定口座に振り込むものとする。 上記契約を証するため本書を2通作成し、甲乙各1通を保有する。 こちらも、以下のテキストをWordなどにコピー&ペーストして使うと良いでしょう。 レイアウトは画像を参考にしてください。 第1条 甲は、甲の所有する下記の財産を乙に贈与することを約し、乙はこれを承諾した。 45平米 第2条 甲は、当該財産を平成27年4月1日までに乙に引き渡すものとする。 上記契約を証するため本書を2通作成し、甲乙各1通を保有する。 なお、単純な贈与ではない場合の贈与契約書の作成は、専門家に作成を依頼するほうが安心です。 【関連記事】.

次の

贈与契約書とは|贈与契約書の書き方と贈与を行う際の3つのポイント|相続弁護士ナビ

贈与 契約 書 雛形

譲渡契約書とは 譲渡契約書とは、債権、株式、著作権などの権利や財産を他人(他社)に譲り渡すことを記載したもので、 無償譲渡と有償譲渡の2種類があります。 それぞれどんな違いがあるのか、どのようなケースで作成されるのかを詳しく説明していきます。 無償譲渡と有償譲渡について 所有している資産を無償で移転させることを無償譲渡と言います。 例えば法人が資産を無償で他者に譲渡した場合は『寄付』や『贈与』として取り扱われます。 一方、有償譲渡は、資産を譲渡する対価として代金を支払うことによって効力が生じるものを言います。 対価が金銭以外の財産権であるならば『交換』になります。 ちなみに、売買・贈与・交換のいずれも『譲渡契約』の中に含まれます。 印紙について 印紙は課税対象となる文書に貼付しなければならないことになっています。 印紙を貼り忘れたり割印を忘れたりすると怠過税が課されることがありますので注意しましょう。 なお、税法上定められているものであり、契約の効力には関与しません。 当該文書が課税か否かは、印紙税法別表第1に掲げられている20種類の文書に該当するか、非課税文書に該当するかを内容ごとに見て判断する必要があります。 署名や捺印について 契約は口頭でも成立するものですが、証拠とするために通常は契約書を作成します。 そしてその契約書が法的効力を持つためには、署名もしくは記名捺印が必要であるとされています。 しかし、安全のためには署名+捺印の両方をしておくことが紛争防止につながりますので覚えておいてください。 つまり、持っている貸金債権や売掛金債権を第三者へ譲渡することです。 注意しなければならないのは、債権譲渡契約は譲渡人と譲受人の間で成立するもので、債務者には関係がない点です。 そのため譲受人が債務者に対して債務履行を主張することはできないのです。 そこで、債権譲渡契約書には債務者、又は第三者に対する対抗要件の具備についても触れておく必要があるのです。 債権譲渡契約書の記載すべき項目• 債権譲渡の目的• 債権の表示• 債権者、債務者、債権額、債権の発生原因、弁済の期日• 譲渡通知及び承諾• 対抗要件• 契約解除• 協議条項• 管轄裁判所 債権譲渡契約書の文例 債権譲渡契約書の作成は、ワードのテンプレートが便利です。 文例はサンプルを参考にしてください。 株式の売買は自由に行えるものですが、非公開会社の株式を売買する場合は、当該会社の承認を得る必要があります。 株式の売買価格は自由に決めることができ、無償でも有償でも構いません。 売買価格によって売主に譲渡所得税が発生する可能性がありますので、この点は注意しましょう。 株式譲渡契約書の記載すべき項目• 株式の内容• 譲渡日、合意日• 譲渡価額• 支払方法、期限• 契約解除• 賠償責任• 株主名簿の名義書換請求 印紙の有無 株式譲渡契約書は課税文書には該当しません。 そのため、原則として印紙を貼る必要はありません。 ただし、株式譲渡契約書に受取書・領収書の性質があるときは課税文書に該当し、印紙を貼る必要が出てきます。 すでに代金を受け取った旨の記載があるかどうかをチェックしましょう。 しかし、売主が個人である場合は非課税となり印紙は不要です。 株式譲渡契約書の文例 株式譲渡契約書の作成は、ワードのテンプレートが便利です。 文例はサンプルを参考にしてください。 譲渡契約書を作成するにあたり注意すべきポイントを3つご紹介します。 署名捺印をする 署名捺印に不備があると契約の成立を証明できないことがあります。 署名もしくは記名・捺印があれば契約書として成立はしますが、なるべく署名捺印の両方をするように心がけましょう。 印紙の有無を確認する 課税文書に該当するかは内容をよくチェックしなければなりません。 印紙の貼付がなかったからといって契約内容に影響するわけではありませんが、税法上印紙は必要です。 貼り忘れや割印の忘れがあると怠過税がかかることもありますので注意が必要です。 大切な項目を漏れなく盛り込む 契約内容はもちろんのこと、履行日、解約について、賠償責任やトラブルになったときの解決方法、対抗要件など、自身を守るためにも漏れのないよう大切な項目を盛り込みましょう。 所有している資産を無償で移転させることが無償譲渡、資産を譲渡する対価として代金を支払うことによって効力が生じるものが有償譲渡です。 契約書を作成しても法的効力が発生しなければ意味がありません。 署名・捺印がされているか、印紙が必要であるか、記載項目に漏れがないかに注意して作成してください。

次の

贈与に関する契約について(契約書雛形・サンプル付き)

贈与 契約 書 雛形

INDEX• 1.贈与とは まず「贈与」とは何か、贈与するとどのような税金がかかるのかなど、その仕組みを見ていきましょう。 贈与とは、簡単に言うと「ある人が第三者にただで自分の持っている財産をあげること」です。 この第三者は親族でなくても問題ありません。 相続は死亡という事実をもって財産を渡すのに対し、贈与は生きている間に贈与者が財産をあげる旨の意思表示をし、受贈者が財産をもらう旨の意思表示をしたときに初めて成立します。 どちらか一方だけの意思表示だけでは成立しません。 では「贈与税」とはどのようなものなのでしょうか。 贈与は財産を第三者にただであげる行為です。 もしも、受贈者(財産を贈与される人)が贈与以外の方法でその財産と同等のものを手に入れるためには、労働で得た自分のお金で購入しなければなりません。 これでは、不公平になってしまうため、贈与税がかけられます。 また、贈与税をかけることで、相続税で課税されない部分を補完する意味もあります。 贈与税でポイントとなるのが、「誰が税金を支払うのか」ということです。 これは贈与された人が支払います。 では、ここで贈与税の手続きについて整理しましょう。 贈与税は、贈与を受けた人が、受けた年の翌年2月1日から3月15日までに、贈与を受けた人の住所地を所轄する税務署に贈与税の申告と納税をする必要があります。 原則、どんな人でも年間110万円までの控除額を持っているので、贈与を受けた金額から110万円を差し引いた金額に対し、10%~55%(課税価格により異なる)の税金が課せられます。 年間110万円までの贈与の場合は贈与税の申告は必要ありません。 2.贈与契約書の目的 今まで、贈与について見てきました。 ここからは、なぜ贈与に贈与契約書が必要なのか、その目的について解説します。 贈与は、贈与者と受贈者の両方の意思表示があって成立します。 実はこの意思表示は、口約束でも問題ないとされています。 しかし、一般的には贈与契約書を作成して残しておいた方がよいです。 それには次の2つの理由があります。 (1)贈与者の死後に相続人同士のトラブルを避ける 贈与は、贈与者と受贈者の両方の意思表示があって成立しますが、口約束では、贈与者の死後、本当に贈与者が贈与する意思表示があったかどうかわかりません。 そのため相続人同士で、遺産の分割をめぐってトラブルになる可能性があります。 贈与契約書があれば、贈与者の贈与に対する意思表示があることは明確なので、相続人同士のトラブルを避けることができます。 (2)税務調査の対策 贈与が行われれば、受贈者は贈与税の申告と納税を行います。 この贈与税の申告には後日、税務調査が行われる可能性があります。 その場合、まず贈与の事実について調査することになりますが、客観的な証拠を提示する必要があります。 特に現金等の贈与の場合、客観的な証拠といっても限られてくるため最低限、証拠書類として贈与契約書を作成して残しておく必要があります。 3.贈与契約書の基本の書き方 贈与の際には、贈与契約書を作成して残す必要があることが理解していただけたかと思います。 ここからは、贈与契約書の基本の書き方を見ていきましょう。 贈与契約書では、こうしないといけないという書式は決まっていません。 代わりに必ず記載しなければならない事項が5つあります。 どんな条件で• どのような手段(方法)で 贈与するのかということです。 上記5点を含め、現金を贈与する場合の贈与契約書の雛形は以下のようになります。 不動産を贈与する場合は、不動産の所在地などの情報を記載する必要があります。 原則法務局で取得できる「登記事項証明書」のとおりに記載します。 不動産を贈与する場合の贈与契約書の雛形は以下のようになります。 4.贈与契約書作成時の注意点 贈与契約書を作成する際には、いくつか注意点があります。 ここからは、贈与契約書作成時の注意点を見ていきましょう。 (1)手書きまたはWordで作成する。 贈与契約書は、手書きでなければならないという、きまりはありません。 そのため手書きで作成してもWordで作成しても、有効です。 ただし、日付や署名は手書きのほうがよいでしょう。 (2)押印には実印を押す。 署名した後は、押印をします。 契約書の効力としては認印でも問題ありませんが、贈与者の死亡後に正当性を疑われないためにも実印を押したほうがよいでしょう、 (3)毎年贈与する場合は、その都度作成する 毎年贈与が発生する場合は、その都度贈与契約書を作成する必要があります。 贈与税には毎年110万円の控除があります。 そのため、1年で1,000万円を贈与すると贈与税がかかりますが、10年かけて毎年100万円ずつ贈与すれば、結果1,000万円の贈与であっても贈与税がかかりません。 しかし、長期間にわたって、毎年または定期的に同額を贈与していれば、もともと一括で贈与する意思があったとみなされて、初年度に遡り、贈与税を課されてしまいます。 その意思がなかったとしても認定されてしまう恐れがあるので、毎年贈与が発生する場合は、必ずその都度贈与契約書を作成しましょう。 その他の状況など総合的に鑑みて判断されます。 (4)不動産の贈与の場合は、登記事項証明書のとおりに記載する 雛形のところでも少し触れましたが、不動産の贈与の場合は、所在や構造、面積などは登記事項証明書のとおりに記載する必要があるので注意しましょう。 また、登録免許税などの登記費用や、不動産取得税・固定資産税などの税金を誰が負担するかも記載する必要があります。 5.生前贈与時の注意 上記では、贈与契約書作成時の注意点について解説したので、ここからは生前贈与をするときの注意点について解説します。 (1)申告や税金の納付が必要 生前贈与は、うまく使えば、相続時のトラブルを未然に防いだり、相続税の対策になったりします。 しかし、相続税の申告や納付が必要になるので、納税資金なども考慮にいれて生前贈与する必要があります。 (2)相続時精算時課税やその他の非課税制度を検討する 生前贈与には、1年間に110万円までの控除がある通常の贈与(暦年贈与)の他にも、贈与時は税金をかけずに、相続時に贈与分の財産も合算して相続税をかける相続時精算時課税の制度もあります。 この制度を使えば、贈与がしやすくなります。 また、育児や教育、出産など特別な目的のために贈与を行う場合は非課税制度もあります。 暦年贈与だけでなく、こういった制度の検討することで賢く生前贈与をすることが可能です。 (3)現金の贈与は通帳を通して行い、証拠を残す 生前贈与で一番証拠が残らないのが、現金の贈与です。 後に税務調査が行われたときのこもとも考えて、きちんとした証明書類を残す必要があります。 そのためには贈与契約書を作成して残すとともに、受贈者の通帳に贈与する現金を振り込み贈与したという証拠を残す必要があります。 (4)相続前3年以内の贈与の場合、相続税の計算に加算される 法定相続人などに贈与をしてから3年以内に贈与者が死亡した場合は、その贈与した財産は死亡時の遺産に加えて、相続税の計算を行う必要があります。 もしも生前贈与が相続税の対策のものであれば、その効果が薄くなる可能性が高いので、注意が必要です。 贈与は贈与者が元気な間にできるだけ早く行うほうが良いでしょう。 まとめ 今回は生前贈与の際に必要な贈与契約書について解説しました。 贈与は、贈与者と受贈者の両方の意思表示があって初めて成立します。 そのため、贈与者の死後に贈与者の意思表示を確認できるようにするためにも、贈与契約書は必要です。 しかし、贈与契約書には贈与する財産の違いにより記載しなければならない内容が決まっているなど、さまざまな注意点があります。 また、生前贈与自体にも注意しなければならないことがさまざまあります。 そのため、生前贈与を考えている場合は、できるだけ早く弁護士なども専門家に相談したほうがよいでしょう。 遺産相続相談窓口とは 遺産分割・遺留分・相続放棄・遺言書作成・相続登記・相続税・成年後見などの遺産相続に関するさまざまな問題に対して、解決のお手伝いをする専門家検索サービスです。 遺産相続に関する問題は人生の中でそう何回も起こる問題では無いだけに、普段から事前に対策などの意識を持つ事はなかなか無いと思います。 法的な知識や専門用語も多岐に渡り、また遺産相続問題の中にも内容によっては特定の専門家でしか対応できない内容や、専門家によって費用などが大きく変わる場合があります。 怪我や病気の際にその症状や場所、予算などに合わせて医者や病院を選ぶように、専門家を選ぶ際にも同様の事が言えます。 「遺産相続相談窓口」では、遺産相続に関するさまざまな問題に対応できる専門家を掲載しており、サイト上で簡単に検索し、電話やメールなどでコンタクトを取る事ができます。 また、遺産相続問題の注意事項や事例、専門用語の解説などサイト内で詳しく説明しており、事前に調べて少しでも知識を付けてから専門家に相談する事で、専門家からのアドバイスや相談内容が分かりやすくなり、より納得したうえで進める事ができると思います。 遺産相続に関する問題でお悩みなら「遺産相続相談窓口」で最適な専門家を見つけましょう。

次の