クリスタ 使い方。 クリスタPROとEXの違いはイラストor漫画!その違いを解説&比較!

イラスト マンガ制作ソフト・アプリ CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)

クリスタ 使い方

クリスタEXの機能• 見開きページ• セリフの一括管理• 複数ページの管理 順番に解説していきます。 セリフを一気に入力・修正する セリフを一括管理できる機能を、ストーリーエディターといいます。 ストーリーエディターを使うためには、新規ファイル作成時に「ページ管理」にチェックしておきます。 新規ファイルを作成できたら、ストーリーエディターを開きます。 ストーリーエディターを開くと、ページごとにセリフを入力する欄が表示されます。 ここにセリフを入力していきます。 1ページごとにセリフを書きだしていくよりは、全ページ分いっきに入力したほうが作業効率はアップします。 セリフの大きさやフォントの変更なども一括で編集可能。 さらに、途中でキャラやアイテムなどの名前が変わった場合も、一括で置換できます。

次の

下描きレイヤーを使って効率化! CLIP STUDIO PAINT講座 レイヤー編

クリスタ 使い方

クリスタ起動 ちなみに私が使ってるランチャーは『』ってやつです! そこからクリスタのアイコンをクリック! するとこんな感じの画面が立ち上がります! キャンバス表示 さて、キャンバスを立ち上げましょう! メニューの ファイル> 新規を選択! でん! えーっと、色々ボタンがあるんですがここでは割愛します! キャンバスサイズの豆知識なんですが、 キャンバスのサイズはできるだけ大きくしたほうが良いです! 大体出力するサイズの2~4倍ですね! 何故なら、その方が縮小時に良い感じにアンチエイリアスがかかって 絵が綺麗に見えるからです! あと、大きいほうが何かと描きやすかったりしますからね! ただ、 キャンバスサイズを大きくしすぎると重くなるので注意! ほどほどにしましょう! ちなみに私が好きなイラストレーターの先生は、 『 幅1500x高さ2200』で描いていると、生放送で漏らしていました! キャンバスサイズを設定したら、 OKボタンをクリック! するとキャンバスが現れます! ツール配置 絵を描く前に、ツールの解説を少しだけ。 ぼーる丸のワークスペース(画面のレイアウト)はですね、 『 コミック』をカスタマイズしたものを使っています! メニューの ウィンドウ> ワークスペース> コミックから選択! 『 イラスト』、『 カテゴリ別』というのもありますが、 ここら辺は好みですね! 左サイドは 『 ブラシサイズ』、『 ツールプロパティ』、『 カラースライダー』 の順で配置しています! 色選択はカラースライダーよりもカラーサークルの方が人気みたいですが、 ぼーる丸はカラースライダーの方を使っています。 右サイドは以下の順で配置しています。 次に、色を塗ってみましょう! 色塗りは、『 レイヤー』を利用します! レイヤーとは、描いた線に影響を与えずに 別の紙を重ねて、そっちの方に色を塗るといった感じですね! この図で言うと、以下のレイヤー構造となっております。 レイヤー1が線画• レイヤー2が塗り• レイヤー3が背景 さて、レイヤーを増やしてみましょう! レイヤーのパネルから『 新規ラスターレイヤー』(一番左のボタン)をクリック! するとレイヤーが一枚増えます! で、そこから重要なのが 線画のレイヤーの『参照レイヤーに設定』をONにしてください! そうすることで、後から紹介する 塗りつぶしツール『 他レイヤーを参照』を線画以外のレイヤーで使ったときに 『 参照レイヤーに設定』をONにしたレイヤーの線に沿って色を塗りつぶしてくれます! それがこれです! ONにできたら左サイドのメニューから塗りつぶしツールを選びます! 塗りつぶしツール『 他レイヤーを参照』を選びましょう! 満を持して色塗り開始! 塗りたい色を選択して、塗りたいところをクリック! うむ、 ハンサムだ! ここからさらに影を付けてみたいなら、 『 クリッピング』もしくは『 マスク』を利用しましょう! まあ、マスクはそこまで使うことも無いので(私はね) 今回は『 クリッピング』を紹介します! クリッピングとは、下のレイヤーの描写から はみ出さないように塗ることができる、影塗りには欠かせないツールです! レイヤーを一枚増やして、色を塗ったレイヤーの1つ上に置いてください! こんな感じね! そして、『 下のレイヤーでクリッピング』を押します! すると、レイヤーの左に赤い印がつきます。 これで下のレイヤーで『クリッピング』した状態になります! それでは、影を塗ってみましょう! なんだかモダンな雰囲気になりましたね! 画像の出力 あとは画像の書き出しですね。 メニューの ファイル> 画像を統合して書き出しから好きな拡張子を選択しましょう! もしくは、保存ボタンの隣に見えてるjpg、pngボタンからですかねー 保存先を選択したら、 『書き出し設定』画面が出てきます! 参考までに、私はJPG出力の場合こんな感じの設定でやっています! OKを押すと、次に 『書き出しプレビュー』画面が出てきます。 確認後OKボタンを押すと、保存先にファイルが作成されます! できた絵がこちら!.

次の

【クリスタ】ベクターレイヤーの使い方・やり方・方法【CLIP STUDIO PAINT】

クリスタ 使い方

スポイトを何となく使ってるけど詳しく知りたい。 もっと便利な使い方ってないの? という疑問にお答えします。 イラスト歴1年、まだまだ勉強中ですが、 ここまで上達できました。 スポイトは絵から色を取得するツールですが、 何となく使っていませんか? 実は!!と言うほどでもないかもしれませんが、 スポイトには2種類の設定があります。 これを使い分けると、絵を描く効率が格段に上がります。 色を探す手間が減るわけですね。 では早速紹介していきます。 使用ソフトはクリップスタジオペイントです。 Contents• スポイトの便利な使い方2種 画像のように、スポイトには2種類の設定があります。 ・レイヤーから色を取得 ・表示色を取得 設定の変更は画像のように、スポイトのツールバレットから可能です。 では、それぞれの設定の使い分けを説明します。 レイヤーから色を取得とは 選択されているレイヤーから色を取得します。 例えば画像のイラストの場合、髪のベース色のレイヤー(オレンジ矢印のレイヤー)を選択して、白丸の部分から色を取りました。 すると、 選択した箇所よりは少し薄い色が取れました。 これは、見た目は上の影レイヤーの影響を受けて色が濃く見えています。 しかし取得したのはベースレイヤーの色なので、見かけより薄い色が取れた。 ということです。 「レイヤーから色を取得」の設定は、同じレイヤーに塗り続けている時に便利です。 どの色を使っていたかわからなくなった時に、パッと色を取って再開できます。 合わせて活用すると効率がグッと上がります。 「表示色を取得」の設定で、先ほどと同じ場所でスポイトを使います。 すると、「レイヤーから色を取得」の場合と比べて、色が濃くなったのがわかるでしょうか? (カラーパレットの白色矢印のように右下へ移動しています。 ) これは、見えている色をそのまま取得しているので、髪の影を塗ったレイヤーの影響も含まれているからです。 これが、「表示色を取得」です。 使用例としては、「目と同じ色で髪を塗りたい」場合など、レイヤーを移動せずに色を取ることができるので効率的です。 クリップスタジオペイントには サブビューという機能があります。 サブビューとは 参考資料を表示させておける機能です。 この サブビューから色を取ることで、描きたいモデルの色をすぐに見つける事ができます。 参考記事 まとめ スポイトの設定は二種類あります。 使い分けることで、欲しい色がすぐに使えるようになり、絵を描く効率が上がります。 試してみてはいかかでしょうか。 以上、ゆうりでした。

次の