レモン 堂 うまい。 檸檬堂のカロリーや糖質は?うまい人気の鬼レモン成分や原材料とは?

レモンサワー史上最強のオススメ!檸檬堂のレビュー 祝全国発売決定!|カステラじゃあるまいし

レモン 堂 うまい

2020年1月16日付けでコカ・コーラ ボトラーズジャパンが、同社初となるアルコール飲料「檸檬堂」シリーズの出荷を一時休止するという発表を行った。 人気過ぎて生産が追い付かないのが理由だとか。 これについては多くのメディアが報じたため、ご存じの方も多いだろう。 「檸檬堂」シリーズについては2019年5月28日の発売に先駆けて、ロケットニュース24でも報じ、。 それにしても一時出荷休止になるほどの人気だったとは凄い。 そんなに美味いのか、他の人気なアルコール飲料と飲み比べてみようではないか。 ストゼロのアルコール度数は9度であることから、「檸檬堂」からも同じ度数の「 鬼レモン」を選択。 違う度数だと「度数が低いゆえに飲みやすい」的な、微妙すぎることになりかねないからである。 それではグラスに注ぎ、香りなどを確認してみようと思う。 まずはストゼロから。 色も香りもまるでスポーツドリンクのようである。 なんならアクエリアスやポカリスエットのボトルと中身を入れ替えられても、すぐには気づかない可能性すらあるレベル。 しかし味はさすがに違う。 スッと軽く入ってくるが、後味にはやはり アルコール感が強く残る。 原材料に含まれているウォッカの影響だろう。 ダブルレモンとなっているが、レモンの味よりも舌に残るウォッカのアルコール感の方が強い気がする。 「ウォッカをサイダーで割ってレモンを2、3滴」という感じ。 たくさん飲もうと思っても後味のアルコール感が、飲むペースにブレーキをかけてくれる。 ちゃんと「酒を飲んでいる」という感覚が常にあるのだ。 逆に言えば、 口当たりから「酒を飲んでいる感」を強く味わえるともいえる。 ・鬼レモン 続いて鬼レモンにいってみよう。 「檸檬堂」シリーズは、山口県で作られているものと、埼玉県で作られているものが流通しているが、 今回飲むのは山口県のもの。 グラスに注ぐと、色がはっきりと黄色い。 飲まなくてもレモンが入っていそうな感じがする。 香りもレモン。 缶には「レモン1. 5個分の果汁」と書かれている。 味の方もレモンの主張はしっかりしている。 そしてレモンと程よい炭酸。 ほぼレモンスカッシュ的なそういう感じ。 なるほど……確かにウマい。 ストゼロは材料にウォッカと明記されており、飲んだ感じも明らかにウォッカなのだが、鬼レモンはその辺りが不明だ。 材料にもスピリッツとしか書かれていない。 どんなアルコールであるにせよ、相当にスムーズでヤバい。 酒を飲んでいる自覚すらも希薄になってしまう。 記事を書かなければならないのでストゼロは2口程度で済ませたが、鬼レモンはそうはいかなかった。 「ん? レモン感凄いな(ゴクゴク)」 「アルコール感もほとんど無いじゃないか(ゴクゴク)」 「缶チューハイでこのクオリティはヤバいわ(ゴクゴク)」 「マジでレモンジュースじゃない?(ゴクゴク)」 という感じで、 気づいたら寝ていた。 幸か不幸か、私はそんなに酒に強くない。 酔って記憶を失くすとか、人格が変わるとかする前に寝てしまう体質。 しかし、酒に強い方なら限界突破待ったなしだろう。 どこまでも飛んでいける気がする。 人気が出るのもうなずける。 怖いですねこれは。 いわゆるストロング系と同格。 そしてもう一つ。 鬼レモンの甘さはストゼロの甘さと質が違う。 檸檬堂は、喉に張り付くようなバチバチの甘さではないところも美味い。 原材料を見るに、ストゼロがアセスルファムK、スクラロースと合成甘味料であるのに対し、鬼レモンは果糖ぶどう糖液糖。 この違いだと思われる。 値段的にも10円しか差はなかった(コンビニにてストゼロは税込み155円、鬼レモンは税込み165円にて購入)ので、これなら鬼レモンを買う。 今回の一次販売休止の報を受けて、「そんなに美味いなら飲んでおけばよかった」と残念に思った方も多いだろう。 安心してほしい。 TBSニュースによると、コカ・コーラボトラーズジャパンは 1月最終週の出荷再開を目指しているそうだ。 またすぐに飲めるだろう。 参照元:(pdf)、 Report: Photo:RocketNews24.

次の

【檸檬堂】阿部寛「全国開店」篇 30秒 LEMON

レモン 堂 うまい

はいどうも、コウキです。 ダンスができなくても、酒を飲む量なら負けません。 そのレモンサワーとやらを[辛口レビュー]していくぞ! 今回はレモンサワースクワッド以外にも王道のレモンサワーと飲み比べしていくぞ。 氷結レモン• 檸檬堂[定番レモン]• こだわり酒場のレモンサワー この3つと比較していく!飲み比べ開始! レモンサワースクワッドvs王道レモンサワー!どれが一番美味しいのか?徹底レビュー! レモンサワースクワッド 黄色の缶が特徴的なレモンサワースクワッド。 製造は宝酒造株式会社。 タカラcanチューハイレモンを連想させますね。 これは期待してしまう。 グラスに注いでみると、濁っているのがわかる。 果汁9%、アルコール7%ということで見た目からも果汁感が伝わってくる。 レモンサワースクワッドのレビュー• 他のレモンサワーに比べて、酸っぱさが際立つ。 果汁感もしっかりしており、文句なしにうまい。 アルコール7%と少し強めだが、あまり気にならない。 飲みやすいので飲みすぎ注意かも 笑• すっぱいので、味が濃い目のおつまみと合うかも。 おつまみと一緒にというよりかは、単体で楽しむほうが良いと感じた。 うまい、うまいぞ!レモンサワースクワッド! レモンサワーは、すっぱければすっぱいほど美味しいという持論があるのだが、まさにそれ。 値段が350mLで220円(税込み)と少し高めなところが残念。 ただし、値段相応の味は保証できる。 レモンサワースクワッドだが、現在はコンビニの ローソンでしか購入できない。 ローソン限定ということで、スーパーなどと違い割引も期待できない(悲しい) 立ち寄った際は購入してみるといいだろう。 氷結レモンのレビュー• さすがは氷結。 何度飲んでも安定の味わいだ。 スッキリとした飲み口で後味爽快!• 軽い飲み口で、どんなおつまみでも合うだろう。 万能すぎるぜ、氷結さん。 レモンサワースクワッドと比べるとインパクトは少なめ。 飲みごたえがもう少し欲しいところ。 そのための氷結ストロングなのだと再認識した 笑 氷結を飲んだことが無い人のほうが少ないのでは?と思うほどの超定番レモンサワー。 レモンサワースクワッドよりも圧倒的に 飲みやすいので、お酒が強くない方は氷結レモンのほうが無難といった印象。 値段は定価で156円 税込み だけど、スーパーや通販なら100円前後でリーズナブルなところも最高! 檸檬堂[定番レモン]のレビュー• ガツンとレモン!というよりかは後味のレモンが強い印象。 程よい酸っぱさで万人受け間違いなし。 食事との相性もGOOD!氷結と同じく、どんなおつまみにもマッチするだろう。 アルコール5%のせいか、物足りなさは否めない。 こちらも鬼レモン(アルコール9%)で対応できる。 便利な世の中になったもんだ。 コカ・コーラが酒!?ということで大ブームの檸檬堂。 今ではコンビニにも売っていて手に入りやすい。 定価は165円(税込み)で、これまたスーパーなどでも売ってるので100円ちょっとで買えるだろう。 ちなみに鬼レモンは果汁17%、アルコール9%!お酒が強い方は飲んでみてくれ! レモンサワーブームを巻き起こしたうちのひとつ檸檬堂。 飲みやすいのも人気の秘訣なのだろう!個人的な感想だが、レモンサワースクワッドのほうがすっぱくて好き! 檸檬堂[定番レモン]総評 おすすめ度 飲みやすいこと、水の如し。 スーパーやコンビニで買いましょう。 レモンサワースクワッドvsこだわり酒場のレモンサワー 2019年レモンサワーブームをけん引したのは、こだわり酒場のレモンサワーといっても過言じゃないはず!居酒屋のレモンサワーがこだわり酒場のレモンサワーになっているところも増えてる! 製造はサントリースピリッツ㈱。 甘くないレモンサワーでスッキリとした飲み口が特徴。 甘いのが苦手な方はこれで決まり!ぐびぐび飲めて爽快!.

次の

檸檬堂はうまい?まずい?全種類飲み比べてみた中でおすすめの味はこれ!

レモン 堂 うまい

コカ・コーラが日本の缶チューハイ市場に殴り込みか? 2018年5月28日より、あの コカ・コーラが レモンサワー『 檸檬堂(れもんどう)』なる商品を発売開始しました! なんと、コカ・コーラとして初のアルコール飲料。 その製法には強いこだわりを感じる。 日本の酒場の味わいを再現したとか。 コカ・コーラとしてアルコール飲料自体が初ということもあり、非常に気になるところではあります。 ただですね、この商品・・・、 現段階では九州地区だけの限定発売となっています。 執筆時点では、東京では発売していません。 普通ならばあきらめるところですが、こうも暑い日が続き喉がカラカラになるとどうしても飲みたくなってきます。 とあれば、 福岡に住む知人に連絡して送ってもらうことにしましょう。 アルコール度数の異なる3種類のレモンサワー 九州からはるばる東京まで旅してきた『 檸檬堂』がこちら。 パッケージも非常に個性的。 酒屋で愛用されている藍染の前掛けをイメージしたデザインになっているとか。 ところで、『檸檬堂』はアルコール度数の異なる3種類のレモンサワーが同時に発売されています。 ベースとなる基本の味が、写真(中)の『 檸檬堂 定番レモン』。 レモン果汁は10%でアルコール度数は 5%となっています。 写真(右)が、『 檸檬堂 塩レモン』。 レモン果汁は7%、アルコール度数は 7%と少し強めのアルコール度数。 塩で引き締めた強いお酒が好みの人向け。 写真(左)が、『 檸檬堂 はちみつレモン』。 こちらは、レモン果汁7%、アルコール度数 3%とはちみつで甘味を加えたお酒が弱い人向けの商品。 3種類ともに、350ml缶で希望小売価格150円。 価格は、他の缶チューハイ等と比較しても遜色ない低価格を実現しています。 そうなると、気になるのはその味に他なりません。 本格的なレモンサワーの味わい! 塩レモンがマジでうまい 早速、飲んでみましょう。 どの順番で飲むべきか悩みましたが、やはり基本の定番レモンから飲んでみることに。 コップに注いでみると適度な泡が表面にプツプツと。 爽やかなレモンの香りが漂い始めています。 飲んでみた率直な感想は、 「これ、本物のレモンサワーじゃん!」 まぁ、「本物って何?」と聞かれたら回答しかねますが、要はお店で飲んでいるかのようなレモンサワーってことです。 レモンの風味がしっかりと爽やかに感じられ、不味いチューハイを飲んだ時のような気持ち悪さがまったくありません。 まさに居酒屋やBarで頂くレモンサワーのような本格的な味わい。 はっきり言って、安居酒屋で飲むレモンサワーよりも旨い。 強いアルコール感は感じず、グビグビと飲めてしまうバランスの取れたレモンサワーと言えるでしょう。 次は塩レモン 次に飲んでみたのが、アルコール度数がちょっと強めの塩レモン。 これまた旨いし、レベル高い。 先ほどの定番レモンよりも、 キリッとした印象ですっきりとしつつもパンチを感じます。 唐揚げやギョーザなんかと合わせたら間違いないでしょ。 酒好きの方には、間違いなくこちらの「塩レモン」をおすすめします。 ただ、アルコール度数は7%でちょい高めなので飲みすぎには注意で。 はちみつレモンはどうなの? 最後に登場するのが、こちらのはちみつレモン。 はっきり言って、これだけ異色の商品です。 アルコールに慣れている人には、もはやジュースと感じてしまうかもしれない。 それほど、はちみつの甘味が強く際立っていてアルコール感も弱いので、お酒が得意でない方にもおすすめできます。 昔懐かしい、あのはちみつレモンの味そのまんま。 『檸檬堂』九州以外でも売ってほしい。 いや売るべきだ! コカ・コーラが出した初のレモンサワーということで飲んでみた『檸檬堂』。 期待を遥かに上回る味わいと150円というコストパフォーマンスには太鼓判。 『檸檬堂』の登場に、缶チューハイ市場は戦々恐々としているのではないだろうか。 「居酒屋行かなくてもいいじゃん」とさえも思ってしまう。 ただし、現在は 九州地区だけの限定発売のため、九州以外の方は中々手にすることができない商品となっています。 今、九州にお住まいの方にはどんどん飲んで評判を高めてほしいところ。 そうすれば、いつかは全国的に発売となってくれるかもしれませんから。 いつかは来るでしょ。 期待して待ってます。

次の