モンロー 先輩。 女であることを大事にしたくなる、モンロー先輩のことば。

【恋する小惑星】第6話感想 モンロー先輩の容赦ない連写攻撃には笑った

モンロー 先輩

恋アス9話。 撮影係のモンロー先輩の写真をアルバムに追加。 私、こんなに笑ってた?! ありがとう。 いい集合写真です。 私も、ちゃんと楽しかった、みたい。 大学生活、思う存分楽しみなさいよ、私も近くにいるんだから。 手をさしのべる桜先輩。 桜先輩とモンロー先輩卒業か……。 ちゃんと時間が進むのは良いけど寂しいなぁ。 新生活新入生も楽しみだけど先輩2人がいなくなる方が大きい。 残り数話でちょっとでも出てくれればいいなぁ。 天文部 ? ってモンロー先輩しかいなかったんかな 恋する小惑星 「恋する小惑星」9話。 あおの引っ越し騒動は皆の協力とあおの思いで解決。 晴れてみらとの新生活だけど色々ありそう。 バレンタインに卒業式にと慌ただしく時間が流れ…モンロー先輩と桜先輩とのエピソード好きだな。 卒業してもこの2人の話あるのかな? そして新学期、後輩登場… koias 恋する小惑星9話。 あおの母優しいな〜 すんなりOKかよw すずどんだけみさ姉のこと.... 桜先輩のメイド服可愛い〜 モンロー先輩良かったね。 恋する小惑星 恋アスのさくら先輩とモンロー先輩の卒業回の録画見たらもう高校生には戻れない現実を思い知らされて泣いちゃった 恋アスが毎週泣かせにくる。 さくら先輩は安定で可愛いし、モンロー先輩はずっと心の中でモヤモヤしていなものが晴れ、新婚カップルは改めて絆を深めた。 先輩コンビ尊い。 ところで、opの左端に一瞬映った子はすずちゃんですか? やったら推しが可愛くなりすぎて死ぬんだが。 恋アスEDで桜先輩とモンロー先輩が見てるボーリング調査のミニチュアとアルバムは9話の卒業式の日にみら達から送られたやつだったのわかって目尻に水が溜まった モンロー先輩描きました koias 恋する小惑星 恋アス毎週泣ける。 さくら先輩とモンロー先輩尊い。 内容が凄く濃い1話でした。 みらあおの百合っぷりとバレンタインの桜先輩のツンデレさ! そして卒業式のモンロー先輩の笑顔は物凄く良かった。 グッと来ましたね! 桜先輩だけでなく、 モンロー先輩も記念に貰ったアルバム見てたんですね。 子供の夢は応援したい。 どちらも理解のある親御さんでよかった。 バレンタインの桜先輩、今まで見たことのない笑顔で素敵でした。 いつもおっとりしたモンロー先輩の涙にこちらも心揺さぶられました。 別れは本当に辛い…お元気で…涙 恋する小惑星 9話。 自分の気持ちを正直に言うことが大事だったわけで、居候問題はあっさり風味。 モンロー先輩の心残りがアルバムで解消されるのがとても良かったです。 卒業と進級、別れと新たなスタートが1話に詰め込まれていて盛りだくさんでした。 koias.

次の

恋する小惑星 聖地巡礼 川越に歩いていこう!

モンロー 先輩

恋アス9話。 撮影係のモンロー先輩の写真をアルバムに追加。 私、こんなに笑ってた?! ありがとう。 いい集合写真です。 私も、ちゃんと楽しかった、みたい。 大学生活、思う存分楽しみなさいよ、私も近くにいるんだから。 手をさしのべる桜先輩。 桜先輩とモンロー先輩卒業か……。 ちゃんと時間が進むのは良いけど寂しいなぁ。 新生活新入生も楽しみだけど先輩2人がいなくなる方が大きい。 残り数話でちょっとでも出てくれればいいなぁ。 天文部 ? ってモンロー先輩しかいなかったんかな 恋する小惑星 「恋する小惑星」9話。 あおの引っ越し騒動は皆の協力とあおの思いで解決。 晴れてみらとの新生活だけど色々ありそう。 バレンタインに卒業式にと慌ただしく時間が流れ…モンロー先輩と桜先輩とのエピソード好きだな。 卒業してもこの2人の話あるのかな? そして新学期、後輩登場… koias 恋する小惑星9話。 あおの母優しいな〜 すんなりOKかよw すずどんだけみさ姉のこと.... 桜先輩のメイド服可愛い〜 モンロー先輩良かったね。 恋する小惑星 恋アスのさくら先輩とモンロー先輩の卒業回の録画見たらもう高校生には戻れない現実を思い知らされて泣いちゃった 恋アスが毎週泣かせにくる。 さくら先輩は安定で可愛いし、モンロー先輩はずっと心の中でモヤモヤしていなものが晴れ、新婚カップルは改めて絆を深めた。 先輩コンビ尊い。 ところで、opの左端に一瞬映った子はすずちゃんですか? やったら推しが可愛くなりすぎて死ぬんだが。 恋アスEDで桜先輩とモンロー先輩が見てるボーリング調査のミニチュアとアルバムは9話の卒業式の日にみら達から送られたやつだったのわかって目尻に水が溜まった モンロー先輩描きました koias 恋する小惑星 恋アス毎週泣ける。 さくら先輩とモンロー先輩尊い。 内容が凄く濃い1話でした。 みらあおの百合っぷりとバレンタインの桜先輩のツンデレさ! そして卒業式のモンロー先輩の笑顔は物凄く良かった。 グッと来ましたね! 桜先輩だけでなく、 モンロー先輩も記念に貰ったアルバム見てたんですね。 子供の夢は応援したい。 どちらも理解のある親御さんでよかった。 バレンタインの桜先輩、今まで見たことのない笑顔で素敵でした。 いつもおっとりしたモンロー先輩の涙にこちらも心揺さぶられました。 別れは本当に辛い…お元気で…涙 恋する小惑星 9話。 自分の気持ちを正直に言うことが大事だったわけで、居候問題はあっさり風味。 モンロー先輩の心残りがアルバムで解消されるのがとても良かったです。 卒業と進級、別れと新たなスタートが1話に詰め込まれていて盛りだくさんでした。 koias.

次の

女であることを大事にしたくなる、モンロー先輩のことば。

モンロー 先輩

作風 [ ] 高校の部を舞台に、を見つけたいという夢を持った主人公と、その周囲の地学系女子(ジオジョ)による青春物語。 元々『まんがタイムきららキャラット』2015年8月号から9月号にかけて全2話の読み切りとして掲載された著者の商業デビュー作『織姫ナンバー2』が好評を博し、その後別作品の掲載を経て同誌で連載を持つことが決まった際、『織姫』から「高校の地学部が舞台」という題材を引き継いでリメイクしたのが本作である。 前作『織姫』の登場人物の一部は、著者が高校時代にたまり場としていた地学部の部員をモデルにしていたが 、本作では『織姫』から登場人物や設定が一新され 、少女たちが明確な夢や目標を持ってそれを叶えようとする物語性が重視されている。 全編を通して(地学)を題材にしているため、作中ではやに関する雑学が多く見られる。 地学やに関連する実在の施設を訪れる場面もある。 物語開始時点での劇中の年代は連載開始と同時期のであると設定されており 、明確な日時の描写がない場面にも詳細な日付と時刻が設定され、や星空の見え方などに現実に起こったが反映されている。 さらに劇中2年目はであると設定されており 、現実の連載の執筆時期に関係なく、また同じ2017年を繰り返すわけでもなく、1年ずつ年月が進んでいくという体裁になっている。 著者のQuroは地学部に在籍していたという自分自身の部活動の経験について、放課後に遊んだりお菓子を食べたりする場所を確保するために、廃部になっていた地学部の部室を乗っ取るという友人の企てに乗っただけで 、遊んでばかりいた部活動の実体験が漫画へと反映されている部分は少ないと述懐している。 またQuro自身は地質学など天文学以外の地学分野には明るくなく、連載が始まって以降に調べながら描いていると語っているが 、には元々興味を持っており 、またつくば市の(KEK)で広報の仕事をしていた前歴から、資料を調べて多数の人々に正確な知識を伝えることを重視していると語っている。 Quroは本作をとして描いているつもりはないとしているが 、いろいろな分野の学問が繋がっていることを本作で描くことを目標にしているという。 あらすじ [ ] 幼いころ、町のキャンプに参加していた 木ノ幡みらはアオと名乗る同じ年頃の子に出会う。 ボーイッシュな外見のアオを男の子だと勘違いしたみらは、二人で星空を見ているうちに、があること、アオという名前の星がないことを知り、いつか二人で新しい小惑星を発見し、その星にアオの名前をつけるという約束を交わして別れる。 1年目 [ ] 時は流れて2017年 、星咲高校に入学したみら。 大切な思い出となっていた幼いころの約束を果たすために天文部に入部しようとした彼女だったが、その年から天文部は地質研究会と合併して「地学部」となっていたことを知りショックを受ける。 宇宙の側から見れば地球の地面も天体の星も同じだという解釈に納得し、仕方なく地学部の門戸を叩いたみらであったが、そこで一緒に小惑星を見つけるという約束を交わした 真中あおと再会する。 アオが女の子であることを知って二重の衝撃を受けたみらだが、アオもまたみらとの約束を大切に思っていたことを知る。 こうして天文班の先輩である 森野真理( モンロー)、地質班の先輩である 猪瀬舞( イノ)、 桜井美景( 桜)らとともに、みらとあおが地学部での活動をスタートするところから物語は始まる。 当初は互いの活動に知識や関心がなく、気風も異なっていた天文班と地質班だが、学校外での実地調査や屋上での天体観測、合宿など、行動を共にしてそれぞれの専門分野を教え合うことで、互いの分野に詳しくなっていく。 みらの幼馴染で料理に詳しい 鈴矢萌( すず)や、みらの姉で生徒会長を務める 木ノ幡みさといったみらの身の回りの人々も、部員とはならないものの、みらを通じて地学部の活動を支援する。 小惑星を発見するという、みらやアオのような高校生にとっては雲を掴むような目標も、みらとアオの入部動機を聞きそびれていた顧問の 遠藤幸が、学生の頃に高校生に向けた天体発見の「きら星チャレンジ」に参加した経験があることを思い出したことがきっかけで、来年度のワークショップに参加するための選抜に合格するという具体的な目標を得る。 やがて季節は巡り、地学部が発行している会報『KiRA KiRA』の出来を巡って対抗意識を持たれていた新聞部を味方へと引き込み、文化祭では前年度に羽目を外しすぎて怒られた天文部と真面目すぎて人が寄りつかなかった地質研究会の出展内容を折衷して取り入れることでまずまずの成功を収めるが、その後は部活動を引退する3年生たちの進学問題や、進級と同時に引っ越しすることが決まったあおの家庭の問題などが影を落とす。 あおは引っ越しのことを誰にも打ち明けられずに悩むが、最終的には皆が知恵を出し合い協力し合った結果、大学進学のため実家を出て行くみさの部屋にあおが居候させてもらうことに決まり、みらとあおの同居生活と、地学部の2年目の活動が始まる。 2年目 [ ] 2018年 、同居を始めたみらとあおが高校2年生に進級し、進学を危ぶまれながらも大学受験に合格した真理(モンロー)と美景(桜)が去った地学部では、舞(イノ)が2代目部長に就任し、気象学に関心を持つ 七海悠( ナナ)と、美景(桜)の妹である 桜井千景( チカ)を新入部員に迎える。 やや危なっかしい様子を後輩から不安視されつつも、みらとあおは1年間で地学の知識を深めており、小惑星発見という夢の実現に向けて、で行われる「きら星チャレンジ」の書類選抜の合格を目指す。 ふたりで努力を続けた結果、みらは「きら星チャレンジ」の選抜に合格するが、あおは選考漏れとなる。 一緒に参加できないことで落ち込むふたりだが、諦められないあおは周囲に迷惑が掛かることを承知の上、旅費を工面して独断で石垣島に乗り込み、熱意に折れた主催から特例で見学者として認められる。 3日間の日程で他の参加者とも親密になり、最終的には小惑星を発見してあおの名前をつけるという目標こそ叶わなかったものの、みらは自分たちの手が本物の小惑星に届いたという実感を得て、様々な分野の学問を内包する地学の可能性の広さと、小惑星を見つけるという目標を叶えた先にある自分自身の将来の夢に思いを巡らせる。 この節のが望まれています。 登場人物 [ ] 物語は2017年春のできごとという設定で始まり 、その後第3巻第32話(テレビアニメ版第9話)以降で進級・進学が行われるなど年単位の時間が経過するが、学年は登場時のもの。 「声」の項はテレビアニメ版の。 テレビアニメ版では出演声優が気持ち良く演じられるようにという配慮から、登場人物には可能な限り名前が設定されており 、原作では名前で呼ばれる場面がなかったゲストキャラクターにもフルネームが設定されている。 テレビアニメ版では、各話アイキャッチが登場人物のをモチーフにしたものとなっており、原作では誕生月や誕生星座が明らかではなかった人物も登場する。 テレビアニメ版では地学部部員の身長と誕生日が設定されている。 主要な登場人物にはイメージカラーが設定されており、テレビアニメ版では各登場人物のに、その人物と関係が深い登場人物 のイメージカラーが配されている。 地学部とその関係者 [ ] 主要登場人物たちが所属する、高校のとして全般の雑多な学問を扱う部。 物語開始年に天文部の地質研究会の合併によって設立された。 萌(すず)からは「ごちゃ混ぜは地学部の売り」と評されている。 先輩後輩分け隔てなくニックネームで呼び合う間柄で、劇中ではあまり本名で呼ばれない。 物語のテーマ上、登場人物全員に将来の夢や目標が設定されており 、それぞれの夢に向き合うサブプロットが用意されている。 天文班の1年生(劇中1年目)。 小さいころにあおと出会って一緒に小惑星を見つける約束をし 、それ以来あおの影響を受けて天文学に興味を持つようになる。 天真爛漫で、深く考えずに行動する性格。 地学部のムードメーカー的な存在だが 、お調子者で 、思ったことを無邪気に口にして厳しいツッコミを入れてしまう傾向がある。 絵を描くのが得意。 自作の恋愛漫画を描いたこともあり 、そこにはあおをモデルとした人物が登場している。 他人にニックネームをつけるのが得意で、合併当初は互いに堅苦しく姓や役職で呼び合っていた部員たちも、親しみを込めて彼女が発案したニックネームで呼び合うことになる。 物語開始時点から「小惑星を見つける」という明確な夢や目標を持っているものの 、それ自体は「将来なりたい自分」ではなく、夢が叶った後のビジョンがないということに直面するようになり、次第にその先にある本当の将来の夢について思いを巡らせるようになる。 2代目地学部副部長。 身長155センチメートル。 6月13日生まれ。 コーヒーの好みは激甘。 天文班の1年生(劇中1年目)。 口数が少ないおとなしい性格の女の子。 過去にみらと小惑星を見つける約束を交わした本人。 名前と短髪のせいでみらと初めて会った時には男の子だと勘違いされていた。 みらのことを忘れないようカバンにをつけている。 かつてはおしゃべりな性格であったが 小学生時代に恥ずかしい言い間違いを笑われた経験から話すのが苦手になった。 そのため周囲にはクールなように見られているが、みらのことを思うと笑顔になる。 2代目地学部会計。 劇中2年目では転居する両親の元を離れてみらと同居することとなり、2年生からは同じクラスになる。 両親の仕事の転勤の都合で転校させられそうになるが、みさが卒業後に大学入学で下宿生活することが決まったのでみさの空き部屋に入居し、木ノ幡家でみらと同居し始める。 「きら星チャレンジ」では、石垣へ赴くみらと遠藤を追いかけるように、羽田空港発のANA NH91便で単独で乗り込んだ。 本人曰く、桜やモンローに協力してもらい、航空券の手配をしたとの事。 志望進路は大学で本格的に天文学を学ぶこと。 身長158センチメートル。 5月25日生まれ。 ふたご座(双児宮)。 コーヒーの好みはブラック。 基本的におっとりとした性格をしている。 合併前の天文部ではので文化祭の客引きをしていた。 部長として部員達をまとめる立場にあり、本人もそれにやりがいを感じている。 みらによるあだ名は モンロー先輩で 、名前と左頬のと豊満な胸がを連想させるためと言及されている。 将来の夢は。 文化祭を機に部長を引退した後、星咲高校を卒業して進学する。 受験時には美景(桜)と同じ大学を受験するものの推薦入試で失敗し 、その後一般入試で合格するまで 部員から心配されていた。 彼女の高校卒業とその内面を描いた第3巻第30話(テレビアニメ版第9話)では、地学部結成当時は部活動に対して冷めており内申点が目当てで部長を引き受けたものの 、夢や目標に邁進する部員たちに触発されて一歩引いた立場から部の運営に励むようになり 、しかし自分が心から部活を楽しめているのか分からない、という悩みを抱いていたことが明かされている。 しかし卒業時に部員たちから渡されたアルバムの中では笑顔でいる自分の姿を見て、心配が杞憂であったことに安堵して地学部を去る。 身長162センチメートル。 2月19日生まれ。 人懐っこい性格。 元々は地学よりが関心の対象であったが、地質研の部室前で美景(桜)にを紹介されたのをきっかけに関連分野としての興味から入部し 、以来美景(桜)のことを慕っている。 たまに地図を見ながらやといった場所を探検しているが 、夢中になるあまり目的地に到着する前に迷子になることもある。 地理学への興味は部活動の一環ではなく個人的な趣味と捉えているものの 、地図の話題になると話が止まらなくなる。 みらによるあだ名は イノ先輩( イノちゃん)。 初代地学部会計、2代目地学部部長。 写真を撮るのが下手で、撮った写真がことごとくになってしまうことが悩み。 「自分だけの地図を作る」という個人的な夢を持つ。 部長就任以降は、部長としての自覚からに挑戦するという目標を抱く。 著者のQuroによれば、登場人物の中でも読者からの人気が高いとされる。 身長145センチメートル。 9月12日生まれ。 地質学が好きで知識も豊富なのだが、不器用なため空回りすることも多い。 気になる石を見つけると観察したくなる。 おっとりとした真理(モンロー)とは対照的に真面目で 、勝ち気な性格であるため 、少々きつい言い方をすることも多い。 ただし妹の千景(チカ)からは後に、家庭ではいつも地学部員の皆を「とても楽しくて良いメンバー」と評して話題にしていたことを暴露されている。 いわゆる。 みらによるあだ名は 桜先輩。 自分の将来の夢や目標に明確なビジョンを描けずにいるという悩みを抱える。 物事に対して否定から入って諦める傾向があり、挑戦を恐れない人々のことをまぶしく感じている。 文化祭を機に副部長を引退した後、妹の千景(チカ)と入れ違いに星咲高校を卒業して進学する。 身長160センチメートル。 7月20日生まれ。 パン屋「スズヤベーカリー」の看板娘 で、家業の手伝いが忙しいため地学部には入部していない。 家業の手伝いをしている時には常連客から モエモエという愛称で呼ばれているが 、本人は嫌だったためみらに すずというあだ名をつけてもらった。 みらのことを気にかけ、彼女に悪い虫(男)がつかないよう気になる人物は常にチェックしているが 、女の子同士が仲良くしている様子を見るのは好き。 地学部の部員ではないものの、家業であるパン屋の出前として差し入れをしたり 、校外での活動や遊びに同行したり、文化祭の出店に全面協力したり するなどして、地学部に入り浸っている。 趣味と称して地学部部員をはじめとする女の子たちの詳細な個人情報を集めており 、その過程で地学にも詳しくなったり 、リサーチ能力を新聞部に評価されたりしている。 みらの姉であるみさに憧れており、彼女を前にすると態度が変わる。 普段はお調子者のように振る舞っているものの、素直な本心は他人に見せないという一面を持っており 、特にみさに対しては冗談めかさないと伝えられない好意を秘めている。 劇中1年目はみさを真似て髪を長く伸ばしていたが 、劇中2年目から後ろ髪を肩の長さでばっさりと切ってイメージチェンジする。 2年生ではみらと別のクラスになる。 165センチメートル。 ()生まれ。 遠藤 幸(えんどう ゆき) 声 - 地学部の顧問。 天文部と地質研究会が地学部に合併される前も双方の顧問を兼任していた。 部員達にバーベキューや合宿などを企画している。 根は真面目なのだが、教師になりたてのころは悩みが多くかなり荒れていたらしい。 劇中の約10年前 の2007年 に、高校生向けの新天体発見プログラム「きら星チャレンジ」に参加した経験がある。 高校生の頃は真面目で表情が固い印象の少女だった。 身長165センチメートル。 8月10日生まれ。 1年生(劇中2年目)。 真面目な性格で、入部の3年前(2015年)の水害で伯母の家が被災し復旧を手伝った経験から、で人々の役に立つという使命感を持つ。 みらによるあだ名は ナナ。 当初は先輩のみらを頼りなく思っており 、地学部のゆるい雰囲気に対して「問題意識や義務感が足りない」という先入観から批判的な想いを抱いていたものの 、みらとあおが小惑星を発見するという目標を本気で追っていることを知って翻意し 、千景(チカ)を巻き込んで先輩たちに協力するようになる。 劇中1年目の星咲高校文化祭で地学部の展示を見に来ていたという原作での言及 を反映し、テレビアニメ版では第6話から登場しているほか 、第1話から千景(チカ)と共にエンディングの映像に登場している。 ()生まれ。 美景(桜)の妹。 劇中2年目の第3巻第32話(テレビアニメ版第9話)より悠(ナナ)と共に地学部の新入部員となる1年生。 オカルトに詳しく、やに興味を持つ。 特技は水晶を使った(土占い)。 みらによるあだ名は チカ。 彼女と入れ替わりに地学部となった姉の美景(桜)や真理(モンロー)とは連絡を取り合える関係にある。 テレビアニメ版では第6話から登場し、劇中1年目の星咲高校文化祭で姉の様子を見守る場面が描かれているほか 、舞(イノ)が参加した2017年の地学オリンピック予選にも参加していたという設定になっている。 また、第1話から悠(ナナ)と共にエンディングの映像に登場している。 155センチメートル。 5月10日()生まれ。 新聞部 [ ] 原作第2巻第17話(テレビアニメ版第5話)から登場。 地学部の上の階の真上の部屋に部室を構える部。 原作では姓で呼ばれており、単行本第2巻の人物紹介でも名が明かされていなかったが 、テレビアニメ版のエンドクレジットでフルネームが明かされた。 男性のような口調で話す。 周囲には イヴという愛称て呼ぶことを強要しており本名で呼ばれると怒る。 裕福な家庭に生まれるも、刺激の少ない生活に嫌気がさし、新聞部に入部した。 人脈の広さが自慢で 、学校内のゴシップ記事を精力的に執筆しているものの、そのうち8割は顧問の指導により没にされている。 劇中1年目では舞(イノ)の同級生で、舞(イノ)の主観では一方的に仲良しの友達として認定されているものの 、当初は地学部に強いライバル意識を持っていた。 その後結局舞(イノ)のペースに丸め込まれ 、便利な協力者として使われている。 11月11日生まれ ()。 身長145cm。 宇佐美 綾乃(うさみ あやの) 声 - 新聞部の1年生(劇中1年目)。 劇中1年目ではあおと同級生。 マイペースな性格で語尾に「~」と間延びした話し方をする。 元は小説家を目指していて、文学部に入ろうとしたが部員とそりが合わず、新聞部に入部した。 いつも伊部(イヴ)と行動を共にしている。 4月12日生まれ 、()。 身長160cm。 野球部 [ ] 原作第2巻第19話、第21話(テレビアニメ版第6話)に登場。 新聞部の宇佐美に担がれて(伊部いわく「ハニートラップ」) 、文化祭の準備で天文部地学班の調査に労働力を提供する。 原作では部員たちの名前が明かされていなかったものの、テレビアニメ版のエンドクレジットではマネージャーと男子生徒2人の名前が設定されている。 晴野 陽鞠 声 - 野球部のマネージャー をしている女子生徒で、美景(桜)の同級生。 美景(桜)の部活動の様子を見るまでは、彼女のことを「謎多きクールキャラ」と評していた。 地学部の活動を「よく分かんないけど面白い」と理解を示したことで、同級生にはどうせ理解してもらえないだろうという美景(桜)の思い込みを変えるきっかけになる。 文化祭ではボーリング調査に協力した野球部の男子部員2人を伴い、地学部の展示を見に来ている。 教員 [ ] 幸の同僚。 新屋 硝子(あらや しょうこ) 声 - 原作第2巻第18話、第19話、第26話(テレビアニメ版第5話、第6話、第8話)に端役として登場。 家庭科教師で、地学部の文化祭の出展内用を検討する際に、寒天と食紅と家庭科室の使用許可を提供し 、それを発端とした地学部地質班によるボーリング調査の様子を幸とともに見守る。 地学部のクリスマス忘年会ではを煮るためのを貸し出しする。 劇中での登場場面は少なく、無口で、姓を呼ばれて相づちを打つだけの台詞しかないが、テレビアニメ版ではフルネームが設定されている。 主要登場人物の家族たち [ ] 原作では、登場人物の父母、祖父母などには名前が設定されていなかったものの 、テレビアニメ版では登場エピソードのエンドクレジットでフルネームを確認することができる。 みらとあおの家族 [ ] 後にあおの住み込み先にもなるみらの家族と、あおの家族。 木ノ幡 みさ(このはた みさ) 声 - 原作単行本では第1巻プロローグから登場 (テレビアニメ版では第1話から登場)。 生徒会長で、みらの2歳年上の姉。 学校では才女として知られており、みらとの姉妹関係を知った美景(桜)がそのギャップからみらに疑いの目を向けたほど。 ただし家庭内では運動や家事が苦手といった弱みや、を数えるのが好きなどの奇行も見せている。 みらからのプレゼント(河原で拾ったハチマキ石 )を飾るための神棚を作ったり 、地学部の会報を宣伝したり とかなりの妹思いである。 みらからはお姉ちゃん、萌(すず)とあおからは みさ姉(みさ姉さん)と呼ばれる。 劇中2年目で大学進学のために親元を離れるが、その際に両親の転居の問題で困っていたあおに自室を貸すことを発案し 、みらとあおの離別を阻止する役を担う。 身長160センチメートル。 12月2日生まれ。 木ノ幡 夕子(このはた ゆうこ) 声 - 原作第2巻第21話(テレビアニメ版第6話)から登場。 みら、みさの母親。 夫と共に文化祭で地学部の出展を見に現れる。 このときにあおの母親(詩織)と知り合い連絡先を交換する。 引っ越し問題に困っていたあおを木ノ幡家に居候させたいというみら、みさの申し出を「子供の夢は応援したい」として受け入れ、話し合い応じる。 木ノ幡 旭(このはた あきら) 声 - 原作第2巻第21話(テレビアニメ版第6話)に登場。 みら、みさの父親。 妻とふたりで文化祭を見に来る。 真中 詩織(まなか しおり) 声 - 原作第1巻第2話から登場(テレビアニメ版では第1話から登場)。 あおの母親。 眼鏡をかけており、とても落ち着いている女性。 テレビアニメ版ではサイエンスイラストレーターの仕事をしているという設定。 文化祭で星咲高校を訪れるまでは、あおの部活動の内容についてはあまり詳しく聞かされていなかった。 夫(あおの父親)の転勤にあおを連れて行くつもりであったため、あおを悩ませるが、最終的にはあおを木ノ幡家に下宿させることに同意し、劇中2年目からはあおと別居する。 スズヤベーカリー [ ] 萌(すず)の家族たち。 鈴矢 芽(すずや めぐ) 声 - 原作第2巻第16話から登場(テレビアニメ版では第3話から登場)。 中学3年生(劇中1年目)。 萌(すず)の妹。 ボーイッシュで姉よりも長身。 語尾に「ッス」と付けて話し、姉の事は「お姉」と呼んでいる。 中学校の部活動で忙しく、その分家業を手伝えずに姉に負担をかけていることに引け目を感じ、多忙な姉のことを気遣っている。 劇中2年目より星咲高校に進学する。 3月14日生まれ。 身長168cm。 鈴矢 花(すずや はな) 声 - 原作第2巻第16話に登場(テレビアニメ版では第3話に登場)。 萌(すず)と芽の母親。 夏休みの臨時アルバイトとして、みらとあおをスズヤベーカリーで雇う。 登場場面はわずかだが、店が繁盛していることが劇中で繰り返し語られている。 その他の家族 [ ] 遠藤 昇(えんどう のぼる) 声 - 原作第1巻第11話から第13話にかけて(テレビアニメ版第4話)、およびテレビアニメ版第11話 に登場。 幸の祖父。 農家であり、の帽子を手書きでにしてしまうほどの宇宙好きで 、お茶目な性格。 地学部が合宿に訪れた際には温かく迎えてくれた。 遠藤 高子(えんどう たかこ) 声 - 原作第1巻第11話から第13話にかけて(テレビアニメ版第4話)、およびテレビアニメ版第11話 に登場。 幸の祖母。 森野 夏江 声 - 原作第2巻第20話(テレビアニメ版第6話)の回想に登場。 真理(モンロー)の祖母。 しており、そこに自分の墓を立てるのが夢。 そのことを幼い頃の真理(モンロー)に話したことが、真理(モンロー)が天文学に抱くきっかけとなる。 なお劇中でそのことに言及された時点では健在。 学校外の活動で出会う人々 [ ] 「きら星チャレンジ」関係者 [ ] 劇中2年目の原作第3巻第35話から第37話(テレビアニメ版第11話から最終話)にかけて登場。 で毎年開催されている設定の、小惑星発見のための体験企画「きら星チャレンジ」の関係者たち。 みらが選抜に選ばれ、あおが飛び入り参加する。 光学班のメンバーの2人、およびアイドルの天音ねおんには、原作での登場時からフルネームが設定されており、他の大人たちもテレビアニメ版でフルネームが設定された。 元気いっぱいで、「脳筋とよく言われる」とのこと。 みらのつけたあだ名は ともりん。 学校では天文部に所属しているが 、天文の知識はみらや史穂(マッキー)ほど詳しくない。 「きら星チャレンジ」の直後に石垣島で行われる天体イベントにゲスト出演する女性アイドルの熱烈なファンで、彼女に会えるチャンスを求めて参加した。 趣味は人間観察。 自称「電波系と時々言われる」 とのこと。 みらのつけたあだ名は マッキー。 カウンセラーを目指しており、様々な人と知り合い視野を広げるために「きら星チャレンジ」に参加した。 大型天体望遠鏡の構造や天体観測の手法に関する深い知識を持つが、望遠鏡を使った天体観測の経験は皆無。 廣瀬 直也(ひろせ なおや) 声 - 「きら星チャレンジ」主催者の男性。 幸が参加した2007年 の「きら星チャレンジ」の頃から主催をしている。 みらを追って石垣島までやって来たあおのことを「困ったちゃん」と評しつつもその根性を評価し 、子供たちを応援するのも自分たちの役目であるとして特例での見学を許可する。 原作とテレビアニメ版では眼鏡の有無や髪型など、容姿が異なる。 花島 和弘(はなしま かずひろ) 声 - 「きら星チャレンジ」指導役の男性。 座学や、みらが参加した光学班の観測をサポートする。 幸が参加した2007年 の「きら星チャレンジ」の時のことを知っており、当時の写真を光学班メンバーに見せている。 早川 加代子(はやかわ かよこ) 声 - 史穂(マッキー)の学校の引率の女性教師で、2007年 の「きら星チャレンジ」では高校生時代の幸と同じ班の仲間だった。 久しぶりに再会した幸に対してもフランクに振る舞う。 仁科(にしな ) 2007年 の「きら星チャレンジ」で、高校生時代の幸と早川が参加した際に同じ班の仲間で、当時はあらゆる分野に博識で好奇心旺盛な少女であったと語られている。 劇中の2018年時点 では日本国外で天文学者をしている。 天音 ねおん(あまね ねおん) 飛鳥が熱烈に入れ込んでいる女性アイドル。 天文好きで 、天体をモチーフにした曲を発表している。 「きら星チャレンジ」の後に石垣島で行われる天体イベントに出演する。 地学部が講師を頼まれた、子供会主催の天体星空観望会に参加していた無愛想な女児。 母親の言いなりで参加し、図鑑で見るのと違わない星空を退屈に思っていたものの、あおの「何万も離れた星の光は昔の姿」という趣旨の解説に啓発されて興味を抱く。 原作では姓も名も明かされない登場人物であったが、テレビアニメ版ではフルネームが設定され名で呼ばれている。 原作者のQuroによれば、彼女のエピソードは原作者が小学生の頃、星空に関心のなかった同級生に興味を持ってもらえた実体験が基になっているという。 冴木 理緒(さえき りお) 声 - 原作第2巻第25話(テレビアニメ版第8話)に登場。 舞(イノ)が参加した日本予選会場で隣の席になった女子高校生。 前年度には本選に出場した経験を持つ。 予選で「周囲は皆ライバル」と思って緊張していた舞(イノ)に、周囲にいるのは大勢の地学好きの仲間であるという気づきを与える。 原作では姓しか名乗っていないが、テレビアニメ版ではフルネームが設定されている。 舞(イノ)と小学生時代に探検や「宝の地図ごっこ」をし、舞(イノ)が地図好きになるきっかけを作るが、中学が別々になり疎遠となる。 設定 [ ] 物語の舞台 [ ] 主要登場人物らが通う高校には 星咲高校(ほしざきこうこう)という学校名がつけられている。 テレビアニメ版では、最寄り駅として 星咲駅(ほしざきえき)という駅名の駅が登場している。 劇中では登場人物が住んでいる具体的な地域のモデルは曖昧にされており、読み取れる形でが描写されている場面でも、描かれているのは架空の地名である。 ただし、劇中における主要登場人物たちの日常的な行動範囲に登場する店や商店街は、やにある実在の店舗などをモチーフにしているといわれる。 星咲高校地学部 [ ] 本作の主要な舞台となる星咲高校地学部の部室は、学校の裏手の奥にある、すきま風の入る古びた文化部棟の1階に所在し 、文化部棟の隣にはトイレの建物が立っている。 2階の地学部の真上の位置には新聞部の部室がある。 なお文化部棟の外観は原作とテレビアニメ版で異なる。 前年度(2016年度)までは天文部と地質研究会であった部が合併し、物語開始年(2017年)の4月に設立された。 地学部が発足した当時は気風の違いやメンバー間の対立があり、ぎくしゃくしていた名残から、活動分野によって「天文班」「地質班」に班分けがされている。 これらの対立は共同活動を敢えて増やしていくことによって次第に解消され 、班分けは単なる部員の興味の対象を示すだけのものとなっていくが 、そうした発足当初からの共同活動の一環として、地学部では活動内容を紹介する会報『 KiRA KiRA』(キラキラ)の発行を続けている。 当初は活動内容が分かれていた天文斑と地質班が共同で何かをするというのは木ノ幡みらの提案で 、共同活動として会報を発行するという提案は猪瀬舞(イノ)からのもの 、会報の誌名は真中あおによる命名。 誌名には星も鉱物もキラキラしているという意味が込められている。 会報『KiRA KiRA』は妹の活動内容を気にしていた生徒会長の木ノ幡みさによる大々的な宣伝もあり 、劇中では充実した内容が生徒から好評を博しているとされ 、隣に置かれている校内新聞の読者数が落ち込んだ際には新聞部から対抗意識を持たれていた。 地学部で使っている天体望遠鏡はのとA80Mf鏡筒のセットで 、原作ではメーカーロゴや製品名が消されて描かれていものの、テレビアニメ版では鏡筒と架台(鏡筒を支える台)に、判読可能なメーカーロゴや製品名が描き込まれている。 なおA80Mfとセットで販売されているポルタIIは、操作が簡単な入門機という位置づけの架台だが 、長時間の観測では地球の自転に合わせて縦軸・横軸を手動で微調整し続ける必要があるのため 、劇中では追尾がより簡単なや、コンピューターとモーター駆動により自動導入・自動追尾を行う機能のついたものなど、より高価な架台をうらやむ場面もある。 登場人物が旅先で訪れる場所 [ ] 原作第1巻第11話から第13話(テレビアニメ版第4話)、およびテレビアニメ版第11話 では、地学部の合宿先として茨城県に実在する() 、() 、() といった施設が実名で登場しており、テレビアニメ版ではこれらの施設が取材協力としてクレジットされている。 原作単行本第1巻の巻末ではこれらの施設について、劇中で語りきれなかった内容が取材こぼれ話として掲載されている。 原作第2巻第25話(テレビアニメ版第8話)では、猪瀬舞(イノ)が地学オリンピックの予選を受ける場面があるが、著者のQuroは単行本第2巻あとがきの取材こぼれ話で、原作で予選会場となった大学 は各都道府県に複数ある会場のうち、秋田県にある会場を取材したと明かしている。 著者が取材した会場の参加者は5名であったが 、別会場の参加者は例年130名程度が参加しているといい 、劇中では大勢の参加者が会場にいる描写となっている。 なお原作とテレビアニメ版では会場の描写が異なる。 原作第3巻第35話から第37話(テレビアニメ版第11話から最終話)にかけての、小惑星発見の夢を叶えようとする主人公らが沖縄県を訪れるエピソードでは、実在する天文施設である 、 が実名で登場する。 劇中でみら、あおが参加する「きら星チャレンジ」光学班のメンバーは石垣島天文台のを使用している。 続く第38話(『まんがタイムきららキャラット』2020年4月号掲載)では離島巡りとして、、、各島の観光名所や、、を訪れるエピソードが描かれている。 なお、主人公らは原作でもで石垣島に到着する描写になっているが 、テレビアニメ版第10話では南ぬ島石垣空港()が実名で登場しており、取材協力としてクレジットされている。 書誌情報 [ ]• Quro『恋する小惑星』〈〉、既刊3巻(2020年2月27日現在)• 2018年3月27日発売 、• 2019年5月27日発売 、• 2020年2月27日発売 、 単行本表紙カバー扉の目次には、雑誌連載時には書かれていなかった各話サブタイトルがつけられているが、原作サブタイトルはテレビアニメ版には反映されていない。 単行本表紙カバー下には鈴矢萌(すず)を主人公にした書き下ろしのおまけ漫画「 Suzu'z Research」(スズズリサーチ)が連載されている。 第1巻、第2巻にはあとがきとして、著者の取材こぼれ話を紹介するレポート漫画「 旅する小惑星」が掲載されている。 「旅する小惑星」はアニメ化されないとされていたが 、には本編の主要登場人物を演じた声優が出演する実写版が収録される。 単行本第3巻には、本作の原点的作品である著者の商業デビュー作『 織姫ナンバー2』が収録されている。 テレビアニメ [ ] スタッフ 原作 Quro 監督 平牧大輔 シリーズ構成 キャラクターデザイン 山崎淳 プロップデザイン 宮原拓也 美術監督・美術設定 中村典史 色彩設計 伊藤裕香 撮影監督 杉浦誠一 編集 音響監督 音楽 伊賀拓郎 音楽プロデューサー 西辺誠 音楽制作 プロデューサー 山下愼平、小林宏之、 鎌田肇、伊藤将生、 池内矩史、有水宗治郎、 佐藤裕士、髙田優子 制作プロデューサー 小林涼 アニメーション制作 製作 星咲高校地学部 原作第1巻収録の第1話から第4巻収録予定の第38話までを描いたテレビアニメが、2020年1月から3月までほかにて放送された。 また、同局にて各話放送後にミニアニメ『 KiraKira増刊号!』が放送され 、でも各話放送後に1週間限定で配信された。 企画・スタッフィング [ ] 原作者のQuroによれば、『まんがタイムきららキャラット』2017年7月号掲載の第5話の時点で既にアニメ化の打診があったとされる。 第27話を掲載した2019年2月27日発売の『きららキャラット』2019年4月号でアニメ化が発表された際には、連載開始からアニメ化までの早さが意外性を持って受け止められた。 プロデューサーの山下愼平は、連載第1話の時点から地学を題材にした本作に注目していたとしており、『きららキャラット』2018年2月号掲載の第13話で桜井美景(桜)が森野真理(モンロー)に対して「自分の夢を遠慮なんてしないで」と激励するといった 、主要登場人物たちが将来の夢を語り合う場面に感銘を受けて、企画をに持ち込んだと語っている。 山下は天体写真を趣味にしている熱心な天文ファンでもあり、星空の表現にはこだわりを込めたとしている。 監督の平牧大輔、シリーズ構成の、アニメーション制作の動画工房など、2019年1月から3月まで放送されたテレビアニメ『』のスタッフが再集結している。 本作の第1話のエンドカードには、『私に天使が舞い降りた!』の原作者であるがイラストを寄せている。 シナリオ・演出・作画 [ ] テレビアニメ版は原作単行本が既刊2巻時点で放送開始され、最終話となる第12話において連載中の原作最新話であった『きららキャラット』2020年4月号掲載の第38話に追いつく形で終了し、テレビアニメ版最終話の放送日翌日に発売された『きららキャラット』2020年5月号で、テレビアニメ版最終話の続きに相当する内容が掲載された。 テレビアニメ版では、原作者のQuroがシリーズ構成の段階から協力した上で全てのシナリオ会議に出席しており 、放送中に刊行された単行本第3巻以降の内容も原作をなぞったものとなっている。 原作から時系列の若干の変更や省略、テレビアニメ版で付け足された内容の補完もあるものの、物語の開始は原作同様に2017年のできごとであると設定されており、劇中に登場する雑誌も2017年に出版された実在の雑誌の表紙が使われている。 一方、テレビアニメ版は原作よりもコミカルさが抑えられ 、星を観ながら落ち着いた雰囲気で観るような 、子供や 、アニメファン以外の幅広い層でも観られ 、見返すたびに発見があり何度も見られるような 作風が意図されている。 原作は難解な題材を扱いつつも4コマ漫画としてのオチと大袈裟なギャグで笑いを取る作風が持ち味となっているが 、それをそのままアニメで再現した場合、笑いを取る場面のたびに流れが中断されてしまうという判断から、テレビアニメ版では演出面の工夫によって見せ方を変え、しっとりとした成長ドラマとしての体裁へとアレンジすることを試みている。 具体的には、登場人物の想像が前触れもなく画面内に出現するような漫画的演出が避けられており、地学分野の説明などで図示が必要な場合は登場人物の手で紙に書かせるなど、その場に実存するもので説明させる演出が用いられている。 本編がリアル寄りになったのに対し、原作のコメディ要素はミニアニメ『KiraKira増刊号!』の作風へと反映された。 テレビアニメ版ではエンディング映像の時点で原作の劇中2年目より登場する七海悠(ナナ)と桜井千景(チカ)が登場しており、第6話の文化祭では地学部の展示を見に来ていたという原作での言及 を反映し展示を見に来た客として登場している。 第11話では、石垣島に旅立った主人公ふたりを見送った地学部員と卒業生たちが、合宿先のつくば市から石垣島の天候を案じるというオリジナルエピソードが挿入された。 本作ではリアリティを重視して星空や天文機材に関する演出・作画をしており、原作と同様に場面ごとに細かく日時が設定され 、星空の表現には純国産の天文シミュレーションソフトウェア「ステラナビゲータ」のデータを使用している。 プロデューサーの山下は、劇中には天文ファンや地学ファンが見れば気付くような天文描写や小ネタを数多く込めていると語っている。 星空についてはリアリティを重視しつつも映像として美しいものにするために、色味をリアルな見え方に近づけながらもアニメーション特有の処理をしている。 望遠鏡の作画では制作協力のビクセンが提供する工業用モデルや実物の機材を参考に3Dモデリングや作画を行っている。 作品名のメインタイトルロゴは原作から配色が小改編されており、各所に主要登場人物のイメージカラーを配したものへと変更されている。 各話アイキャッチは主要登場人物が扮するとそのがモチーフになっており、星座のうち最も明るい星が登場人物の誕生石へと置き換えられている。 主題歌 [ ] 「歩いていこう!」 によるオープニングテーマ。 作詞・作曲は、編曲は伊賀拓郎。 「夜空」 によるエンディングテーマ。 作詞は中村砂羽、作曲・編曲は。 「あの星の向こうに」 第4話エンディングテーマ。 作詞・作曲・編曲は伊賀拓郎。 歌は木ノ幡みらを演じるが登場人物名義で歌唱した。 劇中では第4話クライマックスの、主要登場人物たちが将来の夢について語り合う場面で挿入歌として流れ始め、そのままエンディングまで流れ続ける演出となっている。 この場面はプロデューサーの山下愼平が原作で感銘を受けて本作のテレビアニメ化を決心した場面とされ 、エモーショナルな場面作りのために挿入歌から1話限りのエンディングテーマへと続くという手法を選んだことや、曲が流れ始めるタイミング、この場面で核心となる台詞を発する桜井美景(桜)の役を演じた東山奈央の演技などにもこだわりが込められているという。 「君と見た星」 第9話挿入歌。 作詞・作曲・編曲は伊賀拓郎。 歌は真中あおを演じるが登場人物名義で歌唱した。 各話リスト [ ] 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 初放送日 01. 二人の約束 平牧大輔• 山崎淳• 松浦麻衣• クランクイン!ビデオ• HAPPY! 各巻には特典映像として、原作単行本第1巻あとがきのレポート漫画を実写化した「旅する小惑星」が収録される。 タイアップ [ ] とのコラボメニュー「月の満ち欠けパンケーキ」 テレビアニメ化が発表される以前の原作とのコラボレーション企画としては、NPO法人日本委員会の大会会報『Chiorin! 』第19号(2018年5月発行)に掲載された著者のエッセイ漫画があり 、本作の登場人物が著者や漫画編集者の役で登場し、デビュー作や本作の執筆の経緯を披露するという内容のものがある。 この企画は著者が、原作第11話に登場するつくば市のを取材中に国際地学オリンピックの展示を見たことがきっかけで実現したもので 、原作第25話 劇中では登場人物の猪瀬舞(イノ)が、実際に地質標本館で見た展示をきっかけにして、地学オリンピックの日本予選に参加するというエピソードがある。 またテレビアニメ化発表後の2019年に開催された第12回日本地学オリンピック予選(国際大会国内一次選抜)では、予選参加特典として本作のグッズが配布されている。 地学オリンピックのエピソードであるテレビアニメ版第8話では、地学オリンピック日本委員会が取材協力としてクレジットされている。 原作には登場人物が部活動に使っている機器として、総合光学機器メーカーのの製品をモチーフにした天体望遠鏡や架台、ルーペなどが登場しているが 、テレビアニメ版では正式に同社が本作の制作に協力している。 地学部が使用しているなど、原作ではロゴが消されて描かれていた機器 に同社のロゴや製品名が描き込まれているほか、Twitterコラボレーション企画が実施されている。 劇中で登場人物が読んでいた架空の雑誌『月刊天文ナビ』 は、テレビアニメ版ではが発行しKADOKAWAから発売されている実在の雑誌『』に置き換えられており、現実に発行された雑誌の表紙が、劇中の設定上の年月日に合わせて使われている。 『星ナビ』を発行するアストロアーツもテレビアニメ版の制作協力としてクレジットされており 、同誌でも何度か本作の紹介記事が組まれている。 原作者のQuroは、日付などの設定には2017年から定期購読している『月刊星ナビ』を参考にしているとされ、執筆中には原作単行本の場面ごとに日時が書かれた付箋を貼るなど、矛盾のないように詳細に設定しているという。 また、原作の執筆の際には参考としてアストロアーツの「」を使用しており 、テレビアニメ版でも、設定上の年月日時刻に合わせた正確な星空を描写するために「ステラナビゲーター」の天体データが提供されている。 原作にも実在の書籍として、が発行する『』が登場する場面があるが 、テレビアニメ版では誠文堂新光社も資料協力としてクレジットされている。 テレビアニメ版第3話では、真中あおの母親(真中詩織)がサイエンスイラストレーターの仕事で描いたキャラクターという設定で、先端加速器科学技術推進協議会のキャラクター「ゆるっと素粒子物理」 のグッズが登場しているが、本作の原作者であるQuroによると、この「ゆるっと素粒子物理」はQuro自身が前職(の広報 )の時にデザインしたものとされる。 第3話のエンドクレジットには先端加速器科学技術推進協議会が資料協力としてクレジットされている。 原作ではテレビアニメ放送開始直前となる『まんがタイムきららキャラット』2020年1月号掲載の第35話から4月号掲載の第38話にかけて、沖縄県を舞台にしたエピソードが展開されているが、テレビアニメ版の放送開始と同時期の2020年1月6日には宙ツーリズム推進協議会、とのコラボレーション企画として、本作の登場人物が石垣島の天体観測スポットを紹介するという体裁のブックレットが同島の各所や、その他協力施設で配布された。 劇中に登場した天文施設( 、 )も、ブックレットの中で紹介されている。 注釈 [ ] []• 監督の平牧いわく「いわゆる」。 原作では当初、由来そのままの「マリリン・モンロー」と命名されるが 、以降の場面では「モンロー先輩」「モンロー」と呼ばれる。 テレビアニメ版では最初から「モンロー先輩」と命名されている。 プロローグ部分は単行本書き下ろし。 連載時には第29話(第3巻収録、テレビアニメ版第9話)で話題が登場し 、第32話(第3巻収録、テレビアニメ版第9話)から本人が登場。 テレビアニメ版では、美影は千景(チカ)を通じて地学オリンピックのことを知っていたと言及されているほか 、舞(イノ)と同じ会場にいたという設定になっている。 なお原作では美景(桜)は地学オリンピックの話題を振られてからスマートフォンで調べて詳細を知るという描写になっており 、会場にいたという描写もない。 他の登場人物からは イヴちゃん、 イヴ先輩、 イヴちゃん先輩、あるいは単に 先輩などと呼ばれている。 テレビアニメ版では、宇佐美に騙されて連れてこられたという経緯は語られず、単に新聞部の仲介による協力者として登場する。 プロローグ部分は単行本書き下ろし。 連載時には第4話で話題が登場し、第7話から本人が登場。 、、動画工房、フライングドッグ、、角川メディアハウス、レイ、GRANTdesign• 例えば原作単行本第1巻の裏表紙に登場するルーペは、原作者の私物であるビクセンの製品がモチーフとされている。 出典 [ ] 原作の各話ナンバリングは単行本カバー扉の目次と、Webコミック配信サイト『COMIC FUZ』配信時の話数表記とで一致せず、単行本巻頭の書き下ろしエピソードを話数に含めるか否かで以降のずれが生じている。 本稿で「単行本第x巻y話」と表記する場合は上記参考文献の単行本に準拠する。 ナターシャ. 2017年1月29日. 2019年12月6日閲覧。 2018年4月6日閲覧。 インタビュアー:ましろ. まっしろライター. 2020年1月13日閲覧。 , p. 11; , p. NPO法人地学オリンピック日本委員会 2018年5月20日. 2020年1月28日閲覧。 , pp. 18-19. Quro [ uoaaaoi] 2020年1月26日. ツイート. より 2020年1月27日閲覧。 , p. TVアニメ「恋する小惑星」公式サイト. 2019年10月28日閲覧。 18,20. , p. , p. インタビュアー:野下奈生. 2020年1月14日閲覧。 , p. , p. , p. , p. 35-36. , p. 20; , pp. 22-23; , p. 100. TVアニメ「恋する小惑星」公式サイト. 星咲高校地学部. 2020年3月1日閲覧。 , pp. 46,79. , p. , p. , p. , p. 100. TVアニメ「恋する小惑星」公式サイト. 星咲高校地学部. 2020年3月1日閲覧。 , p. , pp. 10,27-28; , p. , p. , p. 104. 97-99. , p. , pp. 32-34. , p. , pp. 34,38. , pp. 37-38. TVアニメ「恋する小惑星」公式サイト. 星咲高校地学部. 2020年3月1日閲覧。 , p. , pp. 84,94-95,108. , p. , p. 93-108, 第24話, 第25話. TVアニメ「恋する小惑星」公式サイト. 星咲高校地学部. 2020年3月1日閲覧。 , p. , p. , p. , p. , p. 20; , p. 114. , p. 114; , pp. 55,101-102. TVアニメ「恋する小惑星」公式サイト. 星咲高校地学部. 2020年3月1日閲覧。 YouTube. 2019年12月6日閲覧。 , p. , p. , p. 35; , p. , pp. 44,65,68. , p. , pp. 26,28. , pp. 26,30. , pp. 11,32. , p. 110. 52-53. , pp. 64-66. , pp. 67-68. テレビアニメ版、第12話アイキャッチ。 , p. , pp. 4,50. , p. , p. , p. 102. テレビアニメ版、第11話アイキャッチ。 , p. , p. , p. 37-38. , pp. 40-42. , p. テレビアニメ版、第6話アイキャッチ。 Quro [ uoaaaoi] 2020年4月12日. ツイート. より 2020年4月13日閲覧。 TVアニメ「恋する小惑星」公式ツイッター [ koiastv] 2020年4月12日. ツイート. より 2020年4月13日閲覧。 テレビアニメ版、第7話アイキャッチ。 , p. , pp. 55-56. , pp. 55,71. , p. , p. , pp. 51,58. , p. 110. Quro [ uoaaaoi] 2020年1月26日. ツイート. より 2020年2月16日閲覧。 、 2020年1月7日閲覧。 , pp. 40,43. , p. , p. , p. テレビアニメ版、第2話アイキャッチ。 , p. , p. , p. , p. , p. Quro [ uoaaaoi] 2020年3月14日. ツイート. より 2020年3月15日閲覧。 TVアニメ「恋する小惑星」公式ツイッター [ koiastv] 2020年3月14日. ツイート. より 2020年3月15日閲覧。 テレビアニメ版、第8話アイキャッチ。 , p. 100. , p. 108. , pp. , pp. 61-63. , p. , p. , pp. 81,84. , pp. 78,79. , p. , pp. 77-78. テレビアニメ版、第11話。 , p. , p. 89; , p. テレビアニメ版、第7話。 まんがタイムきららキャラット 2020年6月号• , pp. 68,80. JMAG NEWS. JMAGクリエイターズ協会 2020年1月28日. 2020年2月4日閲覧。 JMAG NEWS. JMAGクリエイターズ協会 2020年1月29日. 2020年2月4日閲覧。 , p. 10; , pp. , pp. 12-13,28; , pp. 32-33,51,92. , p. , p. 製品情報. 2020年2月5日閲覧。 , pp. 43,112. , pp. 43,112; , p. , p. , p. 101. , p. 115. , p. 117-119. 103. 119. , pp. 81-84. , p. 2020年2月27日閲覧。 , p. 117. TVアニメ「恋する小惑星」公式サイト. 星咲高校地学部 2020年1月24日. 2020年2月27日閲覧。 まんがタイムきらら編集部 [ mangatimekirara] 2020年1月28日. ツイート. より 2020年2月16日閲覧。 2019年7月26日. 2019年7月26日閲覧。 AT-X. エー・ティー・エックス. 2020年1月7日閲覧。 、 2020年1月4日閲覧。 2019年3月23日. 2020年1月12日閲覧。 28-29. , p. 11; , p. エイガ・ドット・コム 2019年9月2日. 2020年1月14日閲覧。 TVアニメ「恋する小惑星」公式ツイッター [ koiastv]. ツイート. より 2020年1月14日閲覧。 ツイート. より 2020年1月12日閲覧。 僕たち私たちを癒やして! ヒーリンGoo!! なキャラクターたち 恋する小惑星 癒やされインタビュー 監督 平牧大輔. インタビュー. 2020年3月号. , p. 21; , p. 119, あとがき. 11; , p. 2020年2月16日閲覧。 TVアニメ「恋する小惑星」公式サイト. 2019年12月6日閲覧。 TVアニメ「恋する小惑星」公式サイト. 2019年12月6日閲覧。 , pp. 27,29. TVアニメ「恋する小惑星」公式サイト. 2020年1月3日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 電撃オンライン. 2019年12月23日. 2019年12月29日閲覧。 TVアニメ「恋する小惑星」公式サイト. 2019年12月23日閲覧。 2019年12月22日閲覧。 キュアメイドカフェ. 2020年3月21日閲覧。 , pp. 108,102. プレスリリース , NPO法人地学オリンピック日本委員会, 2019年9月1日 , 2020年2月10日閲覧。 ビクセン. 2019年12月27日閲覧。 , pp. 41-48, 第5話. 日本語 プレスリリース , 株式会社ビクセン, 2020年1月10日 , 2020年1月13日閲覧。 KADOKAWA. 2019年12月29日閲覧。 、 2019年12月29日閲覧。 , p. 渡邉耕平 2019年8月6日. 2020年1月12日閲覧。 , p. 11; , pp. 18-21; , p. , pp. 1,17. プレスリリース , 先端加速器科学技術推進協議会, 2018年4月13日 , 2020年1月31日閲覧。 ILC PROJECT[国際リニアコライダー計画]. 2020年1月31日閲覧。 Quro [ uoaaaoi] 2018年4月19日. ツイート. より 2020年1月31日閲覧。 参考文献 [ ]• Quro『恋する小惑星』第1巻、芳文社〈まんがタイムKRコミックス〉、2018年。 Quro『恋する小惑星』第2巻、芳文社〈まんがタイムKRコミックス〉、2019年。 Quro『恋する小惑星』第3巻、芳文社〈まんがタイムKRコミックス〉、2020年。 渡邊耕平「星空でつながる現実と空想 アニメ「恋する小惑星」間もなく放送開始! 筋金入りの天文ファン山下プロデューサーの星空へのこだわり」『』、、2020年1月、 11頁、。 宇津巻竜也、Quro「約束の小惑星の先へ 元地学部員の作者が描く『恋する小惑星』アニメ放送開始!」『』、、2020年2月、 18-21頁、。 星ナビ編集部「叶えたい、ふたりの約束の星 「恋する小惑星」制作現場に突入! みら&あお声優の星空エピソードにも注目」『』、、2020年3月、 7頁、。 「恋する小惑星特集 卒業直前の総まとめ 星咲高校地学部 Kira Kira活動報告」『』第22巻第4号、、、2020年4月、 22-29頁、。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• koiastv -.

次の