ケラ さん。 お寿司屋さんの欠かせない脇役「ケラ玉」

お寿司屋さんの欠かせない脇役「ケラ玉」

ケラ さん

ヒューケラ ツボサンゴ の種まき、苗植え!地植えと鉢植えの時期と方法は? 種まき 発芽適温は15~20度で、3~5月上旬か、9~10月に種をまきます。 粒が細かいことから、湿らせたピートバンや赤玉土(小粒)を平たい容器に入れ、上からばらまきにしていきましょう。 土が乾かないように水やりをして管理し、適度に間引きながら草丈が5~10cmほどに生長したら、鉢や地面に植え替えます。 苗植え 3~4月か、9~11月が適期です。 鉢植えは、4~6号鉢1株を目安に、水はけと水もちのバランスがよい土を準備し、植え付けていきます。 地植えは、直射日光の当たらない場所を選んで、深さ30cmほどの植え穴を掘って植えます。 複数植えるときは、株同士の間隔を20~30cm空けます。 いずれの場合も、株元が土の表面と同じ高さになるようにするのがポイントです。 ヒューケラ ツボサンゴ の育て方!土作り、水やり、肥料の与え方は? 土作り 水はけと水もちのよい土を好みます。 鉢植えは、赤玉土(小粒)4:鹿沼土(小粒)3:腐葉土3か、赤玉土(小粒)6:腐葉土4の割合で混ぜた土がおすすめです。 市販の草花用培養土を使ってもかまいません。 地植えは、植え付ける1週間前に庭の土を深さ30cmほど耕しておき、腐葉土を混ぜて寝かせておきます。 水やり 土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。 生長して大きな株になればある程度の乾燥には耐えられますが、苗が幼いうちは水切れに注意しましょう。 ただし、湿気の多い環境は苦手なので、夏は朝か夕方の涼しくなった時間に行ってください。 肥料 3~4月と9~11月に1回ずつ、ゆっくりと効く緩効性化成肥料を株元に少量与えます。 同じ時期であれば、10~15日に1回液体肥料を水やり代わりに与えてもよいですよ。 ヒューケラ ツボサンゴ の育て方!剪定や冬の過ごし方は? 剪定 枯れた葉っぱや花をそのままにすると、株が蒸れて病気や害虫が発生しやすくなります。 花が終わったら茎元から取り除き、枯れた葉っぱは適時摘み取ってください。 冬の管理 寒さや暗さには強い性質ですが、冷たい風や霜に当たると葉色が悪くなってしまいます。 できれば、日当たりのよい場所か軒下に移動させましょう。 もし葉っぱが枯れてしまったとしても、宿根草なので根が生きていれば茎が立ち上がってきます。 立ち上がった茎には、バークチップや腐葉土を株元に敷いて茎が隠れるように土をかぶせてあげましょう。 根が生えて株が若返りますよ。 ヒューケラ ツボサンゴ の植え替えの時期と方法は? 鉢植えは1~2年に1回、真夏以外の時期に植え替えをします。 また、霜や雪、冷たい風に根が当たると弱ってしまうので、寒冷地は真冬の植え替えも避けた方が無難です。 また、地植えも生育の様子を見ながら、3~5年に1回植え替えると、株が若返りますよ。 ヒューケラ ツボサンゴ の増やし方!株分けや挿し木 挿し芽 、種まきの時期と方法は? ヒューケラは、株分けや挿し木(挿し芽)、種まきで数を増やせます。 種まきは、植え付けと同じ時期と手順で行います。 株分け 3〜4月か、10〜11月が適期です。 株を掘り上げ、それぞれの株に茎が3~5本付くように、手やナイフで分けていきます。 後は赤玉土(小粒)などの土にそれぞれを植え付け、ある程度根が生えたら鉢や地面に植え替えます。 挿し木(挿し芽) 4~7月が適期で、茎が立ち上がっているものは挿し木に向いています。 株元から2~3cmの、木のように固まっている部分をハサミでカットする 2. 切り口に湿った水苔を巻きつけ、育苗ポットに入れる 3. 日陰から半日陰の場所で、水苔が乾いたら水やりをして管理する 4. 根が十分に生えたら鉢や地面に植え替える ヒューケラ ツボサンゴ の寄せ植えの方法は? ヒューケラの寄せ植えは、葉色と他ヒューケラの寄せ植えは、色のバランスが大切です。 日の当たる場所の寄せ植えなら、シクラメンやケイトウなど茎の先に花を付ける植物を中心に置き、周りを緑やシルバー、紫などの葉色のヒューケラで囲むのがおすすめです。 日陰の寄せ植えなら、同じく日陰に強い大型のギボウシ(ホスタ)と交互に植えるとインパクトがあってすてきですよ。

次の

[B! スポーツ] 断れよ!パラリンピック開会式演出のケラさん「放射能撒き散らす国やるべきでない」「何億積まれても断る」「五輪中、東京にいたくない」

ケラ さん

ケラリーノ・サンドロヴィッチ プロフィール 本名 小林 一三(こばやし かずみ) 別名 ケラ(KERA) 誕生日 1963-01-03 (57歳) 出身地 血液型 A 主な作品 テレビドラマ 『』 『』 映画 『』 『』 『』 舞台 『カラフルメリィでオハヨ』 『』等、 の大半の作品 その他参照 受賞 など(参照) その他 自身・他作家の作品の舞台演出 「ケラ」として音楽・バンド活動 ケラリーノ・サンドロヴィッチ( - )は、出身の、、、、、。 、横浜放送映画専門学院(現:)卒業。 「 」主宰。 劇団「 」主宰。 別名義・ ケラ(KERA名義でも活動)。 本名は 小林 一三(こばやし かずみ)。 妻はの。 人物 [ ] 父親はジャズ・ミュージシャン。 が近所に住んでおり、小学校時代は役者になるのが夢だった。 で演劇部に入部。 喜劇映画を愛するあまり、に「」を創設。 など当時の日本では、鑑賞不可能だったアメリカの古典コメディ映画の自主上映活動等を行い、まで、同会の代表をつとめた。 また、高校在学中でありながら、の映画・演劇サークル「騒動舎」にも参加していた。 その一方、ケラの芸名で、バンド「」やレーベル「」の運営にあたる。 芸名の由来は、学校の演劇部に入る際オーディションで自身が歌った「虫けらの歌」により「ケラ」のあだ名をつけられたからという。 音楽関係においては、自ら参加する有頂天、、、での活動に加え、ナゴムレコードから、、、、(の前身)など、個性の塊の様なバンドを積極的に取り上げ、・・・など多数の才能を見出し発掘、輩出した。 現在もミュージシャン「ケラ」(KERA)として活動する。 以来、主宰としてほとんどの作品の劇作・に携わっている。 演劇分野では「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」名義を使用。 近年は音楽活動を継続しつつも、舞台人としての動きが特に目立ち、劇団にとどまらず外部公演への演出・台本提供も活発である。 また並行して、とのユニット「オリガト・プラスティコ」と、作品ごとに異なる出演者・趣向で企画されるユニット「KERA・MAP」(ケラマップ)もプロデュースしており、いずれも不定期に公演を行っている。 をはじめ舞台・での受賞歴も複数ある(参照)。 2003年の『』を皮切りに、映画監督も数作務めている。 2009年3月6日、女優のと入籍したことを自身のブログで公表した。 2018年11月、脚本家・演出家としての功績を認められを受章。 2019年12月9日、2020年8月25日開催予定のの開会式ステージ演出を務めることが発表された。 もともとはの開催について強く否定的な姿勢を見せており、2013年の開催地選定投票の直前には「『こんなにを撒き散らしている国なんかにオリンピックなんかやらせるわけにはいかない』と、世界からバシッと言って頂いた方がよい」という厳しい意見を自身のTwitterで述べていた。 の開会式の演出については、2013年には「大金を積まれればやる」「盛り下がっていいなら」と述べたのち 、2018年4月には「何億積まれても断る」と明確に関連の事柄に関わることを否定していた。 しかし、2019年8月にが2名に当選したの政党支持率増加の報道を受け、「俺も競技場の超高額整備費問題については『本当にふざけんな馬鹿じゃなかろうか』と思う一方で、は応援したいと思い始めてる」と考え方を一部変化させていた。 略歴 [ ]• 1981年 - 「伝染病」結成• 1982年 - 「伝染病」解散、「有頂天」結成• 1983年 - レーベル「ナゴムレコード」立ち上げ、、と共に「空手バカボン」結成• 1985年 - 犬山犬子(現・犬山イヌコ)、、らと「劇団健康」旗揚げ• 1986年 - 「有頂天」としてよりメジャーデビュー• 1988年 - 初のソロアルバム『原色』(プロデュース)をリリース• 1991年 - 元・、元筋肉少女帯・みのすけと「ロングバケーション」結成、「有頂天」解散• 1992年 - 「劇団健康」解散• 1999年 - 『』で第43回岸田國士戯曲賞受賞• 2001年 - 広岡由里子と「オリガト・プラスティコ」の活動を開始。 演劇ユニット「KERA・MAP」活動開始• 2002年 - らと「空飛ぶ雲の上団五郎一座」旗揚げ• 2003年 - 初の映画監督作品『』公開• 2005年 - 「劇団健康」復活公演• 2006年 - 連続テレビドラマ『』の脚本・監督を担当• 2007年 - 連続テレビドラマ『帰ってきた時効警察』の脚本・監督を担当、監督映画『』公開• 2008年 - マネージメント事務所として「キューブ」に所属• 2009年 - 監督映画『』公開• 2014年 - 「有頂天」再結成• 2015年 - 連続テレビドラマ『怪奇恋愛作戦』の脚本・監督を担当。 受賞歴 [ ]• 2002年 - 第1回朝日舞台芸術賞(2001年の活動全般に)。 第5回(『室温 〜夜の音楽〜』)。 第9回優秀演出家賞(『室温 〜夜の音楽〜』)• 2007年 - 第14回・最優秀作品賞(「」)• 2016年 - 第23回・最優秀作品賞(「」)• 2016年 - 第66回・文部大臣賞(演劇部門)受賞(「」の成果)• 2016年 - 第51回・個人賞(「ヒトラー、最後の20000年〜ほとんど、何もない〜」の作・演出、「キネマと恋人」の台本・演出に対して)• 2016年 - 第68回・戯曲・シナリオ賞(「キネマと恋人」の台本・演出に対して)• 2017年 - 第24回・最優秀演出家賞(「8月の家族たち August: Osage County」)• 2018年 - 紫綬褒章受章• ここでは劇団以外の外部作品について挙げる。 1985 - 1992年• 劇団健康で13回の本公演、10回のプロデュース公演に携わる。 1989年• ラブ・ストーリー2(・、プロデュース)脚本参加• 1991年• もう一歩(品行方正児童会)演出• 1992年• 地球を7回半廻れ(フロント・ホック)脚本参加• 1993年• アルバムリリース記念イベント「TOKYO POCUPINE COLLECTION」構成・演出・脚本• 1995年• 1996年• 1999年• 昔、佐藤がいた。 (ENBUゼミ第1期生 ケラリーノ・サンドロヴィッチクラス)作・演出• のサタデーナイトライブスペシャル2 演出• 2000年• Happy Days(、作:)演出• ガール ミーツ ガール 〜愛と幸福の害について〜(ENBUゼミ第2期生 ケラリーノ・サンドロヴィッチクラス)作・演出• The Cherry Bombers(Cherry Bombers project)脚本参加• 2001年• (オリガト・プラスティコ Vol. 1)作・演出• ()作・演出• (KERA・MAP)作・演出• 2002年• パンタロン同盟SP 〜夏が来れば重いだス! 〜(プロデュース)コント提供• アチャラカ再誕生(空飛ぶ雲の上団五郎一座)脚本提供・演出• 2003年• (明治座)演出• (KERA・MAP 002)作・演出• (オリガト・プラスティコ Vol. 2、作:)演出• 2004年• ()作・演出• (トム・プロジェクト、作:)演出• キネマ作戦(空飛ぶ雲の上団五郎一座)脚本提供・総合演出• (の匙かげん)作• 2005年• (KERA・MAP 003)作・演出• 仮装敵国〜Seven 15minutes Stories〜(AGAPE store)脚本提供• (KERA・MAP 004)作・演出• (劇団健康 VOL. 15)作・演出• The Cherry Bombers Strikes Back(Cherry Bombers project 02)脚本参加:と共作• 2006年• 3()脚本提供• (Bunkamura)作・演出• (一座)脚本提供• (、作:)演出• (パルコ、作:)演出• (オリガト・プラスティコ Vol. 3、作:)演出• 2007年• (トム・プロジェクト、作:)演出• (キューブ)作・演出• 2008年• (Bunkamura、原作:)上演台本・演出• (KERA・MAP 005)作・演出• 2009年• (オリガト・プラスティコ Vol. 4、作:)演出• ()作• 渋々(親族代表)脚本提供• (Bunkamura)作・演出• 2010年• (シス・カンパニー、作:)上演台本・演出• 黴菌(Bunkamura)作・演出• 2011年• (キューブ)作・演出• 2012年• (オリガト・プラスティコ Vol. 5、作:)演出• (Bunkamura)作・演出• 2013年• (シス・カンパニー、作:)演出• 2014年• 夕空はれて〜よくかきくうきゃく〜(青山円形劇場、作:)演出• 2015年• (シス・カンパニー、作:アントン・チェーホフ)上演台本・演出• (KERA・MAP 006)脚本・演出• (ネルケ・プランニング)脚本• 2016年• ヒトラー、最後の20000年〜ほとんど、何もない〜(キューブ)作・演出• 2017年• 陥没(Bunkamura、キューブ)作・演出• キネマと恋人 、KERA・MAP 007)脚本・演出• 2018年• 修道女たち KERA・MAP 008)脚本・演出• 2019年• LIFE LIFE LIFE~人生の3つのヴァージョン~(Bunkamura シアターコクーン、作:)上演台本・演出• キネマと恋人 世田谷パブリックシアター、KERA・MAP 009)脚本・演出• ドクター・ホフマンのサナトリウム 〜第4の長編〜()作・演出• 2020年• KERA CROSS『』(シアタークリエ・梅田芸術劇場・ビレッジホール 他地方公演)脚本。 2019年に『』として映画化。 映画 [ ]• (2003年)• おいしい殺し方-劇場版-(2006年)• (2007年)• (2018年) - 脚本参加 テレビ [ ]• ギグギャグゲリラ(系)内ドラマ『オルタネイティブ・ブルー』 - 脚本・演出・出演• 「思い出せないこと」(2001年、) - 作• (2002年、フジテレビ)内ドラマ『室温 〜夜の音楽〜』 - 原作・脚本• (日本テレビ系)「ラサール石井編」 - 構成• ガールミーツガール(2005年、BSフジ) - 脚本・演出 全5話• (2005年、BSフジ) - 監修• 第8話(2006年、) - 脚本・監督• 帰ってきた時効警察 第4話(2007年、テレビ朝日) - 脚本・監督• (2015年、) - 脚本・監督 ラジオドラマ [ ]• 「虫歯とタクシー、その他の不幸」(1997年、) -作 出演 [ ] ドラマ [ ]• 『』「アンラッキー・デイズ 〜ナツメの妄想〜」(2004年4 - 5月、フジテレビ系) - ナツメ 役• 『』(2006年7 - 9月、テレビ朝日系) ラジオ [ ]• ケラとRIKAのヤングプラザ(1986年10月 - 1987年5月、)• (1989年1月 - 1990年9月、)• ケラと犬子の四次元ラヂオテクノスケ。 (1991年10月12日 - 1992年3月28日、) 映画 [ ]• (2000年) - TBS局内の人たち 著書 [ ]• 『ケラの遺言』(1988年・、小林一三名義)• 『私戯曲』 宝島collection JICC出版局, 1989• 『ライフ・アフター・パンク・ロック Devoを聴きながらモンティ・パイソンを一服。 』ケラ(1990年・JICC出版局)• 『スマナイ。 』 宝島モダンクラシックプレイズ JICC出版局, 1990• 『ウチハソバヤジャナイ』 シリーズ戯曲新世紀 1995• 『フローズン・ビーチ』 1999• 『ニャースとつきみそば(1999年・/イラストのみ:作・)• 『ナイス・エイジ』白水社, 2000• 『カフカズ・ディック』白水社, 2001• 『室温 夜の音楽』 2002• 『すべての犬は天国へ行く』論創社, 2002• 『カラフルメリィでオハヨ いつもの軽い致命傷の朝』白水社, 2006• 『犬は鎖につなぐべからず 岸田國士一幕劇コレクション』白水社, 2007• 『わが闇』論創社, 2008• 『労働者K』(2009年・ )• 『映画嫌い 『1980』から『罪とか罰とか』まで』(2009年・)• 『祈りと怪物 ウィルヴィルの三姉妹』白水社, 2012• 『』白水社, 2016• 『修道女たち』白水社, 2018• 白水社, 2018 音楽作品 [ ] 各バンドの活動詳細は該当項目を参照。 有頂天 [ ]• 土俵王子• BECAUSE• ピース• AISSLE• GAN• HAND IN HAND ACID HORROE• カラフルメリィが降った街• でっかち• ベジタブル 有頂天1984〜1987• 有頂天 ナゴムコレクション• The Very Worst Of 有頂天• The Very Best Of 有頂天• lost and found• カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ LONG VACATION [ ]• LONG VACATION 1991 SUMMER• LONG VACATION'S TOUCH Vol. LONG VACATION'S TOUCH Vol. LONG VACATION'S TOUCH Vol. LONG VACATION'S POP• SUMMER LOVERS• AFTER SUMMER LOVERS• SUNSHINE NOTE• MONHOLE FILE• PLATINUM NIGHT• DRIVE TO THE 21st CENTURY• SUNDAY AFTERNOON• TOKYO PORCUPINE COLLECTION featuring LONG VACATION• SUNDAY AFTERNOON ORIGINAL SOUNDTRACK• SLAPSTICKS ORIGINAL SOUNDTRACK• 1979 ORIGINAL SOUNDTRACK• ザ・シンセサイザーズ 「ザ・シンセサイザーズ」名義• ナイト・サーフ• 隣の女• 15ELEPHANTS• Body and Song• アニマル・カフェ• 愛のまるやけ• 展開図• RECORD• シャイコナ・ボックス(Mr. ケラ ナゴムコレクション(「唯一度だけ」以外の上記作品の楽曲すべてにボーナストラック収録)• バカボンのススメ• 孤島の檻• バカボンの頭脳改革 〜残酷お子供地獄〜• ベスト• 空手バカボン ナゴムコレクション 楽曲提供など [ ]• 「僕のEntrancement」(共同作曲)• 「穴の中で僕たち」(作詞)• 「FEELING EMPTINESS」(作曲)• 「サンドロヴィッチ」はスラブ語圏での「サンドルの息子」の意つまり父称で、姓ではない• 2018年11月2日閲覧。 ステージナタリー. 2019年12月9日. 2019年12月10日閲覧。 ケラリーノ・サンドロヴィッチ [ kerasand] 2013年9月2日. ツイート. より 2019年12月10日閲覧。 ケラリーノ・サンドロヴィッチ [ kerasand] 2013年5月12日. ツイート. より 2019年12月10日閲覧。 ケラリーノ・サンドロヴィッチ [ kerasand] 2013年7月28日. ツイート. より 2019年12月10日閲覧。 ケラリーノ・サンドロヴィッチ [ kerasand] 2018年4月9日. ツイート. より 2019年12月10日閲覧。 ケラリーノ・サンドロヴィッチ [ kerasand] 2019年8月19日. ツイート. より 2019年12月10日閲覧。 文化庁. 2016年3月9日閲覧。 シアターガイド. 2016年12月19日. 2016年12月21日閲覧。 ステージナタリー. 2017年2月4日. 2017年2月4日閲覧。 シアターガイド 2015年9月4日. 2015年9月7日閲覧。 KAAT 神奈川芸術劇場• 音楽ナタリー 2015年12月22日. 2015年12月22日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年7月20日. 2016年7月20日閲覧。 外部リンク [ ]• kerasand -•

次の

ヒューケラ(ツボサンゴ)の育て方!寄せ植えや株分けの時期と方法は?

ケラ さん

ケラリーノ・サンドロヴィッチ プロフィール 本名 小林 一三(こばやし かずみ) 別名 ケラ(KERA) 誕生日 1963-01-03 (57歳) 出身地 血液型 A 主な作品 テレビドラマ 『』 『』 映画 『』 『』 『』 舞台 『カラフルメリィでオハヨ』 『』等、 の大半の作品 その他参照 受賞 など(参照) その他 自身・他作家の作品の舞台演出 「ケラ」として音楽・バンド活動 ケラリーノ・サンドロヴィッチ( - )は、出身の、、、、、。 、横浜放送映画専門学院(現:)卒業。 「 」主宰。 劇団「 」主宰。 別名義・ ケラ(KERA名義でも活動)。 本名は 小林 一三(こばやし かずみ)。 妻はの。 人物 [ ] 父親はジャズ・ミュージシャン。 が近所に住んでおり、小学校時代は役者になるのが夢だった。 で演劇部に入部。 喜劇映画を愛するあまり、に「」を創設。 など当時の日本では、鑑賞不可能だったアメリカの古典コメディ映画の自主上映活動等を行い、まで、同会の代表をつとめた。 また、高校在学中でありながら、の映画・演劇サークル「騒動舎」にも参加していた。 その一方、ケラの芸名で、バンド「」やレーベル「」の運営にあたる。 芸名の由来は、学校の演劇部に入る際オーディションで自身が歌った「虫けらの歌」により「ケラ」のあだ名をつけられたからという。 音楽関係においては、自ら参加する有頂天、、、での活動に加え、ナゴムレコードから、、、、(の前身)など、個性の塊の様なバンドを積極的に取り上げ、・・・など多数の才能を見出し発掘、輩出した。 現在もミュージシャン「ケラ」(KERA)として活動する。 以来、主宰としてほとんどの作品の劇作・に携わっている。 演劇分野では「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」名義を使用。 近年は音楽活動を継続しつつも、舞台人としての動きが特に目立ち、劇団にとどまらず外部公演への演出・台本提供も活発である。 また並行して、とのユニット「オリガト・プラスティコ」と、作品ごとに異なる出演者・趣向で企画されるユニット「KERA・MAP」(ケラマップ)もプロデュースしており、いずれも不定期に公演を行っている。 をはじめ舞台・での受賞歴も複数ある(参照)。 2003年の『』を皮切りに、映画監督も数作務めている。 2009年3月6日、女優のと入籍したことを自身のブログで公表した。 2018年11月、脚本家・演出家としての功績を認められを受章。 2019年12月9日、2020年8月25日開催予定のの開会式ステージ演出を務めることが発表された。 もともとはの開催について強く否定的な姿勢を見せており、2013年の開催地選定投票の直前には「『こんなにを撒き散らしている国なんかにオリンピックなんかやらせるわけにはいかない』と、世界からバシッと言って頂いた方がよい」という厳しい意見を自身のTwitterで述べていた。 の開会式の演出については、2013年には「大金を積まれればやる」「盛り下がっていいなら」と述べたのち 、2018年4月には「何億積まれても断る」と明確に関連の事柄に関わることを否定していた。 しかし、2019年8月にが2名に当選したの政党支持率増加の報道を受け、「俺も競技場の超高額整備費問題については『本当にふざけんな馬鹿じゃなかろうか』と思う一方で、は応援したいと思い始めてる」と考え方を一部変化させていた。 略歴 [ ]• 1981年 - 「伝染病」結成• 1982年 - 「伝染病」解散、「有頂天」結成• 1983年 - レーベル「ナゴムレコード」立ち上げ、、と共に「空手バカボン」結成• 1985年 - 犬山犬子(現・犬山イヌコ)、、らと「劇団健康」旗揚げ• 1986年 - 「有頂天」としてよりメジャーデビュー• 1988年 - 初のソロアルバム『原色』(プロデュース)をリリース• 1991年 - 元・、元筋肉少女帯・みのすけと「ロングバケーション」結成、「有頂天」解散• 1992年 - 「劇団健康」解散• 1999年 - 『』で第43回岸田國士戯曲賞受賞• 2001年 - 広岡由里子と「オリガト・プラスティコ」の活動を開始。 演劇ユニット「KERA・MAP」活動開始• 2002年 - らと「空飛ぶ雲の上団五郎一座」旗揚げ• 2003年 - 初の映画監督作品『』公開• 2005年 - 「劇団健康」復活公演• 2006年 - 連続テレビドラマ『』の脚本・監督を担当• 2007年 - 連続テレビドラマ『帰ってきた時効警察』の脚本・監督を担当、監督映画『』公開• 2008年 - マネージメント事務所として「キューブ」に所属• 2009年 - 監督映画『』公開• 2014年 - 「有頂天」再結成• 2015年 - 連続テレビドラマ『怪奇恋愛作戦』の脚本・監督を担当。 受賞歴 [ ]• 2002年 - 第1回朝日舞台芸術賞(2001年の活動全般に)。 第5回(『室温 〜夜の音楽〜』)。 第9回優秀演出家賞(『室温 〜夜の音楽〜』)• 2007年 - 第14回・最優秀作品賞(「」)• 2016年 - 第23回・最優秀作品賞(「」)• 2016年 - 第66回・文部大臣賞(演劇部門)受賞(「」の成果)• 2016年 - 第51回・個人賞(「ヒトラー、最後の20000年〜ほとんど、何もない〜」の作・演出、「キネマと恋人」の台本・演出に対して)• 2016年 - 第68回・戯曲・シナリオ賞(「キネマと恋人」の台本・演出に対して)• 2017年 - 第24回・最優秀演出家賞(「8月の家族たち August: Osage County」)• 2018年 - 紫綬褒章受章• ここでは劇団以外の外部作品について挙げる。 1985 - 1992年• 劇団健康で13回の本公演、10回のプロデュース公演に携わる。 1989年• ラブ・ストーリー2(・、プロデュース)脚本参加• 1991年• もう一歩(品行方正児童会)演出• 1992年• 地球を7回半廻れ(フロント・ホック)脚本参加• 1993年• アルバムリリース記念イベント「TOKYO POCUPINE COLLECTION」構成・演出・脚本• 1995年• 1996年• 1999年• 昔、佐藤がいた。 (ENBUゼミ第1期生 ケラリーノ・サンドロヴィッチクラス)作・演出• のサタデーナイトライブスペシャル2 演出• 2000年• Happy Days(、作:)演出• ガール ミーツ ガール 〜愛と幸福の害について〜(ENBUゼミ第2期生 ケラリーノ・サンドロヴィッチクラス)作・演出• The Cherry Bombers(Cherry Bombers project)脚本参加• 2001年• (オリガト・プラスティコ Vol. 1)作・演出• ()作・演出• (KERA・MAP)作・演出• 2002年• パンタロン同盟SP 〜夏が来れば重いだス! 〜(プロデュース)コント提供• アチャラカ再誕生(空飛ぶ雲の上団五郎一座)脚本提供・演出• 2003年• (明治座)演出• (KERA・MAP 002)作・演出• (オリガト・プラスティコ Vol. 2、作:)演出• 2004年• ()作・演出• (トム・プロジェクト、作:)演出• キネマ作戦(空飛ぶ雲の上団五郎一座)脚本提供・総合演出• (の匙かげん)作• 2005年• (KERA・MAP 003)作・演出• 仮装敵国〜Seven 15minutes Stories〜(AGAPE store)脚本提供• (KERA・MAP 004)作・演出• (劇団健康 VOL. 15)作・演出• The Cherry Bombers Strikes Back(Cherry Bombers project 02)脚本参加:と共作• 2006年• 3()脚本提供• (Bunkamura)作・演出• (一座)脚本提供• (、作:)演出• (パルコ、作:)演出• (オリガト・プラスティコ Vol. 3、作:)演出• 2007年• (トム・プロジェクト、作:)演出• (キューブ)作・演出• 2008年• (Bunkamura、原作:)上演台本・演出• (KERA・MAP 005)作・演出• 2009年• (オリガト・プラスティコ Vol. 4、作:)演出• ()作• 渋々(親族代表)脚本提供• (Bunkamura)作・演出• 2010年• (シス・カンパニー、作:)上演台本・演出• 黴菌(Bunkamura)作・演出• 2011年• (キューブ)作・演出• 2012年• (オリガト・プラスティコ Vol. 5、作:)演出• (Bunkamura)作・演出• 2013年• (シス・カンパニー、作:)演出• 2014年• 夕空はれて〜よくかきくうきゃく〜(青山円形劇場、作:)演出• 2015年• (シス・カンパニー、作:アントン・チェーホフ)上演台本・演出• (KERA・MAP 006)脚本・演出• (ネルケ・プランニング)脚本• 2016年• ヒトラー、最後の20000年〜ほとんど、何もない〜(キューブ)作・演出• 2017年• 陥没(Bunkamura、キューブ)作・演出• キネマと恋人 、KERA・MAP 007)脚本・演出• 2018年• 修道女たち KERA・MAP 008)脚本・演出• 2019年• LIFE LIFE LIFE~人生の3つのヴァージョン~(Bunkamura シアターコクーン、作:)上演台本・演出• キネマと恋人 世田谷パブリックシアター、KERA・MAP 009)脚本・演出• ドクター・ホフマンのサナトリウム 〜第4の長編〜()作・演出• 2020年• KERA CROSS『』(シアタークリエ・梅田芸術劇場・ビレッジホール 他地方公演)脚本。 2019年に『』として映画化。 映画 [ ]• (2003年)• おいしい殺し方-劇場版-(2006年)• (2007年)• (2018年) - 脚本参加 テレビ [ ]• ギグギャグゲリラ(系)内ドラマ『オルタネイティブ・ブルー』 - 脚本・演出・出演• 「思い出せないこと」(2001年、) - 作• (2002年、フジテレビ)内ドラマ『室温 〜夜の音楽〜』 - 原作・脚本• (日本テレビ系)「ラサール石井編」 - 構成• ガールミーツガール(2005年、BSフジ) - 脚本・演出 全5話• (2005年、BSフジ) - 監修• 第8話(2006年、) - 脚本・監督• 帰ってきた時効警察 第4話(2007年、テレビ朝日) - 脚本・監督• (2015年、) - 脚本・監督 ラジオドラマ [ ]• 「虫歯とタクシー、その他の不幸」(1997年、) -作 出演 [ ] ドラマ [ ]• 『』「アンラッキー・デイズ 〜ナツメの妄想〜」(2004年4 - 5月、フジテレビ系) - ナツメ 役• 『』(2006年7 - 9月、テレビ朝日系) ラジオ [ ]• ケラとRIKAのヤングプラザ(1986年10月 - 1987年5月、)• (1989年1月 - 1990年9月、)• ケラと犬子の四次元ラヂオテクノスケ。 (1991年10月12日 - 1992年3月28日、) 映画 [ ]• (2000年) - TBS局内の人たち 著書 [ ]• 『ケラの遺言』(1988年・、小林一三名義)• 『私戯曲』 宝島collection JICC出版局, 1989• 『ライフ・アフター・パンク・ロック Devoを聴きながらモンティ・パイソンを一服。 』ケラ(1990年・JICC出版局)• 『スマナイ。 』 宝島モダンクラシックプレイズ JICC出版局, 1990• 『ウチハソバヤジャナイ』 シリーズ戯曲新世紀 1995• 『フローズン・ビーチ』 1999• 『ニャースとつきみそば(1999年・/イラストのみ:作・)• 『ナイス・エイジ』白水社, 2000• 『カフカズ・ディック』白水社, 2001• 『室温 夜の音楽』 2002• 『すべての犬は天国へ行く』論創社, 2002• 『カラフルメリィでオハヨ いつもの軽い致命傷の朝』白水社, 2006• 『犬は鎖につなぐべからず 岸田國士一幕劇コレクション』白水社, 2007• 『わが闇』論創社, 2008• 『労働者K』(2009年・ )• 『映画嫌い 『1980』から『罪とか罰とか』まで』(2009年・)• 『祈りと怪物 ウィルヴィルの三姉妹』白水社, 2012• 『』白水社, 2016• 『修道女たち』白水社, 2018• 白水社, 2018 音楽作品 [ ] 各バンドの活動詳細は該当項目を参照。 有頂天 [ ]• 土俵王子• BECAUSE• ピース• AISSLE• GAN• HAND IN HAND ACID HORROE• カラフルメリィが降った街• でっかち• ベジタブル 有頂天1984〜1987• 有頂天 ナゴムコレクション• The Very Worst Of 有頂天• The Very Best Of 有頂天• lost and found• カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ LONG VACATION [ ]• LONG VACATION 1991 SUMMER• LONG VACATION'S TOUCH Vol. LONG VACATION'S TOUCH Vol. LONG VACATION'S TOUCH Vol. LONG VACATION'S POP• SUMMER LOVERS• AFTER SUMMER LOVERS• SUNSHINE NOTE• MONHOLE FILE• PLATINUM NIGHT• DRIVE TO THE 21st CENTURY• SUNDAY AFTERNOON• TOKYO PORCUPINE COLLECTION featuring LONG VACATION• SUNDAY AFTERNOON ORIGINAL SOUNDTRACK• SLAPSTICKS ORIGINAL SOUNDTRACK• 1979 ORIGINAL SOUNDTRACK• ザ・シンセサイザーズ 「ザ・シンセサイザーズ」名義• ナイト・サーフ• 隣の女• 15ELEPHANTS• Body and Song• アニマル・カフェ• 愛のまるやけ• 展開図• RECORD• シャイコナ・ボックス(Mr. ケラ ナゴムコレクション(「唯一度だけ」以外の上記作品の楽曲すべてにボーナストラック収録)• バカボンのススメ• 孤島の檻• バカボンの頭脳改革 〜残酷お子供地獄〜• ベスト• 空手バカボン ナゴムコレクション 楽曲提供など [ ]• 「僕のEntrancement」(共同作曲)• 「穴の中で僕たち」(作詞)• 「FEELING EMPTINESS」(作曲)• 「サンドロヴィッチ」はスラブ語圏での「サンドルの息子」の意つまり父称で、姓ではない• 2018年11月2日閲覧。 ステージナタリー. 2019年12月9日. 2019年12月10日閲覧。 ケラリーノ・サンドロヴィッチ [ kerasand] 2013年9月2日. ツイート. より 2019年12月10日閲覧。 ケラリーノ・サンドロヴィッチ [ kerasand] 2013年5月12日. ツイート. より 2019年12月10日閲覧。 ケラリーノ・サンドロヴィッチ [ kerasand] 2013年7月28日. ツイート. より 2019年12月10日閲覧。 ケラリーノ・サンドロヴィッチ [ kerasand] 2018年4月9日. ツイート. より 2019年12月10日閲覧。 ケラリーノ・サンドロヴィッチ [ kerasand] 2019年8月19日. ツイート. より 2019年12月10日閲覧。 文化庁. 2016年3月9日閲覧。 シアターガイド. 2016年12月19日. 2016年12月21日閲覧。 ステージナタリー. 2017年2月4日. 2017年2月4日閲覧。 シアターガイド 2015年9月4日. 2015年9月7日閲覧。 KAAT 神奈川芸術劇場• 音楽ナタリー 2015年12月22日. 2015年12月22日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年7月20日. 2016年7月20日閲覧。 外部リンク [ ]• kerasand -•

次の