ツイッター ナイト モード。 Webサイトをダークモードに対応させよう

【フォートナイト】ボタン配置(パッド)オススメ設定(プロの比較)

ツイッター ナイト モード

Epic Gamesは公式TwitchでのPAX WEST配信の中で、新モードGetawayと新アイテムGlapplerを発表しました。 公式ツイッターで発表されている期間限定モード「ハイステークス」の中でも予告されていましたね。 こちらのプレイシーンが公開された形です。 動画を見る限りですが、補給物資のような形でマップ上に落ちてくるアイテム(宝石?)を手に入れ、それを逃走用のバンまで届けることでクリアとなるようです。 さらに新アイテムのGlapplerですが、フックショットのような感じに見えますね。 射出してフックをひっかけた先まで一気に距離を詰めているようです。 回数制限もあるようですね。 また、新たなスキン「ワイルドカード」も発表されています。 スターターパックで特典としてついていたエースもハイステークスの画像には出てきていますし、何か関連があるのでしょうか。 昨日、PAXの英語公式配信にてワイルドカードのスキンを先行公開しました。 今度はこのあと午前10時より、同チャンネルにて 期間限定モードのゲームプレイを先行公開します! — フォートナイト 公式 FortniteJP スターターパックは買ったのですが、このスキンも欲しいですね~。 「ワイルドカード」スキンでGetawayをプレイするのが楽しみです。 ハイステークスチャレンジ 以下がチャレンジのようです。 Play 10 matches of the Getaway LTM• 【報酬 5000EXP】期間限定のGetawayモードを10回プレイ• Deal 500 damage to Jewel Carrying opponents• 【報酬 コントレイル】ジュエルを運んでいる敵に500ダメージを与える• Pick up a jewel in 5 different matches of the Getaway LTM• 【報酬 スプレー】異なる5試合でジュエルを拾う 全てのチャレンジクリアの報酬はバール(収集ツール)です。 40の予告 そういえば先日v5. 40の予告動画も出てましたね。 このあたりと合わせて新モードがくるのでしょうか? 要約すると…• リボルバーの削除• ストーム内の建築が破壊されるようになる• ブギーボムのドロップが2つになる• シールドポーション(デカポ)のスタック数が3つになる というところでしょうか。 プレイに一番影響するのはシールドポーションでしょうか。 アイテム枠の2つをシールドに充てる選択をするか、1枠にミニポではなくデカポを3つもつか、など戦略の幅が広がりそうです。 ただデカポは飲むのに時間がかかるので、どういう運用をするかは悩ましいところですね。 最近の調整で武器の選択肢が増えたおかげでアイテム欄が非常に悩ましいところですが、アイテム追加やスタック数の変更で、さらに選択の幅が広がった感じです。

次の

PCでもYouTubeやTwitterをナイトモードに

ツイッター ナイト モード

iPhone 11シリーズのナイトモードの使い方と仕組み iPhoneのナイトモード(引用:) ナイトモードは、iPhone 11シリーズからの新機能。 シャッタースピードを遅くしたり、明るいレンズを使ったりなど光学的に写真を明るく撮っているわけではなく、 一度の撮影で複数枚の写真を撮影してから処理をしています。 画像の動きを補正、コントラストや色の調整、ノイズ除去などの処理をした後、最終的な画像が生成されます。 ナイトモードのアイコンが表示される 横持ちなら左に表示される 写真をナイトモードで撮影するかどうかはiPhoneが勝手に判断してくれます。 この状態で撮影するとナイトモードでの撮影になります。 露出時間は周囲の明るさからiPhoneが決めてくれるので、シャッターボタンを押すだけでOKです。 撮影時間は変更可能 月のアイコンをタップするとスライダーが表示されて、それを移動させることでオフ~最長まで選ぶことができ、自分で露出時間を調整することもできます。 ただし、 最大秒数の指定はできず、周囲の明るさや三脚の有無に応じて時間が変わります。 大体の場合、撮影時間には短くても1~3秒程度かかるので、なるべくiPhoneを動かさないように撮影する必要がありますが、その間ずっとシャッターを開いているわけではないので、少しぐらいであれば動いてしまっても大丈夫です。 体感ですが、5秒くらいまでなら手持ちでも問題なく撮影できるかなという感じがします。 実際にナイトモードで撮影してみた 実際にナイトモードで撮影した写真の作例を通常のモードとの比較を交えながら紹介します。 通常のモードとの比較の場合は左がナイトモード、右が通常の撮影モードです。 タップ・クリックをすると大きな画像で表示できます。 牛のフィギュア(左がナイトモード、右が通常モード) 部屋の電気を消して、PCのディスプレイだけが点いている状態で牛のフィギュアを撮影してみました。 通常モードでも存在が分かりますが、ナイトモードだとより明るく、ノイズも少なく写っているのが分かります。 新宿駅からコクーンタワー方面(左がナイトモード、右が通常モード) 建物の明かりが結構あるので通常モードでもそれなりに写っているのが分かりますが、ナイトモードだと空やビルがよりはっきりと写っていますね。 コクーンタワー(左がナイトモード、右が通常モード) 別の場所からコクーンタワーを。 ナイトモードの方が雲がハッキリ写っているのが分かりますね。 コクーンタワー(左がナイトモード、右が通常モード) これも別の場所から。 真ん中にある看板などの明る部分はそのままで、その他の暗い部分だけが持ち上がっています。 新宿の交差点(左がナイトモード、右が通常モード) これもそれなりに明るさがある場面です。 こちらも暗い部分の明るさだけが変わっているのが分かります。 とはいえ薄暗いレベルであれば通常の撮影モードでも十分撮れていると思います。 夜の学校(左がナイトモード、右が通常モード) 光源は奥の方にある街灯と、筆者が立っていたところにある街灯くらいです。 これはナイトモードが活躍する場面なのがハッキリ分かりますね。 通常の撮影モードでは黒く潰れている校舎の壁なども、ナイトモードではしっかり写っています。 公園(左がナイトモード、右が通常モード) 真ん中に強めの光源があるシーン。 これも木の葉っぱなどの黒つぶれしてしまっている箇所もナイトモードではちゃんと写せています。 別角度の公園(左がナイトモード、右が通常モード) こちらも同様。 通常の撮影モードの写真がかなりブレてしまっていて申し訳ないですが、画面右側の暗い部分がナイトモードでは金網が認識できるレベルまでになっていますね。 寝てる子ども ナイトモードはシャッター音が通常の撮影モードよりも小さいので、こういった写真も撮れます。 部屋の電気は消えていて、隣の部屋の常夜灯がついてるくらいの明るさですが、毛布の質感も残っていてスゴいと思います。 ナイトモードを上手く撮るコツと注意点 iPhone 11シリーズではもともとの暗所性能が向上しているのか、多少明かりがある環境だとナイトモードと通常モードでほとんど写真に変化がないということもありますし、薄暗い程度の店内や光のある夜景くらいだとそもそもナイトモードになりません。 また、 新しく搭載された超広角カメラではナイトモードが使えないので頭に入れておきましょう。 撮影するときも、その部分の白飛びを防ぐためにも 構図の中になるべく強めの光源を入れないほうが全体的にキレイに写るんじゃないかと思います。 いい写真というのは人によって違うと思うので、実際にいろんなシーンで撮影することが大切ですね。 iPhone XSシリーズと暗所撮影を比較 ナイトモードの使えないiPhone XS Maxと暗所撮影の比較をしてみました。 iPhone 11 Proはナイトモードでの撮影です。 左がiPhone 11 Pro、右がiPhone XS Maxの写真です。 クリック・タップをすると大きな画像で表示できます。 iPhone 11のナイトモードはよく撮れています 室内の明かりを全て消した状態 部屋の明るさを変えて牛のフィギュアを撮影しました。 1枚目と2枚目が隣の部屋の常夜灯とPCのディスプレイが点灯している状態、3枚目と4枚目が全ての明かりを消した状態です。 多少明かりがあれば、ナイトモードはノイズが少ない写真を撮れますし、真っ暗でも何があるかは判別できるくらいの写真が撮れました。 ナイトモードを使うとXS Maxで写せなかった雲まで写せている ナイトモードを使うと、XS Maxだとほぼ真っ暗な空でもiPhone 11シリーズは雲が分かるレベルまで写すことができます。 見比べると全然違いますね。 こちらの写真でもナイトモードのほうが明るく表現できてます ほんのり明かりがある場面でも、XS Maxでは光のあまり届いていないところまでは流石に写せていませんが、iPhone 11シリーズのナイトモードはかなり頑張っていますね。 多少明かりがある場合はiPhone XS Maxも健闘していますが、明かりのほとんどない場面ではiPhone 11シリーズのナイトモードが圧勝です。 そもそも撮影の仕組みが違うので仕方がないことですが、 ナイトモードはかなり暗めな環境でこそ真価を発揮してくれます。

次の

【フォートナイト】なんでもできちゃう!?クリエイティブモードおすすめの遊び方【FORTNITE】

ツイッター ナイト モード

iPhone 11シリーズのナイトモードの使い方と仕組み iPhoneのナイトモード(引用:) ナイトモードは、iPhone 11シリーズからの新機能。 シャッタースピードを遅くしたり、明るいレンズを使ったりなど光学的に写真を明るく撮っているわけではなく、 一度の撮影で複数枚の写真を撮影してから処理をしています。 画像の動きを補正、コントラストや色の調整、ノイズ除去などの処理をした後、最終的な画像が生成されます。 ナイトモードのアイコンが表示される 横持ちなら左に表示される 写真をナイトモードで撮影するかどうかはiPhoneが勝手に判断してくれます。 この状態で撮影するとナイトモードでの撮影になります。 露出時間は周囲の明るさからiPhoneが決めてくれるので、シャッターボタンを押すだけでOKです。 撮影時間は変更可能 月のアイコンをタップするとスライダーが表示されて、それを移動させることでオフ~最長まで選ぶことができ、自分で露出時間を調整することもできます。 ただし、 最大秒数の指定はできず、周囲の明るさや三脚の有無に応じて時間が変わります。 大体の場合、撮影時間には短くても1~3秒程度かかるので、なるべくiPhoneを動かさないように撮影する必要がありますが、その間ずっとシャッターを開いているわけではないので、少しぐらいであれば動いてしまっても大丈夫です。 体感ですが、5秒くらいまでなら手持ちでも問題なく撮影できるかなという感じがします。 実際にナイトモードで撮影してみた 実際にナイトモードで撮影した写真の作例を通常のモードとの比較を交えながら紹介します。 通常のモードとの比較の場合は左がナイトモード、右が通常の撮影モードです。 タップ・クリックをすると大きな画像で表示できます。 牛のフィギュア(左がナイトモード、右が通常モード) 部屋の電気を消して、PCのディスプレイだけが点いている状態で牛のフィギュアを撮影してみました。 通常モードでも存在が分かりますが、ナイトモードだとより明るく、ノイズも少なく写っているのが分かります。 新宿駅からコクーンタワー方面(左がナイトモード、右が通常モード) 建物の明かりが結構あるので通常モードでもそれなりに写っているのが分かりますが、ナイトモードだと空やビルがよりはっきりと写っていますね。 コクーンタワー(左がナイトモード、右が通常モード) 別の場所からコクーンタワーを。 ナイトモードの方が雲がハッキリ写っているのが分かりますね。 コクーンタワー(左がナイトモード、右が通常モード) これも別の場所から。 真ん中にある看板などの明る部分はそのままで、その他の暗い部分だけが持ち上がっています。 新宿の交差点(左がナイトモード、右が通常モード) これもそれなりに明るさがある場面です。 こちらも暗い部分の明るさだけが変わっているのが分かります。 とはいえ薄暗いレベルであれば通常の撮影モードでも十分撮れていると思います。 夜の学校(左がナイトモード、右が通常モード) 光源は奥の方にある街灯と、筆者が立っていたところにある街灯くらいです。 これはナイトモードが活躍する場面なのがハッキリ分かりますね。 通常の撮影モードでは黒く潰れている校舎の壁なども、ナイトモードではしっかり写っています。 公園(左がナイトモード、右が通常モード) 真ん中に強めの光源があるシーン。 これも木の葉っぱなどの黒つぶれしてしまっている箇所もナイトモードではちゃんと写せています。 別角度の公園(左がナイトモード、右が通常モード) こちらも同様。 通常の撮影モードの写真がかなりブレてしまっていて申し訳ないですが、画面右側の暗い部分がナイトモードでは金網が認識できるレベルまでになっていますね。 寝てる子ども ナイトモードはシャッター音が通常の撮影モードよりも小さいので、こういった写真も撮れます。 部屋の電気は消えていて、隣の部屋の常夜灯がついてるくらいの明るさですが、毛布の質感も残っていてスゴいと思います。 ナイトモードを上手く撮るコツと注意点 iPhone 11シリーズではもともとの暗所性能が向上しているのか、多少明かりがある環境だとナイトモードと通常モードでほとんど写真に変化がないということもありますし、薄暗い程度の店内や光のある夜景くらいだとそもそもナイトモードになりません。 また、 新しく搭載された超広角カメラではナイトモードが使えないので頭に入れておきましょう。 撮影するときも、その部分の白飛びを防ぐためにも 構図の中になるべく強めの光源を入れないほうが全体的にキレイに写るんじゃないかと思います。 いい写真というのは人によって違うと思うので、実際にいろんなシーンで撮影することが大切ですね。 iPhone XSシリーズと暗所撮影を比較 ナイトモードの使えないiPhone XS Maxと暗所撮影の比較をしてみました。 iPhone 11 Proはナイトモードでの撮影です。 左がiPhone 11 Pro、右がiPhone XS Maxの写真です。 クリック・タップをすると大きな画像で表示できます。 iPhone 11のナイトモードはよく撮れています 室内の明かりを全て消した状態 部屋の明るさを変えて牛のフィギュアを撮影しました。 1枚目と2枚目が隣の部屋の常夜灯とPCのディスプレイが点灯している状態、3枚目と4枚目が全ての明かりを消した状態です。 多少明かりがあれば、ナイトモードはノイズが少ない写真を撮れますし、真っ暗でも何があるかは判別できるくらいの写真が撮れました。 ナイトモードを使うとXS Maxで写せなかった雲まで写せている ナイトモードを使うと、XS Maxだとほぼ真っ暗な空でもiPhone 11シリーズは雲が分かるレベルまで写すことができます。 見比べると全然違いますね。 こちらの写真でもナイトモードのほうが明るく表現できてます ほんのり明かりがある場面でも、XS Maxでは光のあまり届いていないところまでは流石に写せていませんが、iPhone 11シリーズのナイトモードはかなり頑張っていますね。 多少明かりがある場合はiPhone XS Maxも健闘していますが、明かりのほとんどない場面ではiPhone 11シリーズのナイトモードが圧勝です。 そもそも撮影の仕組みが違うので仕方がないことですが、 ナイトモードはかなり暗めな環境でこそ真価を発揮してくれます。

次の