絆創膏 で アイプチ。 二重になる方法

平行二重の作り方!アイテープ&絆創膏&アイプチでのやり方

絆創膏 で アイプチ

絆創膏を使った二重の作り方やコツの1つ目は「用意するもの」です。 まずは、絆創膏で二重を作るときに必要な道具を用意しましょう。 二重用プッシャーというのは、先がY字になった二重に溝を作るときに必要なアイテムのことです。 ドラッグストアや100均などで購入できます。 二重用プッシャーがない場合は、ヘアピンやネイル用の甘皮プッシャーなど、まぶたを押さえることのできる細い物があれば代用できます。 以下の一覧を参考にして、二重まぶたを作るのに必要な道具をスタンバイしてください。 絆創膏を使った二重に必要な材料• 絆創膏• 二重用プッシャー• 眉用ハサミ• ピンセット• 絆創膏で二重まぶたにする方法は、まぶたの上に絆創膏を貼ってまぶたをかぶせます。 まずは、絆創膏をまぶたの上に貼るサイズ、形にカットしましょう。 細かいカットが出来る眉用のハサミがおすすめです。 まぶたの形に合わせてカーブを付けてカットします。 コツは眉用のはさみのカーブを上手く使うことです。 また、絆創膏の幅は2~3㎜くらいがベストです。 絆創膏の幅が細いほどキレイに隠れるので自然な仕上がりになります。 また、何度か絆創膏で二重まぶたを作り、まぶたに二重のクセが付き始めたら半分のサイズでOKです。 しかし、まぶたの厚みなどは人によって違いますので、いろいろなサイズにカットしてみて、あなたに合った形を見つけてください。 絆創膏の粘着部分の紙をはがす前に、何度かまぶたにあててみて、サイズを調整していきましょう。 キレイで自然な仕上がりの二重まぶたを作るために、重要なポイントになります。 二重の幅が狭いと、奥二重のようになり可愛く仕上がりません。 また、広すぎても重たい印象になってしまいます。 二重の溝を作るには、Y字型になった二重用プッシャーがおすすめですが、ヘアピンやピンセットなどまぶたを軽く抑えられるものであればOKです。 しかし、長い爪などで溝を付けることはなるべく避けましょう。 まぶたに傷をつけてしまったり衛生面が心配です。 目を開けたときにナチュラルな印象になる位置に、二重の溝を付けましょう。 溝の場所が決まったら、位置が分からなくならないように、少しまぶたに力を入れて溝の位置に少し跡をつけておきます。 その絆創膏まぶたをかぶせて乗せるように目を開けましょう。 キレイにまぶたが乗らない場合は、二重用のプッシャーで溝を押してあげましょう。 なんどか瞬きをしてみてください。 その時自然にまぶたが絆創膏の上にのれば、絆創膏で作る二重まぶたの完成です。 この時、まぶたが引っ掛かる感覚があったり、瞬きで自然な二重にならない場合は、絆創膏を貼りなおしましょう。 また、まぶたの具合で最初はうまくいかない方もいます。 まぶたの具合でうまくいかない場合は、何度かやっているうちにまぶたにクセがついてきて、自然に二重ができるようになりますので、根気よくクセつけにチャレンジしてください。 絆創膏で作る二重の詳しいやり方は、以下の動画を参考にしてください。 二重まぶたを作るのにおすすめの絆創膏の3つ目は「肌の色に合った絆創膏」です。 肌色タイプの絆創膏でも、種類によって色身が微妙に違います。 あなたの肌色に合った絆創膏をチョイスして、絆創膏で二重まぶたを作っていることがなるべくバレないようにしましょう。 色身が違うと、絆創膏が目立って不自然です。 絆創膏の上からアイメイクをする場合であっても、肌色があっていないとアイシャドウではうまく隠せませんし、逆に目立ってしまう場合もあります。 セロハンテープで二重にする方法は、絆創膏と同じになります。 しかし、結論から言いますと、セロハンテープで二重を作ることはあまりおすすめしません。 セロハンテープは絆創膏に比べて固くて貼りにくいですし、肌への粘着力も期待できません。 また、セロハンテープは絆創膏の様に肌に貼るように作られていないので、ただれやかぶれなどの心配があります。 また、セロハンテープの表面にはメイクもキレイに乗りません。 セロハンテープでも二重のクセをまぶたに付けることはできますが、出来るだけ避け絆創膏を使用するとようにしましょう。 絆創膏で可愛い二重まぶたを作ろう! いかがでしたでしょうか?絆創膏でキレイな二重まぶたの作り方が分かりました。 おすすめの絆創膏や注意点、絆創膏以外の二重まぶたアイテム、メイクのやり方なども参考にしてください。 絆創膏で二重まぶたにする方法で可愛い二重を作ることで、あなたの笑顔がもっと素敵になりますように!•

次の

絆創膏でくっきり二重を作る方法♡ たったの2ステップで超簡単!

絆創膏 で アイプチ

メザイクとは、アイテープの進化版です。 ファイバー式のアイプチで、アイテープとは異なり、まぶたに食い込ませて二重の線を作ります。 食い込んだところにまぶたの皮膚が自然に付くため、 まぶたを貼り付けなくても二重を作ることができる画期的なアイテムです。 使用にはコツが必要で、初めて使用する方は、馴れるまで上手に扱うことができない場合もあります。 【メザイクの特徴】 バレにくい メザイクの特徴は、とても自然な仕上がりで、 周囲の人にバレにくいと言われています。 メザイクは付ける面積が少ない為、アイシャドウを重ねることでさらに目立たなくなります。 二重の線を決めやすい メザイクは、二重の線を決めやすい為、少しコツをつかめば とても簡単に二重まぶたにすることができます。 使用に手馴れるまでは、何度か失敗することもありますが、毎日使用することでとても簡単に二重まぶたを作れるようになります。 取れやすい メザイクは、アイプチのようにまぶたを貼りつける面積がない分、 剥がれやすく取れやすいことが弱点です。 ま ぶたの油分で取れてしまうこともあり、まずは油分を取ってから使用するようにしましょう。 まぶたが分厚い方は二重にならない メザイクは、もともとまぶたが分厚めな方には使用しても二重まぶたにならないことが多く、そのような方は、別の方法にトライする他ありません。 ひとまず、二重まぶたにできるかできないかは、一度試してみる他なく、その際は、 まぶたの油分はしっかり取っておくことが大切です。 また、まぶたが分厚い方は、メザイクだけではうまく二重まぶたにすることは難しい為、アイプチなどを併用するのもひとつの方法です。 【メザイクの使用方法】 1 .二重ラインを決める ブッシャーを二重まぶたにしたいラインに沿って押しこみます。 2 .まぶたの油分を取る メザイクを貼る前に、まぶたの油分を綺麗に取っておきます。 こうすることで、 メザイクの持ち時間が伸び、仕上がりがとてもキレイになります。 コットンに水をつけて、優しく拭き取り、乾かすと綺麗な二重ラインが出来上がっています。 3 .メザイクを二重ラインに乗せる メザイクをまぶたの二重ラインの上に乗せ、引っ張ります。 引っ張りながらメザイクを馴染ませ、瞬きすると良いでしょう。 4 .アイプチで補強する メザイクで作った線が綺麗にできたら、目頭と目尻にアイプチを薄く塗り、固定させます。 こうすると、端から二重ラインが取れてしまうことを防ぐ効果があります。 付けすぎることでまぶたがくっついてしまう為、注意してください。 5 .メザイクの端をカットする 最後に、はみ出したメザイクをカットし、瞬きをして二重まぶたになっているかを確認しましょう。 6 .メイクで馴染ませる メザイクで二重まぶたのラインができたら、アイシャドウをのせ、馴染ませてください。 アイシャドウは、パウダータイプを使用することで持ちがよくなります。 【絆創膏】 アイテープやアイプチなどを使用しなくても、絆創膏を上手くカットし、まぶたに貼りつけることで、何とも自然で上手に二重まぶたを作ることができます。 しかも、今や、絆創膏は、肌色タイプのものや透明タイプのものも市販されていて、特に 100円ショップでも販売されていることから、手軽すぎるアイテムとして大人気となっています。 【絆創膏の特徴】 肌色タイプや透明タイプもあり、自分で自由にカラー選択できる 今や、絆創膏も、肌色タイプのものから透明タイプのもの、またキャラクターのものなど、実にたくさんの種類が市販されています。 その中でも、肌色タイプだと、 日本人の肌にも馴染みやすいことから、使用されている方も多いです。 中には透明タイプも市販されていて目立ちにくいことから、そのタイプもよく売れているようですね。 自由に大きさや長さを調整しカットして使うことができる 絆創膏は、1枚当たりの費用もとても安く、自由に大きさや長さを調整してカットし、使用することができます。 もしも失敗してもまた新しいものを使用しても コスト的に安いので失敗もよしとしましょう(笑) 100円ショップでも手軽に購入することができて便利 絆創膏は、今や100円ショップで手軽に購入することができる為、外出先でもしもの場合でも、100円ショップが近くにあれば、すぐに購入することができます。 とても便利ですね。 【絆創膏の使用方法】 1 .まぶたの油分を取っておく 絆創膏の粘着力を最大限に生かす為に、使用前には 必ずまぶたの油分を綺麗に取っておきましょう。 水を含ませたコットンで軽くまぶたを撫でるように拭き取ってください。 2 .棒で二重にしたい幅を決めておく アイプチなどに付いてくる棒で二重をかたどっておきます。 自分に合う二重幅を見つけ、その幅を覚えておきましょう。 3 .絆創膏を貼る 絆創膏を貼る時は、目頭から貼り、そのまま絆創膏を抑えながら二重幅に沿って伸ばします。 目頭に貼りや引きつるような感覚があれば、少し微調整しながらラインに沿って貼っていきましょう。 4 .のりで固定する 絆創膏を貼ったら、はみ出した要らない部分はカットします。 目尻部分をのりで固定し、絆創膏が剥がれないよう固定しましょう。 目頭はのりを付けると上まぶたと下まぶたがくっついてしまう為、控えた方が無難かもしれません。 のりが乾いたら二重まぶたの完成です。 最初は絆創膏で二重まぶたを作るには難しいと感じる方も多いようですが、コツを掴んで毎日実践することで、 5分~10分ほどで仕上げることができるようになります。 ぜひ挑戦してみてください。 まとめ.

次の

【アイプチ】基本のやり方&コツを紹介!自然な仕上がりにするには?

絆創膏 で アイプチ

メザイクとは、アイテープの進化版です。 ファイバー式のアイプチで、アイテープとは異なり、まぶたに食い込ませて二重の線を作ります。 食い込んだところにまぶたの皮膚が自然に付くため、 まぶたを貼り付けなくても二重を作ることができる画期的なアイテムです。 使用にはコツが必要で、初めて使用する方は、馴れるまで上手に扱うことができない場合もあります。 【メザイクの特徴】 バレにくい メザイクの特徴は、とても自然な仕上がりで、 周囲の人にバレにくいと言われています。 メザイクは付ける面積が少ない為、アイシャドウを重ねることでさらに目立たなくなります。 二重の線を決めやすい メザイクは、二重の線を決めやすい為、少しコツをつかめば とても簡単に二重まぶたにすることができます。 使用に手馴れるまでは、何度か失敗することもありますが、毎日使用することでとても簡単に二重まぶたを作れるようになります。 取れやすい メザイクは、アイプチのようにまぶたを貼りつける面積がない分、 剥がれやすく取れやすいことが弱点です。 ま ぶたの油分で取れてしまうこともあり、まずは油分を取ってから使用するようにしましょう。 まぶたが分厚い方は二重にならない メザイクは、もともとまぶたが分厚めな方には使用しても二重まぶたにならないことが多く、そのような方は、別の方法にトライする他ありません。 ひとまず、二重まぶたにできるかできないかは、一度試してみる他なく、その際は、 まぶたの油分はしっかり取っておくことが大切です。 また、まぶたが分厚い方は、メザイクだけではうまく二重まぶたにすることは難しい為、アイプチなどを併用するのもひとつの方法です。 【メザイクの使用方法】 1 .二重ラインを決める ブッシャーを二重まぶたにしたいラインに沿って押しこみます。 2 .まぶたの油分を取る メザイクを貼る前に、まぶたの油分を綺麗に取っておきます。 こうすることで、 メザイクの持ち時間が伸び、仕上がりがとてもキレイになります。 コットンに水をつけて、優しく拭き取り、乾かすと綺麗な二重ラインが出来上がっています。 3 .メザイクを二重ラインに乗せる メザイクをまぶたの二重ラインの上に乗せ、引っ張ります。 引っ張りながらメザイクを馴染ませ、瞬きすると良いでしょう。 4 .アイプチで補強する メザイクで作った線が綺麗にできたら、目頭と目尻にアイプチを薄く塗り、固定させます。 こうすると、端から二重ラインが取れてしまうことを防ぐ効果があります。 付けすぎることでまぶたがくっついてしまう為、注意してください。 5 .メザイクの端をカットする 最後に、はみ出したメザイクをカットし、瞬きをして二重まぶたになっているかを確認しましょう。 6 .メイクで馴染ませる メザイクで二重まぶたのラインができたら、アイシャドウをのせ、馴染ませてください。 アイシャドウは、パウダータイプを使用することで持ちがよくなります。 【絆創膏】 アイテープやアイプチなどを使用しなくても、絆創膏を上手くカットし、まぶたに貼りつけることで、何とも自然で上手に二重まぶたを作ることができます。 しかも、今や、絆創膏は、肌色タイプのものや透明タイプのものも市販されていて、特に 100円ショップでも販売されていることから、手軽すぎるアイテムとして大人気となっています。 【絆創膏の特徴】 肌色タイプや透明タイプもあり、自分で自由にカラー選択できる 今や、絆創膏も、肌色タイプのものから透明タイプのもの、またキャラクターのものなど、実にたくさんの種類が市販されています。 その中でも、肌色タイプだと、 日本人の肌にも馴染みやすいことから、使用されている方も多いです。 中には透明タイプも市販されていて目立ちにくいことから、そのタイプもよく売れているようですね。 自由に大きさや長さを調整しカットして使うことができる 絆創膏は、1枚当たりの費用もとても安く、自由に大きさや長さを調整してカットし、使用することができます。 もしも失敗してもまた新しいものを使用しても コスト的に安いので失敗もよしとしましょう(笑) 100円ショップでも手軽に購入することができて便利 絆創膏は、今や100円ショップで手軽に購入することができる為、外出先でもしもの場合でも、100円ショップが近くにあれば、すぐに購入することができます。 とても便利ですね。 【絆創膏の使用方法】 1 .まぶたの油分を取っておく 絆創膏の粘着力を最大限に生かす為に、使用前には 必ずまぶたの油分を綺麗に取っておきましょう。 水を含ませたコットンで軽くまぶたを撫でるように拭き取ってください。 2 .棒で二重にしたい幅を決めておく アイプチなどに付いてくる棒で二重をかたどっておきます。 自分に合う二重幅を見つけ、その幅を覚えておきましょう。 3 .絆創膏を貼る 絆創膏を貼る時は、目頭から貼り、そのまま絆創膏を抑えながら二重幅に沿って伸ばします。 目頭に貼りや引きつるような感覚があれば、少し微調整しながらラインに沿って貼っていきましょう。 4 .のりで固定する 絆創膏を貼ったら、はみ出した要らない部分はカットします。 目尻部分をのりで固定し、絆創膏が剥がれないよう固定しましょう。 目頭はのりを付けると上まぶたと下まぶたがくっついてしまう為、控えた方が無難かもしれません。 のりが乾いたら二重まぶたの完成です。 最初は絆創膏で二重まぶたを作るには難しいと感じる方も多いようですが、コツを掴んで毎日実践することで、 5分~10分ほどで仕上げることができるようになります。 ぜひ挑戦してみてください。 まとめ.

次の