さつまいも の 収穫 時期。 さつまいもの収穫の時期の目安はいつ?収穫方法や保存方法・期間も

さつまいもの栽培方法・育て方【肥料控えめ土作りで失敗なし収穫!】

さつまいも の 収穫 時期

収穫時期は8月下旬から12月上旬(品種により差があります) 秋の味覚のさつまいも。 品種による差はありますが収穫時期はだいたい 9月〜11月が中心になります!品種によっての収穫時期の目安に差がでてきますので、それぞれの品種について詳しくみていきましょう! 1-1. ねっとり系の安納芋の収穫は9月下旬から12月上旬! ここ数年、人気が高まっている 安納芋は鹿児島県種子島の特産物。 ねっとり系のさつまいもとして有名な安納芋の1番の特徴は糖度が高いこと。 また、安納紅は表皮が赤いのですが、安納こがねと呼ばれる表皮が白い品種もあります。 安納芋は4月下旬から7月上旬までに植え付けを行い、収穫時期は9月下旬から12月上旬になります。 一般的な時期より少し幅がありますが、タイミングとしては葉の一部が枯れてきて黄色みを帯びてきたら収穫の準備をしてください。 1-2. ほくほくな紅芋の収穫時期は10月から11月ごろ 沖縄でおいもといえば、紅芋を指します。 全国的にも有名になった「紅いものタルト」など、スイーツの材料に使われることが多くなり、知名度も広がってきました。 植え付けは5月から6月頃。 収穫時期はその5ヶ月後の10月から11月です。 植え付けから4ヶ月目で収穫すると、紅芋特有の紫色があまり出ないので、本当に良い紅芋を収穫するのなら色も味も良くなる6ヶ月目頃が最適でしょう。 ただし害虫の心配があるので、収穫時期の見極めには経験が必要です。 1-3. 紅はるかの収穫時期は10月から11月初旬 紅はるかは茨城県や千葉県、鹿児島県など広い地域で栽培されています。 蒸しいもにすると糖度が高い非常に美味しいおいもです。 糖質の中でも麦芽糖の比率が高く、強い甘みのわりには後口がすっきりとします。 外観や甘さがほかの品種よりも「はるかに優れている」ことが名前の由来だそうです。 九州など温かい地方では10月頃から収穫しますが、本州では11月初旬ごろです。 1-4. シルクスイートの収穫時期は9月下旬から10月! 2012年の発売以来人気上昇中のシルクスイートは、茨城県産や福島県産が多く見られますが、最近は熊本県や鹿児島県でもつくられており、生産地は日本各地に広がっているようです。 しっとりとした粘質で甘みが強いことが特徴。 鮮やかな濃赤紫色の皮で形状は紡錘形、なめらかな肌の外観に優れている品種です。 収穫時期は、地域にもよりますがおおよそ9月下旬頃から10月となっています。 1-5. 鳴門金時の収穫時期は8月下旬から11月頃 徳島県の特産である鳴門金時は上品な甘さと粉質の肉質が特徴の品種で、焼き芋をはじめ、天ぷらや大学芋など、揚げることで鳴門金時特有のほくほくとした食感を楽しめます。 収穫時期は8月下旬から11月頃、収穫の最盛期は9月から10月です。 収穫後1ヶ月から3ヶ月寝かせて糖度がより上がった頃がおいしくなります。 収穫時期を見極める方法 さつまいもの品種ごとの収穫時期についてカンタンにご紹介しましたが、やはり植えた時期や気候によって、細かい収穫の時期は見極めが必要になります!この章の2つのポイントを覚えておきましょう。 2-1. 収穫の基本となる時期は、植え付けから約5ヶ月後 収穫時期は、基本的に植え付けから約5ヶ月後、4月から5月にかけて植え付けしたさつまいもの収穫時期は、その5か月後の9月から10月になります。 品種によっては、早生品種といって5月中頃に植えて8月のお盆頃から収穫できるものもあります。 また、収穫時期は、品種や植え付けした時期だけではなく、気温や標高によっても差がありますが、 霜が降り始める前の11月初めまでには収穫を済ませるようにしましょう。 2-2. 葉の見た目が変わってきたら収穫のサイン! 収穫時期は栽培日数で見るほかに、葉の様子を観察することでも見極められ、 青々とした葉の色が薄くなり、赤や黄色に変わってきて、しんなりと枯れた状態になったら、収穫時期が近付いているサインです。 葉が枯れるのは、栄養が実にしっかりと行き渡っているからなので、さつまいもが順調に育っている証拠。 このようにさつまいもを掘らなくても、葉の状態を見ると生育具合がわかります。 3 さつまいもの収穫方法 3-1. 収穫目安の1ヶ月ほど前に一度、試し掘りをする 収穫のタイミングを計るために、必ず試し掘りをします。 収穫できる大きさになっているか、一ツルだけ確かめる作業です。 掘り出したさつまいもが十分成長していれば収穫します。 収穫に適した大きさは、20~25cm程ですが、品種によって異なります。 さつまいもがまだ小さければ、土を元の通りに被せ、栽培日数をあと2週間延ばすと、程よい大きさのさつまいもが収穫できます。 試し掘りであらかじめ大きさを確認することで、予定していた収穫日を早くしたり、または遅くしたりと調整します。 試し掘りは収穫予定時期の1か月前に行うとよいでしょう。 3-2. 掘り起こす前に蔓(ツル)を切る さつまいもを掘り起こす際は、まず鎌などを使い蔓を切ります。 蔓を切っておいた方が掘り出す作業が楽になるため、蔓の根元を引っ張り上げ、 地上4~5cm残して切り取ります。 3-3. 掘り起こすときは周りから少しずつ! 掘り方のコツとしては、掘り出しやすいように、スコップでさつまいもの周りの土を柔らかくして、周りから少しずつ土を掘り起こしていくことがコツ。 スコップをいきなり土に深く突き刺してしまうと、さつまいもを傷つけてしまいます。 さつまいもを傷つけると、傷みやすくなるので慎重に掘り出しましょう。 4 さつまいもの収穫で気をつける点 4-1. 雨の後は収穫しない さつまいもは表面が濡れると劣化が早くなり腐ってしまうので、 収穫に適した日は、晴天が2、3日続いた晴れた日を選びましょう。 土が程よく乾燥した日が最適です。 雨の日はもちろんのこと、雨の後は足場も悪く、作業効率も低下します。 4-2. 株ごと引き抜く 1本ずつさつまいもを掘り起こすのは厄介というものです。 ここは株ごと引き抜きましょう。 伸ばした蔓から根が大きく成長する塊根をつけているさつまいもは、蔓が繋がっているので、1つの株から複数個のさつまいもが次から次へと出てきます! 一度に掘り出せず土中に残ったさつまいもを発見して、掘り出すのも楽しみです。 さつまいもの保存方法 5-1. 天日干しをする 収穫したら、まず乾燥させることがポイント。 さつまいもを一つ一つ切り離し、泥つきのまま2〜3日ほど天日干しをして、さつまいもが乾いたら、ついている土を払い落としてください。 さらに 1週間日陰干しをすると、余分な水分の吸収を防げるので、より日持ちします。 5-2. 一つ一つ包みダンボールで保存 さつまいもを保存するときは、新聞紙で一つずつ包んで、ダンボールに入れて保存します。 ダンボールのふたは閉めて、上部に通気穴を開け、通気性を確保するとよいでしょう。 家の中では温度変化が少ない廊下や床下収納庫などの冷暗所が適しています。 農家では畑に穴を掘りもみ殻を入れてさつまいもを保存する方もいるようですが、家庭ではこのような方法で保存します。 5-3. 水洗いは禁止 収穫後に気を付けたいことは、さつまいもが水分を含むと腐る原因になるので 泥で汚れているさつまいもを水洗いしないこと。 そのため、天日干しの際にも土をつけたままで、干した後に土を払います。 より詳しいさつまいもの保存方法はこちら まとめ さつまいも収穫する時期や見極め方、収穫のコツ、保存方法は参考になりましたでしょうか? さつまいもの収穫のポイントは、 ・試し掘りをする ・晴れた日に行う ・まず蔓を切る ・さつまいもの周りから掘っていく ・収穫したさつま芋を水洗いしない 以上がポイントでしたね。 春に植えたさつまいもの苗を大切に育てて、秋の収穫時期に入ったら、保存方法にも気をつけて甘みのあるさつまいもを堪能しましょう。 また なめがたファーマーズヴィレッジは、毎年秋に開催される、さつまいもの収穫のプロと さつまいもの収穫体験が出来るイベントなど気になるイベントが盛りだくさん! 体験型農業テーマパークなので、家族連れの方はもちろん、お友達同士やカップルでも楽しめる施設がたくさんあります。 さらに、施設内で購入できる「 おいもスイーツ」は、からでも購入できます。

次の

農家が教えるサツマイモの栽培方法 大きいイモがゴロゴロとれる育て方とは?

さつまいも の 収穫 時期

サツマイモを育ててサツマイモ堀りを楽しむ野菜 土質を選ばず、あまり手がかからずに栽培できるのも魅力のサツマイモ。 つるが伸び広がるので、2~3坪の菜園では土地がもったいない気がしますが、イモ掘りの楽しさのためにも少しの面積でもよいのでつくってみたいものです。 サツマイモの育て方1:栽培のコツ 東北中部が栽培の北限 サツマイモは強い日差しと高温を好み、20~35度ぐらいのときによく育ちます。 寒さには弱いので、栽培適地は福島県以南で、海抜700m以下の地域とされています。 土質は選びませんので、ほとんどの土地でつくれますが、水はけが悪いと「つるぼけ」といって茎や葉はよく茂ってもイモが太らなくなります。 水はけが悪い場合は、一段高い畝をつくって植えることなどでも対処します。 窒素肥料が多い場合なども「つるぼけ」になることがあるので注意しましょう。 サツマイモの育てやすい品種 育てやすくおすすめの品種は紅あずま、アヤコマチ、ベニはるか、パープルスイートロードなどです。 植えつけ時期の5月になると種苗店や園芸店に苗が出回りますので、お好みのものを選んで植えましょう。 苗は根がない挿し穂の状態のものが何本か束になって売られています。 茎が太く、長さが25cmくらいで葉が5~6枚ついているのがよい苗です。 サツマイモの苗はいったんバケツなどの水につけて水揚げをし、ピンとさせてから植えつけましょう。 畝に切りワラを混ぜておく 他の野菜を栽培したあとの畑では、植え付けの前に切りワラかもみ殻を入れて、土とよく混ぜ、幅80cm、高さ30cmの畝を作ります。 サツマイモは肥料分が多い土ではイモができません。 そのため植えつけるときに畝の土に切りワラを混ぜ合わせておきます。 そうすることで、切りワラが土中の余分な栄養分を吸い取り、土の栄養分が過剰にならないようにクッションがわりになってくれます。 この養分を吸ったワラは、イモが生育して養分が必要になったとき、自らの中にある栄養分を供給する作用もあります。 つるぼけは、窒素肥料をやりすぎても起こるので、元肥は施さず、堆肥や乾燥した雑草、落ち葉などを畝の下方に埋めておく程度にします。 サツマイモの育て方2:サツマイモを植え付けます 植え付けは暖かくなってから 畝の頂上部分に、30cmおきに苗を植えていきます。 苗を畝にやや斜めに差し、茎が土中に3節ほど埋まるよう両手でしっかり押し込みます。 この茎から出る根に、やがてイモができます。 地上の節からつるが2~3本伸びたころ、葉色が薄いようなら除草をして株間や畝間にぼかし肥料を1mにひとにぎりくらいずつ追肥しますが、ほとんどの場合は必要ありません。 畑にたっぷり水をまき、苗に水分を吸収させます。 植えつけ後晴天が続くと、数日間は水やりに注意しましょう。 苗が根付いてきたらピンと立ちあがってきます。 芽がでて葉が展開してきたら土寄せを行います。 根が土の外にでるとイモになりません。 サツマイモのつる返し 家庭菜園ではとなりの畝につるが越境しますが、越境したら伸びたつるを切り返し、畝内に戻します。 伸びたつるから根がでてしまうとイモが太らなくなりますので、ときどき様子を見ながらつる返しを行いましょう。 サツマイモの育て方3:楽しいサツマイモの収穫 サツマイモの収穫時期 9月中旬から11月にかけてが収穫の適期です。 1株掘って、イモのできを見てから掘りだす日を決め、つるを全て刈り取ったのちにイモを掘ります。 株から少し離れたところにクワやスコップを深く差しこんで土を持ち上げ、イモを傷つけないように掘りだします。 サツマイモは寒さに弱く霜が当たるととろけて傷んでしまうので、霜が降りる前に堀りだすことが大切です。 サツマイモの育て方4:サツマイモの病害虫 病害虫を避けるポイントは連作 あまり深刻な被害をもたらす病気や害虫はありません。 ハスモンヨトウの被害を受けた葉は白くすすけたように見えます。 葉裏に集団で寄生する若齢の幼虫を見つけて早めに補殺することです。 掘り上げたイモの表面に小さな穴があけられ、内部まで深く貫通している被害はハリガネムシ類によるものです。 目立つようなら連作をさけ、ムギ類、トウモロコシ、ジャガイモ、レタス、ニンジンなどのあとには栽培しないように気をつけましょう。 収穫後のサツマイモの保存方法 保存するサツマイモを水で洗ってはいけません。 晴天が続いた日に収穫します。 収穫後、 傷のないものを選別します。 泥つきのまま日陰で3~5日乾かします。 乾いた泥を手ではらい落とし、ひとつずつ新聞紙でくるみます。 サツマイモの育て方のまとめ サツマイモ栽培は少しのポイントさえ注意すれば、 手がかからずとても育てやすい野菜です。 常温で長期保存も可能ですので、ぜひサツマイモの栽培からイモ掘りまで楽しんでみましょう。

次の

さつまいもに傷をつけない収穫の仕方は?甘さを増す方法や保存法

さつまいも の 収穫 時期

サツマイモ畑の様子。 苗(ツル)は、大きなホームセンターなどで購入することができます。 手に入らない場合は、種イモから自分で苗を作ることも可能です。 小さめのコンテナに種イモを1つ植え付けると、ツルが何本も伸びてきますので、ある程度の長さになったら、先端から5~6節あたりの長さで切り取って苗とします。 植え付けの際には、元肥などの肥料は必要ありません。 肥料が効きすぎると葉ばかりが繁ってしまい、イモが育たなくなってしまうからです。 前に何か作物を育てていた後に植え付ける場合は、そのときの肥料が残っている場合もありますので、注意しましょう。 土をよく耕し、風通しの良い高畝を作っておけばOKです。 サツマイモ栽培1【植え付け】 サツマイモは、1株でも広範囲に広がる作物です。 地植えの場合:畝の高さは30cm程度、株間は30~40cm、畝と畝の間は70cm~1mほどとります。 鉢植えの場合:深めのプランターを準備。 長方形のプランターなら1~2株、直径30cm程度の円形プランターなら1株が適量です。 植え付けは、ツルの茎の部分を土にさすだけでOK。 植え付け直後と、2~3日後の2回、水をたっぷり撒くと、活着率が高まります。 サツマイモ栽培2【手入れ】(基本放任でOK) しっかりと根付けば、植えつけてから数日後にはツルが伸び始めます。 根が活着しさえすれば、水やりは必要なく、放任でOKです。 こうなると、葉の生育は旺盛になるのですが、葉が過剰に茂りすぎて、肝心のイモに養分が行かなくなってしまうという弊害もあります。 そこで、伸びたツルの先端に生えはじめた根を見つけたら、随時、引っこ抜くようにしましょう。 これを「ツル返し」といいます。 サツマイモ栽培3【収穫時期】 収穫時期のサツマイモの様子。 実際には、試掘りをして、大きさを確かめてみましょう ツルの茎が紫色になってきたら、収穫時期です。 試し掘りをしてみて時期を見極めるか、少しずつ収穫しながら生育を楽しんで、10月後半になったら、一気に掘り上げるという方法もあります。 掘り上げる際には、イモに傷がつかないよう、手で掘るようにします。 プランターで育てている場合は、シートなどの上にひっくり返して、余分な根や土を取り分けます。 サツマイモ栽培4【貯蔵方法】 サツマイモは、収穫したてよりも1カ月ほど寝かせたほうが、甘味が増しておいしくなります。 また、傷や水がついていると傷みやすいです。 傷がついているものは、早めに食べるようにしましょう。 それ以外のものも水洗いはせず、土を落とした状態で風通しの良い場所に置き、1日ほど乾かします。 乾いたイモは、1つ1つ新聞紙で包みます。 そして通気口をあけた段ボールか発泡スチロールの箱に入れ、冷暗所に置いておくと、長期保存が可能です。 サツマイモ栽培5【病害虫とその予防法】 ほとんど手のかからないサツマイモですが、病害虫の被害に遭うこともあります。 代表的なものを以下にまとめてみました。 また、茎やイモに黒い斑点が出る場合もあります。 <予防法> 立枯病の病原菌は、「糸状菌」といってカビの一種です。 被害部をみつけたらなるべく早く切除し、枯れ落ちた葉や蕾も拾い集めて処分することで、それ以上菌が広がることをおさえられます。 また、ネギ科植物の根に共生する拮抗菌が「立枯病」の病原菌を抑える効果があるので、コンパニオンプランツとして、近くにニンニクやネギを植えるのもおすすめです。 <予防法> 植え付け前に、畑の土を天地返しし、これらの虫がいないことを確認します。 発見した場合は、その場で駆除します。 また、これらの害虫は、水はけの悪い土に発生しやすい傾向にあるので、植え付け前に土の水はけを良くしておきます。 さらに、マリーゴールドにはセンチュウを抑制する効果があるので、コンパニオンプランツとして近くに植えておくのもおすすめです。 人気のサツマイモ、安納芋を栽培することも可能! ねっとりとした独特な触感と甘味が特徴の安納芋 「安納芋」というサツマイモの品種、聞いたことがありますか? 糖度が高く、焼き芋にすると、ねっとりとした独特の触感があり、スイーツにも加工されるなど、とても人気があります。 これは種子島を代表するサツマイモの品種で、「幻の品種」と言われたりすることも。 この安納芋、個人で栽培することは可能なのでしょうか? 答えは、イエス。 「安納芋」は、平成25年までは登録品種苗として、種子島でのみ栽培が認められていて、他の地域で栽培することはできませんでした。 ですから、以前は手に入りづらかったのですね。 しかし現在では、大きなホームセンターや通販で、わりと手軽に苗を手に入れることができるようになりました。 ただし、「安納芋は種子島産が一番おいしい」という意見もあります。 その理由は、種子島の特有のミネラル豊富な土壌にあるようです。 自宅で育てた安納芋と、種子島産の安納芋を食べ比べてみるのも面白いかもしれません。 国内で生産されているサツマイモには、40あまりの品種があります。 代表的な「鳴門金時」や「紅あずま」の他に、カロチンが豊富な「ハマコマチ」や「隼人芋」、スイーツなどにも使われる、紫いも系の「アケムラサキ」や「パープルスウィートロード」など、通常の野菜売り場では見かけない品種の苗も、最近はネット通販などで少量から手に入れることが可能になってきました。 水やりも必要なく、ほとんど手間いらずのサツマイモ。 屋上菜園や自宅から離れた市民農園などでの栽培にも向いていますね。 作りやすく収穫量も多いため、初心者にもおすすめです。 【関連情報】•

次の