すごい よ マサル さん アニメ。 「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」の4つのトリビア!~第二部が最終回の1話だった?~

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさんの名言・名セリフまとめ (3/6)

すごい よ マサル さん アニメ

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!! マサルさんストーリー 謎の格闘技「セクシーコマンドー」の使い手である主人公・花中島マサルを中心に展開されるシュールなギャグ漫画。 フーミン、マチャ彦、キャシャリン、モエモエ、アフロ君、校長、謎の生物メソなど奇妙で癖のあるメンバーが登場する。 本伝がないのにいきなり「セクシーコマンドー外伝」というタイトルで、独特の視点からの支離滅裂なギャグにファンも多い。 この作品がギャグ漫画業界に与えた影響は大きく[1] 、以前からナンセンス漫画というジャンルはあったものの、この作品以降にシュールな要素を持つギャグ漫画が多く生まれた。 ジャンプ編集部によれば、一時期ジャンプの新人賞に応募されたギャグマンガには、明らかにこの作品の手法をデッドコピーしたものが急増したという。 (wikipedia「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!! マサルさん」より) コマンドー1 マサルとヒゲ コマンドー2 マサルと赤白帽 コマンドー3 マサルと男の証 コマンドー4 マサルと誓約書 コマンドー5 マサルと美女 コマンドー6 マサルと覆面男 パート1 コマンドー7 マサルと覆面男 パート2 コマンドー8 マサルとトレンディ・ボーイズ コマンドー9 マサルとウルトラプライスセール コマンドー10 マサルとイソベとあやしい奴ら コマンドー11 マサルと肉いアンチクショウ コマンドー12 マサルとスーザンとあと謎の発明集団 コマンドー13 マサルとボス コマンドー14 マサルとヒゲ魂 コマンドー15 マサルとガッツ合戦 コマンドー16 マサルとナイスメガネ教師 コマンドー17 マサルとあのお方たち コマンドー18 マサルと真ヒーロー コマンドー19 マサルとお花見大作戦 前編 コマンドー20 マサルとお花見大作戦 後編 コマンドー52 スーザン先生(原作での「コマンドー21」は一部のみアニメ化) コマンドー22 マサルと留年決定記念 地獄の電車でおでかけめそ… コマンドー23 マサルと留年地獄決定 おでかけ記念の電車めそ…? コマンドー24 マサルとドッキリハウスメソ コマンドー25 マサルとライク・ア・ローリング・ジャージ コマンドー26 マサルと細い秘密兵器 コマンドー27 マサルとK. Dズ コマンドー28 マサルとスラッガー軍団 コマンドー29 マサルと必殺合戦 コマンドー30 マサルとドキッ!! 男だらけの野球大会 コマンドー31 マサルとあぶないめそ コマンドー32 マサルと没個性新人 コマンドー33 マサルと放課後個人授業 コマンドー34 マサルとなるほど・ザ・セクシー夏の祭典スペシャル コマンドー35 マサルと必勝男 コマンドー36 マサルとあやしい友情 コマンドー37 マサルと行方不明 コマンドー38 マサルとアフロ魂 コマンドー39 マサルとニセ肉マン コマンドー40 フーミンとネコの達人 コマンドー41 激マブ! あばれん坊中堅 コマンドー42 我が道を行く人々 コマンドー43 ものたろう コマンドー44 轟け! 新聞男! コマンドー45 ダイエット・インポッシブル コマンドー46 マサルとクスリ祭 コマンドー47 マサルと勉強パーティー コマンドー48 マサルーナイトフィーバー コマンドー49 2日で出来る マサルさんマスターへの道~入門編~ コマンドー50 2日で出来る マサルさんマスターへの道~青春激闘編~ セクシーコマンドー外伝 すごいよ!! マサルさん声優 花中島 マサル:うえだゆうじ 近藤 真茶彦:一条 和矢 藤山 起目粒(フーミン):金丸 淳一 磯辺 強(キャシャリン):長島 雄一 教頭:長島 雄一 大木:長島 雄一 北原 ともえ(モエモエ):小西 寛子 わかめ高校校長(田中スーザンふ美子):井上 和彦 ヨロシク仮面:井上 和彦.

次の

セクシーコマンドー外伝すごいよ!!マサルさん

すごい よ マサル さん アニメ

こんにちは!サブカル好きの一級建築士ヒカルによる趣味領域のブログ第三弾です! 今回は マンガに登場する建築を「もうやめてあげて!もうHPはゼロよ!」というとこまで解剖考察してみよう。 マサルさんを中心にしたセクシーコマンドー部の壮絶な日常生活 マンガに登場する建築に関して、 長年気にかけてきた謎が一つある。 今回はその謎を紐解いてみようと思う。 『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!! マサルさん』というマンガをご存知だろうか。 主人公はわかめ高校2年生の花中島マサル。 彼が部長を務める謎の格闘技部「セクシーコマンドー」部の部員たちが全く日常的じゃない日常を謳歌しながら、ちょっとおかしな部活が展開されていく伝説的 ギャグマンガである。 どれくらい日常じゃない日常かというと、マサルさんの肩についている謎の輪っかを外すと髪が短くなったり、「溢れ出す煮汁」というズボンのチャックを下げながらポーズをとる技を繰り出したり、弁当箱あけたら丸ごと沢庵が入っていて嬉しそうに食べたり。 意味不明感がスゴく飛びぬけていて、意味不明に笑ってしまう。 それが『すごいよ!!マサルさん』である。 「これはほんの遊び心だから(byマサル)」では済まない自宅 そんな非日常な作中で描かれた主人公 マサルさんの自宅がこれである。 (『すごいよ!!マサルさん』3巻(集英社)より引用) 布被っとるーーーー!?? なぜ建築に布を被せる必要があるのだろう? どう考えても濡れるじゃないか。 服的なオシャレスタンス? いや、建築に服はいらないよな…… なぜこの世界の建築は説明もなしに、当たり前のように布を被っているんだろう。 全くもって謎だ。 (『すごいよ!!マサルさん』3巻(集英社)より引用) 一旦ここで、どすこい喫茶ジュテームでコーヒーを飲むかのように落ち着いて、マサルさんの家の 布による建築的特性を真剣に考察してみよう。 【主要外装の耐久性UP】 どんな建物でも外装があり、紫外線や風雨にさらされることで劣化からは逃れられない。 そこで、この素敵布を羽織らせることで外装の劣化を防ぎ、大切な建物を優しく守る効果があるのかもしれない。 【布設計による光コントロール】 マサルさんの家の布は窓部分を切り抜かれて設計され、多くの採光を確保しようとしているように推測できるが、きっと他の窓部分は布が被っているはずである。 もしそうであれば、建物の建設後であっても、布側での開口の具合や布の厚さによって、入る光の量を調整できる 新しい環境システムを世に問いかけているのやもしれぬ。 (設計:ル・コルビジェ/筆者撮影) もしかすると、日射抑制や光のコントロールという点では、建築界の名匠ル・コルビジェがインドでの建築設計で踏襲していた ブリーズソレイユのオマージュとして建築の歴史に敬意を表しているのかも。 【フレキシブルな建築外観】 意匠的な視点からすると、テントのような布による構築物とは趣が異なる柔らかな建物の外観や風で揺らめく様子は、 新たな景観形成の可能性を模索しているようにも思える。 また、外観を変える改修工事は工事費が掛かるが、気軽に自宅のお色直しをする目的で、劣化時期と合わせて布を着替えるという楽しみ方も、ある種の メタボリズムとして建築業界に再びムーブメントを巻き起こそうという気配すら感じられる。 このように、いざ真剣に新たな発想や価値観を軸に見つめてみると、 マサルさんの家は先進的な建築の姿にしか見えなくなってきた。 マンガが連載されていたのは1995年だったが、もしかしたら当時は時代が追いついていなかっただけで、超 先進的な建築実験だったのではないだろうか。 そこで、試しに現代の最先端を走る建築をリサーチしてみれば、なんと「これってマサルさんの建築じゃないか!?」と思う布建築が次々とヒットしてしまう結果に。 ようやく時代がマサルさんに追いついてきた、ということなのだろうか。 これには、「すごいよ!!マサルさん!」と私もテンションが上がってしょうがないので、最先端の事例とともに、さらにマサルさんの建築がいかにすごいのかを探っていきたいと思う。 実はマサルさんの建築センスは時代の先を行き過ぎていた? ここからは、私の独断と偏見で選んだ 最先端の布建築の事例を挙げて解説すると共に、各作品の特性を抽出し、 マサルさんの家をアップデートした姿を考えてみたい。 ・夜は行燈のように目印となり、優しい光を発する。 まさにマサルさんの家のような、 布の特性を活かした形状や柔らかい雰囲気!! こちらの作品は、カーボンファイバーという飛行機等にも使用される軽くて強固な素材を骨格のメインに使った、布で緩やかに覆った空間の建築作品である。 建築でもありながら、夜には照明オブジェやランドマークのように姿を変える様は非常に魅力的だ。 マンガ内では他のシーンを描かれてはいないが、マサルさんの家も風が強めの日で夜になったら、きっとこんな感じで揺らめくような造形性やムーディーな雰囲気を醸し出すポテンシャルを持っていることが分かるだろう。 現代の建築シーンも見据えたマサルさんの家のその突き抜けたポテンシャルには、恐れおののくのみだ。 言ってしまえば、 ヘリウムガスを構造体として建築空間を作るという新しい可能性の建築だ。 布も世界最軽量の素材を選んでいるからこそ実現しており、新しい試みと言えそうである。 やはりマサルさんも新しい建築の可能性を自宅で突き詰めていたのだろう。 布建築での柔らかな姿やフレキシブルさ、布による光のコントロールがすでに体現されていたのではないだろうか。 しかし、こうなるとマサルさんの家が時代に追い越され、先駆性で負けてしまった感じがして悔しいので、隈さんの建築のように新しい試みを導入し、さらにアップデートした姿を考えたくなってきた。 ということで、「 マサルさんの家 x 浮庵」の姿がこちら! どうだろうか!? これでまたマサルさんの家が時代の最先端を走ることになるのかもしれない。 アップデートしたマサルさんの家は、布という素材特性を利用して 建築構造の概念まで突破する姿にまで行きついてしまったのだ。 カーボンファイバーの連なりにより、布のような面に覆われているようにも見えるこの建築。 カーボンファイバーを使うことで耐震性能の向上に寄与するという先進的な技術が応用されているのだ。 悔しいことに、こんな現代技術を結集させた新たな耐震性能なんてところは、マサルさんの家から読み取れない。 残念ながら、ここでは現代の布建築に遅れをとってしまったようだ。 またまた悔しいので、この最新技術を用いたバージョンにマサルさんの家をアップデートしてみよう! どうだろうか? なんせ、布を外して、カーボンファイバーでテンションを掛けると出来るお色直し改修なので簡単。 これも 布建築のフレキシビリティ溢れるメリットである。 まとめ 長年気にかけ続けていた、『すごいよ!!マサルさん』のマサルさんの家を建築的に考察した結果、その先駆性には驚かされ続けてしまった。 マサルさんの家は現代にも通じる名建築であったことが、本考察によって明らかになったと思われる。 しかし……ここに来てはっきりと言っておこう。 マサルさんの家はオシャレではない!!! とはいえ、建築操作・言語は同じなので、シュールさとオシャレさは紙一重と言えるのかもしれない。 設備で名建築を読み解く連載でも紹介した、代々木体育館の東京オリンピックに向けた改修風景にも布建築みがあり、ここでも マサルさんの家イズムを感じてしまって、またまたエモくなってしまった。 また、布建築を試みる傾向がある隈さん設計の 新国立競技場は将来、セクシーコマンドーの大会会場のようなリアル布建築になる可能性も!? 「マサルさん家イズム」が全世界に浸透する日を心待ちにしながら、これからもマサルさんの家に思いを馳せ続けようと思う。 今回も熱量コメコメで書かせてもらってクタクタです。 東北大学大学院都市・建築学専攻修士課程修了後、 株 久米設計を経て、一級建築士事務所NoMaDoSを共同設立、取締役に就任。 国内・海外の宿泊施設や商業施設、教育施設など多岐に渡るプロジェクトの担当経験を活かし、意匠設計に従事する。 2019年4月より東北事務所管理建築士を務める。

次の

すごいよマサルさん!!OPロマンス [ニコニコあっぷる]

すごい よ マサル さん アニメ

1998年1月スタート 『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!! ジャガー』などを手掛けるうすた京介が原作。 週刊少年ジャンプで95年〜97年まで連載され、一世を風靡したギャグ漫画でした。 このアニメは連載終了後に放送されました。 放送枠は、当時TBS系列で毎週月〜木曜日の深夜に放送されていた『ワンダフル』というバラエティ番組の10分コーナーでした。 なので、都合毎週4本放送されていたことになります。 監督は大地丙太郎。 当時、10分週4の本作と、30分週1作品の『こどものおもちゃ』と掛け持ちで監督を担当していたようです。 うすた作品と大地監督の相性は抜群で、シュールなハイテンションギャグで深夜のバラエティー番組の1コーナーでの放送ながら、多くの支持を得ました。 転校ばかりで友達がなかなか出来ない藤山起目粒(ふじやま おこめつぶ 声/金丸淳一)。 次なる転校先となったのは、怪しさたっぷりの県立「わかめ高校」。 通称「わ高」。 教室に入り担任から紹介され、指定された席に進むとなぜだがクラスがどんよりとした雰囲気に。 すると、なぞの歌声が。 そこに現れたのが本作の主人公花中島マサル(声/上田祐司)。 藤山は教科書に書いているヒゲの落書きをマサルに見られて、同じヒゲマニアとして、すっかり気に入られて弁当も強奪されてしまいます。 そして、これまで学校に来なかった3カ月間、秘密の修行をし、「セクシーコマンドー」を発見したと告白されます。 この後、喧嘩に巻き込まれたマサルは、ついにズボンのチャックを下ろし「セクシーコマンドー」を披露します……。 主題歌は、PENICILLINの『ロマンス』。 最近でも『サンデージャポン』など、バラエティ番組のBGMでよく使われるのは、本作の主題歌だったことが印象的だったからでしょうか。 楽曲自体も、OPでちらっと映るPVもインパクト抜群だったこともその理由のひとつかもしれません。 OPの題字は本作の大ファンだったという西村知美さんが担当しています。 ちなみに、大地丙太郎監督ですが、98年1月〜4月まで本作が週4で連日放送。 この後、98年6月〜8月まで同じ『ワンダフル』10分枠の『浦安鉄筋家族』で再び週4を担当。 98年の10月〜はNHK教育(現在のEテレ)で、週4〜5回放送の『おじゃる丸』を2017年現在まで担当するなど、ここ20年近くにわたって、大地監督作品のアニメは、平日のほぼ毎日放送されてきたことになります。 その間にも『フルーツバスケット』や『僕等がいた』、『神様はじめました』などの監督を務め、様々なアニメ作品で絵コンテや演出を担当。 2015年には舞台『こどものおもちゃ』の脚本と演出も手掛けており、その多作ぶりは驚愕に値します。 1998年1月スタートのアニメにはこんな作品もありました。 MAX』 『AWOL -Absent Without Leave- 』 『異次元の世界エルハザード』 『万能文化猫娘』 『星方武侠アウトロースター』 『春庭家の3人目』 『Bビーダマン爆外伝』(2月スタート) 『こっちむいて! みい子』(2月スタート) 『ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー』(2月スタート) 『ヘリタコぷーちゃん』(2月スタート) 『銀河漂流バイファム13』(3月スタート).

次の