東京から出雲大社。 【出雲大社へのアクセス】東京からのおすすめの交通手段は?4つのアクセス方法をご紹介

東京から出雲大社(島根県)へのアクセス方法まとめ

東京から出雲大社

東京から出雲大社にアクセスするのは、電車、高速バスより飛行機がおすすめ。 所要時間と料金を考えても、飛行機が便利ですよ。 東京から出雲大社へ電車でアクセス 東京から電車でアクセスするには、新幹線+電車で行く方法と、寝台電車で行く方法の2つがあります。 まずは新幹線+電車ルートをみていきましょう。 新幹線+電車でアクセス 東京駅から 新幹線で岡山駅に行き、そこから「 JR特急やくも」に乗って出雲市駅に向かいます。 そして、出雲市駅からは一畑電車北松江線(川跡駅で乗り換え)に乗って出雲大社前駅で下車します。 そこから徒歩10分で出雲大社です。 出雲市駅から路線バスに乗ってアクセスすることもできます。 電車でもバスでも出雲市駅からの所要時間は30分程度です。 所要時間もかかるし、乗り換えも2回あるので、新幹線でのアクセスはおすすめできません。 運賃と時間を考えても飛行機がいいでしょう。 寝台電車でアクセス 東京駅と出雲市駅まで直通運転しているのが、 寝台特急サンライズ出雲です。 住宅メーカーと共同で開発したという車内は木の温もりを感じますし、個室主体で居心地も抜群ということで、大人気の電車なんです。 社内の様子がわかる動画をみてください。 東京駅から乗り換えなしで出雲市駅まで行けるのはラクですよね。 さらに、朝早い時間から出雲観光ができるので時間を有効に使えるのも嬉しいポイント。 出雲市駅からは新幹線と同じく一畑電車に乗りアクセスします。 まとめ:飛行機がおすすめ 東京から出雲大社へのアクセスで、個人的におすすめなのは断然飛行機です。 所要時間と運賃を考えても飛行機がベスト。 飛行機だと2時間ちょっとで着きますからね。 羽田空港から始発で行けば、午前中から出雲観光できます。 また、非日常を味わいたいなら寝台特急と深夜高速バス。 こちらのメリットは どちらも寝ていけるということと、 仕事終わりに行けるというところです。 早朝に出雲大社に着くため、移動時間で時間もつぶれず、 丸1日出雲大社や周辺地域を楽しむことができます。 最短最速でアクセスするには… 飛行機 早めに予約することで飛行機チケット代をおさえることができるので、旅行プランは余裕をもって立てましょう。

次の

東京から出雲大社へのアクセス!サンライズ出雲・飛行機・夜行バス・新幹線を比較

東京から出雲大社

東京から出雲大社にアクセスするのは、電車、高速バスより飛行機がおすすめ。 所要時間と料金を考えても、飛行機が便利ですよ。 東京から出雲大社へ電車でアクセス 東京から電車でアクセスするには、新幹線+電車で行く方法と、寝台電車で行く方法の2つがあります。 まずは新幹線+電車ルートをみていきましょう。 新幹線+電車でアクセス 東京駅から 新幹線で岡山駅に行き、そこから「 JR特急やくも」に乗って出雲市駅に向かいます。 そして、出雲市駅からは一畑電車北松江線(川跡駅で乗り換え)に乗って出雲大社前駅で下車します。 そこから徒歩10分で出雲大社です。 出雲市駅から路線バスに乗ってアクセスすることもできます。 電車でもバスでも出雲市駅からの所要時間は30分程度です。 所要時間もかかるし、乗り換えも2回あるので、新幹線でのアクセスはおすすめできません。 運賃と時間を考えても飛行機がいいでしょう。 寝台電車でアクセス 東京駅と出雲市駅まで直通運転しているのが、 寝台特急サンライズ出雲です。 住宅メーカーと共同で開発したという車内は木の温もりを感じますし、個室主体で居心地も抜群ということで、大人気の電車なんです。 社内の様子がわかる動画をみてください。 東京駅から乗り換えなしで出雲市駅まで行けるのはラクですよね。 さらに、朝早い時間から出雲観光ができるので時間を有効に使えるのも嬉しいポイント。 出雲市駅からは新幹線と同じく一畑電車に乗りアクセスします。 まとめ:飛行機がおすすめ 東京から出雲大社へのアクセスで、個人的におすすめなのは断然飛行機です。 所要時間と運賃を考えても飛行機がベスト。 飛行機だと2時間ちょっとで着きますからね。 羽田空港から始発で行けば、午前中から出雲観光できます。 また、非日常を味わいたいなら寝台特急と深夜高速バス。 こちらのメリットは どちらも寝ていけるということと、 仕事終わりに行けるというところです。 早朝に出雲大社に着くため、移動時間で時間もつぶれず、 丸1日出雲大社や周辺地域を楽しむことができます。 最短最速でアクセスするには… 飛行機 早めに予約することで飛行機チケット代をおさえることができるので、旅行プランは余裕をもって立てましょう。

次の

【出雲大社へのアクセス】東京からのおすすめの交通手段は?4つのアクセス方法をご紹介

東京から出雲大社

新幹線のメリット ・席が広く、乗り心地が良い ・途中下車が可能 ・本数が多い ・事前予約なしでも利用しやすい 新幹線のデメリット ・到着は、早くても出発日の夕方になる ・費用が高い ・直行便がなく、電車利用では3回の乗り換えが必要 新幹線はこんな時におすすめ 新幹線は予算と時間に余裕がある人におすすめです。 島根には新幹線が走っていないので、料金が高く、時間もかかってしまいますが、高速バスや飛行機に比べて座席がゆったりしていて疲れにくく、移動時間も快適に楽しめます。 本数も多く、途中下車して道草も自由自在なので、周遊旅行には最適です。 他のアクセス方法に比べて予約なしで利用しやすいのも魅力です。 寝台列車 検証ルート:寝台列車のサンライズ出雲で東京駅から出雲市駅へ。 電鉄出雲駅からは在来線で出雲大社駅へ 寝台列車のメリット ・横になれるので、寝ながら移動できて疲れにくい ・乗り換えが少ない ・夜間移動で時間を有効に使える ・個室がある 寝台列車のデメリット ・本数が少ない ・予約が取りづらい ・費用が高い ・移動時間が長い 寝台列車はこんな時におすすめ 夜間に移動できるので、時間を有効に使えます。 夜行バスと比べると、しっかり足を伸ばして眠れるので疲れにくいのが魅力です。 費用は高くなりますが個室もあるので、プライベート空間を重視する人にもおすすめです。 注意したいのが、予約が取りづらいこと。 発売は1カ月前からで、チケットは旅行会社のツアーなど以外はインターネットでの販売はなし。 みどりの窓口などで購入する必要があります。 また、人気の座席や時期によっては購入が困難です。 また、新幹線と変わらない費用がかかるので格安旅行には不向きですね。 高速バス 検証ルート:東京駅から出雲大社へ直行 夜行バスのメリット ・乗り換えがいらない ・費用が安い ・夜間移動で、時間を有効に使える 夜行バスのデメリット ・移動時間が長く、疲れやすい ・道路状況によって到着時刻が変動する可能性がある ・本数が少ない 夜行バスはこんな時におすすめ 高速バスは何といっても、その安さが魅力です。 夜行バスなら夜間に移動できるので時間を有効に使えるのも嬉しいですよね。 中国JRバスの「スサノオ号」とオリオンバスを利用すれば、東京駅から出雲大社に直行できます(2019年1月現在)。 乗り換えが面倒な人にはおすすめです。 ただ、移動時間が長いことや完全に横になれないことを考えると、他のアクセス方法に比べて疲れやすいかもしれません。 体の弱い方にはおすすめできません。 飛行機 検証ルート:東京駅から羽田空港経由で出雲空港へ。 空港からは直行バスで出雲大社へ (東京から島根への飛行機はJALのみです) 飛行機のメリット ・移動時間が短いので、疲れにくい ・先得など割引を利用すれば費用を抑えられる ・日帰り可能 飛行機のデメリット ・費用が高い ・天候などにより遅延・欠航になりやすい 飛行機はこんな時におすすめ 日帰りが可能なのは飛行機だけです。 移動時間が短いので、時間がない人は飛行機で決まりですね。 飛行機の待ち時間を考慮しても、移動時間の短さは断トツです。 一番疲れにくいアクセス方法でしょう。 また、各種割引を利用することでかなり安く利用することが可能です。 ただし、観光シーズンや直前予約は価格が高くなりがちなので、早めの予約がおすすめですよ。 4つのアクセス方法を比較 4つのアクセス方法を表にしてみます。 各種割引は考慮されていません。 上の表を見てわかる通り、新幹線は移動時間が長く費用も高いです。 乗り換えも多くなるので、出雲大社へ直行するプランには不向きと言えます。 逆に、寄り道しやすい、とも言えますが。 飛行機は、各種割引を利用することで寝台列車より安くなる可能性もありますが、シーズンによっては10,000円以上高くなることもあります。 まとめ 結果を一言でまとめると、こうなります。 ・寄り道するなら 新幹線! ・効率的に時間を使い、快適さも求めるなら 寝台列車! ・一番移動時間が短いのは 飛行機! ・一番疲れないのは 飛行機! ・一番安いのは 高速バス! ・一番移動が簡単なのは 高速バス! 東京から島根への移動は距離がありますが、飛行機なら数時間、寝台列車と夜行バスなら、寝て起きたら到着します。 夜行バスなら、片道10,000円以下も可能です。

次の