蒼井優 名言。 蒼井優の名言「楽だった以上の努力を…」にTOKIO松岡も『昭和の先生』と感心! #TOKIOカケル

蒼井優の「大切な」言葉たち~蒼井優の名言・人生・生き方など~

蒼井優 名言

軽部真一(フジテレビ・アナウンサー)が支配人を務める番組、日本映画専門チャンネル『日曜邦画劇場』の500回記念スペシャル公開収録では、映画『リリイ・シュシュのすべて』の上映と、監督・岩井俊二、そしてサプライズゲストとして登場した蒼井優、軽部真一による『リリイ・シュシュのすべて』を語るトークイベントが行われた。 インターネットの掲示板への書き込みという形で、岩井俊二と一般の読者がともに作り上げていった実験的な原作をもとに、地方都市に暮らす14歳の少年少女の不安定な心情と無軌道な葛藤を痛々しくも美しく描いた本作。 岩井俊二が「忘れがたい作品であり、まだ終わらない作品」、「今に至るひとつのスタイルを確立した作品」と語る名作だ。 偶然にも『日曜邦画劇場』との放送開始と同じく2001年に公開され、ともに10年の節目を迎えた本作が語り尽くされた本イベント。 後半では岩井監督の最新作で蒼井優も出演する『ヴァンパイア』についても語られる注目のものとなった。 蒼井優さんに引っぱられて、ストーリーを変更しました(岩井) 軽部:公開から10年ということになる『リリイ・シュシュのすべて』ですが、観るのは久しぶりですか? 岩井:そうですね。 久しぶりに観ると「これだけ多くの人が支えてくれてたんだ」と実感し、ちょっと涙ぐみそうになりました。 軽部:まずキャストが素晴らしいですよね。 市原隼人くん、忍成修吾くん、そして蒼井優さん、伊藤歩さんにしても、みんなとても若かったけれど本当に素晴らしい。 今日は『日曜邦画劇場』500回記念初の公開収録ということで、スペシャルゲストにもお越ししいただいております。 蒼井優さん、どうぞ~。 (盛大な拍手の中、はにかみながら花束を持って蒼井優が登場) 左:岩井俊二、右:蒼井優 蒼井:500回おめでとうございます! 軽部:どうもありがとうございます。 甦った津田詩織(映画での役名)ちゃんがここに、という感じですけれども、撮影当時のことは覚えていますか? 蒼井:オーディションに毎回落ちている頃だったので、今回もどうせ落ちるだろうなと思って受けたら合格し、本当に映画界ってよく分からない世界だなと感じていたのを覚えています。 軽部:蒼井優さんをキャスティングした決め手はなんだったのでしょう? 岩井:原作の津田詩織とは雰囲気がちょっと違ったんですけど、なぜかとても心に残ったんですよね。 伊藤歩さんが演じた久野陽子という役柄にしても、彼女の演技を見ているうちに「むしろストーリーのほうを変えようかな」と思いました。 役者にストーリーが引っぱられたんですね。 軽部:つまり久野陽子は伊藤歩さん風になっていき、津田詩織は蒼井優さんっぽくなっていったと。 岩井:そうですね。 原作では、死んじゃうのは久野陽子のほうだったんですが、伊藤歩が演じる久野陽子は死んでいくんじゃなく、強く生きようとするイメージが強くて。 逆に津田詩織は、どう踏みつぶしても死なないような役柄だったんですが、あの時の蒼井優さんはなんか正体の知れない子だったんですよ(笑)。 こういう子のほうが突発的になんかしそうだな、みたいな感じがあってストーリーを変えました。 軽部:以前、監督にインタビューさせていただいた時に、当時の蒼井優さんに「どんな女優になりたいの?」って聞いた際に、「ちょっとした思い出作りですよ~」って言ったというエピソードを伺いましたが(笑)。 蒼井:なんとなく覚えていますけど、本当にそう思っていたんです。 何百回と受けたオーディションの中で、いろんな個性に出会ったんですね。 すごく背が高いとか、すごく太っているとか、すごくかわいいとか、みんなどこかに当てはまる人たちばかりがいて。 その中で私はどこにも当てはまらないな、と。 将来どういう女優になりたいだとか、『リリイ・シュシュのすべて』の後の人生を映画界の中で考えようとすること自体が、すごく恥ずかしいことだと思っていたんです。 番組情報 『日曜邦画劇場』500回記念スペシャル 2011年5月1日(日)『容疑者Xの献身』ゲスト:福山雅治 2011年5月8日(日)『リリイ・シュシュのすべて』ゲスト:岩井俊二監督、蒼井優 2011年5月15日(日)『シコふんじゃった。 』ゲスト:周防正行監督、竹中直人 2011年5月22日(日)『愛を乞うひと』ゲスト:原田美枝子、野波麻帆、平山秀幸監督 2011年5月29日(日)『あ・うん』ゲスト:板東英二、降旗康男監督、木村大作撮影監督• プロフィール 蒼井優 1985年生まれ。 福岡県出身。 小学校時代よりモデル事務所に所属し、CMや広告に出演。 映画デビュー作は岩井俊二監督の『リリィ・シュシュのすべて』(2001)。 援助交際を行う中学生・津田詩織を熱演した。 2003年には『高校教師』で初の連続ドラマレギュラー出演。 2006年、映画『フラガール』で第30回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。 2010年には大河ドラマ『龍馬伝』の元役を務める。 岩井監督作品には『花とアリス』(2004)に引き続き、『ヴァンパイア』にも出演。 岩井俊二 1963年生まれ。 宮城県仙台市出身。 1988年より、音楽ビデオとCATVの仕事からスタート。 1993年、テレビドラマ『ifもしも~打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』で日本映画監督協会新人賞を映画監督としてデビューする前に受賞。 その後映画へ進出し、1995年に『Love Letter』、1996年には長篇第2作目として、架空都市『円都』(イェンタウン)を舞台にしたサクセスストーリー『スワロウテイル』を発表。 2000年4月から7月にかけてインターネット上で、BBS(電子掲示板)のスタイルを使い、一般の人たちの対話の中から物語を展開していく異色のインターネット小説『リリイ・シュシュのすべて』を発表。 2001年にはその小説を自ら映画化。 そして2003年ショートフィルム『花とアリス』をインターネット上で発表し翌年には長編映画『花とアリス』を劇場公開した。 最新作は、蒼井優主演の『ヴァンパイア』。 軽部真一 1962年生まれ。 1985年、フジテレビ入社。 1994年より朝の報道番組『めざましテレビ』にレギュラー出演している。 また、同僚の笠井信輔アナウンサーとのコンビは「男おばさん」と呼ばれ、映画関連の仕事等を行う。 日本映画専門チャンネルでは『日曜邦画劇場』の支配人を番組開始当初より務め、2011年5月に500回目の放送を迎えた。

次の

蒼井優

蒼井優 名言

fujitvview 番組では、蒼井優さんの『我が家のルール』を知るために、TOKIOからの質問に『許せる・許せない』で答えてもらうことに。 『料理を作らないのに味付けにうるさい男子は?』という質問に対して、「許せる」と回答した蒼井さん。 「我慢されてるって思うより、教えてもらった方が納得できる」とその理由について説明します。 夫である山里亮太さんが全く料理をしないということもあって、TOKIOの長瀬智也さんは「旦那さんに料理を作られたら嫌ですか?」と尋ねます。 これには、国分太一さんも「女優の仕事も家事もやるのは大変では?」と驚きを隠せず、蒼井さんは「あまりにも私が忙しそうだと(山里さんが)お皿洗いしてくれる。 でも、基本的には完璧に100か0って思った方がバランスが取れて自分がスッキリする」とコメントします。 「本当に自分勝手な嘘だったら墓場まで持っていって欲しい」とあからさまな嘘は嫌だと言います。 蒼井さんは「自分が楽しいことをしたとか、自分が楽したことを相手に知られちゃいけない場合は、楽しかったとか楽だった以上の努力をするのが人としての(務めだと思う)」と自身の倫理観を明らかにします。 すると、国分さんは「お母さんみたい」、松岡昌宏さんは「昭和の先生」としっかりした蒼井さんの考え方に賞賛の言葉を送ります。 蒼井さんの家は「嘘が絶対にダメな家庭」だったとのことで、両親の考え方が蒼井さんに受け継がれているんですね。 蒼井さんの言葉にはネット上に、「名言だったな~」「蒼井優さん、素敵な方だなぁ~より一層ファンになる~」「蒼井優ちゃんが男前すぎて惚れてまう!」などのコメントが。 蒼井さんは考え方がしっかりしていて、質問を受けてもすぐに言葉が出てくるところが印象的でした。 (文:かんだがわのぞみ).

次の

蒼井優の名言「楽だった以上の努力を…」にTOKIO松岡も『昭和の先生』と感心! #TOKIOカケル

蒼井優 名言

この記事の目次• 映画「ミックス。 」で蒼井優の中国人役は面白い? 💓🏓💓映画公開まで、あと4日💓🏓💓。 — 映画『ミックス。 」で蒼井優さんは、中華料理店「楊楊苑」店員の楊を演じています。 楊は中国人という設定であり、蒼井さんも作中では中国人になりきり演技をされています。 映画の予告の段階ですでに蒼井さんが持つ雰囲気はなく、かなり役にのめり込んでいると話題になっていました。 作品を見た人は揃って、「蒼井優の演技が凄い」「役にはまって面白かった!」「演技が印象的!」など話していますね。 見直したんだけど めちゃんこいい映画だな。 蒼井優の演技うますぎおもろすぎ。 — カタヒラ tetete0620 昨日テレビでミックスっていうガッキーの映画やってたんで見てたんだけど、蒼井優の演技がはじけててよかった。 — Hiroshi Yoshioka hiroshitter 蒼井優の経歴とプロフィールまとめ 改めて、蒼井優さんの経歴・プロフィールを振り返っていきましょう。 まずはプロフィールです。 名前 蒼井優 読み方 あおいゆう 生年月日 1985年8月17日 性別 女性 出身 福岡県 身長 160cm 血液型 A型 職業 女優 事務所 イトーカンパニー 1985年の蒼井さんは、1999年に1万人の中からミュージカル「アニー」のポリー役に選ばれデビューしています。 以降は、ずっと現在の事務所、イトーカンパニーに所属しています。 デビュー直後は雑誌「ニコラ」のモデルを務めており、女優としての活動はありませんでした。 映画デビューは2001年公開の「リリイ・シュシュのすべて」。 その前もオーディションに参加していたようですが結果は出ず、「落ちるだろう」と思っていたところ、合格の連絡が届いたようです。 以降は、2002年に「三井のリハウス」の10代目リハウスガール、2003年「高校教師」で初めて連続ドラマにデビューなど着実にステップアップしていきます。 2005年には7本の映画出演作が公開され、「ニライカナイからの手紙」で単独初主演を果たしています。 近年では2017年に公開された主演映画「彼女がその名を知らない鳥たち」で第41回日本アカデミー賞を受賞。 第91回キネマ旬報ベスト・テンなど含め、その年の主演女優賞をほぼ総なめ状態にしており、日本を代表する女優であることは間違いありません。 蒼井さんはドラマよりも映画への出演が多く、近年では毎年2〜3本、多い年で4本も出演しています。 蒼井さんクラスになると出演シーンも多くなると思うため、スケジュールはいつもパンパンなのでしょう。 2019年も主演作含む映画3本が公開予定であり、今後も数多くの映画に出演されるのでしょう。 ・長いお別れ(2019年5月公開予定) 主演・東芙美 役 ・宮本から君へ(2019年秋公開予定) 中野靖子 役 ・ロマンスドール(2019年秋公開予定) 北村園子 役 蒼井優の役作りの方法が凄い 蒼井さんはとにかくストイックな女優さんのようです。 2007年に公開された映画「クワイエットルームにようこそ」では、摂食障害の女性の役を演じるため、体重を7kg落とした36kgで臨んだそうです。 100kgの人が体重を落とすのとはわけが違います。 43kgから36kgとは非常に難しいと思われますが、蒼井さんが台本を確認していたら、演じる役が36kgであることを発見し、半年間かけて減量をしたそうです。 具体的には、 ・油物は一切食べない ・野菜や豆腐中心の食生活を送る ・毎日のランニング さらには、クランクイン直前には、固形物を一切とらずに、野菜スープだけで減量を成功させたようです。 役作りとはいえ、かなり驚愕な話ですが、蒼井さんは、 「減量すると熱演とか言われがちなんですけど、役者なら当たり前にみんながやること」 「(減量は)セリフを覚えるのと同じこと」 と当たり前のようにこなしているのが凄いですね。 蒼井優の中国人役が面白い理由 話は戻って、映画「ミックス。 」で蒼井さんの演技が光るのは、このような姿勢にあるのでしょう。 ミックスでは出番は限られていますが、中国人役という難しいところは見事に演じられていました。 良い意味で普段のおしとやかな蒼井優は存在していなかったです。 蒼井さんの役作りから、例えば、中国人の喋り方を勉強したり、実際に日本語をしゃべれる中国人と会話をしたりなど、工夫をされていることでしょう。 次で紹介しますが、一つ一つのセリフも非常に衣装的であり、コメディタッチが多い映画をさらに盛り上げてくれていますね。 映画「ミックス。 」で蒼井優の「ラー油まいとけ!」の名言 映画「ミックス。 」では蒼井さん演じる楊のセリフが面白いと話題です。 中でも、中盤で言う「ラー油まいとけ!」のセリフはかなり好評で、爆笑した人も少なくないでしょう。 ここのシーンほんと好き 「玄関にラー油まいとけ」って言うとこ!映画館で爆笑してもうた! わかる人いる? — もーり ayagen0213 このセリフを文字起こしすると、 「もう、来なくていいだからだねー!!」 「 玄関にラー油撒いとけ!」 日本人でいう、玄関に塩をまいて清めるということでしょう。 中国にラー油をまく文化はないため、映画内でのフィクションの設定ですが、すごくリアリティがあり、本当の中国人が演技しているかと思うほどでしたね。 セリフ自体の面白さもあり、鑑賞した人からは映画で一番のシーンという声もあります。 ミックス。 面白かった! 1番のハイライトは蒼井優ちゃんの 「玄関にラー油撒いとけ!」だった笑 — きのこ nokotan0502 めっっっちゃくちゃ面白かったwwwwww 蒼井優ちゃんの『玄関にラー油まいとけ!!』が一番笑ったwww — えりんぎ🍓 dorara110 ミックスで蒼井さん演じる楊の初登場シーンは、麻婆豆腐のお皿を置くという控えめなシーンですが、その時も、 「麻婆豆腐、オマセシマシタァー」 と、絶妙なカタコトで話しています。 新垣結衣さんも「麻婆豆腐を置くだけであんなに面白いんだ」とテレビの番宣で語っており、非常に話題になっていましたね。 蒼井さん演じる中国人・楊の「ラー油まいとけ!」の意味やシーンを詳しく知りたい人はこちら。 映画「ミックス。 」で蒼井優の卓球がうまいと話題 蒼井さんが演じる楊は、中国の元ナショナルチーム代表で途中で落選した、という設定でしたね。 それで中華料理屋を経営しているのコメディっぽくて良いですね。 作中では楊と張(役:森崎博之)が、多満子(役:新垣結衣)・萩原(瑛太)とダブルスで特訓をしていきます。 楊と張はメチャクチャ上手でしたね。 実は、蒼井さんは演技指導の先生が「最初からもうめっちゃ姿勢がいい」といセンスの持ち主でした。 ミックスでは東中野の卓球場「YOYO TAKKYU」へ演技指導を依頼したようで、実際に担当した先生は下記のように絶賛しています。 蒼井(優)さんは最初からもうめっちゃ姿勢がいいんすよ。 もうスッとしてる。 「構えてください」ってお願いしたら堂に入っている。 これちょっとうまいんちゃうかな、と思って「ちょっと打ってみましょうか」って打ったら、普通にフォア打ちできるんすよ。 ドライブを教えたら、ドライブもガンガン打てました。 正直、蒼井さんが一番センスある気がします。 先生も認めるほどのセンスの持ち主だったようですね。 初心者の人が思いっきり打つと体がブレてしまうようですが、それがなかったようです。 蒼井さんは2歳からクラシックバレエを習っており、体幹を使うことを訓練しており、卓球にもつながったとのことでした。 」で蒼井優の卓球がうまいと話題 これらについてまとめました。 以上となります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次の