スク 水 洗車。 コーティング車は本当に水洗いで良い?洗車方法と注意点まとめ

撥水洗車のメリットや注意点とは?コーティングの持続期間についても解説|カーコンビニ倶楽部

スク 水 洗車

洗車後の拭き取りに一般的なタオルは厳禁! 洗車後の水滴の拭き取りを怠ると、 水分が車体の表面で蒸発し水垢となって跡がついてしまいます。 なんとなくイメージはできると思いますが、 洗車後の拭き取りは水垢を防ぐためにも重要になります。 ですが、気をつけなければならないのは、 一般的なタオルでの拭き取りは厳禁だということ。 理由は単純で、 車の表面を傷つけてしまう恐れがあるからです! どんなにやわらかいタオルであっても、車の拭き取り専用のタオルでないと、 細かな繊維で車体を傷つけてしまう可能性があるんです! ついた時は小さな傷だとしても、塵も積もれば山となり…。 気づいたら目立つ傷になってしまっていることもあるかもしれません。 そのような傷があると ツヤがなくなり、 くすんだように見えてしまうので、せっかくの愛車が台無しになってしまうんです! おすすめの洗車タオル3選をご紹介! 普通のタオルがNGだということは、何か専用のタオルで拭き取るしかないということになります。 洗車後の拭き取りにおすすめなタオルは ・プラスセーヌ ・マイクロファイバークロス ・吸水クロス の3つです。 プラスセーヌ プラスセーヌはスポンジのような質感のタオルで、薄手で使いやすいのが特徴です。 吸水力が強力なので一回で水分をしっかりと吸収することができますよ! マイクロファイバークロス 車用の布の定番とも言えるのが、マイクロファイバークロス。 値段も安く、どこにでも売っている手軽さから、人気を集めています。 吸水性は他の布に比べてやや劣りますが、細かな汚れなどを落とすのには最適なアイテムになっていますよ! 吸水クロス 布生地の中でも吸水性に特化しているのが、吸水クロス。 大まかな拭き取りは得意としますが、基本的には濡らして使用するため、仕上げの拭き取りにはあまり向きません。 他のクロスと組み合わせながら、賢く使うのがポイントですよ! 洗車タオル以外にもおすすめの商品! 洗車タオル以外にも、拭き取りグッズでおすすめなのが シリコンワイパーです。 一般的に スクイージとも呼ばれるこちらのアイテムを使えば、効率よく綺麗に水を拭き取ることができちゃいます! お風呂の鏡の水を拭き取るのと同じようなイメージですね。 やわらかいシリコン製なので、凸凹があっても適度にフィットして水滴を落としますし、車を傷つける心配もありません。 洗車専用のタオルを使うのも手ですが、ワイパーをうまく使えば、もう少し楽に拭き取りができますよ! 洗車後の拭き取りの2つのコツ! 洗車後の拭き取りのコツは、 ・最初は大まかに水分を落とすこと ・上から下にむかって拭き取ること の2つです。 最初は大まかに水を落とす 大事な車だからと言って、最初からタオルで丁寧に拭き取っていこうとすると、時間もかかる上に、大量のタオルが必要になります。 まずは先ほど紹介した水切りワイパーなどのグッズを利用して、ざっと水分を落としておくのが1つ目のコツになります。 上から下に向かって拭き取る そして水分は上から下に落ちていくので、当たり前のようですが 上から下にむかって拭き取ると効率が良いです。 頭では分かっていても、やってみると意外と横向きに拭きあげているケースも多いんです。 人の体でいうと頭から始めて足先まで洗っていくイメージで、、車体の一番高いところから始めて、低いところに向かって丁寧に拭き取っていくのが2つ目のコツになります。 いずれにせよ、 車のことを思って優しく拭き上げてあげるのがポイントになるので、愛情を持ってお手入れできるといいですね! まとめ いかがでしたか? 普段自分のやり方でやっている方も多いと思いますが、意外なところにもっと綺麗に仕上げるコツが隠れているかもしれません。 特に、今回紹介した「拭き取り」なんかは、意外と大雑把に終わらせてしまう手順なのではないでしょうか! 洗車の後に水滴が残ってしまうと、 汚れやダメージの原因になるのでしっかりと拭き取るのがポイントになります。 専用の布で上から下に拭くことを意識して、ピカピカの車でドライブを楽しみましょう!.

次の

コーティング車は本当に水洗いで良い?洗車方法と注意点まとめ

スク 水 洗車

水だけで洗車するいわゆる『水洗車』は2つのメリットと3つのデメリットが存在する。 詳しく紹介しよう。 水洗車とは 水洗車とは、カーシャンプーなどの溶剤を使用せず、水とクロスだけで汚れを落とすやり方だ。 ホースから水を車体に流し、その水に沿ってクロスやスポンジで優しく撫でていく。 カーシャンプーなどは一切使わず、水で浮かせた汚れを洗い流す方法だ。 では、この 『水洗車』にはどのようなメリットとデメリットが存在するのだろうか。 詳しく見ていこう。 水洗車のメリット 水洗車には以下2つのメリットがある。 水洗車のメリット• 道具が少なくて済む• 準備が簡単 詳しく見ていこう。 1 道具が少なくて済む 水洗車はカーシャンプーを使用せず水とクロス・スポンジのみで仕上げる方法だ。 この為、カーシャンプーで洗車する時に必要なバケツや洗剤の類は用意が不要となる。 わずかではあるが時間の節約につながるのだ。 2 準備が簡単 水洗車はカーシャンプーを泡立てる手間がない。 車を洗う位置に留めて、ホースとクロス・スポンジを持ったら準備完了だ。 手軽にすぐにはじめられるのが水洗車の最大の魅力だ。 水洗車のデメリット 一方で水洗車には以下3つののデメリットがある。 それは以下の通りだ。 水洗車のデメリット• 汚れが落ちにくい• 車体を傷つける恐れがある• 時間がかかる デメリットについても詳しく見ていこう。 1 汚れが落ちにくい 水だけで落とせる汚れにはやはり限界がある。 サラッとした汚れには水洗車でも対応できるが、 油汚れは水洗車だけでは落とす事が難しい。 油物の汚れが付いたお皿を水だけで洗い流そうとしても難しいのと同じだ。 食器用洗剤と同じくカーシャンプーには油を分解する力があり、車体に付いた汚れを落ちやすくしてくれる。 水洗車では落とせない汚れがある事を覚えておこう。 2 車体を傷つける恐れがある 水洗車は流水で汚れを浮かせてクロスやスポンジで押し流す事で綺麗にしていく。 しかし、水だけで十分に浮かなかった汚れは、クロスやスポンジに引っかかり、車体の上で引きずられてしまう。 この時、硬い汚れが車体を傷つけてしまうことがある。 カーシャンプーの力を借りないと落とせないような汚れをずっとこすっていると、洗車傷になってしまうこともある。 簡単に撫でて落ちない様であれば、諦めることも肝心だ。 3 時間がかかる 準備物が少ないので、短時間で終わると思いがちだが、水洗車は意外と時間がかかる。 理由は二つある。 それは以下の通りだ。 水洗車で時間がかかる理由• 汚れが落ちない為、洗い直しが多い• シャンプーを用意する時間はさほどかからない 3. 1 汚れが落ちない為、洗い直しが多い 水洗いは カーシャンプーを使わないので、どうしても汚れが落ちにくい。 その為、一度洗ったはずの場所が拭き取りをした時に汚れだらけだった、なんて事がよく起こってしまう。 一度拭き取った部分を再度洗うと、他の拭き取った場所まで濡れてしまい、やり直しの範囲が大きくなる。 この作業はとても手間なので カーシャンプーでしっかり汚れを洗い流すより返って時間がかかってしまうのだ。 2 シャンプーを用意する時間はさほどかからない 水洗車とカーシャンプーでの洗車はカーシャンプーの泡立てくらいしか違いがない。 カーシャンプーの泡立てには2分もかからない程度だろう。 この2分の短縮が汚れの落ちにくさを生んでしまう。 2度洗いする事を考えると、初めからカーシャンプーを泡立てる方が余程楽なのは明らかだ。 効果的に水洗車をやる方法 ここまでで水洗車は簡単に出来るがデメリットも多い事がわかってもらえたと思う。 そんな 水洗車を効果的に実施する方法についてお教えしよう。 1 綺麗になる範囲を見極める カーシャンプーを使わない 水洗車には『落ちない汚れ』が存在する。 いくら流水でこすっても取れないのだ。 この様な汚れには水洗車は無力なので、早々に諦める事が肝心だ。 無闇とこすると洗車傷につながりかねないからだ。 流水とクロス・スポンジで優しく撫でて取れない汚れは諦める事が肝心なのだ。 2 コーティング剤を施工しておく 水洗車でも汚れを落としやすくする方法がある。 それが 『コーティング剤の施工』だ。 コーティング剤はあなたの愛車の塗装面の上に薄いガラス被膜を形成し、 汚れがこべりつかなくしてくれる。 一度、 コーティング剤を施工すれば雨水でも汚れが落ちるほど、効果がある。 コーティングは高くて手が出ないと思いがちだが、最近ではとても一般的になってきている。 最近のコーティング剤の中でもおすすめの物は以下の特徴がある。 最近のコーティング剤の性能• 価格が安い(1万円未満)• 自分で施工できる• 効果期間は3年間 これだけ好条件が揃っているので例え水洗車をしなくても施工する価値が十分にある存在になっている。 かく言う私もコーティングはしていなかったのだが、 知人の紹介で施工してみた所、洗車が圧倒的に楽になり大感動した。 私が施工した で紹介しているので、是非参考にして頂きたい。 まとめ 水洗車のメリット• 道具が少なくて済む• 準備が簡単 水洗車のデメリット• 汚れが落ちにくい• 車体を傷つける恐れがある• 時間がかかる 効率的に水洗車をやるコツ• 綺麗になる範囲を見極める• コーティング剤を施工しておく おすすめのコーティング剤• ピカピカレイン特集.

次の

スクール水着に時代の変化が・・・お尻を隠したい女子向けのスク水登場 パンツとスカートが一体に!ブルマが消え・・・制服が消える日も近いか?

スク 水 洗車

水だけで洗車するいわゆる『水洗車』は2つのメリットと3つのデメリットが存在する。 詳しく紹介しよう。 水洗車とは 水洗車とは、カーシャンプーなどの溶剤を使用せず、水とクロスだけで汚れを落とすやり方だ。 ホースから水を車体に流し、その水に沿ってクロスやスポンジで優しく撫でていく。 カーシャンプーなどは一切使わず、水で浮かせた汚れを洗い流す方法だ。 では、この 『水洗車』にはどのようなメリットとデメリットが存在するのだろうか。 詳しく見ていこう。 水洗車のメリット 水洗車には以下2つのメリットがある。 水洗車のメリット• 道具が少なくて済む• 準備が簡単 詳しく見ていこう。 1 道具が少なくて済む 水洗車はカーシャンプーを使用せず水とクロス・スポンジのみで仕上げる方法だ。 この為、カーシャンプーで洗車する時に必要なバケツや洗剤の類は用意が不要となる。 わずかではあるが時間の節約につながるのだ。 2 準備が簡単 水洗車はカーシャンプーを泡立てる手間がない。 車を洗う位置に留めて、ホースとクロス・スポンジを持ったら準備完了だ。 手軽にすぐにはじめられるのが水洗車の最大の魅力だ。 水洗車のデメリット 一方で水洗車には以下3つののデメリットがある。 それは以下の通りだ。 水洗車のデメリット• 汚れが落ちにくい• 車体を傷つける恐れがある• 時間がかかる デメリットについても詳しく見ていこう。 1 汚れが落ちにくい 水だけで落とせる汚れにはやはり限界がある。 サラッとした汚れには水洗車でも対応できるが、 油汚れは水洗車だけでは落とす事が難しい。 油物の汚れが付いたお皿を水だけで洗い流そうとしても難しいのと同じだ。 食器用洗剤と同じくカーシャンプーには油を分解する力があり、車体に付いた汚れを落ちやすくしてくれる。 水洗車では落とせない汚れがある事を覚えておこう。 2 車体を傷つける恐れがある 水洗車は流水で汚れを浮かせてクロスやスポンジで押し流す事で綺麗にしていく。 しかし、水だけで十分に浮かなかった汚れは、クロスやスポンジに引っかかり、車体の上で引きずられてしまう。 この時、硬い汚れが車体を傷つけてしまうことがある。 カーシャンプーの力を借りないと落とせないような汚れをずっとこすっていると、洗車傷になってしまうこともある。 簡単に撫でて落ちない様であれば、諦めることも肝心だ。 3 時間がかかる 準備物が少ないので、短時間で終わると思いがちだが、水洗車は意外と時間がかかる。 理由は二つある。 それは以下の通りだ。 水洗車で時間がかかる理由• 汚れが落ちない為、洗い直しが多い• シャンプーを用意する時間はさほどかからない 3. 1 汚れが落ちない為、洗い直しが多い 水洗いは カーシャンプーを使わないので、どうしても汚れが落ちにくい。 その為、一度洗ったはずの場所が拭き取りをした時に汚れだらけだった、なんて事がよく起こってしまう。 一度拭き取った部分を再度洗うと、他の拭き取った場所まで濡れてしまい、やり直しの範囲が大きくなる。 この作業はとても手間なので カーシャンプーでしっかり汚れを洗い流すより返って時間がかかってしまうのだ。 2 シャンプーを用意する時間はさほどかからない 水洗車とカーシャンプーでの洗車はカーシャンプーの泡立てくらいしか違いがない。 カーシャンプーの泡立てには2分もかからない程度だろう。 この2分の短縮が汚れの落ちにくさを生んでしまう。 2度洗いする事を考えると、初めからカーシャンプーを泡立てる方が余程楽なのは明らかだ。 効果的に水洗車をやる方法 ここまでで水洗車は簡単に出来るがデメリットも多い事がわかってもらえたと思う。 そんな 水洗車を効果的に実施する方法についてお教えしよう。 1 綺麗になる範囲を見極める カーシャンプーを使わない 水洗車には『落ちない汚れ』が存在する。 いくら流水でこすっても取れないのだ。 この様な汚れには水洗車は無力なので、早々に諦める事が肝心だ。 無闇とこすると洗車傷につながりかねないからだ。 流水とクロス・スポンジで優しく撫でて取れない汚れは諦める事が肝心なのだ。 2 コーティング剤を施工しておく 水洗車でも汚れを落としやすくする方法がある。 それが 『コーティング剤の施工』だ。 コーティング剤はあなたの愛車の塗装面の上に薄いガラス被膜を形成し、 汚れがこべりつかなくしてくれる。 一度、 コーティング剤を施工すれば雨水でも汚れが落ちるほど、効果がある。 コーティングは高くて手が出ないと思いがちだが、最近ではとても一般的になってきている。 最近のコーティング剤の中でもおすすめの物は以下の特徴がある。 最近のコーティング剤の性能• 価格が安い(1万円未満)• 自分で施工できる• 効果期間は3年間 これだけ好条件が揃っているので例え水洗車をしなくても施工する価値が十分にある存在になっている。 かく言う私もコーティングはしていなかったのだが、 知人の紹介で施工してみた所、洗車が圧倒的に楽になり大感動した。 私が施工した で紹介しているので、是非参考にして頂きたい。 まとめ 水洗車のメリット• 道具が少なくて済む• 準備が簡単 水洗車のデメリット• 汚れが落ちにくい• 車体を傷つける恐れがある• 時間がかかる 効率的に水洗車をやるコツ• 綺麗になる範囲を見極める• コーティング剤を施工しておく おすすめのコーティング剤• ピカピカレイン特集.

次の