艦これ ss 深海提督。 提督「提督辞めてやろ!」

【艦これSS】提督「しまった! 深海棲艦に捕まった!」

艦これ ss 深海提督

彼女は目を覚ました後、パニックに陥った。 司令官はどこなのか、皆はどこなのか、護衛の深海棲艦は無言で、力づくで、朝潮を抑える。 下っ端の深海棲艦は声を持たない。 故に、行動で示す他に術がなかった。 そして、朝潮と深海提督が対面する。 そのとき、朝潮の警戒心に溢れた攻撃的な目が、一気に輝きを放つ。 「司令官!」 朝潮は深海提督に飛びつく。 深海提督に付き添っていた秘書は、朝潮を殴って制した。 「司令官……司令官ではないのですか?」 朝潮は助けを乞うような表情を浮かべ、深海提督を見つめる。 「あなたは何を言っているの? この御方は、ここの提督です。 そしてあなたは我々の捕虜です」 朝潮はわけがわからず、呆然と、深海提督を見つめる。 「司令官、ではないのですか?」 実際、深海提督は、朝潮が敬愛する鎮守府の提督とそっくりだった。 わけのわからない所に入れられ、不安が胸を圧迫していた朝潮にとって深海提督は、暗闇に差し込んだたった一筋の光だった。 一方、深海提督は、朝潮に愛情を抱き始めていた。 それは、憎む艦娘という存在に対する、理性を超えた、純粋な愛情だった。 朝潮の、従順で素直な性格、愛らしい表情に惚れていた。 深海提督の部下である深海棲艦は皆、彼を上官としては見てくれるものの、それ以上の関係は築かれなかった。 ただし、それだけの理由で朝潮を生かしておくことは許されない。 「……軍隊に迎え、出撃させる」 「っ! なぜですか?」 秘書は、朝潮はこの場で殺されるものと思っていた。 しかし、この、艦娘を誰よりも憎んでいる提督が、艦娘を生かし、しかも軍隊に入れると言い出したのだ。 驚かないはずがない。 「艦娘は強い。 軍隊が全滅するほどに。 よって十分な戦力になる。 艤装の修理を頼む」 深海提督は朝潮に歩み寄り、話しかける。 「君の名前はなんだ?」 朝潮は見慣れた姿、聞きなれた声に対して緊張をほぐし、笑顔で、 「はい! 朝潮と申します」 と答えた。 実際、朝潮は立派に戦力となった。 一航戦の艦載機をうまくかわし、攻撃を受けたものの、轟沈しなかったのだ。 しかし、感情が戦いを邪魔するのだ。 「喉をつぶしてはどうですか?」 秘書が深海提督に提案する。 「将来的に幹部をやってもらいたいとも思っている」 深海提督はそう言ってごまかした。 実のところ秘書は、深海提督が朝潮に何かしらの特別な感情を抱いていることは感じていた。 それが深海棲艦の滅亡を、つまり自分の死を暗示していることも感じていた。 それでも秘書は淡々と、深海提督の命令に従った。 一方、鎮守府では、朝潮の轟沈に相当なショックを受けていた。 それは、朝潮と深海棲艦側との取引だった。 「君が生きているのは奇跡だ、そして、我々の慈悲によるものだ。 我々に協力をしてくれないか?」 朝潮は少し考えこんだのち、首を横に振る。 「ごめんなさい。 せっかく助けていただいたのですが、無理です」 「どうか、頼みたい」 「……戦わず、仲良くするというのは、だめなんですか?」 いわゆる、『和解』という考え。 それは、深海提督が、最初に諦めたものだった。 「……我々が生きていくのに人間は邪魔だ。 人間が生きていくのに、我々は邪魔だ。 ……仲良くなど、不可能だ」 朝潮が黙り込む中、深海提督は続ける。 「平和は誰もが望むものだ。 旗艦はあの、深海提督の秘書。 大事な戦いだからと言って、深海提督が直々に推薦した旗艦だった。 鎮守府側との会敵。 軽巡洋艦の『北上』が旗艦をやっている。 北上は朝潮を見て、叫んだ。 「朝潮ちゃん! 朝潮ちゃんでしょ! なんでそっちにいるのかは知んないけど、戻っておいでよ!」 北上は少量の涙を浮かべて、精いっぱいに、叫んだ。 その声は朝潮の耳にも届いた。 しかし、朝潮は反応をしなかった。 それは秘書より、「艦娘を庇ったら、お前をこの場で殺す」と出撃の前に言われていたからである。 旗艦の秘書が、無言で朝潮の頭に砲口を突きつける。 仲間を裏切るという考えは、朝潮にはなかった。 そして、朝潮にとっての仲間とは、鎮守府の皆であり、深海提督であった。 朝潮はゆっくりと、お面を外した。 それを、北上を初めとする鎮守府側の艦隊の各々は確認した。 「朝潮ちゃん! おいで、帰ってきて!」 今、朝潮にできることは何だろうか? 朝潮は北上に向かって小さく微笑んだ後、自分の艤装を解除した。 艤装は海に沈んでゆく。 これは、戦う意志がないことを表明するものであると同時に、砲口を突きつけられた朝潮にとっては、引き返すことのできない自殺行為でもある。 朝潮は北上のもとへと行く。 秘書は朝潮めがけて砲撃をするが、砲が自爆。 艦娘の皆に出迎えられると同時に、朝潮はその場に倒れた。 丸一日眠った後、提督が深海棲艦のアジトについて尋ねる。 「朝潮、病み上がりで申し訳ないが、深海棲艦について何か分かったことがあれば、教えてほしい」 朝潮ははっきりしない表情を浮かべて、首をかしげる。 「あの……私は一体何をしていたんでしょうか?」 深海棲艦側で過ごした数日間を、朝潮は全く覚えていなかった。 提督は朝潮が口封じされている可能性を考慮してしつこく尋ねるが、朝潮は本当に覚えていないのだ。 挙句の果てに、「自分はなぜまだ生きているのか」と言い出し、ひどく取り乱した。 その後、ぱたりと深海棲艦の攻撃がやんだ。 海を調査しても、見つかるのはせいぜい深海棲艦の死体ぐらいで、アジトも、生き残りも、見つからなかった。 -FIN.

次の

【艦これSS】深海提督「何でお前らってこんなに弱いの?」深海棲艦達「………」

艦これ ss 深海提督

深海提督「いやだって駆逐艦とかいつも一発轟沈でしょ? どうなってんのこれ?」 ヲ級「…………」 深海提督「建造の時ちゃんと言ってるよね? いい資材を使えって。 何、資材って豆腐だったっけ?」 ヲ級「チョイト提督」 深海提督「どうした」 ヲ級「ソレハアッチ側ガ強イダケ」 深海提督「いやその時点でもう問題ですけどね?」 深海提督「取り敢えず工廠に行くぞ」 ヲ級「ハイハイ」 ~工廠~ 深海提督「ちょいとそこの悪妖精さん」 悪妖精「おうどうした小僧」 深海提督「資材ってちゃんとしたの使ってるよね?」 悪妖精「おうよ、勿論だとも」 深海提督「そうか、ならいいんだが……」 悪妖精「ちゃんと日本産の大豆を使ってだな」 深海提督「豆腐じゃねぇか!!」 深海提督「いいかよく聞け! これからもう大豆使うのやめろ! ちゃんとした鋼材使え! タングステン使え!!」 悪妖精「そんなもんうちにはねぇよ。 大豆だけだ」 深海提督「ああ!? 遠征はどうなってやがるヲ級!」 ヲ級「イツモアッチノ艦娘ニ遭遇シテ、モロトモオジャン」 深海提督「進む方向変えようか!!」 ~会議室~ 深海提督「えー、まあそういうわけで。 今から会議を始めまーす」 深海棲艦達「ワーイ」 深海提督「議題は勿論こちら!!」バンッ! 深海提督「どうやったら一発轟沈を防げるか! 並びにどうやったら駆逐艦と巡洋艦がまともな戦闘にありつけるか!」 深海提督「はい話し合い開始!!」 ザワザワ タ級「ハイ提督!」ビシィッ 深海提督「はいどうぞ!」 タ級「ソモソモ戦争シナケレバイイノデハ?」 深海提督「それ論外!! 出直してきなさい!」 チ級「ハイ提督!」ビシィッ 深海提督「はいどうぞ!」 チ級「機動力ヲ高メルトイウノハ?」 深海提督「機動力……なるほど、逃げて逃げて逃げまくるわけだな!」 深海提督「よし、やってみよう! 悪妖精!」 悪妖精「もうやっとるぜい!」カーンカーン 赤城「……前方に敵艦を確認、どうやら駆逐艦のようね。 それに2隻だけ」 加賀「楽勝ですね」 赤城「ええ、でも慢心してはダメよ」 加賀「ええ、この子みたいにはなりたくないものね」 瑞鶴「もうちょっとオブラートに包みなさいよ! それでも怒るけどね!」 翔鶴「……変ですね」 瑞鶴「どうかしたの翔鶴姉?」 翔鶴「前方の駆逐艦、本当に駆逐艦なのかしら?」 加賀「……?」 赤城「どういう事?」 翔鶴「その、駆逐艦の速度が………」 赤城「速度?」 翔鶴「……な、嘘! 123ノット!?」 加賀「!?」 瑞鶴「はあ!?」 赤城「!?」 深海提督「ハーッハッハッハッハハハハハハァァア!! 驚いた! 驚いたか!? 驚いただろう!? 素晴らしい機動力だぁ!!」 深海提督「よぉし、これでもって駆逐艦と巡洋艦はまともな戦争にありつけるぞぅ!!」 ヲ級「………提督」 深海提督「どうした」 ヲ級「アノ2隻ニ搭載シタエンジンガ、オーバーヒートシテ爆発ダッテ」 深海提督「海なのに!?」 深海提督「つ、次だ次! 次の案をよこせ!」 ~第二案~ 赤城「な、何だったのかしら……」 翔鶴「勝手に爆発していきましたね…」 加賀「……」 瑞鶴「……! また何か来るよ!」 赤城「………!? 何て数なの!? 見た限りでも100隻以上ですって!?」 加賀「しかも全部駆逐艦」 深海提督「第二案は、人海戦術ならぬ深海戦術だ」 悪妖精「大豆の在庫が凄いからな。 これくらいスグってもんよ!」 深海提督「その時点でおかしいけどな。 なんだよ大豆って、そんなにコスト削減か?」 悪妖精「業務終えた時にでもどうだ? 晩酌でもすっか?」 深海提督「しないわどアホ!」 深海提督「もういっちょ!」 ~第三案~ 瑞鶴「あ、危なかったぁ」 翔鶴「艦載機、全て使ってしまいましたね」 赤城「このままじゃ先へは進めなさそうね。 鎮守府に一時撤退しましょう」 加賀「……」コクリ 赤城「………! 何か来るわ!」 瑞鶴「またぁ!?」 翔鶴「もう艦載機が……」 加賀「ここは私が」ヒュパッ 彩雲「ブーン」 加賀「………」 ヲ級『ヲ……ミンナ、頑張ッテ…!』 イ級『……ム、ムリ…』46センチセオイナガラ ロ級『カアチャンマジカンベン……』46センチセオイナガラ ハ級『サ、サイナラ………』ブクブク ヲ級『ハ、ハ級ーー!』 加賀「……こちらに接近してくる可能性はあまりないかと思います」 赤城「え?」 深海提督「駆逐艦には言葉通り荷が重い! ていうかそもそもどうやってあっちの方の装備作ったんだ!?」 悪妖精「こちとら隠密行動に長けていてなぁ、ちょくちょくあっちの鎮守府に潜入してるってわけよ」 深海提督「だったらまともな建造方法だって見てるんだよなぁ!? 何故ここで活用しない!?」 悪妖精「うちの資材って大豆ばっかだろ? そりゃあ無理だよ」 深海提督「大豆のやりとりできるんなら資材のやりとりもしてくれよぉおお!!」 深海提督「もういい!! 最終案だ!! 全員集合ー!!」 吹雪「ここが、ミッドウェー…」 赤城「遠征部隊によると、このあたりで駆逐艦と巡洋艦、そして姫級の目撃情報が多数報告されているわ」 吹雪「姫級…ですか?!」 赤城「そう。 これが最後の手段だ』 深海提督『お前らは言わずもがな感情を持っているが、それは奴らの前では晒していない』 深海提督『ならば、どうする?』 ドゴンッ ヲ級「………!」 深海提督『攻撃喰らったら、泣け! 痛がれ!! 悲しめ!!!』 深海提督『そうすれば奴らの攻撃は自然と止む!!』 ヲ級「………イ」 吹雪「…?! 赤城先輩、あれ!」 赤城「……!?」 ヲ級「イ、痛イ、痛イ、痛イヨォ……」ナミダボロボロ 北方棲姫「オ、オネエチャン、ダ、ダイジョウブ?」 港湾棲姫「ダ、大丈夫。 vip2ch.

次の

【艦これ】深海提督に転生したら心壊れそう

艦これ ss 深海提督

俺が【艦これ】をやり始めたのは高1のころ つまり約2年前になる ある友達3人にすすめられてやり始めた 高1のころはバリバリハマってやっていたが やっていくごとにだんだん気力が削がれ やる気が起きなくなっていった そしていろいろなゲームをやりスマホのデータの容量も残り僅かになってきたため【艦これ】のアプリを消し、長くの間やっていなかった。 だが高校3年になってから艦これアーケードを始め、長い間やっていなかった【艦これ】をやろうと思い立ったのであった。 俺「長い間やっていなかったからな〜 覚えてるかなーキャラの名前ww」 なんてことを考えて【艦これ】を起動したところで 俺の意識は闇に飲まれた 1章 提督が着任しました 俺「う、ううん………」 ここはどこだ?見覚えのない天井、床、壁 俺は家でスマホを………… ?「………ヤット起キタカ?」 誰だお前は!…と言いそうになったが その相手の姿を見て俺は絶句した ?「ウム、目ガ覚メテソノ調子ダト大丈夫ソウダナ」 俺「アンタ、深海棲艦か?」 ?「良ク分カッタナ、ソウダ、名ヲ名乗ッテナカッタナ」 戦艦棲姫「私ノ名ハ戦艦棲姫ダ、貴様ノ名ハ何ト言ウノダ?」 俺(本名は言えねえな、こんな場所だと……… 何か偽名は………あれでいこう) 俺「俺の名はユタポンと名乗っておこう」 戦艦棲姫「………ホウ、ユタポント言ウノカ…ナカナカ面白イコトヲ言ウジャナイカ」 俺(そうだ、弱気になっちゃいけない、強気にならねば) 俺「………俺はこれからどうなるんだ?」 戦艦棲姫「…ヒトマズ会ワセタイ奴ガ居ルンダ、ソイツニ会ッテモラウゾ」 俺「OK分かった………んじゃそいつのとこまでよろしく頼んだ」 戦艦棲姫「フッ、貴様ニ言ワレルマデモナイ、案内スル、ツイテコイ」 俺は「へい」とだけ言って戦艦棲姫の後に続いた 俺(会わせたいやつって一体誰のことだ?そもそも何故戦艦棲姫がいる?姫級だけなら話せるというのか?イ級やヲ級、鬼級などもいるのか?………いや、考えるのはやめよう、頭がパンクする) そうこうしているうちに移動し終わったのか 戦艦棲姫が扉を開けて部屋に入った 俺も戦艦棲姫に続き部屋に入ろうとした すると… ?「……ッ!」 戦艦棲姫「コッチノ方モ元気ソウジャナイカ」 ?「………何よ」 戦艦棲姫「会ワセタイ奴ガイル、オイ、入レ」 見覚えのある姿があった いや、まさか…と考えて始め部屋に入り遅れた 戦艦棲姫「オイ!マダカ!」 俺「あ、ああ、今行くよ」 俺はびっくりしながらもおずおずと部屋に入った。 戦艦棲姫じゃない相手の方を見る 俺(やはり、あいつは…) ?「…何?アンタだれ?」 俺「叢雲…」 そう、俺が【艦これ】を始めたときの初期艦にて現秘書艦の叢雲が椅子に座っていた。 俺(ど、どうする俺、このまま何もしないという選択肢はないし、叢雲と話すっつっても何話せばいいか分からねぇし戦艦棲姫見張りみたいになってるから変な事聞けねえしどうすればいいんだぁぁぁぁぁ) 俺(一先ず状況を整理しよう。 まずこの世界は俺がやっていたゲーム【艦これ】で間違いないだろう。 でなければ戦艦棲姫や叢雲が居るはずがないからだ。 そして俺は深海棲艦と艦娘の間に挟まれている、これはマズい。 もしこれでどちらかの提督になれと言われてどちらかについた場合もう片方に殺されるだろう。 もしつくとしたら圧倒的に深海側のほうが有利だ。 これも更によろしくない。 よろしく」 叢雲「…戦艦棲姫の言うこともアンタの言うこともホントかどうか分かんないわね」 俺(コイツは疑り深いな…なんとかして信用を得ないと) 俺「叢雲、俺がお前の言う『ユタポン』かどうか、質問して試してみないか?」 叢雲「………まぁやるだけやってやるわよ」 俺(よしよし、さてどんな質問が来るか…) 叢雲「じゃあいくわよ、鎮守府の場所は?」 俺「タウイタウイ泊地だ」 叢雲「!…じゃあ、第1艦隊のメンバーは?」 俺「旗艦に叢雲、次いで金剛、陸奥、比叡、加賀、赤城だ」 叢雲「………じゃあ最後の質問ね、私の練度は?」 俺「95だろ?」 叢雲「………」 叢雲「なんで知って 俺「俺がお前らの提督だったからだ」…」 俺(さぁ………どうくる?)(汗) 叢雲「………のよ」ボソッ 俺「ん?」 叢雲「遅いじゃないの!馬っ鹿じゃないの?なんでもっと早く来なかったのよ!」バシバシ 俺「痛っ痛たっ!」 叢雲「もう…ホントに…本っ当に心配したんだからぁ」グスッ 俺「叢雲…ゴメンな、迷惑かけて」ヨシヨシ 叢雲「うぅ…」グスッ 戦艦棲姫「私、モシカシテ空気ナノカ?」 ーーーーー5分経過ーーーーー 戦艦棲姫「モウイイカ?」 叢雲「…ええ、大丈夫よ。 待たせたわね」 戦艦棲姫「ソイツトノ話ハ済ンダカ?」 叢雲「ええ、まぁね。 これからどうするのかしら?戦艦棲姫」 戦艦棲姫「ウム、少シ『ユタポン』を借リルゾ、イイナ?」 叢雲「ええ、構わないわ。 行ってくる」 スタスタ ガチャ バタン 叢雲「………」 叢雲(まさかユタポンが来てくれるなんて。 いや、ユタポンじゃなくもう提督ね。 来てくれたのはうれしいけど………) 叢雲「もう…みんなバラバラになったし、何より………」 叢雲「アンタが居なくなってから5年間、何処で何してたのよ………」 とある部屋 戦艦棲姫「…サテ、一先ズコノ帽子(軍帽)を被ッテクレ」 提督「おっおう、分かった」 提督:E 深海軍帽 戦艦棲姫「これで私の声も良く聞こえるだろう?」 提督「うわっ!すげぇ!ホントに綺麗に聞こえるぞ!」 戦艦棲姫「ふふっ喜んでもらえて何よりだ。 まぁこのほうが色々と楽でいいだろう(文字的)」 提督「おいメタイぞ戦艦棲姫w」 戦艦棲姫「まぁこの話はおいといて、 さて、本題に入ろう。 なに、いつものようなお前でいいぞ。 先程から素が出ているようだしな」 提督(うぇ、素が出てたのかよ。 まぁ良いか) 提督「そ、そうか。 そいつは悪かったな」 戦艦棲姫「いや、別に謝るものでもないぞ。 逆に嬉しいくらいだ。 深海棲艦や艦娘にこんなに慣れているとはな」 提督(ん?) 戦艦棲姫「ユタポンよ、貴様よくあの艦娘の名前が分かったな!初めて会うはずなのだが名前が先に出てくるとは!ははは」 提督「……戦艦棲姫、お前、知っているのか?俺がここにいたことと『ユタポン』について」 提督「知っているなら教えてくれ!俺がどうしてここに居るのか、この世界での『ユタポン』はどうなったのかを!」 戦艦棲姫「…ふむ、良し分かった。 ここは深海棲艦と艦娘が戦争をしている世界だ。 いわゆる【艦これ】と言うやつだな」 提督(【艦これ】…まさか戦艦棲姫からこの単語がでてくるとは)ナルホド 戦艦棲姫「それでこの世界には【提督】というものが存在する。 お前のようにな。 その【提督】という奴は艦娘の力を十分に引き出し戦わせることができる。 おかげでこっちの被害はひとたまりもない。 」 提督(なるほどな…【艦これ】とあまり変わらないわけか…まぁ、先の説明には妖精さんが抜けてたが) 戦艦棲姫「その【提督】の中に『ユタポン』と言う提督がいたのだ。 あいつは戦果も階級も低かった。 確か中将だったか?ただ、あいつは他のやつよりもずば抜けて艦娘の力が強かったのだ」 提督「確かに俺は戦果もあげずに中将の位に着いていたな、だが艦娘に何かした覚えはないが………」 戦艦棲姫「我々は全勢力を持ってタウイタウイ泊地に乗り込んだ、そのときにお前の鎮守府を攻撃し、ユタポンを潰そうとしたのだ。 ユタポンは無事身柄を拘束し気絶させる事は出来たのだが、そのお前の言っていた第1艦隊があまりにも強すぎたのだ。 」 提督「そ、そんなことがあったのな。 全く覚えてないのだが」 (おかしい…俺はそんなことをしたやつでは無い、誰かと勘違いしているだけか?) 戦艦棲姫「その第1艦隊は鬼級と戦い無傷、姫級と戦ってやっと1隻小破になるかならないか、あれははっきり言って化け物並だな」 提督(お前が言うのかダイソンよ) 戦艦棲姫「第1艦隊は強かったがなんとかお前を連れて深海に帰ることができたんだ。 まぁ話はこんなものかな?」 提督「なあ、疑問に思ったんだが、俺はそんなことをした覚えが無いし、そもそもいつそんな攻撃を仕掛けたんだ?」 戦艦棲姫「む?5年前だが?」 提督「ご、5年前だと!?」 提督(俺が【艦これ】をやめてた時期から計算すると2年、俺は2年間やっていなかったはずなのだが…) 戦艦棲姫「ただ、お前を捕まえたときに何故かお前が昏睡していてな、呆気なく捕らえることができたのだ。 お前は何故昏睡していて、何故5年間起きなかったのだ?」 提督(話を聞く限り、俺はかなりの間寝ていたようだな。 5年前と2年前、もしや現実世界と仮想(ゲームの)世界で時間軸のズレが起きたのでは?そう考えると辻褄が合う。 そして俺が昏睡していた理由はそれっきり【艦これ】にログインしなかったからなのでは?) 提督(この推理が1番辻褄が合うが、この話を戦艦棲姫にしたところで聞いて貰えるだろうか?………やるだけやってみるか) 提督「………なあ戦艦棲姫、実は… ーーーーー提督説明中ーーーーー 戦艦棲姫「なるほど…つまりお前は別の世界から来たと…」 提督「まぁ、簡単にまとめるとそうなるな」 戦艦棲姫「ふむ…実は噂なのだが、3つの鎮守府、『呉鎮守府、横須賀鎮守府、舞鶴鎮守府』の提督たちも別世界から来たと噂で聞いたことがある。

次の