咳 が 止まら ない 大人。 大人の喘息は苦しい?咳が止まらない時の対策は?

咳が止まらない痰が絡むのは何の病気?痰の色や症状と原因について!

咳 が 止まら ない 大人

長引く咳にご注意!咳喘息(せきぜんそく) 監修/北村 聖 東京大学医学教育国際協力研究センター 教授 かぜは治ったはずなのに、咳はちっとも治まらない、といったような状態が数週間続いたら、それは 咳喘息かも知れません。 咳喘息は、慢性的に咳が続く気管支の病気です。 一般的な喘息と同様、気道(呼吸をするときに空気の通る道)が狭くなり、いろいろな刺激に対して過敏になって、炎症や咳の発作が起こります。 この病気は、特にアレルギーのある人に多いとされています。 アレルギー反応によって、気道が炎症を起こしてしまうためです かぜに併発して起こることが多く、かぜをひいたあとに2〜3週間以上、咳が続くことがあれば、この病気の可能性があります。 女性に多い傾向があり、しばしば再発を繰り返します。 気になる症状があれば専門医(呼吸器科・アレルギー科・耳鼻咽喉科)で詳しく診てもらうことをおすすめします。 咳喘息にかかると、一カ月以上、空咳(からぜき)が続きます。 ひどい場合は咳が一年以上続くこともあります。 ただし、喘息に見られるゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難はありません。 また、発熱や痰(たん)などの症状はほとんど出ません。 夜中から明け方に激しい咳が出たり、寒暖の差や喫煙で咳が出やすくなるのが特徴です。 のどにイガイガ感を伴うこともあり、長話をした際、のどが渇いたり枯れたりもします。 咳の発作が激しい場合は、胸の痛みを感じたり、嘔吐、失神したりすることもあります。 咳喘息は、喘息の前段階ともいわれています。 咳喘息を放置すると、本格的な喘息に移行してしまうことがあるので、そうなる前に正しい治療をし、健康管理を続けることが大切です。 問診で病歴を詳しくたずねた上で、さまざまな症状から総合的に診断します。 以下の診断基準を満たす場合に、 咳喘息と診断されます。 診断基準 1. 喘鳴を伴わない咳が8週間以上続く (聴診器で聞いても呼吸にゼイゼイ、ヒューヒューという音が入らない) 2. 喘鳴、呼吸困難などを伴う喘息に今までにかかったことがない 3. 8週間以内に上気道炎(かぜ)にかかっていない 4. 気道が過敏になっている 5. 気管支拡張薬が有効な場合 6. 咳を引き起こすアレルギー物質などに反応して、咳が出る 7. 胸部レントゲンで異常が見つからない 上記1・5の二つを満たすことで、咳喘息と簡易的に診断することもあります。 さらに血液検査で、ハウスダスト・カビ・ダニなどに対するアレルギー反応を確認します。 アレルギー反応に関与する細胞で、痰の中に分泌されます。 咳が続いているのはかぜが長引いているせいだろうと、かぜ薬や抗生物質、咳止めを用いても、 咳喘 息の場合はほとんど効果がありません。 咳喘息の治療には、気管支拡張薬(気管支を拡張させて空気の通り道を広げる薬)や吸入・経口のステロイド薬を使います。 気管支拡張薬を使って、咳がある程度治まれば、 咳喘息と診断し、吸入ステロイド薬を使った治療を開始します。 全身的な副作用の心配も少なく、長期にわたって用いることができます。 抗アレルギー薬を使用することもあります。 最近では、吸入ステロイド薬と気管支拡張薬をひとつの薬として配合した喘息治療薬も出ており、こうした薬が処方されることもあります。 症状が良くなったからといってすぐに治療を止めてしまうと再発することがあるので、数カ月間は続けることが大切です。 また、 咳喘息はそのまま自然に治ることもありますが、約30%が喘息に移行するといわれています。 喘息への移行を食い止めるためにも早い段階で薬を使って、気道の炎症を抑える必要があります。 特に吸入ステロイド薬の使用は「咳症状の治療」とともに「喘息への移行を予防する」効果が期待できます。 咳喘息との区別は困難ですが、気管支拡張薬の効果の有無で見分けられます。 アトピー咳嗽には、気管支拡張薬ではなく、ヒスタミンH1拮抗薬・吸入ステロイド薬が有効です。 その結果、わずかな刺激にも反応し、気道が収縮して 咳喘息が起こりやすくなります。 かぜの流行シーズンには、外出時はマスクを装着するようにしてください。 できるだけ人ごみは避け、外から帰ったら、手洗いとうがいを徹底しましょう。 特にたばこの副流煙は、受動喫煙といって、 咳喘息を悪化させる原因になります。 患者さん本人の禁煙は当然として、家庭や職場など、周囲の人にも禁煙や分煙を徹底してもらいましょう。 お酒を飲むと、体の中にアセトアルデヒドという物質ができます。 この物質は、気道を収縮させて咳を起こしやすくします。 日本人は欧米人にくらべてアセトアルデヒドを分解しにくい人が多いため、飲酒の影響を受けやすいといわれています。 飲みすぎには十分に注意してください。 週に数回、布団や枕などの寝具を干したり、室内をこまめに掃除しましょう。 春や秋は常に気温の変化に注意を払い、外に出るときには服装による温度調節を心掛けましょう。 エアコンを使う場合は、室外との温度差を大きくしすぎないよう注意してください。 また室内の温度はいつも一定に保つようにしましょう。 日ごろからストレスの原因となる過労を避け、睡眠や休養を十分にとることが大切です。 水泳など適度な運動を行い、抵抗力をつけることも 咳喘息の予防につながります。 食物アレルギーのある人は、アレルギーの原因となる食品を避けるようにしてください。 食べ過ぎにも注意が必要です。 編集:株式会社ライフメディコム 制作:.

次の

長引く咳にご注意!咳喘息(せきぜんそく)

咳 が 止まら ない 大人

「風邪をひいているわけではないのに咳が出る」「夜になると咳が出る」「数週間から1か月も咳が止まらない」という症状を持ちつつも、「病院に行くまでもない」と長引く咳をそのままにしてしまった経験がある方もいるかもしれません。 この長引く咳については、実は病院を受診すべきかどうかの目安が設けられています。 この記事ではその判断の方法について力丸 徹先生にお話を伺いました。 長引く咳の見分け方 咳(医学用語では「 咳嗽 がいそう 」といいます)に関するガイドライン(「」:日本呼吸器学会編)によれば、咳は以下の3種類に分けられます。 ・3週間未満の咳は「急性咳嗽」 ・3週間以上8週間未満の咳は「遷延性(せんえんせい)咳嗽」 ・8週間以上続く咳が「慢性咳嗽」 急性咳嗽とは 「急性咳嗽」の原因は感冒(いわゆる風邪)などによるものが多く、気道がウイルスによって感染することで引き起こされます。 これは咳の原因として一番多く見受けられる病気です。 「のどが痛い」「熱が出た」という症状に伴い咳が長引いてしまっている場合、ほとんどの原因は風邪ですから、あまり心配する必要はありません。 徐々に症状も治まってきますし、病院へ行かずに様子を見ても大丈夫でしょう。 ただ、咳が2週間も続くと体力的にも負担が伴いますし、一向に咳の症状が弱まらない場合は他の病気が疑われることもありますので、一度病院を受診されることをおすすめします。 咳の原因となる他の病気としては、(・)・・・などが考えられます。 「風邪をひいた様子がないのに咳が止まらない」という場合は、是非病院でX線や血液検査を受けて下さい。 検査を受けることで、おおよその診断がつきます。 上記に挙げたいずれの病気も早期治療が有効ですから、風邪のような症状があったか否かを目安に早期受診を考えられたほうがよいでしょう。 遷延性咳嗽 慢性咳嗽とは 上記でお伝えしたように「遷延性咳嗽」とは3週間以上続く咳のことで、「慢性咳嗽」は8週間以上続く咳のことをいいます。 患者さんの自覚症状によって判断しますが、咳に伴う自覚症状としては主に以下が挙げられます。 これはとが同時に起こる病気です。 主にマクロライド系抗菌薬や去痰薬を用いて治療を行います。 喘鳴や呼吸困難を伴わず、痰も鼻水も出ず、夜間から明け方に咳がひどくなる場合は「」や「アトピー咳嗽」が疑われます。 どちらも季節によって発症し、受動・温度変化などが影響します。 咳喘息とアトピー咳嗽の見分け方は難しいのですが、喉のイガイガ感やムズムズ感がある・疾患を持っているなどの患者さんの症状によって診断します。 咳喘息の場合は気管支拡張薬を使用し、アトピー咳嗽の場合は抗ヒスタミン剤の内服を行います。 両疾患とも症状が改善しない場合は、ステロイド薬の吸入、さらに重症では内服を行います。 咳に伴い、胸やけもある場合は()の可能性があります。 咳は食事時や起床時、前かがみになった時などに出やすい傾向にあります。 この原因による咳に対しては、気管支拡張薬やステロイド薬は効果がありません。 逆流性食道炎に関する根本的な治療が必要です。 プロトンポンプ阻害薬(胃酸の分泌を抑制する薬)を投与し治療を行います。

次の

放っておくと危ない!長引く咳には要注意!

咳 が 止まら ない 大人

大人喘息(ぜんそく)とは は、アレルギー体質など気道が過敏になる体質がある方に起こる病気で、発作的に咳が出る・呼吸するとヒューヒュー音がする・息が苦しくなるといった症状が起こります。 を引いたなどの体調の変化から発作を起こし、人工呼吸器をつけても十分に酸素を吸い込めず、窒息死する人もいます。 日本でも年間2000人程度が喘息のため死亡しています。 患者の6割は大人で、小児期の喘息が治っていないのではなく、ほとんどは大人になってから発症しています。 成人後に喘息になった場合を、分かりやすく「大人喘息」「成人喘息」と呼ぶことがあります。 () 喘息の原因 喘息では気道が過敏になり、気道に炎症が起こります。 気管支の壁で起こった炎症によって、気管支の壁を締め付けている筋肉が分厚くなり、硬い殻で包まれたようになってしまいます。 また、大人喘息・成人喘息では、血液や皮膚でのアレルギー検査で特定の原因が発見できず、過労やなどが原因と考えられる場合が多いとされています。 こんにゃくやホヤを扱う職業の人に喘息が多いとも言われており、細かい粉塵が舞い飛ぶことが理由と考えられています。 発作を起こしやすくするもの ・ハウスダスト ・ダニ、カビ ・動物の毛 ・特定の食品 ・タバコ ・気温の変化 ・香水などのにおい ・過労、風邪 ・黄砂やPM2. 5 ・運動 ・消炎鎮痛薬の内服 喘息の症状 息苦しく、胸が重い感じになり、特に深夜から早朝にかけて息をするとヒューヒューという音がし、普段からせき込みやすくなります。 体を横にしているよりも起こしていたほうが楽という特徴があります。 治療法 アレルゲンが分かった場合、それを避ける努力をします。 ダニやハウスダストであれば、こまめに掃除したり、カーペットやぬいぐるみを撤去したり、布団やシーツをほこりの出にくいものに変えたりします。 喘息の予防法 マスクを着用する 禁煙は重要です。 細かい粉塵が飛んだり、冷たい空気を吸い込む環境に行く場合はマスクをします。 香水、マニキュア、お香、アロマオイルなども誘因となることがあります。 風邪などの気道の感染症があると発作が起こりやすくなるので、風邪をひかないようにマスク着用・うがい手洗いなどに気を付けます。 喘息日記をつける 喘息と診断されたら、自分の状態を管理するために喘息日記をつけることが発作予防に有効です。 ピークフローメーターという家庭用の器具があり、息を吹き込むことで今の自分の呼吸状態を知ることができます。 ピークフロー値が小さいと、勢いよく息が吐けなくなっていることを意味します。 自分のコントロール状態や、すぐに受診が必要かどうかを判断する材料になります。 定期的にピークフロー値を計測し、喘息日記に記載し、その時の体調や行動を記録することで、自分がどのようなときに呼吸状態が悪化するのか知ることができます。 大人になってから喘息になりやすいタイプ 大人喘息では、アレルゲンが特定されない場合が多いとはいえ、や、やといった病気があると、喘息にもなりやすくなります。 ストレスが強くかかる方も要注意です。 また、成人後喘息を発症するのは男性より女性に多く、がある場合が多いとも言われています。 最後に医師から一言 成人後に喘息になると、忙しさや「最近発作がないから」という理由で普段の薬や通院を怠り、季節の変わり目や風邪をひいたことをきっかけに急激に悪化することがあります。 命に係わることもある病気だという知識を持つことが重要です。 監修:Doctors Me 医師• 今井 さいこ 私は「心の健康を保つためには、『I love you』より『I love me』を大切にしましょう」とクライエント様に発信し続けています。 自分を大切にできない人は周りも大切にすることはできない、と考えているからです。 悩みを抱える方がこのことに気づけば、自分自身で問題を解決していく力を持っています。 変えられない環境に振り回されるのではなく、どんな環境にいても「あなた」でいられる軸を一緒に見つけるお手伝いをいたします。 また、悩みを抱える多くの方が「眠れない」悩みも抱えていることに気づき、睡眠指導者の資格を取得しました。 睡眠習慣についてのお悩みもお伺いいたします。 「こんな悩み、相談してもいいのかな」と思わず、どんな悩みでもご相談ください。 妊活、不妊治療、産前産後うつ、夫婦間コミュニケーション、親子間コミュニケーション、対人コミュニケーション、依存症、... 斉藤 恵一 企業や商品・製品には様々なブランドがありように、これからの時代は個人にもブランドが求められる時代です。 あなたにとって、自分ならではの強みや価値は何ですか?「パーソナルブランド」を築くことを通じて、より活き活きと自分らしく、輝くことができると考えています。 誰もが持つ「可能性」を最大限に引き出すための 「知識」、「技術」、「マインド」を磨き、セルフマネジメントすることで誰もが「なりたい自分」を手に入れ、夢の実現を引き寄せることができるのです。 世間のモノサシに依存するのではなく、自分のモノサシを持ち、セルフイメージを上げて自分の可能性を信じ行動することこそが夢を叶えるために大切なことです。 メンタルトレーニング、コミュニケーションスキル、パーソナルマネジメント、人材育成、対人関係.

次の