セブンイレブン 松本 オーナー。 松本実敏 セブンイレブン契約解除も独自営業!セブン愛が凄い!?

セブン本部から無理言われ自殺、借金1千万円背負わされ…FC店オーナーの地獄

セブンイレブン 松本 オーナー

セブン-イレブン・ジャパン(東京)は20日、自主的に24時間営業を短縮しているコンビニエンスストア「セブン-イレブン東大阪南上小阪(みなみかみこさか)店」(大阪府東大阪市)のオーナーに対し、12月31日付で契約を解除すると通告した。 通告を受けた東大阪南上小阪店のオーナー、松本実敏(みとし)さん(58)は産経新聞社の取材に応じ、「今後の店舗運営の方針は決めかねている」とした上で「僕がつぶされてしまい、(時短営業に共感する)他のオーナーらが声を出せなくなるのが一番あかん」との懸念を示した。 松本さんによると、20日午後2時ごろ、セブン-イレブン側から弁護士を含め4人が同店を訪れ、契約解除の通告が行われたという。 解除理由は、セブンの本部に「(一般消費者らからの)クレームが多く、双方の信頼関係を損ねた」と伝えられたという。 松本さんは年明け以降、商品を発注できない状況になる。 「(バイトなどの)人件費がかかるだけ。 世の中に認められないのであれば、(閉店して)消えていくだけ」と語った。 一方で、同店のフランチャイズ(FC)契約が令和9(2027)年2月まで残っており、法的手段に訴えることも検討する考えを示した。 松本さんの店舗では、人手不足などを理由に自主的に時短営業を行っており、来年1月1日は休業日にすると表明。 自身のツイッターでセブン-イレブンの運営のあり方を批判するなどし、コンビニ24時間営業問題の議論のきっかけをつくった。

次の

松本実敏オーナーのセブンイレブン南小阪店はクレームの嵐!顔画像Twitter特定

セブンイレブン 松本 オーナー

セブンイレブン東大阪南上小阪店、契約解除 2020年元日の終日休業を希望している東大阪市のセブンイレブンの加盟店を本部の担当者が訪れました。 東大阪市にある「セブンイレブン東大阪南上小坂店」は、人手不足を理由に今年2月からセブンイレブン本部の合意が無いまま、12月現在は午前7時~午後11時までの『時短営業』を続けています。 「本部の利益しか考えていないということが問題です。 (時短営業で)売り上げ的なものは落ちましたが、自分の取り分はそんなに落ちていないので。 」(セブンイレブン東大阪南上小阪店 松本実敏オーナー) 今年11月、オーナーは2020年1月1日の営業について、従業員が休みを希望していることなどを理由に、『終日休業』とする意向を本部に伝えていました。 そして12月20日、本部の法務担当者ら3人が店を訪れました。 オーナーの松本実敏さんは納得できないとしてサインしませんでした。 Yahoo! ニュース セブンイレブン「契約解除」の理由 セブンイレブン本部の法務担当者は「店の利用客から対応などについてのクレームが多く、店との信頼関係が損なわれた」と言っています。 セブンイレブン側は、本部との信頼関係を回復する措置をとらなければ、年内で契約解除すると通告した。 通知書によると、解除理由は客からのクレームの多さと本部を誹謗中傷するツイッターの投稿。 セブン本部は同日、メディアに向けて、「深夜休業等の諸問題とは別次元の内容であり、一切関係ございません」とするコメントも発表した。 Yahoo! ニュース 元日休業や時短営業についての契約上の問題ではなく、クレームと言っているのが気になりますね。 「 コンビニの営業で人手不足や元日休業で会社との方針をもめているオーナーたちへの見せしめに契約解除をしたのではないか」(2チャンネル) 「 オーナー松本実敏さんの力不足と理由付けし、時短営業のせいの契約解除ではないと言っているけど、実際の本部の本心は分からない」(他店セブンイレブン勤務男性) 「 時短営業、勝手に休業したら潰すぞってことでしょ!?」(コンビニアルバイト) 全国のコンビニオーナーに元日休業を呼び掛けていた 「コンビニ関連ユニオン」 の河野正史執行委員長も「元旦ストライキをやらせない見せしめ的なやり方。 加盟店の動揺は少なからずあります」 と言っています。 セブンイレブン東大阪南上小坂店へのクレームは3年以上前から書き込み報告されています。 セブン側としては積もり積もってのクレームに対し年内に対応をと契約解除に至ったのかもしれません。 人手不足を理由に元日休業を発表していた宮城県のセブン仙台長町駅前店のオーナーは、 「契約解除や違約金の支払いを要求されてるのは厳しい、松本オーナーを見て元日休業は出来ないと思った、アルバイトには休みと言ってしまっているので一人でシフトに入るしかない」と言っています。 本当にセブンイレブン東大阪南上小坂店のクレームに関してだけが理由の契約解除ならば元日休業が困難な店舗が休んでも仕方ないようにも思えますが、オーナーにとってはイチかバチかで休業は出来ないですよね。 本部から人員不足の店舗に何の手助けもなく、人手の応援してもらえないような会社ならば「企業のパワハラだ、がんばってしがみつかず逆に辞めてしまえばいい!」という利用者の声も上がっています。 ですがそれぞれ生活や、セブンを辞める際には違約金が発生してしまうオーナー達はそう簡単に辞めれないのが現実ですので、この問題は他の店舗も含め今後も続くと思われます。 セブンイレブン東大阪南上小坂店オーナーの松本実敏の評判 セブンイレブンが契約解除の理由で明かした「 店の利用客から対応などについてのクレーム 」とはどんなものでしょうか。 調べてみるとこのセブンイレブン東大阪南上小坂とオーナーの評判は驚く内容が。 セブンイレブン東大阪南上小坂店に対する口コミ掲示板に利用者やもとアルバイトからも沢山のクレームが投稿されていました。 「実際に利用する近隣住民の皆さんはこのお店 オーナー がお客様に対し、どれだけ高圧的で暴力的かつ横柄な営業をされているか誰もが周知の事実です。 」 「 オーナーの顔を見るたびに、気分悪くする地域のお客様はたくさんいます。 必要なお店で、インフラとして皆さん使いますが、強制的にFC加盟店から外されるべきです。 」 「騒動がある前からGoogle Mapsでの評価が1点台でした。 近所の住人からの評判も驚くほど低く私自身が訪店した際も二度と行きたくない思いをしました。 ここのオーナーはどのような業態でどのような業種の仕事をしても、会社に対してもモンスタークレーマーな気質なのだと思います。 」 「そもそも日本屈指のマンモス大学の目と鼻の先に店舗を構えていながら人手不足になるのは、大学生の中で悪い評判があったり、近隣のパートに出て来てくれるような住民に悪い噂が根付いているからです。 直早く閉店すればいいのにと思います。 」 「実際に足を運んでみましたが、最悪でした。 店に活気がなく、張り紙の注意書きが沢山貼られており、オーナーがクレーマー体質です。 店舗美観や商品の充実度的にも改善の余地が大いにあり、総じて良い店舗であるとはいえません」 「この松本オーナーに、三方良しの精神のカケラも無くして、人が集まる商売として成り立つはずありません。 自分の権利・権限だけを主張する、弱者を装った輩でしかない! 」 「この店舗はコンビニなのに外にゴミ箱もないし、ゴミ箱がない状態が何ヶ月か続いた後に中のゴミ箱が設置されたが、それもカンビンしかない。 商品購入後に出たゴミは店員が受け取ると書いて、ありありえない。 」 「松本オーナー最低。 一週間前にバイトに入ったけど 2回目に辞めた。 小さいミスしても激怒、バイトに募集前に本部からコメントを見たけれど、真実が分かった。 ここでのアルバイトは、ほんまに最悪の体験だだった」 「店員のいらっしゃいませもない。 接客が悪い。 オーナーが困窮しているニュースが出てるが、自業自得としか思えないし同情もできない。 客商売ができないんだからやめてほしい。 もうここは利用してない」 「バイトを突然11人も解雇してる事実の報道をちゃんとするべき!本部からの応援も断って一方的に時短営業初めて配送にも迷惑かけるしで近所でも有名なクレーマーのヘンクツ親父。 1番の被害者は毎日セクハラ、パワハラされ続けても頑張ってたのにある日突然解雇されたバイトやパート!このおっさんは客の前でも従業員を怒鳴り散らしてた! 」 「実態は、個人経営や人の上に立って仕事に向かない人です。 奥さんが生きておられてる時から求人出して2桁の応募者きてますよね?人員不足?アルバイトがなんで3ヶ月以内で辞めてるのでしょうか?」 セブンイレブン東大阪南上小坂店の評判の悪さは止まることなく、このコンビニを利用している方や周辺の住民からの評判からみても相当な問題のあるオーナーだったようですね。 松本実敏オーナーの損害賠償 今回契約解除に至るまでに、セブンイレブン側は「二十四時間営業に戻さなければ契約を解除し、違約金約千七百万円が生じる」と伝達していたが。 今回の契約解除の際には「 短縮営業を理由に違約金や契約解除は求めない」 と撤回し合意の上での契約解除を申し出た。 もう利用客からのクレームも多くフランチャイズとしての経営も成り立たないオーナーと今すぐにでも契約を切りたいセブンイレブン側の意思が垣間見えている気がしますね。 現在、契約解除に向けて話し合いが進んでいくと思われますがここに来て松本実敏オーナーが「急な契約解除にセブンイレブンに対し1700万円の委託金を請求する」と言いだしました。 この1700円万という数字は人手不足を理由に一歩的に松本オーナーが時短営業を開始し、セブンイレブンに24時間に戻さなければ契約解除と言われた際の金額と同じです。 自分に非はないと逆に違約金を求めるオーナーの松本さん、今後泥沼化しそうなきがしてならないですね。 コンビニ経営の仕組みを理解している人からは「違約金がないなんてラッキー、よほどセブンイレブンにうざがられているけどw」「逆に請求するとか大丈夫?向こうは大手だしせっかく違約金がないのに逆に訴えられそう」 「 セブンの看板と商品は欲しい、会社の方針には従えないってガキだな」「違約金ナシならオーナーセブンイレブンやめて個人店でもやれよ」との声があがっていました。 セブンイレブン契約解除に周囲は納得の声 数えきれないほどのクレームを抱えたセブンイレブン東大阪南上小坂店については契約解除されるのも納得という声が上がっています。 中には同じくセブンイレブンのオーナーからもクレームが来るほど。 「セブンイレブンの看板を使って商売しているんだから、一定のルールは守って経営しましょうよ。 ほかの加盟店オーナーに迷惑を掛けすぎです、やりたい放題したければセブンイレブンの看板を使わず個人経営でやってみてください」 「フランチャイズシステムを理解していないみたいですし、1店舗の迷惑な行動がセブンイレブンのイメージ低下を引き起こしている。 人手不足は加盟店の力量がないだけ。 評判が悪ければお客様もスタッフも集まりませんよ。 」 セブンイレブン東日本橋1丁目店のオーナー齋藤敏雄さん死亡 セブンイレブン東大阪南上小坂店については松本オーナーのアルバイトに対する一歩的な解雇による人員不足でしたが、 セブンイレブン東日本橋1丁目店はドミナント戦略による人員不足に対応して、オーナー齋藤敏雄さん自ら店に立ち続け妻の政代さんと息子2人の家族も総出で働いたという事です。 初めは一日に150万売り上げる日もあったが、店の向かいに別のセブンイレブンが開店し売り上げは一日50万円に落ちました。 政代さんはドラックストアでバイトをしその給与をセブンイレブンの給与に回していたと話しています。 その後さらなる経営悪化で本部から2月に突然の閉店の通知受けた翌日、オーナーの齊藤敏雄さんは失踪、一か月後北海道で保護され東京に戻りましたが7月に亡くなり遺体となって見つかっています。 店を自分から閉店すると言えば違約金が発生するので本部にも言えなかったのでしょうか。 目の前にセブンイレブンを出すことさえ許可しなければ、齋藤さんの店舗の売り上げは落ちることなくこんな過酷な労働を強いられることは無かったと思われますね。 これはもうセブンイレブンが雇われオーナーに負担をかけていると言っても過言ではないと誰もが思うのではないでしょうか。 セブンイレブン東日本橋1丁目店、オーナー長男の自殺 またオーナーの齋藤敏雄さんの長男、栄治さん(当時19)も進学を諦め父親の仕事を手伝いコンビニ店員として働いていました。 しかし、2014年9月夜勤後に長男は自ら命を絶ち、自殺してしまいました。 母親の政代さんは 「大学進学できなかったことが原因だったのではないか。 本当に申し訳ないことをした」と涙ながらにコメントしていました。 長男は自身の進学のお金も店の経営の補填に回されていて、親もセブンイレブンの経営で借金を背負っていたことから将来を悲観してしまったのでしょうか。 過酷な労働環境に置かれ鬱になってしまっていたのかもしれません、自殺する人の中には会社から逃げるという選択肢が見えなくなり死ぬしかないと思ってしまう場合もあります。 長男の栄治さんは19歳でした、未来多き若者であったはずなのに残念でなりません、ご冥福をお祈り申し上げます。 現在も契約解除について話し合いが進められています、進捗がありましたら追記したいお思います。

次の

セブンイレブン大阪南上小阪店オーナー松本実敏の評判がヤバい!クレームの嵐!1700万違約金、契約解除

セブンイレブン 松本 オーナー

本日(12月29日)、セブンイレブンは東大阪南上小阪店の松本オーナーに対して、12月31日をもってフランチャイズ契約を解除すると通告しました。 コンビニ関連ユニオンは、松本オーナーに対するセブンーイレブン・ジャパンの契約解除を許しません。 松本さんとともに契約解除撤回にむけ、徹底的に闘います。 以下は、本日大阪で行われた双方の代理人弁護士を含めた話し合いで、松本さん側が本部に提出した「回答書」です。 )の松本実敏氏に対する2019年12月20日通知について,以下のとおり回答致します。 なお,本書面は,2019年12月29日,貴社の大阪地区事務所において,貴社担当者ないし貴社代理人弁護士宛てに交付して通知します。 2 2019年12月20日付通知書において,貴社は,「本書到達後10日以内に,前述した貴殿の行為により破綻した当社と貴殿の間の信頼関係を回復する所要の措置を取ることを催告」するとともに,「仮に貴殿が当該期間に当該信頼関係を回復するのに十分な措置を取らなかった場合には,令和元年12月31日をもって加盟店契約が解除となること」を通告されています。 3 松本実敏氏は,本日までに上記に対し,本人なりに回答を送付しておりますが,本日,改めて,2019年12月31日までに,以下の措置を取ることをお知らせした上で,松本実敏氏本人からの誓約書を差し入れます。 松本実敏氏としても数か月または数年以上前のクレームに対して今になって改善措置を取るよう求められても具体的にどのようにすればよいの分かりません。 5 なお,加盟店基本契約書第4条2項4項,第5条3項は,顧客からのクレームに関する規定ではなく,貴社の加盟店に対する「許諾に関する権利」及び「許諾の範囲」に関する条項であり,例えば独自のデザイン・配色の看板などを用いて営業したり,独自のユニフォームを着て接客する等の場合を想定したものと解され,駐車場利用者やレジ待ちの利用者に対して具体的にどのような指示をし言葉使いをするか等まで貴社の「許諾にかかる権利」に含まれるものとまでは解されないこと,貴社の提示する顧客からのクレームが本当に存在するか資料の提示がなく定かではありませんが,仮にあるとしても,もとよりいわゆる伝聞証拠であり,貴社の指摘するクレームが誰からどのようになされたもので,また,どのように保管管理されてきたものかも定かではない上,また,松本実敏氏がクレームかかる事実関係が解除事由にあたることをこれまで告げられたことはないこと,336件のクレームについてその存在を知らされて,その都度,松本実敏に対して是正を求めて指導されてきたことはなく,松本実敏氏からの念書,確約書,誓約書等クレームにかかる事実関係を認め是正を約束した文書もないこと,加盟店基本契約書第46条2項は,貴社から加盟店契約を解除できる場合を「重大な違背」に限定した上で,さらに「10日以上の期間をおいて」文書による催告を受けたにもかかわらず,「その期間経過後なおその違反を改め」ない場合に解除事由を限定しているかかわらず,貴社は,違反を改めるために具体的にいかなる具体的措置を求めるのか明らかにすることなく,その上「10日以内」の是正措置を求め,その期間経過後になおその違反を改めないのかどうか是正態度を見ることもなくすでに解除を決定しているもので,2019年12月20日文書により,2019年12月31日をもって加盟店契約が解除されたとすることは,加盟店基本契約違反であり,貴社の主張する解除は認めらません。 6 よって,2019年12月20日付文書により,2019年12月31日をもって加盟店契約を解除とする効力は認められず,松本実敏氏はこれを受け入れることはできません。 もし,2019年12月31日以降,貴社が加盟店基本契約に基づくフランチャイザーとしての義務を履行しない場合,松本実敏氏においては生活の糧を失い大変な損害を生じるものであり,法的措置をとらざるを得ませんので,あらかじめ,通知します。 以上 ==== コンビニ関連ユニオンの鎌倉書記長からは、以下のように、本日の協議の結果について報告がありました。 ==== 今日のセブン大阪地区事務所での「話あい」は、話し合いではなく、ひたすら自主的に店を明け渡せとセブン側が一方的に強要するものでした。 期待したクレームのデータは開示せず。 松本オーナーは「クレームというならなぜ、もっと早く言わないの。 おかしいでしよ。 合意解約はしません」と断言。 弁護士も「わずか10日間で解約はないでしよ」と冷静に批判。 松本オーナーを屈服させられない会社側弁護士はいらいらしっばなし。 31日からの店防衛はさしあたり必要なくなりました。 松本オーナーは31日、1日と8年ぶりの年末年始休業をとり、2日には再開予定。 自前のレジを用意するなどして営業継続を追求。 セブンは年明けにも店舗明け渡しを求めて仮処分を提訴するとみられ、オーナー側はオーナーの地位確認を求める訴訟を提起します。 そして、コンビニモデルの闇を暴く大裁判闘争を開始します。 ==== セブンイレブン、時短オーナーとの契約解除へ、の報は、本日の18時と19時のNHKのトップニュースで報道されました。 19時のニュースでは、続けて、「年末年始休業動き広がる」というニュースを続けました。 この中で栃木県内のスーパーが昭和51年設立以来はじめて1月3日に全店舗の休業を決めたことが紹介されました。 取材を受けたお客さんは口々にいいことだ、家族とゆっくりしてもらいたいと評価し、店員さんも「みんなびっくり。 うれしい」「リフレッシュして仕事にはげめる」「初詣デートができる」と笑顔で応えました。 松本さんとコンビニ関連ユニオンの闘いが日本の正月の働き方を変えつつあります。 コンビニ関連ユニオンは、松本オーナーを守る闘いは、全国のすべてのコンビニオーナー、本部社員、店舗従業員、コンビニ関連労働者の、命と生活を守る闘いであると確信しています。 みなさんのご支援をお願いいたします。 NHKニュース7(12月29日) 日刊スポーツ 12月27日の記者会見を報じたハーバービジネスオンラインの記事.

次の