しらたき 糸こんにゃく 違い。 糸こんにゃくと白滝の違いは何ですか?

「しらたき」と「糸こんにゃく」

しらたき 糸こんにゃく 違い

「しらたき」と「糸こんにゃく」どちらも成分は同じです。 しらたきも糸こんにゃくも、こんにゃく芋を粉にして石灰乳を混ぜて固めたものです。 但し両者は加工法が少し違うのです。 しらたきは、こんにゃくの液をところてんのように突き細くしてお湯に放して固める。 これに対して、糸こんにゃくは固まってこんにゃくになってから突き、細い麺状にするのです。 つまり、こんにゃくになる前に突くのが「しらたき」で、こんにゃくになってから突くのが「糸こんにゃく」と言うわけです。 見た目で言うと白くて細いのがしらたき。 くろっぽくて太目なのが糸こんにゃく。 糸こんにゃくが黒っぽいのは、海草(アラメ・ヒジキ)やお茶などで着色しているからです。 しらたきの白は、こんにゃく芋の粉そのものの色なのです。 「おじさん通信」.

次の

しらたきと糸こんにゃくの違い

しらたき 糸こんにゃく 違い

寒さの厳しい今日この頃、おでん、すき焼き、肉じゃがといった温かい食べ物がより一層美味しく感じられますよね。 そんな料理に欠かせない「しらたき」と「糸こんにゃく」の違いってご存知でしょうか。 しらたき 糸こんにゃく 原材料 コンニャクイモ コンニャクイモ 発祥 関東 関西 昔の作り方 固まりきっていないこんにゃくを、 筒の穴からところてんのように押し出す 固まった板こんにゃくを細く切って 糸状にする 太さ 2~3mmのものが主流 5~6mmのものが主流 「しらたき」も「糸こんにゃく」も生まれは江戸時代です。 原材料は同じコンニャクイモですが、「しらたき」は関東で、糸こんにゃくは関西で作られたものです。 固まる前のこんにゃくを筒の穴からところてんのように押し出し、お湯で茹で固めて作ったものでした。 こんにゃくが穴から出てくる様子が、まるで白い滝のように見えたことから「しらたき」という名前が付けられたそうです。 当時は、固まった板こんにゃくを細く切って糸状にしたものでした。 現在では関西でも細い穴にこんにゃくを通して製造していますが、昔からの名残で「糸こんにゃく」と呼ばれているそうです。 しかし、黒いしらたきも白い糸こんにゃくも販売されているのが現状。 製造方法も同一になった現在では、「しらたきも糸こんにゃくも基本的には同じもの」なのですが、江戸時代からの呼び名だけが残っているのです。 それが「しらたき」と「糸こんにゃく」です。 どちらも、低カロリーでヘルシーな上、手軽にボリュームアップができるので様々な料理に使うことができます。 では、例えば、すき焼きに使いたいときはどちらがいいのでしょうか? しらたきの方がより細くて柔らかめなので、すき焼きの味を染み込ませたいのであればしらたきがおすすめです。 すき焼きの具としてボリューム・歯ごたえを求めるのであれば、太めでしっかりとした食感の糸こんにゃくがおすすめです。

次の

しらたきと糸こんにゃくの違いは?

しらたき 糸こんにゃく 違い

お鍋の美味しい季節。 例えば、すき焼きに入れるとして、あなたは 「しらたき」派?それとも「 糸こんにゃく」派? 私は先日、料理本でレシピを見ていて、材料のところに「しらたき」と書かれていたので、スーパーに買いに行ったのですが、「しらたき」は売っていませんでした。 「白い糸こんにゃく」ならあったのですが。。。 これじゃダメなの?と疑問に思いましたが、それしかないので、「白い糸こんにゃく」で代用。 「しらたき」と「糸こんにゃく」って、なにが違うの? ということで、これを機にガッツリ調査! ここでは、 「しらたき」と「糸こんにゃく」の違いについて、また 栄養素や効果・効能も併せて紹介しますね。 Sponsored Links• しらたき(白滝)と糸こんにゃくの違いは? 「しらたき」と「糸こんにゃく」は、とてもよく似ていますが、何が違うのでしょうか? 色でしょうか?それとも太さでしょうか? 実は、しらたきと糸こんにゃくの違いは、 製法の違いにあります。 しらたきも糸こんにゃくも、江戸時代に誕生した食材です。 【しらたき】は主に関東で作られ、 【糸こんにゃく】は主に関西で作られていました。 昔は・・・ 【しらたき】は、こんにゃく粉を水で溶き、材料が固まり切っていないゼリー状の状態のものを、円筒の細い穴からところてんのように押し出したものを固めて作ります。 この、穴からこんにゃくが出てくる様子が 白い滝のように見えることから、「しらたき(白滝)」と呼ばれるようになりました。 それに対して、【糸こんにゃく】は、固まっている板こんにゃくを細く切って糸状にしたもの。 ということで、全くの別物でした。 それぞれの製造法の違いから、太さもしらたきが2~3mm、糸こんにゃくは4~8mmのものが多くなっています。 現在は・・・ 「糸こんにゃく」も「しらたき」と同じ材料&製法になっています。 ということで、今では違いはなくなってしまいました。 つまり 同じもの。 ただ、昔ながらの馴染みのある呼び名だけが残っています。 関東のメーカーで製造したり販売されたりしているものは「しらたき」、関西のメーカーで製造したり販売されたりしているのが「糸こんにゃく」と呼ばれていることが多く、結局、しらたきと糸こんにゃくの違いは、 地域による呼び名の違いのようですね。 まず、糸こんにゃくのカロリーは、 200gあたり12kcalほどです。 カルシウ、鉄分、カリウムなどのミネラル成分のほかに、 食物繊維も豊富に含まれています。 この「こんにゃく」に含まれる食物繊維を グルコマンナンと呼ぶそうですが、このグルコマンナンは水溶性食物繊維で、 便を軟らかくしてくれる効果があります。 また、 コレステロールの吸収を抑制したり、 糖分の吸収を穏やかにしてくれる働きもありますから、 ダイエットの強い味方というだけでなく、 生活習慣病にも効果的だといえますね。 それを超えると、脂肪やビタミンなどの、ほかの栄養の吸収を妨げてしまう性質があるので、食べ過ぎには注意が必要です。 だいたい 250g程度までをオススメします。 しらたきと糸こんにゃくの色の違い さいごに、私としてはまだ気になることが。 白滝は名前の通り「白い」ですよね。 糸こんにゃくは、どちらかというとグレー?・・黒っぽいですよね。 白い糸こんにゃくもあるにはありますが、私の個人的なイメージとしては、• 白滝(したらき)=白• 糸こんにゃく=黒 この違いもあるのでは?と思ってしまい、材料や製法が同じでも、やはり違うもののような気がしてしまいます。 こちらも調査した結果、 糸こんにゃくには海藻類(ヒジキなど)が含まれているから、少し黒っぽいんだとか。 う~ん・・・ ということは、やはり材料には違いがあるじゃん!!と、神経質な私はイマイチ納得がいかないのですが、世間ではやはり 同じものという認識で間違いないようです。 その色の違いで、料理の際に使い分けるという方ももちろんいらっしゃいますし、ウチの近所のスーパーのように、どちらか片方しか置いてない場合は、妥協するしか仕方ないですね(悲) 冒頭の質問を変更します。 あなたは「しらたき」「糸こんにゃく」の違いにこだわる派ですか?こだわらない派ですか? 私はめっちゃこだわる派です(笑)!! サイト内検索 この記事が人気です• 20,038件のビュー• 15,275件のビュー• 12,368件のビュー• 8,807件のビュー• 8,701件のビュー• 8,216件のビュー• 6,621件のビュー• 5,132件のビュー• 4,952件のビュー• 4,384件のビュー カテゴリー• 最近の投稿•

次の