ラム肉 料理 簡単。 ラム肉の簡単チリコンカン テキーラと是非一緒に♪ 追記あり

ラム肉を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

ラム肉 料理 簡単

しかし、ラム肉は他の肉に比べて健康効果が高く、健康に対する意識が高い層やダイエッターの注目を集めている食品です。 それでは、ラム肉に多く含まれている栄養素について詳しくご紹介します。 必須アミノ酸 ラム肉には必須アミノ酸が多く含まれています。 例えば、免疫力をアップさせるリシン、アレルギーを和らげるメチオニン、食欲を抑えてくれるフェニルアラニンなどです。 ラム肉には、体内で合成することのできない必須アミノ酸がバランス良く含まれており、健康づくりに役立つ良質なたんぱく質といえるでしょう。 不飽和脂肪酸 油脂にはいくつかの種類があり、それぞれ体への影響が異なります。 良い油、悪い油という言葉を聞いたことがあると思いますが、ラム肉に多く含まれているのは、良い油とされる不飽和脂肪酸です。 不飽和脂肪酸は、魚や植物性食品に多く含まれており、動脈硬化や血栓予防、血圧を下げる、悪玉コレステロールを減らす作用があるといわれています。 ビタミン ラム肉に多く含まれているビタミンは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEです。 肉類には意外と多くビタミンが含まれているのですが、ラム肉には特に肌に良いビタミンが含まれているので、美容効果も期待できます。 また、ラム肉に含まれるビタミンは、摂取した栄養素がスムーズにエネルギーに変換されるのを助け、脂肪の蓄積を防ぐことができます。 このことからも、ラム肉はダイエットをしている人にもおすすめの肉であるといえるでしょう。 (ビタミンB1・ビタミンB2…栄養素の代謝をサポートする、皮膚や粘膜を健康に保つ) (ビタミンE…細胞を若返らせる、悪玉コレステロールによる血管の老化から守る、生活習慣病予防) 低カロリーで脂肪燃焼効果が高い!ラム肉はダイエットにも最適! ラム肉の大きな特徴として、L-カルニチンが含まれていることが挙げられます。 L-カルニチンが脂肪細胞と結合してミトコンドリア内に取り込まれることによって脂肪燃焼が起こります。 ラム肉には、このL-カルニチンが多く含まれているので、脂肪燃焼が促進されることが期待されています。 また、L-カルニチンは加齢とともに減少していく傾向にあります。 年齢を重ねるとともに太りやすくなったという人は、L-カルニチンを摂ることで体質改善ができるかもしれないですね。 「肉=高カロリー」と考えてしまう方もいるかと思いますが、ラム肉は全体的に低カロリーでヘルシーなため、ダイエット中にもおすすめです。 例えば、牛肉100gあたりのカロリーは259kcalですが、ラム肉の100gあたりのカロリーは198kcalとなっています。 割とヘルシーとされる鶏肉は204kcalなので、それよりも低いとは驚きますよね。 そのためラム肉は、カロリーを抑えながら量はしっかりと確保したいという人におすすめの肉といえるでしょう。 また、脂肪燃焼効果のあるL-カルニチン、不飽和脂肪酸と一緒に摂ることができる点もメリットのひとつです。 普段のお肉をラム肉に変えるだけの簡単レシピ! ラム肉はハードルが高いと思っている人でも大丈夫です。 いつもの肉をラム肉に変えるだけの、簡単レシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 ラム肉は必須アミノ酸やL-カルニチンが含まれており、ダイエットや健康づくりに役立つ食材です。 いつものお肉代わりにも使えますので、ぜひ普段のレシピをラム肉に変えて、健康的なアレンジを試してみましょう。 ライター 片村優美 プロフィール:管理栄養士 管理栄養士として、総合病院にて10年弱の経験を積む。 健康に関する講座、保指導員などからウェブコンテツの執筆・監修など活動幅を広げている。 子供から高齢者までの幅広い年代方へ食大切さを広めたと邁進中。 しかし、独特なにおいがあるため、そこが苦手だという方も少なくありません。 このにおいの元は、草食動物である羊が食べるエサにあります。 エサとなる草に含まれる葉緑素クロロフィルが、フィトールという化学物質に変化することによって、特有の香りを生み出すと考えられています。 つまり、あの香りは「草の香り」ということです。 ・食べやすくする方法 1. マトンよりラムを選ぶ 羊肉には、ラムとマトンの2種類があります。 大まかに区別すると、生後およそ12ヵ月以下の子羊の肉はラム、それよりも年をとった羊の肉はマトンと呼ばれています。 仔羊の肉であるラムは、生後12ヵ月以下なのでそこまで大きく成長しておらず、肉質が非常に柔らかいという特徴があります。 当然、においのもととなる牧草を食べる期間も短いので、マトンに比べると食べやすい羊肉と言えるでしょう。 脂肪をなるべく取り除く 先述したにおいのもと「フィトール」は脂肪部分に多く含まれています。 また羊肉には、牛や豚などの他の食肉と比べると酸化しやすい不飽和脂肪酸を多く含んでいるため、酸化臭が臭いと感じることも。 そのため、下処理の段階で脂を取り除いたり、調理する際に脂部分の数か所に切り込みを入れたりすると、余分な脂を溶かすことができるためおすすめです。 ハーブを上手に使う ハーブの効能は、リラックス効果や香りづけなど様々ですが、臭み消しという役割も担っています。 特にラム肉は独特の香りがあるため、やや強い香りを持つハーブと合わせることがおすすめです。 なかでも、ローズマリーは昔から臭み消しとして重宝されてきたハーブです。 下味の際に一緒に揉みこんでおくと、肉の臭みもやわらぎ、ローズマリーの香りと共に美味しく召し上がれます。 では、次に美味しく召し上がれる、簡単で美味しいレシピを紹介します。 臭みがない!ラム肉おすすめの焼きレシピ ラム肉の調理法として最もポピュラーな焼く方法で、おすすめのポイントをご紹介します。 ラム肉には、ジンギスカンのように薄切りになっているものから、かたまり肉、骨付き肉など、様々な形状がありますよね。 一番のポイントは、「あまり焼きすぎないようにする」という点です。 肉質が柔らかいラムは、火を通しすぎると肉の繊維が収縮して固くなってしまいます。 調味する際も、ラム肉の場合はあまり下味をつけず、そのまま焼いてタレをつけて食べるのがおすすめです。 マトンの場合は下味に漬け込んで、特有のくさみを消すと良いでしょう。 そのほか、ラム肉がポピュラーなモンゴルではかたまり肉を圧力なべや厚手の鍋で煮込み、スライスしてつけダレをつける郷土料理がポピュラーとされています。 ひと昔前に比べて、身近になってきたラム肉。 独特な味が苦手だという人も多いですが、調理法によっては食べやすく調理することができます。 また、体内でコレステロールの増加を抑えるカルニチンというアミノ酸が豊富のため、体脂肪を作りにくくする働きもあります。 そのため、最近は少しずつラム肉の栄養が見直されているのです。 いろいろな料理で味わえるラム肉をぜひこの機会に召し上がってみてはいかがでしょうか。 ライター 内藤まりこ プロフィール:管理栄養士、料理講師。 東京家政大学の管理栄養士専攻を卒業後、大手企料教室講師として従事。 その後カフェクッキングスール、外食産メニュー開発職を経て管理栄養士、料理講師として活躍中。 モモ肉、胸肉、ロースなど、部位によって名前も特徴も違うのは、ラム肉でも同じです。 肉は、部位によって硬さや脂の付き方が異なりますが、特徴に合わせて調理法を変えることで、美味しさを最大限に引き出すことができるようになります。 そこで今回は、肉の部位別の特徴を活かした最適な焼き方をご紹介します。 モモ肉 モモ肉は、もっとも脂身の少ない部分です。 あっさりとしていて食べやすく、こってりしたものが苦手という人におすすめです。 モモ肉の中でも柔らかい部分はステーキやローストに使われ、硬い部分は煮込み料理に適しています。 カタ肉 筋が多く、硬い肉質です。 調理時にはしっかりと筋切りをして、煮込み料理に使いましょう。 また、脂肪分が多いので臭いが気になることもあります。 その場合は、ハーブやにんにくで下味を付けて調理すると良いでしょう。 ヒレ肉 頭から少量しかとることのできない希少部位です。 肉質はとても柔らかく、脂肪が少ないのが特徴です。 焼きすぎると硬くなってしまうので、油をしっかり敷いて弱火で焼き、中心部がほんのりと赤い状態が食べごろです。 ロース肉 ラム肉の中でもっとも上級とされる部位です。 肉質はとても柔らかく、ソテーやステーキに適しています。 ラム肉を美味しく焼くためにはオーブンとフライパンを使い分ける ラム肉は、家庭で焼くのが難しいと感じる方も多いのでは? ラム肉を上手に焼くコツは、まず調理する30分くらい前には冷蔵庫から出して、常温に戻すことです。 冷たいまま焼いてしまうと焼きムラができ、ラム肉の美味しさを引き出せません。 ラム肉の焼き上がりの目安は、ローズ色になったときです。 ラム肉はもともと寄生虫の危険性が低く、レア状態で食べても問題ありませんので、しっかりとした加熱は必要ありません。 生のラム肉は赤身を帯びていますが、火が通ることでだんだんと薄いピンク色になってきます。 しかし、火を通しすぎると硬くなってしまうので、ある程度火が通ったらアルミホイルで包み、余熱でしっとり仕上げるのが美味しく焼き上げるコツです。 ラム肉を美味しく焼くためには、調理の工夫も大切です。 オーブンとフライパンでは焼き上がりが変わってきます。 料理に合わせて調理器具を使い分けてみましょう。 フライパンで焼くとき かたまり肉を焼くときは、油を敷かずに側面の脂身の部分から焼き始めましょう。 指で少し押して弾力を感じる程度で火を止めてフライパンから取り出し、アルミホイルに包んで余熱で温めます。 こうすることにより中心部がローズ色へ変わり、肉を落ち着かせてくれる効果もあります。 肉の厚みや量によって焼く時間は異なりますが、中火から弱火でじっくり火を通し、焼きすぎないようにするのがポイントです。 スライスされたラム肉を使う場合は、火の通りが早くなるので注意しましょう。 野菜と一緒に焼いて、水分で蒸すように仕上げるのも良いですね。 脂身の少ない部位を使う場合は、油をしっかり敷いて、油で包み込むように焼き上げましょう。 せっかくヘルシーなラム肉を使うので、より健康効果を高めるためにはオリーブオイルの使用がおすすめです。 オリーブオイルの脂肪酸は「オレイン酸」といい、LDL 悪玉 コレステロールを増やさずにHDL 善玉 コレステロールだけを増やす効果が期待できます。 オーブンで焼くとき オーブン料理は少しハードルが高いと感じる人も、実際に試してみるとすごく手軽。 オーブン料理は材料をセットしておけば、あとは焼き上がるのを待つだけです。 そのため、その間にもう1品完成させることもできますよ。 オーブン料理が適したラム肉は、骨つきのロースを肋骨に合わせてカットしたラムチョップです。 食べる時も骨の部分を持って食べられるので、見た目が華やかな上に食べやすいというメリットもあります。 ラム肉をオーブンで焼くときは、料理によって温度や時間はまちまちです。 一緒に野菜を焼く場合は、低温でじっくりの方が良いでしょう。 骨付きのラムは香辛料を味方につけて美味しく焼く! それでは最後に、骨付きのラムチョップを焼く場合のレシピをご紹介します。 ラムチョップはフライパンでこともできますが、美味しさを引き出すために、今回はオーブンを使ったレシピをご紹介します。 ラム肉の脂肪は固まりやすく、匂いも出やすいので、温かいうちに食べることをおすすめします。 焼き方によるラム肉の味の違いをぜひ楽しんでみてください。 ラムチョップを料理するのは難しい!?大事なポイントは下ごしらえ せっかくの美味しいラム肉なので、しっかり下ごしらえをしてから料理をしましょう。 ラム肉に限りませんが、お肉料理は少しの下ごしらえで出来上がりが大きく変わります! まず、お肉をやわらかくするには、生の野菜やフレッシュフルーツに含まれている酵素のパワーを借りましょう。 酵素がタンパク質を分解し、食べるときにお肉を噛み砕きやすくしたり、焼き縮みを防いだりする効果が期待できます。 また、野菜ですと玉ねぎや大根、フルーツですとパイナップルなど、いずれもみじん切りや、すりおろしに漬け込むことをおすすめします。 さらに米麹や塩麹、ヨーグルトの酵素もお肉をやわらかくする効果があります。 特に塩麹はお肉をやわらかくして、下味も付けることができる、一石二鳥の調味料と言えます。 見た目は豪華なのに簡単に料理できるラムチョップ! ここからは自宅でも簡単に作れるレシピをご紹介します。 ラムやお肉をさらに美味しく食べるための注意点 知っておくとラムチョップや、お肉を美味しく食べられる注意点をご紹介します。 肉がパサつくのは脱水症状 自宅で焼いたステーキがボソボソしていて噛み切れなかった……という経験はありませんか?お肉がパサついてしまう原因は大きく分けて2つあります。 1つ目は冷凍のお肉を解凍する際のドリップ 水分やうまみ成分 の流出です。 冷凍期間や食品が凍結するまでの時間が長いと、食品の中の水分が氷ったときにできる氷の結晶が大きくなってしまいます。 その結晶が食品の細胞を傷つけることにより、解凍したときに食品の水分が余計に出てしまいドリップの量が多くなるのです。 ドリップを抑える解凍時のポイントはゆっくり時間をかけて解凍することです。 食べる2日前くらいに冷凍庫から冷蔵庫に移して解凍してみてください。 また、冷凍のお肉と言っても長期保存はなるべく避けるようにしましょう。 お肉がパサつく原因の2つ目は、加熱している間に肉の水分が抜け出ていってしまうことです。 お肉を焼いていると、水を使っていないにも関わらず、フライパンにじわじわと水が染み出てきたことがありませんか? これが、お肉の脱水症状なのです。 水分と一緒に、なんとうまみや栄養も流れ出てしまうのです。 このお肉の脱水症状を防ぐためには、塩分を含む調味液にお肉を漬け込んで、調味液をしっかり吸収させましょう。 それにより、お肉が保湿されます。 また、調味液にお肉を漬け込む前にフォークでお肉の全体的に穴を開けておけば、より調味液を吸収しやすくなります。 くさみはスパイスでカバー ラム肉はスパイスやハーブを使った料理にすると、くさみが気にならなくなります。 スパイスを効かせたカレーに入れて煮込んだり、ローズマリーやタイムなどのハーブが入った調味液に漬け込んだりしてからステーキにするのがおすすめです。 また、ヨーグルトにも食品の脱臭効果があるのはご存知でしょうか? スパイスとヨーグルトで漬け込むタンドリーチキン風にすれば、くさみが取れるばかりか、プロの味に近づけるかもしれません! ラム肉の料理は下ごしらえがポイント! 骨付きのお肉の料理は食卓を華やかに見せてくれますので、特別な日などにラムチョップは最適ではないでしょうか? しかし、今回ご紹介してきましたようにラムチョップをはじめラム肉の料理を美味しく食べるためには、少しコツが必要です。 下ごしらえをするかしないかでは、出来上がりに大きな差があります。 ぜひ下ごしらえを意識してラムチョップ料理に挑戦してみてくださいね! ライター:井澤 綾華 プロフィール:料理研究家、栄養士、管理栄養士、第一種栄養教諭 料理研究家として雑誌・ウェブにコンテツ制作監修幅広く活動中。 大学在中から、各地にて食や農業関わる活動に関わる。 農業体験のコーディネトをしながらレシピ開発や料理教室等も実施中。 材料2人分• ラム肉もも …… 300g• 【下味】• 醤油 …… 大さじ2• 砂糖 …… 大さじ1• みりん …… 大さじ1• 酒 …… 大さじ2• 生姜すりおろし …… 小さじ1• にんにくすりおろし …… 小さじ1• 【衣】• 小麦粉 …… 大さじ2• 片栗粉 …… 大さじ4• 揚げ油 …… 適量• ラム肉は一口大に切り分けます。 下味の材料とラム肉を保存袋に入れて30分ほど常温で寝かせます。 時間が経ったら下味の汁を軽く捨て、小麦粉をまぶします。 さらにその上に片栗粉をまぶします。 油から取り出して、お皿に盛り付けて完成です。 ラム肉肩ロース …… 200g• にんにく …… 2かけ• オリーブオイル …… 大さじ1• 塩コショウ …… 適量• ラム肉は焼く30分前には冷蔵庫から出して常温にしておきます。 フライパンにオリーブオイルを敷き、にんにくを軽く炒めます。 焼く直前に、ラム肉に塩コショウを振ります。 中火から強火で片面を焼き、色味がついたら裏返します。 裏面も同様に焼きます。 フライパンから肉を取り出して、アルミホイルに包み7分ほどおきます。 お皿に盛り付けて完成です。 ラム肉は必須アミノ酸やL-カルニチンが含まれており、ダイエットや健康づくりに役立つ食材です。 いつものお肉代わりにも使えますので、ぜひ普段のレシピをラム肉に変えて、健康的なアレンジを試してみましょう。 材料(2人分)• ラム(薄切り) …… 200g• 塩・こしょう …… 少々• パプリカ …… 1個• 調味料A• 酒 …… 大さじ4• 醤油 …… 大さじ4• 酢 …… 大さじ1• 砂糖 …… 小さじ2• 調味料B• にんにく(すりおろし) …… 1片• ラムには塩・こしょうをしてしばらくおきます。 パプリカは、食べやすいサイズに切ります。 肉の色が変わったらすぐ取り出し、調味料Aを加えます。 ラム肉(塊) …… 250g• こしょう …… 少々• にんにく …… 1片• お好みのハーブ …… 適量• サラダ油 …… 大さじ1• バター …… 15g• パルミジャーノレジャーノ …… 適量• ラム肉は塩・こしょうを振り、ハーブを一緒に合わせてしばらくおきます。 全体に焼き色がついたらバターとハーブ(写真のハーブはローズマリーを使用)を加え、蓋をして予熱で溶かしハーブバターソースを作ります。 ラム肉は薄切りにし薄く削ったパルミジャーノとハーブバターソースをかけます。 骨付きのラムは香辛料を味方につけて美味しく焼く! ラムチョップはフライパンで焼くこともできますが、美味しさを引き出すために、今回はオーブンを使ったレシピをご紹介します。 材料(2人分)• ラムチョップ …… 4本• にんにく(チューブ) …… 適量• カレー粉 …… 大さじ1• 塩 …… 適量• オリーブオイル …… 大さじ3• ラムチョップは調理する30分前には冷蔵庫から出しておきます。 ラムチョップににんにくを塗り、カレー粉と塩を合わせたものをまぶします。 袋に入れてよく揉みこみ、30分常温で寝かせます。 オリーブオイルを加えて全体に馴染ませます。 お皿に盛り付けて、お好みの野菜を添えて完成です。 ラム肉の脂肪は固まりやすく、匂いも出やすいので、温かいうちに食べることをおすすめします。 焼き方によるラム肉の味の違いをぜひ楽しんでみてください。 見た目は豪華なのに簡単に料理できるラムチョップ!• ラムチョップ …… 150g• ヨーグルト …… 200g• カレー粉 …… 大さじ2• 玉ねぎ …… 2個• トマトジュース …… 200ml• バター …… 40g• 塩 …… 小さじ1• ニンニク …… 1片• 生姜 …… 1片• ラムチョップをヨーグルト、カレー粉に漬けてよく揉み、10分以上置きます。 鍋にバター半量、みじん切りにしたニンニクと生姜を入れて香りが出るまで炒めます。 「2」にスライスした玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒めます。 さらに「1」を加えて軽く炒め、トマトジュースを入れて蓋をして15分間煮込みます。 塩とバターを入れて味を調えれば完成です。 ここで甘みとコクをプラスするために、イチゴジャムやチャツネ(インド料理でよく使われる調味料)をそれぞれ小さじ1杯ほど入れるのもおすすめです。 もうワンランクアップ! 定番のラムチョップステーキをさらに美味しくさせるソース作りをご紹介します。 簡単にできるものから、少し贅沢にするための凝ったソースまで。 ぜひお試しください! ラムチョップのソース作り オニオンソース(簡単) わさび醤油ソース(中級) ベリーソース(やや難しい) 鍋に、すりおろし玉ねぎ(1個分)とすりおろし生姜(1片)と醤油(大さじ3)、酢(大さじ1)、みりん(大さじ1)、砂糖(大さじ1)を入れて5分ほど煮詰めるだけです。 ラムチョップステーキは、和風テイストもおすすめです! ブルーベリー(50g)を赤ワイン(大さじ2)と一緒に熱します。 もちろん、ブルーベリーは冷凍ベリーでもOKです。 ラムラック その他のレシピ こちらもご参考ください!• ラムチョップ …… 8本• 塩・こしょう …… 各少々• サラダ油・バター …… 各少々• バター …… 60g• にんにく(薄切り) …… 2〜3片分• しょうゆ …… 大さじ1• イタリアンパセリ(みじん切り) …… 少々• ラム肉の両面に塩、こしょうをする。 フライパンを中火にかけ、サラダ油、バターを熱し、ラム肉を入れて、両面にこんがりと焼き色をつける。 肉をフライパンの片方に寄せて残したまま油を捨て、あいたところにバターとにんにくを入れて炒める。 にんにくがきつね色になったら仕上げにしょうゆを入れ、イタリアンパセリをふる。 お皿にラム肉をのせ、フライパンに残ったガーリックしょうゆをかける。

次の

ヘルシーで女性に人気♪『ラム肉』をもっと美味しくするアイデア&おしゃれレシピ

ラム肉 料理 簡単

がおいしい! ゲストさん 03:58• がおいしい! ゲストさん 02:59• がおいしい! ゲストさん 02:59• がおいしい! ゲストさん 02:59• がおいしい! ゲストさん 02:34• がおいしい! ゲストさん 02:22• がおいしい! ゲストさん 02:15• がおいしい! ゲストさん 02:06• がおいしい! ゲストさん 02:03• がおいしい! ゲストさん 02:02• がおいしい! ゲストさん 01:35• がおいしい! ゲストさん 01:19• がおいしい! ゲストさん 00:58• がおいしい! ゲストさん 00:45• がおいしい! ゲストさん 00:18.

次の

自宅でも簡単にできる!ラムチョップ料理のポイント&簡単レシピ

ラム肉 料理 簡単

ラム肉と相性ぴったり、さっぱりミントソース 日本を離れて暮らしていると、年の瀬の恒例行事である年賀状作りもしないので今年の干支はなんだったけ?と、わからなくなったりもしますが、2015年は「ひつじ年」ですね。 ひつじと言えばニュージーランド、NZ在住の者としては、なんだか親近感が勝手に湧いてしまう年となりました。 日本ではそれほど馴染みのない「ラム肉」ですが、NZのスーパーでは、牛・豚・鶏と並んでラム肉コーナーがあるのは、当たり前の光景となっています。 そんなNZで身近な食材のラム肉ですが、NZに来たばかりの頃お呼ばれしたパーティーで始めて食べたのが、ラム肉グリルのミントソースがけというもの。 自分にとっては、ミントを肉と一緒に食べるという概念が無かったので、とても驚きました。 でも、このラム肉とミントソースの組み合わせはとてもポピュラーで、スーパーでも市販のミントソースが売っていたり、ミントソースでマリネした味付け肉なんかも見つける事ができます。 最初はえぇ!?と、思った組み合わせでしたが、実際に食べてみると、少しだけくせのあるラム肉の味がミントソースをかけることで、さっぱりと爽やかになり、いくらでも食べれちゃうほどうまいのです。 今回は、そのミントソースの簡単レシピをご紹介します。 ぜひ、お家でラム肉を焼くときに作ってみてください。 材料(2~3人前)• ラム肉 2~3枚• 塩、胡椒 少々• クミンシード 少々• 油 大さじ1 ミントソース• ミントの葉 約20枚• ニンニク 1片• レモン汁 2個分• レモンの皮 1個分• オリーブオイル 大さじ2• 塩 小さじ1 作り方• ミントソースを作ります レモン1個分の皮を包丁もしくは皮むき器で向き、みじん切りにします。 ミントの葉とニンニクも同様にみじん切りにし、レモン汁、オリーブオイル、塩とよく混ぜあわせておきます。 ラム肉に下味を付ける ラム肉に塩・胡椒・クミンシードを両面にまぶしておきます。 ラム肉を強火で焼く フライパンをよく熱し、油を入れ強火でラム肉を好みの焼き加減に焼いていきます。 お皿にもりつけ出来上がり お皿にもりつけ、ソースを添えたら出来上がり。 ワンポイントアドバイス• レモンの皮は、なるべく黄色いところだけを使います。 白い所は苦味があるので、できるだけ取り除きましょう。 肉は、焼く前に必ず常温に出しておきます。 そうすることで、焼いた時に中まで火が通りやすくなります。 表面は焦げているのに、中はまだ冷たい・・・なんてことを防ぐことができます。 今回のラム肉はショルダースライスを使いましたが、ラムラック、レッグなど好みの部位でOKです。 クミンとラム肉は相性が良いので、少量使うことで、おいしさがUPします。 今回は付け合せにグリーンピースを肉を焼いた後のフライパンでソテーしました。 肉の旨味が豆にうつって、とても美味しかったです。 好みの付け合せを楽しんでくださいね。 もし、ドレッシングが余ってしまったら、サラダなどにかけても美味しくいただけます。

次の