ダニー アイエロ。 映画「LEON(1994)」を2018年にレビューしてみた

ダニー・アイエロの映画作品

ダニー アイエロ

ある街で起こる殺人事件をきっかけに交錯する男女の2日間の人間模様を描いた群像劇。 監督・脚本は「セカンド・チャンス」(83、脚本)『NYナイトハンター 女子学生殺人事件』(V、93、監督)、「タービュランス 乱気流」(脚本)などのジョン・ハーツフェルドで、彼の劇場映画デビュー作。 製作はジェフ・ウォルドと「ロッキー3」のハーブ・ナナス。 製作総指揮はキース・サンプルズとトニー・アマテュロ。 撮影は「ターミナル・ベロシティ」のオリヴァー・ウッド。 音楽は「アンダーワールド」のアンソニー・マリネリがスコアをつとめ、音楽監修をアンドリュー・レアリーが担当。 美術はキャスリン・ハードウィック。 衣裳は「ザ・エージェント」のべッツィ・ハイマン。 出演は「クラッシュ」のジェームズ・スペイダー、「訣別の街」のダニー・アイエロ、「アナコンダ」のエリック・ストルツ、「グース」のジェフ・ダニエルス、「ヘブンズ・プリズナー」のテリー・ハッチャー、「ネイキッド」のグレッグ・クラットウェル、「ゲッティング・イーブン」のグレン・ヘドリー、「ニック・オブ・タイム」のマーシャ・メイスン、「マイアミ・ラプソディー」のポール・マザースキー、「すべてをあなたに」のチャーリーズ・セロンほか。 また、キース・キャラディン、ルイーズ・フレッチャーらが特別出演。 監督 出演キャスト 富豪の美女と結婚を決めながら、相手の妹を愛してしまい、存在しない双子の弟になりすまし、ひとり二役で姉妹両方とつきあおうとして悪戦苦闘する様を描いたラヴ・コメディ。 ユーモア・ミステリーの異才ドナルド・E・ウエストレイクの『二役は大変!』(邦訳・ハヤカワ文庫刊)を、「エビータ」のアントニオ・バンデラス、「透明人間」のダリル・ハンナ、「ミルク・マネー」のメラニー・グリフィスの主演、「ベルエポック」のフェルナンド・トルエバの監督・脚本(ダビッド・トルエバと共同)で映画化。 製作は「ビースト 獣の日」のアンドレ・ビセンテ・ゴメス、クリスティーナ・ウェテ、トルエバの共同。 撮影は「ベルエポック」のホセ・ルイス・アルカイネ。 音楽は「ブロードキャスト・ニュース」のミシェル・カミロで、軽快なラテン・ジャズ調のスコアは聴きもの(エンド・クレジットでは演奏場面も)。 共演は「レオン」のダニー・アイエロ、「9か月」のジョーン・キューザック、「ナイト・アンド・ザ・シティ」のイーライ・ウォーラックほか。 監督 出演キャスト カリスマ的なNY市長とその補佐官を軸に、腐敗した政界の人間模様をサスペンス・タッチで描いた骨太なエンターテインメント。 83年から2年間、エド・コッチ元NY市長の下で助役を務め退官後は会社経営のかたわら、映画「ウォール街」の原作などを手掛けるケン・リッパーのオリジナル・シナリオを、「カッコーの巣の上で」「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」のボー・ゴールドマン、「キャット・ピープル」のポール・シュレイダー、ニコラス・ピレッジがリライト。 監督には「シー・オブ・ラブ」「冷たい月を抱く女」のハロルド・ベッカーがあたった。 製作は「ウォール街」「ストリートファイター」のエドワード・R・プレスマンと、リッパー、ベッカー、チャールズ・マルヴェヒルの共同。 撮影は「愛と哀しみの旅路」などアラン・パーカー作品で知られるマイケル・セラシン、音楽は「トゥルーナイト」のジェリー・ゴールドスミス、美術は「摩天楼を夢みて」のジェーン・マスキン、編集はロバート・C・ジョーンズとデイヴィッド・ブレザートン、衣裳はリチャード・ホーナングが担当。 主演は「シー・オブ・ラブ」「ヒート」のアル・パチーノと「ケロッグ博士」のジョン・キューザック。 共演は「ケロッグ博士」のブリジット・フォンダ、「レオン」のダニー・アイエロ、「エド・ウッド」のマーティン・ランドーほか。 監督 出演キャスト 凄腕の寡黙な殺し屋と12歳の少女の純粋な愛を、スタイリッシュなアクション・シーンを交えて描いた一編。 初長編「最後の戦い」以来、「サブウェイ」「グラン・ブルー」「ニキータ」「アトランティス」と、1作ごとに注目を集める現代フランス映画界の寵児、リュック・ベッソンが初めてアメリカを舞台に選び、ワールド・ワイドな展開を試みた(台詞は英語)。 脚本・監督はベッソン、エグゼクティヴ・プロデューサーは実父のクロード・ベッソン。 撮影は、監督とは「ニキータ」に続いて2作目となるティエリー・アルボガスト、音楽は「最後の戦い」から全作品に参加しているベッソンの盟友エリック・セラで、主題歌はスティング&ドミニク・ミラーの『The Shape of my Heart』。 美術はダン・ウェイルが担当。 主演は「最後の戦い」以来、ベッソン作品には欠かせぬ俳優であるジャン・レノと、オーディションで2000人を越える中から選ばれてデビューした、13歳のナタリー・ポートマン。 「ドラキュラ 1992 」「トゥルー・ロマンス」「蜘蛛女」と出演作が相次ぐゲイリー・オールドマンが悪徳麻薬取締官に扮して怪演するほか、アカデミー助演男優賞候補の「ドゥ・ザ・ライト・シング」や「ジャック・ルビー」のダニー・アイエロが手堅い助演ぶりを見せる。 後に22分長いディレクターズカット版が製作されている。 監督 出演キャスト 世界の最先端モードの殿堂、パリ・コレクションの会場を舞台に、ファッション業界内部とそれを取り巻くマスコミ周辺の狂騒ぶりを描いた1編。 監督・製作は「ザ・プレイヤー」でハリウッドに復帰したロバート・アルトマン。 彼が84年に初めてパリ・コレを訪れて以来想を練っていた企画で、「ナッシュビル」「ウエディング」「ショート・カッツ」などで発揮された、彼が得意とする限定された場所での群像劇のスタイルを取っている。 いつものアルトマンらしいシニカルな味は後退し、オールスター映画にふさわしいにぎやかなタッチが特色。 脚本はアルトマンとバーバラ・シュルガッセの共同、撮影は「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」など7本でも監督と組んだピエール・ミニョーとジャン・ルピーヌ、美術は監督の実子スティーブン・アルトマン。 音楽は「シェルブールの雨傘」の巨匠ミシェル・ルグランがオリジナル・スコアを書き、ローリング・ストーンズ、ジャネット・ジャクソン、テレンス・トレント・ダービー、U2から日本のピチカート・ファイヴに至るまで、世界のアーティストたちの楽曲が全編に流れる。 94年のパリ・コレにカメラを持ち込み、ジャン・ポール・ゴルチエ、ソニア・リキエル、三宅一生らのデザイナー、ナオミ・キャンベル、クラウディア・シファーらのスーパーモデルが続々と実名で登場するのも話題に。 監督 出演キャスト.

次の

映画「LEON(1994)」を2018年にレビューしてみた

ダニー アイエロ

死因は病気?ダニーアイエロが死去 今回の件について、時事通信などは以下のように報じています。 ダニー・アイエロさん(米俳優)広報担当者によると、12日、病気のため死去、86歳。 ニューヨーク生まれ。 荷物係やナイトクラブの用心棒などさまざまな職業を経て35歳で芸能活動を開始。 100本以上の映画・テレビ作品に出演し、スパイク・リー監督の映画「ドゥ・ザ・ライト・シング」(1989年)のピザ店主人役でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。 主な出演映画に「カイロの紫のバラ」(85年)、「月の輝く夜に」(87年)など。 (ロイター時事)。 出典: 報道にある通り、俳優のダニー・アイエロが亡くなりました。 享年は 86歳とのこと。 具体的な死因については公表されていませんが、アメリカの報道機関などによると ニュージャージー州の病院で病気により息を引き取ったと報じられています。 アカデミー賞へのノミネート歴もあり、洋画ファンとしてはお馴染みの俳優でした。 ダニー・アイエロは、1933年生まれのアメリカの俳優。 マンハッタンで生まれたダニー・アイエロは幼少期の頃から家計が苦しく、新聞配達や靴磨きなどのアルバイトをして家計を支えたといいます。 映画デビューは1973年公開の野球映画 『Bang the Drum Slowly』。 この映画はMark Harrisの小説が原作となっており、 ロバート・デ・ニーロ主演で映画化された作品です。 1955年にSandy Cohenという女性と結婚しているものの、奥さんに関する詳細な情報はありません。 お子さんは4人おり、そのなかでもスタントマンとして活躍した息子の『Danny Aiello III』は有名。 ただ、息子さんは2010年5月1日に 膵臓癌により53歳という若さで他界しています。

次の

ダニー・アイエロさん死去『ドゥ・ザ・ライト・シング』『レオン』など

ダニー アイエロ

来歴 [編集 ] 生い立ち [編集 ] で移民の両親の下に生まれる。 父ダニエル・シニアは肉体労働、出身の母フランセスは針子として働いていた。 ダニエル・ジュニアの下にも兄弟がおり、家族は両親と6人兄弟の大家族であった。 しかしダニエル・ジュニアがまだ幼少の頃、病気で妻が失明したにもかかわらず、父は家族を捨てた。 幼いダニエル・ジュニアは生活のため、やでのなどの仕事をこなした。 7歳の時にサウスブロンクスに転居し、ジェイムズ・モンロー・ハイスクールに入学する。 16歳の時、年齢を偽ってに入隊。 3年で除隊された後はニューヨークへ戻り、の代表を約10年務めた。 30代半ばの頃にはナイトクラブの用心棒として働いていたが、ある夜、レギュラーの司会者が店に現れなかったため、急遽代役で司会や歌を披露した。 それを見ていた仲間が演技で勝負をしていくよう強く勧めたことが、業界入りのきっかけである。 キャリア [編集 ] 初頭から映画の世界で活動を開始する。 主演の野球映画『 バング・ザ・ドラム ()』(1973年)の端役でデビュー。 以降、下品で粗野なキャラクターから、ユーモラスな役、親切な小市民まで幅広い役柄を演じる脇役として活躍する。 の『』ではトニー・ロサトを演じた。 マイケル・コルレオーネに謀反を起こしたフランク・ペンタンジェリ(演者は)を背後から襲撃して殺害しようとするシーンで、ロサトが言った有名な台詞「Michael Corleone says hello! 」はアイエロのアドリブである。 の主演『摩天楼ブルース』では暴漢に抵抗するマンハッタンの住民の一人を演じ、の主演『』では主義の巡査を演じて高い評価を受けた。 、『』で再びデ・ニーロと共演。 自身と同じ姓の警察署長ヴィンセント・アイエロを演じた。 『』(1984年)、『』(1985年)、『』(1987年)といった作品にも出演している。 のロマンチック・コメディ『』では、演ずるロレッタの婚約者ジョニーを演じ、シェールのアカデミー賞受賞をサポートした。 監督のファッション映画『』では女装にもトライした。 には大統領暗殺事件の犯人を殺害したの伝記映画『』で主人公のルビー役を演じ、の『』では演じるレオンに仕事(殺し)の依頼を伝えるカフェの主人を演じた。 映画以外でも活躍しており、にはの『 』のエピソード『 A Family of Strangers』でを受賞したほか、の『』のにも出演している。 歌も達者で、『』(1991年)、『』(1991年)などで披露しているほか、数枚のアルバムもリリースしている。 私生活 [編集 ] 息子のダニー・アイエロ3世は、リック・アイエロは俳優となった。 、の医療施設にて、感染症のために亡くなった。 86歳没。 Bruckner Once Upon a Time in America ヴィンセント・アイエロ 1985 The Purple Rose of Cairo モンク 女刑事レディブルー Lady Blue テリー・マクニコルズ テレビ映画 ザ・スタッフ The Stuff ヴィッカーズ The Protector ダニー 恋人たちの合鍵 Key Exchange Carabello 1987 Radio Days ロッコ ピックアップ・アーチスト The Pick-up Artist フィル・ハーパー Moonstruck ジョニー 1988 特捜女警部 デカ -L. ドラッグ・コネクション White Hot チャーリー The January Man ヴィンセント・アルコア Do the Right Thing サル N.

次の